次の方法で共有


OneNote は、危険な拡張子を持つ埋め込みファイルをブロックします

OneNote は、危険な拡張子を持つ埋め込みファイルの扱い方に重要な変更を行っています。 以前は、OneNote は、添付ファイルを開くとコンピューターとデータに悪影響を与える可能性があることをユーザーに警告するダイアログを表示しました。 しかし、ユーザーはダイアログで [OK]を 選択することで、危険な拡張子を持つ埋め込みファイルを開くことができました。

この重要な変更により、OneNote は危険な拡張子を持つ埋め込みファイルを直接開くのをブロックし、代わりに次のダイアログを表示します。

管理者が OneNote でファイルの種類を開くのをブロックしたことをユーザーに伝えるダイアログ ボックスのスクリーンショット。

この変更は、2023 年 4 月にバージョン 2304 でのロールアウトを開始する予定です。 詳細については、「 この変更の影響を受ける OneNote のバージョン」を参照してください。

危険と見なされ、ブロックされる拡張機能の詳細については、「 危険と見なされる拡張機能」を参照してください。

埋め込みファイルを開く方法 (必要に応じて)

送信者を信頼し、埋め込みファイルを開く必要がある場合は、デバイスに保存してそこから開きます。

ウイルス対策ソフトウェアや スマート アプリ コントロールなどのセキュリティ対策がある場合、デバイスからファイルを保存または開こうとすると、これらのツールによってファイルがブロックされる可能性があります。

この変更の影響を受ける OneNote のバージョン

この変更は、Microsoft 365 の OneNote だけでなく、Windows デバイス上の特定の製品版とボリューム ライセンスバージョンにも影響します。 Mac、Android、iOS、OneNote for the Web、OneNote for Windows 10 の OneNote には影響しません。

次の表は、ブロック変更が実装されている更新チャネルごとのバージョンを示しています。 斜体の情報は変更される場合があります。

チャネル バージョン ロールアウト日
最新機能提供チャネル (プレビュー) 2304 2023 年 5 月 1 日
最新チャネル 2304 2023 年 5 月 1 日
月次エンタープライズ チャネル 2304 2023 年 6 月 13 日
半期エンタープライズ チャネル (プレビュー) 2308 September 12, 2023
半期エンタープライズ チャネル 2308 2024 年 1 月 9 日
Semi-Annual エンタープライズ チャネル (拡張) 2302 2023 年 7 月 11 日

注:

  • この変更は、Office 2021、Office 2019、および Office 2016 の製品版の OneNote に影響します。 現在のチャネルと同じスケジュールです。
  • この変更は、Office LTSC 2021 や Office LTSC 2019 などの Office のボリューム ライセンスバージョンの OneNote に影響します。 現在のチャネルと同じスケジュールです。

危険と見なされる拡張機能

既定では、OneNote は Outlook、Word、Excel、PowerPoint と同じ拡張機能をブロックします。 これらの拡張機能の一覧については、「 Outlook で添付ファイルをブロックする」を参照してください。

その他のファイル拡張子をブロックする

さらに拡張機能をブロックする場合は、"OLE 埋め込み用の追加のファイル拡張子をブロックする" ポリシーを有効にして、ブロックする他の拡張機能を指定できます。 ポリシーは、グループ ポリシー管理コンソールの [ユーザーの構成]、[ポリシー]、[管理用テンプレート]、[Microsoft Office 2016\セキュリティ設定] の下にあります。 Microsoft 365 のクラウド ポリシー サービスを使用してポリシーを構成することもできます。

このポリシーに加えた変更は、Word、Excel、PowerPoint などの他のアプリケーションにも影響します。

注:

  • このポリシーは、Microsoft 365 Apps for enterprise を使用している場合にのみ使用できます。 ポリシーは、Microsoft Apps for Business では使用できません。
  • "埋め込みファイルのブロックされた拡張機能" ポリシーと呼ばれる OneNote 固有のポリシーを使用して、追加の拡張機能をブロックしないでください。 このポリシーは、ユーザー構成\ポリシー\管理用テンプレート\Microsoft OneNote 2016\OneNote オプション\その他にあります。

既定でブロックされているファイル拡張子を許可する

特定のブロックされた拡張機能を許可するには、"OLE 埋め込みのファイル拡張子を許可する" ポリシーを有効にし、拡張機能を指定します。 ポリシーは、グループ ポリシー管理コンソールの [ユーザーの構成]、[ポリシー]、[管理用テンプレート]、[Microsoft Office 2016\セキュリティ設定] の下にあります。 Microsoft 365 のクラウド ポリシー サービスを使用してポリシーを構成することもできます。

注:

このポリシーは、Microsoft 365 Apps for enterprise を使用している場合にのみ使用できます。 ポリシーは、Microsoft Apps for Business では使用できません。

このポリシーに加えた変更は、Word、Excel、PowerPoint などの他のアプリケーションにも影響します。

警告

悪意のあるスクリプトや実行可能ファイルは、ユーザーがクリックすると害を及ぼす可能性があります。 この許可リストに拡張機能を追加すると、OneNote やその他のアプリケーション (Word や Excel など) の安全性が低下する可能性があります。