Share via


SQL Managed Instanceを可用性ゾーンのサポートに移行する

重要

SQL Managed Instanceのゾーン冗長性は現在プレビュー段階です。 SQL Instance ゾーンの冗長性をサポートするリージョンについては、「 リージョン別のサービスのサポート」を参照してください。

SQL Managed Instanceでは、Azure 可用性ゾーンを使用して、Azure リージョン内の複数の物理的な場所にインスタンスをレプリケートするゾーン冗長構成が提供されます。 ゾーンの冗長性を有効にすると、Business Criticalマネージド インスタンスは、アプリケーション ロジックを変更することなく、致命的なデータセンターの停止などの大規模な障害セットに対して回復性を高めることができます。 SQL Databaseの可用性モデルの詳細については、Azure SQLドキュメントBusiness Criticalサービス レベル ゾーン冗長可用性に関するセクションを参照してください

このガイドでは、Business Criticalサービス レベルを使用する SQL Managed Instance を非可用性ゾーンのサポートから可用性ゾーンのサポートに移行する方法について説明します。 ゾーン冗長オプションが有効になると、Azure SQL Managed Instanceによってインスタンスが自動的に再構成されます。

前提条件

可用性ゾーンのサポートに移行するには:

  1. インスタンスは、2022 年 11 月の機能ウェーブ更新プログラムを使用して Business Critical レベルで実行されている必要があります。 既存の SQL マネージド インスタンスを 2022 年 11 月の更新プログラムにオンボードする方法の詳細については、「2022 年 11 月の Feature Wave for Azure SQL Managed Instance

  2. インスタンスがサポートされているリージョンにあることを確認します。 サポートされているリージョンの一覧については、「Premium とBusiness Criticalサービス レベル ゾーン冗長可用性」を参照してください。

  3. インスタンスは、Standard シリーズ (Gen5) ハードウェアで実行されている必要があります。

ダウンタイムの要件

Azure SQLのすべてのスケーリング操作はオンライン操作であり、最小限からダウンタイムなしで必要です。 Azure SQL動的スケーリングの詳細については、「最小限のダウンタイムでデータベース リソースを動的にスケーリングする」を参照してください。

ゾーン冗長構成を有効にする方法

ゾーン冗長オプションは、Azure portalまたは ARM API を使用して構成できます。

ゾーン冗長オプションを有効にするには:

ゾーン冗長構成を使用するように現在のBusiness Criticalマネージド インスタンスを更新するには:

  1. Azure Portal にサインインします。

  2. ゾーン冗長を有効にするSQL Managed Instanceのインスタンスに移動します。

  3. [Azure SQL Managed Instanceの作成] タブで、[Managed Instanceの構成] を選択します。

  4. [ コンピューティングとストレージ ] ページで、[ はい ] を選択してインスタンス ゾーンを冗長にします。

  5. [ バックアップ ストレージの冗長性] で、互換性のある冗長性オプションのいずれかを選択します。

    • ZRS (ゾーン冗長ストレージ)
    • GZRS (Geo ゾーン冗長ストレージ)

    バックアップ ストレージの冗長性オプションの詳細については、「Azure SQL Managed Instance バックアップの Geo-Zone 冗長ストレージ (GZRS) の概要」を参照してください。

  6. [適用] を選択します。

次のステップ