次の方法で共有


Office for Mac の概要 (管理者および IT 担当者向け)

適用対象:Office for Mac、Office LTSC for Mac 2021、Office 2019 for Mac

macOS を実行しているデバイスでは、次の Office アプリを使用できます。

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Outlook
  • OneNote
  • OneDrive
  • Teams

次のセクションでは、組織内の Mac ユーザーへの Office の展開を計画するのに役立つ情報を提供することを目的としています。

詳細については、「 Office for Mac の管理者向けの展開オプション」を参照してください。

システム要件

Office for Mac は、最新の 3 つのバージョンの macOS でサポートされています。 macOS の新しいメジャー バージョンが一般公開されると、Microsoft は最も古いバージョンのサポートを削除し、最新バージョンと以前の 2 つのバージョンの macOS をサポートします。 詳細については、「 macOS をアップグレードして Microsoft 365 および Office for Mac の更新プログラムを引き続き受け取る」を参照してください。

すべてのシステム要件については、「 Microsoft 365 と Office のシステム要件」を参照してください。

チップセットのサポート

Office では、Apple シリコンと Intel ベースの Mac デバイスの両方をネイティブにサポートしています。 すべてのインストールおよび更新プログラム パッケージは、ユニバーサル 2 形式で提供されます。 詳細については、「 Microsoft 365、Office 2021、および Office 2019 での Apple シリコンのサポート」を参照してください。

言語

Office for Mac で サポートされているすべての言語 は、インストーラー パッケージ (.pkg) ファイルの一部として含まれています。 言語ごとに個別のインストーラー パッケージ ファイルがないため、管理者はユーザーに展開する言語を選択する必要はありません。 代わりに、アプリの起動時に使用される言語は、macOS で推奨されるロケール設定に基づいています。 ユーザーは、Office を再インストールすることなく 、別の言語に切り替えることができます

更新プログラム

Office for Mac は、月に約 1 回更新されます。 これらの更新プログラムには、必要に応じて、セキュリティ更新プログラムやセキュリティ以外の更新プログラム (Office の安定性やパフォーマンスの向上を提供する更新プログラムなど) が含まれます。 Microsoft 365 (または Office 365) プランを使用しているユーザーの場合、これらの更新プログラムには新機能や改善された機能も含めることができます。 詳細については、「 Office for Mac 用の更新プログラムを展開する」を参照してください。

機能

Office for Mac のさまざまなバージョンの機能については、次のリソースを確認してください。 Office LTSC for Mac 2021 および Office 2019 for Mac は、リリース後に新機能を受け取らない点に注意してください。 Office の新機能を継続的に入手する場合は、Office を含む Microsoft 365 (または Office 365) プランへの移行を検討する必要があります。

ユーザーが Office for Mac を使い始めるのに役立つ情報を探している場合は、「 Office ヘルプ & トレーニング」のリソースを確認してください。

Office for Mac の機能

毎月の各リリースの最新機能を確認するには、「 Microsoft 365 の新機能 」または 「Office for Mac のリリース ノート」を参照してください。

ヒント

新機能への早期アクセスについては、 Microsoft 365 Insider Program for Business を参照してください。

Office LTSC for Mac 2021 の機能

Office LTSC for Mac 2021 の新機能については、次の記事を参照してください。

Office 2019 for Mac の機能

Office 2019 for Mac の新機能については、次の記事を参照してください。

プライバシー制御

Mac 上の Office の診断データと接続エクスペリエンスに関連する設定を構成できる基本設定があります。 詳細については、「 環境設定を使用して Office for Mac のプライバシーコントロールを管理する」を参照してください。

アプリ バンドル

Word などの各アプリのアプリ バンドルには、アプリの実行に必要なすべてのリソースが含まれています。 アプリ間に共有リソースはありません。 たとえば、Excel for Mac と Word for Mac のアプリ バンドルには、アプリに必要なフォント リソースが両方とも含まれています。

カスタマイズ

セキュリティを強化するために、Office for Mac では Apple アプリのサンドボックスガイドラインが実装されています。 つまり、Office の展開前または展開後にアプリ バンドルをカスタマイズすることはできません。 アプリのバンドルでファイルの追加、変更、または削除を行わないでください。 たとえば、Excel のフランス語のリソース ファイルが不要であっても削除しないでください。 この変更を行うと、Excel が起動できなくなります。 ただし、各アプリに対してユーザー設定を構成することができます。

アプリのアイコン

Office を Mac に展開すると、アプリ アイコンはドックに自動的に追加されるのではなく、スタート パッドから使用できます。 ユーザーに、ドックにアプリ アイコンを追加する方法について説明します。

バージョン番号

Office for Mac、Office LTSC for Mac 2021、Office 2019 for Mac のメジャー バージョンは 16.x です。 メジャー バージョンは同じであるため、ポリシー、基本設定、基本設定ドメインなどのアプリケーション設定は、Office for the Mac の 3 つのバージョンで似ています。

また、古いバージョンと互換性のあるアドインやその他の機能拡張ソリューションは、おそらく新しいバージョンと互換性があるか、最小限のテストが必要になります。 たとえば、Office 2019 for Mac から Office LTSC for Mac 2021 にアップグレードする場合などです。

Office LTSC for Mac 2021 のバージョン番号は 16.53 以上です。 Office 2019 for Mac のバージョン番号は 16.17 以上です。