Azure Virtual Desktop 自動スケーリングの FAQ

この記事では、Azure Virtual Desktop の自動スケーリングの使用方法についてよく寄せられる質問に回答します。

一般的な質問

自動スケールでは、サービスの負荷に基づいて仮想マシン (VM) を作成または削除しますか?

いいえ。

自動スケーリングによって VM の SKU またはサイズは変更されますか?

いいえ。

休日などの特定の日付に対してスケーリングを構成できますか?

いいえ。 自動スケールでは、特定の日付に減少させることは現在サポートされていません。

自動スケール機能を使用すると追加料金が発生しますか?

いいえ。 料金について詳しくは、価格に関するページを参照してください。

自動スケーリングはどのくらいの頻度でセッション ホストを監視し、スケーリング評価を実行しますか?

自動スケーリングは、ユーザーがセッション ホストにサインインまたはサインアウトする時間を監視し、このアクティビティをセッション変更イベントとして分類します。 セッション変更イベントは、ログを作成するスケーリング評価をトリガーします。 セッション変更イベントが存在しない場合、またはイベント サービスが停止している場合、自動スケーリングは見逃したイベントがないか確認します。 短い期間に複数のセッション変更イベントが発生すると、この機能によってスケーリング評価がバッチ処理されます。 このバッチ処理により、自動スケーリングは、システムをオーバーロードすることなく、多数のイベントを迅速に処理できます。

自動スケーリングが正常に動作するためには、ホスト プールにいくつの VM が必要ですか?

少なくとも 1 つ。

Azure CLI を使用して自動スケーリングを構成できますか?

いいえ。現在、自動スケーリングでは、Azure CLI を使用して設定を構成するオプションは提供されていません。

サポート対象のリージョン

スケーリング プランの構成データは、ホスト プール構成と同じリージョンに保存する必要があります。ただし、セッション ホスト VM のデプロイはすべての Azure リージョンでサポートされています。 VM は、ホスト プールとスケーリング プランの構成データが保存されている場所とは異なるリージョンにデプロイできます。

プライマリ リージョンのセッション ホストが停止した場合、自動スケーリングによってセカンダリ リージョンのセッション ホストのスケーリングは処理されますか?

不正解です。 お客様は、障害を管理するために独自のディザスター リカバリー戦略を設定する必要があります。 自動スケーリングは、作成されたリージョン内の既存の VM のスケーリングのみを処理できます。

セッション ホストがリージョン内の複数のゾーンに作成された場合、自動スケーリングではスケーリング操作中に可用性ゾーンが考慮されますか?

いいえ。 自動スケーリングでは、VM を作成する可用性ゾーンは追跡されないため、すべてのゾーンで均等にスケーリング操作が実行されない場合があります。

プールされたホスト プールの自動スケーリング

業務時間後に実行するセッション ホストをゼロにするよう自動スケールを構成するにはどうすればよいですか?

減少モードでは、常に可能な限り最も少ない数のセッション ホストが使用されます。 ただし、既存のユーザー セッションがある場合、使用可能なセッション ホストの最小数は 0 になりません。 切断されたすべてのユーザーをサインアウトして時間外に使用可能なセッション ホストがないように制限時間ポリシーを構成するには、[ローカル コンピューター ポリシー]>[コンピューターの構成]>[管理用テンプレート]>[Windows コンポーネント]>[リモート デスクトップ サービス]>[リモート デスクトップ セッション ホスト]>[セッションの制限時間]>[切断されたセッションの制限時間を設定する] の順に移動します。

ホスト プールの容量が容量のしきい値と等しい場合は、どうなりますか?

Nothing。 自動スケーリングは、ホスト プールの容量が容量しきい値より大きいか、またはそれより小さい場合にのみ反応します。 ホスト プールの容量が容量しきい値と等しい場合、この機能は何も行いません。

セッション ホストで既にドレイン モードを自分で構成している場合でも、自動スケーリングによって、構成したドレイン モードの設定が変わりますか?

はい。誰がドレイン モードにしたかに関係なく、自動スケーリングは、ドレイン モードで VM をオンまたはオフにします。 自動スケーリングは、スケーリングに含まれるすべての VM のドレイン モードをオーバーライドします。そのため、スケーリング アクションから VM を除外したい場合は、除外タグを使用する必要があります。

自動スケーリングはどのくらいの頻度でセッション ホストを監視し、スケーリング評価を実行しますか?

自動スケーリングは、ユーザーがセッション ホストにサインインまたはサインアウトする時間を監視し、このアクティビティをセッション変更イベントとして分類します。 セッション変更イベントは、ログを作成するスケーリング評価をトリガーします。 セッション変更イベントが存在しない場合、またはイベント サービスが停止している場合、自動スケーリングは見逃したイベントがないか確認します。 短い期間に複数のセッション変更イベントが発生すると、この機能によってスケーリング評価がバッチ処理されます。 このバッチ処理により、自動スケーリングは、システムをオーバーロードすることなく、多数のイベントを迅速に処理できます。

1 日の任意のフェーズで強制的にサインアウトを実行できますか?

正解ではありません。 自動スケーリングを有効にした場合は、ユーザーを強制的にサインアウトできるのは、ランプダウン フェーズの間のみです。 セッション ホストをシャットダウンする準備としてランプダウン中にドレイン モードに設定しても、フェーズがピーク時間外に変わる前にすべてのユーザーがサインアウトしない場合、残りのユーザー セッションはセッションから強制的にサインアウトされません。 ユーザーがサインアウトされない理由は、自動スケーリングでは、ユーザーがピーク時間外にセッションからサインアウトすることを強制しないためです。 代わりに、自動スケーリングは、すべてのユーザーがサインアウトするまで待機してから、VM の割り当てを解除します。 たとえば、ランプダウン フェーズが 15 分で、ユーザーをサインアウトして VM をシャットダウンするまでの待機時間が 20 分の場合、スケジュールはピーク時間外フェーズに移行し、ユーザー セッションは強制的にサインアウトされません。

ランプダウン中にユーザーを強制的にサインアウトさせるよう自動スケーリングを構成すると、アクティブなセッションを持つユーザーもサインアウトされますか?

正解です。 ユーザーがランプダウン フェーズの待機時間中にサインアウトしない場合、状態がアイドル、切断済み、およびアクティブのセッションは強制的にサインアウトされます。

アクティブなセッションが強制的にサインアウトされても、ユーザーが再接続を試みた場合、自動スケーリングが間もなくシャットダウンするセッション ホストでそのユーザーが新しいセッションを開始するのを防ぐ方法はありますか?

自動スケーリングがシャットダウンするセッション ホストを選択すると、セッション ホストはドレイン モードになります。 すべてのユーザー セッションがサインアウトされた後、自動スケーリングは VM の割り当てを解除します。 VM の割り当てが解除された後、自動スケーリングは AllowNewSessions 設定を true に設定し、ドレイン モードをオフにします。 間もなくシャットダウンされるセッション ホストは自動スケーリングによってドレイン モードに設定されるので、セッションから強制的にサインアウトされたユーザーは、サインアウト後に再接続しようとしても、間もなくシャットダウンされるセッション ホストに接続できません。

自動スケーリングを使用して、ホスト プール内のすべての VM をオフにできますか。それとも、正常に動作するためには少なくともいくつかの VM をオンにしておく必要がありますか?

ホストの最小割合が 0% に設定され、ホスト プール内のセッション ホストにユーザー セッションがない場合、自動スケーリングでホスト プール内のすべての VM をオフにできます。

スケーリング プランのスケジュールのフェーズごとに負荷分散アルゴリズムを異なる方法で構成するのはなぜですか?

スケーリング プランのスケジュールを設定するときは、1 日のフェーズごとに異なる負荷分散アルゴリズムを指定できます。 たとえば、ランプアップおよびピークのフェーズでは、幅優先の負荷分散アルゴリズムを使用できます。 このアルゴリズムを使用すると、1 日の先頭から 2 つのフェーズでユーザー セッションが均一に分散され、パフォーマンスが最適化されます。 同様に、ランプダウンおよびピーク時以外のフェーズでは、深さ優先の負荷分散アルゴリズムを使用して、ホスト プール内のセッション ホストの数が許容最小限に達するまで、自動スケーリング機能でユーザー セッションを統合できるようにします。

個人用ホスト プールの自動スケーリング

有効になっているが、まだサインインしていないセッション ホストはどうなりますか?

セッション ホストが (自動スケーリング、Start VM on Connect、または管理者のいずれかによって) 有効になっており、ユーザーがそれにサインインしない場合、不要なコンピューティング コストが発生しないように、非アクティブな状態が一定期間続くと、自動スケーリングによってそのセッション ホストの割り当てが解除されます。

ランプアップをオプトアウトした場合、個人用デスクトップはどのように起動しますか?

ランプアップ フェーズで自動スケーリングによって個人用デスクトップを起動しないことを選択した場合、自動スケーリングで個人用デスクトップは起動しません。 代わりに、Start VM on Connect を有効にして、ユーザーがサインインすると個人用デスクトップが起動するようにするか、手動で個人用デスクトップを起動する必要があります。

ユーザーが個人用デスクトップからサインアウトするように自動スケーリングを構成できますか?

いいえ。 個人用デスクトップの自動スケーリングでは、ユーザーがユーザー セッションからサインアウトした場合にのみ、セッション ホストの割り当てが解除されます。

切断されたユーザー セッションとサインアウトされたユーザー セッションの違いは何ですか?

詳細については、ユーザー セッションの定義に関するページを参照してください。

個人用デスクトップの自動スケーリングによって、セッション ホストのドレイン モードは上書きされますか?

いいえ。 ユーザー セッションがサインアウトまたは切断されたために、自動スケーリングで個人用デスクトップの割り当てを解除する準備ができた場合、自動スケーリングではセッション ホストはドレイン モードになりません。 自動スケーリングがセッション ホストの割り当てを解除しているときにユーザーが接続しようとすると、"使用可能なリソースがありません" というエラー メッセージが表示されます。

個人用デスクトップを選択してスケーリングプランで休止状態にしたが、個人用デスクトップで休止状態が有効になっていない場合はどうなりますか?

個人用デスクトップを個人用スケーリング プランのスケジュールで休止状態にすることを選択したが、個人用デスクトップで休止状態が有効になっていないか、サブスクリプションで休止状態が有効になっていない場合、自動スケーリングはセッション ホストに対して何も行われません (休止状態にせず、割り当てを解除しません)。