次の方法で共有


Azure CLI でグローバル パラメーターを操作する方法

Azure CLI 参照コマンドを使用する場合、ほとんどのコマンドで使用できる引数があります。 これらの引数は、ほぼすべての Azure CLI 参照コマンドに共通するため、"グローバル パラメーター" と呼ばれます。

--help global パラメーター

参照グループまたはコマンドに関する情報を取得するには、グローバル パラメーターを --help 使用します。 このパラメーターは --help 、使用可能なサブグループとパラメーター リストを含む Azure CLI 参照情報をコンソールに表示します。

az group create --name myResourceGroup --location eastus --help

次に示すコンソール出力には、簡潔にするためにフィールドが省略されています。

Command
    az group create : Create a new resource group.

Arguments
    --location -l                 [Required] : Location. Values from: `az account list-locations`.
                                               You can configure the default location using `az
                                               configure --defaults location=<location>`.
    --name --resource-group -g -n [Required] : Name of the new resource group.
    --managed-by                             : The ID of the resource that manages this resource
                                               group.
    --tags                                   : Space-separated tags: key[=value] [key[=value] ...].
                                               Use "" to clear existing tags.

Global Arguments
    --debug                                  : Increase logging verbosity to show all debug logs.
    --help -h                                : Show this help message and exit.
    --only-show-errors                       : Only show errors, suppressing warnings.

Examples
    Create a new resource group in the West US region.
        az group create -l westus -n MyResourceGroup

--verbose global パラメーター

グローバル パラメーターを参照コマンドに追加して、ログ記録の --verbose 詳細を確認します。 詳細出力は、特定のコマンドの実行に他のコマンドよりも時間がかかる理由を理解しようとするときに役立ちます。

az group create --name myResourceGroup --location eastus --verbose 

次に示すコンソール出力には、簡潔にするためにフィールドが省略されていますが、実行時間に関する追加情報に注意してください。

{...}
Command ran in 1.413 seconds (init: 0.487, invoke: 0.926)

--debug global パラメーター

パラメーターの --verbose 追加の詳細が十分ではなく、ログ全体を表示する場合は、グローバル パラメーターを --debug 使用します。 また、バグ レポートを送信するときに生成される --debug 出力も提供します。

az group create --name myrResourceGroup --location eastus --debug

次に示すコンソール出力には、簡潔にするためにフィールドが省略されています。


cli.knack.cli: Command arguments: ['group', 'create', '--name', 'myResourceGroup', '--location', 'eastus', '--debug']
cli.knack.cli: __init__ debug log:
[...]
cli.knack.cli: Event: CommandInvoker.OnTransformResult [<function _resource_group_transform at 0x000001D9B72123B0>, <function _x509_from_base64_to_hex_transform at 0x000001D9B7212440>]
cli.knack.cli: Event: CommandInvoker.OnFilterResult []
{...}
[...]
telemetry.process: Return from creating process
telemetry.main: Finish creating telemetry upload process.

--only-show-errors global パラメーター

デバッグの処理中に、グローバル パラメーターを使用して参照コマンドによって返される警告を --only-show-errors 削除します。

az interactive 

出力コンソール:

**This command is in preview and under development. Reference and support levels: https://aka.ms/CLI_refstatus**

Any comments or concerns? You can use the 'feedback' command! We would greatly appreciate it.

A new Recommender is added which can make the completion ability more intelligent and provide the scenario completion!
If you want to disable this feature, you can use 'az config set interactive.enable_recommender=False' to disable it.

A command preload mechanism was added to prevent lagging and command run errors.
You can skip preloading in a single pass by CTRL+C or turn it off by setting 'az config set interactive.enable_preloading=False'

Loading command table... Expected time around 1 minute.