Share via


AutomationProperties クラス

定義

ユーザー補助サービスに提供される省略された UI と詳細な UI の両方の情報が含まれます。

public ref class AutomationProperties
public class AutomationProperties
type AutomationProperties = class
Public Class AutomationProperties
継承
AutomationProperties

コンストラクター

AutomationProperties()

ユーザー補助サービスに提供される省略された UI と詳細な UI の両方の情報が含まれます。

フィールド

ExcludedWithChildrenProperty

ExcludedWithChildrenバインド可能なプロパティ。

HelpTextProperty
古い.

HelpTextバインド可能なプロパティ。

IsInAccessibleTreeProperty

IsInAccessibleTreeバインド可能なプロパティ。

LabeledByProperty
古い.

LabeledByバインド可能なプロパティ。

NameProperty
古い.

Nameバインド可能なプロパティ。

メソッド

GetExcludedWithChildren(BindableObject)

ユーザー補助サービスに提供される省略された UI と詳細な UI の両方の情報が含まれます。

GetHelpText(BindableObject)

バインド可能なオブジェクトに関するヘルプ テキスト (存在する場合) を返します。

GetIsInAccessibleTree(BindableObject)

バインド可能なオブジェクトがユーザー補助システムで使用できるかどうかを示す、Null 許容のブール値を取得します。

GetLabeledBy(BindableObject)

bindable でそれ自体にラベルが付けられない場合や別の要素によって UI で説明されている場合、bindable にラベルを付ける要素が返されます。

GetName(BindableObject)

"進行状況のインジケーター" や "ボタン" など、要素を表す、開発者によって指定された短い名前が返されます。

SetExcludedWithChildren(BindableObject, Nullable<Boolean>)

ユーザー補助サービスに提供される省略された UI と詳細な UI の両方の情報が含まれます。

SetHelpText(BindableObject, String)

bindable に対してヘルプ テキストを設定します。

SetIsInAccessibleTree(BindableObject, Nullable<Boolean>)

バインド可能なオブジェクトがユーザー補助システムで使用できるかどうかを示す、ブール値を設定します。

SetLabeledBy(BindableObject, VisualElement)

bindable のラベルとして Label などの別の要素を設定します。

SetName(BindableObject, String)

"進行状況のインジケーター" や "ボタン" など、要素を紹介する、開発者が指定した短い名前を設定します。

適用対象