WorkerHostBuilderExtensions.ConfigureFunctionsWorkerDefaults メソッド

定義

オーバーロード

ConfigureFunctionsWorkerDefaults(IHostBuilder)

Functions Worker サービスの既定のセットを、指定された IHostBuilderに構成します。 次の既定値が構成されています。

  • コンバーターの既定のセット。
  • プロパティ名の大文字と小文字の区別を無視するように既定値 JsonSerializerOptions を構成します。
  • Azure Functions ログとの統合。
  • 環境変数を構成ソースとして追加します。
  • コマンド ライン引数を構成ソースとして追加します。
  • 出力バインディング ミドルウェアと機能。
  • 関数の実行ミドルウェア。
  • 既定の gRPC サポート。
ConfigureFunctionsWorkerDefaults(IHostBuilder, Action<IFunctionsWorkerApplicationBuilder>)

Functions Worker サービスの既定のセットを指定された に構成し、提供された IHostBuilderIFunctionsWorkerApplicationBuilderを構成するデリゲートを使用します。 次の既定値が構成されています。

  • コンバーターの既定のセット。
  • プロパティ名の大文字と小文字の区別を無視するように既定値 JsonSerializerOptions を構成します。
  • Azure Functions ログとの統合。
  • 環境変数を構成ソースとして追加します。
  • コマンド ライン引数を構成ソースとして追加します。
  • 出力バインディング ミドルウェアと機能。
  • 関数の実行ミドルウェア。
  • 既定の gRPC サポート。
ConfigureFunctionsWorkerDefaults(IHostBuilder, Action<WorkerOptions>)

Functions Worker サービスの既定のセットを指定された に構成し、提供された IHostBuilderWorkerOptionsを構成するデリゲートを使用します。 次の既定値が構成されています。

  • コンバーターの既定のセット。
  • プロパティ名の大文字と小文字の区別を無視するように既定値 JsonSerializerOptions を構成します。
  • Azure Functions ログとの統合。
  • 環境変数を構成ソースとして追加します。
  • コマンド ライン引数を構成ソースとして追加します。
  • 出力バインディング ミドルウェアと機能。
  • 関数の実行ミドルウェア。
  • 既定の gRPC サポート。
ConfigureFunctionsWorkerDefaults(IHostBuilder, Action<HostBuilderContext,IFunctionsWorkerApplicationBuilder>)

提供された と を構成するためのデリゲートを使用して、Functions IHostBuilderWorker サービスの既定のセットを指定された HostBuilderContextIFunctionsWorkerApplicationBuilderに構成します。

  • コンバーターの既定のセット。
  • プロパティ名の大文字と小文字の区別を無視するように既定値 JsonSerializerOptions を構成します。
  • Azure Functions ログとの統合。
  • 環境変数を構成ソースとして追加します。
  • コマンド ライン引数を構成ソースとして追加します。
  • 出力バインディング ミドルウェアと機能。
  • 関数の実行ミドルウェア。
  • 既定の gRPC サポート。
ConfigureFunctionsWorkerDefaults(IHostBuilder, Action<IFunctionsWorkerApplicationBuilder>, Action<WorkerOptions>)

指定 IHostBuilderされた に対して Functions Worker サービスの既定のセットを構成し、指定された を構成 IFunctionsWorkerApplicationBuilder するデリゲートと、 を構成するデリゲートを構成します WorkerOptions。 次の既定値が構成されています。

  • コンバーターの既定のセット。
  • プロパティ名の大文字と小文字の区別を無視するように既定値 JsonSerializerOptions を構成します。
  • Azure Functions ログとの統合。
  • 環境変数を構成ソースとして追加します。
  • コマンド ライン引数を構成ソースとして追加します。
  • 出力バインディング ミドルウェアと機能。
  • 関数の実行ミドルウェア。
  • 既定の gRPC サポート。
ConfigureFunctionsWorkerDefaults(IHostBuilder, Action<HostBuilderContext,IFunctionsWorkerApplicationBuilder>, Action<WorkerOptions>)

指定IHostBuilderされた に対して Functions Worker サービスの既定のセットを構成し、指定された を構成するデリゲートと をIFunctionsWorkerApplicationBuilder構成HostBuilderContextするデリゲートと、 を構成するデリゲートを構成しますWorkerOptions

  • コンバーターの既定のセット。
  • プロパティ名の大文字と小文字の区別を無視するように既定値 JsonSerializerOptions を構成します。
  • Azure Functions ログとの統合。
  • 環境変数を構成ソースとして追加します。
  • コマンド ライン引数を構成ソースとして追加します。
  • 出力バインディング ミドルウェアと機能。
  • 関数の実行ミドルウェア。
  • 既定の gRPC サポート。

ConfigureFunctionsWorkerDefaults(IHostBuilder)

Functions Worker サービスの既定のセットを、指定された IHostBuilderに構成します。 次の既定値が構成されています。

  • コンバーターの既定のセット。
  • プロパティ名の大文字と小文字の区別を無視するように既定値 JsonSerializerOptions を構成します。
  • Azure Functions ログとの統合。
  • 環境変数を構成ソースとして追加します。
  • コマンド ライン引数を構成ソースとして追加します。
  • 出力バインディング ミドルウェアと機能。
  • 関数の実行ミドルウェア。
  • 既定の gRPC サポート。
public static Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder ConfigureFunctionsWorkerDefaults (this Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder builder);
static member ConfigureFunctionsWorkerDefaults : Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder -> Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder
<Extension()>
Public Function ConfigureFunctionsWorkerDefaults (builder As IHostBuilder) As IHostBuilder

パラメーター

builder
IHostBuilder

構成する IHostBuilder

戻り値

IHostBuilder

適用対象

ConfigureFunctionsWorkerDefaults(IHostBuilder, Action<IFunctionsWorkerApplicationBuilder>)

Functions Worker サービスの既定のセットを指定された に構成し、提供された IHostBuilderIFunctionsWorkerApplicationBuilderを構成するデリゲートを使用します。 次の既定値が構成されています。

  • コンバーターの既定のセット。
  • プロパティ名の大文字と小文字の区別を無視するように既定値 JsonSerializerOptions を構成します。
  • Azure Functions ログとの統合。
  • 環境変数を構成ソースとして追加します。
  • コマンド ライン引数を構成ソースとして追加します。
  • 出力バインディング ミドルウェアと機能。
  • 関数の実行ミドルウェア。
  • 既定の gRPC サポート。
public static Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder ConfigureFunctionsWorkerDefaults (this Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder builder, Action<Microsoft.Azure.Functions.Worker.IFunctionsWorkerApplicationBuilder> configure);
static member ConfigureFunctionsWorkerDefaults : Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder * Action<Microsoft.Azure.Functions.Worker.IFunctionsWorkerApplicationBuilder> -> Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder
<Extension()>
Public Function ConfigureFunctionsWorkerDefaults (builder As IHostBuilder, configure As Action(Of IFunctionsWorkerApplicationBuilder)) As IHostBuilder

パラメーター

builder
IHostBuilder

構成する IHostBuilder

configure
Action<IFunctionsWorkerApplicationBuilder>

指定 IFunctionsWorkerApplicationBuilderされた を構成するために呼び出されるデリゲート。

戻り値

IHostBuilder

適用対象

ConfigureFunctionsWorkerDefaults(IHostBuilder, Action<WorkerOptions>)

Functions Worker サービスの既定のセットを指定された に構成し、提供された IHostBuilderWorkerOptionsを構成するデリゲートを使用します。 次の既定値が構成されています。

  • コンバーターの既定のセット。
  • プロパティ名の大文字と小文字の区別を無視するように既定値 JsonSerializerOptions を構成します。
  • Azure Functions ログとの統合。
  • 環境変数を構成ソースとして追加します。
  • コマンド ライン引数を構成ソースとして追加します。
  • 出力バインディング ミドルウェアと機能。
  • 関数の実行ミドルウェア。
  • 既定の gRPC サポート。
public static Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder ConfigureFunctionsWorkerDefaults (this Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder builder, Action<Microsoft.Azure.Functions.Worker.WorkerOptions> configureOptions);
static member ConfigureFunctionsWorkerDefaults : Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder * Action<Microsoft.Azure.Functions.Worker.WorkerOptions> -> Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder
<Extension()>
Public Function ConfigureFunctionsWorkerDefaults (builder As IHostBuilder, configureOptions As Action(Of WorkerOptions)) As IHostBuilder

パラメーター

builder
IHostBuilder

構成する IHostBuilder

configureOptions
Action<WorkerOptions>

指定 WorkerOptionsされた を構成するために呼び出されるデリゲート。

戻り値

IHostBuilder

適用対象

ConfigureFunctionsWorkerDefaults(IHostBuilder, Action<HostBuilderContext,IFunctionsWorkerApplicationBuilder>)

提供された と を構成するためのデリゲートを使用して、Functions IHostBuilderWorker サービスの既定のセットを指定された HostBuilderContextIFunctionsWorkerApplicationBuilderに構成します。

  • コンバーターの既定のセット。
  • プロパティ名の大文字と小文字の区別を無視するように既定値 JsonSerializerOptions を構成します。
  • Azure Functions ログとの統合。
  • 環境変数を構成ソースとして追加します。
  • コマンド ライン引数を構成ソースとして追加します。
  • 出力バインディング ミドルウェアと機能。
  • 関数の実行ミドルウェア。
  • 既定の gRPC サポート。
public static Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder ConfigureFunctionsWorkerDefaults (this Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder builder, Action<Microsoft.Extensions.Hosting.HostBuilderContext,Microsoft.Azure.Functions.Worker.IFunctionsWorkerApplicationBuilder> configure);
static member ConfigureFunctionsWorkerDefaults : Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder * Action<Microsoft.Extensions.Hosting.HostBuilderContext, Microsoft.Azure.Functions.Worker.IFunctionsWorkerApplicationBuilder> -> Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder
<Extension()>
Public Function ConfigureFunctionsWorkerDefaults (builder As IHostBuilder, configure As Action(Of HostBuilderContext, IFunctionsWorkerApplicationBuilder)) As IHostBuilder

パラメーター

builder
IHostBuilder

構成する IHostBuilder

configure
Action<HostBuilderContext,IFunctionsWorkerApplicationBuilder>

指定 HostBuilderContext された と IFunctionsWorkerApplicationBuilderを構成するために呼び出されるデリゲート。

戻り値

IHostBuilder

適用対象

ConfigureFunctionsWorkerDefaults(IHostBuilder, Action<IFunctionsWorkerApplicationBuilder>, Action<WorkerOptions>)

指定 IHostBuilderされた に対して Functions Worker サービスの既定のセットを構成し、指定された を構成 IFunctionsWorkerApplicationBuilder するデリゲートと、 を構成するデリゲートを構成します WorkerOptions。 次の既定値が構成されています。

  • コンバーターの既定のセット。
  • プロパティ名の大文字と小文字の区別を無視するように既定値 JsonSerializerOptions を構成します。
  • Azure Functions ログとの統合。
  • 環境変数を構成ソースとして追加します。
  • コマンド ライン引数を構成ソースとして追加します。
  • 出力バインディング ミドルウェアと機能。
  • 関数の実行ミドルウェア。
  • 既定の gRPC サポート。
public static Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder ConfigureFunctionsWorkerDefaults (this Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder builder, Action<Microsoft.Azure.Functions.Worker.IFunctionsWorkerApplicationBuilder> configure, Action<Microsoft.Azure.Functions.Worker.WorkerOptions> configureOptions);
static member ConfigureFunctionsWorkerDefaults : Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder * Action<Microsoft.Azure.Functions.Worker.IFunctionsWorkerApplicationBuilder> * Action<Microsoft.Azure.Functions.Worker.WorkerOptions> -> Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder
<Extension()>
Public Function ConfigureFunctionsWorkerDefaults (builder As IHostBuilder, configure As Action(Of IFunctionsWorkerApplicationBuilder), configureOptions As Action(Of WorkerOptions)) As IHostBuilder

パラメーター

builder
IHostBuilder

構成する IHostBuilder

configure
Action<IFunctionsWorkerApplicationBuilder>

指定 IFunctionsWorkerApplicationBuilderされた を構成するために呼び出されるデリゲート。

configureOptions
Action<WorkerOptions>

指定 WorkerOptionsされた を構成するために呼び出されるデリゲート。

戻り値

IHostBuilder

適用対象

ConfigureFunctionsWorkerDefaults(IHostBuilder, Action<HostBuilderContext,IFunctionsWorkerApplicationBuilder>, Action<WorkerOptions>)

指定IHostBuilderされた に対して Functions Worker サービスの既定のセットを構成し、指定された を構成するデリゲートと をIFunctionsWorkerApplicationBuilder構成HostBuilderContextするデリゲートと、 を構成するデリゲートを構成しますWorkerOptions

  • コンバーターの既定のセット。
  • プロパティ名の大文字と小文字の区別を無視するように既定値 JsonSerializerOptions を構成します。
  • Azure Functions ログとの統合。
  • 環境変数を構成ソースとして追加します。
  • コマンド ライン引数を構成ソースとして追加します。
  • 出力バインディング ミドルウェアと機能。
  • 関数の実行ミドルウェア。
  • 既定の gRPC サポート。
public static Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder ConfigureFunctionsWorkerDefaults (this Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder builder, Action<Microsoft.Extensions.Hosting.HostBuilderContext,Microsoft.Azure.Functions.Worker.IFunctionsWorkerApplicationBuilder> configure, Action<Microsoft.Azure.Functions.Worker.WorkerOptions> configureOptions);
static member ConfigureFunctionsWorkerDefaults : Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder * Action<Microsoft.Extensions.Hosting.HostBuilderContext, Microsoft.Azure.Functions.Worker.IFunctionsWorkerApplicationBuilder> * Action<Microsoft.Azure.Functions.Worker.WorkerOptions> -> Microsoft.Extensions.Hosting.IHostBuilder
<Extension()>
Public Function ConfigureFunctionsWorkerDefaults (builder As IHostBuilder, configure As Action(Of HostBuilderContext, IFunctionsWorkerApplicationBuilder), configureOptions As Action(Of WorkerOptions)) As IHostBuilder

パラメーター

builder
IHostBuilder

構成する IHostBuilder

configure
Action<HostBuilderContext,IFunctionsWorkerApplicationBuilder>

指定 HostBuilderContext された と IFunctionsWorkerApplicationBuilderを構成するために呼び出されるデリゲート。

configureOptions
Action<WorkerOptions>

指定 WorkerOptionsされた を構成するために呼び出されるデリゲート。

戻り値

IHostBuilder

適用対象