Share via


VM アプリケーションの作成とデプロイ

VM アプリケーションは、仮想マシンのアプリケーションの管理、共有、およびグローバル配布を簡素化する Azure Compute Gallery (旧称 Shared Image Gallery) のリソースの種類です。

前提条件

作業を開始する前に、次のものがあることを確認してください。

この記事では、既に Azure Compute Gallery があることを前提としています。 ギャラリーをまだ作成していない場合は、最初にギャラリーを作成します。 詳細については、「リソースを格納および共有するためのギャラリーを作成する」を参照してください。

アプリケーションを Azure Storage アカウントのコンテナーにアップロードしている必要があります。 アプリケーションはブロック BLOB またはページ BLOB に格納できます。 ページ BLOB を使用する場合は、ファイルをアップロードする前にバイトで揃える必要があります。 ファイルのバイトを揃えるサンプルを次に示します。

$inputFile = <the file you want to pad>

$fileInfo = Get-Item -Path $inputFile

$remainder = $fileInfo.Length % 512

if ($remainder -ne 0){

    $difference = 512 - $remainder

    $bytesToPad = [System.Byte[]]::CreateInstance([System.Byte], $difference)

    Add-Content -Path $inputFile -Value $bytesToPad -Encoding Byte
    }

ストレージ アカウントは、パブリック レベルのアクセス権を備えているか、読み取り特権を持つ SAS URI を使用する必要があります。他の制限レベルではデプロイが失敗するためです。 Azure Storage Explorer を使用すると、SAS URI をまだ作成していない場合は、迅速に作成できます。

PowerShell を使用している場合は、Az.Storage モジュールのバージョン 3.11.0 を使用している必要があります。

インストール メカニズムの詳細については、「コマンド インタープリター」を参照してください。

VM アプリケーションを作成する

VM アプリケーションの定義とバージョンを作成するには、次のオプションを選択します。

  1. Azure portal に移動し、Azure Compute Gallery を検索して選択します。
  2. 一覧から使うギャラリーを選びます。
  3. ギャラリーのページで、ページの上部にある [追加] を選択し、ドロップダウンから [VM アプリケーション定義] を選択します。 [VM アプリケーション定義の作成] ページが開きます。
  4. [基本] タブで、アプリケーションの名前を入力し、Linux または Windows を実行している VM 用のアプリケーションであるかどうかを選択します。
  5. VM アプリケーション定義に対して次のいずれかのオプション設定を指定する場合は、[発行オプション] タブを選択します。
    • VM アプリケーション定義の説明。
    • 有効期限の終了日
    • 使用許諾契約書へのリンク
    • プライバシーに関する声明の URI
    • リリース ノートの URI
  6. 完了したら、 [確認および作成] を選択します。
  7. 確認が完了したら、 [作成] を選択して定義をデプロイします。
  8. デプロイが完了したら、[リソースに移動] を選択します。
  9. アプリケーションのページで、[VM アプリケーション バージョンの作成] を選択します。 [VM アプリケーション バージョンの作成] ページが開きます。
  10. 1.0.0 などのバージョン番号を入力します。
  11. アプリケーション パッケージをアップロードしたリージョンを選択します。
  12. [ソース アプリケーション パッケージ][参照] を選択します。 ストレージ アカウントを選択し、パッケージが格納されているコンテナーを選択します。 一覧からパッケージを選択し、完了したら [選択] を選択します。 または、必要に応じて、このフィールドに SAS URI を貼り付けることができます。
  13. インストール スクリプトを入力します。 アンインストール スクリプト更新スクリプトを指定することもできます。 スクリプトの作成方法については、概要を参照してください。
  14. 既定の構成ファイルがストレージ アカウントにアップロードされている場合は、[既定の構成] で選択できます。
  15. VM の作成時にこのバージョンを最新バージョンとして表示しない場合は、[最新バージョンから除外する] を選択します。
  16. [終了日] では、このバージョンを廃止する日付を追跡するために、将来の日付を選択します。 自動的に削除または除外されるのではなく、独自の追跡のみを行います。
  17. このバージョンを他のリージョンにレプリケートするには、[レプリケーション] タブを選択し、リージョンを追加し、リージョンあたりのレプリカ数を変更します。 バージョンが作成された元のリージョンは一覧に含む必要があり、削除することはできません。
  18. 変更が終了したら、ページの下部にある [確認と作成] を選択します。
  19. 検証に成功と表示された場合は、[作成] を選択して VM アプリケーションのバージョンをデプロイします。

これで、VM を作成して、ポータルを使用して VM アプリケーションをデプロイできるようになりました。 通常どおりに VM を作成し、 [詳細設定] タブで [Select a VM application to install](インストールする VM アプリケーションの選択) を選択します。

Screenshot of the Advanced tab where you can choose to install a VM application.

一覧から VM アプリケーションを選択し、ページの下部にある [保存] を選択します。

Screenshot showing selecting a VM application to install on the VM.

複数の VM アプリケーションがインストールされている場合は、[詳細設定] タブで各 VM アプリケーションのインストール順序を設定し直すことができます。

VM アプリケーションを現在実行中の VM にデプロイすることもできます。 ポータルで VM の詳細を表示するときに、左側のメニューの [設定][拡張機能とアプリケーション] オプションを選択します。

[VM アプリケーション] を選択し、[アプリケーションの追加] を選択して VM アプリケーションを追加します。

Screenshot showing selecting a VM application to install on a currently running VM.

一覧から VM アプリケーションを選択し、ページの下部にある [保存] を選択します。

Screenshot showing selecting a VM application to install on the VM.

VM アプリケーションのステータスを表示するには、[拡張機能 + アプリケーション] タブ/設定に移動し、VMAppExtension のステータスを確認します。

Screenshot showing VM application status.

VMSS の VM アプリケーションの状態を表示するには、[VMSS] ページの [インスタンス] に移動し、そのうちの 1 つを選択してから、VMAppExtension に移動します。

Screenshot showing VMSS application status.

次のステップ

VM アプリケーションの詳細について参照してください。