msupdate を使用して Mac 用の Microsoft アプリケーションを更新する

Microsoft AutoUpdate (MAU) バージョン 3.18 以降には、msupdate コマンド ライン ツールが含まれています。 msupdate ツールを使用すると、Office などの Mac 用に生成された Microsoft アプリケーションの更新プロセスを開始できます。 このツールは主に、IT 管理者が更新プログラムが適用されるタイミングをより正確に制御できるように設計されています。 MAU の最新バージョンは、 このリンクからダウンロードできます。

msupdate は、ネイティブ XPC を使用して MAU デーモンと通信することで機能します。 macOS 10.14 Mojave 以降では、msupdate を初めて実行するときにプライバシー プロンプトが表示されることがあります。 Jamf Pro などのエンタープライズ管理ツールを使用している場合は、プライバシー設定ポリシー制御 (PPPC) ペイロードをデプロイして、アクセスを事前に承認する必要があります。 このようなペイロードのサンプルは 、GitHub からダウンロードできます。

ツールの使用を開始するには、次の手順に従います。

  1. ターミナル アプリケーションを開く
  2. cd /Library/Application\ Support/Microsoft/MAU2.0/Microsoft\ AutoUpdate.app/Contents/MacOS を入力する
  3. ./msupdate --help を実行します。

これにより、次のオプションが表示されます。

 usage: msupdate <command> [<args> ...] <modifier> 

 Commands: 
    -h | --help           Show usage information 
    -c | --config         Display current AutoUpdate configuration 
    -l | --list           List available updates for installed Microsoft applications 
    -i | --install        Download and install available updates 

 Modifiers: 
    -a | --apps <app>     Install specific application updates 
    -v | --version <app>  Only update to a specific version 
    -w | --wait <secs>    Number of seconds to wait for action to complete before returning the current state of the install command 
    -f | --format         Format output results in the specified format 
        p | plist         Property list format
    -t | --terminate <secs>  Number of seconds to wait before closing opened applications in order for updates to complete
       -m | --message <msg>  Optional message to display on macOS banner notification to notify user

msupdate の使用方法の例

  • MAU の現在の構成パラメーターを表示します。 ./msupdate --config
  • コンピューターが読み取り可能な形式で現在の構成パラメーターを表示します。 ./msupdate --config --format plist
  • 使用可能なすべての更新プログラムを一覧表示します。 ./msupdate --list
  • 利用可能なすべての更新プログラムをダウンロードしてインストールします。 ./msupdate --install
  • Word、Excel、PowerPoint の最新の更新プログラムをダウンロードしてインストールします。./msupdate --install --apps MSWD2019 XCEL2019 PPT32019
  • Outlook 用のバージョン固有の更新プログラムをダウンロードしてインストールします。 ./msupdate --install --apps OPIM2019 --version 16.17.180090901
  • Excel で利用可能な最新の更新プログラムをダウンロードしてインストールし、Excel を閉じる前に 180 秒 (3 分) 待ってから、macOS バナー通知に 「Excel は更新プログラムをインストールするために 3 分後に閉じます」と表示して、ユーザーに通知します。 ./msupdate --install --apps XCEL2019 -t 180 -m "Excel will close in 3 minutes to install updates."

注:

-t 修飾子と -m 修飾子を使用するには、Microsoft AutoUpdate 4.24 以降を使用している必要があります。

アプリケーション識別子

次の表に、MAU でサポートされている Mac 用 Microsoft アプリケーションの一覧を示します。 識別子は、 パラメーターを --apps 指定するときに使用されます。 コマンド ラインで複数のアプリケーションを指定する場合は、識別子をスペースで区切ります。

アプリケーション 識別子
Word MSWD2019
Excel XCEL2019
PowerPoint PPT32019
Outlook OPIM2019
OneNote ONMC2019
マウ MSau04
OneDrive ONDR18
Teams 1.0 クラシック TEAMS10
Teams 2.1 TEAMS21
Skype for Business MSFB16
リモート デスクトップ MSRD10
Intune ポータル サイト IMCP01
Microsoft Defender for Endpoint WDAV00
コンシューマー向けのMicrosoft Defender WDAVCONSUMER
Microsoft Defender shim WDAVSHIM
ライセンス ヘルパー ツール OLIC02

注:

  • Wordや Outlook などの Office アプリの識別子は、次のバージョンで使用できます。
    • Office for Mac (Microsoft 365 または Office 365 サブスクリプション プラン)
    • Office LTSC for Mac 2021 (ボリューム ライセンス)
    • Office 2019 for Mac (リテールまたはボリューム ライセンス)
  • MAU 自体の更新が保留中の場合は、アプリケーションを更新する前にその更新プログラムを適用する必要があります。
  • コマンド ラインから対話形式で実行する場合、識別子では大文字と小文字は区別されませんが、Jamf Pro などの管理ツールから実行する場合は、テーブル内の文字の大文字と小文字を使用します。
  • Microsoft Teams では、TEAMS アップデーターが失敗した場合など、一部のシナリオで更新プログラムを提供するために MAU を使用する場合があります。 ただし、msupdate を使用して TEAMS の更新プログラムを MAU で管理することはできません。Teams では、更新プログラムを展開および管理する機能が管理者に提供されていないためです。 代わりに、Teams は、新機能と品質更新プログラムを使用して約 2 週間ごとに自動的に更新されます。 詳細については、「 Teams の更新プロセス」を参照してください。