Share via


IRibbonExtensibility.GetCustomUI(String) メソッド

定義

XML カスタマイズ ファイルか、プロシージャに埋め込まれた XML マークアップから、リボン ユーザー インターフェイスをカスタマイズする XML マークアップをロードします。

public:
 System::String ^ GetCustomUI(System::String ^ RibbonID);
public string GetCustomUI (string RibbonID);
abstract member GetCustomUI : string -> string
Public Function GetCustomUI (RibbonID As String) As String

パラメーター

RibbonID
String

戻り値

文字列

C# で記述された次の例では、 IRibbonExtensibility インターフェイスはクラス定義で指定されます。 この例は、インターフェイスの唯一のメソッドで ある GetCustomUI を実装します。 メソッドで外部 XML ファイルからカスタマイズ マークアップを読み取る SteamReader オブジェクトのインスタンスを作成します。

public class Connect : Object, Extensibility.IDTExtensibility2, IRibbonExtensibility 
... 

public string GetCustomUI(string RibbonID) 
{ 

   StreamReader customUIReader = new System.IO.StreamReader("C:\\RibbonXSampleCS\\customUI.xml"); 

   string customUIData = customUIReader.ReadToEnd(); 

   return customUIData; 
}

適用対象