Azure Database for PostgreSQL (単一サーバー) を監視およびチューニングする

適用対象: Azure Database for PostgreSQL - 単一サーバー

サーバーに関する監視データは、ワークロードをトラブルシューティングしたり最適化したりするのに役立ちます。 Azure Database for PostgreSQL には、サーバーの動作の分析情報を提供する各種の監視オプションが用意されています。

メトリック

Azure Database for PostgreSQL には、PostgreSQL サーバーをサポートするリソースの動作に関する洞察を提供する各種のメトリックが用意されています。 各メトリックは 1 分間隔で出力され、最大 93 日分の履歴が保持されます。 メトリックにアラートを構成できます。 詳細な手順については、アラートの設定方法に関する記事をご覧ください。 その他のタスクとして、自動化されたアクションの設定、高度な分析の実行、履歴のアーカイブなどがあります。 詳細については、Azure のメトリックの概要に関する記事をご覧ください。

メトリックの一覧

Azure Database for PostgreSQL では、次のメトリックを使用できます。

Error
表示名 メトリック ID ユニット 説明
失敗した接続 connections_failed Count 確立後、失敗した接続の数。
Latency
表示名 メトリック ID ユニット 説明
Max Lag Across Replicas (レプリカ間の最大ラグ) pg_replica_log_delay_in_bytes バイト プライマリと最も遅れているレプリカの間のバイト単位でのラグ。 このメトリックは、プライマリ サーバーのみで使用できます。
Replica Lag (レプリカ ラグ) pg_replica_log_delay_in_seconds Seconds 最後に再生されたトランザクションからの時間。 このメトリックは、レプリカ サーバーのみで使用できます。
Saturation
表示名 メトリック ID ユニット 説明
使用済みバックアップ ストレージ backup_storage_used バイト 使用されているバックアップ ストレージの量。 このメトリックは、サーバーに設定されているバックアップ保持期間に基づいて保持されているすべてのデータベースの完全バックアップ、差分バックアップ、ログ バックアップによって使用されるストレージの合計を表します。 バックアップの頻度はサービスによって管理され、概念に関する記事で説明されています。 geo 冗長ストレージの場合、バックアップ ストレージの使用量は、ローカル冗長ストレージの 2 倍になります。
CPU 使用率 cpu_percent Percent 使用されている CPU の割合
IO の割合 io_consumption_percent Percent 使用されている IO の割合 (Basic レベルのサーバーには適用されません。)
メモリの割合 memory_percent Percent 使用されているメモリの割合
サーバー ログ ストレージの上限 serverlog_storage_limit バイト このサーバーの最大サーバー ログ ストレージ。
サーバー ログ ストレージの割合 serverlog_storage_percent Percent サーバーの最大サーバー ログ ストレージのうち、使用されているサーバー ログ ストレージの割合。
サーバー ログ ストレージの使用量 serverlog_storage_usage バイト 使用されているサーバー ログ ストレージの量。
ストレージの制限 storage_limit バイト このサーバーの最大のストレージ
ストレージの割合 storage_percent Percent サーバーの最大数のうち使用されているストレージの割合
使用されているストレージ storage_used バイト 使用されているストレージの量。 サービスで使用されるストレージには、データベース ファイル、トランザクション ログ、サーバー ログが含まれることがあります。
Traffic
表示名 メトリック ID ユニット 説明
アクティブな接続 active_connections Count サーバーへのアクティブな接続の数
Network Out network_bytes_egress バイト アクティブな接続全体のネットワーク送信。
Network In network_bytes_ingress バイト アクティブな接続全体のネットワーク受信。

サーバー ログ

サーバーでのログ記録を有効にできます。 これらのリソース ログは、Azure Monitor ログ、Event Hubs、およびストレージ アカウントに送信できます。 ログ記録の詳細については、サーバー ログに関するページをご覧ください。

クエリ ストア

クエリ ストアは、クエリ ランタイム統計や待機イベントなど、一定期間のクエリ パフォーマンスを追跡記録します。 この機能により、azure_sys という名前のシステム データベースの query_store スキーマにクエリ ランタイム パフォーマンス情報が保持されます。 さまざまな構成ノブを介してデータのコレクションとストレージを制御できます。

Query Performance Insight

Query Performance Insight はクエリ ストアと連動し、データを視覚化します。視覚化したデータには Azure portal からアクセスできます。 これらのグラフにより、パフォーマンスに影響を与える主要なクエリを特定できます。 Query Performance Insight には、Azure Database for PostgreSQL サーバーのポータル ページの「インテリジェント パフォーマンス」セクションからアクセスできます。

パフォーマンスに関する推奨事項

パフォーマンスの推奨事項機能によって、ワークロード パフォーマンス改善の機会が特定されます。 パフォーマンスの推奨事項によって、ワークロードのパフォーマンスを改善する可能性がある新しいインデックスを作成するための推奨事項が提供されます。 推奨インデックスを作成するために、この機能は、クエリ ストアから報告されたスキーマ、ワークロードなどのさまざまなデータベースの特性を考慮します。 顧客は、パフォーマンスに関する推奨事項を実装した後、パフォーマンスをテストし、変更の影響を評価する必要があります。

計画メンテナンスの通知

計画メンテナンスの通知によって、Azure Database for PostgreSQL - Single Server に対して今後予定されているメンテナンスに関するアラートを受信できます。 これらの通知は Service Health の計画メンテナンスに統合されており、サブスクリプションに対してスケジュールされたすべてのメンテナンスを 1 か所に表示できます。 また、異なるリソースに対しては異なる連絡先が必要になる場合があるため、さまざまなリソース グループに対して適切なユーザーへの通知をスケーリングすることも可能です。 今後のメンテナンスに関する通知は、イベントの 72 時間前に受信します。

通知の設定方法の詳細については、計画メンテナンスの通知に関するドキュメントを参照してください。

次のステップ