Share via


サポートされる FHIR 機能

Azure Health Data Services の FHIR® サービスは、オープンソースの FHIR Serverフル マネージド デプロイを提供し、FHIR 標準の実装です。 この記事では、FHIR サービスのメイン機能の一覧を示します。

FHIR のバージョン

サポートされている最新バージョン: 4.0.1

現在サポートされている以前のバージョンは次のとおりです: 3.0.2

REST API

サポートされている RESTful 機能の概要を次に示します。 これらの機能の実装については、FHIR REST API の機能に関する記事を参照してください。

API Azure API for FHIR Azure Health Data Services の FHIR サービス コメント
読み取り はい はい
vread はい はい
update はい はい
オプティミスティック ロック付きの update はい はい
update (条件付き) はい はい
patch はい はい JSON パッチと FHIRPath パッチのみサポート。
パッチ (条件付き) はい はい JSON パッチと FHIRPath パッチのみサポート。
history はい はい
create あり はい POST/PUT の両方をサポートします
create (条件付き) はい はい イシュー #1382
検索 部分的 Partial FHIR 検索の概要」を参照してください。
chained search はい はい
reverse chained search はい はい
batch はい はい
transaction (トランザクション) いいえ はい
paging 部分的 Partial selfnext がサポートされています
intermediaries いいえ いいえ

拡張操作

サポートされており、REST API を拡張するあらゆる操作。

検索パラメーターの種類 Azure API for FHIR Azure Health Data Services の FHIR サービス コメント
$export (システム全体) はい はい システム、グループ、患者をサポートします。
$convert-data はい はい
$validate はい はい
$member-match はい はい
$patient-everything はい はい
$purge-history はい はい
$import いいえ はい
$bulk-delete はい はい

ロールベースのアクセス制御

FHIR サービスは、アクセス制御に Microsoft Entra ID を使用します。

サービスの制限

  • バンドル サイズ - 各バンドルは 500 項目に制限されています。
  • サブスクリプションの制限 - 既定では、各サブスクリプションは最大 10 個の FHIR サービスに制限されています。 この制限は、1 つまたは複数のワークスペースで使用できます。
  • ストレージ サイズ - 既定では、各 FHIR インスタンスは 4 TB (テラバイト)のストレージ容量に制限されています。 4 TB (テラバイト) を超えるストレージ容量を持つ FHIR インスタンスをデプロイするには、問題の種類のサービスとサブスクリプションの制限 (クォータ) でサポート要求を作成します。

次のステップ

FHIR サービスをデプロイする

Note

FHIR® は HL7 の登録商標であり、HL7 の許可を得て使用しています。