Share via


_ecvt

double の値を文字列に変換します。 この関数のセキュリティが強化されたバージョンについては、「_ecvt_s」を参照してください。

構文

char *_ecvt(
   double value,
   int count,
   int *dec,
   int *sign
);

パラメーター

value
変換される数値。

count
格納する桁数。

dec
格納された小数点位置。

sign
変換後の数値の符号。

戻り値

_ecvt は、数字の文字列へのポインターを返します。 NULL エラーが発生した場合は 。

解説

_ecvt 関数は、浮動小数点数の値を文字列に変換します。 value パラメーターは変換する浮動小数点数です。 この関数は、value の最大 count 桁を文字列として格納し、null 文字 ("\0") を追加します。 value の桁数が count を超える場合、下位の桁は丸められます。 count 桁より少ない場合は、文字列が 0 で埋められます。

返される _ecvt 桁数の合計は、次の値を超 _CVTBUFSIZEえません。

文字列には数字だけが格納されます。 value の小数点位置と符号は、呼び出しの後で decsign から取得できます。 dec パラメーターは、文字列の先頭に対する小数点位置を示す整数値をポイントします。 0 または負の整数値は、最初の桁の左側に小数点があることを示します。 sign パラメーターは、変換後の数値の符号を示す整数をポイントします。 整数値が 0 の場合、数値は正の値です。 それ以外の場合、数値は負の値です。

_ecvt_fcvt の違いは、count パラメーターの解釈にあります。 _ecvtcount を出力文字列全体の桁数として解釈するのに対し、_fcvtcount を小数点より後の桁数と解釈します。

_ecvt_fcvt は、静的に割り当てられた共通のバッファーを使って変換を行います。 これらのルーチンを呼び出すたびに、前の呼び出しの結果は破棄されます。

この関数は、パラメーターを検証します。 signまたは 0 の場合dec、「countNULLパラメーターの検証」で説明されているように、無効なパラメーター ハンドラーが呼び出されます。 実行を続行できる場合は、 errno EINVAL に設定されNULL返されます。

既定では、この関数のグローバル状態の適用対象は、アプリケーションになります。 この動作を変更するには、「CRT のグローバル状態」を参照してください

必要条件

機能 必須ヘッダー
_ecvt <stdlib.h>

互換性の詳細については、「 Compatibility」を参照してください。

// crt_ecvt.c
// compile with: /W3
// This program uses _ecvt to convert a
// floating-point number to a character string.

#include <stdlib.h>
#include <stdio.h>

int main( void )
{
   int     decimal,   sign;
   char    *buffer;
   int     precision = 10;
   double  source = 3.1415926535;

   buffer = _ecvt( source, precision, &decimal, &sign ); // C4996
   // Note: _ecvt is deprecated; consider using _ecvt_s instead
   printf( "source: %2.10f   buffer: '%s'  decimal: %d  sign: %d\n",
           source, buffer, decimal, sign );
}
source: 3.1415926535   buffer: '3141592654'  decimal: 1  sign: 0

関連項目

データ変換
数学と浮動小数点のサポート
atof, _atof_l, _wtof, _wtof_l
_fcvt
_gcvt