Share via


クイックスタート: 初めてのアプリケーションを Azure Spring Apps にデプロイする

注意

毎月最初の 50 vCPU 時間と 100 GB 時間のメモリは無料です。 詳細については、Apps on Azure ブログの「価格の引き下げ - Azure Spring Apps はより多く、より低コスト」を参照 してください。

注意

Azure Spring Apps は、Azure Spring Cloud サービスの新しい名前です。 サービスの名前は新しくなりましたが、スクリーンショット、ビデオ、図などの資産の更新に取り組んでいる間、場所によってはしばらく古い名前が表示されます。

この記事では、Azure Spring Apps で実行する小規模なアプリケーションをデプロイする方法について説明します。

このチュートリアルで使用されるアプリケーション コードは簡単なアプリです。 この例を完了すると、アプリケーションはオンラインでアクセス可能になり、Azure portal で管理できるようになります。

この記事では、Azure Spring Apps にデプロイするための次のオプションについて説明します。

  • Azure portal オプションは、1 回のクリックでリソースを作成してアプリケーションをデプロイできる最も簡単で最速の方法です。 このオプションは、Azure クラウド サービスにアプリケーションをj迅速にデプロイしたい Spring 開発者に適しています。
  • Azure portal と Maven プラグインのオプションは、リソースを作成し、アプリケーションを段階的にデプロイするためのより従来型の方法です。 このオプションは、Azure クラウド サービスを初めて使用する Spring 開発者に適しています。
  • Azure Developer CLI オプションは、単純なコマンドを使用して、自動的にリソースを作成し、アプリケーションをデプロイする、より効率的な方法です。 Azure Developer CLI では、テンプレートを使用して、必要な Azure リソースをプロビジョニングし、アプリケーション コードをデプロイします。 このオプションは、Azure クラウド サービスに精通している Spring 開発者に適しています。
  • Azure portal オプションは、1 回のクリックでリソースを作成してアプリケーションをデプロイできる最も簡単で最速の方法です。 このオプションは、Azure クラウド サービスにアプリケーションをj迅速にデプロイしたい Spring 開発者に適しています。
  • Azure portal と Maven プラグインのオプションは、リソースを作成し、アプリケーションを段階的にデプロイするためのより従来型の方法です。 このオプションは、Azure クラウド サービスを初めて使用する Spring 開発者に適しています。
  • Azure CLI のオプションは、強力なコマンド ライン ツールを使用して、Azure リソースを管理します。 このオプションは、Azure クラウド サービスに精通している Spring 開発者に適しています。
  • IntelliJ のオプションは、強力な Java IDE を使用して、Azure リソースを簡単に管理します。 このオプションは、Azure クラウド サービスおよび IntelliJ IDEA に精通している Spring 開発者に適しています。
  • Visual Studio Code のオプションは、Azure リソースを簡単に管理できる、軽量でありながら強力なソース コード エディターを使用します。 このオプションは、Azure クラウド サービスおよび Visual Studio Code に精通している Spring 開発者に適しています。

1.前提条件

2. Spring プロジェクトを準備する

次のセクションの [Azure へのデプロイ] ボタンにより、GitHub の spring-cloud-azure-tools リリース ページから JAR パッケージをダウンロードする Azure portal のエクスペリエンスが起動されます。 ローカル側で必要な準備手順はありません。

3. クラウド環境を準備する

このセクションでは、Azure Spring Apps サービス インスタンスを作成し、Azure クラウド環境を準備する方法について説明します。

このセクションでは、[Azure へのデプロイ] ボタンを使用して、Azure portal でデプロイ エクスペリエンスを起動します。 このエクスペリエンスでは、ARM テンプレートを使用して Azure リソースを作成します。

3.1. Azure portal にサインインする

Azure portal に移動し、資格情報を入力してポータルにサインインします。 既定のビューはサービス ダッシュボードです。

3.2. Azure リソースを作成する

次の手順を使用して、アプリが依存するすべての Azure リソースを作成します。

  1. 次の [Azure へのデプロイ] ボタンを選択して、Azure portal でデプロイ エクスペリエンスを起動します。

    Resource Manager テンプレートを Azure にデプロイするボタン。

  2. [基本] タブでフォームに入力します。次の表を参考にして、フォームに入力します。

    設定 提案された値 説明
    [サブスクリプション] 自分のサブスクリプション名。 サーバーに使用する Azure サブスクリプション。 複数のサブスクリプションをお持ちの場合は、リソースの課金対象となるサブスクリプションを選択します。
    リソース グループ myresourcegroup 新しいリソース グループ名、またはサブスクリプションの既存のリソース グループ名。
    リージョン ユーザーに最も近いリージョン。 このリージョンは、リソース グループの作成に使用されます。
  3. Review and Create(確認と作成) を選択して、選択内容を確認します。 次に、[作成] を選択してアプリを Azure Spring Apps にデプロイします。

  4. ツール バーの [通知] アイコン (ベル) を選択して、デプロイ プロセスを監視します。 デプロイが完了したら、[ダッシュボードにピン留めする] を選択できます。これにより、このサービスのタイルが、サービスの [概要] ページへのショートカットとして、Azure portal ダッシュボードに作成されます。 [Go to resource] (リソースに移動) を選択して、サービスの [概要] ページを開きます。

    [概要] ページが表示され [カスタム デプロイ通知] ペインが開かれている Azure portal のスクリーンショット。

4. アプリを Azure Spring Apps にデプロイする

前のセクションの [Azure へのデプロイ] ボタンにより、アプリケーションのデプロイを含む Azure portal エクスペリエンスが起動されるため、他に何も必要ありません。

2. Spring プロジェクトを準備する

次のセクションの [Azure へのデプロイ] ボタンにより、GitHub の spring-cloud-azure-tools リリース ページから JAR パッケージをダウンロードする Azure portal のエクスペリエンスが起動されます。 ローカル側で必要な準備手順はありません。

3. クラウド環境を準備する

このセクションでは、Azure Spring Apps サービス インスタンスを作成し、Azure クラウド環境を準備する方法について説明します。

このセクションでは、[Azure へのデプロイ] ボタンを使用して、Azure portal でデプロイ エクスペリエンスを起動します。 このエクスペリエンスでは、ARM テンプレートを使用して Azure リソースを作成します。

3.1. Azure portal にサインインする

Azure portal に移動し、資格情報を入力してポータルにサインインします。 既定のビューはサービス ダッシュボードです。

3.2. Azure リソースを作成する

次の手順を使用して、アプリが依存するすべての Azure リソースを作成します。

  1. 次の [Azure へのデプロイ] ボタンを選択して、Azure portal でデプロイ エクスペリエンスを起動します。

    Resource Manager テンプレートを Azure にデプロイするボタン。

  2. [基本] タブでフォームに入力します。次の表を参考にして、フォームに入力します。

    設定 提案された値 説明
    [サブスクリプション] 自分のサブスクリプション名。 サーバーに使用する Azure サブスクリプション。 複数のサブスクリプションをお持ちの場合は、リソースの課金対象となるサブスクリプションを選択します。
    リソース グループ myresourcegroup 新しいリソース グループ名、またはサブスクリプションの既存のリソース グループ名。
    リージョン ユーザーに最も近いリージョン。 このリージョンは、リソース グループの作成に使用されます。
  3. Review and Create(確認と作成) を選択して、選択内容を確認します。 次に、[作成] を選択してアプリを Azure Spring Apps にデプロイします。

  4. ツール バーの [通知] アイコン (ベル) を選択して、デプロイ プロセスを監視します。 デプロイが完了したら、[ダッシュボードにピン留めする] を選択できます。これにより、このサービスのタイルが、サービスの [概要] ページへのショートカットとして、Azure portal ダッシュボードに作成されます。 [Go to resource] (リソースに移動) を選択して、サービスの [概要] ページを開きます。

    [概要] ページが表示され [カスタム デプロイ通知] ペインが開かれている Azure portal のスクリーンショット。

4. アプリを Azure Spring Apps にデプロイする

前のセクションの [Azure へのデプロイ] ボタンにより、アプリケーションのデプロイを含む Azure portal エクスペリエンスが起動されるため、他に何も必要ありません。

2. Spring プロジェクトを準備する

次のセクションの [Azure へのデプロイ] ボタンにより、GitHub の spring-cloud-azure-tools リリース ページから JAR パッケージをダウンロードする Azure portal のエクスペリエンスが起動されます。 ローカル側で必要な準備手順はありません。

3. クラウド環境を準備する

このセクションでは、Azure Spring Apps サービス インスタンスを作成し、Azure クラウド環境を準備する方法について説明します。

このセクションでは、[Azure へのデプロイ] ボタンを使用して、Azure portal でデプロイ エクスペリエンスを起動します。 このエクスペリエンスでは、ARM テンプレートを使用して Azure リソースを作成します。

3.1. Azure portal にサインインする

Azure portal に移動し、資格情報を入力してポータルにサインインします。 既定のビューはサービス ダッシュボードです。

3.2. Azure リソースを作成する

次の手順を使用して、アプリが依存するすべての Azure リソースを作成します。

  1. 次の [Azure へのデプロイ] ボタンを選択して、Azure portal でデプロイ エクスペリエンスを起動します。

    Resource Manager テンプレートを Azure にデプロイするボタン。

  2. [基本] タブでフォームに入力します。次の表を参考にして、フォームに入力します。

    設定 提案された値 説明
    [サブスクリプション] 自分のサブスクリプション名。 サーバーに使用する Azure サブスクリプション。 複数のサブスクリプションをお持ちの場合は、リソースの課金対象となるサブスクリプションを選択します。
    リソース グループ myresourcegroup 新しいリソース グループ名、またはサブスクリプションの既存のリソース グループ名。
    リージョン ユーザーに最も近いリージョン。 このリージョンは、リソース グループの作成に使用されます。
  3. Review and Create(確認と作成) を選択して、選択内容を確認します。 次に、[作成] を選択してアプリを Azure Spring Apps にデプロイします。

  4. ツール バーの [通知] アイコン (ベル) を選択して、デプロイ プロセスを監視します。 デプロイが完了したら、[ダッシュボードにピン留めする] を選択できます。これにより、このサービスのタイルが、サービスの [概要] ページへのショートカットとして、Azure portal ダッシュボードに作成されます。 [Go to resource] (リソースに移動) を選択して、サービスの [概要] ページを開きます。

    [概要] ページが表示され [カスタム デプロイ通知] ペインが開かれている Azure portal のスクリーンショット。

4. アプリを Azure Spring Apps にデプロイする

前のセクションの [Azure へのデプロイ] ボタンにより、アプリケーションのデプロイを含む Azure portal エクスペリエンスが起動されるため、他に何も必要ありません。

5. アプリ を検証します

このセクションでは、アプリケーションを検証する方法について説明します。

デプロイが完了したら、デプロイの出力からアプリケーション URL を確認します。 次の手順に従って、検証します。

  1. [デプロイメント][出力]ページからアプリケーション URL にアクセスします。 アプリを開くと、応答 Hello World が返されます。

    デプロイの [出力] ページを示す Azure portal のスクリーンショット。

  2. 各リソース デプロイの詳細を確認します。これは、デプロイの問題があった場合の調査に役立ちます。

デプロイが完了したら、次の手順を使用して、デプロイの出力からアプリケーション URL を確認できます。

  1. [デプロイメント][出力]ページからアプリケーション URL にアクセスします。 アプリを開くと、応答 Hello World が返されます。

    デプロイの [出力] ページを示す Azure portal のスクリーンショット。

  2. 各リソース デプロイの詳細を確認します。これは、デプロイの問題があった場合の調査に役立ちます。

デプロイが完了したら、次の手順を使用して、デプロイの出力からアプリケーション URL を確認できます。

  1. [デプロイメント][出力]ページからアプリケーション URL にアクセスします。 アプリを開くと、応答 Hello World が返されます。

    デプロイの [出力] ページを示す Azure portal のスクリーンショット。

  2. 各リソース デプロイの詳細を確認します。これは、デプロイの問題があった場合の調査に役立ちます。

6.リソースをクリーンアップする

後続のクイック スタートおよびチュートリアルを引き続き実行する場合は、これらのリソースをそのまま残しておくことができます。 リソースが不要になったら、不要なリソースをクリーンアップすると、Azure の料金を抑えることができます。

次の手順に従って、新しく作成したサービス インスタンスを含むリソース グループ全体を削除します。

  1. Azure Portal で目的のリソース グループを探します。 ナビゲーション メニューで [リソース グループ] を選択し、該当するリソース グループの名前を選択します。

  2. [リソース グループ] ページで [削除] を選択します。 テキスト ボックスに削除を確定するリソース グループの名前を入力し、[削除] を選択します。

次の手順に従って、新しく作成したサービス インスタンスを含むリソース グループ全体を削除します。

  1. Azure Portal で目的のリソース グループを探します。 ナビゲーション メニューで [リソース グループ] を選択し、該当するリソース グループの名前を選択します。

  2. [リソース グループ] ページで [削除] を選択します。 テキスト ボックスに削除を確定するリソース グループの名前を入力し、[削除] を選択します。

7. 次のステップ

詳細については、次の記事を参照してください。