管理と発行のための Event Grid SDK

Event Grid の SDK を使うと、プログラムでリソースの管理やイベントの投稿を行うことができます。

管理 SDK

Management SDK を使うと、Event Grid のトピックとサブスクリプションを作成、更新、および削除できます。 現時点では、次の SDK を利用できます。

SDK Package リファレンス ドキュメント サンプル
REST API REST リファレンス
.NET Azure.ResourceManager.EventGrid。 ベータ パッケージには最新 Namespaces の API があります。 .NET リファレンス: プレビューGA .NET のサンプル
Java azure-resourcemanager-eventgrid。 ベータ パッケージには最新 Namespaces の API があります。 Java リファレンス: プレビューGA Java のサンプル
JavaScript @azure/arm-eventgrid。 ベータ パッケージには最新 Namespaces の API があります。 JavaScript リファレンス: プレビューGA JavaScript および TypeScript のサンプル
Python azure-mgmt-eventgrid。 ベータ パッケージには最新 Namespaces の API があります。 Python リファレンス: プレビューGA Python のサンプル
Go Azure SDK for Go Go のサンプル

データ プレーン SDK

注意

MQTT メッセージングの場合は、お気に入りの MQTT SDK を使用できます。 現在、Azure Event Grid では MQTT 用のデータ プレーン SDK は提供されていません。

データ プレーン SDK を使うと、トピックにイベントを投稿でき、認証、イベントの形成、指定されたエンドポイントへの非同期の投稿が行われます。 これを使ってファースト パーティのイベントを使用することもできます。 現時点では、次の SDK を利用できます。

プログラミング言語 Package リファレンス ドキュメント サンプル
REST API REST リファレンス
.NET Azure.Messaging.EventGrid。 ベータ パッケージには最新 Namespaces の API があります。 .NET リファレンス .NET のサンプル
Java azure-messaging-eventgrid。 ベータ パッケージには最新 Namespaces の API があります。 Java リファレンス Java のサンプル
JavaScript @azure/eventgrid。 ベータ パッケージには最新 Namespaces の API があります。 JavaScript リファレンス JavaScript および TypeScript のサンプル
Python azure-eventgrid。 ベータ パッケージには最新 Namespaces の API があります。 Python リファレンス Python のサンプル
Go Azure SDK for Go

次の手順

  • アプリケーションの例については、Event Grid のコード サンプルに関するページを参照してください。
  • Event Grid の概要については、Event Grid の紹介に関する記事を参照してください。
  • Azure CLI での Event Grid コマンドについては、Azure CLI のページをご覧ください。
  • PowerShell での Event Grid コマンドについては、PowerShell のページをご覧ください。