Share via


az support in-subscription

Note

このリファレンスは、Azure CLI (バージョン 2.57.0 以降) のサポート拡張機能の一部です。 az support in-subscription コマンドを初めて実行すると、拡張機能が自動的にインストールされます。 拡張機能の詳細をご覧ください。

選択したサブスクリプション内Azure サポートリソースを管理します。

コマンド

名前 説明 Status
az support in-subscription chat-transcript

サポート チケット チャットのトランスクリプトを管理します。

拡張子 GA
az support in-subscription chat-transcript list

サブスクリプションのサポート チケットのすべてのチャット トランスクリプトを一覧表示します。

拡張子 GA
az support in-subscription chat-transcript show

サブスクリプションのサポート チケットの chatTranscript の詳細を取得します。

拡張子 GA
az support in-subscription communication

サポート チケットの通信を管理します。

拡張子 GA
az support in-subscription communication create

Azure サポート チケットに新しいお客様の通信を追加します。

拡張子 GA
az support in-subscription communication list

サポート チケットのすべての通信 (添付ファイルは含まれません) を一覧表示します。

$filter パラメーターを使用して、CreatedDate または CommunicationType によるサポート チケット通信をフィルター処理することもできます。 現在サポートされている通信の種類は、Web のみです。 出力は、ページングされた結果になり、nextLink を含みます。これを使用すると、通信結果の次のセットを取得できます。

サポート チケット データは、チケットの作成後 18 か月間利用できます。 18 か月以上前にチケットが作成された場合、データの要求によってエラーが発生する可能性があります。

拡張子 GA
az support in-subscription communication show

サポート チケットの通信の詳細を取得します。

拡張子 GA
az support in-subscription file

指定したサブスクリプションのファイル操作。

拡張子 GA
az support in-subscription file-workspace

指定したサブスクリプションに対する Azure サポートのファイル ワークスペース。

拡張子 GA
az support in-subscription file-workspace create

指定したサブスクリプションの新しいファイル ワークスペースを作成します。

拡張子 GA
az support in-subscription file-workspace show

Azure サブスクリプション内の特定のファイル ワークスペースの詳細を取得します。

拡張子 GA
az support in-subscription file list

Azure サブスクリプションのワークスペースにあるすべてのファイル情報を一覧表示します。

拡張子 GA
az support in-subscription file show

作業空間内の特定のファイルの詳細を取得します。

拡張子 GA
az support in-subscription file upload

指定したサブスクリプションのワークスペースにファイルをアップロードします。

拡張子 GA
az support in-subscription tickets

サブスクリプションAzure サポートチケットを作成して管理します。

拡張子 GA
az support in-subscription tickets create

指定したサブスクリプションのクォータの引き上げ、技術、課金、サブスクリプション管理の問題に関する新しいサポート チケットを作成します。

拡張子 GA
az support in-subscription tickets list

Azure サブスクリプションのサポート チケットをすべて一覧表示します。 $filter パラメーターを使用して、Status、CreatedDateServiceId、ProblemClassificationIdサポート チケットをフィルター処理することもできます。 出力は、ページングされた結果になり、nextLink を含みます。これを使用すると、サポート チケットの次のセットを取得できます。

サポート チケット データは、チケットの作成後 18 か月間利用できます。 18 か月以上前にチケットが作成された場合、データの要求によってエラーが発生する可能性があります。 既定値は CreatedDate >= 1 週間です。

拡張子 GA
az support in-subscription tickets show

Azure サブスクリプションのチケットの詳細を取得します。 サポート チケット データは、チケットの作成後 18 か月間利用できます。 18 か月以上前にチケットが作成された場合、データの要求によってエラーが発生する可能性があります。

拡張子 GA
az support in-subscription tickets update

Update API を使用すると、重大度レベル、チケットの状態、高度な診断の同意、セカンダリの同意、およびサポート チケットの連絡先情報を更新できます。

注: サポート チケットがAzure サポート エンジニアによってアクティブに処理されている場合、重大度レベルは変更できません。 このような場合は、Communications API を使用して新しい通信を追加することで、サポート エンジニアに連絡して重大度を更新するように依頼してください。

拡張子 GA