[全般] プロパティ ページ (ファイル)

このトピックは Windows プロジェクトに適用されます。 Windows 以外のプロジェクトについては、「Linux C++ Property Page Reference」 (Linux C++ プロパティ ページのリファレンス) を参照してください。

ソリューション エクスプローラーでファイル ノードを右クリックすると、[構成プロパティ] ノードの [全般] プロパティ ページが開きます。 これには、次のプロパティが含まれます。

  • ビルドから除外

    現在の構成のビルドに、ファイルを含めるかどうかを指定します。

    プログラムを使用してこのプロパティにアクセスする方法については、「ExcludedFromBuild」を参照してください。

  • コンテンツ (UWP アプリにのみ適用されます)。)アプリ パッケージに含めるコンテンツをファイルに含めるかどうかを指定します。

  • 項目の種類

    [項目の種類] では、ビルド プロセス中にファイルを処理するために使用されるツールを指定します。 Visual Studio で拡張子が既知であるファイルは、このプロパティに既定値があります。 カスタム ファイルの種類がある場合、または既知のファイルの種類の既定のツールをオーバーライドする場合は、ここでカスタム ツールを指定できます。 詳細については、カスタム ビルド ツールの指定に関するページをご覧ください。 このプロパティ ページを使用して、ファイルがビルド プロセスの一部ではないことを指定することもできます。

    .cpp ファイルのプロパティ ページを次の図に示します。 この種類のファイルの既定の [項目の種類]C/C++ コンパイラ (cl.exe) であり、プロパティ ページは、このファイルにのみ適用できるさまざまなコンパイラ設定を公開します。

    Screenshot of the Property Pages dialog showing the General property page for a project item.

    既定の項目の種類の一覧を次の表に示します。

    [ファイル拡張子] アイテムの種類 既定のツール
    .appx XAML アプリケーション定義 アプリ パッケージ ツール
    .hlsl、.cso HLSL コンパイラ fxc.exe
    .h C/C++ ヘッダー C/C++ プロセッサ
    該当なし ビルドに含めない 該当なし
    .xml、.xslt、.xsl xml XML エディター
    .resw、.resjson PRI リソース (UWP アプリ) MakePri.exe
    メディア (UWP) アプリ パッケージ ツール
    .xsd XML データ ジェネレーター ツール XML スキーマ定義ツール (Xsd.exe) (.NET ワークロードが必要です。MSVCには含まれません。)
    マニフェスト ツール mt.exe
    .rc リソース Windows リソース コンパイラ (rc.exe)
    .appxmanifest アプリ パッケージ マニフェスト アプリ パッケージ ツール
    .obj Object C/C++ リンカー (link.exe)
    .ttf フォント 該当なし
    .txt テキスト 該当なし
    該当なし カスタム ビルド ツール ユーザー定義
    該当なし ファイルのコピー 該当なし
    .packagelayout アプリ パッケージ レイアウト アプリ パッケージ ツール
    .resx コンパイラ管理対象リソース Resgen.exe (リソース ファイル ジェネレーター)
    .natvis C++ デバッガー ビジュアル化ファイル Natvis フレームワーク
    .jpg、.bmp、.ico など。 イメージ アプリケーションの種類に基づくリソース コンパイラ。
    .cpp C/C++ コンパイラ cl.exe

    プログラムを使用してこのプロパティにアクセスする方法については、「Tool」を参照してください。

[構成プロパティ] ノードの [全般] プロパティ ページにアクセスする方法の詳細については、Visual Studio での C++ コンパイラとビルド プロパティの設定に関するページをご覧ください。

関連項目

C++ プロジェクトのプロパティ ページのリファレンス