次の方法で共有


クイックスタート: Azure portal を使って従量課金ロジック アプリのワークフローの例を作成する

適用対象: Azure Logic Apps (従量課金)

このクイックスタートでは、複数のクラウド サービスを使ってタスクを実行する自動ワークフローを作成するために、次のサービス、Web サイトの RSS フィード、メール アカウントを統合するサンプルのロジック アプリ ワークフローを作成する方法を示します。

この例では、特にマルチテナント Azure Logic Apps で実行される従量課金ロジック アプリのリソースとワークフローを作成します。 例では、RSS コネクタと Office 365 Outlook コネクタを使用します。 RSS コネクタには、特定のスケジュールに基づいて RSS フィードを確認するために使用できるトリガーが用意されています。 Office 365 Outlook コネクタには、新しい RSS 項目ごとにメールを送信するアクションが用意されています。

次のスクリーンショットは、大まかなサンプル ワークフローを示しています。

ヒント

詳細について、Azure Copilot に次のように質問することができます。

  • "従量課金のロジック アプリ ワークフローとは何ですか?"
  • "RSS コネクタとは何ですか?"
  • "Office 365 Outlook コネクタは何ですか?"

Azure Copilot を見つけるには、Azure portal のツール バーで、[Copilot] を選択します。

この例のコネクタは、ワークフローで使用できる 1,000 以上あるコネクタのうちの 2 つのコネクタに過ぎません。 この例はクラウドベースですが、Azure Logic Apps では、クラウド、オンプレミス、ハイブリッド環境でアプリ、データ、サービス、システムを接続するワークフローがサポートされています。

Note

そうではなくシングルテナントの Azure Logic Apps で実行する Standard ロジック アプリ ワークフローを作成するには、Azure portal でのサンプル Standard ロジック アプリ ワークフローの作成に関するページを参照してください。

このクイックスタートでは、次の大まかな手順について学習します。

  • マルチテナントの Azure Logic Apps でホストされる従量課金ロジック アプリ リソースを作成する。
  • ワークフローを実行するタイミングを指定するトリガーを追加する。
  • トリガーが起動した後にタスクを実行するアクションを追加する。
  • ワークフローを実行する。

他のツールを使用して従量課金ロジック アプリ ワークフローを作成および管理するには、次のクイックスタートを参照してください。

前提条件

従量課金のロジック アプリ リソースを作成する

  1. Azure portal の検索ボックスに「ロジック アプリ」と入力し、[ロジック アプリ] を選びます。

    ロジック アプリという単語が入力された Azure portal の検索ボックスと、ロジック アプリという選択項目を示すスクリーンショット。

  2. [ロジック アプリ] ページのツール バーで [追加] を選びます。

  3. [ロジック アプリの作成] ページで、最初にロジック アプリ リソースの [プラン] の種類を選びます。 そうすることで、そのプランの種類に対するオプションのみが表示されます。

    1. [プラン] セクションの [プランの種類][従量課金] を選びます。従量課金ロジック アプリ リソースの設定のみが表示されます。

      [プランの種類] には、ロジック アプリ リソースの種類だけでなく、課金モデルも指定します。

      プランの種類 説明
      Standard このロジック アプリ リソースは既定の選択であり、複数のワークフローをサポートします。 これらのワークフローは、シングルテナントの Azure Logic Apps で実行され、Standard 課金モデルを使用します。
      従量課金プラン このロジック アプリ リソースの種類は代替の選択であり、単一のワークフローのみをサポートします。 このワークフローは、マルチテナントの Azure Logic Apps で実行され、課金には従量課金モデルを使います。
  4. ロジック アプリ リソースに次の情報を指定します。

    プロパティ 必要 説明
    サブスクリプション はい <Azure サブスクリプション名> Azure サブスクリプション名。
    リソース グループ はい <Azure リソース グループ名>< ロジック アプリと関連リソースを作成する Azure リソース グループ。 この名前は、リージョン間で一意である必要があり、文字、数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_)、かっこ (())、ピリオド (.) のみを含めることができます。

    この例では、Consumption-RG という名前のリソース グループを作成します。
    ロジック アプリ名 はい <logic-app-resource-name> ロジック アプリ リソースの名前。リージョン間で一意である必要があり、文字、数字、ハイフン (-)、アンダースコア (_)、かっこ (())、およびピリオド (.) のみを含めることができます。

    この例では、My-Consumption-Logic-App という名前のロジック アプリ リソースを作成します。
    [リージョン] はい <Azure リージョン>< アプリの情報を格納するための Azure データセンター リージョン。 この例では、サンプル ロジック アプリを Azure の米国西部リージョンにデプロイします。
    Log Analytics を有効にする はい いいえ このオプションは、従量課金のロジック アプリの種類を選んだ場合にのみ表示されて適用されます。

    診断ログを有効にする場合にのみ、このオプションを変更します。 このクイックスタートでは、既定の選択をそのまま使います。

    完了すると、設定は以下の例のようになります。

    Azure portal と、新しいロジック アプリの詳細を含むロジック アプリ リソースの作成ページを示すスクリーンショット。

    Note

    可用性ゾーンの冗長性をサポートする Azure リージョンを選択した場合は、[ゾーン冗長] セクションが自動的に有効になります。 このプレビュー セクションには、ロジック アプリで可用性ゾーンの冗長性を有効にする選択肢があります。 ただし、現在サポートされている Azure リージョンには米国西部は含まれていないため、この例ではこのセクションを無視できます。 詳細については、「ゾーン冗長性と可用性ゾーンを使用してリージョンの障害からロジック アプリを保護する」を参照してください。

  5. 準備ができたら、[確認および作成] を選択します。

  6. 検証ページが表示されたら、指定したすべての情報を確認し、[作成] を選びます。

  7. Azure によってロジック アプリ リソースが正常にデプロイされたら、[リソースに移動] を選択します。 または、Azure の検索ボックスに名前を入力して、自分のロジック アプリ リソースを見つけて選択します。

    リソースのデプロイ ページと選択された [リソースに移動] というボタンを示すスクリーンショット。

トリガーを追加する

ワークフローは、常に 1 つのトリガーで開始されます。それにより、ワークフローで後続のアクションを実行する前に満たすべき条件が指定されます。 トリガーが起動するたびに、Azure Logic Apps によりワークフロー インスタンスが作成され、実行されます。 トリガーが起動しない場合、ワークフロー インスタンスは作成されず、実行もされません。

この例では、指定されたスケジュールに基づいて RSS フィードをチェックする RSS トリガーを使用します。 フィードに新しい項目が存在すると、トリガーが起動し、新しいワークフロー インスタンスが作成され実行されます。 チェック間に複数の新しい項目が存在する場合は、項目ごとにトリガーが起動し、項目ごとに個別の新しいワークフロー インスタンスが実行されます。 既定では、同時に作成されたワークフロー インスタンスも同時にまたは並行して実行されます。

  1. ワークフロー デザイナーで、次の一般的な手順に従って、「フィード項目が発行されたときに」という名前の RSSトリガーを追加します。

  2. トリガー ボックスに次の情報を指定します。

    プロパティ 必要 説明
    RSS フィードの URL はい <RSS フィードの URL> 監視する RSS フィードの URL。

    この例では、https://feeds.a.dj.com/rss/RSSMarketsMain.xml のウォール ストリート ジャーナルの RSS フィードを使用しています。 ただし、HTTP 承認を必要としない任意の RSS フィードを使用できます。 ワークフローを簡単にテストできるように、頻繁に発行される RSS フィードを選択します。
    選択されたプロパティは、新しい項目を決定するために使われる いいえ PublishDate どの項目が新しいかを判断するためのプロパティ。
    間隔 はい 1 フィードのチェックの間隔 (単位数)。

    この例では、間隔として 1 を使用します。
    頻度 はい 各間隔に使用する頻度の単位。

    この例では、頻度として Minute を使用します。
    タイム ゾーン いいえ <time-zone> RSS フィードのチェックに使うタイム ゾーン
    開始時間 いいえ <開始時刻> RSS フィードの確認に使う開始時刻

    RSS の URL、頻度、間隔など、RSS トリガーの設定を示すスクリーンショット。

  3. ワークフローを保存します。 デザイナーのツール バーで、 [保存] を選択します。

    この手順により、ロジック アプリのリソースとワークフローが Azure portal にその場で即時に発行されます。 ただし、トリガーは他のアクションを実行せず RSS フィードのみをチェックします。 そのため、トリガーが起動したときの動作を指定するアクションを追加する必要があります。

アクションを追加する

トリガーに続くアクションは、ワークフローでなんらかの操作を実行する後続のステップです。 どのアクションでも、トリガーや他のアクションを含め、前の操作からの出力を使用できます。 さまざまなアクションから選択でき、ワークフローごとの上限まで複数のアクションを含めることができます。また、さまざまなアクション パスを作成することもできます。

この例では、新しい RSS フィード項目に対してトリガーが起動するたびに電子メールを送信する Office 365 Outlook アクションを使用します。 チェック間に複数の新しい項目が存在する場合は、複数の電子メールが届きます。

  1. ワークフロー デザイナーで、これらの一般的な手順に従って、メールの送信に使用できるコネクタ アクションを追加します。次に例を示します。

    • Microsoft の職場または学校アカウントをお持ちの場合は、"メールの送信" という Office 365 Outlook コネクタ アクションを追加します。
    • 個人の Microsoft アカウントをお持ちの場合は、"メールの送信" という Outlook.com コネクタ アクションを追加します。

    この例では、"メールの送信" という Office 365 Outlook コネクタ アクションを続けます。

    サポートされている別の電子メール サービスをワークフローで使用する場合は、ユーザー インターフェイスの外観が若干異なることがあります。 ただし、別の電子メール サービスに接続するための基本的な概念は同じです。

  2. 選択した電子メール サービスで、サインインして ID を認証するよう求められた場合は、その手順をすぐに実行します。

    多くのコネクタでは、続行する前に、まず接続を作成し、ID を認証する必要があります。 この例では、Office 365 Outlook に接続するための手動認証を使用します。 ただし、他のサービスでは異なる認証の種類がサポートまたは使用されている場合があります。 シナリオに基づいて、さまざまな方法で接続認証を処理できます。

    詳しくは、次のドキュメントをご覧ください。

  3. "メールの送信" アクションで、メールに含める次の情報を指定します。

    1. [宛先] ボックスに、受信者の電子メール アドレスを入力します。 この例では、自分のメール アドレスを使用します。

      [送信先] ボックス内を選ぶと、動的コンテンツ リスト (稲妻アイコン) または式エディター (数式アイコン) を開くオプションが表示されます。 動的コンテンツ リストには以前の操作からの出力が表示されます。これは、現在のアクションの入力として選んで使うことができます。 式エディターには、関数と出力を使ってデータ操作を行う方法が用意されています。 現時点では、これらのオプションは無視してかまいません。 動的なコンテンツの一覧は、次の手順で使用します。

    2. [件名] ボックスに、メールの件名を入力します。

      この例では、以下の手順に従って、RSS 項目のタイトルを表示するトリガーからの出力を含めます。

      1. New RSS item: 」と入力します (末尾に空白スペースを含めます)。

      2. [件名] ボックス内にカーソルを置いたまま、動的コンテンツ リスト (稲妻アイコン) を選びます。

      3. 開いた動的コンテンツ リストの [フィード項目が発行される場合] で、[フィード タイトル] を選びます。これは、RSS 項目のタイトルを参照するトリガー出力です。

        [フィード項目が発行される場合] に使用できる出力が表示されない場合は、[詳細表示] を選びます。

        開いている動的コンテンツ リストと [詳細表示] という選択されているオプションを示すスクリーンショット。

        操作を終了すると、メールの件名は、次の例のようになります。

        Note

        配列を参照する出力を選ぶと、デザイナーにより、出力を参照するアクションを囲む For each ループが自動的に追加されます。 こうすることで、ワークフローは配列内の各項目に対して同じアクションを実行して配列を処理します。

        ループを削除するには、子アクションをループの外にドラッグして、ループを削除します。

    3. [本文] ボックスにメールの内容を入力します。

      この例では、説明テキストの各行に続けて、RSS トリガーからの対応する出力を含めます。 編集ボックスで空白行を追加するには、Shift + Enter キーを押します。

      説明テキスト プロパティ 説明
      Title: フィード タイトル 項目のタイトル
      Date published: フィードの公開日付 項目の公開日時
      Link: プライマリ フィード リンク 項目の URL

  4. ワークフローを保存します。 デザイナーのツール バーで、 [保存] を選択します。

ワークフローのテスト

ワークフローが正しく実行されていることを確認するには、指定したスケジュールに基づいてトリガーが起動するのを待つか、ワークフローを手動で実行することができます。

  • デザイナー ツール バーの [実行] メニューから [実行] を選びます。

RSS フィードに新しい項目がある場合、ワークフローによって、新しい項目ごとに電子メールが送信されます。 それ以外の場合は、次の間隔まで待ってから RSS フィードがもう一度チェックされます。

次のスクリーンショットは、サンプル ワークフローで送信されるサンプル電子メールを示しています。 この電子メールには、選択した各トリガー出力の詳細と、項目ごとに含めた説明テキストが含まれています。

Outlook と、新しい RSS フィード項目に対して受信したサンプル メールを示すスクリーンショット。項目のタイトル、発行日、リンクが記載されています。

問題のトラブルシューティング

想定どおりにワークフローからメールが届かない場合:

  • 該当の電子メール アカウントの迷惑メールまたはスパム フォルダーを確認してください。メッセージが誤ってフィルター処理されている可能性があります。

  • 使用している RSS フィードに、前回のスケジュールされたチェックまたは手動チェック以降に発行された項目があることを確認してください。

リソースをクリーンアップする

このクイックスタートを完了したら、この例のために作成したリソース グループを削除して、サンプル ロジック アプリ リソースと関連リソースを削除します。

  1. Azure の検索ボックスに「リソース グループ」と入力し、[リソース グループ] を選択します。

    検索語句

  2. 目的のロジック アプリのリソース グループを見つけて選択します。 [概要] ウィンドウで、 [リソース グループの削除] を選択します。

    選んだリソース グループと [リソース グループの削除] ボタンが表示されている Azure portal を示すスクリーンショット。

  3. 確認ウィンドウが表示されたら、リソース グループ名を入力して、 [削除] を選択します。

    確認ペインと削除対象として入力したリソース グループ名が表示されている Azure portal を示すスクリーンショット。

次のステップ

このクイックスタートでは、RSS フィードをチェックし、新しい項目ごとにメールを送信する、従量課金ロジック アプリ ワークフローを Azure portal で作成しました。 スケジュールされた高度なワークフローの詳細については、次のチュートリアルを参照してください。