TOTALYTD

現在のコンテキストにおける expression の年度累計値を評価します。

構文

TOTALYTD(<expression>,<dates>[,<filter>][,<year_end_date>])  

パラメーター

パラメーター 定義
expression スカラー値を返す式。
日付 日付を含む列。
filter (省略可能) 現在のコンテキストに適用するフィルターを指定する式。
year_end_date (省略可能) 年度末の日付を定義する日付を含むリテラル文字列。 既定値は 12 月 31 日です。

戻り値

年度累計の現在の dates に対して評価される expression を表すスカラー値。

解説

  • dates 引数には、次のいずれかを指定できます。

    • 日付/時刻列への参照。
    • 日付/時刻の値の単一の列を返すテーブル式。
    • 日付/時刻の値の単一列テーブルを定義するブール式。
  • ブール式の制約の詳細については、トピック「CALCULATE」を参照してください。

  • filter 式の制約の詳細については、トピック「CALCULATE」を参照してください。

  • year_end_date パラメーターは日付の文字列リテラルで、ロケールはブックが作成されたクライアントのロケールと同じです。 日付の年の部分は必須ではなく、無視されます。 たとえば、次の数式では、EN-US ロケール ブックに 6/30 の (会計年度) year_end_date が指定されます。

    = TOTALYTD(SUM(InternetSales_USD[SalesAmount_USD]),DateTime[DateKey], ALL('DateTime'), "6/30")  
    

    この例では、year_end_date を、"6/30"、"Jun 30"、"30 June"、または月/日に解決される任意の文字列として指定できます。 ただし、文字列が日付に解決されるようにするには、(示されているように) "月/日" を使用して year_end_date を指定することをお勧めします。

  • この関数は、計算列または行レベルのセキュリティ (RLS) ルールで使用される場合、DirectQuery モードでの使用はサポートされません。

次のサンプル式では、インターネット販売の "年度の現在までの累計" を計算するメジャーが作成されます。

= TOTALYTD(SUM(InternetSales_USD[SalesAmount_USD]),DateTime[DateKey])  

関連項目

ALL
CALCULATE
DATESYTD
TOTALMTD
TOTALQTD