クラシック デプロイ モデルの VM ファミリ vCPU クォータを増やす

クラシック デプロイ モデルは、旧世代の Azure デプロイ モデルです。 ここでは、仮想マシンと仮想マシン スケール セットにグローバル vCPU クォータ制限が適用されます。 クラシック デプロイ モデルはもう推奨されていません。現在は Resource Manager モデルに置き換えられています。

この 2 つのデプロイ モデルと Resource Manager を使用する利点の詳細については、Resource Manager とクラシック デプロイに関する記事を参照してください。

新しいサブスクリプションが作成されると、vCPU の既定のクォータが割り当てられます。 新しい仮想マシンをクラシック デプロイ モデルを使用してデプロイする場合は、すべてのリージョンでの新規および既存の vCPU の使用量の合計が、クラシック デプロイ モデルで承認されている vCPU のクォータを常に超えないようにする必要があります。

Azure portal のクラシック デプロイ モデルに対する vCPU クォータの増加を要求するには、[ヘルプとサポート] または [使用量 + クォータ] を使用します。

[ヘルプとサポート] を使用して、クラシック デプロイ モデルのクォータの引き上げを要求する

次の手順に従って、Azure portal で [ヘルプとサポート] を使用して、クラシック デプロイ モデルの vCPU クォータ引き上げ要求を作成します。

  1. Azure portal にサインインし、新しいサポート リクエストを開きます。

  2. [問題の種類] については、 [サービスとサブスクリプションの制限 (クォータ)] を選択します。

  3. クォータの追加が必要なサブスクリプションを選択します。

  4. [クォータの種類] で、 [Compute-VM (cores-vCPUs) subscription limit increases]/(Compute-VM (cores-vCPU) サブスクリプションの制限の引き上げ/) を選択します。 [次へ] を選択します。

    Azure portal での VM ファミリの vCPU クォータの引き上げのサポート要求を示すスクリーンショット。

  5. [問題の詳細] セクションで、[詳細を入力] を選びます。 デプロイ モデルには [クラシック] を選び、場所を選びます。

  6. [SKU ファミリ] については、増やす SKU ファミリを 1 つ以上選択します。

  7. サブスクリプションに対して必要な新しい制限を入力します。 終了したら、[保存して続行] を選んでサポート リクエストの作成を続行します。

  8. [Additional information]\(追加情報\) 画面の残りの部分に入力し、[次へ] を選びます。

  9. [確認および作成] 画面で、サポートに送信する詳細を確認し、[作成] を選びます。

[使用量 + クォータ] からクラシック デプロイ モデルのクォータの引き上げを要求する

次の手順に従って、Azure portal の [使用量 + クォータ] からクラシック デプロイ モデルの vCPU クォータ引き上げ要求を作成します。

  1. https://portal.azure.com から、 [サブスクリプション] を検索して選択します。

  2. クォータの追加が必要なサブスクリプションを選択します。

  3. [使用量 + クォータ] を選択します。

  4. 右上の [引き上げを依頼する] を選択します。

  5. 上記の手順 (手順 4 から開始) に従って、要求を完了します。

次のステップ