Bicep、ARM テンプレート、Terraform AzAPI プロバイダーを使用してリソースを定義する

コードとしてのインフラストラクチャ ツールを使用して Azure リソースをデプロイする場合は、使用可能なリソースの種類と、ファイルで使用する値を理解する必要があります。 これらの値については、Azure リソースリファレンス ドキュメントを参照してください。 構文は、Bicep、ARM テンプレート JSON、Terraform AzAPI プロバイダーに対して示されています。

言語の選択

リソース参照を表示するために使用するデプロイ言語を選択します。 オプションは、各記事の上部にあります。

言語の選択

Bicep

Bicep ファイルの操作の概要については、「 クイック スタート: Visual Studio Code を使用して Bicep ファイルを作成する」を参照してください。 Bicep ファイルのセクションについては、「Bicep ファイル の構造と構文を理解する」を参照してください。

ガイド付き一連の Learn モジュールを使用した ARM テンプレートの詳細については、「 Bicep を使用して Azure にリソースをデプロイおよび管理する」を参照してください。

MICROSOFT では、VS Code を使用して Bicep ファイルを作成することをお勧めします。 詳細については、「Bicep ツールのインストール」を参照してください。

ARM テンプレート

ヒント

Bicep は、ARM テンプレートと同じ機能を提供しますが、構文がより使いやすい新しい言語です。 2 つの言語を決定する場合は、Bicep をお勧めします。

ARM テンプレートのセクションについては、「ARM テンプレートの 構造と構文を理解する」を参照してください。 テンプレートの操作の概要については、「 チュートリアル: 最初の ARM テンプレートを作成してデプロイする」を参照してください。

MICROSOFT では、VS Code を使用して ARM テンプレートを作成することをお勧めします。 Azure Resource Managed Tools 拡張機能を追加すると、テンプレートのプロパティに対する Intellisense が得られます。 詳細については、「クイック スタート: Visual Studio Code を使用して ARM テンプレートを作成する」を参照してください。

Terraform AzAPI プロバイダー

Terraform AzAPI プロバイダーの詳細については、「 Terraform AzAPI プロバイダーの概要」を参照してください。

Terraform AzAPI プロバイダーの構成ファイルの作成の概要については、「 クイック スタート: AzAPI Terraform プロバイダーを使用して最初の Azure リソースをデプロイする」を参照してください。

リソースの検索

リソースの種類がわかっている場合は、次の URL 形式で直接アクセスできます: https://learn.microsoft.com/azure/templates/{provider-namespace}/{resource-type} 。 たとえば、SQL データベースのリファレンス コンテンツは、 https://learn.microsoft.com/azure/templates/microsoft.sql/servers/databases で利用できます。

リソースの種類は、参照ノードの下にあります。 探している種類を含むリソース プロバイダーを展開します。 次の図は、Storage の種類を示しています。

リソースの種類を表示する

または、ナビゲーション ウィンドウでリソースの種類をフィルター処理することもできます。

リソースの種類をフィルター処理する

バージョンの変更を確認する

各リソース プロバイダーには、各 API バージョンの変更の一覧が含まれています。 左側のナビゲーション ウィンドウで変更ログを見つけることができます。

変更ログを表示する