Share via


Microsoft Defender for Endpoint (Linux) の更新をスケジュールする

適用対象:

Linux 上のMicrosoft Defender for Endpointで更新プログラムを実行するには、「Linux でMicrosoft Defender for Endpointの更新プログラムをデプロイする」を参照してください。

Linux (および Unix) には、スケジュールされたタスクを実行するための crontab (タスク スケジューラと同様) というツールがあります。

前提条件

注:

すべてのタイム ゾーンの一覧を取得するには、次のコマンドを実行します。 timedatectl list-timezones

タイムゾーンの例:

  • America/Los_Angeles
  • America/New_York
  • America/Chicago
  • America/Denver

Cron ジョブを設定するには

次のコマンドを使用します。

crontab エントリのバックアップ

sudo crontab -l > /var/tmp/cron_backup_201118.dat

注:

場所 201118 == YYMMDD

ヒント

編集または削除する前に、これを行います。

crontab を編集し、ルート ユーザーとして新しいジョブを追加するには:

sudo crontab -e

注:

既定のエディターは VIM です。

次の情報が表示される場合があります。

0 * * * * /etc/opt/microsoft/mdatp/logrorate.sh

And

0 2 * * sat /bin/mdatp scan quick>~/mdatp_cron_job.log

「Microsoft Defender for Endpointを使用してスキャンをスケジュールする (Linux)」を参照してください

"挿入" を押す

次のエントリを追加します。

CRON_TZ=America/Los_Angeles

#!RHEL とバリアント (CentOS および Oracle Linux)

0 6 * * sun [ $(date +%d) -le 15 ] && sudo yum update mdatp -y >> ~/mdatp_cron_job.log

#!SLES とバリアント

0 6 * * sun [ $(date +%d) -le 15 ] && sudo zypper update mdatp >> ~/mdatp_cron_job.log

#!Ubuntu および Debian システム

0 6 * * sun [ $(date +%d) -le 15 ] && sudo apt-get install --only-upgrade mdatp >> ~/mdatp_cron_job.log

注:

上記の例では、00 分、午前 6 時 (24 時間形式の時間) に設定し、月の任意の日、任意の月、日曜日に設定しています。[$(date +%d) -le 15] == 15 日目 (3 週目) 以下でない限り、実行されません。 つまり、毎月第 3 日曜日 (7) 午前 6 時に実行されます。太平洋 (UTC -8)。

"Esc" を押す

二重引用符を使用して「:wq」と入力します。

注:

w == write、q == quit

cron ジョブを表示するには、次のように入力します。 sudo crontab -l

Linux 上の Defender for Endpoint を更新します。

cron ジョブの実行を検査するには:

sudo grep mdatp /var/log/cron

mdatp_cron_job.logを検査するには

sudo nano mdatp_cron_job.log

Ansible、Chef、Puppet を使用するユーザー向け

次のコマンドを使用します。

Ansible で cron ジョブを設定するには

cron - Manage cron.d and crontab entries

詳細については、「https://docs.ansible.com/ansible/latest」を参照してください。

Chef で crontabs を設定するには

cron resource

詳細については、「https://docs.chef.io/resources/cron/」を参照してください。

Puppet で cron ジョブを設定するには

リソースの種類: cron

詳細については、「https://puppet.com/docs/puppet/5.5/types/cron.html」を参照してください。

Puppet を使用した自動化: Cron ジョブとスケジュールされたタスク

詳細については、「https://puppet.com/blog/automating-puppet-cron-jobs-and-scheduled-tasks/」を参照してください。

追加情報

crontab に関するヘルプを表示するには

man crontab

現在のユーザーの crontab ファイルの一覧を取得するには

crontab -l

別のユーザーの crontab ファイルの一覧を取得するには

crontab -u username -l

crontab エントリをバックアップするには

crontab -l > /var/tmp/cron_backup.dat

ヒント

編集または削除する前に、これを行います。

crontab エントリを復元するには

crontab /var/tmp/cron_backup.dat

crontab を編集し、ルート ユーザーとして新しいジョブを追加するには

sudo crontab -e

crontab を編集して新しいジョブを追加するには

crontab -e

他のユーザーの crontab エントリを編集するには

crontab -u username -e

すべての crontab エントリを削除するには

crontab -r

他のユーザーの crontab エントリを削除するには

crontab -u username -r

説明

+—————- 分 (値: 0 - 59) (特殊文字: 、 - * /)
|+————- 時間 (値: 0 - 23) (特殊文字: 、 - * /)
| |+———-月の日 (値: 1 から 31) (特殊文字: 、 - * / L W C)
| | |+——- 月 (値: 1 ~ 12) (特殊文字: ,- * / )
| | | |+—- 曜日 (値: 0 - 6) (Sunday=0 または 7) (特殊文字: , - * / L W C)
| | | | |*****command to be executed

ヒント

さらに多くの情報を得るには、 Tech Community 内の Microsoft Security コミュニティ (Microsoft Defender for Endpoint Tech Community) にご参加ください。