方法: スケジュール設定された通知の送信

未来のある時点で通知を送信することが必要なシナリオに対して、通知を送信するためのバックエンド コードの簡単なウェイクアップ方法がないような場合、 Standard レベルの通知ハブは、通知を最大 7 日先までスケジュールできる機能をサポートしています。

通知をスケジュール設定する

通知を送信する場合は、次の例に示すように Notification Hubs SDK の ScheduledNotification クラスを使用します。

Notification notification = new AppleNotification("{\"aps\":{\"alert\":\"Happy birthday!\"}}");
var scheduled = await hub.ScheduleNotificationAsync(notification, new DateTime(2014, 7, 19, 0, 0, 0));

スケジュールされた通知を取り消す

また、既にスケジュール設定されている通知を、その notificationId を使用して取り消すこともできます。

await hub.CancelNotificationAsync(scheduled.ScheduledNotificationId);

スケジュール設定された、送信可能な通知の数に制限はありません。

次のステップ

次のチュートリアルを参照してください。