ルール一致条件

Azure Front Door のルール セットでは、ルールは 0 個以上の一致条件と 1 つのアクションで構成されます。 この記事では、Azure Front Door のルール セットで使用できる一致条件について詳しく説明します。

Azure Front Door (クラシック) のルール エンジンでは、ルールは 0 個以上の一致条件と 1 つのアクションで構成されます。 この記事では、Azure Front Door (クラシック) のルール エンジンで使用できる一致条件について詳しく説明します。

ルールの最初の部分は、単一の一致条件または一連の一致条件です。 ルールは、最大 10 個の一致条件で構成できます。 一致条件とは、要求の特定の種類を識別するものであり、その種類に対して指定されたアクションが実行されます。 複数の一致条件を使用すると、一致条件は AND ロジックを使用してグループ化されます。 複数の値をサポートするすべての一致条件には、OR ロジックが使用されます。

一致条件を使用して、次のことができます。

  • 特定の IP アドレス、ポート、国、または地域に基づいて要求をフィルター処理する。
  • ヘッダー情報別に要求をフィルター処理する。
  • モバイル デバイスまたはデスクトップ デバイスからの要求をフィルター処理する。
  • 要求ファイル名とファイル拡張子から要求をフィルター処理する。
  • ホスト名、SSL プロトコル、要求 URL、プロトコル、パス、クエリ文字列、ポスト引数、その他の値で要求をフィルター処理する。
  • 特定の IP アドレス、国、または地域に基づいて要求をフィルター処理します。
  • ヘッダー情報別に要求をフィルター処理する。
  • モバイル デバイスまたはデスクトップ デバイスからの要求をフィルター処理する。
  • 要求ファイル名とファイル拡張子から要求をフィルター処理する。
  • 要求 URL、プロトコル、パス、クエリ文字列、ポスト引数、その他の値で要求をフィルター処理する。

デバイスの種類

デバイスの種類の一致条件を使用して、モバイル デバイスまたはデスクトップ デバイスから行われた要求を識別します。

Properties

プロパティ サポート状況の値
演算子
  • Azure portal: EqualNot Equal
  • ARM テンプレート: EqualEqual を指定するには、negateCondition プロパティを使用する
Mobile, Desktop

この例では、モバイル デバイスからの受信として検出されたすべての要求を照合します。

デバイスの種類の一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

HTTP バージョン

HTTP バージョンの一致条件を使用して、HTTP プロトコルの特定のバージョンのを使用して行われた要求を識別します。

注意

HTTP バージョンの一致条件は、Azure Front Door Standard または Premium でのみ使用できます。

プロパティ

プロパティ サポート状況の値
演算子
  • Azure portal: EqualNot Equal
  • ARM テンプレート: EqualEqual を指定するには、negateCondition プロパティを使用する
2.0, 1.1, 1.0, 0.9

この例では、HTTP 2.0 プロトコルを使用して送信されたすべての要求を照合します。

HTTP バージョンの一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

要求 Cookie

要求 Cookie の一致条件を使用して、特定の Cookie を含む要求を識別します。

Note

要求 Cookie の一致条件は、Azure Front Door Standard または Premium でのみ使用できます。

プロパティ

プロパティ サポート状況の値
Cookie 名 Cookie の名前を表す文字列値。
演算子 標準の演算子リストにある任意の演算子。
照合する要求ヘッダーの値を表す 1 つ以上の文字列または整数の値。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。
大文字と小文字の変換 標準の文字列変換リストからの任意の変換。

この例では、値が 1deploymentStampId という名前の Cookie を含むすべての要求を照合します。

要求 Cookie の一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

ポストの引数

POST 要求の本文内で指定された引数に基づいて要求を識別するには、ポストの引数の一致条件を使用します。 1 つの一致条件は、POST 要求の本文内の 1 つの引数を照合します。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

注意

ポストの引数の一致条件は、 コンテンツ タイプで動作します。

Properties

プロパティ サポート状況の値
ポストの引数 POST 引数の名前を表す文字列値。
演算子 標準の演算子リストにある任意の演算子。
照合する POST 引数の値を表す 1 つ以上の文字列または整数の値。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。
大文字と小文字の変換 標準の文字列変換リストからの任意の変換。

この例では、要求本文に customerName 引数が指定され、かつ customerName の値が文字 J またはK で始まるという条件で、すべての POST 要求を照合します。 先頭の文字が JjK、および k である値がすべて一致するように、大文字と小文字の変換を使用して、入力値を大文字に変換します。

ポストの引数の一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

クエリ文字列

クエリ文字列の一致条件を使用して、特定のクエリ文字列を含む要求を識別します。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

注意

先頭に ? を付けずに、クエリ文字列全体が 1 つの文字列として照合されます。

Properties

プロパティ サポート状況の値
演算子 標準の演算子リストにある任意の演算子。
クエリ文字列 照合するクエリ文字列の値を表す 1 つ以上の文字列または整数の値。 クエリ文字列の先頭に ? を含めないでください。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。
大文字と小文字の変換 標準の文字列変換リストからの任意の変換。

この例では、クエリ文字列に文字列 language=en-US が含まれているという条件で、すべての要求を照合します。 一致条件で大文字と小文字の区別をするため、大文字と小文字の変換はしません。

クエリ文字列の一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

リモート アドレス

リモート アドレスの一致条件は、要求者の位置情報または IP アドレスに基づいて要求を識別します。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

  • IP アドレス ブロックを指定する場合は、CIDR 表記を使用します。 IP アドレス ブロックの構文では、ベース IP アドレスの末尾にスラッシュおよびプレフィックス サイズを付与します。 次に例を示します。
    • IPv4 の例: "" と指定した場合、アドレス 5.5.5.64 - 5.5.5.127 から配信される要求と一致します。
    • IPv6 の例: "" と指定した場合、アドレス 1:2:3:0:0:0:0:0 - 1:2:3:ffff:ffff:ffff:ffff:ffff から配信される要求と一致します。
  • 複数の IP アドレスと IP アドレス ブロックを指定すると、'OR' ロジックが適用されます。
    • IPv4 の例: 2 つの IP アドレス 10.20.30.40 を追加した場合、条件はアドレス 1.2.3.4 または 10.20.30.40 のいずれかから届いた要求に対して照合されます。
    • IPv6 の例: 2 つの IP アドレス 10:20:30:40:50:60:70:80 を追加した場合、条件はアドレス 1:2:3:4:5:6:7:8 または 10:20:30:40:50:60:70:80 のいずれかから届いた要求に対して照合されます。
  • リモート アドレスは、元のクライアント IP を表します。これは、ネットワーク接続からの IP であるか、ユーザーがプロキシの背後にいる場合は、通常は X-Forwarded-For 要求ヘッダーからの IP です。 TCP 要求の IP アドレスに基づいて照合する必要がある場合は、ソケット アドレスの一致条件 (Standard と Premium で利用可能) を使用します。

プロパティ

プロパティ サポート状況の値
演算子
  • Azure portal: Geo MatchGeo Not MatchIP Match、または IP Not Match
  • ARM テンプレート: GeoMatchIPMatchGeoMatch または IPMatch を指定するには、negateCondition プロパティを使用する
  • IP Match または IP Not Match 演算子の場合: 1 つ以上の IP アドレス範囲を指定します。 複数の IP アドレスの範囲が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。
  • Geo Match または Geo Not Match 演算子の場合: 国番号を使用して 1 つ以上の場所を指定します。

この例では、要求が米国から発信されていないという条件で、すべての要求を照合します。

リモート アドレスの一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

要求本文

要求本文の一致条件は、要求の本文に表示される特定のテキストに基づいて要求を識別します。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

注意

要求本文のサイズが 64 KB を超える場合、最初の 64 KB のみが要求本文の一致条件に対して考慮されます。

Properties

プロパティ サポート状況の値
演算子 標準の演算子リストにある任意の演算子。
照合する要求本文テキストの値を表す 1 つ以上の文字列または整数の値。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。
大文字と小文字の変換 標準の文字列変換リストからの任意の変換。

この例では、要求本文に文字列 ERROR が含まれているという条件で、すべての要求を照合します。 error および他の大文字と小文字のバリエーションによってもこの一致条件がトリガーされるように、一致を評価する前に要求本文を大文字に変換します。

要求本文の一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

要求ファイル名

要求ファイル名の一致条件は、指定したファイル名が要求 URL に含まれている要求を識別します。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

Properties

プロパティ サポート状況の値
演算子 標準の演算子リストにある任意の演算子。
照合する要求ファイル名の値を表す 1 つ以上の文字列または整数の値。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。
大文字と小文字の変換 標準の文字列変換リストからの任意の変換。

この例では、要求ファイル名が media.mp4 であるという条件で、すべての要求を照合します。 MEDIA.MP4 および他の大文字と小文字のバリエーションによってもこの一致条件がトリガーされるように、一致を評価する前にファイル名を小文字に変換します。

要求ファイル名の一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

要求ファイル拡張子

要求ファイル拡張子の一致条件は、指定したファイル拡張子が要求 URL のファイル名に含まれている要求を識別します。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

注意

先頭にピリオドを含めないでください。 たとえば、.html の代わりに html を使用します。

Properties

プロパティ サポート状況の値
演算子 標準の演算子リストにある任意の演算子。
照合する要求ファイル拡張子の値を表す 1 つ以上の文字列または整数の値。 先頭にピリオドを含めないでください。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。
大文字と小文字の変換 標準の文字列変換リストからの任意の変換。

この例では、要求ファイル拡張子が pdf または docxであるという条件で、すべての要求を照合します。 PDFDocX、および他の大文字と小文字のバリエーションによってもこの一致条件がトリガーされるように、一致を評価する前に要求ファイル拡張子を小文字に変換します。

要求ファイル拡張子の一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

要求ヘッダー

要求ヘッダーの一致条件は、要求内に特定のヘッダーが含まれる要求を識別します。 この一致条件を使用して、ヘッダーが存在するかどうかを確認することや、ヘッダーが指定の値に一致するかどうかを確認することができます。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

Properties

プロパティ サポート状況の値
ヘッダー名 POST 引数の名前を表す文字列値。
演算子 標準の演算子リストにある任意の演算子。
照合する要求ヘッダーの値を表す 1 つ以上の文字列または整数の値。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。
大文字と小文字の変換 標準の文字列変換リストからの任意の変換。

この例では、要求に MyCustomHeader という名前のヘッダーが含まれている (その値は問わない) という条件で、すべての要求を照合します。

要求ヘッダーの一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

要求メソッド

要求メソッドの一致条件は、指定した HTTP 要求メソッドを使用する要求を識別します。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

Properties

プロパティ サポート状況の値
演算子
  • Azure portal: EqualNot Equal
  • ARM テンプレート: EqualEqual を指定するには、negateCondition プロパティを使用する
要求メソッド GETPOSTPUTDELETEHEADOPTIONSTRACE のうち、1 つ以上の HTTP メソッド。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。

この例では、要求で DELETE メソッドが使用されているという条件で、すべての要求を照合します。

要求メソッドの一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

要求パス

要求パスの一致条件は、指定したパスが要求 URL に含まれている要求を識別します。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

注意

パスは、URL のホスト名とスラッシュの後の部分です。 たとえば、URL https://www.contoso.com/files/secure/file1.pdf では、パスは files/secure/file1.pdf です。

Properties

プロパティ サポート状況の値
演算子
  • 標準の演算子リストにある任意の演算子。
  • ワイルドカード: 要求パスがワイルドカード式と一致する場合に一致します。 ワイルドカード式には、パス内の 0 個以上の * の文字と一致する文字を含めることができます。 たとえば、ワイルドカード式 files/customer*/file.pdf は、パス files/customer1/file.pdffiles/customer109/file.pdf、および files/customer/file.pdf と一致しますが、files/customer2/anotherfile.pdf とは一致しません。
    • Azure portal: WildcardsNot Wildcards
    • ARM テンプレート: Wildcard; ワイルドカードではない を指定するには、negateCondition プロパティを使用します
照合する要求パスの値を表す 1 つ以上の文字列または整数の値。 先頭にスラッシュを含めないでください。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。
大文字と小文字の変換 標準の文字列変換リストからの任意の変換。
プロパティ サポート状況の値
演算子 標準の演算子リストにある任意の演算子。
照合する要求パスの値を表す 1 つ以上の文字列または整数の値。 先頭にスラッシュを含めないでください。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。
大文字と小文字の変換 標準の文字列変換リストからの任意の変換。

この例では、要求ファイル パスが files/secure/ で始まるという条件で、すべての要求を照合します。 files/SECURE/ および他の大文字と小文字のバリエーションによってもこの一致条件がトリガーされるように、一致を評価する前に要求ファイル パスを小文字に変換します。

要求パスの一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

要求プロトコル

要求プロトコルの一致条件は、指定したプロトコル (HTTP または HTTPS) を使用している要求を識別します。

注意

"プロトコル" は "スキーム" とも呼ばれます。

Properties

プロパティ サポート状況の値
演算子
  • Azure portal: EqualNot Equal
  • ARM テンプレート: EqualEqual を指定するには、negateCondition プロパティを使用する
要求メソッド HTTP, HTTPS

この例では、要求で HTTP プロトコルが使用されているという条件で、すべての要求を照合します。

要求プロトコルの一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

要求 URL

指定された URL に一致する要求を識別します。 URL 全体が評価されます。これには、プロトコルとクエリ文字列が含まれますが、フラグメントは含まれません。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

ヒント

このルール条件を使用する場合は、必ずプロトコルを含めてください。 たとえば、単に www.contoso.com ではなく、https://www.contoso.com を使用します。

Properties

プロパティ サポート状況の値
演算子 標準の演算子リストにある任意の演算子。
照合する要求 URL の値を表す 1 つ以上の文字列または整数の値。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。
大文字と小文字の変換 標準の文字列変換リストからの任意の変換。

この例では、要求 URL が https://api.contoso.com/customers/123 で始まるという条件で、すべての要求を照合します。 https://api.contoso.com/Customers/123 および他の大文字と小文字のバリエーションによってもこの一致条件がトリガーされるように、一致を評価する前に要求 URL を小文字に変換します。

要求 URL の一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

ホスト名

ホスト名の一致条件は、クライアントからの要求で指定されているホスト名に基づいて要求を識別します。 この一致条件では、Host ヘッダーの値を使用してホスト名が評価されます。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

Properties

プロパティ サポート状況の値
演算子 標準の演算子リストにある任意の演算子。
照合する要求ホスト名の値を表す 1 つ以上の文字列値。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。
大文字と小文字の変換 標準の文字列変換リストからの大文字と小文字の変換。

この例では、Host ヘッダーが contoso.com で終わるすべての要求を照合します。

ホスト名の一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

SSL プロトコル

SSL プロトコルの一致条件は、確立された TLS 接続の SSL プロトコルに基づいて要求を識別します。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

Properties

プロパティ サポート状況の値
演算子
  • Azure portal: EqualNot Equal
  • ARM テンプレート: EqualEqual を指定するには、negateCondition プロパティを使用する
SSL プロトコル
  • Azure portal: 1.01.11.2
  • ARM テンプレート: TLSv1TLSv1.1TLSv1.2

この例では、TLS 1.2 プロトコルを使用するすべての要求を照合します。

SSL プロトコルの一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

ソケット アドレス

ソケット アドレスの一致条件は、Azure Front Door エッジへの直接接続の IP アドレスに基づいて要求を識別します。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

注意

クライアントが HTTP プロキシまたはロード バランサーを使用して要求を送信した場合、ソケット アドレスは、プロキシまたはロード バランサーの IP アドレスになります。

クライアントの元の IP アドレスに基づいて照合する必要がある場合は、リモート アドレスの一致条件を使用してください。

  • IP アドレス ブロックを指定する場合は、CIDR 表記を使用します。 これは、IP アドレス ブロックの構文が、スラッシュおよびプレフィックス サイズが後に続くベース IP アドレスであることを意味します。 例:
    • IPv4 の例: "" と指定した場合、アドレス 5.5.5.64 - 5.5.5.127 から配信される要求と一致します。
    • IPv6 の例: "" と指定した場合、アドレス 1:2:3:0:0:0:0:0 - 1:2:3:ffff:ffff:ffff:ffff:ffff から配信される要求と一致します。
  • 複数の IP アドレスと IP アドレス ブロックを指定すると、'OR' ロジックが適用されます。
    • IPv4 の例: 2 つの IP アドレス 10.20.30.40 を追加した場合、条件はアドレス 1.2.3.4 または 10.20.30.40 のいずれかから届いた要求に対して照合されます。
    • IPv6 の例: 2 つの IP アドレス 10:20:30:40:50:60:70:80 を追加した場合、条件はアドレス 1:2:3:4:5:6:7:8 または 10:20:30:40:50:60:70:80 のいずれかから届いた要求に対して照合されます。

プロパティ

プロパティ サポート状況の値
演算子
  • Azure portal: IP MatchNot IP Match
  • ARM テンプレート: IPMatch。"IP の一致ではない" を指定するには、negateCondition プロパティを使用します
1 つ以上の IP アドレス範囲を指定します。 複数の IP アドレスの範囲が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。

この例では、範囲が 5.5.5.64/26 の IP アドレスからのすべての要求を照合します。

ソケット アドレスの一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

クライアント ポート

クライアント ポートの一致条件は、要求を行ったクライアントの TCP ポートに基づいて要求を識別します。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

Properties

プロパティ サポート状況の値
演算子 標準の演算子リストにある任意の演算子。
整数で表した 1 つ以上のポート番号。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。

この例では、クライアント ポートが 1234 のすべての要求を照合します。

クライアント ポートの一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

[サーバー ポート]

サーバー ポートの一致条件は、要求を受け入れた Azure Front Door サーバーの TCP ポートに基づいて要求を識別します。 ポートは 80 または 443 にする必要があります。 照合する値は複数指定できます。これは、OR ロジックを使用して結合されます。

Properties

プロパティ サポート状況の値
演算子 標準の演算子リストにある任意の演算子。
ポート番号。80 または 443 のいずれかにする必要があります。 複数の値が指定された場合は、OR ロジックを使用して評価されます。

この例では、サーバー ポートが 443 のすべての要求を照合します。

サーバー ポートの一致条件を示すポータルのスクリーンショット。

[オペレーター一覧]

標準の演算子リストからの値を受け入れるルールの場合、次の演算子が有効です。

演算子 説明 ARM テンプレートのサポート
Any 値が何であるかに関係なく、何らかの値がある場合に一致します。 operator: Any
等しい 値が指定した文字列に完全に一致した場合に一致します。 operator: Equal
Contains 指定した文字列が値に含まれている場合に一致します。 operator: Contains
より小さい 値の長さが指定した整数よりも短い場合に一致します。 operator: LessThan
より大きい 値の長さが指定した整数よりも長い場合に一致します。 operator: GreaterThan
以下 値の長さが指定した整数以下である場合に一致します。 operator: LessThanOrEqual
以上 値の長さが指定した整数以上である場合に一致します。 operator: GreaterThanOrEqual
[次で始まる] 値が指定した文字列で始まる場合に一致します。 operator: BeginsWith
指定の値で終わる 値が指定した文字列で終わる場合に一致します。 operator: EndsWith
いずれでもありません 値がない場合に一致します。 operator: Any および negateCondition : true
等しくない 値が指定した文字列に一致しない場合に一致します。 operator: Equal および negateCondition : true
指定値を含まない 指定した文字列が値に含まれていない場合に一致します。 operator: Contains および negateCondition : true
次の値より小さくない 値の長さが指定した整数よりも短い場合に一致します。 operator: LessThan および negateCondition : true
次の値より大きくない 値の長さが指定した整数よりも長い場合に一致します。 operator: GreaterThan および negateCondition : true
次の値以下ではない 値の長さが指定した整数以下ではない場合に一致します。 operator: LessThanOrEqual および negateCondition : true
次の値以上ではない 値の長さが指定した整数以上ではない場合に一致します。 operator: GreaterThanOrEqual および negateCondition : true
次の値で始まらない 値が指定した文字列で始まらない場合に一致します。 operator: BeginsWith および negateCondition : true
次の値で終わらない 値が指定した文字列で終わらない場合に一致します。 operator: EndsWith および negateCondition : true
演算子 説明 ARM テンプレートのサポート
Any 値が何であるかに関係なく、何らかの値がある場合に一致します。 operator: Any
等しい 値が指定した文字列に完全に一致した場合に一致します。 operator: Equal
Contains 指定した文字列が値に含まれている場合に一致します。 operator: Contains
より小さい 値の長さが指定した整数よりも短い場合に一致します。 operator: LessThan
より大きい 値の長さが指定した整数よりも長い場合に一致します。 operator: GreaterThan
以下 値の長さが指定した整数以下である場合に一致します。 operator: LessThanOrEqual
以上 値の長さが指定した整数以上である場合に一致します。 operator: GreaterThanOrEqual
[次で始まる] 値が指定した文字列で始まる場合に一致します。 operator: BeginsWith
指定の値で終わる 値が指定した文字列で終わる場合に一致します。 operator: EndsWith
正規表現 値が指定した正規表現に一致した場合に一致します。 詳細については下を参照してください。 operator: RegEx
いずれでもありません 値がない場合に一致します。 operator: Any および negateCondition : true
等しくない 値が指定した文字列に一致しない場合に一致します。 operator: Equal および negateCondition : true
指定値を含まない 指定した文字列が値に含まれていない場合に一致します。 operator: Contains および negateCondition : true
次の値より小さくない 値の長さが指定した整数よりも短い場合に一致します。 operator: LessThan および negateCondition : true
次の値より大きくない 値の長さが指定した整数よりも長い場合に一致します。 operator: GreaterThan および negateCondition : true
次の値以下ではない 値の長さが指定した整数以下ではない場合に一致します。 operator: LessThanOrEqual および negateCondition : true
次の値以上ではない 値の長さが指定した整数以上ではない場合に一致します。 operator: GreaterThanOrEqual および negateCondition : true
次の値で始まらない 値が指定した文字列で始まらない場合に一致します。 operator: BeginsWith および negateCondition : true
次の値で終わらない 値が指定した文字列で終わらない場合に一致します。 operator: EndsWith および negateCondition : true
正規表現ではない 値が指定した正規表現に一致しない場合に一致します。 詳細については下を参照してください。 operator: RegEx および negateCondition : true

ヒント

より小さいまたは以上のような数値演算子の場合、比較は長さに基づいて行われます。 一致条件の値は、比較する長さを示す整数にする必要があります。

正規表現

正規表現では、次の操作はサポートされていません。

  • 前方参照と部分式の取得。
  • 任意のゼロ幅アサーション。
  • サブルーチン参照と再帰的パターン。
  • 条件付きパターン。
  • バックトラッキング制御動詞。
  • \C 1 バイト ディレクティブ。
  • \R 改行一致ディレクティブ。
  • \K 一致の開始のリセット ディレクティブ。
  • コールアウトと埋め込みコード。
  • アトミック グループ化と所有の量指定子。

文字列変換リスト

文字列を変換できるルールでは、次の変換が有効です。

変換 説明 ARM テンプレートのサポート
小文字に変換 文字列を小文字表現に変換します。 Lowercase
大文字に変換 文字列を大文字表現に変換します。 Uppercase
Trim トークンから先頭と末尾の空白文字をトリミングします。 Trim
null 値の削除 文字列から null 値を削除します。 RemoveNulls
URL エンコード 文字列を URL エンコードします。 UrlEncode
URL デコード 文字列を URL デコードします。 UrlDecode

次の手順