Share via


クイック スタート:Azure portal を使用した Traffic Manager プロファイルの作成

このクイック スタートでは、Web アプリケーションの高可用性を実現する Traffic Manager プロファイルの作成方法について説明します。

このクイック スタートでは、Web アプリケーションの 2 つのインスタンスについて見ていきます。 これらは、それぞれ別の Azure リージョンで実行されています。 皆さんは、エンドポイントの優先度に基づいて Traffic Manager プロファイルを作成します。 このプロファイルにより、Web アプリケーションを実行しているプライマリ サイトにユーザー トラフィックを誘導します。 Traffic Manager では、Web アプリケーションが継続的に監視されます。 プライマリ サイトが利用できなくなった場合には、バックアップ サイトへの自動フェールオーバーが実行されます。

Traffic Manager デプロイ環境の図。

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、ここで無料アカウントを作成してください。

前提条件

このクイック スタートでは、2 つの異なる Azure リージョン ("米国東部" と "西ヨーロッパ") にデプロイされた、2 つの Web アプリケーション インスタンスが必要になります。 これらインスタンスは、それぞれ Traffic Manager のプライマリとフェールオーバーのエンドポイントとして機能します。

  1. Azure portal にサインインします。

  2. 画面の左上で、 [リソースの作成] を選択します。 「Web アプリ」を検索し、 [作成] を選択します。

  3. [Web アプリの作成][基本] タブで、次の値を入力または選択します。

    設定
    サブスクリプション サブスクリプションを選択します。
    Resource group [新規作成] を選択し、テキスト ボックスに「myResourceGroupTM1」と入力します。
    名前 Web アプリの一意の名前を入力します。 この例では myWebAppEastUS を使用します。
    発行 [コード] を選択します。
    ランタイム スタック [ASP.NET V4.8] を選択します。
    オペレーティング システム [Windows] を選択します。
    リージョン [米国東部] を選択します。
    Windows プラン [新規作成] を選択し、テキスト ボックスに「myAppServicePlanEastUS」と入力します。
    SKU とサイズ [Standard S1 100 total ACU, 1.75-GB memory](Standard S1 合計 100 ACU、1.75 GB メモリ) を選択します。

    Web アプリ作成のスクリーンショット。

  4. [監視] タブを選択するか、[監視] タブの横にある [次へ] を選択します。[監視] で、[Application Insights] > [Application Insights を有効にする][いいえ] に設定します。

  5. [確認と作成] を選択します。

  6. 設定を確認し、 [作成] を選択します。 Web アプリが正常にデプロイされると、既定の Web サイトが作成されます。

  7. 手順 1. から手順 6. に従って、myWebAppWestEurope という名前でもう 1 つ Web アプリを作成します。 リソース グループの名前は myResourceGroupTM2リージョンは "西ヨーロッパ"、App Service プランの名前は myAppServicePlanWestEurope としてください。 それ以外はすべて myWebAppEastUS と同じ設定を使用します。

Traffic Manager プロファイルの作成

エンドポイントの優先度に基づいてユーザー トラフィックを誘導する Traffic Manager プロファイルを作成します。

  1. 画面の左上で、 [リソースの作成] を選択します。 次に、「Traffic Manager プロファイル」を検索し、 [作成] を選択します。

  2. [Traffic Manager プロファイルの作成] ブレードで、次の設定を入力するか、選択します。

    設定
    名前 Traffic Manager プロファイルの一意の名前を入力します。
    ルーティング方法 [優先順位] を選択します。
    サブスクリプション Traffic Manager プロファイルの適用先となるサブスクリプションを選択します。
    Resource group myResourceGroupTM1 を選択します。
    場所 この設定は、リソース グループの場所を指定するものです。 グローバルにデプロイされる Traffic Manager プロファイルには影響しません。

    Traffic Manager プロファイルのスクリーンショット。

  3. [作成] を選択します

Traffic Manager エンドポイントの追加

すべてのユーザー トラフィックのルーティング先となるプライマリ エンドポイントとして、"米国東部" に Web サイトを追加します。 "西ヨーロッパ" に、フェールオーバー エンドポイントとして Web サイトを追加します。 プライマリ エンドポイントが使用できない場合、トラフィックは自動的にフェールオーバー エンドポイントにルーティングされます。

  1. ポータルの検索バーで、前のセクションで作成した Traffic Manager プロファイルの名前を入力します。

  2. 検索結果からプロファイルを選択します。

  3. [Traffic Manager プロファイル][設定] セクションで、[エンドポイント] を選択し、[追加] を選択します。

    Traffic Manager プロファイルのエンドポイント設定のスクリーンショット。

  4. 次の設定を入力または選択します。

    設定
    Type [Azure エンドポイント] を選択します。
    名前 myPrimaryEndpoint」と入力します。
    ターゲット リソースの種類 [App Service] を選択します。
    ターゲット リソース [アプリ サービスの選択]>[米国東部] を選択します。
    優先度 [1] を選択します。 正常なトラフィックはすべてこのエンドポイントに送られます。

    Traffic Manager プロファイルにエンドポイントを追加する画面のスクリーンショット。

  5. [追加] を選択します。

  6. 2 つ目の Azure リージョンのフェールオーバー エンドポイントを作成するには、次の設定を使用して手順 3. と手順 4. を繰り返します。

    設定
    Type [Azure エンドポイント] を選択します。
    名前 myFailoverEndpoint」と入力します。
    ターゲット リソースの種類 [App Service] を選択します。
    ターゲット リソース [アプリ サービスの選択]>[西ヨーロッパ] を選択します。
    優先度 [2] を選択します。 プライマリ エンドポイントが正常でない場合、すべてのトラフィックはこのフェールオーバー エンドポイントに送られます。
  7. [追加] を選択します。

2 つのエンドポイントが追加されると、それらが Traffic Manager プロファイルに表示されます。 監視の状態がオンラインになったことに注目してください。

Traffic Manager プロファイルのテスト

このセクションでは、Traffic Manager プロファイルのドメイン名を確認します。 また、プライマリ エンドポイントを使用できないように構成します。 最後に、Web アプリがまだ使用できることを確認します。 これは、Traffic Manager によってトラフィックがフェールオーバー エンドポイントへと送信されるためです。

DNS 名を確認する

  1. ポータルの検索バーで、前のセクションで作成した Traffic Manager プロファイルの名前を検索します。

  2. Traffic Manager プロファイルを選択します。 [概要] が表示されます。

  3. [Traffic Manager プロファイル] に、新しく作成した Traffic Manager プロファイルの DNS 名が表示されます。

    Traffic Manager の DNS 名の場所を示すスクリーンショット。

Traffic Manager の動作確認

  1. Web ブラウザーで、Traffic Manager プロファイルの DNS 名を入力して、Web アプリの既定の Web サイトを確認します。

    Note

    このクイック スタート シナリオでは、すべての要求がプライマリ エンドポイントにルーティングされます。 これは優先度 1 に設定されています。

    Traffic Manager プロファイルの可用性を確認する Web ページのスクリーンショット。

  2. Traffic Manager のフェールオーバー動作を確認するために、次の手順でプライマリ サイトを無効にします。

    1. [Traffic Manager プロファイル] ページで、[概要] セクションから [myPrimaryEndpoint] を選択します。
    2. [myPrimaryEndpoint][無効]>[保存] を選択します。
    3. [myPrimaryEndpoint] を閉じます。 状態が [無効] になったことを確認してください。
  3. 新しい Web ブラウザー セッションで Web サイトを表示するために、Traffic Manager プロファイルの DNS 名を前の手順からコピーします。

  4. Web アプリがまだ使用できることを確認します。

プライマリ エンドポイントが使用できないため、フェールオーバー エンドポイントにルーティングされました。

リソースをクリーンアップする

Private Link サービスの使用が完了したら、リソース グループを削除して、このクイックスタートで使用したリソースをクリーンアップします。

  1. ポータルの上部にある検索ボックスに「myResourceGroupTM1」と入力し、検索結果から [myResourceGroupTM1] を選択します。

  2. [リソース グループの削除] を選択します。

  3. [TYPE THE RESOURCE GROUP NAME](リソース グループ名の入力) に「myResourceGroupTM1」と入力します。

  4. [削除] を選択します。

  5. 2 番目のリソース グループ [myResourceGroupTM2] に対して手順 1 から 4 を繰り返します。

次のステップ

このクイック スタートでは、Traffic Manager プロファイルを作成しました。 これにより、ユーザー トラフィックを高可用性 Web アプリケーション用にルーティングすることができます。 トラフィックのルーティングについて理解を深めるために、引き続き Traffic Manager のチュートリアルをご覧ください。