Standard Encoder の形式およびコーデック

Media Services ロゴ v3


AMS Web サイト | Media Services v2 のドキュメント | コード サンプル | トラブルシューティング ガイド

この記事では、StandardEncoderPreset で使用できる一般的なインポートおよびエクスポートのファイル形式の一覧を示しています。

入力コンテナー/ファイル形式

ファイル形式 (ファイル拡張子) サポートされています
(H.264 および AAC コーデックでの) FLV (.flv) Yes
MXF (.mxf) はい
GXF (.gxf) Yes
MPEG2-PS、MPEG2-TS、3GP (.ts、.ps、.3gp、.3gpp、.mpg) Yes
Windows Media Video (WMV)/ASF (.wmv、.asf) Yes
AVI (非圧縮 8-bit/10-bit) (.avi) Yes
MP4 (.mp4、.m4a、.m4v)/ISMV (.isma、.ismv) Yes
Microsoft Digital Video Recording (DVR-MS) (.dvr-ms) Yes
Matroska/WebM (.mkv) Yes
WAVE/WAV (.wav) Yes
QuickTime (.mov) はい

入力コンテナーのオーディオ形式

Standard Encoder の入力コンテナーは、次のオーディオ形式に対応しています。

  • オーディオ トラックにインターリーブ ステレオまたは 5.1 サンプルが含まれる MXF、GXF、QuickTime ファイル

または

  • オーディオが個別 PCM トラックとして送信されるが、(ステレオまたは 5.1 への) チャネル マッピングをファイル メタデータから推測できる MXF、GXF、QuickTime ファイル

入力ビデオ コーデック

入力ビデオ コーデック サポートされています
AVC 8-bit/10-bit、最大 4:2:2 (AVCIntra を含む) 8 ビット 4:2:0 および 4:2:2
Sony XAVC / XAVC S (MXF コンテナー内) はい
Avid DNxHD (MXF コンテナー内) はい
DVCPro/DVCProHD (MXF コンテナー内) はい
デジタル ビデオ (DV) (AVI ファイルで) Yes
JPEG 2000 Yes
MPEG-2 (Sony XDCAM、Sony XDCAM HD、Sony XDCAM IMX、CableLabs®、D10 など、最大 422 プロファイルおよびハイ レベル) 最大 422 プロファイル
MPEG-1 はい
VC-1/WMV9 はい
Canopus HQ/HQX いいえ
MPEG-4 Part 2 はい
Theora はい
YUV420 非圧縮または中間 Yes
Apple ProRes 422 はい
Apple ProRes 422 LT はい
Apple ProRes 422 HQ はい
Apple ProRes プロキシ はい
Apple ProRes 4444 はい
Apple ProRes 4444 XQ はい
HEVC/H.265 メイン プロファイル

入力オーディオ コーデック

入力オーディオ コーデック サポートされています
AAC (AAC-LC、AAC-HE、AAC-HEv2。最大 5.1) はい
MPEG Layer 2 はい
MP3 (MPEG-1 Audio Layer 3) はい
Windows Media オーディオ はい
WAV/PCM はい
FLAC はい
Opus はい
Vorbis はい
AMR (アダプティブ マルチ レート) Yes
AES (SMPTE 331M および 302M、AES3-2003) いいえ
Dolby® E いいえ
Dolby® Digital (AC3) いいえ
Dolby® Digital Plus (E-AC3) いいえ

出力形式とコーデック

次の表では、エクスポートでサポートされるコーデックおよびファイル形式の一覧を示します。

ファイル形式 ビデオ コーデック オーディオ コーデック
MP4

(マルチビットレートの MP4 コンテナーを含む)
H.264 (High、Main、Baseline Profile)、HEVC (H.265) 8 ビット AAC-LC、HE-AAC v1、HE-AAC v2
MPEG2-TS H.264 (High、Main、Baseline Profile) AAC-LC、HE-AAC v1、HE-AAC v2

クローズド キャプションと広告の挿入

次の表に、Media Services でサポートされるキャプションの種類を示します。

Standard Notes
CEA-708 と EIA-608 (708/608) CEA-708 と EIA-608 は、米国とカナダのクローズド キャプションの標準です。

現時点では、キャプションがサポートされるのはエンコードされた入力ストリームに含まれる場合のみです。 Media Services に送信されるエンコードされたストリームに 608 または 708 キャプションを挿入できるライブ メディア エンコーダーを使用する必要があります。 Media Services はキャプションが挿入されたコンテンツをユーザーに配信します。
.ismt (スムーズ ストリーミング テキスト トラック) 内の TTML Media Services のダイナミック パッケージ機能では、クライアントが DASH、HLS、スムーズ ストリーミングの任意の形式でコンテンツをストリームできます。 ただし、.ismt (スムーズ ストリーミング テキスト トラック) 内のキャプションのあるフラグメント化 MP4 を取り込む場合は、スムーズ ストリーミング クライアントに対してのみストリーミングを配信できます。
SCTE-35 SCTE-35 は、広告の挿入のキューに使用されるデジタル信号システムです。 ダウンストリームの受信側は信号を使用して、割り当てられた時間のストリームに広告をスプライスします。 SCTE 35 は、入力ストリームのスパース トラックとして送信する必要があります。

現時点では、広告信号の伝送がサポートされている入力ストリーム形式はフラグメント化 MP4 (スムーズ ストリーミング) のみです。 サポートされている出力形式も、スムーズ ストリーミングのみです。

エンコードのサンプル

エンコードのコーディング サンプルの詳細な一覧を参照してください。