Share via


Application Gateway と WAF のデプロイを可用性ゾーンのサポートに移行する

Application Gateway Standard v2WAF v2 付き Application Gateway は、ゾーンとゾーンの冗長デプロイをサポートします。 ゾーン冗長の詳細については、可用性ゾーンをサポートする Azure サービスとリージョンに関する記事を参照してください。

ゾーン サポートなしで以前に Azure Application GatewayStandard v2 または Azure Application Gateway Standard v2 + WAF v2 をゾーン冗長を有効にするためにデプロイした場合は、これらのサービスを再デプロイする必要があります。 このアーティクルでは、これらのサービスを再デプロイするための 2 つの移行オプションについて説明します。

前提条件

  • デプロイは Standard v2 または WAF v2 SKU である必要があります。 以前の SKU (Standard と WAF) は、可用性ゾーンをサポートしていません。

ダウンタイムの要件

このアーティクルで説明する一部の移行オプションでは、新しいデプロイが完了するまでダウンタイムが必要です。

オプション 1: 別の Application Gateway と IP アドレスを作成する

このオプションでは、新しいパブリック IP アドレスを使用して、別の Application Gateway デプロイを作成する必要があります。 ワークロードは、ゾーンに対応していない Application Gateway の設定から新しいものに移行されます。

パブリック IP アドレスを変更するため、DNS 構成を変更する必要があります。 このオプションでは、仮想ネットワークとサブネットにもいくつかの変更が必要です。

このオプションの使用目的

  • ダウンタイムを最小限に抑えます。 DNS レコードが新しい環境に更新されると、クライアントは中断することなく新しいゲートウェイへの新しい接続を確立します。
  • 広範なテストや青/緑のシナリオも許容します。

個別の App Gateway、WAF (オプション)と IP アドレスを作成する

  1. Azure ポータルにアクセスします。
  2. アプリケーション ゲートウェイの作成またはWeb Application Firewall を使用して App Gateway を作成するのステップに従って、新しいApplication Gateway v2 または Application Gateway v2 + WAF v2 を作成します。 既存の仮想ネットワークを再利用することも、新しい仮想ネットワークを作成することもできますが、新しいフロントエンドのパブリック IP アドレスを作成する必要があります。
  3. Application Gateway と WAF が意図したとおりに動作していることを確認します。
  4. DNS 構成を新しいパブリック IP アドレスに移行します。
  5. 古い Application Gateway と WAF リソースを削除します。

オプション 2: Application Gateway を削除して再デプロイする

このオプションでは、仮想ネットワークとサブネットを再構成する必要はありません。 App Gateway のパブリック IP アドレスが目的のエンド ステート ゾーン認識用に既に構成されている場合は、Application Gateway を削除して再デプロイし、パブリック IP アドレスを変更しないままにすることができます。

このオプションの使用目的

  • IP アドレス、サブネット、および DNS 構成は変更しないでください。
  • ダウンタイムに影響されないワークロードを移動します。

App Gateway と WAF を削除して再デプロイするには:

  1. Azure ポータルにアクセスします。
  2. [すべてのリソース] を選択し、App Gateway を含むリソース グループを選択します。
  3. App Gateway リソースを選択し、[削除]を 選択します。 [はい] と入力して削除を確認し、[削除] をクリックします。
  4. Application Gateway の作成または Web Application Firewallを使用した Application Gateway の作成のステップに従って、以前に使用したのと同じ仮想ネットワーク、サブネット、パブリック IP アドレスを使用して、それぞれ新しい Application Gateway v2 またはアApplication Gateway v2 + WAF v2 を作成します。

次のステップ

各項目の詳細情報