feof

ストリームのファイルの末尾をテストします。

構文

int feof(
   FILE *stream
);

パラメーター

stream
FILE 構造体へのポインター。

戻り値

読み取り操作でファイルの末尾を越えて読み取ろうとした場合、ファイルのfeof 関数は 0 以外の値を返します。それ以外の場合は 0 を返します。 ストリーム ポインターの場合、「パラメーターの検証」で説明されているように、関数は NULL無効なパラメーター ハンドラー 呼び出します。 実行の継続が許可された場合、errnoEINVAL に設定され、feofは 0 を返します。

リターン コードの詳細については、「errno_doserrno_sys_errlist、および _sys_nerr」を参照してください。

解説

feof ルーチン (関数とマクロの両方として実装されています) は、stream の終わりを越えたかどうかを確認します。 ファイルの末尾を越えると、ストリームが閉じるか、rewindfsetposfseek、または clearerr が呼び出されるまで、読み取り操作はファイルの末尾インジケーターを返します。

たとえば、ファイルに 10 バイトが含まれており、ファイルから 10 バイトを読み取った場合、 feof ファイル ポインターがファイルの末尾にある場合でも、末尾を超えて読み取ろうとしていないため、0 が返されます。 11 バイト目を読み取ろうとした場合にのみ、feof は 0 以外の値を返します。

既定では、この関数のグローバル状態の適用対象は、アプリケーションになります。 この動作を変更するには、「 CRT のグローバル状態」を参照してください。

必要条件

機能 必須ヘッダー
feof <stdio.h>

互換性について詳しくは、「 Compatibility」をご覧ください。

// crt_feof.c
// This program uses feof to indicate when
// it reaches the end of the file CRT_FEOF.TXT. It also
// checks for errors with ferror.
//

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main( void )
{
   int  count, total = 0;
   char buffer[100];
   FILE *stream;

   fopen_s( &stream, "crt_feof.txt", "r" );
   if( stream == NULL )
      exit( 1 );

   // Cycle until end of file reached:
   while( !feof( stream ) )
   {
      // Attempt to read in 100 bytes:
      count = fread( buffer, sizeof( char ), 100, stream );
      if( ferror( stream ) )      {
         perror( "Read error" );
         break;
      }

      // Total up actual bytes read
      total += count;
   }
   printf( "Number of bytes read = %d\n", total );
   fclose( stream );
}

入力: crt_feof.txt

Line one.
Line two.

出力

Number of bytes read = 19

関連項目

エラー処理
ストリーム入出力
clearerr
_eof
ferror
perror, _wperror