次の方法で共有


Microsoft 365 Apps 用更新プログラム チャネルの概要

Microsoft 365 Apps のメリットの 1 つは、Microsoft が Excel や Word など定期的に Office アプリの新機能 (および更新された機能) が届くことです。 更新チャネルを指定することで、組織のユーザーがこれらの新機能を取得する頻度を制御できます。

新しい機能に加えて、更新チャネルは、必要に応じて、セキュリティおよびセキュリティ以外の更新プログラムを定期的に毎月提供します。 セキュリティ以外の更新プログラムは、既知の問題の修正を提供し、Office の安定性またはパフォーマンスの向上を提供します。

注:

記事を読むよりも動画での説明をご希望の方は、チャンネルの更新に関する説明ビデオをご覧ください。 利用可能なすべての更新プログラム チャネルに加え、管理者向けのヒントやコツについて説明しています。

3 つの主要な更新チャネルがあります。

最新チャネルをお勧めします。これは、準備が整い次第、最新の Office 機能をユーザーに提供するためです。 これらの新しい Office 機能が毎月リリースされる時期をさらに予測する必要がある場合は、月次エンタープライズ チャネルをお勧めします。 新しい機能を受け取る前に広範なテストが必要なデバイスを選択している場合は、半期エンタープライズ チャネルをお勧めします。

ただし、Microsoft 365 Apps の展開にどの更新チャネルを選択するかを決定する要因は複数あることを認識しています。 たとえば、ネットワーク帯域幅の利用、エンドユーザーのトレーニングとサポート、基幹業務アプリケーション、およびその他の組織の要件です。

Microsoft 365 アプリの更新チャネルの比較

次の表は、最新チャネル、月次エンタープライズ チャネル、および半期エンタープライズ チャネルの比較を示しています。

カテゴリ Current
チャネル
月次エンタープライズ
チャネル
半期エンタープライズ
チャネル
推奨される用途 準備ができ次第、ユーザーに新しい Office 機能を提供しますが、スケジュールは設定されていません。 月に 1 回だけ、予測可能なスケジュールで新しい Office 機能をユーザーに提供します。 新しい Office 機能を展開する前に広範なテストが必要な組織内の一部のデバイス。 たとえば、規制、政府、またはその他の組織の要件に準拠します。
リリース頻度1 少なくとも月に 1 回 (おそらくより頻繁に)だが、スケジュールは設定されていない 月に 1 回、月の第 2 火曜日 月に 1 回、月の第 2 火曜日
機能の更新2 準備ができたらすぐ (月に 1 回) 展開するが、スケジュールは設定されていない 月に 1 回、月の第 2 火曜日 年に 2 回 (1 月と 7 月)、月の第 2 火曜日
セキュリティ更新プログラム3

(必要な場合)
月に 1 回、月の第 2 火曜日 月に 1 回、月の第 2 火曜日 月に 1 回、月の第 2 火曜日
セキュリティ以外の更新プログラム2

(必要な場合)
通常、少なくとも月に 1 回 (おそらくより頻繁に) だが、スケジュールは設定されていない 月に 1 回、月の第 2 火曜日 月に 1 回、月の第 2 火曜日
特定のバージョンのサポート期間4 新機能が追加された次のバージョンがリリースされるまで (通常は約 1 か月) 2 ヶ月 14 ヶ月

1 バージョンやビルド番号など、これらの更新チャネルのリリース日については、Microsoft 365 Apps の更新履歴をご覧ください。

2 これらの更新チャネルの特定のリリースに含まれる機能の更新とセキュリティ以外の更新プログラムについては「Microsoft 365 Apps リリースのリリース ノート」をご覧ください。

3 これらの更新チャネルの特定のリリースに含まれるセキュリティ更新プログラムのリストについては、「Microsoft Office セキュリティ更新プログラムのリリース ノート」をご覧ください

4 これらの各更新チャネルで現在サポートされているバージョンとビルドを示す表については、Microsoft 365 Apps の更新履歴を参照してください。

注:

  • 最新のセキュリティ更新プログラムとセキュリティ以外の更新プログラムを確実に入手するには、常に更新チャネルで最新バージョンおよび利用可能なビルドに更新することをお勧めします。
  • 更新管理を簡略化するために、インターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から Office 更新プログラムを直接取得するようにデバイスを構成することをお勧めします。 ネットワーク帯域幅の使用率への影響を含む詳細については、「更新プログラムの管理」をご覧ください。

最新チャネルの概要

最新チャネルをお勧めします。これは、準備が整い次第、最新の Office 機能をユーザーに提供するためです。 最新チャネルは通常、少なくとも月に 1 回は新機能を受信しますが、これらの更新プログラムがリリースされるタイミングのスケジュールは設定されていません。

最新チャネルは、セキュリティ更新プログラムとセキュリティ以外の更新プログラムを含む、その月の他の更新プログラムも受信します。 これらの更新プログラムのスケジュールは設定されていませんが、通常、毎月 2 回または 3 回のリリースがあり、月の第 2 火曜日にリリースされます。

最新チャネルの機能の更新

最新チャネルの新機能または更新された機能は通常、毎月リリースされます。 最新チャネルの機能の更新プログラムが発生する時期については、スケジュールが設定されていません。 最新チャネルの機能の更新プログラムは、安定性とパフォーマンスに関する基準を含む、さまざまなリリース基準が満たされた場合にのみ利用可能になります。

場合によっては、新機能は最新チャネルで段階的に展開されるため、一部のユーザーのみが利用できるようになります。

最新チャネルの特定のリリースに含まれる機能の更新プログラムのリストについては、「Microsoft 365 Apps リリースのリリース ノート」を参照してください。

最新チャネルの今後の新機能のプレビュー

最新チャネルの次の機能のリリースで導入される新機能に慣れるために、最新チャネル (プレビュー) を使用することをお勧めします。

最新チャネル (プレビュー) のリリース スケジュールは設定されていません。 一般に、新しいバージョンの最新チャネル (プレビュー) は、新しいバージョンが最新チャネルにリリースされる少なくとも 1 週間以上前にリリースされます。 最新チャネルにリリースされる前に、セキュリティ以外の更新プログラムを含む最新チャネル (プレビュー) のいくつかのリリースが存在する可能性があります。

最新チャネル (プレビュー) を組織内のユーザーの小規模で代表的なサンプルに展開する必要があります。 この小さなサンプルは、最新チャネルを持つユーザーにこれらの新機能がより広くリリースされる前に、組織で起こりうる問題を特定するのに役立ちます。

また、最新チャネル (プレビュー) を使用して、そのバージョンが最新チャネルにリリースされる前に修正してほしい問題を特定できるようにすることもお勧めします。 この方法により、最新チャネルに必要なセキュリティ以外の更新プログラムの数を減らすことができます。

最新チャネルのセキュリティ更新プログラム

必要な場合、最新チャネルのセキュリティ更新プログラムは、毎月第 2 火曜日にリリースされます。 セキュリティ更新プログラムは累積的です。 最新チャネルの最新リリースには、最新チャネルの以前のリリースからのセキュリティ更新プログラムが含まれています。

最新チャネルのセキュリティ更新プログラムのみを個別にダウンロードすることはできません。 また、サポートが終了した最新チャネルのバージョンには、新しいセキュリティ更新プログラムは提供されません。

最新チャネルの特定のリリースに含まれるセキュリティ更新プログラムのリストについては、「Microsoft Office セキュリティ更新プログラムのリリース ノート」をご覧ください。

最新チャネルのセキュリティ以外の更新プログラム

必要に応じて、セキュリティ以外の更新プログラムが最新チャネルに提供されます。 セキュリティ以外の更新プログラムは、既知の問題の修正を提供し、Office の安定性またはパフォーマンスの向上を提供します。

現在のチャネルに対してセキュリティ以外の更新プログラムがリリースされる場合のスケジュールは設定されていません。 セキュリティ以外の更新プログラムは次のリリースに含まれています。

  • 最新チャネルの新しいバージョンが新機能とともにリリースされたとき
  • セキュリティ更新プログラムが月の第 2 火曜日にリリースされたとき

セキュリティ以外の更新プログラムは他の時間にリリースできます。 たとえば、最近リリースされた新機能の問題を修正する場合です。 通常、最新チャネルは、セキュリティ以外の更新プログラムのみを含む更新を月に 2 ~ 3 回取得できます。

また、最新チャネル (プレビュー) を使用して、そのバージョンが最新チャネルにリリースされる前に修正してほしい問題を特定できるようにすることもお勧めします。 この方法により、最新チャネルに必要なセキュリティ以外の更新プログラムの数を減らすことができます。

セキュリティ以外の更新プログラムは累積的です。 最新チャネルの最新リリースには、最新チャネルの以前のリリースからのセキュリティ以外の更新プログラムが含まれています。

最新チャネルのセキュリティ以外の更新プログラムのみを個別にダウンロードすることはできません。 また、サポートが終了した最新チャネルのバージョンには、新しいセキュリティ以外の更新プログラム更新プログラムは提供されません。 「解決した問題」として表示されます。

最新チャネルの特定のリリースに含まれるセキュリティ以外の更新プログラムのリストについては、「Microsoft 365 Apps リリースのリリース ノート」を参照してください。 「解決した問題」として表示されます。

最新チャネルのサポート期間

最新チャネルの特定のバージョンは、最新チャネルの次のバージョンがリリースされるまで (通常は毎月) のみサポートされます。 たとえば、バージョン 2004 は、バージョン 2005 がリリースされるまでサポートされます。 現在サポートされている最新チャネルのバージョンを確認するには、Microsoft 365 Apps の更新履歴の上部にある表を参照してください。

月次エンタープライズ チャネルの概要

ユーザーに毎月新しい Office 機能を提供したいが、予測可能なリリース スケジュールで月に 1 つの更新プログラムのみを受け取りたい場合は、月次エンタープライズ チャネルをお勧めします。

月次エンタープライズ チャネルの更新プログラムは、月の第 2 火曜日にリリースされます。 この毎月の更新プログラムには、機能、セキュリティ、およびセキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

月次エンタープライズ チャネルの機能更新プログラム

新機能または更新された機能は、月の第 2 火曜日に月次エンタープライズ チャネルでリリースされます。 これらの新機能は、最新チャネルのすべてのユーザーがすでに利用できる機能です。 月次エンタープライズ チャネルの機能更新プログラムのみを個別にダウンロードすることはできません。

最新チャネルにある機能は、月次エンタープライズ チャネルの機能更新プログラムに含まれる前に、特定のリリース基準を満たす必要があります。 これらの条件により、最新チャネルに含まれている一部の機能は、月次エンタープライズ チャネルの次の利用可能な機能の更新にすぐには含まれません。

月次エンタープライズ チャネルの特定のリリースに含まれる機能の更新プログラムのリストについては、「Microsoft 365 Apps リリースのリリース ノート」を参照してください。

月次エンタープライズ チャネルの今後の新機能のプレビュー

最新チャネルや半期ごとのエンタープライズ チャネルのように、月次エンタープライズ チャネル専用のプレビュー チャネルはありません。

選択したユーザー グループが Office CDN で利用可能になるとすぐに新しいバージョンをダウンロードして使用できるようにすることで、組織内の最新の月次エンタープライズ チャネル機能を紹介します。 この最初のリリースに続いて、組織全体に新しいバージョンを段階的に展開します。 数日間にわたって、Office は Office CDN から最新バージョンを自動的に認識してアクセスします。

プレビューに現在のチャネルを使用する予定の場合、その新機能は、次の月次のエンタープライズ チャネル更新プログラムの機能とは異なる可能性があります。 月次エンタープライズ チャネルの今後の更新プログラムでは、現在のチャネル機能が常に同じ機能とは限りません。 この違いは、現在のチャネルに新機能がある可能性によるものです。 これらの機能は、最初に少数のユーザーが利用でき、段階的にロールアウトされます。 月次エンタープライズ チャネルには、現在のチャネルでロールアウトされる機能のみが含まれています。 そのため、最新チャネルで利用可能な新機能は、最新チャネルで引き続き展開されているため、月単位のエンタープライズ チャネルでは数か月利用できない可能性があります。

月次エンタープライズ チャネルのセキュリティ更新プログラム

必要な場合、月次エンタープライズ チャネルのセキュリティ更新プログラムは、毎月第 2 火曜日にリリースされます。

セキュリティ更新プログラムは累積的です。 月次エンタープライズ チャネルの最新リリースには、月次エンタープライズ チャネルの以前のリリースからのセキュリティ更新プログラムが含まれています。

月次エンタープライズ チャネルのセキュリティ更新プログラムのみを個別にダウンロードすることはできません。 また、サポートが終了した月次エンタープライズ チャネルのバージョンには、新しいセキュリティ更新プログラムは提供されません。

月次エンタープライズ チャネルの特定のリリースに含まれるセキュリティ更新プログラムのリストについては、「Microsoft Office セキュリティ更新プログラムのリリース ノート」をご覧ください。

月次エンタープライズ チャネルのセキュリティ以外の更新プログラム

必要な場合、月次エンタープライズ チャネルのセキュリティ以外の更新プログラムは、毎月第 2 火曜日に提供されます。 セキュリティ以外の更新プログラムは、既知の問題の修正を提供し、Office の安定性またはパフォーマンスの向上を提供します。

データ損失に関連する重要な問題と同様に、直ちに解決が必要な場合は、次回の予定されている月次更新プログラムの前に、修正プログラムを含む更新されたリリースを提供します。

セキュリティ以外の更新プログラムは累積的です。 月次エンタープライズ チャネルの最新リリースには、月次エンタープライズ チャネルの以前のリリースからのセキュリティ以外の更新プログラムが含まれています。

月次エンタープライズ チャネルのセキュリティ以外の更新プログラムのみを個別にダウンロードすることはできません。 また、サポートが終了した月次エンタープライズ チャネルのバージョンには、新しいセキュリティ以外の更新プログラムは提供されません。

月次エンタープライズ チャネルの特定のリリースに含まれるセキュリティ以外の更新プログラムのリストについては、「Microsoft 365 Apps リリースのリリース ノート」を参照してください。 「解決した問題」として表示されます。

月次エンタープライズ チャネルの Copilot 更新プログラム

Copilot の急速に進化する AI 機能とのシームレスなエクスペリエンスを確保するために、通常のタイムラインに先立って月次エンタープライズ チャネルに更新プログラムを導入できます。 このプロアクティブな方法は、Microsoft 365 内の Copilot 機能の品質を向上させるものです。 一貫性のある品質のために、これらの更新プログラムは、現在のチャネルでの完全なロールアウトの後にのみ展開されます。 この方法で月次エンタープライズ チャネルに展開された更新プログラムは、リリース ノートの他の更新と同様に文書化されています。

月次エンタープライズ チャネルのサポート期間

月次エンタープライズ チャネルの特定のバージョンは、2 か月間サポートされます。 たとえば、8 月の第 2 火曜日にリリースされる月次エンタープライズ チャネルのバージョンは、10 月の第 2 火曜日までサポートされます。

サポートされる月次エンタープライズ チャネルの 2 つのバージョンが常に存在します。 現在サポートされている月次エンタープライズ チャネルのバージョンを確認するには、Microsoft 365 Apps の更新履歴の上部にある表を参照してください。

半期エンタープライズ チャネルの概要

半期エンタープライズ チャネルは、新しい Office の機能を展開する前に広範なテストが必要な組織内の特定のデバイスにのみお勧めします。 たとえば、規制、政府、またはその他の組織の要件に準拠します。 または、組織がユーザーに年に 2 回よりも頻繁に新しい Office の機能を提供できない他の理由がある場合。

半期エンタープライズ チャネルの更新プログラムは、月の第 2 火曜日にリリースされます。 1 月と 7 月の更新プログラムには、機能、セキュリティ、およびセキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。 他の月の更新プログラムには、セキュリティ、およびセキュリティ以外の更新プログラムが含まれます。

半期エンタープライズ チャネルの機能更新プログラム

新機能または更新された機能は、年 2 回、半年ごとのエンタープライズ チャネルで、1 月と 7 月の第 2 火曜日にリリースされます。 その他のタイミングで、半期エンタープライズ チャネルに新機能が追加されることはありません。 半期エンタープライズ チャネルの機能更新プログラムのみを個別にダウンロードすることはできません。

これらの新機能は、月次エンタープライズ チャネルのすべてのユーザーが利用できます。 月次エンタープライズ チャネルにある機能は、半期エンタープライズ チャネルの機能更新プログラムに含まれる前に、特定のリリース基準を満たす必要があります。 この条件により、月次エンタープライズ チャネルに含まれている一部の機能は、半期エンタープライズ チャネルの次の利用可能な機能の更新にすぐには含まれません。

半期エンタープライズ チャネルの特定のリリースに含まれる機能の更新プログラムのリストについては、「Microsoft 365 Apps リリースのリリース ノート」を参照してください。

半期エンタープライズ チャネルの今後の新機能のプレビュー

半期エンタープライズ チャネルの次の機能のリリースで導入される新機能に慣れるために、半期エンタープライズ チャネル (プレビュー) を使用することをお勧めします。

年 2 回、3 月と 9 月の第 2 火曜日に、半期エンタープライズ チャネル (プレビュー) がリリースされます。 このスケジュールでは、同じ新機能が半期エンタープライズ チャネルでリリースされる 4 か月前に提供されます。 半期エンタープライズ チャネル (プレビュー) は、必要に応じて、毎月第 2 火曜日にセキュリティ更新プログラムおよびセキュリティ以外の更新プログラムも受信します。

半期エンタープライズ チャネル (プレビュー) を組織内のユーザーの小規模で代表的なサンプルに展開する必要があります。 この方法は、半期エンタープライズ チャネルでユーザーに新機能をより広くリリースする前に、組織で起こりうる問題を特定するのに役立ちます。

半期エンタープライズ チャネル (プレビュー) を使用することをお勧めします。 この方法を使用すると、潜在的な問題を特定して報告できます。 その後、半期エンタープライズ チャネルでバージョンがリリースされる前の 4 か月間に、これらの懸念に対処できます。 バージョンが半期エンタープライズ チャネルにリリースされると、セキュリティ以外の更新プログラムの承認プロセスはさらに厳しくなります。

半期エンタープライズ チャネルのセキュリティ更新プログラム

必要な場合、半期エンタープライズ チャネルのセキュリティ更新プログラムは、毎月第 2 火曜日にリリースされます。

セキュリティ更新プログラムは累積的です。 半期エンタープライズ チャネルの最新リリースには、半期エンタープライズ チャネルの以前のリリースからのセキュリティ更新プログラムが含まれています。

半期エンタープライズ チャネルのセキュリティ更新プログラムのみを個別にダウンロードすることはできません。 また、サポートが終了した半期エンタープライズ チャネルのバージョンには、新しいセキュリティ更新プログラムは提供されません。

半期エンタープライズ チャネルの特定のリリースに含まれるセキュリティ更新プログラムのリストについては、「Microsoft Office セキュリティ更新プログラムのリリース ノート」をご覧ください。

半期エンタープライズ チャネルのセキュリティ以外の更新プログラム

必要な場合、半期エンタープライズ チャネルのセキュリティ以外の更新プログラムは、毎月第 2 火曜日に提供されます。 セキュリティ以外の更新プログラムは、既知の問題の修正を提供し、Office の安定性またはパフォーマンスの向上を提供します。

データ損失に関連する重要な問題と同様に、直ちに解決が必要な場合は、次回の予定されている月次更新プログラムの前に、修正プログラムを含む更新されたリリースを提供します。

半期エンタープライズ チャネルには、他の更新チャネルよりもセキュリティ以外の更新プログラムを提供する傾向があります。 半期エンタープライズ チャネルのほとんどの問題は、顧客からのフィードバックのおかげで、他の更新チャネル (最新チャネルや月次エンタープライズ チャネルなど) で早期に特定され、解決されます。 また、多くのお客様から、頻繁に変更されない更新チャネルを提供するように求められています。これは、変更によってコンプライアンス テストを再度行う必要があるためです。 したがって、半期エンタープライズ チャネルへのセキュリティ以外の更新プログラムのリリースを承認する前に、更新チャネルへの変更の導入による影響を慎重に評価します。 データ損失につながる、または半期エンタープライズ チャネルを使用する多数のお客様に大きな影響を与える重大な問題は、承認される可能性があります。 半期エンタープライズ チャネル (プレビュー) を使用することをお勧めします。 この方法を使用すると、潜在的な問題を特定して報告できます。 その後、半期エンタープライズ チャネルでバージョンがリリースされる前の 4 か月間に、これらの懸念に対処できます。

セキュリティ以外の更新プログラムは累積的です。 半期エンタープライズ チャネルの最新リリースには、半期エンタープライズ チャネルの以前のリリースからのセキュリティ以外の更新プログラムが含まれています。

半期エンタープライズ チャネルのセキュリティ以外の更新のみを個別にダウンロードすることはできません。 また、サポートが終了した半期エンタープライズ チャネルのバージョンには、新しいセキュリティ以外の更新プログラムは提供されません。

半期エンタープライズ チャネルの特定のリリースに含まれるセキュリティ以外の更新プログラムのリストについては、「Microsoft 365 Apps リリースのリリース ノート」を参照してください。 「解決した問題」として表示されます。

半期エンタープライズ チャネルのサポート期間

特定のバージョンの半期エンタープライズ チャネルは、14 か月間サポートされます。 半期エンタープライズ チャネルの 1 月にリリースされた新しいバージョンは、翌年の 3 月までサポートを受けられます。 同様に、7 月にリリースされたバージョンは、翌年の 9 月までサポートされます。

サポートされる半期エンタープライズ チャネルの 2 つのバージョンが常に存在します。 現在サポートされている半期エンタープライズ チャネルのバージョンを確認するには、Microsoft 365 Apps の更新履歴の上部にある表を参照してください。

半期エンタープライズ チャネルでは、組織により多くの時間と柔軟性を提供するための延長サポートが提供されます。 延長サポートは、新しい Office 機能を実装する前にデバイスを徹底的にテストする場合に特に役立ちます。 たとえば、組織が特定の規制、政府、またはその他の組織の要件に準拠する必要がある場合などです。 これらの組織では、サポート期間が長いため、必要に応じて、年に 1 回だけ新しい機能を展開できます。

更新チャネルを構成および管理する方法

更新チャネルはデバイス固有であり、Windows を実行しているデバイス上の Office のインストールにのみ適用されます。 デバイスの更新チャネルの選択は、デバイスからデバイスまでユーザをフォローする設定ではありません。 たとえば、ユーザーが Windows を実行しているさまざまなデバイスで作業している場合、それらのデバイスはさまざまな更新チャネルを使用するように構成できます。 つまり、ユーザーは、使用しているデバイスに応じて、Office のさまざまな機能にアクセスできます。

また、デバイスに対して構成できる更新チャネルは 1 つだけです。 たとえば、Office、Project、Visio を同じデバイスにインストールする場合、それらはすべて同じ更新チャネルを使用する必要があります。 同じデバイス上で更新チャネルを混在させることはできません。

組織内のすべてのデバイスを同じ更新チャネルで構成する必要はありません。 たとえば、IT スタッフとアプリケーション開発者が最新チャネル (プレビュー) を利用して、組織の残りのメンバーが月次エンタープライズ チャネルを利用しているときに、Office の新機能を試してみることができます。 組織内で複数の更新チャネルを導入する際は、更新チャネルによって異なるユーザー グループが利用できる機能が変わる可能性があることを考慮してください。 このような機能の違いにより、グループ間のコラボレーションがより困難になる可能性があります。

既定の更新チャネル

各サブスクリプション製品には、既定の更新チャネルが設定されています。 デバイスに製品を単独でインストールするときに更新チャネルを指定しない場合、製品は既定の更新チャネルを使用するように構成されます。

Microsoft 365 Apps for enterprise および Microsoft 365 Apps for business の既定の更新チャネルは最新チャネルです。 このチャネルは、Project および Visio デスクトップ アプリのサブスクリプション バージョンの既定値でもあります。

更新チャネルを構成する

Office 展開ツール

Office 展開ツールを使用して、構成ファイルで Channel 属性を指定できます。 Add 要素と Updates 要素で使用できる Channel 属性があります。 詳細については、「Office 展開ツールの構成オプション」を参照してください。

グループ ポリシー

管理用テンプレート ファイル (ADMX / ADML) をダウンロードして、更新チャネルのポリシー設定を有効にすることができます。 ポリシー設定を有効にしたときは、ドロップダウン リストから適切な更新チャネルを選択できます。 このポリシー設定は、[コンピューターの構成]\[ポリシー]\[管理用テンプレート]\[Microsoft Office 2016 (マシン)]\[更新] にあります。

Microsoft 365 管理センター

ユーザーがポータルから Office を自分でインストールすることを許可する場合は、インストールする更新チャネルを指定できます。 これを行うには、管理者アカウントで Microsoft 365 管理センターにサインインし、[すべて表示]>[設定]>[組織設定]>[サービス]>[Microsoft 365 のインストール オプション ] の順に移動し、次にユーザーに適した更新チャネルを選択します。 この設定は、テナント内のすべてのユーザーに適用され、ポータルから Office を自分でインストールするユーザーにのみ適用されます。

更新チャネルを管理する

Office のインストール後、デバイスの更新チャネルを変更できます。 その方法の詳細については、「組織のデバイスの Microsoft 365 Apps 更新チャネルを変更する」を参照してください。 デバイスの更新チャネルを変更すると、ユーザーがアクセスできる機能が変更されることに注意してください。 たとえば、デバイスを最新チャネルから半期エンタープライズ チャネルに移動した場合、半期エンタープライズ チャネルではまだ利用できないため、ユーザーは使用していた機能にアクセスできなくなる可能性があります。

Microsoft 365 Apps の更新チャネルに関する追加情報

その他の製品

  • これらの更新チャネルは、Project および Visio デスクトップ アプリのサブスクリプション バージョンにも適用されます。 たとえば、Project Plan 3 や Visio Plan 2 を使用している場合。
  • OneDrive と Microsoft Teams には、これらの更新チャネルとは別の独自の更新間隔があります。 詳細については、「OneDrive 同期アプリの update プロセス」と「Teams の更新プロセス」を参照してください。
  • Office LTSC Professional Plus 2021 または Office LTSC Standard 2021 など、ボリューム ライセンス版の Office を展開している場合は、別の更新プログラム チャネル (PerpetualVL2021) を使用する必要があります。 詳細については、「Office LTSC 2021 用の更新プログラム チャネル」を参照してください。
  • ボリューム ライセンス バージョンの Office の Office Professional Plus 2019 または Office Standard 2019 が導入されている場合は、別の更新チャネルを使用する必要があります。 詳細については、「Office 2019 用の更新プログラム チャネル」を参照してください。
  • Microsoft 365 Family や Microsoft 365 Personal などの Office のホーム サブスクリプションをお持ちの場合は、特定の更新プログラム チャネルにアクセスできます。 これらの更新チャネルには、Microsoft 365 Insider プログラムを通じて提供されるチャネルと現在のチャネルが含まれます。

更新プログラムの管理

  • 特に最新チャネルと月次エンタープライズ チャネルの更新の管理を簡略化するには、インターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から直接更新を受信するようにデバイスを構成することをお勧めします。
  • Windows 11 または Windows 10 を実行し、Office CDN から直接更新を取得するようにデバイスを構成している場合、配信の最適化を利用して、ネットワーク帯域幅の使用率を削減できます。
  • Office CDN で新しいリリースを利用できるようにするときは、Office がインストールされている世界中のデバイスに、このリリースの可用性を数日間にわたって徐々に宣伝します。 この方法では、組織内のすべてのデバイスが Office CDN に同時にアクセスして新しいリリースをダウンロードするわけではないため、ネットワーク帯域幅の使用率の問題が発生する可能性があります。
  • 更新チャネルの最近のリリースから最新のリリースに更新するときのおおよその更新プログラムのサイズの例については、「Microsoft 365 Apps の更新プログラムのダウンロード サイズ」を参照してください。
  • Microsoft Configuration Manager を使用する場合、ソフトウェア更新プログラムの管理ワークフローを使用して、これらの更新チャネルの更新を管理できます。 詳細は、「Microsoft Configuration Manager を使用して Microsoft 365 Apps の更新プログラムを管理する」をご覧ください。

バージョン情報とビルド情報

  • Office が構成されている更新チャネルを確認するには、Word などの Office アプリを開き、[ファイル]>[アカウント] の順に移動します。 更新チャネルの名前は、[バージョン情報] という見出しの下の [製品情報] セクションに表示されます。 更新チャネルのバージョンとビルド番号もここに表示されます。
  • 更新チャネルのリリースに機能の更新プログラムが含まれている場合、バージョン番号が更新されます。 たとえば、バージョン 2004 からバージョン 2 005へとです。 リリースに新しいセキュリティ更新プログラムまたは新しいセキュリティ以外の更新プログラムのみが含まれている場合、ビルド番号のみが更新され、バージョン番号は変わりません。

他の更新チャネルのサポート期間

  • 現在のチャネル (プレビュー) の各バージョンは、次のバージョンのリリース (通常は毎月発生) までサポートされます。 たとえば、バージョン 2004 は、バージョン 2005 がリリースされるまでサポートされます。
  • 半期エンタープライズ チャネル (プレビュー) の特定のバージョンは、6 か月間のみサポートされます。 このサポート周期は、半期エンタープライズ チャネル (プレビュー) が新機能で更新される頻度と一致します。 たとえば、半期エンタープライズ チャネル (プレビュー) では、3 月に機能を備えた新しいバージョンがリリースされます。 このバージョンは、次の機能セットがリリースされる 9 月までサポートされます。 9 月のリリースは、次の 3 月までサポートされます。 現在サポートされている半期エンタープライズ チャネル (プレビュー) のバージョンを確認するには、Microsoft 365 Apps の更新履歴の上部にある表を参照してください。

Microsoft 365 Insider プログラム

  • Microsoft 365 Insider プログラムでは、ベータ チャネルと最新チャネル (プレビュー) の更新チャネルを通じて Microsoft 365 Apps の機能に早期アクセスできます。 詳細については、「Microsoft 365 Insider Program for Business」を参照してください。
  • 以前は Insider (および Insider Fast とも呼ばれていました) と呼ばれていたベータ チャネルは、最新チャネル (プレビュー) で利用可能になる前でも、新機能へのアクセスを提供します。 ただし、ベータ チャネルはサポート されていません ので、テスト環境で、IT スタッフやアプリケーション開発者などの選択したユーザーの小さなグループのみが使用する必要があります。