ポータルで VM のイメージを作成する

VM からイメージを作成し、それを使用して複数の VM を作成できます。

Azure Compute Gallery (旧称 Shared Image Gallery) に格納されているイメージの場合、アカウントが既に作成されている VM を使用することも (特殊化)、イメージを作成する前に VM を一般化して、マシン アカウントや他のマシン固有の情報を削除することもできます。 VM を一般化するには、VM の一般化に関するページ参照してください。 詳細については、「一般化されたイメージと特殊化されたイメージ」を参照してください。

重要

Azure で VM を generalized としてマークすると、その VM を再起動することはできません。 レガシ マネージド イメージ は、自動的に一般化済みとしてマークされます。

Azure で仮想マシンのイメージをキャプチャする場合、データの整合性を確保し、イメージ作成中の潜在的な問題を防ぐために、仮想マシンは一時的に停止されます。 これは、イメージをキャプチャするには、仮想マシンのディスクのポイントインタイム スナップショットが必要であるためです。 実稼働環境での中断を回避するには、メンテナンス期間中、または一時的なダウンタイムが重要なサービスに影響を与えない時間帯にイメージ キャプチャ プロセスをスケジュールすることをお勧めします。

ポータルで VM をキャプチャする

  1. Azure portal に移動し、仮想マシンを検索して選択します。

  2. 一覧で VM を選択します。

  3. VM 用のページで、上部のメニューの [キャプチャ] を選択します。

    [イメージの作成] ページが表示されます。

  4. [リソース グループ] で、 [新規作成] を選択して名前を入力するか、使用するリソースグループをドロップダウンリストから選択します。 既存のギャラリーを使用する場合は、使用するギャラリーのリソース グループを選択します。

  5. ギャラリーにイメージを作成するには、 [はい、ギャラリーにイメージ バージョンとして共有します] を選択します。

    マネージド イメージのみを作成するには、 [いいえ、マネージド イメージのみをキャプチャします] を選択します。 マネージド イメージを作成するには、VM が一般化されている必要があります。 他に必要な情報は、イメージの名前のみです。

  6. イメージが作成された後にソース VM を削除する場合、 [イメージの作成後、この仮想マシンを自動的に削除します] を選択します。 これは推奨されません。

  7. [ギャラリーの詳細] で、ギャラリーを選択するか、 [新規作成] を選択して新しいギャラリーを作成します。

  8. [オペレーティング システムの状態] で、一般化または特殊化を選択します。 詳細については、「一般化されたイメージと特殊化されたイメージ」を参照してください。

  9. イメージの定義を選択するか、 [新規作成] を選択して、新しいイメージの定義の名前と情報を指定します。

  10. イメージのバージョン番号を入力します。 これがこのイメージの最初のバージョンである場合は、「1.0.0」と入力します。

  11. イメージ バージョンに対して "最新" を指定するときにこのバージョンを含めたい場合は、 [最新から除外] をオフのままにします。

  12. [有効期間の終了] の日付を選択します。 この日付を使用して、古いイメージをいつ廃止する必要があるかを追跡できます。

  13. [複製] で、既定のレプリカ数を選択した後、イメージをレプリケートする追加のリージョンを選択します。

  14. 完了したら、 [確認および作成] を選択します。

  15. 検証に合格したら、 [作成] を選択してイメージを作成します。

次のステップ