試験

試験 98-382: Introduction to Programming Using JavaScript

警告

この試験は 2022 年 6 月 30 日に廃止されました。

 
この試験の受験者は構文として正しいJavaScriptコードを理解して書くことが出来る必要があり、JavaScriptがサポートするデータタイプを使用し、与えられた問題を論理的に解くことのできるJavaScriptコードを認識できる必要があります。

受験者は、最低でも、100時間のJavaScriptプログラム言語での実地体験か教習を受けている必要があります。 受験者は、JavaScriptの機能と実現可能性、そしてよくフォームされよくドキュメンテーションされたJavaScriptコードをどのように書き、デバッグし、メンテナンスするか理解していなければなりません。

次の要件の一部: MTA: Introduction to Programming Using JavaScript

関連する試験: なし

重要: 詳細の表示

認定資格ダッシュボードに移動する

試験のスケジュール設定

  • 98-382: Introduction to Programming Using JavaScript

    言語: 英語, 日本語, 繁体中国語, 簡体中国語, スペイン語, ポルトガル語 (ブラジル), フランス語, ドイツ語, 韓国語

    廃止日: **

    この試験の受験者は構文として正しいJavaScriptコードを理解して書くことが出来る必要があり、JavaScriptがサポートするデータタイプを使用し、与えられた問題を論理的に解くことのできるJavaScriptコードを認識できる必要があります。

    試験が監督されている国または地域に基づく価格。

    対象 Introduction to Programming Using JavaScript

    試験のどのような質問にも回答できるようにするため、試験の目的が詳しく説明されています。

評価されるスキル

  • JavaScript演算子、メソッド、キーワードを使ったプログラミング (20-25%)
  • 変数、データタイプ、関数でプログラム (25-30%)
  • 決定とループを実装して分析(20-25%)
  • ドキュメントオブジェクトモデルと相互作用 (15-20%)
  • HTMLフォームと相互作用(5-10%)

試験スキルのアウトラインをダウンロード

準備する 2 つの方法

このコレクション内の項目

    この試験ではラーニング パスまたはモジュールはまだ利用できません

"試験 98-382: Introduction to Programming Using JavaScript" に関連する認定資格と前提条件がある場合があります

  • MTA: Introduction to Programming Using JavaScript

    技術分野に進出したい場合は、MTA認定資格がスタート地点として最適です。 MTA 認定資格は、幅広い角度からテクノロジの基本的な概念を扱い、コアとなる技術知識を評価および検証し、テクノロジ面の信頼性を高めます。 注意: MTA 試験は MCP 認定の資格を与えるものではなく、MCSA や MCSD 認定資格の前提条件でもありません。

試験のリソース

Exam Replay

成功の可能性を一気に高めるために2つの素晴らしいオファーを見てみましょう。

認定資格

スケジュールされた予定、認定証、および成績証明書をご確認および管理してください。

* 価格には、Microsoft Imagine Academy プログラム メンバー、Microsoft 認定トレーナー、Microsoft Partner Network プログラム メンバーのキャンペーン プランまたは割引価格は反映されません。 価格は予告なしに変更される場合があります。 価格には、適用される税金は含まれません。 試験を受けるための登録を行う前に、試験のプロバイダーに正確な価格を確認してください。

** この試験を廃止日までに完了し、認定資格に適用されるようにしてください。 廃止日以降、試験の要件については関連する認定資格を参照してください。