Share via


srand

rand 関数によって使用される擬似乱数ジェネレーターの開始シード値を設定します。

構文

void srand(
   unsigned int seed
);

パラメーター

seed
擬似乱数ジェネレーターのシード

解説

srand 関数は、現在のスレッドに一連の整数の擬似乱数を生成するための開始点を設定します。 ジェネレーターを最初期化して、結果の同じシーケンスを作成するには、srand 関数を呼び出し、同じ seed 引数を再度使用します。 seed のその他の値は、擬似乱数シーケンスのさまざまな開始位置にジェネレーターを設定します。 rand は、生成される擬似乱数を取得します。 rand に対する呼び出しの前に srand を呼び出すと、1 として渡された srand を使用して seed を呼び出すのと同じシーケンスが生成されます。

既定では、この関数のグローバル状態の適用対象は、アプリケーションになります。 この動作を変更するには、「CRT のグローバル状態」を参照してください

必要条件

ルーチンによって返される値 必須ヘッダー
srand <stdlib.h>

互換性の詳細については、「 Compatibility」を参照してください。

rand の例を参照してください。

関連項目

数学と浮動小数点のサポート
rand