Azure Virtual Desktop (クラシック) ホスト プールのリモート デスクトップ プロトコル プロパティをカスタマイズする

重要

この内容は、Azure Resource Manager Azure Virtual Desktop オブジェクトをサポートしていない Azure Virtual Desktop (クラシック) に適用されます。 Azure Resource Manager Azure Virtual Desktop オブジェクトを管理しようとしている場合は、こちらの記事を参照してください。

マルチ モニター エクスペリエンスやオーディオ リダイレクトなど、ホスト プールのリモート デスクトップ プロトコル (RDP) のプロパティをカスタマイズすると、ニーズに基づいてユーザーに最適なエクスペリエンスを提供できます。 Set-RdsHostPool コマンドレットの -CustomRdpProperty パラメーターを使用して、Azure Virtual Desktop の RDP プロパティをカスタマイズできます。

サポートされているプロパティとその既定値の全リストについては、「サポートされるリモート デスクトップ RDP ファイルの設定」を参照してください。

まず、PowerShell セッション内で使用する Azure Virtual Desktop PowerShell モジュールをダウンロードしてインポートします (まだ行っていない場合)。 その後、次のコマンドレットを実行して、ご自分のアカウントにサインインします。

Add-RdsAccount -DeploymentUrl "https://rdbroker.wvd.microsoft.com"

既定の RDP のプロパティ

既定では、パブリッシュされた RDP ファイルには次のプロパティが含まれています。

RDP のプロパティ デスクトップ RemoteApps
マルチモニター モード Enabled 該当なし
ドライブ リダイレクト有効 ドライブ、クリップボード、プリンター、COM ポート、USB デバイス、スマートカード ドライブ、クリップボード、プリンター
リモート オーディオ モード ローカルで再生 ローカルで再生

ホスト プールに対して定義したカスタム プロパティは、これらの既定値よりも優先されます。

単一のカスタム RDP プロパティを追加または編集する

単一のカスタム RDP プロパティを追加または編集するには、次の PowerShell コマンドレットを実行します。

Set-RdsHostPool -TenantName <tenantname> -Name <hostpoolname> -CustomRdpProperty "<property>"

A screenshot of PowerShell cmdlet Get-RDSRemoteApp with Name and FriendlyName highlighted to edit a custom R D P property.

複数のカスタム RDP プロパティを追加または編集する

複数のカスタム RDP プロパティを追加または編集するには、カスタム RDP プロパティをセミコロンで区切った文字列として指定して、次の PowerShell コマンドレットを実行します。

$properties="<property1>;<property2>;<property3>"
Set-RdsHostPool -TenantName <tenantname> -Name <hostpoolname> -CustomRdpProperty $properties

A screenshot of PowerShell cmdlet Set-RDSRemoteApp with Name and FriendlyName highlighted to edit a custom R D P property.

すべてのカスタム RDP プロパティをリセットする

単一のカスタム RDP プロパティを追加または編集する」の手順に従って個々のカスタム RDP プロパティを既定値にリセットすることも、次の PowerShell コマンドレットを実行してホスト プールのすべてのカスタム RDP プロパティをリセットすることもできます。

Set-RdsHostPool -TenantName <tenantname> -Name <hostpoolname> -CustomRdpProperty ""

A screenshot of PowerShell cmdlet Get-RDSRemoteApp with Name and FriendlyName highlighted.

次のステップ

特定のホスト プールの RDP プロパティをカスタマイズしたので、Azure Virtual Desktop クライアントにサインインして、それらをユーザー セッションの一部としてテストできます。 次の 2 つの手順では、任意のクライアントを使用してセッションに接続する方法を説明します。