Service Fabric のリリース

この記事では、Service Fabric のランタイムと SDK に対する最新リリースと更新プログラムの詳細を提供します。

次のリソースも使用できます。

Service Fabric 10.1

Service Fabric ランタイムの 10.1 リリースが、ツールと SDK の更新プログラムと共にさまざまな Azure リージョンへのロールアウトを開始したことをお知らせします。 .NET SDK、Java SDK、Service Fabric ランタイムの更新プログラムは、リリース ノートに記載されているリンクからダウンロードできます。 SDK、NuGet パッケージ、Maven リポジトリは、7 から 10 日以内にすべてのリージョンで利用できるようになります。

重要なお知らせ

  • Service Fabric ランタイムは、管理とクライアントという 2 つのクライアント ロールを定義します。 管理ロールは高い特権を持ち、ランタイム自体と区別できません。共有クラスターでは問題になる可能性があります。共有クラスターでは、すべてのテナントが管理特権を持ち、別のテナントのサービスに対して意図しない破壊的操作を実行できます。 このリリースでは、クラスター マニフェストの適切に構成された Security/ClientAccess セクションと組み合わせて、3 番目のクライアント ロールである Elevated管理 を導入することで、説明されているシナリオを回避できます。
  • セッションが使い果たされたときに、Service Fabric から SFX/SFE に表示される正常性イベントが生成されるようになりました。
  • これにより、InBuild 調整に適用するときに、InBuild 補助レプリカの重みを設定できます。 重みが大きいほど、InBuild 補助レプリカが InBuild の制限の多くを占めることになり、同様に重みが小さいほど制限の消費が少なくなり、制限に達する前により多くのレプリカを InBuild に配置できます。

Service Fabric 10.1 リリース

リリース日 Release 詳細情報
2023 年 11 月 1 日 Azure Service Fabric 10.1 リリース リリース ノート

Service Fabric 10.0

Service Fabric ランタイムの 10.0 リリースでは、ツールと SDK の更新プログラムと共に、さまざまな Azure リージョンへのロールアウトが開始されたことをお知らせします。 .NET SDK、Java SDK、Service Fabric ランタイムの更新プログラムは、リリース ノートに記載されているリンクからダウンロードできます。 SDK、NuGet パッケージ、Maven リポジトリは、7 から 10 日以内にすべてのリージョンで利用できるようになります。

重要なお知らせ

  • コンテナー イメージのプルーニングの強化。
  • ノード タイプごとのクラスターの均衡化。
  • アプリケーションとクラスターのアップグレードの正常性チェック フェーズとタイマーの公開。
  • レプリカ構築プロセスで ESE.dll バージョンの互換性をサポート。
  • リース プローブの有効化。
  • FabricClient コンストラクターを拡張して、"HostEndpoints" を使用せずに "SecurityCredentials" を含める。
  • クラスター管理エンドポイント設定のセキュリティ監査。

Service Fabric 10.0 リリース

リリース日 Release 詳細情報
2023 年 9 月 9 日 Azure Service Fabric 10.0 リリース リリース ノート
2023 年 11 月 1 日 Azure Service Fabric 10.0 の最初の更新リリース リリース ノート

Service Fabric 9.1

Service Fabric ランタイムの 9.1 リリースでは、ツールと SDK の更新プログラムと共に、さまざまな Azure リージョンへのロールアウトが開始されたことをお知らせします。 .NET SDK、Java SDK、Service Fabric ランタイムの更新プログラムは、リリース ノートに記載されているリンクからダウンロードできます。 SDK、NuGet パッケージ、Maven リポジトリは、7 から 10 日以内にすべてのリージョンで利用できるようになります。

重要なお知らせ

  • Azure Service Fabric では、2022 年 11 月 10 日以降、Silver または Gold の持続性要件を満たしていないデプロイはブロックされます (日付は 2022 年 10 月 30 日から 2022 年 11 月 10 日に延長されています)。 運用環境のワークロードに対する VM レベルのインフラストラクチャ要求からのデータ損失を回避するために、2022 年 11 月 10 日より後に作成された新しいクラスターについては、この変更により、5 つ以上の VM が適用されます。 Bronze の持続性では、VM 数の要件は変更されません。 既存のクラスターへの適用は、今後数か月以内に開始します。
  • 仮想マシン スケール セットの持続性が Silver または Gold の Azure Service Fabric ノード タイプでは、スケール セット モデル定義でプロパティ "virtualMachineProfile.osProfile.windowsConfiguration.enableAutomaticUpdates" が常に false に設定されている必要があります。 enableAutomaticUpdates を false に設定することで、運用環境のワークロードに影響を与える可能性がある、修正プログラムの適用などの Windows 更新プログラムが原因の、意図しない OS の再起動が防止されます。 代わりに、"enableAutomaticOSUpgrade" を true に設定して、仮想マシン スケール セット OS イメージの更新による OS の自動アップグレードを有効にします。 スケール セットで OS イメージの自動アップグレードが有効になっている場合は、Windows Update による追加のパッチ処理は不要です。
  • 9.1.1436.9590 以降、Service Fabric のランタイムでは、Linux と Windows 上で "Setup/BlockAccessToWireServer" という構成が提供され、ランタイム配置者が仮想マシン (VM) でアクセス制御リスト (ACL) を設定して、コンテナーからワイヤ サーバーへのアクセスを防ぐことができるようになります。 これらの ACL は、新しいクラスターの作成およびアップグレードと VM/SF ノードの再起動シナリオ中に同期されます。

Service Fabric 9.1 リリース

リリース日 Release 詳細情報
2022 年 10 月 24 日 Azure Service Fabric 9.1 リリース ノート
2022 年 12 月 8 日 Azure Service Fabric 9.1 の最初の更新リリース リリース ノート
2023 年 3 月 1 日 Azure Service Fabric 9.1 の 2 回めの更新リリース リリース ノート
2023 年 4 月 6 日 Azure Service Fabric 9.1 の 3 回目の更新リリース リリース ノート
2023 年 5 月 15 日 Azure Service Fabric 9.1 の 4 回目の更新リリース リリース ノート
2023 年 6 月 19 日 Azure Service Fabric 9.1 の 5 回目の更新リリース リリース ノート
2023 年 8 月 30 日 Azure Service Fabric 9.1 の 6 回目の更新リリース リリース ノート
2023 年 11 月 1 日 Azure Service Fabric 9.1 7 回目の更新リリース リリース ノート

Service Fabric 9.0

Service Fabric ランタイムの 9.0 リリースでは、ツールと SDK の更新プログラムと共に、さまざまな Azure リージョンへのロールアウトが開始されたことをお知らせします。 .NET SDK、Java SDK、および Service Fabric ランタイムの更新プログラムは、Web Platform Installer、NuGet パッケージ、Maven リポジトリから入手できます。

重要なお知らせ

  • .NET 6.0 の一般提供のサポート
  • Ubuntu 20.04 の一般提供のサポート
  • 一般提供: 単一の仮想マシン スケール セット内のマルチ AZ のサポート
  • IHost、IHostBuilder、最小ホスティング モデルのサポートが追加されました
  • データ コントラクトシリアル化 (DCS) ベースのリモート処理例外のオプトイン オプションの有効化
  • WSL2 を使用した Windows での Linux 開発のためのエンド ツー エンド開発者エクスペリエンスの作成がサポートされます
  • Service Fabric DNS サービスへの並列再帰クエリのサポート
  • マネージド KeyVaultReference のサポート
  • 現在デプロイされているコード パッケージのコンテナー ID を公開します
  • ステートレス ゲスト アプリケーションの Fabric_InstanceId 環境変数が追加されました
  • MoveCost をレポートするための API が公開されました
  • InstanceCloseDelayDuration に構成可能な最大値を適用します
  • アクターのリマインダーを列挙する機能を追加しました
  • プラットフォーム イベントを更新しました
  • ARM リソース ID として SFRP から設定できるプロパティを Service Fabric ランタイムで導入しました
  • アプリケーションの種類のプロビジョニング タイムスタンプを公開しました
  • Service Fabric リソース プロバイダー (SFRP) メタデータのサポートが、ARM リソース ID 以降のアプリケーションの種類とバージョン エンティティに追加されました
  • Windows Server 2022 は、9.0 CU2 リリースの時点でサポートされるようになりました。
  • Service Fabric コンテナー用 Windows での Mirantis Container ランタイムのサポート
  • Service Fabric SDK とツールのインストールに使用される Microsoft Web Platform Installer (WebPI) は、2022 年 7 月 1 日に廃止されました。
  • Azure Service Fabric では、2022 年 9 月 30 日以降、Silver または Gold の持続性要件を満たしていないデプロイはブロックされます。 運用環境のワークロードに対する VM レベルのインフラストラクチャ要求からのデータ損失を回避するために、この変更により、5 つ以上の VM が適用されます。 既存のクラスターへの適用は、今後数か月以内に開始します。
  • Windows の更新プログラムによって意図せず OS が再起動して運用環境のワークロードに影響しないよう、仮想マシン スケール セットの持続性が Silver または Gold である Azure Service Fabric ノード タイプでは、常に Windows Update を明示的に無効にしてください。 これを行うには、仮想マシン スケール セットの OSProfile で "enableAutomaticUpdates": false を設定します。 代わりに、仮想マシン スケール セット イメージの自動アップグレードを有効にすることを検討してください。 仮想マシン スケール セットで Windows Update が無効になっていない場合、2022 年 9 月 30 日以降、新しいクラスターのデプロイが失敗するようになります。 既存のクラスターへの適用は、今後数か月以内に開始します。

Service Fabric 9.0 リリース

リリース日 Release 詳細情報
2022 年 4 月 29 日 Azure Service Fabric 9.0 リリース ノート
2022 年 6 月 6 日 Azure Service Fabric 9.0 の最初の更新リリース リリース ノート
2022 年 7 月 14 日 Azure Service Fabric 9.0 の 2 回目の更新リリース リリース ノート
2022 年 9 月 13 日 Azure Service Fabric 9.0 の 3 回目の更新リリース リリース ノート
2022 年 10 月 11 日 Azure Service Fabric 9.0 の 4 回目の更新リリース リリース ノート
2022 年 12 月 8 日 Azure Service Fabric 9.0 の 5 回目の更新リリース リリース ノート
2023 年 3 月 1 日 Azure Service Fabric 9.0 の 7 回めの更新リリース リリース ノート
2023 年 4 月 6 日 Azure Service Fabric 9.0 の 8 回目の更新リリース リリース ノート
2023 年 5 月 15 日 Azure Service Fabric 9.0 の 9 回目の更新リリース リリース ノート
2023 年 11 月 1 日 Azure Service Fabric 9.0 12 回目の更新リリース リリース ノート

Service Fabric 8.2

Service Fabric ランタイムの 8.2 リリースでは、ツールと SDK の更新プログラムと共に、さまざまな Azure リージョンへのロールアウトが開始されたことをお知らせします。 .NET SDK、Java SDK、および Service Fabric ランタイムの更新プログラムは、Web Platform Installer、NuGet パッケージ、Maven リポジトリから入手できます。

重要なお知らせ

  • アップグレードによって影響が生じるかどうかを通知する API をクラスター マネージャーで公開します
  • Azure Service Fabric では、2022 年 11 月 10 日以降、Silver または Gold の持続性要件を満たしていないデプロイはブロックされます (日付は 2022 年 10 月 30 日から 2022 年 11 月 10 日に延長されています)。 運用環境のワークロードに対する VM レベルのインフラストラクチャ要求からのデータ損失を回避するために、2022 年 11 月 10 日より後に作成された新しいクラスターについては、この変更により、5 つ以上の VM が適用されます。 Bronze の持続性では、VM 数の要件は変更されません。 既存のクラスターへの適用は、今後数か月以内に開始します。
  • 仮想マシン スケール セットの持続性が Silver または Gold の Azure Service Fabric ノード タイプでは、スケール セット モデル定義でプロパティ "virtualMachineProfile.osProfile.windowsConfiguration.enableAutomaticUpdates" が常に false に設定されている必要があります。 enableAutomaticUpdates を false に設定することで、運用環境のワークロードに影響を与える可能性がある、修正プログラムの適用などの Windows 更新プログラムが原因の、意図しない OS の再起動が防止されます。 代わりに、"enableAutomaticOSUpgrade" を true に設定して、仮想マシン スケール セット OS イメージの更新による OS の自動アップグレードを有効にします。 スケール セットで OS イメージの自動アップグレードが有効になっている場合は、Windows Update による追加のパッチ処理は不要です。

Service Fabric 8.2 リリース

リリース日 Release 詳細情報
2021 年 10 月 29 日 Azure Service Fabric 8.2 リリース ノート
2021 年 12 月 16 日 Azure Service Fabric 8.2 の最初の更新リリース リリース ノート
2022 年 2 月 12 日 Azure Service Fabric 8.2 の 2 回目の更新リリース リリース ノート
2022 年 6 月 6 日 Azure Service Fabric 8.2 の 3 回目の更新リリース リリース ノート
2022 年 7 月 14 日 Azure Service Fabric 8.2 の 4 回目の更新リリース リリース ノート
2022 年 10 月 11 日 Azure Service Fabric 8.2 の 6 回目の更新リリース リリース ノート
2022 年 10 月 24 日 Azure Service Fabric 8.2 の 7 回目の更新リリース リリース ノート
2023 年 3 月 1 日 Azure Service Fabric 8.2 の 9 回めの更新リリース リリース ノート

Service Fabric 8.1

Service Fabric ランタイムの 8.1 リリースでは、ツールと SDK の更新プログラムと共に、さまざまな Azure リージョンへのロールアウトが開始されたことをお知らせします。 .NET SDK、Java SDK、および Service Fabric ランタイムの更新プログラムは、Web Platform Installer、NuGet パッケージ、Maven リポジトリから入手できます。

重要なお知らせ

  • 補助レプリカのサポートを追加しました
  • プレビュー .NET 6.0 Service Fabric アプリケーションのサポートを追加しました
  • アプリケーションの説明を更新するための API サポートを追加しました
  • IPC の障害とプロセスのスタックを検出するために、Reconfiguration Agent (RA) と Reconfiguration Agent Proxy (RAP) の間に定期的な ping を追加しました
  • コンテナー化されていないアプリケーション用に liveness probe と readiness probe のサポートを追加しました
  • クラスターの更新がノード容量の更新に影響しないようにしました

Service Fabric 8.1 リリース

リリース日 Release 詳細情報
2021 年 7 月 28 日 Azure Service Fabric 8.1 リリース ノート
2021 年 8 月 13 日 Azure Service Fabric 8.1 の最初の更新リリース リリース ノート
2021 年 9 月 9 日 Azure Service Fabric 8.1 の 2 回目の更新リリース リリース ノート
2021 年 10 月 6 日 Azure Service Fabric 8.1 の 3 回目の更新リリース リリース ノート

Service Fabric 8.0

Service Fabric ランタイムの 8.0 リリースでは、ツールと SDK の更新プログラムと共に、さまざまな Azure リージョンへのロールアウトが開始されたことをお知らせします。 .NET SDK、Java SDK、および Service Fabric ランタイムの更新プログラムは、Web Platform Installer、NuGet パッケージ、Maven リポジトリから入手できます。

重要なお知らせ

  • Windows 向け .NET 5 に対するサポートの一般提供
  • ステートレス NodeType一般提供
  • ステートレス サービス インスタンスを移動する機能
  • パラメーター化された DefaultLoad をアプリケーション マニフェストに追加する機能
  • シングルトン レプリカのアップグレード - 一部のクラスター レベル設定をアプリケーション レベルで定義する機能
  • ノード タグに基づくスマート配置の機能
  • クラスターの正常性に影響を与える異常ノードの割合のしきい値を定義する機能
  • 読み込まれた上位のサービスに対してクエリを実行する機能
  • 新しいエラー コードに対して新しい間隔を追加する機能
  • サービス インスタンスを完了としてマークする機能
  • 自動アップグレードに対するウェーブベースのデプロイ モデルのサポート
  • コンテナ化されたアプリケーションに対する readiness probe を追加
  • UseSeparateSecondaryMoveCost が既定で true に設定
  • 安全に解放できるようになったらすぐに参照を解放するように StateManager を修正
  • ユーザー シークレットの格納中は、セントラル シークレット サービスの削除をブロック

Service Fabric 8.0 リリース

リリース日 Release 詳細情報
2021 年 4 月 8 日 Azure Service Fabric 8.0 リリース ノート
2021 年 5 月 17 日 Azure Service Fabric 8.0 の 最初の更新リリース リリース ノート
2021 年 6 月 17 日 Azure Service Fabric 8.0 の 2 回目の更新リリース リリース ノート
2021 年 7 月 28 日 Azure Service Fabric 8.0 の 3 回目の更新リリース リリース ノート

以前のバージョン

Service Fabric 7.2

重要なお知らせ

Service Fabric 7.2 リリース

リリース日 Release 詳細情報
2020 年 10 月 21 日 Azure Service Fabric 7.2 リリース ノート
2020 年 11 月 9 日 Azure Service Fabric 7.2 の 2 回目の更新リリース リリース ノート
2020 年 11 月 10 日 Azure Service Fabric 7.2 の 3 回目の更新リリース リリース ノート
2020 年 12 月 2 日 Azure Service Fabric 7.2 の 4 回目の更新リリース リリース ノート
2021 年 1 月 25 日 Azure Service Fabric 7.2 の 5 回目の更新リリース リリース ノート
2021 年 2 月 17 日 Azure Service Fabric 7.2 の 6 回目の更新リリース リリース ノート
2021 年 3 月 10 日 Azure Service Fabric 7.2 の 7 回目の更新リリース リリース ノート

Service Fabric 7.1

Microsoft では 7.1 をリリースしていますが、現在 COVID-19 の危機が発生しているため、お客様が直面している困難な状況を考慮して、クラスターが自動アップグレードを受け取るように設定されていても自動的にアップグレードしません。 予期しない中断を防ぎ、お客様が最適なタイミングでアップグレードを適用できるよう、あらためてお知らせするまでの間、自動アップグレードを一時停止します。

7.1 への更新は、Azure portal を使用するか、Azure Resource Manager デプロイによって行うことができます。

自動アップグレードを有効にした Service Fabric クラスターには、Microsoft が標準的なロールアウト手順を再開した時点で、7.1 更新プログラムが自動で届き始めます。 標準ロールアウトを開始する際は、別途、Service Fabric テクノロジ コミュニティ サイトで事前にお知らせいたします。 また、6.5 から 7.1 までのメジャー リリースについて、サポート終了日の最新情報をこちらで公開しています。

重要なお知らせ

  • Service Fabric アプリケーション用 Service Fabric マネージド ID一般提供
  • Ubuntu 18.04 のサポート
  • プレビュー: 仮想マシン スケール セットのエフェメラル OS ディスクのサポート**:エフェメラル OS ディスクは、ローカル仮想マシン上に作成されるストレージであり、リモート Azure Storage には保存されません。 エフェメラル OS ディスクは、従来の永続 OS ディスクと比べて、次のような特徴を持っているため、すべての Service Fabric ノードの種類 (プライマリとセカンダリ) で推奨されます。
    • OS ディスクへの読み取り/書き込み待機時間が短縮される
    • ノード管理操作をすばやくリセットまたは再イメージ化できる
    • 全体的なコストが削減される (ディスクは無料であり、追加のストレージ コストは発生しません)
  • Service Fabric アプリケーションのサービス エンドポイント証明書をサブジェクトの共通名で宣言可能。
  • コンテナー化されたサービスの正常性プローブをサポート: コンテナー化されたアプリケーションに対する Liveness Probe メカニズムがサポートされます。 Liveness Probe は、コンテナー化されたアプリケーションの活動性を通知するのに役立ちます。また、アプリケーションが適切なタイミングで応答しない場合は、再起動されます。
  • コンテナーゲスト実行可能アプリケーションの初期化子コード パッケージをサポート。 指定した順序でコード パッケージ (コンテナーなど) を実行して、サービス パッケージの初期化を実行できるようになります。
  • FabricObserver と ClusterObserver は、SF クラスターのさまざまな側面に関連した Service Fabric テレメトリをキャプチャするステートレス アプリケーションです。 そのどちらのアプリケーションも運用環境の Windows クラスターへのデプロイに対応しており、ApplicationInsights、EventSource、LogAnalytics の実装済みのサポートを利用してさまざまなテレメトリをキャプチャできます。
    • FabricObserver (FO) 2.0 - すべてのノード上で実行され、正常性イベントを生成します。ユーザーによって構成されたリソース使用量のしきい値に達すると、テレメトリが出力されます。 このリリースでは、監視、データ管理、正常性イベントの詳細、構造化テレメトリ全体にわたり、何点か機能強化が行われています。
    • ClusterObserver (CO) 1.1 - 1 つのノード上で動作し、クラスター レベルの正常性テレメトリをキャプチャします。 このリリースの ClusterObserver は、ノードの状態も監視し、ユーザーが指定した所定の時間、ダウン、無効化中、無効のいずれかの状態が続くと、テレメトリを出力します。

アプリケーション ライフ サイクル エクスペリエンスの強化

  • プレビュー:要求ドレイン: サービスの計画メンテナンス中 (サービスのアップグレード、ノードの非アクティブ化など) は、サービスで正しく接続をドレインできるのが理想です。 この機能では、インスタンス終了の延期時間がサービスの構成に追加されます。 計画された操作が行われている間、SF はそのサービスのアドレスを検出から除外し、指定された時間待機した後で、サービスをシャットダウンします。
  • サブクラスターの自動検出と負荷分散 : サブクラスター化は、配置の制約が異なるサービスに共通の負荷メトリックがある場合に発生します。 それぞれのノード セットの負荷が大幅に異なる場合、たとえそれが配置の制約上、最善のバランスであったとしても、Service Fabric Cluster Resource Manager は、クラスターに不均衡が生じていると見なします。 その結果、クラスターの再調整が試みられ、不要なサービスの移動を招く可能性があります ("不均衡" を本質的に改善することは不可能であるため)。 このリリース以降では、Cluster Resource Manager がこうした構成の自動検出を試み、移動によって不均衡を解消できるか、または本質的な改善が見込めないため、そのまま放置すべきかを認識します。
  • セカンダリ レプリカ用の移動コストを新たに導入: 新しい移動コスト値 VeryHigh を導入しました。一部のシナリオで、セカンダリ レプリカに別個の移動コストを使用すべきかどうかを定義する際の柔軟性が増します。
  • コンテナー化されたアプリケーションに対する Liveness Probe メカニズムに対応。 Liveness Probe は、コンテナー化されたアプリケーションの活動性を通知するのに役立ちます。また、アプリケーションが適切なタイミングで応答しない場合は、再起動されます。
  • 完了まで実行するか、サービスに対して 1 回実行**

Image Store の改良

  • Service Fabric 7.1 は、既定でカスタム トランスポートを使用してノード間のファイル転送をセキュリティで保護します。 SMB ファイル共有への依存は、バージョン 7.1 からは取り除かれています。 既定の動作をオプトアウトすることを希望するお客様のために、また、アップグレードまたは以前のバージョンへのダウングレードに対応するために、Image Store サービスのレプリカを格納するノードには、セキュリティで保護された SMB ファイル共有が引き続き存在します。

リライアブル コレクションの改良

Service Fabric 7.1 リリース

リリース日 Release 詳細情報
2020 年 4 月 20 日 Azure Service Fabric 7.1 リリース ノート
2020 年 6 月 16 日 Microsoft Azure Service Fabric 7.1 の最初の更新 リリース ノート
2020 年 7 月 20 日 Microsoft Azure Service Fabric 7.1 の 2 回目の更新 リリース ノート
2020 年 8 月 12 日 Microsoft Azure Service Fabric 7.1 の 3 回目の更新 リリース ノート
2020 年 9 月 10 日 Microsoft Azure Service Fabric 7.1 の 4 回目の更新 リリース ノート
2020 年 10 月 7 日 Microsoft Azure Service Fabric 7.1 の 6 回目の更新 リリース ノート
2020 年 11 月 23 日 Microsoft Azure Service Fabric 7.1 の 8 回目の更新 リリース ノート

Service Fabric 7.0

Azure Service Fabric 7.0 の提供開始 Azure portal または Azure Resource Manager のデプロイを使用して、7.0 に更新できます。 休暇の時期のリリースに関するお客様のフィードバックにより、Microsoft は、自動アップグレードを受けるように設定されたクラスターの自動更新を 1 月まで開始しません。 1 月には、標準のロールアウト手順を再開します。自動アップグレードが有効になっているクラスターは、7.0 更新プログラムの自動的な受信を開始します。 ロールアウトを開始する前に、別途お知らせします。 また、このポリシーが考慮されることを示すために、予定されているリリース日も更新します。 将来のリリース スケジュールについてはこちらをご覧ください。

重要なお知らせ

  • アプリケーション サービスでの KeyVaultReference サポート (プレビュー)マネージド ID が有効になっている Service Fabric アプリケーションは、環境変数、アプリケーション パラメーター、またはコンテナー リポジトリ資格情報として Key Vault シークレット URL を直接参照できるようになりました。 Service Fabric は、アプリケーションのマネージド ID を使用してシークレットを自動的に解決します。 

  • ステートレス サービスのアップグレードの安全性の向上:アプリケーションのアップグレード中に可用性を保証するために、使用可能と見なされるステートレス サービスの最小インスタンス数を定義するための新しい構成を導入しました。 以前は、すべてのサービスでこの値は 1 であり、変更できませんでした。 この新しいサービスごとの安全性チェックにより、アプリケーションのアップグレード中、クラスターのアップグレード中、Service Fabric の正常性と安全性のチェックに依存するその他のメンテナンス中に、サービスの稼働インスタンスの最小数を維持できるようになります。

  • ユーザー サービスのリソース制限ユーザーは、ノード上のユーザー サービスのリソース制限を設定して、Service Fabric システム サービスのリソース不足などのシナリオを防ぐことができます。 

  • 特定の種類のレプリカの非常に高いサービス移動コスト。 移動コストが非常に高いレプリカは、他の方法では解決できないクラスター内での制約違反があった場合にのみ移動されます。 "非常に高い" 移動コストの使用が妥当である状況、およびその他の考慮事項については、リンク先のドキュメントを参照してください。

  • 追加のクラスターの安全性チェック:このリリースでは、構成可能なシード ノード クォーラム安全性チェックが導入されました。 これにより、クラスターのライフサイクルと管理のシナリオで使用できるようにする必要があるシード ノードの数をカスタマイズできます。 構成された値を下回るクラスターを取得する操作はブロックされます。 現在、既定値は常にシード ノードのクォーラムです。たとえば、7 つのシード ノードがある場合、5 つのシード ノードを下回る操作は既定でブロックされます。 この変更により、最小セーフ値 6 を作成できるようになりました。これにより、一度にダウンするシード ノードを 1 つだけにすることができます。

  • Service Fabric Explorer でのバックアップと復元サービスの管理のサポートが追加されました。 これにより、SFX 内から次のアクティビティを直接実行できるようになります。バックアップと復元サービスの検出、バックアップ ポリシーの作成、自動バックアップの有効化、アドホック バックアップの実行、復元操作のトリガー、および既存のバックアップの参照を実行できます。

  • ReliableCollectionsMissingTypesTool の提供のお知らせ:このツールは、信頼性の高いコレクションで使用されている型が、アプリケーションのローリング アップグレード中に上位互換性と下位互換性があることを検証するのに役立ちます。 これにより、互換性のない型のためのアップグレードの失敗、データの損失、データの破損を防ぐことができます。

  • セカンダリ レプリカでの安定した読み取りの有効化: 安定した読み取りは、セカンダリ レプリカの戻り値をクォーラムで確認された戻り値に限定します。

さらに、このリリースには、バグ修正、サポート、信頼性とパフォーマンスの強化などの他の新機能が含まれています。 すべての変更点の一覧については、リリース ノートを参照してください。

Service Fabric 7.0 のリリース

リリース日 Release 詳細情報
2019 年 11 月 18 日 Azure Service Fabric 7.0 リリース ノート
2020 年 1 月 30 日 Azure Service Fabric 7.0 更新リリース リリース ノート
2020 年 2 月 6 日 Azure Service Fabric 7.0 更新リリース リリース ノート
2020 年 3 月 2 日 Azure Service Fabric 7.0 更新リリース リリース ノート
2020 年 5 月 6 日 Azure Service Fabric 7.0 の 6 回目の更新リリース リリース ノート
2020 年 10 月 9 日 Azure Service Fabric 7.0 の 9 回目の更新リリース リリース ノート

Service Fabric 6.5

このリリースには、サポート性、信頼性、パフォーマンスの向上、新機能、バグの修正、およびクラスターとアプリケーションのライフサイクル管理を容易にする拡張機能が含まれています。

重要

Service Fabric 6.5 は、Visual Studio 2015 での Service Fabric ツールのサポートの最終リリースです。 お客様には、今後は Visual Studio 2019 に移行することをお勧めします。

Service Fabric 6.5 の新機能:

詳しくは、Service Fabric 6.5 リリース ノートを参照してください。

Service Fabric 6.5 のリリース

リリース日 Release 詳細情報
2019 年 6 月 11 日 Azure Service Fabric 6.5 リリース ノート
2019 年 7 月 2 日 Azure Service Fabric 6.5 更新リリース リリース ノート
2019 年 7 月 29 日 Azure Service Fabric 6.5 更新リリース リリース ノート
2019 年 8 月 23 日 Azure Service Fabric 6.5 更新リリース リリース ノート
2019 年 10 月 14 日 Azure Service Fabric 6.5 更新リリース リリース ノート

Service Fabric 6.4 のリリース

リリース日 Release
2018 年 11 月 30 日 Azure Service Fabric 6.4
2018 年 12 月 12 日 Windows クラスター向け Azure Service Fabric 6.4 更新リリース
2019 年 2 月 4 日 Azure Service Fabric 6.4 更新リリース
2019 年 3 月 4 日 Azure Service Fabric 6.4 更新リリース
2019 年 4 月 8 日 Azure Service Fabric 6.4 更新リリース
2019 年 5 月 2 日 Azure Service Fabric 6.4 更新リリース
2019 年 5 月 28 日 Azure Service Fabric 6.4 更新リリース