依存関係の視覚化を設定する

この記事では、Azure Migrate: 検出および評価でエージェントベースの依存関係の分析を設定する方法について説明します。 依存関係の分析は、評価や Azure への移行を行うサーバー間の依存関係を特定し、理解するために役立ちます。

開始する前に

  • 次のエージェントベースの依存関係分析のサポートとデプロイの要件を確認します。
  • 以下を実行します。
    • Azure Migrate プロジェクトがあること。 ない場合は、今すぐ作成します。
    • Azure Migrate: 検出及び評価ツールがプロジェクトに追加されていることを確認します。
    • オンプレミスのサーバーを検出するための Azure Migrate アプライアンスを設定します。 このアプライアンスによって、オンプレミスのサーバーが検出され、メタデータとパフォーマンス データが Azure Migrate: 検出および評価に送信されます。 次に対してアプライアンスを設定します。
  • 依存関係の視覚化を利用するには、Log Analytics ワークスペースを Azure Migrate プロジェクトに関連付けます。
    • Azure Migrate アプライアンスを設定して Azure Migrate プロジェクトでサーバーが検出された後にのみ、ワークスペースをアタッチできます。
    • ワークスペースが、Azure Migrate プロジェクトを含むサブスクリプション内にあることを確認します。
    • ワークスペースは、米国東部リージョン、東南アジア リージョン、または西ヨーロッパ リージョンに存在する必要があります。 他のリージョンにあるワークスペースをプロジェクトに関連付けることはできません。
    • ワークスペースは、Service Map がサポートされているリージョンに存在する必要があります。
    • 新規または既存の Log Analytics ワークスペースを Azure Migrate プロジェクトに関連付けることができます。
    • ワークスペースのアタッチは、サーバーの依存関係の視覚化を初めて設定したときに行います。 Azure Migrate プロジェクトのワークスペースは、追加後に変更できません。
    • Log Analytics では、Azure Migrate に関連付けられたワークスペースは、移行プロジェクト キーとプロジェクト名のタグが付けられます。

ワークスペースを関連付ける

  1. 評価対象のサーバーを検出したら、 [サーバー]>[Azure Migrate: 検出と評価] で、 [概要] をクリックします。

  2. [Azure Migrate: 検出と評価] で、 [要点] をクリックします。

  3. [OMS ワークスペース] で、 [構成が必要] をクリックします。

    Configure Log Analytics workspace

  4. [OMS ワークスペースの構成] で、新しいワークスペースを作成するか、または既存のものを使用するかを指定します。

    • プロジェクト サブスクリプションのすべてのワークスペースから、既存のワークスペースを選択できます。
    • ワークスペースを関連付けるには、ワークスペースに対する閲覧者アクセス権が必要です。
  5. 新しいワークスペースを作成する場合は、その場所を選択します。

    Add a new workspace

注意

プライベート エンドポイント接続用に OMS ワークスペースを構成する方法については、こちらをご覧ください。

VM エージェントをダウンロードしてインストールする

分析する各サーバーにエージェントをインストールします。

注意

System Center Operations Manager 2012 R2 以降によって監視されているサーバーの場合、MMA エージェントをインストールする必要はありません。 Service Map は Operations Manager と統合されます。 統合ガイダンスに従ってください

  1. [Azure Migrate: 検出および評価] で、 [検出済みサーバー] をクリックします。

  2. [列] をクリックして [依存関係 (エージェントベース)] を選択し、[検出済みサーバー] ページに列を表示します。

    Screenshot showing the result after clicking columns.

  3. 依存関係の視覚化を利用して分析する各サーバーについて、 [依存関係] 列の [エージェントをインストールする必要があります] をクリックします。

  4. [依存関係] ページで、Windows 用または Linux 用の MMA と依存関係エージェントをダウンロードします。

  5. [MMA エージェントの構成](Configure MMA agent) で、ワークスペース ID とキーをコピーします。 これらは、MMA エージェントをインストールするときに必要です。

    Install the agents

MMA をインストールする

分析する Windows または Linux の各サーバーに MMA をインストールします。

Windows サーバーに MMA をインストールする

Windows サーバーにエージェントをインストールするには、次の手順に従います。

  1. ダウンロードしたエージェントをダブルクリックします。
  2. [ようこそ] ページで [次へ] をクリックします。 [ライセンス条項] ページで、 [同意する] をクリックしてライセンスに同意します。
  3. [インストール先のフォルダー] で、既定のインストール フォルダーをそのまま使用するか変更し、[次へ] をクリックします。
  4. [エージェントのセットアップ オプション] で、 [Azure Log Analytics]>[次へ] の順にクリックします。
  5. [追加] をクリックして、新しい Log Analytics ワークスペースを追加します。 ポータルからコピーしたワークスペース ID とキーを貼り付けます。 [次へ] をクリックします。

エージェントは、コマンド ラインからインストールするか、Configuration Manager または Intigua などの自動化された方法を使用してインストールすることができます。

  • このような方法を使用して MMA エージェントをインストールする方法については、詳細のページを参照してください。
  • このスクリプトを使用して、MMA エージェントをインストールすることもできます。
  • MMA でサポートされる Windows オペレーティング システムの詳細については、こちらをご覧ください。

Linux サーバーに MMA をインストールする

Linux サーバーに MMA をインストールするには、以下を実行します。

  1. 該当するバンドル (x86 または x64) を、scp/sftp を使用して Linux コンピューターに転送します。

  2. --install 引数を使用してバンドルをインストールします。

    sudo sh ./omsagent-<version>.universal.x64.sh --install -w <workspace id> -s <workspace key>

MMA でサポートされる Linux オペレーティング システムの一覧は、ここをご覧ください。

依存関係エージェントをインストールする

  1. Windows サーバーに依存関係エージェントをインストールするには、セットアップ ファイルをダブルクリックし、ウィザードに従います。

  2. Linux サーバーに依存関係エージェントをインストールするには、次のコマンドを使用してルートとしてインストールします。

    sh InstallDependencyAgent-Linux64.bin

  • スクリプトを使用して依存関係エージェントをインストールする方法については、こちらをご覧ください。
  • 依存関係エージェントでサポートされるオペレーティング システムの詳細については、こちらをご覧ください。

依存関係の視覚化を使用してグループを作成する

ここで評価用のグループを作成します。

注意

依存関係を視覚化するグループには、10 個を超えるサーバーを含めないでください。 サーバーが 10 台を超える場合は、小さいグループに分割します。

  1. [Azure Migrate: 検出および評価] で、 [検出済みサーバー] をクリックします。

  2. [依存関係] 列で、確認するサーバーごとに [依存関係の表示] をクリックします。

  3. 依存関係マップでは、以下を確認できます。

    • サーバーとの間の受信 (クライアント) と送信 (サーバー) の TCP 接続。
    • 依存関係エージェントがインストールされていない依存するサーバーは、ポート番号でグループ化されます。
    • 依存関係エージェントがインストールされている依存するサーバーは、別のボックスとして表示されます。
    • サーバー内で実行されているプロセス。 各サーバーのボックスを展開すると、プロセスが表示されます。
    • サーバーのプロパティ (FQDN、オペレーティング システム、MAC アドレスなど)。 各サーバーのボックスをクリックすると、詳細が表示されます。
  4. 時間範囲のラベルで期間をクリックすると、さまざまな期間の依存関係を表示できます。

    • 既定では、範囲は 1 時間です。
    • 時間の範囲を変更することも、開始日と終了日および期間を指定することもできます。
    • 時間の範囲は最大 1 時間です。 それより長い範囲が必要な場合は、Azure Monitor を使って、長い期間に対して依存データのクエリを実行します。
  5. 一緒にグループ化する依存するサーバーを特定したら、マップ上で Ctrl キーを押しながらクリックして複数のサーバーを選択し、 [Group machines](マシンのグループ化) をクリックします。

  6. グループ名を指定します。

  7. 依存するサーバーが Azure Migrate によって検出されていることを確認します。

    • 依存するサーバーが Azure Migrate: 検出および評価によって検出されない場合は、それをグループに追加することはできません。
    • サーバーを追加するには、もう一度検出を実行し、サーバーが検出されたことを確認します。
  8. このグループの評価を作成する場合は、グループの新しい評価を作成するためのチェックボックスをオンにします。

  9. [OK] をクリックしてグループを保存します。

グループを作成した後は、グループ内のすべてのサーバーにエージェントをインストールし、グループ全体の依存関係を視覚化することをお勧めします。

Azure Monitor で依存関係データのクエリを実行する

Azure Migrate プロジェクトに関連付けられた Log Analytics ワークスペースで、Service Map によってキャプチャされた依存関係データのクエリを実行できます。 Log Analytics は、Azure Monitor ログ クエリの記述と実行に使用されます。

次のようにして依存関係データのクエリを実行します。

  1. エージェントをインストールしたら、ポータルに移動し、 [概要] をクリックします。
  2. [Azure Migrate: 検出および評価] で、 [概要] をクリックします。 下矢印をクリックして [要点](Essentials) を展開します。
  3. [OMS ワークスペース] で、ワークスペース名をクリックします。
  4. Log Analytics ワークスペース ページで、>[全般][ログ] の順にクリックします。
  5. クエリを作成し、 [実行] をクリックします。

サンプル クエリ

以下に、依存関係データを抽出するために使用できるサンプル クエリをいくつか示します。

  • クエリを変更して、目的のデータ ポイントを抽出できます。
  • 依存関係データ レコードの完全な一覧を確認します。
  • 追加のサンプル クエリを確認します。

サンプル:受信接続を確認する

一連のサーバーの受信接続を確認します。

  • 接続メトリック用のテーブル (VMConnection) 内にあるレコードは、個々の物理ネットワーク接続を表すものではありません。
  • 複数の物理ネットワーク接続は、論理接続にグループ化されます。
  • 物理ネットワーク接続データが VMConnection 内でどのように集約されるかについての詳細情報を確認してください。
// the servers of interest
let ips=materialize(ServiceMapComputer_CL
| summarize ips=makeset(todynamic(Ipv4Addresses_s)) by MonitoredMachine=ResourceName_s
| mvexpand ips to typeof(string));
let StartDateTime = datetime(2019-03-25T00:00:00Z);
let EndDateTime = datetime(2019-03-30T01:00:00Z);
VMConnection
| where Direction == 'inbound'
| where TimeGenerated > StartDateTime and TimeGenerated  < EndDateTime
| join kind=inner (ips) on $left.DestinationIp == $right.ips
| summarize sum(LinksEstablished) by Computer, Direction, SourceIp, DestinationIp, DestinationPort

サンプル:送受信したデータを集計する

このサンプルは、一連のサーバー間での受信接続で送受信されたデータの量を集計します。

// the servers of interest
let ips=materialize(ServiceMapComputer_CL
| summarize ips=makeset(todynamic(Ipv4Addresses_s)) by MonitoredMachine=ResourceName_s
| mvexpand ips to typeof(string));
let StartDateTime = datetime(2019-03-25T00:00:00Z);
let EndDateTime = datetime(2019-03-30T01:00:00Z);
VMConnection
| where Direction == 'inbound'
| where TimeGenerated > StartDateTime and TimeGenerated  < EndDateTime
| join kind=inner (ips) on $left.DestinationIp == $right.ips
| summarize sum(BytesSent), sum(BytesReceived) by Computer, Direction, SourceIp, DestinationIp, DestinationPort

次のステップ

グループの評価を作成します。