クイック スタート:Unity のサンプルを HoloLens にデプロイする

このクイックスタートでは、Unity 用のクイックスタート サンプル アプリを HoloLens 2 にデプロイして実行する方法について説明します。

このクイックスタートでは、次の方法について説明します。

  • HoloLens 用のクイックスタート サンプル アプリを作成する
  • サンプルをデバイスにデプロイする
  • デバイスでサンプルを実行する

前提条件

このクイックスタートでは、「クイック スタート: Unity によるモデルのレンダリング」のサンプル プロジェクトをデプロイします。 シーンと共に自分の資格情報が適切に保存されており、Unity エディター内からセッションに接続できることを確認してください。

HoloLens 2 を開発者モードにし、デスクトップ マシンとペアリングする必要があります。 詳細な手順については、デバイス ポータルの使用に関する記事を参照してください。

サンプル プロジェクトをビルドする

  1. [ファイル] > [ビルド設定] の順に開きます
  2. [Platform](プラットフォーム)[Universal Windows Platform](ユニバーサル Windows プラットフォーム) に変更します
  3. [Target Device](ターゲット デバイス)[HoloLens] に設定します
  4. [Architecture](アーキテクチャ)[ARM64] に設定します
  5. [Build Type](ビルドの種類)[D3D Project](D3D プロジェクト) に設定します。
    ビルド設定
  6. [Switch Platform](プラットフォームに切り替え) を選択します
  7. [ビルド] (または [ビルドして実行]) を押すと、ソリューションを格納するフォルダーを選択するよう求められます
  8. 生成された Quickstart.sln を Visual Studio で開きます
  9. 構成を [リリース][ARM64] に変更します
  10. デバッガー モードを [リモート マシン] に切り替えます。
    ソリューションの構成
  11. ソリューションをビルドする
  12. プロジェクト "Quickstart" で、[プロパティ] > [デバッグ] の順に移動します
    1. [リリース] という構成がアクティブであることを確認します
    2. [起動するデバッガー][リモート マシン] に設定します
    3. [コンピューター名] を、使用する HoloLens の IP に変更します

サンプル プロジェクトを起動する

  1. USB ケーブルで HoloLens をお使いの PC に接続します。
  2. Visual Studio のデバッガーを開始します (F5)。 アプリがデバイスに自動的にデプロイされます。

サンプル アプリが起動し、新しいセッションを開始します。 しばらくすると、セッションの準備が完了し、リモートでレンダリングされたモデルが表示されます。 サンプルを後でもう一度起動する場合は、HoloLens の [Start](スタート) メニューでも検索できます。

次のステップ

次のクイックスタートでは、カスタム モデルの変換について確認します。