[DATEADD]

現在のコンテキストの日付から、指定された間隔数だけ時間を前後にシフトした日付の列を含むテーブルを返します。

構文

DATEADD(<dates>,<number_of_intervals>,<interval>)  

パラメーター

用語 定義
日付 日付を含む列。
number_of_intervals 日付に対して加算または減算する間隔の数を指定する整数。
interval 日付をシフトする間隔。 interval の値は、yearquartermonthday のいずれかにすることができます

戻り値

日付値の単一列を含むテーブル。

解説

dates 引数には、次のいずれかを指定できます。

  • 日付/時刻列への参照。

  • 日付/時刻の値の単一の列を返すテーブル式。

  • 日付/時刻の値の単一列テーブルを定義するブール式。

    注意

    ブール式に対する制約については、CALCULATE 関数に関するトピックで説明されています。

  • number_of_intervals に指定された数値が正の場合は dates の日数分、時間が進みます。数値が負の場合は dates の日数分、時間が戻ります。

  • interval パラメーターは列挙型であり、文字列のセットではありません。そのため、値を引用符で囲むことはできません。 また、yearquartermonthday という値を使用する場合は、スペルを略さずに入力する必要があります。

  • 結果テーブルには、dates 列に存在する日付のみが含まれます。

  • 現在のコンテキストの日付が連続した間隔を形成していない場合、関数からはエラーが返されます。

  • この関数は、計算列または行レベルのセキュリティ (RLS) ルールで使用される場合、DirectQuery モードでの使用はサポートされません。

例 - 複数日をシフトする

次の数式例では、現在のコンテキストの日付の 1 年前の日付を計算します。

= DATEADD(DateTime[DateKey],-1,year)  

タイム インテリジェンス関数
日付と時刻関数