Azure Instance Metadata Service (IMDS) を使用してロード バランサーのメタデータを取得する

前提条件

要求と応答の例

重要

この例では、プロキシをバイパスします。 IMDS に対してクエリを実行する場合は、プロキシをバイパスする必要があります。 詳細については、「プロキシ」を参照してください。

スキーマの内訳

データ 説明 導入されたバージョン
publicIpAddresses 特定の仮想マシン インスタンスのインスタンス レベルのパブリックまたはプライベート IP 2020-10-01
inboundRules Load Balancer によって特定の仮想マシン インスタンスにトラフィックを送信するときに使用する負荷分散規則またはインバウンド NAT 規則の一覧。 ここに示されているフロントエンド IP アドレスとプライベート IP アドレスは、Load Balancer に属しています。 2020-10-01
outboundRules Load Balancer の背後にある仮想マシンによって送信トラフィックを送信するときに使用するアウトバウンド規則の一覧。 ここに示されているフロントエンド IP アドレスとプライベート IP アドレスは、Load Balancer に属しています。 2020-10-01
Invoke-RestMethod -Headers @{"Metadata"="true"} -Method GET -NoProxy -Uri "http://169.254.169.254:80/metadata/loadbalancer?api-version=2020-10-01" | ConvertTo-Json

Note

-NoProxy パラメーターは PowerShell 6.0 で導入されました。 以前のバージョンの PowerShell を使用している場合は、要求本文から -NoProxy を削除して、IMDS 情報の取得中にプロキシを使用しないようにします。 こちらをご覧ください。

応答のサンプル

{
   "loadbalancer": {
    "publicIpAddresses":[
      {
         "frontendIpAddress":"51.0.0.1",
         "privateIpAddress":"10.1.0.4"
      }
   ],
   "inboundRules":[
      {
         "frontendIpAddress":"50.0.0.1",
         "protocol":"tcp",
         "frontendPort":80,
         "backendPort":443,
         "privateIpAddress":"10.1.0.4"
      },
      {
         "frontendIpAddress":"2603:10e1:100:2::1:1",
         "protocol":"tcp",
         "frontendPort":80,
         "backendPort":443,
         "privateIpAddress":"ace:cab:deca:deed::1"
      }
   ],
   "outboundRules":[
      {
         "frontendIpAddress":"50.0.0.1",
         "privateIpAddress":"10.1.0.4"
      },
      {
         "frotendIpAddress":"2603:10e1:100:2::1:1",
         "privateIpAddress":"ace:cab:deca:deed::1"
      }
    ]
   }
}

次のステップ

一般的なエラー コードとトラブルシューティングの手順

Azure Instance Metadata Service についての詳細情報

インスタンスのすべてのメタデータを取得する

Standard ロード バランサーをデプロイする