Share via


REST API エラーの処理

HTTP エラー応答は、次の 2 つのカテゴリに分類されます。

  • クライアント エラー (400 コード レベル) – クライアントが無効な要求を送信したか、要求が定義に従っていません。
  • サーバー エラー (500 レベル) – サーバーが一時的に要求を満たさなかったか、サーバー エラーが発生しました。 HTTP 要求をもう一度送信してみてください。

次の表に示すエラー コードは、Microsoft Defender for Endpoint API のいずれかの操作によって返される場合があります。

  • エラー コードに加えて、すべてのエラー応答にエラー メッセージが含まれており、問題の解決に役立ちます。
  • メッセージは、変更可能なフリー テキストです。
  • ページの下部には、応答の例があります。

適用対象:

Defender for Endpoint を試す場合は、 無料試用版にサインアップしてください。

エラー コード HTTP ステータス コード メッセージ
BadRequest BadRequest (400) 一般的な不適切な要求エラー メッセージ。
ODataError BadRequest (400) OData URI クエリが無効です (特定のエラーが指定されています)。
InvalidInput BadRequest (400) 無効な入力 {無効な入力}。
InvalidRequestBody BadRequest (400) 要求本文が無効です。
InvalidHashValue BadRequest (400) ハッシュ値 {無効なハッシュ} が無効です。
InvalidDomainName BadRequest (400) ドメイン名 {無効なドメイン} が無効です。
InvalidIpAddress BadRequest (400) IP アドレス {無効な IP} が無効です。
InvalidUrl BadRequest (400) URL {無効な URL} が無効です。
MaximumBatchSizeExceeded BadRequest (400) 最大バッチ サイズを超えました。 受信済み: {batch size received},allowed: {batch size allowed}.
MissingRequiredParameter BadRequest (400) パラメーター {不足しているパラメーター} がありません。
OsPlatformNotSupported BadRequest (400) OS プラットフォーム {クライアント OS プラットフォーム} は、このアクションではサポートされていません。
ClientVersionNotSupported BadRequest (400) {要求されたアクション} は、クライアント バージョン {サポートされているクライアント バージョン} 以降でサポートされています。
権限がありません (Unauthorized) 未承認 (401) 未承認 (無効または期限切れの承認ヘッダー)。
禁止されています 禁止 (403) 禁止 (有効なトークンが、アクションのアクセス許可が不十分)。
DisabledFeature 禁止 (403) テナント機能が有効になっていません。
DisallowedOperation 禁止 (403) {許可されていない操作と理由}。
NotFound 見つかりません (404) 一般的な見つからないエラー メッセージ。
ResourceNotFound 見つかりません (404) リソース {要求されたリソース} が見つかりませんでした。
TooManyRequests 要求が多すぎます (429) 応答は、要求の数または CPU によってクォータ制限に達することを表します。
InternalServerError 内部サーバー エラー (500) (エラー メッセージは表示されません。操作を再試行してください)。

調整

HTTP クライアントは、特定の時間枠内の HTTP 要求の数が API ごとの呼び出しの許可数を超えると、"要求が多すぎるエラー (429)" を受け取る可能性があります。

HTTP クライアントは、さらに HTTPS 要求の再送信を遅らせ、レート制限に準拠した方法で送信する必要があります。 新しい要求を行う前に待機する時間 (秒単位) を示す応答ヘッダーの Retry-After

429 応答を無視するか、短い時間枠で HTTP 要求を再送信しようとすると、429 エラー コードが返されます。

本文パラメーターでは大文字と小文字が区別されます

送信された本文パラメーターでは、現在、大文字と小文字が区別されます。

InvalidRequestBody または MissingRequiredParameter エラーが発生した場合は、パラメーターの大文字または小文字が間違っている可能性があります。

API ドキュメント ページを確認し、送信されたパラメーターが関連する例と一致することをチェックします。

関連付け要求 ID

各エラー応答には、追跡用の一意の ID パラメーターが含まれています。

このパラメーターのプロパティ名は "target" です。

エラーについてお問い合わせの際は、この ID を添付すると、問題の根本原因を特定できます。

{
    "error": {
        "code": "ResourceNotFound",
        "message": "Machine 123123123 was not found",
        "target": "43f4cb08-8fac-4b65-9db1-745c2ae65f3a"
    }
}
{
    "error": {
        "code": "InvalidRequestBody",
        "message": "Request body is incorrect",
        "target": "1fa66c0f-18bd-4133-b378-36d76f3a2ba0"
    }
}

ヒント

さらに多くの情報を得るには、 Tech Community 内の Microsoft Security コミュニティ (Microsoft Defender for Endpoint Tech Community) にご参加ください。