Share via


Microsoft 365 Apps にアップグレードする際に既存の MSI バージョンの Office を削除する

Microsoft 365 Appsをインストールする前に、以前のバージョンの Office をアンインストールすることをお勧めします。 インストール テクノロジとして Windows インストーラー (MSI) を使用する Office のバージョンをアンインストールするには、Office 展開ツールを使用し、configuration.xml ファイルに RemoveMSI 要素を指定します。

Microsoft 365 Appsをインストールするときに RemoveMSI 要素を使用する方法はいくつかあります。

  • コンピューター上のすべての Office 製品をアンインストールする。
  • 言語パックのような、既存の言語リソースを識別し、同じ言語をインストールします。
  • コンピューター上の一部の Office 製品を維持し、他の Office 製品をアンインストールします。

RemoveMSI は、Windows インストーラー (MSI) を使用してインストールされた 2007、2010、2013、または 2016 バージョンの Office、Visio、または Project をアンインストールするために使用できます。

注:

RemoveMSI では、インストール テクノロジとしてクイック実行を使用する以前のバージョンの Office (Visio や Project など) はアンインストールされません。 これらのバージョンの Office をアンインストールするには、コントロール パネルを使用するか、Office 展開ツールを実行し、configuration.xml ファイルで Remove 要素を使用します。

RemoveMSI を使用するための要件

Configuration.xml ファイルの RemoveMSI 要素を使用するための要件は以下の通りです。

  • Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできる Office 展開ツールのバージョン 16.0.12827.20268 (setup.exe バージョン 16.0.12827.20258 以上) を使用している必要があります。 常に最新バージョンの Office 展開ツールをダウンロードして使用することをお勧めします。 Office 展開ツールのバージョンを確認するには、setup.exeを右クリックし、[ プロパティ] を選択し、[詳細] を選択 します
  • バージョン 1803 以上のMicrosoft 365 Appsをインストールしている必要があります。 バージョン 1803 以降は、現在のチャネル、月次エンタープライズ チャネル、Semi-Annual Enterprise チャネル (プレビュー)、およびエンタープライズ チャネルSemi-Annualで使用できます。
  • 少なくとも Windows 7 Service Pack 1 (SP1) 以上を実行しているコンピューターにMicrosoft 365 Appsをインストールする必要があります。

注:

Windows 7 のサポートは 2020 年 1 月 14 日に終了します。 詳細については、Widows 7 のサポート終了と Microsoft 365 アプリを参照してください。

すべての Office 製品をアンインストールします

コンピューターに既にインストールされている Visio と Project を含むすべてのバージョンの Office をアンインストールするには、configuration.xml ファイルに RemoveMSI /> を追加<します。 言語リソース (言語パック、言語インターフェイス パック、校正ツールなど) も削除されます。

インターネット上の Office Content Delivery Network (CDN) から英語で 64 ビットの現在のチャネル バージョンのMicrosoft 365 Apps for enterpriseをインストールし、コンピューター上の Windows インストーラー (MSI) バージョンの Office をアンインストールするconfiguration.xml ファイルの例を次に示します。

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="Current" >
      <Product ID="O365ProPlusRetail">
         <Language ID="en-us" />
      </Product>
  </Add>
  <RemoveMSI />
</Configuration>

同じ言語リソースをインストールします

言語リソース (言語パック、言語インターフェイス パック、校正ツールなど) がコンピューターに既にインストールされている場合は、Microsoft 365 Appsのインストール時にインストールされた同じ言語リソースのクイック実行バージョンを取得できます。 同じ言語リソースをインストールするには、言語 ID="MatchPreviousMSI" /> をconfiguration.xml ファイルに追加<します。

次に示すのは、64 ビットの月次エンタープライズ チャネル バージョンのMicrosoft 365 Apps for enterpriseとコンピューター上の既存の言語をインターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) からインストールし、コンピューター上の Windows インストーラー (MSI) バージョンの Office をアンインストールするconfiguration.xml ファイルの例です。

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="MonthlyEnterprise" >
      <Product ID="O365ProPlusRetail">
         <Language ID="en-us" />
         <Language ID="MatchPreviousMSI" />
      </Product>
  </Add>
  <RemoveMSI />
</Configuration>

configuration.xml ファイル内の MatchPreviousMSI を使用方法に関する、更なるの詳細をいくつか次に示します。

  • RemoveMSI 要素を含める必要があります。
  • 少なくとも 1 つの言語 ID を指定する必要があります。 たとえば、en-us です。
  • この設定は製品固有ではありません。 たとえば、フランス語で 2013 年Office Professional Plus、ドイツ語で Visio Standard 2013 がインストールされている場合、Microsoft 365 Appsをインストールすると、指定した他の言語 ID と共にフランス語とドイツ語の両方がインストールされます。

重要

共有フォルダーなど、ローカル ネットワーク上の場所からMicrosoft 365 Appsをインストールする場合は、使用可能なすべての言語ファイルをそのフォルダーにダウンロードしていることを確認してください。 インストールに必要な言語のいずれかがそのフォルダーで使用できない場合、インストールは続行されますが、それらの言語はインストールされません。 この状況を回避するには、configuration.xml ファイルに AllowCdnFallback="True" を 含めることをお勧めします。 これにより、言語ファイルをインストールするバックアップ ソースとして、インターネット上の Office Content Delivery Network (CDN) が使用されます。

一部の Office 製品を維持し、他のすべての Office 製品をアンインストールします

新しいバージョンをインストールする前に、Visio や Project を含む以前のバージョンの Office をアンインストールすることをお勧めします。 ただし、アプリケーション互換性テストなど、いくつかのケースでは、新しいバージョンに移行する間、以前のバージョンを一定期間インストールしておく必要がある場合があります。

特定の Office 製品を保持するには、configuration.xml ファイルに IgnoreProduct 行を追加して、製品 ID を指定します。

プロジェクトおよび Visio でサポートされている ID の例を次に示します。

  • PrjStd
  • PrjPro
  • VisStd
  • VisPro
  • PrjStdR
  • PrjProR
  • VisStdR
  • VisProR

注:

製品 ID は、 {product} のSetup.xml ファイルにあるセットアップ ID です。以前のバージョンの Office のインストール ファイルの WW フォルダー。 たとえば、Office Professional Plus 2010 のSetup.xml ファイルは ProPlus.WW フォルダーにあります。

ID はバージョン固有ではありません。 コンピューター上で見つかったすべてのバージョンが保持されます。 たとえば、VisPro を指定すると、Visio Professional 2016とVisio Professional 2013 の両方が保持されます。 これらのバージョンの言語リソースも保持されます。 たとえば、言語パック、言語インターフェイス パック、校正ツールなどです。

完全な製品の削除のみがサポートされています。 たとえば、Office Professional Plus 2013 がインストールされている場合、Excel 以外のすべてをアンインストールすることはできません。 製品全体を保持またはアンインストールする必要があります。 以前の Excel のインストールは、スタンドアロン製品としてインストールされている場合にのみ保持でき、Office Professional Plusなどの Office スイートの一部としてインストールされていません。

インターネット上の Office コンテンツ配信ネットワーク (CDN) から英語で 64 ビットの月次エンタープライズ チャネル バージョンのMicrosoft 365 Apps for enterpriseをインストールし、コンピューターにVisio Professionalを除く Windows インストーラー (MSI) バージョンの Office をアンインストールするconfiguration.xml ファイルの例を次に示します。

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="MonthlyEnterprise">
      <Product ID="O365ProPlusRetail ">
         <Language ID="en-us" />
      </Product>
  </Add>
  <RemoveMSI>
    <IgnoreProduct ID="VisPro" />
  </RemoveMSI>
</Configuration>

削除できるその他の製品

IgnoreProduct を使用しない限り、RemoveMSI 要素を使用して、次の製品のインストールも削除されます。

  • SharePoint デザイナー。 製品 ID は SharePointDesigner です。
  • Infopath。 製品 ID は、InfoPath (ボリューム ライセンス バージョンの場合) または InfoPathR (製品版の場合) のいずれかです。
  • Lync 2013 以降。 Lync 2010 は RemoveMSI 要素を使用して削除できないことに注意してください。
  • Office スイートの一部としてではなく、個別にインストールされた Office 製品。 たとえば、Access のスタンドアロン インストールなどです。
  • Access 2010 Runtime 以降。 製品 ID は AccessRT です。
  • データベース エンジン 2010 再頒布可能パッケージ以降にアクセスします。 製品 ID は AceRedist です。

注:

Access データベース エンジンは、Access データ ソースと対話する他のアプリケーションの一部として最も一般的に含まれており、Access データベース エンジンをアンインストールすると、これらのアプリケーションの機能に影響を与える可能性があります。 Access Database Engine を削除する前に、このコンポーネントを必要とするアプリケーションが削除されているか、不要になっていることを確認してください。

RemoveMSI の使用に関する追加情報

Configuration.xml ファイル内の RemoveMSI 要素の使用に関する追加の詳細情報を次に示します。

  • これらの設定は、次のいずれかの製品をインストールする場合にも使用できます。
    • Project Plan 3またはProject Plan 5に付属する Project デスクトップ アプリのサブスクリプション バージョン。
    • Visio Plan 2に付属する Visio デスクトップ アプリのサブスクリプション バージョン。
    • Microsoft 365 Apps for business。Microsoft 365 Business Premium など、一部の Microsoft 365 ビジネス プランに付属する Office のバージョンです。
    • Office LTSC Professional Plus 2021またはOffice LTSC Standard 2021。
    • ボリュームには、Office Professional Plus 2019 などの Office 2019 のバージョンがライセンスされています。
  • Office 製品をすべてアンインストールする場合でも、ユーザー設定、環境設定、およびドキュメントは保持されます。
  • RemoveMSI 要素は、MSICondition 属性と組み合わせて使用できます。 この属性を使用すると、特定の MSI ベースの製品が既にデバイスにインストールされているかどうかに基づいて、Office 製品のインストールを制御できます。 たとえば、Project ProfessionalがデバイスProject Online既にインストールされている場合にのみ、デスクトップ クライアントをインストールします。 詳細については、「MSICondition 属性」を参照するか、「MSICondition と RemoveMSI を使用したMicrosoft 365 Appsへのアップグレード」を参照してください
  • Microsoft 365 Appsをインストールする前に、以前のバージョンの Office、Visio、および Project をアンインストールする必要があります。 (例: Office Professional Plus 2016)。 事前にアンインストールしないと、Microsoft 365 Appsのインストールは失敗します。 詳細については、「同一コンピューター上に異なるバージョンの Office、Visio、Project をインストールするためのサポート対象シナリオ」をご覧ください。
  • Windows インストーラー (MSI) バージョンの Office のアンインストールを完了するには再起動が必要ですが、再起動は適用されません。 Microsoft 365 Appsのインストールが完了した後で再起動できます。
  • ユーザーのデバイスで製品が開いている場合、configuration.xml ファイルの Display 要素の Level 属性 が None に設定されている場合、製品の削除が失敗する可能性があります。 Level 属性を Full に設定すると、削除を続行できるようにプログラムを閉じるよう求められます。 FORCEAPPSHUTDOWN プロパティを使用できますが、データが失われる可能性があります。
  • Windows 7 SP1 コンピューターで RemoveMSI を使用している場合、以前のバージョンの Office とその他のすべてのショートカットが削除されていても、ユーザーが作成したピン留めされたショートカットが残ることがあります。 ピン留めされたショートカットを削除するには、ショートカットをクリックするだけで削除するように求められます。 または、ピン留めされたショートカットを作成したユーザーとしてサインインし、Office 展開ツールを実行してMicrosoft 365 Appsにアップグレードします。