Share via


配信の最適化とMicrosoft 365 Apps

配信の最適化は、デバイスがインターネット経由で Microsoft からダウンロードした更新プログラムなどのコンテンツを共有できるようにする、Windows 11およびWindows 10で利用できるピアツーピア配布テクノロジです。 これは、デバイスが Microsoft から更新プログラムを完全にダウンロードする代わりに、ローカル ネットワーク上の別のデバイスから更新プログラムの一部を取得できるため、ネットワーク帯域幅を減らすのに役立ちます。

Windows 11またはWindows 10を実行しているデバイスのMicrosoft 365 Appsは、インストール中と更新プログラムの受信時に、特定の要件が満たされている場合に配信の最適化を利用できます。

配信の最適化は、追加のインフラストラクチャや管理オーバーヘッドを必要とせずにネットワーク帯域幅を削減する効果的な方法です。特に、Microsoft Configuration Manager (現在のブランチ) やその他のエンタープライズ ソフトウェア配布ツールを持たない組織や、コンテンツ処理をオンプレミスからクラウドに移行したい組織の場合です。

配信の最適化の概要

Windows での配信の最適化の詳細については、次の情報を参照してください。 情報は主に更新プログラムWindows 10対象ですが、Office では Windows によって提供される配信の最適化の機能を使用するため、Microsoft 365 Appsの概念と構成は似ています。

Microsoft 365 Appsで配信の最適化を使用するための要件

Microsoft 365 Appsで配信の最適化を使用するには、次の要件を満たす必要があります。

  • Microsoft 365 AppsでサポートされているWindows 11またはWindows 10のサポートされているバージョン。
  • 少なくともバージョン 1912 のMicrosoft 365 Apps。
  • Microsoft 365 Appsは、インターネット上の Office Content Delivery Network (CDN) から直接更新プログラムを受信するように、またはからインストールするように構成されています。

配信の最適化を使用するようにMicrosoft 365 Appsを構成する

Microsoft 365 Appsは、インストール中やバックグラウンドまたはユーザーが開始した (フォアグラウンド) 更新プログラムに配信の最適化を使用できます。 ユーザーが開始した更新プログラムによって、ユーザーが Office アプリのファイル>アカウント (Wordなど) に移動し、[Update OptionsUpdate Now]\(今すぐ更新オプションの更新\>) を選択したときに参照されます。 それ以外の場合、クイック実行では、ユーザーからのメッセージを表示することなく、バックグラウンドでMicrosoft 365 Appsの更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールしようとします。

配信の最適化は、Windows の Enterprise エディションまたは Education エディションを実行しているデバイスで既定で有効になっています。 したがって、配信の最適化を利用Microsoft 365 Apps開始するために必要な操作はこれ以上ありません。

Configuration Managerまたはローカル ネットワーク共有を使用して、デバイスでのMicrosoft 365 Appsのインストールと更新を管理している場合、配信の最適化は使用されません。 配信の最適化は、インターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から直接Microsoft 365 Appsをインストールまたは更新する場合にのみ使用されます。 現在のチャネル上のデバイスなど、これらのデバイスの一部で配信の最適化を利用する場合は、Office CDN を使用するようにデバイスを再構成する必要があります。 これを行うには、環境の構成方法に応じて、Office 展開ツールまたはグループ ポリシー設定を使用します。 更新パスの構成と OfficeMgmtCOM 属性の使用を削除する必要があります。これにより、Configuration Managerは更新プログラムを管理できます。

Microsoft 365 Appsの配信の最適化設定を構成する

環境で配信の最適化をより効果的に活用できるように構成できる設定がいくつかあります。 たとえば、環境に適した ダウンロード モード を選択する必要があります。 ダウンロード モードは、デバイスが他のデバイスが適切なピアであるかどうかを判断する方法を定義します。 ダウンロード モードの推奨事項を次に示します。

  • 環境内で Microsoft Configuration Manager (現在のブランチ) を使用している場合は、ダウンロード モードでグループ (2) を使用し、GroupID に境界グループを使用することを検討する必要があります。 これを行う場合、配信の最適化では、どのデバイスが同じ 境界グループ 内にあるかについての既存の情報が使用され、それらすべてがピアであると見なされます。 これにより、配信の最適化で使用する新しいピア グループを定義する必要をなくすことができます。
  • Configuration Managerを使用していない場合でも、ダウンロード モードに Group (2) を使用できます。 これにより、Active Directory サイトを使用して、ピアと見なす必要があるデバイスを決定します。
  • Active Directory を使用していない場合は、ダウンロード モードに LAN (1) を使用することを検討してください。

他にも、Microsoft 365 Appsに特定の影響を与える設定がいくつかあります。

配信の最適化では、デバイス間だけでなく、Office CDN からなどの HTTP ソースからコンテンツをダウンロードする方法も処理されます。 このような場合は、帯域幅を調整できる設定があります。これは、帯域幅が制限されているサイトで役立ちます。 次の設定など、いくつかの設定を使用できます。

配信の最適化に使用できるその他の構成オプションについては、「 配信の最適化リファレンス」を参照してください。

配信の最適化の使用に関するデータの表示

個々のデバイスでは、[設定の更新] & [セキュリティ>配信の最適化>アクティビティ モニター]> に移動できます。 PowerShell コマンドレットを使用することもできます。 これらのコマンドレットの詳細については、「 配信の最適化の監視」を参照してください。

organizationで Update Compliance を使用している場合は、配信の最適化レポートを使用できます。 詳細については、「 Update Compliance の配信の最適化」を参照してください。

この情報は、配信の最適化を使用した場合だけでなく、配信の最適化の全体的な結果を表Microsoft 365 Apps注意してください。 たとえば、環境の構成方法に応じて、Windows 更新プログラムに関連する情報が含まれる場合があります。 また、ピア デバイスからコンテンツの 100% を取得することはできません。

配信の最適化とMicrosoft 365 Appsに関する追加情報

  • また、 AllowCdnFallback 属性を使用して、デバイスが追加の言語パックをインストールするためのソースとしてインターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) を使用できるようにする場合は、配信の最適化を利用することもできます。
  • Configuration Manager (現在のブランチ) とピア キャッシュを既に使用して、Microsoft 365 Appsのインストールと更新を管理している場合、配信の最適化では、オンプレミス インフラストラクチャから提供されるコンテンツに対して追加の利点は提供されません。
  • また、Windows Server にインストールされているアプリケーションであり、Configuration Manager (現在のブランチ) の配布ポイントで使用できる Microsoft Connected Cache サーバーを使用することもできます。 詳細については、「Configuration Manager における Microsoft 接続済みキャッシュ」を参照してください。
  • 配信の最適化は、Project および Visio デスクトップ アプリのサブスクリプション バージョンでも使用できます。 Microsoft 365 Appsと同じ要件が適用されます。
  • Office LTSC Professional Plus 2021とOffice LTSC Standard 2021は、配信の最適化を利用して、インストール、バックグラウンド更新プログラム、ユーザーが開始した更新プログラムを利用できます。 これは、Project 2021 および Visio LTSC 2021 のボリューム ライセンスバージョンにも当てはまります。
  • Office Professional Plus 2019などのボリューム ライセンスバージョンの Office 2019 では、配信の最適化を利用できますが、バックグラウンド更新プログラムに対してのみ利用できます。 配信の最適化は、インストールまたはユーザーが開始した更新プログラムでは使用できません。 これは、Project 2019 と Visio 2019 のボリューム ライセンスバージョンにも当てはまります。
  • Configuration Managerと共にサードパーティのピアツーピア ソリューションを既に使用している場合、配信の最適化によってそのソリューションに問題が発生することは想定されません。