HResults クラス

定義

Copyright (c) 2019 Microsoft Corporation このファイルには、SQL Data Transformation Services Runtime、Pipeline、stock tasks、stock transforms のすべての米国英語イベント メッセージと HRESULT が含まれています。 メッセージと HRESULT 名前付け規則エラー HRESULT - DTS_E_で始まり、失敗した操作の説明で終わる警告 HRESULT - DTS_W_ End で始まり、警告操作情報 HRESULT の説明から始まります- DTS_I_終了操作の説明で始まる成功した HRESULT - DTS_S_ イベント ログの成功した操作メッセージの説明で始まる - DTS_MSG_終了メッセージ値は、次のようにレイアウトされた 32 ビット値です。3 3 2 2 2 2 2 2 2 2 2 2 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 1 0 9 8 7 6 5 5 4 3 2 1 0 9 7 6 5 4 3 2 1 0 8 7 5 4 3 2 1 0 +---+-+------------------------+-------------------------------+ |Sev|C|R|施設|コード |+---+-+-+-----------------------+-------------------------------+ です。Sev - 重大度コード 00 - 成功 01 - 情報 10 - 警告 11 - エラー C - 顧客コード フラグ R - 予約ビットの Facility - is the facility code Code - is the facility's status code

public ref class HResults
public class HResults
type HResults = class
Public Class HResults
継承
HResults

注釈

16 進数と 10 進数の両方の形式の各メッセージの数値も含む、このクラスで定義されているすべての HRESULT の一覧については、「 Integration Services エラーおよびメッセージ参照」を参照してください

メッセージと HRESULT は名前付け規則に従います。 エラー HRESULT は DTS_E_ で始まり、失敗した操作の説明で終わります。 警告メッセージと警告 HRESULT は DTS_W_ で始まり、警告する操作の説明で終わります。 情報メッセージと情報 HRESULT は DTS_I_ で始まり、操作の説明で終わります。 成功メッセージと成功 HRESULT は DTS_S_ で始まり、正常に行われた操作の説明で終わります。 イベント ログのメッセージは DTS_MSG_ で始まり、メッセージの説明で終わります。

コンストラクター

HResults()

HResults クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

DTS_E_64BITVARIABLERECAST

MessageId: DTS_E_64BITVARIABLERECAST MessageText: 変数 "%1!s!" は 64 ビット整数変数であり、このオペレーティング システムではサポートされていません。 この変数は 32 ビット整数に再キャストされました。 変数の種類 VT_I8 と VT_UI8 は、Microsoft Windows 2000 ではサポートされていません。

DTS_E_ABORTTRANSACTION

MessageId: DTS_E_ABORTTRANSACTION MessageText: エラー 0x%1!8.8X! により、SSIS ランタイムは分散トランザクションを中止できませんでした。 "%2!s!"。

DTS_E_ACQUIRECONNECTIONWORKINGOFFLINE

MessageId: DTS_E_ACQUIRECONNECTIONWORKINGOFFLINE MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" は、接続マネージャー OfflineMode プロパティが TRUE であるため、接続を取得しません。 OfflineMode が True に設定されている場合は、接続を取得できません。

DTS_E_ACQUIREDCONNECTIONISINVALID

MessageId: DTS_E_ACQUIREDCONNECTIONISINVALID MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" から取得した接続が無効です。

DTS_E_ACQUIREDCONNECTIONUNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_ACQUIREDCONNECTIONUNAVAILABLE MessageText: 取得した接続にアクセスできません。

DTS_E_ADDROWTOBUFFERFAILED

MessageId: DTS_E_ADDROWTOBUFFERFAILED MessageText: Data Flow タスク バッファーに行を追加しようとしましたが、エラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_ADODESTARGUMENTEXCEPTION

MessageId: DTS_E_ADODESTARGUMENTEXCEPTION MessageText: データ プロバイダーが宛先にデータを挿入しようとするときに、引数例外が発生しました。 返されるメッセージは %1!s! です。

DTS_E_ADODESTCOLUMNERRORDISPNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_ADODESTCOLUMNERRORDISPNOTSUPPORTED MessageText: 入力列エラーの処理は、ADO NET 変換先コンポーネントではサポートされていません。

DTS_E_ADODESTCOLUMNTRUNDISPNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_ADODESTCOLUMNTRUNDISPNOTSUPPORTED MessageText: 入力列の切り捨て処理は、ADO NET Destination コンポーネントではサポートされていません。

DTS_E_ADODESTCONNECTIONTYPENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_ADODESTCONNECTIONTYPENOTSUPPORTED MessageText: %1!s! からプロバイダーインバリアント名を取得できませんでした。現在、ADO NET Destination コンポーネントではサポートされていません

DTS_E_ADODESTDATATYPENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_ADODESTDATATYPENOTSUPPORTED MessageText: 列 "%2!s!" にあるデータ型 "%1!s!" は、%3!s! ではサポートされていません。

DTS_E_ADODESTERRORUPDATEROW

MessageId: DTS_E_ADODESTERRORUPDATEROW MessageText: この行を宛先データ ソースに送信中にエラーが発生しました。

DTS_E_ADODESTEXECUTEREADEREXCEPTION

MessageId: DTS_E_ADODESTEXECUTEREADEREXCEPTION MessageText: tSQL コマンドを実行すると例外がスローされ、メッセージは %1!s!

DTS_E_ADODESTEXTERNALCOLNOTEXIST

MessageId: DTS_E_ADODESTEXTERNALCOLNOTEXIST MessageText: %1!s! はデータベースに存在しません。 削除または名前が変更された可能性があります。

DTS_E_ADODESTFAILEDTOACQUIRECONNECTION

MessageId: DTS_E_ADODESTFAILEDTOACQUIRECONNECTION MessageText: ADO NET Destination has failed to acquire the connection %1!s! "%2!s!" というエラー メッセージが表示されます。

DTS_E_ADODESTGETSCHEMATABLEFAILED

外部列のプロパティを取得できませんでした。 入力したテーブル名が存在しない可能性があります。または、テーブル オブジェクトに対して SELECT 権限がないため、接続を使用して列のプロパティの取得を試みましたが失敗しました。 エラー メッセージの詳細は次のとおりです: __

DTS_E_ADODESTINPUTTRUNDISPNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_ADODESTINPUTTRUNDISPNOTSUPPORTED MessageText: 入力切り捨て行の処理は、ADO NET Destination コンポーネントではサポートされていません。

DTS_E_ADODESTINSERTIONFAILURE

MessageId: DTS_E_ADODESTINSERTIONFAILURE MessageText: データの挿入中に例外が発生しました。プロバイダーから返されるメッセージは %1!s!

DTS_E_ADODESTNOERROROUTPUT

MessageId: DTS_E_ADODESTNOERROROUTPUT MessageText: 宛先コンポーネントにエラー出力がありません。 コンポーネントが壊れている可能性があります。

DTS_E_ADODESTNOLINEAGEID

MessageId: DTS_E_ADODESTNOLINEAGEID MessageText: 系列 ID %1!s! 外部列 %2!s! に関連付けられています。 は実行時に存在しません。

DTS_E_ADODESTNOTMANAGEDCONNECTION

MessageId: DTS_E_ADODESTNOTMANAGEDCONNECTION MessageText: 指定された接続 %1!s! が管理されていない場合は、ADO NET 変換先にマネージド接続を使用してください。

DTS_E_ADODESTSQLBULKCOPYCREATIONEXCEPTION

MessageId: DTS_E_ADODESTSQLBULKCOPYCREATIONEXCEPTION MessageText: SqlBulkCopy インターフェイスの初期化中に例外が発生しました。 UseBulkInsertWhenPossible プロパティを false に設定して SqlBulkCopy を無効にしてください。 例外メッセージは %1!s! です。

DTS_E_ADODESTTABLENAMEERROR

テーブル名またはビュー名が不適切です。 \n\t テーブル名を引用符で囲んでいる場合は、選択したデータ プロバイダーのプレフィックス __ とサフィックス __ を引用符に使用してください。 \n\t マルチパート名を使用している場合は、テーブル名を最大で 3 部構成にしてください。

DTS_E_ADODESTWRONGBATCHSIZE

MessageId: DTS_E_ADODESTWRONGBATCHSIZE MessageText: BatchSize プロパティは負以外の整数である必要があります

DTS_E_ADOSOURCEFAILEDTOACQUIRECONNECTION

MessageId: DTS_E_ADOSOURCEFAILEDTOACQUIRECONNECTION MessageText: ADO NET Source has failed to acquire the connection %1!s! "%2!s!" というエラー メッセージが表示されます。

DTS_E_ADOSRCCOLUMNNOTINSCHEMAROWSET

MessageId: DTS_E_ADOSRCCOLUMNNOTINSCHEMAROWSET MessageText: %1!s! スキーマに一致するソース列がありません。

DTS_E_ADOSRCDATATYPEMISMATCH

MessageId: DTS_E_ADOSRCDATATYPEMISMATCH MessageText: "%1!s!" のデータ型が、ソース列 "%3!s!" のデータ型 "%2!s!" と一致しません。

DTS_E_ADOSRCINVALIDSQLCOMMAND

MessageId: DTS_E_ADOSRCINVALIDSQLCOMMAND MessageText: 指定された SQL コマンド "%1!s!" の実行中にエラーが発生しました。 %2!s!

DTS_E_ADOSRCOUTPUTCOLUMNDATATYPECANNOTBECHANGED

MessageId: DTS_E_ADOSRCOUTPUTCOLUMNDATATYPECANNOTBECHANGED MessageText: %1!s! の出力列のデータ型。 DT_WSTR列とDT_NTEXT列を除き、変更できません。

DTS_E_ADOSRCUNKNOWNTYPEMAPPEDTONTEXT

MessageId: DTS_E_ADOSRCUNKNOWNTYPEMAPPEDTONTEXT MessageText: 列 "%2!s!" にあるデータ型 "%1!s!" は、%3!s! ではサポートされていません。 この列は DT_NTEXT に変換されます。

DTS_E_ALREADYADDED

この実行可能ファイルは、別のコンテナーの実行可能ファイルのコレクションに追加されています。 このエラーは、クライアントが、ある実行可能ファイルを複数の実行可能ファイルのコレクションに追加しようとした場合に発生します。 別の実行可能ファイルのコレクションに追加する前に、この実行可能ファイルを現在のコレクションから削除してください。

DTS_E_ALREADYATTACHED

MessageId: DTS_E_ALREADYATTACHED MessageText: %1!s! は既にアタッチされており、もう一度アタッチすることはできません。 デタッチしてから再度アタッチしてください。

DTS_E_ALREADYCONNECTED

MessageId: DTS_E_ALREADYCONNECTED MessageText: コンポーネントは既に接続されています。 コンポーネントに接続する前に、接続を切断する必要があります。

DTS_E_ALREADYEXECUTING

MessageId: DTS_E_ALREADYEXECUTING MessageText: 実行可能ファイルが既に実行されているため、呼び出しの実行に失敗しました。 このエラーは、前回の Execute 呼び出しにより実行可能ファイルが継続して実行されているコンテナーで、クライアントが Execute を呼び出した場合に発生します。

DTS_E_AMBIGUOUSVARIABLENAME

MessageId: DTS_E_AMBIGUOUSVARIABLENAME MessageText: この名前を持つ複数の変数が異なる名前空間に存在するため、変数名はあいまいです。 名前空間で修飾された名前を指定して、変数名があいまいにならないようにしてください。

DTS_E_ATLEASTONEINPUTMUSTBEMAPPEDTOOUTPUT

MessageId: DTS_E_ATLEASTONEINPUTMUSTBEMAPPEDTOOUTPUT MessageText: 入力が出力にマップされませんでした。 "%1!s!" には、少なくとも 1 つの入力列が出力列にマップされている必要があります。

DTS_E_ATTEMPTINGTOINSERTINTOAREADONLYCOLUMN

MessageId: DTS_E_ATTEMPTINGTOINSERTINTOAREADONLYCOLUMN MessageText: 読み取り専用列 "%1!s!" への挿入に失敗しました。

DTS_E_ATTEMPTINGTOINSERTINTOAROWIDCOLUMN

MessageId: DTS_E_ATTEMPTINGTOINSERTINTOAROWIDCOLUMN MessageText: "%1!s!" は行 ID 列であり、データ挿入操作に含めることはできません。

DTS_E_ATTEMPTINGTOINSERTINTOAROWVERCOLUMN

MessageId: DTS_E_ATTEMPTINGTOINSERTINTOAROWVERCOLUMN MessageText: 行バージョン列 "%1!s!" への挿入を試みます。 行バージョン列には挿入できません。

DTS_E_AXTASK_EMPTY_SCRIPT

MessageId: DTS_E_AXTASK_EMPTY_SCRIPT MessageText: 関数が見つかりません。

DTS_E_AXTASK_HANDLER_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_AXTASK_HANDLER_NOT_FOUND MessageText: Handler が見つかりません。

DTS_E_AXTASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT

MessageId: DTS_E_AXTASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT MessageText: ActiveX スクリプト タスクが間違った XML 要素で開始されました。

DTS_E_AXTASK_MISSING_ENTRY_METHOD_NAME

MessageId: DTS_E_AXTASK_MISSING_ENTRY_METHOD_NAME MessageText: 関数が見つかりません。

DTS_E_AXTASKUTIL_ADDTYPELIB_FAILED

MessageId: DTS_E_AXTASKUTIL_ADDTYPELIB_FAILED MessageText: マネージド タイプ ライブラリをスクリプト ホストに追加中にエラーが発生しました。 DTS 2000 ランタイムがインストールされていることを確認してください。

DTS_E_AXTASKUTIL_ADDVARIABLES_FAILED

MessageId: DTS_E_AXTASKUTIL_ADDVARIABLES_FAILED MessageText: スクリプト ホスト名前空間への SSIS 変数の追加中にエラーが発生しました。 これにより、タスクでスクリプト内の SSIS 変数が使用されない可能性があります。

DTS_E_AXTASKUTIL_ENUMERATE_LANGUAGES_FAILED

MessageId: DTS_E_AXTASKUTIL_ENUMERATE_LANGUAGES_FAILED MessageText: システムにインストールされているスクリプト言語の取得中にエラーが発生しました。

DTS_E_AXTASKUTIL_EXECUTION_FAILED

MessageId: DTS_E_AXTASKUTIL_EXECUTION_FAILED MessageText: スクリプトの実行中にエラーが発生しました。 選択した言語のスクリプト エンジンが正しくインストールされていることを確認してください。

DTS_E_AXTASKUTIL_MSG_BAD_FUNCTION

MessageId: DTS_E_AXTASKUTIL_MSG_BAD_FUNCTION MessageText: 入力された関数名が無効です。 有効な関数名を指定したかどうかを確認してください。

DTS_E_AXTASKUTIL_SCRIPT_PARSING_FAILED

MessageId: DTS_E_AXTASKUTIL_SCRIPT_PARSING_FAILED MessageText: スクリプト テキストの解析中に致命的なエラーが発生しました。 選択した言語のスクリプト エンジンが正しくインストールされていることを確認してください。

DTS_E_AXTASKUTIL_SCRIPTHOST_CREATE_FAILED

MessageId: DTS_E_AXTASKUTIL_SCRIPTHOST_CREATE_FAILED MessageText: ActiveX スクリプト ホストの作成時にエラーが発生しました。 スクリプト ホストが正しくインストールされていることを確認してください。

DTS_E_AXTASKUTIL_SCRIPTHOSTINIT_FAILED

MessageId: DTS_E_AXTASKUTIL_SCRIPTHOSTINIT_FAILED MessageText: 選択した言語のスクリプト ホストのインスタンス化中にエラーが発生しました。 選択したスクリプト言語がシステムにインストールされていることを確認してください。

DTS_E_BACKPRESSURE_ALLINPUTSCLOSED

MessageId: DTS_E_BACKPRESSURE_ALLINPUTSCLOSED MessageText: コンポーネントの CanProcess メソッド (ID: %1!d!) は、すべての入力に対して false を返しました。 それ以上の入力データは処理できません。 このメソッドの実装を確認します。

DTS_E_BACKPRESSURE_BADDEPENDENTCOUNT

バック プレッシャ内の不適切な依存オブジェクトの数です。

DTS_E_BACKPRESSURE_DEPENDONEORINPUT

MessageId: DTS_E_BACKPRESSURE_DEPENDONEORINPUT MessageText: コンポーネントの GetDependentInputs メソッド (ID: %1!d!) は、行セットの末尾に既に達している入力 ID (%2!d!) を含むリストを返しました。 このメソッドの実装を確認します。

DTS_E_BEGINTRANSACTION

MessageId: DTS_E_BEGINTRANSACTION MessageText: エラー 0x%1!8.8X により、SSIS ランタイムが分散トランザクションを開始できませんでした。 "%2!s!"。 DTC トランザクションを開始できませんでした。 このエラーは、MSDTC サービスが実行されていないことが原因で発生する可能性があります。

DTS_E_BINARYCODENOTFOUND

MessageId: DTS_E_BINARYCODENOTFOUND MessageText: スクリプト コンポーネントはスクリプトを事前コンパイルするように構成されていますが、バイナリ コードが見つかりません。 バイナリ コードを生成する [スクリプトのデザイン] をクリックして、スクリプト コンポーネント エディターの IDE にアクセスしてください。

DTS_E_BITASK_CANNOT_ACQUIRE_CONNECTION

MessageId: DTS_E_BITASK_CANNOT_ACQUIRE_CONNECTION MessageText: 指定した接続を取得できませんでした: "%1!s!"。

DTS_E_BITASK_CANNOT_RETRIEVE_COLUMN_INFO

MessageId: DTS_E_BITASK_CANNOT_RETRIEVE_COLUMN_INFO MessageText: テーブルの列の取得中にエラーが発生しました。

DTS_E_BITASK_CANNOT_RETRIEVE_TABLES

MessageId: DTS_E_BITASK_CANNOT_RETRIEVE_TABLES MessageText: データベースからテーブルを取得中にエラーが発生しました。

DTS_E_BITASK_CANNOTRETAINCONNINTRANSACTION

MessageId: DTS_E_BITASK_CANNOTRETAINCONNINTRANSACTION MessageText: タスクは、トランザクション内に保持された接続マネージャーを持つことができません。

DTS_E_BITASK_DATA_FILE_NOT_SPECIFIED

MessageId: DTS_E_BITASK_DATA_FILE_NOT_SPECIFIED MessageText: データ ファイル名が指定されていません。

DTS_E_BITASK_DESTINATION_TABLE_NOT_SPECIFIED

MessageId: DTS_E_BITASK_DESTINATION_TABLE_NOT_SPECIFIED MessageText: 続行するには、テーブル名を指定する必要があります。

DTS_E_BITASK_ERROR_IN_DB_OPERATION

MessageId: DTS_E_BITASK_ERROR_IN_DB_OPERATION MessageText: データベース操作でエラーが発生しました。

DTS_E_BITASK_ERROR_IN_LOAD_FROM_XML

MessageId: DTS_E_BITASK_ERROR_IN_LOAD_FROM_XML MessageText: タグ "%1!s!"の LoadFromXML でエラーが発生しました。

DTS_E_BITASK_ERROR_IN_SAVE_TO_XML

MessageId: DTS_E_BITASK_ERROR_IN_SAVE_TO_XML MessageText: SaveToXML のタグ "%1!s!"でエラーが発生しました。

DTS_E_BITASK_EXECUTE_FAILED

MessageId: DTS_E_BITASK_EXECUTE_FAILED MessageText: 実行に失敗しました。

DTS_E_BITASK_EXECUTION_FAILED

MessageId: DTS_E_BITASK_EXECUTION_FAILED MessageText: 一括挿入の実行に失敗しました。

DTS_E_BITASK_HANDLER_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_BITASK_HANDLER_NOT_FOUND MessageText: ハンドラーが見つかりません。

DTS_E_BITASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT

MessageId: DTS_E_BITASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT MessageText: 一括挿入タスクが間違った XML 要素で開始されました。

DTS_E_BITASK_INVALID_CONNECTION

MessageId: DTS_E_BITASK_INVALID_CONNECTION MessageText: 接続が無効です。

DTS_E_BITASK_INVALIDDESTCONNECTIONNAME

MessageId: DTS_E_BITASK_INVALIDDESTCONNECTIONNAME MessageText: 指定された宛先接続が無効です。 続行するには、有効な接続を指定してください。

DTS_E_BITASK_INVALIDSOURCECONNECTIONNAME

MessageId: DTS_E_BITASK_INVALIDSOURCECONNECTIONNAME MessageText: 指定された接続 "%1!s!" が無効であるか、無効なオブジェクトを指しています。 続行するには、有効な接続を指定してください。

DTS_E_BITASK_NO_CONNECTION_MANAGER_SPECIFIED

MessageId: DTS_E_BITASK_NO_CONNECTION_MANAGER_SPECIFIED MessageText: 接続マネージャーの取得が失敗しました。

DTS_E_BITASK_NULL_CONNECTION

MessageId: DTS_E_BITASK_NULL_CONNECTION MessageText: 接続が null です。

DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_CANNOT_OPEN_FILE

MessageId: DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_CANNOT_OPEN_FILE MessageText: データ ファイルを開こうとしているときにエラーが発生しました。

DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_CANNOT_RETRIEVE_COLUMN_INFO

MessageId: DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_CANNOT_RETRIEVE_COLUMN_INFO MessageText: テーブルの列の取得中にエラーが発生しました。

DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_CANNOT_RETRIEVE_TABLES

MessageId: DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_CANNOT_RETRIEVE_TABLES MessageText: データベースからテーブルを取得中にエラーが発生しました。

DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_ERROR_IN_DB_OPERATION

MessageId: DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_ERROR_IN_DB_OPERATION MessageText: データベース操作中にエラーが発生しました。

DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_EXECUTE_FAILED

MessageId: DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_EXECUTE_FAILED MessageText: 実行に失敗しました。

DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_INVALID_CONNECTION

MessageId: DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_INVALID_CONNECTION MessageText: 接続が無効です。

DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_OEM_CONVERSION_FAILED

MessageId: DTS_E_BITASKUNMANCONNECTION_OEM_CONVERSION_FAILED MessageText: 入力 OEM ファイルを指定した形式に変換できません。

DTS_E_BLANKOUTPUTCOLUMNNAME

MessageId: DTS_E_BLANKOUTPUTCOLUMNNAME MessageText: "%1!s!" の名前は空白で、名前を空白にすることはできません。

DTS_E_BPDUPLICATE

指定されたブレークポイント ID は既に存在します。 このエラーは、タスクが同じ ID で CreateBreakpoint を複数回呼び出した場合に発生します。 タスクが最初に作成したブレークポイントで RemoveBreakpoint を呼び出してから 2 つ目のブレークポイントを作成すると、同じ ID でブレークポイントが複数回作成される可能性があります。

DTS_E_BPUNKNOWNID

MessageId: DTS_E_BPUNKNOWNID MessageText: 指定したブレークポイント ID が存在しません。 このエラーは、存在しないブレークポイントをタスクが参照した場合に発生します。

DTS_E_BUFFERALLOCFAILED

MessageId: DTS_E_BUFFERALLOCFAILED MessageText: %1!d! の割り当て中にバッファーが失敗しました バイトです。

DTS_E_BUFFERBADSIZE

MessageId: DTS_E_BUFFERBADSIZE MessageText: バッファー型 %1!d! のサイズは %2!I64d! バイトです。

DTS_E_BUFFERFAILUREDETAILS

MessageId: DTS_E_BUFFERFAILUREDETAILS MessageText: システムは %1!d! を報告します。 パーセントのメモリの読み込みが報告されています。 %2!s! %3!s! バイト数は空きバイト数です。 %4!s! %5!s! の仮想メモリのバイト数 バイト数は空きバイト数です。 ページング ファイルに %6!s! %7!s! バイト数は空きバイト数です。

DTS_E_BUFFERGETTEMPFILENAME

MessageId: DTS_E_BUFFERGETTEMPFILENAME MessageText: バッファー マネージャーが一時ファイル名を取得できませんでした。

DTS_E_BUFFERISEOR

MessageId: DTS_E_BUFFERISEOR MessageText: このバッファーは行セットの末尾を表し、その行数は変更できません。 行セット フラグの末尾を保持するバッファーで AddRow または RemoveRow が呼び出されました。

DTS_E_BUFFERISFLAT

MessageId: DTS_E_BUFFERISFLAT MessageText: プライベート モード バッファーでは、この操作はサポートされていません。

DTS_E_BUFFERISNOTPRIMEOUTPUT

MessageId: DTS_E_BUFFERISNOTPRIMEOUTPUT MessageText: メソッドが間違ったバッファーで呼び出されました。 コンポーネントの出力に使用されていないバッファーでは、この操作はサポートされていません。

DTS_E_BUFFERISPRIMEOUTPUT

MessageId: DTS_E_BUFFERISPRIMEOUTPUT MessageText: PrimeOutput に渡されたバッファーでこの操作を呼び出すことはできません。 PrimeOutput の呼び出し中にバッファー メソッドが呼び出されましたが、この呼び出しを PrimeOutput の呼び出し中に行うことはできません。

DTS_E_BUFFERISPRIVATE

MessageId: DTS_E_BUFFERISPRIVATE MessageText: プライベート バッファーでバッファー メソッドを呼び出したが、プライベート バッファーはこの操作をサポートしていません。

DTS_E_BUFFERISPROCESSINPUT

MessageId: DTS_E_BUFFERISPROCESSINPUT MessageText: ProcessInput に渡されたバッファーでこの操作を呼び出すことはできません。 ProcessInput の呼び出し中にバッファー メソッドが呼び出されましたが、この呼び出しを ProcessInput の呼び出し中に行うことはできません。

DTS_E_BUFFERISREADONLY

MessageId: DTS_E_BUFFERISREADONLY MessageText: バッファーが読み取り専用モードであるため、この操作を実行できませんでした。 読み取り専用のバッファーは変更できません。

DTS_E_BUFFERLOCKUNDERFLOW

MessageId: DTS_E_BUFFERLOCKUNDERFLOW MessageText: バッファーは既にロック解除されています。

DTS_E_BUFFERMAXROWSIZEOUTOFRANGE

MessageId: DTS_E_BUFFERMAXROWSIZEOUTOFRANGE MessageText: 既定のバッファーの最大行数は %1!d! より大きくする必要があります。 キャッシュされました。 DefaultBufferMaxRows プロパティに設定しようとした値が小さすぎます。

DTS_E_BUFFERNOMAPMEMORY

MessageId: DTS_E_BUFFERNOMAPMEMORY MessageText: メモリ不足の状態では、バッファーの系列 ID をインデックスDTP_HCOLにマッピングできません。

DTS_E_BUFFERNOOBJECTMEMORY

MessageId: DTS_E_BUFFERNOOBJECTMEMORY MessageText: メモリ不足状態のため、バッファー オブジェクトが作成できませんでした。

DTS_E_BUFFERNOTLOCKED

MessageId: DTS_E_BUFFERNOTLOCKED MessageText: このバッファーはロックされておらず、操作できません。

DTS_E_BUFFERORPHANED

MessageId: DTS_E_BUFFERORPHANED MessageText: このバッファーは孤立しています。 未解決のバッファーを残したまま、バッファー マネージャーがシャットダウンされたため、バッファーがクリーンアップされません。 メモリ リークや他の問題が発生する可能性があります。

DTS_E_BUFFERSIZEOUTOFRANGE

MessageId: DTS_E_BUFFERSIZEOUTOFRANGE MessageText: 既定のバッファー サイズは %1!d! の間である必要があります。 %2!d! バイトです。 DefaultBufferSize プロパティに設定しようとした値が小さすぎるか、大きすぎます。

DTS_E_BULKINSERTAPIPREPARATIONFAILED

MessageId: DTS_E_BULKINSERTAPIPREPARATIONFAILED MessageText: データを一括コピーできません。 このパッケージを管理者として実行する必要がある場合があります。

DTS_E_BULKINSERTHREADINITIALIZATIONFAILED

MessageId: DTS_E_BULKINSERTHREADINITIALIZATIONFAILED MessageText: SSIS 一括挿入タスクのスレッドの初期化に失敗しました。

DTS_E_BULKINSERTTHREADABNORMALCOMPLETION

MessageId: DTS_E_BULKINSERTTHREADABNORMALCOMPLETION MessageText: SSIS 一括挿入タスクのスレッドがエラーまたは警告で終了しました。

DTS_E_BULKINSERTTHREADALREADYRUNNING

MessageId: DTS_E_BULKINSERTTHREADALREADYRUNNING MessageText: SSIS 一括挿入タスクのスレッドは既に実行されています。

DTS_E_BULKINSERTTHREADTERMINATED

MessageId: DTS_E_BULKINSERTTHREADTERMINATED MessageText: SSIS 一括挿入のスレッドが実行されなくなりました。 これ以上行を挿入できません。 一括挿入スレッドのタイムアウトを増やしてください。

DTS_E_CACHE_DUPLICATE_INDEXPOS

MessageId: DTS_E_CACHE_DUPLICATE_INDEXPOS MessageText: インデックス位置 %1!d!は重複しています。 インデックス以外の列では、インデックス位置を 0 にする必要があります。 インデックス列では、インデックス位置に連続する正の数値を指定する必要があります。

DTS_E_CACHE_INDEXPOS_NOT_CONTINUOUS

MessageId: DTS_E_CACHE_INDEXPOS_NOT_CONTINUOUS MessageText: キャッシュ インデックスの位置は連続している必要があります。 インデックス以外の列では、インデックス位置を 0 にする必要があります。 インデックス列では、インデックス位置に連続する正の数値を指定する必要があります。

DTS_E_CACHE_INVALID_INDEXPOS

MessageId: DTS_E_CACHE_INVALID_INDEXPOS MessageText: キャッシュ インデックスの位置 %1!d! が無効です。 インデックス以外の列では、インデックス位置を 0 にする必要があります。 インデックス列では、インデックス位置に連続する正の数値を指定する必要があります。

DTS_E_CACHE_TOO_FEW_INDEX_COLUMNS

MessageId: DTS_E_CACHE_TOO_FEW_INDEX_COLUMNS MessageText: Cache 接続マネージャーに少なくとも 1 つのインデックス列を指定する必要があります。 インデックス列を指定するには、キャッシュ列のインデックス位置プロパティを設定してください。

DTS_E_CACHEBADHEADER

MessageId: DTS_E_CACHEBADHEADER MessageText: キャッシュ ファイルが破損しているか、キャッシュ接続マネージャーを使用してファイルが作成されませんでした。 有効なキャッシュ ファイルを指定してください。

DTS_E_CACHECOLDATATYPEINCOMPAT

MessageId: DTS_E_CACHECOLDATATYPEINCOMPAT MessageText: データ型が一致しないため、入力列 "%1!s!" とキャッシュ列 "%2!s!"" をマップできません。

DTS_E_CACHECOLDATATYPEPROPINCOMPAT

MessageId: DTS_E_CACHECOLDATATYPEPROPINCOMPAT MessageText: 1 つ以上のデータ型プロパティが一致しないため、入力列 "%1!s!"" とキャッシュ列 "%2!s!"" をマップできません。

DTS_E_CACHECOLINDEXPOSMISMATCH

MessageId: DTS_E_CACHECOLINDEXPOSMISMATCH MessageText: 列 "%1!s!"" のインデックス位置は、Cache 接続マネージャー列 "%2!s!"" のインデックス位置とは異なります。

DTS_E_CACHECOLUMNMAPPINGFAILED

MessageId: DTS_E_CACHECOLUMNMAPPINGFAILED MessageText: %1!s! をマップできませんでした。 キャッシュ列に移動します。 hresult は 0x%2!8.8X! です。

DTS_E_CACHECOLUMNOTFOUND

MessageId: DTS_E_CACHECOLUMNOTFOUND MessageText: キャッシュ列 "%1!s!" がキャッシュに見つかりませんでした。

DTS_E_CACHEFILEWRITEFAILED

MessageId: DTS_E_CACHEFILEWRITEFAILED MessageText: %1!s! ファイル "%2!s!"にキャッシュを書き込めませんでした。 hresult は 0x%3!8.8X! です。

DTS_E_CACHELOADEDFROMFILE

MessageId: DTS_E_CACHELOADEDFROMFILE MessageText: %1!s! キャッシュは %2!s! によってファイルから読み込まれているため、キャッシュに書き込めません。

DTS_E_CACHERELOADEDDIFFERENTFILES

MessageId: DTS_E_CACHERELOADEDDIFFERENTFILES MessageText: %1!s! キャッシュは既にファイル "%3!s!" から読み込まれているため、ファイル "%2!s!" からキャッシュを読み込めません。

DTS_E_CANCELRECEIVED

MessageId: DTS_E_CANCELRECEIVED MessageText: パイプラインはキャンセル要求を受信し、シャットダウン中です。

DTS_E_CANNOT_MODIFY_PROJECT_PARAMETERS_COLLECTION

MessageId: DTS_E_CANNOT_MODIFY_PROJECT_PARAMETERS_COLLECTION MessageText: IDTSVariables100 インターフェイスを使用してプロジェクト パラメーター コレクションを変更することはできません。 代わりにマネージド ランタイムを使用します。

DTS_E_CANNOTACCESSDTSAPPLICATIONOBJECT

MessageId: DTS_E_CANNOTACCESSDTSAPPLICATIONOBJECT MessageText: Application オブジェクトにアクセスできません。 SSIS が正しくインストールされていることを確認してください。

DTS_E_CANNOTACQUIRECONNECTIONFROMCONNECTIONMANAGER

SSIS エラー コード DTS_E_CANNOTACQUIRECONNECTIONFROMCONNECTIONMANAGER。 エラー コード 0x%2!8.8X! により、接続マネージャー "%1" に対する AcquireConnection メソッドの呼び出しが失敗しました。 このエラーの前に、AcquireConnection メソッドの呼び出しが失敗した理由の詳細が記載されたエラー メッセージが報告されている可能性があります。

DTS_E_CANNOTACQUIREMANAGEDCONNECTIONFROMCONNECTIONMANAGER

MessageId: DTS_E_CANNOTACQUIREMANAGEDCONNECTIONFROMCONNECTIONMANAGER MessageText: ランタイム接続マネージャーからマネージド接続を取得できません。

DTS_E_CANNOTCASTTOIDTSOBJECEVERSIONUPDATE

MessageId: DTS_E_CANNOTCASTTOIDTSOBJECEVERSIONUPDATE MessageText: IDTSObjectVersionUpdate100 型にオブジェクトをキャストできません

DTS_E_CANNOTCHANGEPROTECTIONLEVELSCM

MessageId: DTS_E_CANNOTCHANGEPROTECTIONLEVELSCM MessageText: プロジェクト接続マネージャーの保護レベルを変更できません。 プロジェクトから継承されます

DTS_E_CANNOTCLONECONNECTIONMANAGER

MessageId: DTS_E_CANNOTCLONECONNECTIONMANAGER MessageText: プロセス外の実行では、接続マネージャー "0x%1!s!" を複製できません。

DTS_E_CANNOTCONVERTBETWEENUNICODEANDNONUNICODESTRINGCOLUMN

MessageId: DTS_E_CANNOTCONVERTBETWEENUNICODEANDNONUNICODESTRINGCOLUMN MessageText: 列 "%1!s!" は、Unicode 文字列データ型と非 Unicode 文字列データ型の間で変換できません。

DTS_E_CANNOTCONVERTBETWEENUNICODEANDNONUNICODESTRINGCOLUMNS

MessageId: DTS_E_CANNOTCONVERTBETWEENUNICODEANDNONUNICODESTRINGCOLUMNS MessageText: 列 "%1!s!" と "%2!s!" は、Unicode 文字列データ型と非 Unicode 文字列データ型の間で変換できません。

DTS_E_CANNOTCONVERTDATATYPESWITHDIFFERENTCODEPAGES

MessageId: DTS_E_CANNOTCONVERTDATATYPESWITHDIFFERENTCODEPAGES MessageText: コード ページ %2!d! を使用した "%1!s!" からの変換 コード ページ %4!d! はサポートされていません。

DTS_E_CANNOTCONVERTTYPES

MessageId: DTS_E_CANNOTCONVERTTYPES MessageText: "%1!s!" から "%2!s!" への変換はサポートされていません。

DTS_E_CANNOTCOPYORCONVERTFLATFILEDATA

MessageId: DTS_E_CANNOTCOPYORCONVERTFLATFILEDATA MessageText: 列 "%1!s!"のフラット ファイル データをコピーまたは変換できません。

DTS_E_CANNOTCREATEACCESSOR

MessageId: DTS_E_CANNOTCREATEACCESSOR MessageText: OLE DB アクセサーを作成できません。 列のメタデータが有効であることを確認してください。

DTS_E_CANNOTCREATEBULKINSERTHREAD

MessageId: DTS_E_CANNOTCREATEBULKINSERTHREAD MessageText: エラー "%1!s!"のため、一括挿入スレッドを作成できません。

DTS_E_CANNOTFINDRUNTIMECONNECTIONMANAGER

MessageId: DTS_E_CANNOTFINDRUNTIMECONNECTIONMANAGER MessageText: ID "%1!s!" を持つランタイム接続マネージャーが見つかりません。 接続マネージャー コレクションに、同じ ID の接続マネージャーが存在することを確認してください。

DTS_E_CANNOTGETCOLUMNNAME

MessageId: DTS_E_CANNOTGETCOLUMNNAME MessageText: ID %1!d! の列の名前を取得できません。

DTS_E_CANNOTGETIROWSET

MessageId: DTS_E_CANNOTGETIROWSET MessageText: "%1!s!" の行セットを開けません。 オブジェクトがデータベース内に存在することを確認してください。

DTS_E_CANNOTGETIROWSETFASTLOAD

MessageId: DTS_E_CANNOTGETIROWSETFASTLOAD MessageText: "%1!s!"の高速読み込み行セットを開けませんでした。 オブジェクトがデータベース内に存在することを確認してください。

DTS_E_CANNOTGETRUNTIMECONNECTIONMANAGERID

エラー コード 0x%3!8.8X! により、"%2" の接続マネージャー コレクション Connections の "%1" で指定されているランタイム接続マネージャーの ID を取得できません。 ランタイム接続オブジェクトの ConnectionManager.ID プロパティが、コンポーネントに設定されていることを確認してください。

DTS_E_CANNOTHAVEANYINPUTCOLUMNS

MessageId: DTS_E_CANNOTHAVEANYINPUTCOLUMNS MessageText: 入力列は許可されません。 入力列数を 0 にする必要があります。

DTS_E_CANNOTHAVEINPUTS

MessageId: DTS_E_CANNOTHAVEINPUTS MessageText: このコンポーネントには %1!d! 入力が必要です。 このコンポーネントでは入力が許可されていません。

DTS_E_CANNOTHAVEZEROINPUTCOLUMNS

MessageId: DTS_E_CANNOTHAVEZEROINPUTCOLUMNS MessageText: %1!s! の入力列の数。 0 にすることはできません。

DTS_E_CANNOTHAVEZEROOUTPUTCOLUMNS

MessageId: DTS_E_CANNOTHAVEZEROOUTPUTCOLUMNS MessageText: %1!s! の出力列の数。 0 にすることはできません。

DTS_E_CANNOTLOADCOMPONENT

MessageId: DTS_E_CANNOTLOADCOMPONENT MessageText: マネージド パイプライン コンポーネント "%1!s!" を読み込めませんでした。 例外は %2!s! です。

DTS_E_CANNOTLOADOLDPACKAGES

MessageId: DTS_E_CANNOTLOADOLDPACKAGES MessageText: パッケージを読み込めません。 このエラーは、古いバージョンのパッケージを読み込もうとしたか、パッケージ ファイルが無効な構造化オブジェクトを参照している場合に発生します。

DTS_E_CANNOTMAPINPUTCOLUMNTOOUTPUTCOLUMN

MessageId: DTS_E_CANNOTMAPINPUTCOLUMNTOOUTPUTCOLUMN MessageText: "%2!s!"で必要な系列 ID "%1!d!" の入力列が見つかりません。 出力列の SourceInputColumnLineageID カスタム プロパティを確認してください。

DTS_E_CANNOTMAPOUTPUTCOLUMN

MessageId: DTS_E_CANNOTMAPOUTPUTCOLUMN MessageText: 出力列を外部メタデータ列にマップすることはできません。

DTS_E_CANNOTMAPRUNTIMECONNECTIONMANAGER

エラー コード 0x%2!8.8X! により、接続マネージャー コレクションに ID "%1" の接続マネージャーが 見つかりません。 この接続マネージャーは、%4 の接続マネージャー コレクションに含まれる "%3" で必要です。 接続マネージャー コレクションである Connections に含まれる接続マネージャーが、同じ ID で作成されていることを確認してください。

DTS_E_CANNOTOPENDATAFILE

MessageId: DTS_E_CANNOTOPENDATAFILE MessageText: データ ファイル "%1!s!"" を開くことができません。

DTS_E_CANNOTOPENREGISTRYKEY

MessageId: DTS_E_CANNOTOPENREGISTRYKEY MessageText: レジストリ キー "%1!s!" を開くことができません。

DTS_E_CANNOTREATTACHPATH

MessageId: DTS_E_CANNOTREATTACHPATH MessageText: "%1!s!" を再アタッチできません。 パスを削除し、新しいパスを追加してから、アタッチしてください。

DTS_E_CANNOTRETRIEVEBYLINEAGE

MessageId: DTS_E_CANNOTRETRIEVEBYLINEAGE MessageText: 列を含まないコレクションから系列 ID で項目を取得できません。

DTS_E_CANNOTRETRIEVEPROPERTYFORCOMPONENT

MessageId: DTS_E_CANNOTRETRIEVEPROPERTYFORCOMPONENT MessageText: ID %2!d! のコンポーネントからプロパティ "%1!s!" を取得できません。

DTS_E_CANNOTTFINDRUNTIMECONNECTIONOBJECT

MessageId: DTS_E_CANNOTTFINDRUNTIMECONNECTIONOBJECT MessageText: 接続 "%1!s!" が見つかりません。 接続マネージャーに、同じ名前の接続が存在することを確認してください。

DTS_E_CANNOTUPDATECACHEONINPUTCOLUMNS

MessageId: DTS_E_CANNOTUPDATECACHEONINPUTCOLUMNS MessageText: パイプラインで EnableCacheUpdate が false の場合、入力列のキャッシュを更新できません

DTS_E_CANNOTWRITETODATAFILE

MessageId: DTS_E_CANNOTWRITETODATAFILE MessageText: データ ファイルに書き込めません。

DTS_E_CANONLYSETCOMPFLAGSONSOURCE

"%2" はソース出力ではないので、"%1" の ComparisonFlags プロパティを 0 以外の値に設定することはできません。 出力 "outputname" (ID) がソース出力ではないので、出力列 "colname" (ID) の ComparisonFlags プロパティを 0 以外に設定することはできません。

DTS_E_CANONLYSETISSORTEDONSOURCE

MessageId: DTS_E_CANONLYSETISSORTEDONSOURCE MessageText: "%1!s!" は、ソース出力ではないため、IsSorted プロパティを TRUE に設定できません。 ソース出力は SynchronousInputID 値が 0 です。

DTS_E_CANONLYSETSORTKEYONSOURCE

"%2" はソース出力ではないので、"%1" の SortKeyPosition プロパティを 0 以外に設定することはできません。 出力 "outputname" (ID) がソース出力ではないので、出力列 "colname" (ID) の SortKeyPosition プロパティを 0 以外に設定することはできません。

DTS_E_CANTACCESSARRAYDATA

MessageId: DTS_E_CANTACCESSARRAYDATA MessageText: 配列内のデータにアクセスできません (エラー: %1!s!)。 このエラーは、GetDataFromSafeArray が呼び出されるたびに発生する可能性があります。

DTS_E_CANTADDBLOBDATA

MessageId: DTS_E_CANTADDBLOBDATA MessageText: 長いデータは列に対して取得されましたが、Data Flow タスク バッファーに追加することはできません。

DTS_E_CANTADDCOLUMN

MessageId: DTS_E_CANTADDCOLUMN MessageText: コンポーネントでは、この入力または出力に列を追加できません。

DTS_E_CANTADDINPUT

MessageId: DTS_E_CANTADDINPUT MessageText: 入力を入力コレクションに追加することはできません。

DTS_E_CANTADDOUTPUT

MessageId: DTS_E_CANTADDOUTPUT MessageText: 出力コレクションに出力を追加することはできません。

DTS_E_CANTADDOUTPUTID

MessageId: DTS_E_CANTADDOUTPUTID MessageText: 出力 ID %1!d! を挿入できませんでした。 新しい出力は作成されませんでした。

DTS_E_CANTADDREMOVEWHENEXECUTING

MessageId: DTS_E_CANTADDREMOVEWHENEXECUTING MessageText: ランタイム モードでパッケージに要素を追加または削除することはできません。 このエラーは、パッケージの実行中に、コレクションにオブジェクトを追加、またはコレクションからオブジェクトを削除しようとした場合に発生します。

DTS_E_CANTALLOCATECOLUMNINFO

MessageId: DTS_E_CANTALLOCATECOLUMNINFO MessageText: このコンポーネントによって操作されている列の一覧を割り当てるために十分なメモリが使用できませんでした。

DTS_E_CANTBUILDBUFFERTYPE

MessageId: DTS_E_CANTBUILDBUFFERTYPE MessageText: Data Flow タスクは、バッファー定義を構築するためにメモリを割り当てることができません。 バッファーの定義には %1!d! 含まれています。

DTS_E_CANTBUILDTHREADPOOL

MessageId: DTS_E_CANTBUILDTHREADPOOL MessageText: 並べ替え変換で 、%1!d! のスレッド プールを作成できませんでした 作成できませんでした。 メモリが不足しています。

DTS_E_CANTCHANGEPROPERTYTYPE

MessageId: DTS_E_CANTCHANGEPROPERTYTYPE MessageText: コンポーネントによって設定された型からプロパティの型を変更することはできません。

DTS_E_CANTCHANGEREADONLYATRUNTIME

MessageId: DTS_E_CANTCHANGEREADONLYATRUNTIME MessageText: 変数 "%1" の読み取り専用属性への変更が試行されました。 このエラーは、変数の読み取り専用属性が実行時に変更されたときに発生します。 読み取り専用の属性を変更できるのはデザイン時のみです。

DTS_E_CANTCHANGEUSAGETYPE

MessageId: DTS_E_CANTCHANGEUSAGETYPE MessageText: 列の使用法の種類を変更することはできません。

DTS_E_CANTCLONE

MessageId: DTS_E_CANTCLONE MessageText: 入力バッファーを複製できませんでした。 メモリが不足しているか、内部エラーが発生しました。

DTS_E_CANTCOMPARE

MessageId: DTS_E_CANTCOMPARE MessageText: データ型 "%1!s!" は比較できません。 このデータ型の比較はサポートされていないので、このデータ型を並べ替えたり、キーとして使用することはできません。

DTS_E_CANTCREATEBLOBFILE

MessageId: DTS_E_CANTCREATEBLOBFILE MessageText: バッファー マネージャーは、BLOBTempStoragePath プロパティで指定されたディレクトリに長いオブジェクトをスプールするファイルを作成できません。 指定されたファイル名が正しくないか、権限がないか、すべてのパスが使用済みです。

DTS_E_CANTCREATEBUFFERMANAGER

MessageId: DTS_E_CANTCREATEBUFFERMANAGER MessageText: バッファー マネージャーを作成できませんでした。

DTS_E_CANTCREATECERTCONTEXT

MessageId: DTS_E_CANTCREATECERTCONTEXT MessageText: 証明書コンテキストの作成に失敗しました (エラー: %1!s!)。 このエラーは、対応する CryptoAPI 関数が失敗した場合に CPackage::put_CertificateObject または CPackage::LoadFromXML で発生します。

DTS_E_CANTCREATECOMPONENT

MessageId: DTS_E_CANTCREATECOMPONENT MessageText: コンポーネント "%1!s!" を作成できず、エラー コード 0x%2!8.8X! 。 コンポーネントが正しく登録されていることを確認してください。

DTS_E_CANTCREATECOMPONENTVIEW

MessageId: DTS_E_CANTCREATECOMPONENTVIEW MessageText: 別のビューが既に存在するため、コンポーネント ビューを作成できません。 コンポーネント ビューは、一度に 1 つしか存在できません。

DTS_E_CANTCREATECUSTOMPROPERTY

MessageId: DTS_E_CANTCREATECUSTOMPROPERTY MessageText: カスタム プロパティ "%1!s!" を作成できません。

DTS_E_CANTCREATEEXECUTIONTREE

MessageId: DTS_E_CANTCREATEEXECUTIONTREE MessageText: 実行ツリーを作成するのに十分なメモリがありません。

DTS_E_CANTCREATENEWTYPE

MessageId: DTS_E_CANTCREATENEWTYPE MessageText: バッファー マネージャーが新しいバッファーの種類を作成できませんでした。

DTS_E_CANTCREATEPRIMEOUTPUTBUFFER

MessageId: DTS_E_CANTCREATEPRIMEOUTPUTBUFFER MessageText: Data Flow タスクは、出力 "%3!s!" の PrimeOutput を呼び出すバッファーを作成できませんでした(%4!d!)コンポーネント "%1!s!"(%2!d!)。 このエラーは、通常、メモリ不足の状態が原因で発生します。

DTS_E_CANTCREATESPOOLFILE

MessageId: DTS_E_CANTCREATESPOOLFILE MessageText: バッファー マネージャーは、BufferTempStoragePath プロパティ内の任意のパスに一時ストレージ ファイルを作成できません。 ファイル名が無効であるか、権限がないか、すべてのパスが使用済みです。

DTS_E_CANTCREATEVIEWBUFFER

MessageId: DTS_E_CANTCREATEVIEWBUFFER MessageText: Data Flow タスク エンジンが %1!d! 型のビュー バッファーを作成できませんでした。 種類 %2!d! に対して種類 %1!d! のバッファー ビューを 作成できませんでした。

DTS_E_CANTCREATEVIRTUALBUFFER

MessageId: DTS_E_CANTCREATEVIRTUALBUFFER MessageText: Data Flow タスクは、実行を準備するための仮想バッファーを作成できません。

DTS_E_CANTDELETECOLUMN

MessageId: DTS_E_CANTDELETECOLUMN MessageText: 列を削除できません。 このコンポーネントでは、この入力または出力から列を削除できません。

DTS_E_CANTDELETEERRORCOLUMNS

MessageId: DTS_E_CANTDELETEERRORCOLUMNS MessageText: %1!s! は特殊なエラー出力列であり、削除できません。

DTS_E_CANTDELETEINPUT

MessageId: DTS_E_CANTDELETEINPUT MessageText: input コレクションから入力を削除することはできません。

DTS_E_CANTDELETEOUTPUT

MessageId: DTS_E_CANTDELETEOUTPUT MessageText: 出力コレクションから出力を削除することはできません。

DTS_E_CANTDELETEOUTPUTID

MessageId: DTS_E_CANTDELETEOUTPUTID MessageText: 出力 ID %1!d! を削除できません 出力のコレクションから削除できません。 この ID は無効であったか、既定の出力またはエラー出力であった可能性があります。

DTS_E_CANTDETERMINEWHICHPROPTOPERSIST

MessageId: DTS_E_CANTDETERMINEWHICHPROPTOPERSIST MessageText: 既定の永続化を使用してオブジェクトを永続化できません。 このエラーは、既定の永続性で、ホストされたオブジェクトに存在するオブジェクトを特定できない場合に発生します。

DTS_E_CANTDIRECTROW

MessageId: DTS_E_CANTDIRECTROW MessageText: "%1!s!" を出力する直接行(%2!d!)失敗 しました。

DTS_E_CANTFINDCERTBYHASH

MessageId: DTS_E_CANTFINDCERTBYHASH MessageText: "MY" ストアでハッシュで指定された証明書を見つけることができません (エラー: %1!s!)。 このエラーは、CPackage::LoadUserCertificateByHash で発生します。

DTS_E_CANTFINDCERTBYNAME

MessageId: DTS_E_CANTFINDCERTBYNAME MessageText: MY ストアの名前で指定された証明書が見つかりません (エラー: %1!s!)。 このエラーは、CPackage::LoadUserCertificateByName で発生します。

DTS_E_CANTGETBLOBDATA

MessageId: DTS_E_CANTGETBLOBDATA MessageText: 列 "%1!s!"の長いデータを取得できませんでした。

DTS_E_CANTGETCERTDATA

指定された証明書オブジェクトから未加工の証明書データを取得できませんでした (エラー: %1)。 このエラーは、CPackage::put_CertificateObject が ManagedHelper オブジェクトのインスタンスを作成できない場合、ManagedHelper オブジェクトが失敗した場合、または ManagedHelper オブジェクトから正しくない形式の配列が返された場合に発生します。

DTS_E_CANTGETCUSTOMPROPERTY

MessageId: DTS_E_CANTGETCUSTOMPROPERTY MessageText: カスタム プロパティ "%1!s!"を取得できません。

DTS_E_CANTGETCUSTOMPROPERTYCOLLECTION

MessageId: DTS_E_CANTGETCUSTOMPROPERTYCOLLECTION MessageText: 初期化のためにカスタム プロパティ コレクションを取得できません。

DTS_E_CANTGETMUTEX

MessageId: DTS_E_CANTGETMUTEX MessageText: スレッドが初期化時にミューテックスを作成できませんでした。

DTS_E_CANTGETSEMAPHORE

MessageId: DTS_E_CANTGETSEMAPHORE MessageText: スレッドが初期化時にセマフォを作成できませんでした。

DTS_E_CANTGIVEAWAYBUFFER

MessageId: DTS_E_CANTGIVEAWAYBUFFER MessageText: Data Flow タスク エンジンは、別のスレッドを割り当てるためにバッファーをコピーしようとしましたが、失敗しました。

DTS_E_CANTINITINPUT

MessageId: DTS_E_CANTINITINPUT MessageText: 入力コレクションを初期化するための入力を作成することはできません。

DTS_E_CANTINITOUTPUT

MessageId: DTS_E_CANTINITOUTPUT MessageText: 出力コレクションを初期化するために出力を作成することはできません。

DTS_E_CANTINSERTCOLUMNTYPE

MessageId: DTS_E_CANTINSERTCOLUMNTYPE MessageText: 型 %2!s! 間の変換のため、列 "%1!s!" を挿入できません。 と %3!s! はサポートされていません。

DTS_E_CANTINSERTINTOHASHTABLE

MessageId: DTS_E_CANTINSERTINTOHASHTABLE MessageText: ハッシュ テーブルにオブジェクトを挿入するのに十分なメモリがありません。

DTS_E_CANTLOADFROMNODE

MessageId: DTS_E_CANTLOADFROMNODE MessageText: ランタイム オブジェクトを指定した XML ノードから読み込むことができません。 このエラーは、SSIS 以外の XML ノードなど、正しくない種類の XML ノードからパッケージや他のオブジェクトを読み込もうとしたときに発生します。

DTS_E_CANTLOCKBUFFER

MessageId: DTS_E_CANTLOCKBUFFER MessageText: バッファーをロックできませんでした。 システムのメモリが不足しているか、バッファー マネージャーがクォータに達しました。

DTS_E_CANTMODIFYERROROUTPUTCOLUMNDATATYPE

MessageId: DTS_E_CANTMODIFYERROROUTPUTCOLUMNDATATYPE MessageText: "%1!s!" のデータ型は、エラー "%2!s!" で変更できません。

DTS_E_CANTMODIFYINVALID

MessageId: DTS_E_CANTMODIFYINVALID MessageText: 検証の問題が修正されるまで、コンポーネントは要求されたメタデータの変更を実行できません。

DTS_E_CANTOPENCERTSTORE

MessageId: DTS_E_CANTOPENCERTSTORE MessageText: MY 証明書ストアを開いてエラー "%1!s!"" で失敗しました。これは CPackage::LoadUserCertificateByName および CPackage::LoadUserCertificateByHash で発生します。

DTS_E_CANTPROCESSCOLUMNTYPECODEPAGE

MessageId: DTS_E_CANTPROCESSCOLUMNTYPECODEPAGE MessageText: 列 "%1!s!" は、複数のコード ページ (%2!d! および %3!d!) が指定されているため、処理できません。

DTS_E_CANTREALIZEVIRTUALBUFFERS

MessageId: DTS_E_CANTREALIZEVIRTUALBUFFERS MessageText: 一連の仮想バッファーを実現できません。

DTS_E_CANTREGISTERBUFFERTYPE

MessageId: DTS_E_CANTREGISTERBUFFERTYPE MessageText: Data Flow タスクはバッファーの種類を登録できません。 この種類には %1!d! 列含まれており、 これは実行ツリー %2!d! 用の種類です。

DTS_E_CANTREGISTERVIEWBUFFERTYPE

MessageId: DTS_E_CANTREGISTERVIEWBUFFERTYPE MessageText: Data Flow タスクはビュー バッファーの種類を登録できません。 この種類には %1!d! 列含まれており、 これは入力 ID %2!d! 用の種類です。

DTS_E_CANTSETEXTERNALMETADATACOLUMNDATATYPEPROPERTIES

MessageId: DTS_E_CANTSETEXTERNALMETADATACOLUMNDATATYPEPROPERTIES MessageText: %1!s! では、外部メタデータ列のデータ型プロパティを設定できません。

DTS_E_CANTSETOUTPUTCOLUMNDATATYPEPROPERTIES

MessageId: DTS_E_CANTSETOUTPUTCOLUMNDATATYPEPROPERTIES MessageText: %1!s! では、出力列のデータ型プロパティを設定できません。

DTS_E_CANTSETOUTPUTCOLUMNPROPERTY

MessageId: DTS_E_CANTSETOUTPUTCOLUMNPROPERTY MessageText: 出力列のプロパティを設定できません。

DTS_E_CANTSETUSAGETYPE

MessageId: DTS_E_CANTSETUSAGETYPE MessageText: %1!s! は、系列 ID %2!d! を持つ入力列の要求された使用を禁止しています。

DTS_E_CANTSETUSAGETYPETOREADWRITE

"%1" では、系列 ID が %2!d! の入力列を読み取り/書き込みに設定できません。 この列でその使用法の種類は使用できません。 入力列の使用法の種類を、このコンポーネントではサポートされていない種類 UT_READWRITE に変更しようとしました。

DTS_E_CANTWRITETOFILE

MessageId: DTS_E_CANTWRITETOFILE MessageText: ファイル "%1!s!"" を書き込み用に開くことができませんでした。 ファイルが読み取り専用であるか、適切な権限がありません。

DTS_E_CERTERROR

MessageId: DTS_E_CERTERROR MessageText: クライアント証明書の処理中にエラーが発生しました。 このエラーは、指定されたクライアント証明書が個人証明書ストアに見つからなかった場合に発生する可能性があります。 クライアント証明書が有効であることを確認してください。

DTS_E_CHANGESYSTEMVARIABLENAMEFAILED

MessageId: DTS_E_CHANGESYSTEMVARIABLENAMEFAILED MessageText: システム変数であるため、変数の名前を変更できませんでした。 システム変数は読み取り専用です。

DTS_E_CHANGESYSTEMVARIABLENAMESPACEFAILED

MessageId: DTS_E_CHANGESYSTEMVARIABLENAMESPACEFAILED MessageText: システム変数であるため、変数の名前空間の変更に失敗しました。 システム変数は読み取り専用です。

DTS_E_CHANGESYSTEMVARIABLEREADONLYFAILED

MessageId: DTS_E_CHANGESYSTEMVARIABLEREADONLYFAILED MessageText: システム変数であるため、変数のプロパティの変更に失敗しました。 システム変数は読み取り専用です。

DTS_E_CHECKENVELOPEFAILED

MessageId: DTS_E_CHECKENVELOPEFAILED MessageText: エラー 0x%1!8.8X でパッケージ XML の XML 署名エンベロープを確認できませんでした! "%2!s!"。 このエラーは、CPackage::LoadFromXML で発生します。

DTS_E_CHECKPOINTFILEALREADYEXISTS

既存のチェックポイント ファイルが見つかりましたが、このパッケージ用ではないコンテンツが含まれています。そのため、このファイルを上書きして、新しいチェックポイントの保存を開始することはできません。 既存のチェックポイント ファイルを削除してから再試行してください。 このエラーは、チェックポイント ファイルが存在し、パッケージが、チェックポイント ファイルを使用せず、チェックポイントを保存するように設定されている場合に発生します。 既存のチェックポイント ファイルは上書きされません。

DTS_E_CHECKPOINTFILELOCKED

MessageId: DTS_E_CHECKPOINTFILELOCKED MessageText: チェックポイント ファイル "%1!s!" は、別のプロセスによってロックされています。 このエラーは、このパッケージの別のインスタンスが現在実行中である場合に発生します。

DTS_E_CHECKPOINTFILENOTSPECIFIED

MessageId: DTS_E_CHECKPOINTFILENOTSPECIFIED MessageText: パッケージは常にチェックポイントから再起動するように構成されていますが、チェックポイント ファイルは指定されていません。

DTS_E_CHECKPOINTLOADXML

MessageId: DTS_E_CHECKPOINTLOADXML MessageText: XML チェックポイント ファイル "%1!s!" を読み込もうとしたときに、エラー 0x%2!8.8X! 。 指定されたファイル名が正しいこと、およびそのファイルが存在することを確認してください。

DTS_E_CHECKPOINTMISMATCH

MessageId: DTS_E_CHECKPOINTMISMATCH MessageText: チェックポイント ファイル "%1!s!" がこのパッケージと一致しません。 パッケージの ID とチェックポイント ファイルの ID が一致していません。

DTS_E_CLIENTAUTH

MessageId: DTS_E_CLIENTAUTH MessageText: クライアント証明書がありません。 このエラーは、サーバーで SSL クライアント証明書が必要とされているときに、ユーザーが無効な証明書を指定したか、または証明書を指定しなかった場合に発生します。 この接続用にクライアント証明書を構成する必要があります。

DTS_E_CMDDESTNOPARAMS

MessageId: DTS_E_CMDDESTNOPARAMS MessageText: SQL コマンドのパラメーターから宛先列の説明を取得できません。

DTS_E_CMDDESTNOTBOUND

MessageId: DTS_E_CMDDESTNOTBOUND MessageText: パラメーターはバインドされていません。 SQL コマンドのすべてのパラメーターを入力列にバインドする必要があります。

DTS_E_CODE_PAGE_NOT_SUPPORTED

MessageId: DTS_E_CODE_PAGE_NOT_SUPPORTED MessageText: コード ページ %1!d! 列 "%2!s!" で指定(%3!d!)はサポートされていません。 最初にこの列を DT_WSTR に変換する必要があります。変換を行うには、この列の前にデータ変換を挿入します。

DTS_E_CODEPAGEREQUIRED

MessageId: DTS_E_CODEPAGEREQUIRED MessageText: "%1!s!" にはコード ページを設定する必要がありますが、渡された値は 0 でした。

DTS_E_COLLECTIONCOULDNTADD

MessageId: DTS_E_COLLECTIONCOULDNTADD MessageText: オブジェクトが作成されましたが、コレクションに追加できませんでした。 このエラーは、メモリ不足の状態が原因で発生する可能性があります。

DTS_E_COLLECTIONLOCKED

MessageId: DTS_E_COLLECTIONLOCKED MessageText: パッケージの検証または実行中にこのコレクションを変更することはできません。

DTS_E_COLLOCKED

MessageId: DTS_E_COLLOCKED MessageText: "%1!s!" コレクションは、パッケージの検証または実行中に変更できません。 "%2!s!" をコレクションに追加できません。

DTS_E_COLLOCKED_NO_CREATIONNAME

MessageId: DTS_E_COLLOCKED_NO_CREATIONNAME MessageText: "%1!s!" コレクションは、パッケージの検証または実行中に変更できません。

DTS_E_COLNOTMAPPEDTOCACHECOL

MessageId: DTS_E_COLNOTMAPPEDTOCACHECOL MessageText: %1!s! が有効なキャッシュ列にマップされていません。

DTS_E_COLUMNDATAOVERFLOWDISKIOBUFFER

MessageId: DTS_E_COLUMNDATAOVERFLOWDISKIOBUFFER MessageText: 列 "%1!s!" の列データがディスク I/O バッファーをオーバーフローしました。

DTS_E_COLUMNDELIMITERNOTFOUND

MessageId: DTS_E_COLUMNDELIMITERNOTFOUND MessageText: 列 "%1!s!" の列区切り記号が見つかりませんでした。

DTS_E_COLUMNMAPPEDTOALREADYMAPPEDEXTERNALMETADATACOLUMN

MessageId: DTS_E_COLUMNMAPPEDTOALREADYMAPPEDEXTERNALMETADATACOLUMN MessageText: %1!s! は ID %2!ld! の外部メタデータ列にマップされます。これは既に別の列にマップされています。

DTS_E_COLUMNMAPPEDTONONEXISTENTEXTERNALMETADATACOLUMN

MessageId: DTS_E_COLUMNMAPPEDTONONEXISTENTEXTERNALMETADATACOLUMN MessageText: %1!s! は、存在しない外部メタデータ列にマップされます。

DTS_E_COLUMNMETADATAUNAVAILABLEFORVALIDATION

MessageId: DTS_E_COLUMNMETADATAUNAVAILABLEFORVALIDATION MessageText: 列メタデータは検証に使用できませんでした。

DTS_E_COLUMNNOTFOUND

MessageId: DTS_E_COLUMNNOTFOUND MessageText: 列 "%1!s!" がデータソースで見つかりません。

DTS_E_COLUMNNOTMAPPEDTOEXTERNALMETADATACOLUMN

MessageId: DTS_E_COLUMNNOTMAPPEDTOEXTERNALMETADATACOLUMN MessageText: %1!s! の外部メタデータ列マッピング 無効です。 外部メタデータ列 ID を 0 にすることはできません。

DTS_E_COLUMNNOTMATCHED

MessageId: DTS_E_COLUMNNOTMATCHED MessageText: 列 "%1!s!"(%2!d!)どの入力ファイル列にも一致できません。 出力列名または入力列名が、ファイル内に見つかりません。

DTS_E_COLUMNPARSEFAILED

MessageId: DTS_E_COLUMNPARSEFAILED MessageText: データ ファイルの列 "%1!s!" を解析できませんでした。

DTS_E_COLUMNSHAVEINCOMPATIBLEMETADATA

MessageId: DTS_E_COLUMNSHAVEINCOMPATIBLEMETADATA MessageText: 列 "%1!s!" と "%2!s!" には互換性のないメタデータがあります。

DTS_E_COLUMNSTATUSERROR

MessageId: DTS_E_COLUMNSTATUSERROR MessageText: %1!s! でエラーが発生しました。 %2!s! 返された列の状態は"%3!s!"でした。

DTS_E_COMERROR

MessageId: DTS_E_COMERROR MessageText: COM エラー オブジェクト情報を使用できます。 ソース: "%1!s!" エラー コード: 0x%2!8.8X! 説明: "%3!s!"。

DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_CANTCONVERTVALUE

MessageId: DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_CANTCONVERTVALUE MessageText: 符号の不一致またはデータ オーバーフロー以外の理由で、データ値を変換できません。

DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW

MessageId: DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW MessageText: データ値がプロバイダーによって使用される型をオーバーフローしたため、変換に失敗しました。

DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_ERRORSINCOMMAND

MessageId: DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_ERRORSINCOMMAND MessageText: コマンドの実行で生成されたエラー。

DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_INTEGRITYVIOLATION

MessageId: DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_INTEGRITYVIOLATION MessageText: データ値が列の整合性制約に違反しました。

DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_PERMISSIONDENIED

MessageId: DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_PERMISSIONDENIED MessageText: ユーザーが列に書き込む適切なアクセス許可を持っていませんでした。

DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_SCHEMAVIOLATION

MessageId: DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_SCHEMAVIOLATION MessageText: データ値がスキーマ制約に違反しました。

DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH

MessageId: DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH MessageText: データ値が符号付きであり、プロバイダーによって使用される型が符号なしであったため、変換に失敗しました。

DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_TRUNCATED

MessageId: DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_TRUNCATED MessageText: データが切り捨てられました。

DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_COMMANDDESTINATIONADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE MessageText: 状態は使用できません。

DTS_E_COMMITFAILED

MessageId: DTS_E_COMMITFAILED MessageText: コミットに失敗しました。

DTS_E_COMMITTRANSACTION

MessageId: DTS_E_COMMITTRANSACTION MessageText: SSIS ランタイムは、エラー 0x%1!8.8X! "%2!s!"。

DTS_E_COMPFLAGSONLYONSORTCOL

MessageId: DTS_E_COMPFLAGSONLYONSORTCOL MessageText: "%1!s!" では、SortKeyPosition が 0 に設定されているため、ComparisonFlags プロパティを 0 以外に設定することはできません。 出力列の SortKeyPosition が 0 以外の場合のみ、ComparisonFlags も 0 以外に設定できます。

DTS_E_COMPONENT_NOINTERFACE

MessageId: DTS_E_COMPONENT_NOINTERFACE MessageText: %1!s! が見つかりましたが、必要な Integration Services インターフェイス (IDTSRuntimeComponent100) はサポートされていません。 このコンポーネントの更新バージョンをコンポーネント プロバイダーから入手してください。

DTS_E_COMPONENTHASINVALIDCLSID

MessageId: DTS_E_COMPONENTHASINVALIDCLSID MessageText: ID %1!d! を持ついずれかのコンポーネントの CLSID 無効です。

DTS_E_COMPONENTINITFAILED

MessageId: DTS_E_COMPONENTINITFAILED MessageText: コンポーネント %1!s! コンポーネント %1!s! の初期化に失敗しました 。

DTS_E_COMPONENTNOTFOUND

MessageId: DTS_E_COMPONENTNOTFOUND MessageText: "%1!s!" を含むモジュールは、登録されていても見つかりません。

DTS_E_COMPONENTNOTREGISTERED

MessageId: DTS_E_COMPONENTNOTREGISTERED MessageText: "%1!s!" を含むモジュールが正しく登録またはインストールされていません。

DTS_E_COMPONENTVERSIONMISMATCH

MessageId: DTS_E_COMPONENTVERSIONMISMATCH MessageText: %1!s! のバージョン は、このバージョンの DataFlow と互換性がありません。

DTS_E_COMPONENTVIEWISUNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_COMPONENTVIEWISUNAVAILABLE MessageText: コンポーネント ビューは使用できません。 コンポーネント ビューが作成されていることを確認してください。

DTS_E_CONFIGFAILED

MessageId: DTS_E_CONFIGFAILED MessageText: 構成エラー。 これは、構成の種類すべてに対する汎用警告です。 この警告の前に他の警告が発生していて、その警告で詳細が説明されています。

DTS_E_CONFIGFILEFAILEDEXPORT

MessageId: DTS_E_CONFIGFILEFAILEDEXPORT MessageText: 構成ファイルのエクスポートに失敗しました。

DTS_E_CONFIGFORMATINVALID

MessageId: DTS_E_CONFIGFORMATINVALID MessageText: 構成エントリ "%1!s!" の形式が正しくありません。 このエラーは、区切り記号がないか、配列の区切り記号が無効であるなどの形式エラーが原因で発生する可能性があります。

DTS_E_CONFIGFORMATINVALID_PACKAGEDELIMITER

MessageId: DTS_E_CONFIGFORMATINVALID_PACKAGEDELIMITER MessageText: 構成エントリ "%1!s!"" は、パッケージ区切り記号で始まらないため、形式が正しくありません。 "\package" 区切り記号がありませんでした。

DTS_E_CONFIGTYPECONVERSIONFAILED

パッケージ パス "%2" の構成 "%1" の型を変換できませんでした。 このエラーは、構成値を文字列から適切な変換先の型に変換できない場合に発生します。 構成値を確実に変換先のプロパティまたは変数の型に変換できるように、構成値を確認してください。

DTS_E_CONNECTIONMANAGERCOLUMNCOUNTMISMATCH

フラット ファイル接続マネージャー内の列数は、フラット ファイル アダプター内の列数と一致している必要があります。 フラット ファイル接続マネージャーには %1!d! 列ありますが、フラット ファイル アダプターには %2!d! 列あります。

DTS_E_CONNECTIONMANAGERJOINTRANSACTION

MessageId: DTS_E_CONNECTIONMANAGERJOINTRANSACTION MessageText: 接続マネージャーがトランザクションからディフェクトできませんでした。

DTS_E_CONNECTIONMANAGERNOTFOUND

MessageId: DTS_E_CONNECTIONMANAGERNOTFOUND MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" が見つかりません。 コンポーネントが接続のコレクションから接続マネージャーを検索できませんでした。

DTS_E_CONNECTIONMANAGERQUALIFIERALREADYSET

MessageId: DTS_E_CONNECTIONMANAGERQUALIFIERALREADYSET MessageText: 修飾子は、接続マネージャーのこのインスタンスに既に設定されています。 各インスタンスに修飾子を設定できるのは一度だけです。

DTS_E_CONNECTIONMANAGERQUALIFIERNOTSET

MessageId: DTS_E_CONNECTIONMANAGERQUALIFIERNOTSET MessageText: 接続マネージャーのこのインスタンスに修飾子が設定されていません。 初期化を完了するには、修飾子を設定する必要があります。

DTS_E_CONNECTIONMANAGERQUALIFIERNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_CONNECTIONMANAGERQUALIFIERNOTSUPPORTED MessageText: この接続マネージャーは、修飾子の指定をサポートしていません。

DTS_E_CONNECTIONMANAGERTRANSACTEDANDRETAINEDINBULKINSERT

MessageId: DTS_E_CONNECTIONMANAGERTRANSACTEDANDRETAINEDINBULKINSERT MessageText: コンポーネントは、高速読み込みまたは一括挿入のトランザクションで接続を保持する接続マネージャーを使用できません。

DTS_E_CONNECTIONMANANGERNOTASSIGNED

MessageId: DTS_E_CONNECTIONMANANGERNOTASSIGNED MessageText: 接続マネージャーが %1!s! に割り当てされていません。

DTS_E_CONNECTIONNOTFOUND

MessageId: DTS_E_CONNECTIONNOTFOUND MessageText: 接続 "%1!s!" が見つかりません。 このエラーは、特定の接続要素が見つからない場合に接続のコレクションによってスローされます。

DTS_E_CONNECTIONOFFLINE

MessageId: DTS_E_CONNECTIONOFFLINE MessageText: パッケージ OfflineMode プロパティが TRUE であるため、接続マネージャー "%1!s!" は接続を取得しません。 OfflineMode が True に設定されている場合は、接続を取得できません。

DTS_E_CONNECTIONREQUIREDFORMETADATA

MessageId: DTS_E_CONNECTIONREQUIREDFORMETADATA MessageText: 接続がないためにエラーが発生しました。 メタデータを要求するときは、接続を確立する必要があります。 オフラインで作業している場合は、[SSIS] メニューの [オフライン作業] をオフにし、接続を有効にしてください。

DTS_E_CONNECTIONREQUIREDFORREAD

MessageId: DTS_E_CONNECTIONREQUIREDFORREAD MessageText: データを読み取るために接続が必要です。

DTS_E_CONNECTIONSTRING

MessageId: DTS_E_CONNECTIONSTRING MessageText: 指定された接続文字列を使用しているときに、OLE DB がデータベース接続に失敗しました。

DTS_E_CONNECTIONSTRINGFORMAT

MessageId: DTS_E_CONNECTIONSTRINGFORMAT MessageText: 接続文字列の形式が無効です。 セミコロンで区切った X=Y という形式が 1 つ以上含まれている必要があります。 このエラーは、データベース接続マネージャーに、コンポーネントを持たない接続文字列が設定されている場合に発生します。

DTS_E_CONNECTIONTERMINATED

MessageId: DTS_E_CONNECTIONTERMINATED MessageText: サーバーとの接続がリセットまたは終了しました。 後で再試行してください。

DTS_E_CONNECTIONVALIDATIONFAILED

MessageId: DTS_E_CONNECTIONVALIDATIONFAILED MessageText: 接続 "%1!s!" の検証に失敗しました。

DTS_E_CONNECTREQUIREDFORMETADATAVALIDATION

MessageId: DTS_E_CONNECTREQUIREDFORMETADATAVALIDATION MessageText: 接続がないためにエラーが発生しました。 メタデータの検証を続行する前に、接続する必要があります。

DTS_E_CONNECTTOSERVERFAILED

MessageId: DTS_E_CONNECTTOSERVERFAILED MessageText: コンピューター "%1!s!" で Integration Services サービスへの接続が失敗し、"%2!s!"" というエラーが発生しました。

DTS_E_CONNECTTOSERVERFAILED_ACCESSDENIED

サーバーに接続できませんでした。 アクセスが拒否されました。

DTS_E_CONNECTTOSERVERFAILED_NOTREGISTERED

サーバーに接続できませんでした。 サーバーが登録されていません。

DTS_E_CONNECTTOSERVERFAILED_UNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_CONNECTTOSERVERFAILED_UNAVAILABLE MessageText: コンピューター "%1!s!" で Integration Services サービスへの接続が失敗し、"%2!s!"" というエラーが発生しました。%n%nThis エラーは、コンピューターのホスト名が存在しないか、到達できない場合に発生します。

DTS_E_COULD_NOT_DETERMINE_DATASOURCE_DBMSNAME

MessageId: DTS_E_COULD_NOT_DETERMINE_DATASOURCE_DBMSNAME MessageText: "%1!s!"で DBMS の名前とバージョンを特定できません。 このエラーは、接続の IDBProperties によって、DBMS 名とバージョンを確認するのに必要な情報が返されなかった場合に発生します。

DTS_E_COULDNOTCREATECOPYBUFFER

MessageId: DTS_E_COULDNOTCREATECOPYBUFFER MessageText: %1!s! では、並べ替えのためにデータをコピーするバッファーを作成できません。

DTS_E_COULDNOTFINDINPUTBUFFERCOLUMNBYLINEAGE

MessageId: DTS_E_COULDNOTFINDINPUTBUFFERCOLUMNBYLINEAGE MessageText: %1!s! LineageID %2!ld! 見つかりません。

DTS_E_COULDNOTGETCOLUMNINFOFORCOPYBUFFER

MessageId: DTS_E_COULDNOTGETCOLUMNINFOFORCOPYBUFFER MessageText: %1!s! 列 "%2!lu!" の列情報をコピー バッファーから取得できません。

DTS_E_COULDNOTGETCOLUMNINFOFORINPUTBUFFER

MessageId: DTS_E_COULDNOTGETCOLUMNINFOFORINPUTBUFFER MessageText: %1!s! 列 %2!lu! の列情報を取得できません。 取得できません。

DTS_E_COULDNOTREGISTERCOPYBUFFER

MessageId: DTS_E_COULDNOTREGISTERCOPYBUFFER MessageText: %1!s! では、コピー バッファーのバッファーの種類を登録できません。

DTS_E_COULDNOTREPLACECHECKPOINTFILE

MessageId: DTS_E_COULDNOTREPLACECHECKPOINTFILE MessageText: 既存のチェックポイント ファイルを更新されたチェックポイント ファイルに置き換えることはできません。 チェックポイントは一時ファイルに正常に作成されましたが、既存のファイルを新しいファイルに置き換えることができませんでした。

DTS_E_COULDNOTRESOLVEPACKAGEPATH

MessageId: DTS_E_COULDNOTRESOLVEPACKAGEPATH MessageText: パッケージ "%1!s!"内のオブジェクトへのパッケージ パスを解決できません。 パッケージ パスが有効であることを確認してください。

DTS_E_CREATECHECKPOINTFILE

MessageId: DTS_E_CREATECHECKPOINTFILE MessageText: チェックポイント ファイル "%1!s!" がエラー 0x%2!8.8X! 。

DTS_E_CREATEEXPRESSIONOBJECTFAILED

MessageId: DTS_E_CREATEEXPRESSIONOBJECTFAILED MessageText: 式 "%1!s!"にメモリを割り当てることができません。 式を保持する内部オブジェクトを作成中にメモリ不足になりました。

DTS_E_CREATEFOLDERONSQLSERVER_OLEDB

MessageId: DTS_E_CREATEFOLDERONSQLSERVER_OLEDB MessageText: CreateFolderOnSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2!s!)発行された SQL ステートメントが失敗しました。

DTS_E_CREATEMANAGEDHELPERFAILED

MessageId: DTS_E_CREATEMANAGEDHELPERFAILED MessageText: SSIS マネージド ヘルパー オブジェクトは、エラー 0x%1!8.8X! で作成中に失敗しました。 "%2!s!"。 このエラーは、CoCreateInstance CLSID_DTSManagedHelper が失敗するたびに発生します。

DTS_E_CUSTOMEVENTCONFLICT

MessageId: DTS_E_CUSTOMEVENTCONFLICT MessageText: カスタム イベント "%1!s!" は、別のパラメーター リストで既に宣言されています。 タスクにより、異なるパラメーター リストで別のタスクが既に宣言されているカスタム イベントを宣言しようとしています。

DTS_E_CUSTOMPROPERTYISREADONLY

MessageId: DTS_E_CUSTOMPROPERTYISREADONLY MessageText: %2!s! のカスタム プロパティ "%1!s!" の値。 は変更できません。

DTS_E_CYCLEINEXECUTIONTREE

MessageId: DTS_E_CYCLEINEXECUTIONTREE MessageText: 実行ツリーにはサイクルが含まれています。

DTS_E_DANGLINGWITHPATH

MessageId: DTS_E_DANGLINGWITHPATH MessageText: %1!s! は未解決としてマークされていますが、パスがアタッチされています。

DTS_E_DATACONVERSIONFAILED

MessageId: DTS_E_DATACONVERSIONFAILED MessageText: 列 "%1!s!" の変換中にデータ変換に失敗しました(%2!d!)to column "%3!s!"(%4!d!)。 この変換により、状態値 %5!d! と および状態テキスト "%6!s!"。

DTS_E_DATAREADERDESTCANNOTCONVERT

MessageId: DTS_E_DATAREADERDESTCANNOTCONVERT MessageText: %1!s! データ型 "%2!s!" からデータ型 "%3!s!" に変換します。

DTS_E_DATAREADERDESTDATATYPENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_DATAREADERDESTDATATYPENOTSUPPORTED MessageText: %2!s! で見つかったデータ型 "%1!s!" は %3!s! ではサポートされていません。

DTS_E_DATAREADERDESTINVALIDCODEPAGE

MessageId: DTS_E_DATAREADERDESTINVALIDCODEPAGE MessageText: %1!s! にはサポートされていないコード ページ %2!d! があります。

DTS_E_DATAREADERDESTINVALIDCOLUMNORDINAL

MessageId: DTS_E_DATAREADERDESTINVALIDCOLUMNORDINAL MessageText: 列の序数位置が無効です。

DTS_E_DATAREADERDESTREADERISATEND

MessageId: DTS_E_DATAREADERDESTREADERISATEND MessageText: SSIS IDataReader が結果セットの末尾を過ぎている。

DTS_E_DATAREADERDESTREADERISCLOSED

MessageId: DTS_E_DATAREADERDESTREADERISCLOSED MessageText: SSIS IDataReader が閉じられます。

DTS_E_DATAREADERDESTREADERTIMEOUT

MessageId: DTS_E_DATAREADERDESTREADERTIMEOUT MessageText: SSIS IDataReader が閉じられます。 読み取りのタイムアウトの期限が切れています。

DTS_E_DATAREADERDESTREADFAILED

MessageId: DTS_E_DATAREADERDESTREADFAILED MessageText: DataReader クライアントが Read の呼び出しに失敗したか、DataReader を閉じています。

DTS_E_DATAREADERDESTUNABLETOPROCESSDATA

MessageId: DTS_E_DATAREADERDESTUNABLETOPROCESSDATA MessageText: %1!s! データを処理できませんでした。

DTS_E_DATAREADERSRCUNABLETOPROCESSDATA

MessageId: DTS_E_DATAREADERSRCUNABLETOPROCESSDATA MessageText: %1!s! データを処理できませんでした。 %2!s!

DTS_E_DATASOURCECOLUMNWITHNONAMEFOUND

MessageId: DTS_E_DATASOURCECOLUMNWITHNONAMEFOUND MessageText: 名前のないデータ ソース列があります。 各データ ソース列には名前を付ける必要があります。

DTS_E_DATATAP_CREATEFILEFAILURE

MessageId: DTS_E_DATATAP_CREATEFILEFAILURE MessageText: データ フロー エンジンは、エラー コード 0x%2!8.8X! でデータ タップ ファイル "%1!s!" を作成できませんでした。

DTS_E_DATATAP_DUPLICATE

MessageId: DTS_E_DATATAP_DUPLICATE MessageText: 指定されたパスに既にデータ タップ構成があります。 これ以上の構成は許可されません。

DTS_E_DATATAP_FAILTOAPPLYCONFIGURATION

MessageId: DTS_E_DATATAP_FAILTOAPPLYCONFIGURATION MessageText: データ フロー タスク "%1!s!"にデータ タップ構成を適用中にエラーが発生しました。 指定されたデータ フロー パス ID は "%2!s!" で、ファイル名は "%3!s!" です。 エラーの説明は "%4!s!"です。

DTS_E_DATATAP_INVALIDFILENAME

MessageId: DTS_E_DATATAP_INVALIDFILENAME MessageText: 指定されたデータ タップ ファイル名が無効です。

DTS_E_DATATAP_INVALIDPATH

MessageId: DTS_E_DATATAP_INVALIDPATH MessageText: 指定されたデータ フロー パス ID が無効です。

DTS_E_DATATAP_NOTAPLOCATION

MessageId: DTS_E_DATATAP_NOTAPLOCATION MessageText: データ フロー エンジンが、データ タップの場所のシステム レジストリでフォルダー設定を見つけることができませんでした。

DTS_E_DATATAP_READONLY

MessageId: DTS_E_DATATAP_READONLY MessageText: パッケージの実行中にデータ タップを構成できませんでした。

DTS_E_DATATAPFAILED

MessageId: DTS_E_DATATAPFAILED MessageText: パス "%1!s!" のデータ タップがエラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_DECRYPTPACKAGE_USERKEY

MessageId: DTS_E_DECRYPTPACKAGE_USERKEY MessageText: ユーザー キーで暗号化されたパッケージの暗号化を解除できませんでした。 別のユーザーがこのパッケージを暗号化したか、パッケージが保存されたときのコンピューターが使用されていません。

DTS_E_DECRYPTPROJECT_PASSWORD

MessageId: DTS_E_DECRYPTPROJECT_PASSWORD MessageText: プロジェクトはパスワードで暗号化されます。 パスワードが指定されなかったか、正しくありません。

DTS_E_DECRYPTPROJECT_USERKEY

MessageId: DTS_E_DECRYPTPROJECT_USERKEY MessageText: ユーザー キーで暗号化されたプロジェクトの暗号化を解除できませんでした。 このプロジェクトを暗号化したユーザーではないか、プロジェクトの保存に使用されたコンピューターを使用していない可能性があります。

DTS_E_DECRYPTXML_PASSWORD

MessageId: DTS_E_DECRYPTXML_PASSWORD MessageText: パスワードが指定されていないか、正しくないため、暗号化された XML ノードの暗号化を解除できませんでした。 暗号化された情報を読み込まずに、パッケージの読み込みが続行されます。

DTS_E_DEPRECATEDTASK

MessageId: DTS_E_DEPRECATEDTASK MessageText: "%1!s!" タスクは非推奨となり、このバージョンの Integration Services では使用できません。

DTS_E_DERIVEDRESULT_TOO_LONG

MessageId: DTS_E_DERIVEDRESULT_TOO_LONG MessageText: 変換で %1!u! より長い結果値が検出されました。 バイトです。

DTS_E_DESTINATIONFLATFILEREQUIRED

対象になるフラット ファイル名が指定されませんでした。 フラット ファイル接続マネージャーが接続文字列を使用して構成されていることを確認してください。 フラット ファイル接続マネージャーが複数のコンポーネントで使用されている場合は、接続文字列に十分なファイル名が含まれていることを確認してください。

DTS_E_DESTINATIONOBJECTPARENTLESS

MessageId: DTS_E_DESTINATIONOBJECTPARENTLESS MessageText: プロパティ マッピングの宛先オブジェクトに親がありません。 変換先オブジェクトはどのコンテナーの子オブジェクトでもありません。 パッケージから削除された可能性があります。

DTS_E_DESTINATIONTABLENAMENOTPROVIDED

MessageId: DTS_E_DESTINATIONTABLENAMENOTPROVIDED MessageText: 宛先テーブル名が指定されていません。

DTS_E_DIRECTTONONERROROUTPUT

MessageId: DTS_E_DIRECTTONONERROROUTPUT MessageText: バッファー マネージャーは、エラー出力として登録されていない出力にエラー行をプッシュしようとしました。 IsErrorOut プロパティが True に設定されていない出力で DirectErrorRow が呼び出されました。

DTS_E_DISCONNECTEDCOMPONENT

MessageId: DTS_E_DISCONNECTEDCOMPONENT MessageText: コンポーネントがレイアウトから切断されています。

DTS_E_DISCONNECTEDOBJECT

MessageId: DTS_E_DISCONNECTEDOBJECT MessageText: %1!s! object "%2!s!"(%3!d!)はレイアウトから切断されます。

DTS_E_DISCONNECTEDPATH

MessageId: DTS_E_DISCONNECTEDPATH MessageText: パス '%1!s!' には有効なエンドポイントがありません。

DTS_E_DISKIOBUFFEROVERFLOW

MessageId: DTS_E_DISKIOBUFFEROVERFLOW MessageText: %1!d! のデータを書き込もうとします。 データを書き込めませんでした。 ディスク I/O バッファーには、%2!d! バイトの 空き容量があります。

DTS_E_DISKIOFAILED

MessageId: DTS_E_DISKIOFAILED MessageText: ファイルの読み取り中に予期しないディスク I/O エラーが発生しました。

DTS_E_DISKIOTIMEDOUT

MessageId: DTS_E_DISKIOTIMEDOUT MessageText: ファイルの読み取り中にディスク I/O タイムアウトが発生しました。

DTS_E_DISPENSEDREADONLY

MessageId: DTS_E_DISPENSEDREADONLY MessageText: Variables コレクションは VariableDispenser から返され、変更できません。 ディスペンサーで管理されているコレクションに対して、項目を追加または削除することはできません。

DTS_E_DISTRIBUTORADDFAILED

MessageId: DTS_E_DISTRIBUTORADDFAILED MessageText: エラー 0x%2!8.8X! が原因で、ディストリビューターがスレッド "%1!s!" にバッファーを渡せませんでした。 対象のスレッドが終了する可能性があります。

DTS_E_DISTRIBUTORCANTSETPROPERTY

MessageId: DTS_E_DISTRIBUTORCANTSETPROPERTY MessageText: スレッド "%1!s!" のディストリビューターは、エラー 0x%8.8X のため、コンポーネント "%3!s!" でプロパティ "%2!s!" を初期化できませんでした。 ディストリビューターがコンポーネントのプロパティを初期化できなかったので、続行できません。

DTS_E_DOESNOTSUPPORTTRANSACTIONS

MessageId: DTS_E_DOESNOTSUPPORTTRANSACTIONS MessageText: トランザクションへの参加はサポートされていません。

DTS_E_DOWNGRADEFAILED

MessageId: DTS_E_DOWNGRADEFAILED MessageText: "%1!s!" のコンポーネント メタデータを古いバージョンのコンポーネントにダウングレードできませんでした。 PerformDowngrade メソッドが失敗しました。

DTS_E_DTPMISSINGATTRIBUTE

MessageId: DTS_E_DTPMISSINGATTRIBUTE MessageText: 予期される属性 "%1!s!" が見つかりませんでした。

DTS_E_DTPMISSINGELEMENT

MessageId: DTS_E_DTPMISSINGELEMENT MessageText: 予期される要素 "%1!s!" が見つかりませんでした。

DTS_E_DTPXMLBOOLCONVERTERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLBOOLCONVERTERR MessageText: 値 "%1!s!" をブール値に変換できません。

DTS_E_DTPXMLCANTREADIDATTR

MessageId: DTS_E_DTPXMLCANTREADIDATTR MessageText: ID 属性を読み取ることができません。

DTS_E_DTPXMLCONNECTIONLOADERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLCONNECTIONLOADERR MessageText: XML 読み込み中に接続オブジェクトを設定中にエラーが発生しました。

DTS_E_DTPXMLDATATYPEERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLDATATYPEERR MessageText: 値 "%1!s!" が属性 "%2!s!" に対して無効です。

DTS_E_DTPXMLDOMCREATEERROR

MessageId: DTS_E_DTPXMLDOMCREATEERROR MessageText: XML DOM ドキュメントをインスタンス化できません。MSXML バイナリが正しくインストールおよび登録されていることを確認してください。

DTS_E_DTPXMLDOMLOADERROR

MessageId: DTS_E_DTPXMLDOMLOADERROR MessageText: 処理のためにローカル DOM に XML データを読み込むことができません。

DTS_E_DTPXMLEVENTSCACHEERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLEVENTSCACHEERR MessageText: イベント インターフェイスを取得できません。 XML に保存するためにデータ フロー モジュールに渡されたイベント インターフェイスが無効です。

DTS_E_DTPXMLIDLOOKUPERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLIDLOOKUPERR MessageText: ID %1!d! の参照先オブジェクト パッケージに見つかりませんでした。

DTS_E_DTPXMLINPUTCOLUMNLOADERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLINPUTCOLUMNLOADERR MessageText: XML 読み込み中に入力列オブジェクトを設定中にエラーが発生しました。

DTS_E_DTPXMLINPUTLOADERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLINPUTLOADERR MessageText: XML 読み込み中に入力オブジェクトを設定中にエラーが発生しました。

DTS_E_DTPXMLINT32CONVERTERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLINT32CONVERTERR MessageText: 値 "%1!s!" を整数に変換できません。

DTS_E_DTPXMLINVALIDPROPERTYARRAYNOTENOUGHVALUES

MessageId: DTS_E_DTPXMLINVALIDPROPERTYARRAYNOTENOUGHVALUES MessageText: 配列型のプロパティを解析するときに見つかった配列要素が少なすぎます。 elementCount は見つかった配列要素の数より大きくなっています。

DTS_E_DTPXMLINVALIDPROPERTYARRAYTOOMANYVALUES

MessageId: DTS_E_DTPXMLINVALIDPROPERTYARRAYTOOMANYVALUES MessageText: 配列型のプロパティを解析するときに見つかった配列要素が多すぎます。 elementCount は見つかった配列要素の数より小さくなっています。

DTS_E_DTPXMLINVALIDXMLPERSISTPROPERTY

MessageId: DTS_E_DTPXMLINVALIDXMLPERSISTPROPERTY MessageText: pipelinexml モジュールに必要な永続化プロパティを読み取ることができません。 このプロパティは、パイプラインで指定されていませんでした。

DTS_E_DTPXMLLOADFAILURE

MessageId: DTS_E_DTPXMLLOADFAILURE MessageText: XML から読み込むことができません。

DTS_E_DTPXMLOUTPUTCOLUMNLOADERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLOUTPUTCOLUMNLOADERR MessageText: XML 読み込み中に出力列オブジェクトを設定中にエラーが発生しました。

DTS_E_DTPXMLOUTPUTLOADERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLOUTPUTLOADERR MessageText: XML 読み込み中に出力オブジェクトを設定中にエラーが発生しました。

DTS_E_DTPXMLPARSEERRORNEARID

MessageId: DTS_E_DTPXMLPARSEERRORNEARID MessageText: ID %1!d! のオブジェクトの近くで読み込みエラーが発生しました。

DTS_E_DTPXMLPATHLOADERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLPATHLOADERR MessageText: XML 読み込み中にパス オブジェクトの設定中にエラーが発生しました。

DTS_E_DTPXMLPROPERTYLOADERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLPROPERTYLOADERR MessageText: XML 読み込み中にプロパティ オブジェクトを設定中にエラーが発生しました。

DTS_E_DTPXMLPROPERTYSTATEERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLPROPERTYSTATEERR MessageText: 値 "%1!s!" は属性 "%2!s!" に対して無効です。

DTS_E_DTPXMLPROPERTYTYPEERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLPROPERTYTYPEERR MessageText: 値 "%1!s!" は属性 "%2!s!" に対して無効です。

DTS_E_DTPXMLSAVEFAILURE

MessageId: DTS_E_DTPXMLSAVEFAILURE MessageText: XML に保存できません。

DTS_E_DTPXMLSETUSAGETYPEERR

MessageId: DTS_E_DTPXMLSETUSAGETYPEERR MessageText: 値 "%1!s!" が属性 "%2!s!" に対して無効です。

DTS_E_DTRXMLSAVEFAILURE

MessageId: DTS_E_DTRXMLSAVEFAILURE MessageText: 構成ファイルを保存できません。 ファイルが読み取り専用である可能性があります。

DTS_E_DTS_E_FTPTASK_CANNOT_ACQUIRE_CONNECTION

MessageId: DTS_E_DTS_E_FTPTASK_CANNOT_ACQUIRE_CONNECTION MessageText: FTP 接続の取得中にエラーが発生しました。 有効な接続の種類 "%1!s!" を指定しているかどうかを確認してください。

DTS_E_DTSNAME_ALPHADIGITUNDERBAR

MessageId: DTS_E_DTSNAME_ALPHADIGITUNDERBAR MessageText: オブジェクト名 "%1!s!" が無効です。 名前には英数字またはアンダースコア "_" のみを指定する必要があります。

DTS_E_DTSNAME_BEGINSWITHALPHA

MessageId: DTS_E_DTSNAME_BEGINSWITHALPHA MessageText: オブジェクト名 "%1!s!" が無効です。 名前の先頭は英文字にする必要があります。

DTS_E_DTSNAME_BEGINSWITHALPHAUNDERBAR

MessageId: DTS_E_DTSNAME_BEGINSWITHALPHAUNDERBAR MessageText: オブジェクト名 "%1!s!" が無効です。 名前の先頭は英文字またはアンダースコア "_" にする必要があります。

DTS_E_DTSNAME_LEGAL

MessageId: DTS_E_DTSNAME_LEGAL MessageText: オブジェクト名 "%1!s!" が無効です。 名前には次のどの文字も含めることができません: / \ : [ ] . =

DTS_E_DTSNAME_NOLEADWHITESP

MessageId: DTS_E_DTSNAME_NOLEADWHITESP MessageText: オブジェクト名 "%1!s!" が無効です。 名前の先頭を空白にすることはできません。

DTS_E_DTSNAME_NOTEMPTY

MessageId: DTS_E_DTSNAME_NOTEMPTY MessageText: オブジェクト名が無効です。 名前を空にすることはできません。

DTS_E_DTSNAME_NOTNULL

MessageId: DTS_E_DTSNAME_NOTNULL MessageText: オブジェクト名が無効です。 名前を NULL にすることはできません。

DTS_E_DTSNAME_NOTRAILWHITESP

MessageId: DTS_E_DTSNAME_NOTRAILWHITESP MessageText: オブジェクト名 "%1!s!" が無効です。 名前の末尾を空白にすることはできません。

DTS_E_DTSNAME_PRINTABLE

MessageId: DTS_E_DTSNAME_PRINTABLE MessageText: オブジェクト名 "%1!s!" が無効です。 名前の印刷が不可能になる制御文字を含めることはできません。

DTS_E_DTSNAME_TOOLONG

MessageId: DTS_E_DTSNAME_TOOLONG MessageText: オブジェクト名が長すぎます。 オブジェクト名の長さが最大長を超えることはできません。

DTS_E_DTSNAME_VALIDFILENAME

MessageId: DTS_E_DTSNAME_VALIDFILENAME MessageText: オブジェクト名 "%1!s!" が無効です。 名前には次のどの文字も含めることができません: / \ : ? " <> |

DTS_E_DTSPROCTASK_CANNOTWRITEINAREADONLYVARIABLE

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_CANNOTWRITEINAREADONLYVARIABLE MessageText: 実行結果を読み取り専用変数に保存できません。

DTS_E_DTSPROCTASK_CONNECTIONMANAGERNOTOLAP

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_CONNECTIONMANAGERNOTOLAP MessageText: Connection "%1!s!" は Analysis Services 接続ではありません。

DTS_E_DTSPROCTASK_CONNECTIONNOTFOUND

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_CONNECTIONNOTFOUND MessageText: "%1!s!" 接続マネージャー定義されていません。

DTS_E_DTSPROCTASK_DDLEXECUTIONFAILED

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_DDLEXECUTIONFAILED MessageText: DDL の実行に失敗しました。

DTS_E_DTSPROCTASK_FILECONNECTIONNOTDEFINED

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_FILECONNECTIONNOTDEFINED MessageText: ファイル接続 "%1!s!" が定義されていません。

DTS_E_DTSPROCTASK_FILEDOESNOTEXIST

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_FILEDOESNOTEXIST MessageText: 接続 "%1!s!" に関連付けられているファイルはありません。

DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDCONNECTION

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDCONNECTION MessageText: "%1!s!" 接続マネージャーファイル 接続マネージャーではありません。

DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDDDL

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDDDL MessageText: DDL が無効です。

DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDDDLPROCESSINGCOMMANDS

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDDDLPROCESSINGCOMMANDS MessageText: ProcessingCommands で見つかった DDL が無効です。

DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDTASKDATANODEEXE

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDTASKDATANODEEXE MessageText: Analysis Services DDL 実行タスクが無効なタスク データ ノードを受信しました。

DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDTASKDATANODEPROC

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDTASKDATANODEPROC MessageText: Analysis Services 処理タスクが無効なタスク データ ノードを受信しました。

DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDVARIABLE

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_INVALIDVARIABLE MessageText: 変数 "%1!s!" は定義されていません。

DTS_E_DTSPROCTASK_NOCONNECTIONSPECIFIED

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_NOCONNECTIONSPECIFIED MessageText: 接続マネージャーが指定されていない。

DTS_E_DTSPROCTASK_NONEXISTENTATTRIBUTE

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_NONEXISTENTATTRIBUTE MessageText: 逆シリアル化中に "%1!s!" が見つかりませんでした。

DTS_E_DTSPROCTASK_TRACEHASBEENSTOPPED

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_TRACEHASBEENSTOPPED MessageText: 例外が原因でトレースが停止しました。

DTS_E_DTSPROCTASK_UNABLETOLOCATECONNECTIONMANAGER

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_UNABLETOLOCATECONNECTIONMANAGER MessageText: 接続 "%1!s!" が見つからない。

DTS_E_DTSPROCTASK_VARIABLENOTDEFINED

MessageId: DTS_E_DTSPROCTASK_VARIABLENOTDEFINED MessageText: 変数 "%1!s!" が定義されていません。

DTS_E_DUMP_FAILED

MessageId: DTS_E_DUMP_FAILED MessageText: デバッグ ダンプ ファイルが正しく生成されませんでした。 hresult は 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_DUPLICATECOLUMNNAME

MessageId: DTS_E_DUPLICATECOLUMNNAME MessageText: 列名 "%1!s!" が重複しています。

DTS_E_DUPLICATECONSTRAINT

MessageId: DTS_E_DUPLICATECONSTRAINT MessageText: 指定した実行可能ファイル間に優先順位制約が既に存在します。 複数の優先順位制約は許可されていません。

DTS_E_DUPLICATEDATASOURCECOLUMNNAME

MessageId: DTS_E_DUPLICATEDATASOURCECOLUMNNAME MessageText: "%1!s!" という名前のデータ ソース列が複数存在します。 データ ソース列の名前は一意である必要があります。

DTS_E_DUPLICATEIDFOUND

MessageId: DTS_E_DUPLICATEIDFOUND MessageText: ID %1!d! を使用しようとしています。 複数回使用しようとしています。

DTS_E_DUPLICATELINEAGEIDSINCOLLECTION

MessageId: DTS_E_DUPLICATELINEAGEIDSINCOLLECTION MessageText: 同じコレクション内の 2 つのオブジェクトの系列 ID が %1!d! の重複しています。 オブジェクトは %2!s! と %3!s!.

DTS_E_DUPLICATENAMESINCOLLECTION

MessageId: DTS_E_DUPLICATENAMESINCOLLECTION MessageText: パッケージには、重複する名前が "%1!s!" と "%2!s!" の 2 つのオブジェクトが含まれています。

DTS_E_DUPLICATEOUTPUTCOLUMNNAMES

MessageId: DTS_E_DUPLICATEOUTPUTCOLUMNNAMES MessageText: "%1!s!" の名前は重複しています。 すべての名前は一意である必要があります。

DTS_E_ELEMENTNOTFOUND

MessageId: DTS_E_ELEMENTNOTFOUND MessageText: 要素がコレクション内に見つかりません。 このエラーは、パッケージの実行中、コンテナーのコレクションから要素を取得しようとしたときに、要素がコレクションにない場合に発生します。

DTS_E_EMPTYRUNTIMECONNECTIONMANAGERID

MessageId: DTS_E_EMPTYRUNTIMECONNECTIONMANAGERID MessageText: 接続マネージャー コレクション Connections の "%1!s!" の "%2!s!" には、ID プロパティの値がありません。 このコンポーネントに、ランタイム接続オブジェクトの ConnectionManagerID プロパティが設定されていることを確認してください。

DTS_E_ENUMERATIONELEMENTNOTENUMERABLE

MessageId: DTS_E_ENUMERATIONELEMENTNOTENUMERABLE MessageText: ForEach 列挙子によって返される列挙子の要素は IEnumerator を実装せず、ForEach 列挙子の CollectionEnumerator プロパティと矛盾します。

DTS_E_EOFANNOUNCEMENTFAILED

MessageId: DTS_E_EOFANNOUNCEMENTFAILED MessageText: Data Flow タスクは、行セットの末尾をマークするバッファーを作成できません。

DTS_E_ERRMSGTASK_DIFFERENTMESSAGEANDLANGUAGESIZES

MessageId: DTS_E_ERRMSGTASK_DIFFERENTMESSAGEANDLANGUAGESIZES MessageText: エラー メッセージの一覧とそれに対応する言語は、サイズが異なります。

DTS_E_ERRMSGTASK_EMPTYSOURCELIST

MessageId: DTS_E_ERRMSGTASK_EMPTYSOURCELIST MessageText: 転送するエラー メッセージはありません。

DTS_E_ERRMSGTASK_ERRORMESSAGEALREADYEXISTS

MessageId: DTS_E_ERRMSGTASK_ERRORMESSAGEALREADYEXISTS MessageText: 宛先サーバーにエラー メッセージ "%1!s!" が既に存在します。

DTS_E_ERRMSGTASK_ERRORMESSAGECANTBEFOUND

MessageId: DTS_E_ERRMSGTASK_ERRORMESSAGECANTBEFOUND MessageText: "%1!s!" というエラー メッセージがソース サーバーで見つかりません。

DTS_E_ERRMSGTASK_ERRORMESSAGEOUTOFRANGE

MessageId: DTS_E_ERRMSGTASK_ERRORMESSAGEOUTOFRANGE MessageText: エラー メッセージ ID "%1!s!" は、ユーザー定義のエラー メッセージの許容範囲外です。 ユーザー定義エラー メッセージ ID は、50000 から 2147483647 までです。

DTS_E_ERRMSGTASK_FAILEDTOTRANSFERERRORMESSAGES

MessageId: DTS_E_ERRMSGTASK_FAILEDTOTRANSFERERRORMESSAGES MessageText: エラー メッセージの一部またはすべてを転送できませんでした。

DTS_E_ERRORATLOADTASK

MessageId: DTS_E_ERRORATLOADTASK MessageText: タスクの読み込み中にエラーが発生しました。 このエラーは、XML からのタスクの読み込みに失敗した場合に発生します。

DTS_E_ERRORCOLUMNHASINCORRECTPROPERTIES

MessageId: DTS_E_ERRORCOLUMNHASINCORRECTPROPERTIES MessageText: %1!s! エラー出力には、対応するデータ ソース列のプロパティと一致しないプロパティがあります。

DTS_E_ERRORCOLUMNHASNOOUTPUTCOLUMN

MessageId: DTS_E_ERRORCOLUMNHASNOOUTPUTCOLUMN MessageText: %1!s! エラー出力には、エラー以外の出力に対応する出力列がありません。

DTS_E_ERRORCOMPONENT

MessageId: DTS_E_ERRORCOMPONENT MessageText: コンポーネントが見つからない、登録されていない、アップグレードできない、または必要なインターフェイスがない。 このコンポーネントの連絡先情報は "%1!s!" です。

DTS_E_ERRORELEMENTNOTINCOLL

MessageId: DTS_E_ERRORELEMENTNOTINCOLL MessageText: 要素 "%1!s!" はコレクション "%2!s!" に存在しません。

DTS_E_ERRORLOADINGTASK

MessageId: DTS_E_ERRORLOADINGTASK MessageText: タスク "%1!s!" を読み込めませんでした。「%2!s!"」と入力します。 このタスクの連絡先情報は "%3!s!" です。

DTS_E_ERRORLOADINGTASKNOCONTACT

MessageId: DTS_E_ERRORLOADINGTASKNOCONTACT MessageText: タスク "%1!s!" の読み込み中にエラーが発生しました。

DTS_E_ERROROCCURREDWHILERETRIEVINGFILENAME

MessageId: DTS_E_ERROROCCURREDWHILERETRIEVINGFILENAME MessageText: コンポーネントのファイル名の取得がエラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_ERROROCCURREDWITHFOLLOWINGMESSAGE

MessageId: DTS_E_ERROROCCURREDWITHFOLLOWINGMESSAGE MessageText: "%1!s!" というエラー メッセージでエラーが発生しました。

DTS_E_ERROROUTCANTBEONSYNCNONEXCLUSIVEOUTPUT

MessageId: DTS_E_ERROROUTCANTBEONSYNCNONEXCLUSIVEOUTPUT MessageText: "%1!s!" をエラー出力にすることはできません。これは、同期出力と非排他出力にエラー出力を配置できないためです。

DTS_E_ERRORPERSISTMANAGEDTASK

MessageId: DTS_E_ERRORPERSISTMANAGEDTASK MessageText: タスク "%3!s!" の "%2!s!" 中に例外 "%1!s!" が発生しました。

DTS_E_ERRORRETRIEVINGCOLUMNCODEPAGE

MessageId: DTS_E_ERRORRETRIEVINGCOLUMNCODEPAGE MessageText: 列コード ページ情報の取得中にエラーが発生しました。

DTS_E_ERRORROWDISPMUSTBENOTUSED

MessageId: DTS_E_ERRORROWDISPMUSTBENOTUSED MessageText: %1!s! エラー行の処理値をRD_NotUsedに設定する必要があります。

DTS_E_ERRORWHILEREADINGDATAROWS

MessageId: DTS_E_ERRORWHILEREADINGDATAROWS MessageText: データ行 %2 でファイル "%1!s!" の処理中にエラーが発生しました。I64d!.

DTS_E_ERRORWHILEREADINGHEADERROWS

MessageId: DTS_E_ERRORWHILEREADINGHEADERROWS MessageText: ヘッダー行の読み取り中にエラーが発生しました。

DTS_E_ERRORWHILESKIPPINGDATAROWS

MessageId: DTS_E_ERRORWHILESKIPPINGDATAROWS MessageText: データ行のスキップ中にエラーが発生しました。

DTS_E_EVENTHANDLERNAMEREADONLY

MessageId: DTS_E_EVENTHANDLERNAMEREADONLY MessageText: イベント ハンドラー名の変更に失敗しました。 イベント ハンドラー名は読み取り専用です。

DTS_E_EVENTHANDLERNOTALLOWED

MessageId: DTS_E_EVENTHANDLERNOTALLOWED MessageText: カスタム イベント "%1!s!" を提供するタスクでは、このイベントをパッケージで処理できません。 このカスタム イベントは、AllowEventHandlers が False に指定された状態で宣言されました。

DTS_E_EXCLGRPNOSYNCINP

MessageId: DTS_E_EXCLGRPNOSYNCINP MessageText: "%1!s!" には、ルート ソースから拡張された仮想バッファーがあります。 同期入力が 0 である、0 以外の除外グループが存在します。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_CLS_NOT_REGISTRED_EXCEPTION

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_CLS_NOT_REGISTRED_EXCEPTION MessageText: DTS 2000 パッケージ タスクを実行するには、SQL Serverセットアップを開始し、[コンポーネントのインストール] ページの [詳細設定] ボタンを使用してレガシ コンポーネントを選択します。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_CONVERT_FAILED

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_CONVERT_FAILED MessageText: "%1!s!" を "%2!s!" に変換できませんでした。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_DATATYPE_NULL

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_DATATYPE_NULL MessageText: データ型を null にすることはできません。 値の検証に使用できる正しいデータ型を指定してください。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_DTS2000CANTBEEMPTY

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_DTS2000CANTBEEMPTY MessageText: DTS 2000 パッケージ プロパティが空です。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_ERROR_IN_LOAD_FROM_XML

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_ERROR_IN_LOAD_FROM_XML MessageText: タグ "%1!s!" の LoadFromXML でエラーが発生しました。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_ERROR_IN_PACKAGE_EXECUTE

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_ERROR_IN_PACKAGE_EXECUTE MessageText: DTS 2000 パッケージの実行中にエラーが発生しました。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_ERROR_IN_SAVE_TO_XML

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_ERROR_IN_SAVE_TO_XML MessageText: タグ "%1!s!" の SaveToXML でエラーが発生しました。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_ERROR_IN_VALIDATE

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_ERROR_IN_VALIDATE MessageText: "%1!s!" を "%2!s!" に対して検証できませんでした。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_FILE_NAME_NOT_SPECIFIED

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_FILE_NAME_NOT_SPECIFIED MessageText: Storage ファイル名が指定されていません。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_HANDLER_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_HANDLER_NOT_FOUND MessageText: Handler not found.

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT MessageText: DTS 2000 パッケージの実行タスクが間違った XML 要素で開始されました。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_NOT_PRIMITIVE_TYPE

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_NOT_PRIMITIVE_TYPE MessageText: "%1!s!" は値型ではありません。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_NULL_VALUE

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_NULL_VALUE MessageText: どのデータ型に対しても null を検証できません。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_NULL_VALUE_ARGUMENT

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_NULL_VALUE_ARGUMENT MessageText: 必須の引数は null です。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_PACKAGE_ID_NOT_SPECIFIED

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_PACKAGE_ID_NOT_SPECIFIED MessageText: パッケージ ID が指定されていません。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_PACKAGE_NAME_NOT_SPECIFIED

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_PACKAGE_NAME_NOT_SPECIFIED MessageText: パッケージ名が指定されていません。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_PACKAGE_VERSIONGUID_NOT_SPECIFIED

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_PACKAGE_VERSIONGUID_NOT_SPECIFIED MessageText: パッケージ バージョン GUID が指定されていません。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_SQL_USERNAME_NOT_SPECIFIED

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_SQL_USERNAME_NOT_SPECIFIED MessageText: SQL Serverユーザー名が指定されていません。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_SQLSERVER_NOT_AVAILABLE_NETWORK

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_SQLSERVER_NOT_AVAILABLE_NETWORK MessageText: 使用可能な SQL Server をネットワークから読み込めません。 ネットワーク接続を確認してください。

DTS_E_EXEC2000PKGTASK_SQLSERVER_NOT_SPECIFIED

MessageId: DTS_E_EXEC2000PKGTASK_SQLSERVER_NOT_SPECIFIED MessageText: SQL Serverが指定されていません。

DTS_E_EXECPROCTASK_CANTREDIRECTIO

MessageId: DTS_E_EXECPROCTASK_CANTREDIRECTIO MessageText: プロセスがタスクの有効期間を超えて実行を続行できる場合、ストリームをリダイレクトできません。

DTS_E_EXECPROCTASK_ERROREXECUTIONVALUE

MessageId: DTS_E_EXECPROCTASK_ERROREXECUTIONVALUE MessageText: プロセスはリターン コード "%1!s!" で終了しました。 ただし、"%2!s!" が予想されていました。

DTS_E_EXECPROCTASK_EXECUTABLENOTSPECIFIED

MessageId: DTS_E_EXECPROCTASK_EXECUTABLENOTSPECIFIED MessageText: 実行可能ファイルが指定されていません。

DTS_E_EXECPROCTASK_FILEDOESNOTEXIST

MessageId: DTS_E_EXECPROCTASK_FILEDOESNOTEXIST MessageText: File/Process "%1!s!" はディレクトリ "%2!s!" に存在しません。

DTS_E_EXECPROCTASK_FILENOTINPATH

MessageId: DTS_E_EXECPROCTASK_FILENOTINPATH MessageText: ファイル/プロセス "%1!s!" がパスにありません。

DTS_E_EXECPROCTASK_INVALIDTIMEOUT

指定されたタイムアウト値は無効です。 タスクでプロセスの実行を許可する時間を秒単位で指定してください。 タイムアウトの最小値は 0 です。これは、タイムアウト値を使用せず、プロセスを最後またはエラーが発生するまで実行することを示します。 タイムアウトの最大値は 2147483 (((2^31) - 1)/1000) です。

DTS_E_EXECPROCTASK_PROCESSEXITCODEEXCEEDS

MessageId: DTS_E_EXECPROCTASK_PROCESSEXITCODEEXCEEDS MessageText: In Executing "%2!s!""%1!s!" の "%3!s!" で、プロセスの終了コードは "%4!s!" でしたが、予期されるコードは "%5!s!" でした。

DTS_E_EXECPROCTASK_PROCESSHASTIMEDOUT

MessageId: DTS_E_EXECPROCTASK_PROCESSHASTIMEDOUT MessageText: プロセスがタイムアウトしました。

DTS_E_EXECPROCTASK_RECEIVEDINVALIDTASKDATANODE

MessageId: DTS_E_EXECPROCTASK_RECEIVEDINVALIDTASKDATANODE MessageText: プロセス実行タスクが、無効なタスク データ ノードを受信しました。

DTS_E_EXECPROCTASK_STDERRVARREADONLY

MessageId: DTS_E_EXECPROCTASK_STDERRVARREADONLY MessageText: 標準エラー変数は読み取り専用です。

DTS_E_EXECPROCTASK_STDOUTVARREADONLY

MessageId: DTS_E_EXECPROCTASK_STDOUTVARREADONLY MessageText: 標準出力変数は読み取り専用です。

DTS_E_EXECPROCTASK_WORKINGDIRDOESNOTEXIST

MessageId: DTS_E_EXECPROCTASK_WORKINGDIRDOESNOTEXIST MessageText: ディレクトリ "%1!s!" が存在しません。

DTS_E_EXECPROCTASK_WORKINGDIRECTORYDOESNOTEXIST

MessageId: DTS_E_EXECPROCTASK_WORKINGDIRECTORYDOESNOTEXIST MessageText: Working Directory "%1!s!" は存在しません。

DTS_E_EXECUTIONTREECYCLE

MessageId: DTS_E_EXECUTIONTREECYCLE MessageText: %1!s! に接続できません。 %2!s! 設定できません。

DTS_E_EXECUTIONTREECYCLEADDINGSYNCHRONOUSINPUT

MessageId: DTS_E_EXECUTIONTREECYCLEADDINGSYNCHRONOUSINPUT MessageText: "%1!s!" の同期入力は、サイクルが作成されるため、"%2!s!" に設定できません。

DTS_E_EXECUTIONTREECYCLESETTINGID

MessageId: DTS_E_EXECUTIONTREECYCLESETTINGID MessageText: ID %1!s! %2!d! に設定できません。 設定できません。

DTS_E_EXISTSONSQLSERVER_OLEDB

MessageId: DTS_E_EXISTSONSQLSERVER_OLEDB MessageText: ExistsOnSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2!s!)。 発行された SQL ステートメントは失敗しました。

DTS_E_EXPIRED

MessageId: DTS_E_EXPIRED MessageText: Integration Services の評価期間が期限切れになりました。

DTS_E_EXPRESSIONCOMPUTEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPRESSIONCOMPUTEFAILED MessageText: 式 "%1!s!" の計算がエラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。 式に、解析時に検出できなかった 0 除算などのエラーが含まれているか、メモリが不足している可能性があります。

DTS_E_EXPRESSIONNOTBOOLEAN

MessageId: DTS_E_EXPRESSIONNOTBOOLEAN MessageText: 式 "%1!s!" は True または False に評価される必要があります。 評価結果がブール値になるように式を変更してください。

DTS_E_EXPRESSIONPARSEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPRESSIONPARSEFAILED MessageText: 式 "%1!s!" を解析できません。 式が無効であったか、メモリが不足しています。

DTS_E_EXPRESSIONVALIDATIONFAILED

MessageId: DTS_E_EXPRESSIONVALIDATIONFAILED MessageText: "%2!s!" の式 "%1!s!" が無効です。

DTS_E_EXPREVALAMBIGUOUSINPUTCOLUMNNAME

MessageId: DTS_E_EXPREVALAMBIGUOUSINPUTCOLUMNNAME MessageText: "%1!s!" という名前の複数の入力列があります。 必要な入力列は、[コンポーネント名] として一意に指定する必要があります。[%2!s!] または系列 ID によって参照されます。 現在、指定された入力列が複数のコンポーネントに存在します。

DTS_E_EXPREVALAMBIGUOUSVARIABLENNAME

MessageId: DTS_E_EXPREVALAMBIGUOUSVARIABLENNAME MessageText: "%1!s!" という名前の変数が複数存在します。 目的の変数は、@[Namespace::%2!s!] として一意に指定する必要があります。 この変数が複数の名前空間に存在します。

DTS_E_EXPREVALASSIGNMENTTOREADONLYVARIABLE

MessageId: DTS_E_EXPREVALASSIGNMENTTOREADONLYVARIABLE MessageText: 代入式で読み取り専用変数 "%1!s!" を使用中にエラーが発生しました。 この変数は読み取り専用なので、式の結果を代入することはできません。 書き込み可能な変数を選択するか、この変数から式を削除してください。

DTS_E_EXPREVALASSIGNMENTTYPEMISMATCH

MessageId: DTS_E_EXPREVALASSIGNMENTTYPEMISMATCH MessageText: 代入式 "%1!s!" の結果を、割り当てられた変数と互換性のある型に変換することはできません。

DTS_E_EXPREVALASSIGNMENTVARIABLELOCKFORWRITEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALASSIGNMENTVARIABLELOCKFORWRITEFAILED MessageText: 変数 "%2!s!" が存在しないか、書き込み用にアクセスできないため、式 "%1!s!" を評価できません。 変数が見つからなかったか、または書き込みアクセス用にロックできなかったので、式の結果は変数に代入されません。

DTS_E_EXPREVALBINARYOPDTSTRNOTSUPPORTED

バイナリ演算のオペランドでは、データ型 DT_STR は入力列およびキャスト演算のみでサポートされています。 式 "%1" には、入力列またはキャストの結果ではない DT_STR オペランドが含まれています。このオペランドはバイナリ演算では使用できません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALBINARYOPERATIONFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALBINARYOPERATIONFAILED MessageText: バイナリ操作 "%1!s!" がエラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。 内部エラーが発生したか、メモリが不足しています。

DTS_E_EXPREVALBINARYOPERATIONSETTYPEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALBINARYOPERATIONSETTYPEFAILED MessageText: バイナリ操作 "%1!s!" の結果の種類を設定しようとしましたが、エラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_EXPREVALBINARYOPERATORCODEPAGEMISMATCH

型 "%2" のバイナリ演算子 "%1" のオペランドに対するコード ページは一致する必要があります。 現在、左辺オペランドのコード ページと右辺オペランドのコード ページが一致しません。 指定された型の指定されたバイナリ演算子では、コード ページが同一である必要があります。

DTS_E_EXPREVALBINARYOPNUMERICOVERFLOW

データ型 %2 と %3 のバイナリ演算 "%1" の結果が数値型の最大サイズを超えています。 オペランドの型を、有効桁数または小数点以下桁数を失うことなく、数値型 (DT_NUMERIC) の結果に暗黙的にキャストできませんでした。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALBINARYOPOVERFLOW

MessageId: DTS_E_EXPREVALBINARYOPOVERFLOW MessageText: バイナリ演算 "%1!s!" の結果が、結果データ型 "%2!s!" の最大サイズを超えています。 演算結果の大きさが、結果の型をオーバーフローしています。

DTS_E_EXPREVALBINARYSIGNMISMATCH

MessageId: DTS_E_EXPREVALBINARYSIGNMISMATCH MessageText: 演算 "%2!s!" でビットごとの二項演算子 "%1!s!" に符号の不一致があります。 この演算子のオペランドは、いずれも正またはいずれも負である必要があります。

DTS_E_EXPREVALBINARYTYPEMISMATCH

データ型 "%1" と "%2" は、バイナリ演算子 "%3" と互換性がありません。 オペランドの型を、この演算と互換性のある型に暗黙的にキャストできませんでした。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALBUILDSTRINGFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALBUILDSTRINGFAILED MessageText: 式の文字列表現を生成しようとしましたが、エラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。 式を表す表示可能な文字列の生成中に失敗しました。

DTS_E_EXPREVALCANNOTCONVERTRESULT

MessageId: DTS_E_EXPREVALCANNOTCONVERTRESULT MessageText: 式の結果データ型 "%1!s!" を列データ型 "%2!s!" に変換できません。 式の結果は、入力列または出力列に書き込まれる必要がありますが、式のデータ型を列のデータ型に変換することができません。

DTS_E_EXPREVALCASTCODEPAGEMISMATCH

式 "%1" をデータ型 "%2" からデータ型 "%3" にキャストできません。キャストされている値のコード ページ (%4!d!) が、要求された結果コード ページ (%5!d!) と一致しません。 キャスト元のコード ページは、キャスト先として要求されているコード ページと一致する必要があります。

DTS_E_EXPREVALCASTFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALCASTFAILED MessageText: データ型 "%2!s!" からデータ型 "%3!s!" に式 "%1!s!" をキャストしました。エラー コード 0x%4!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_EXPREVALCHARMAPPINGFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALCHARMAPPINGFAILED MessageText: 関数 "%1!s!" は、文字列 "%2!s!" で文字マッピングを実行できません。

DTS_E_EXPREVALCOMPUTEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALCOMPUTEFAILED MessageText: 式 "%1!s!" を計算しようとしましたが、エラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPCODEPAGEMISMATCH

型 %2 の条件演算子 "%1" のオペランドでは、コード ページが一致している必要があります。 左辺オペランドのコード ページと右辺オペランドのコード ページが一致しません。 指定された型の条件演算子では、コード ページが同一である必要があります。

DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPDTSTRNOTSUPPORTED

条件演算子のオペランドでは、データ型 DT_STR は入力列およびキャスト演算のみでサポートされています。 式 "%1" には、入力列またはキャストの結果ではない DT_STR オペランドが含まれています。このオペランドは条件演算では使用できません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPERATIONFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPERATIONFAILED MessageText: 条件付き操作 "%1!s!" がエラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。 内部エラーが発生したか、メモリが不足しています。

DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPINVALIDCONDITIONTYPE

MessageId: DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPINVALIDCONDITIONTYPE MessageText: 条件演算子の条件式 "%1!s!" に無効なデータ型 "%2!s!" があります。 条件演算子の条件式は DT_BOOL 型のブール値を返す必要があります。

DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPSETTYPEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPSETTYPEFAILED MessageText: 条件付き操作 "%1!s!" の結果の種類を設定しようとしましたが、エラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_EXPREVALCONDITIONALOPTYPEMISMATCH

データ型 "%1" と "%2" は、条件演算子と互換性がありません。 オペランドの型を暗黙的に条件演算子と互換性のある型にキャストできません。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALDATACONVERSIONFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALDATACONVERSIONFAILED MessageText: エラー コード 0x%1!8.8X! データ型 %2!s から変換しようとしたときに発生しました。 をデータ型 %3!s! に設定します。

DTS_E_EXPREVALDATACONVERSIONNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_EXPREVALDATACONVERSIONNOTSUPPORTED MessageText: データ型 "%1!s!" からデータ型 "%2!s!" への変換はサポートされていません。 変換元のデータ型を変換先のデータ型に変換できません。

DTS_E_EXPREVALDATACONVERSIONOVERFLOW

MessageId: DTS_E_EXPREVALDATACONVERSIONOVERFLOW MessageText: データ型 "%1!s!" からデータ型 "%2!s!" に変換中にオーバーフローが発生しました。 変換先の型に対して変換元の型が大きすぎます。

DTS_E_EXPREVALDIVBYZERO

MessageId: DTS_E_EXPREVALDIVBYZERO MessageText: 0 除算エラーが発生しました。 右側のオペランドは、式 "%1!s!" で 0 に評価されます。

DTS_E_EXPREVALDOTTEDINPUTCOLUMNNAMENOTFOUND

MessageId: DTS_E_EXPREVALDOTTEDINPUTCOLUMNNAMENOTFOUND MessageText: "[%1!s!] という名前の入力列を検索します。[%2!s!]"エラー コード 0x%3!8.8X! で失敗しました。 入力列が入力列のコレクションに見つかりませんでした。

DTS_E_EXPREVALEXPRESSIONEMPTY

MessageId: DTS_E_EXPREVALEXPRESSIONEMPTY MessageText: 計算する式がありませんでした。 空の式の文字列を計算または取得しようとしました。

DTS_E_EXPREVALFAILEDTOCONVERTSTRCOLUMNTOWSTR

MessageId: DTS_E_EXPREVALFAILEDTOCONVERTSTRCOLUMNTOWSTR MessageText: "%1!s!" を型DT_STRから型に変換DT_WSTRエラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。 入力列で暗黙的な変換を実行中にエラーが発生しました。

DTS_E_EXPREVALFAILEDTOPARSEEXPRESSION

MessageId: DTS_E_EXPREVALFAILEDTOPARSEEXPRESSION MessageText: 式 "%1!s!" は無効であり、解析できません。 この式に無効な要素が含まれているか、式が適切な形式ではない可能性があります。

DTS_E_EXPREVALFAILEDTOPARSEEXPRESSIONOUTOFMEMORY

MessageId: DTS_E_EXPREVALFAILEDTOPARSEEXPRESSIONOUTOFMEMORY MessageText: メモリ不足エラーが発生したため、式 "%1!s!" の解析が失敗しました。

DTS_E_EXPREVALFAILEDTOPARSEEXPRESSIONWITHHR

MessageId: DTS_E_EXPREVALFAILEDTOPARSEEXPRESSIONWITHHR MessageText: 式 "%1!s!" の解析が失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。 この式を解析できません。 無効な要素が含まれているか、適切な形式ではない可能性があります。 また、メモリが不足している可能性もあります。

DTS_E_EXPREVALFNFINDSTRINGINVALIDOCCURRENCECOUNT

MessageId: DTS_E_EXPREVALFNFINDSTRINGINVALIDOCCURRENCECOUNT MessageText: 出現回数 %1!d! は関数 "%2!s!" では無効です。 このパラメーターには、0 より大きい値を指定する必要があります。

DTS_E_EXPREVALFNLEFTRIGHTINVALIDLENGTH

MessageId: DTS_E_EXPREVALFNLEFTRIGHTINVALIDLENGTH MessageText: 長さ %1!d! 関数 "%2!s!" に指定された値は負の値であり、無効です。 長さのパラメーターは正の値にする必要があります。

DTS_E_EXPREVALFNREPLICATEINVALIDREPEATCOUNT

MessageId: DTS_E_EXPREVALFNREPLICATEINVALIDREPEATCOUNT MessageText: 繰り返しカウント %1!d! は負の値であり、関数 "%2!s!" には無効です。 繰り返し回数のパラメーターには負の値を指定できません。

DTS_E_EXPREVALFNSUBSTRINGINVALIDLENGTH

MessageId: DTS_E_EXPREVALFNSUBSTRINGINVALIDLENGTH MessageText: 長さ %1!d! は関数 "%2!s!" では無効です。 長さのパラメーターには、負の数を指定できません。 長さのパラメーターを 0 または正の値に変更してください。

DTS_E_EXPREVALFNSUBSTRINGINVALIDSTARTINDEX

MessageId: DTS_E_EXPREVALFNSUBSTRINGINVALIDSTARTINDEX MessageText: 開始インデックス %1!d! は関数 "%2!s!" では無効です。 開始インデックスの値には、0 より大きい整数値を指定する必要があります。 開始インデックスは 0 からではなく、1 から始める必要があります。

DTS_E_EXPREVALFNTOKEN_EMPTYDELIM

MessageId: DTS_E_EXPREVALFNTOKEN_EMPTYDELIM MessageText: 区切り記号を空の文字列にすることはできません。

DTS_E_EXPREVALFUNCTIONCOMPUTEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALFUNCTIONCOMPUTEFAILED MessageText: 関数 "%1!s!" の評価がエラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_EXPREVALFUNCTIONCONVERTPARAMTOMEMBERFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALFUNCTIONCONVERTPARAMTOMEMBERFAILED MessageText: パラメーター番号 %1!d! 関数 "%2!s!" の値を静的な値に変換することはできません。

DTS_E_EXPREVALFUNCTIONOVERFLOW

MessageId: DTS_E_EXPREVALFUNCTIONOVERFLOW MessageText: 関数呼び出し "%1!s!" の結果が大きすぎて型 "%2!s!" に収まりません。 関数呼び出し結果の大きさが、オペランドの型をオーバーフローしています。 より大きい型に明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALFUNCTIONPARAMNOTSTATIC

MessageId: DTS_E_EXPREVALFUNCTIONPARAMNOTSTATIC MessageText: パラメーター番号 %1!d! 関数 "%2!s!" は静的ではありません。 このパラメーターは静的である必要があり、入力列などの動的な要素を含めることはできません。

DTS_E_EXPREVALILLEGALESCAPEINSTRINGLITERAL

MessageId: DTS_E_EXPREVALILLEGALESCAPEINSTRINGLITERAL MessageText: 文字列リテラル "%1!s!" に無効なエスケープ シーケンス "%2!c!" が含まれています。 このエスケープ シーケンスは、式エバリュエーターの文字列リテラルでサポートされていません。 文字列に円記号が必要な場合は、二重円記号 "\" を使用します。

DTS_E_EXPREVALILLEGALHEXESCAPEINSTRINGLITERAL

文字列リテラル "%1" に、無効な 16 進数のエスケープ シーケンス "\x%2" が含まれています。 このエスケープ シーケンスは、式エバリュエーターの文字列リテラルでサポートされていません。 16 進数のエスケープ シーケンスは、\xhhhh という形式で表す必要があります。ここで、h は有効な 16 進数の桁を示します。

DTS_E_EXPREVALINPUTCOLUMNIDNOTFOUND

MessageId: DTS_E_EXPREVALINPUTCOLUMNIDNOTFOUND MessageText: 系列 ID %1!d! の入力列の検索を試みます。 検索できませんでした。 入力列が入力列のコレクションに見つかりませんでした。

DTS_E_EXPREVALINPUTCOLUMNNAMENOTFOUND

MessageId: DTS_E_EXPREVALINPUTCOLUMNNAMENOTFOUND MessageText: "%1!s!" という名前の入力列を検索しようとしましたが、エラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。 指定された入力列が入力列のコレクションに見つかりませんでした。

DTS_E_EXPREVALINVALIDCAST

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDCAST MessageText: 式 "%1!s!" をデータ型 "%2!s!" からデータ型 "%3!s!" にキャストできません。 要求されたキャストはサポートされていません。

DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTCODEPAGE

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTCODEPAGE MessageText: データ型 "%2!s!" へのキャストのコード ページ パラメーターに指定された値 %1!d! が無効です。 指定されたコード ページはコンピューターにインストールされていません。

DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTLENGTH

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTLENGTH MessageText: 値 %1!d! データ型 %2!s! へのキャストの長さパラメーターに指定します。 は負の値であり、無効です。 長さには正の値を指定してください。

DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTPARAM

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTPARAM MessageText: パラメーター番号 %1!d! データ型 "%2!s!" へのキャストが無効です。 キャスト演算子のパラメーターは静的である必要があり、入力列などの動的な要素を含めることはできません。

DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTPARAMTYPE

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTPARAMTYPE MessageText: パラメーター番号 %1!d! データ型 "%2!s!" へのキャストの整数ではありません。 キャスト演算子のパラメーターは、整数または整数に変換できる型である必要があります。

DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTPRECISION

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTPRECISION MessageText: 値 %1!d! データ型 "%2!s!" へのキャストの有効桁数パラメーターに指定された値が無効です。 有効桁数は %3!d! から %4!d! までの範囲で指定する 必要がありますが、 有効桁数が型キャストの範囲外です。

DTS_E_EXPREVALINVALIDCASTSCALE

値 %1!d! は キャストの小数点以下桁数のパラメーターに指定された値 %1!d! が無効です。 小数点以下桁数は %3!d! から %4!d! までの範囲で指定する 必要がありますが、 小数点以下桁数が型キャストの範囲外です。 小数点以下桁数は有効桁数よりも大きい値にすることはできず、正の値にする必要があります。

DTS_E_EXPREVALINVALIDDATEPART

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDDATEPART MessageText: "%1!s!" は、関数 "%2!s!" の有効な日付部分ではありません。

DTS_E_EXPREVALINVALIDDATEPARTNODE

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDDATEPARTNODE MessageText: 関数 "%1!s!" に指定された日付部分パラメーターが無効です。 静的な文字列を指定する必要があります。 日付部分のパラメーターには、入力列などの動的な要素を含めることはできません。また、型は DT_WSTR である必要があります。

DTS_E_EXPREVALINVALIDFUNCTION

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDFUNCTION MessageText: 関数 "%1!s!" が認識されませんでした。 関数名が正しくないか、または存在しません。

DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLCODEPAGE

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLCODEPAGE MessageText: 値 %1!d! データ型 "%2!s!" の NULL 関数のコード ページ パラメーターに指定された値が無効です。 指定されたコード ページはコンピューターにインストールされていません。

DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLLENGTH

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLLENGTH MessageText: 値 %1!d! データ型 %2!s! の "NULL" 関数の長さパラメーターに指定します。 は負の値であり、無効です。 長さには正の値を指定してください。

DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLPARAM

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLPARAM MessageText: パラメーター番号 %1!d! データ型 "%2!s!" の関数 NULL が無効です。 NULL() のパラメーターは静的である必要があり、入力列などの動的な要素を含めることはできません。

DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLPARAMTYPE

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLPARAMTYPE MessageText: パラメーター番号 %1!d! データ型 "%2!s!" の関数 NULL は整数ではありません。 NULL() のパラメーターは、整数または整数に変換できる型である必要があります。

DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLPRECISION

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLPRECISION MessageText: 値 %1!d! データ型 "%2!s!" の NULL 関数の有効桁数パラメーターに指定された値が範囲外です。 有効桁数は %3!d! から %4!d! までの範囲で指定する %4!d! までの範囲で指定する必要があります。

DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLSCALE

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDNULLSCALE MessageText: 値 %1!d! データ型 %2!s! の NULL 関数のスケール パラメーターに指定されています。 が範囲外です。 小数点以下桁数は %3!d! から %4!d! までの範囲で指定する必要があります。 小数点以下桁数は、有効桁数よりも大きい値にすることも負の値にすることもできません。

DTS_E_EXPREVALINVALIDNUMBEROFPARAMSPLURALPLURAL

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDNUMBEROFPARAMSPLURALPLURAL MessageText: 関数 "%1!s!" には %2!d! %3!d! ではなく %2!d! です。 関数名は認識されましたが、パラメーター数が無効です。

DTS_E_EXPREVALINVALIDNUMBEROFPARAMSPLURALSINGULAR

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDNUMBEROFPARAMSPLURALSINGULAR MessageText: 関数 "%1!s!" には %2!d! が必要です。 %3!d! ではなく %2!d! です。 関数名は認識されましたが、パラメーター数が無効です。

DTS_E_EXPREVALINVALIDNUMBEROFPARAMSSINGULARPLURAL

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDNUMBEROFPARAMSSINGULARPLURAL MessageText: 関数 "%1!s!" には %2!d! %3!d! ではなく %2!d! です。 関数名は認識されましたが、パラメーター数が無効です。

DTS_E_EXPREVALINVALIDTOKEN

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDTOKEN MessageText: 式 "%1!s!" の解析が失敗しました。 行番号 "%3!s!" のトークン "%2!s!"、文字番号 "%4!s!" が認識されませんでした。 この式の、指定された場所に無効な要素が含まれているので、この式を解析できません。

DTS_E_EXPREVALINVALIDTOKENSINGLEEQUAL

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDTOKENSINGLEEQUAL MessageText: 式 "%1!s!" の解析に失敗しました。 行番号 "%2!s!"、文字番号 "%3!s!"" の等号 (=) は想定されていませんでした。 指定された場所に 2 つの等号 (==) が必要である可能性があります。

DTS_E_EXPREVALINVALIDTOKENSINGLEQUOTE

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDTOKENSINGLEQUOTE MessageText: 式 "%1!s!" の解析に失敗しました。 行番号 "%2!s!"、文字番号 "%3!s!"" の単一引用符は想定されていませんでした。

DTS_E_EXPREVALINVALIDTOKENSTATE

MessageId: DTS_E_EXPREVALINVALIDTOKENSTATE MessageText: 式 "%1!s!" の解析が失敗しました。 この式には無効なトークン、不完全なトークン、または無効な要素が含まれている可能性があります。 また、適切な形式ではないか、かっこなどの必要な要素の一部が不足している可能性があります。

DTS_E_EXPREVALLITERALOVERFLOW

MessageId: DTS_E_EXPREVALLITERALOVERFLOW MessageText: リテラル "%1!s!" が大きすぎて、型 %2!s! に収まらない。 リテラル値が大きすぎて、型でオーバーフローが発生しています。

DTS_E_EXPREVALLNINVALIDPARAM

MessageId: DTS_E_EXPREVALLNINVALIDPARAM MessageText: 関数 LN はゼロまたは負の値で動作できず、ゼロまたは負の値が LN 関数に渡されました。

DTS_E_EXPREVALLOGINVALIDPARAM

MessageId: DTS_E_EXPREVALLOGINVALIDPARAM MessageText: 関数 LOG はゼロまたは負の値で動作できず、ゼロまたは負の値が LOG 関数に渡されました。

DTS_E_EXPREVALNOINPUTCOLUMNCOLLECTIONFORCOLUMNID

MessageId: DTS_E_EXPREVALNOINPUTCOLUMNCOLLECTIONFORCOLUMNID MessageText: 式に認識されないトークン "#%1!d!"が含まれています。

DTS_E_EXPREVALNOINPUTCOLUMNCOLLECTIONFORCOLUMNNAME

MessageId: DTS_E_EXPREVALNOINPUTCOLUMNCOLLECTIONFORCOLUMNNAME MessageText: 式に認識されないトークン "%1!s!"" が含まれています。 "%1!s!" が変数の場合は、"@%1!s!" と表現する必要があります。 指定されたトークンが無効です。 トークンが変数名である場合、先頭に @ 記号を付ける必要があります。

DTS_E_EXPREVALPARAMTYPEMISMATCH

関数 "%1" は、パラメーター番号 %3!d! のデータ型 "%2" をサポートしていません。 パラメーターの型を、関数と互換性のある型に暗黙的にキャストできませんでした。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALPLACEHOLDERINEXPRESSION

MessageId: DTS_E_EXPREVALPLACEHOLDERINEXPRESSION MessageText: プレースホルダー "%1!s!" が式で見つかりました。 このプレースホルダーは、実際のパラメーターまたはオペランドに置き換える必要があります。

DTS_E_EXPREVALPOWERINVALIDPARAM

MessageId: DTS_E_EXPREVALPOWERINVALIDPARAM MessageText: 関数 POWER に渡されるパラメーターを評価できず、不確定な結果が生成されます。

DTS_E_EXPREVALRESULTTYPECONVERSIONFAILED

エラー コード 0x%3!8.8X! により、式 "%1" の結果を型 "%2" からサポートされている型に変換できませんでした。 型変換はサポートされていますが、ランタイム エンジンで式の結果をサポートされている型に変換しようとしたときに、予期しないエラーが発生しました。

DTS_E_EXPREVALRESULTTYPENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_EXPREVALRESULTTYPENOTSUPPORTED MessageText: 式 "%1!s!" の結果の型は "%2!s!"。サポートされている型に変換することはできません。

DTS_E_EXPREVALSENSITIVEERROR

MessageId: DTS_E_EXPREVALSENSITIVEERROR MessageText: 式には、式内の機密パラメーター変数を参照する変数 "%1!s!" が含まれているため、式は評価されません。 式が適切に使用されていることと、機密情報が保護されていることを確認します。

DTS_E_EXPREVALSQRTINVALIDPARAM

MessageId: DTS_E_EXPREVALSQRTINVALIDPARAM MessageText: SQRT 関数は負の値に対して動作できず、負の値が SQRT 関数に渡されました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_AMBIGUOUSINPUTCOLUMNNAME

指定された入力列名があいまいです。 この列は、[コンポーネント名].[列名] という形式で修飾するか、または系列 ID によって参照される必要があります。 このエラーは、入力列が複数のコンポーネントに存在する場合で、コンポーネント名を追加するか、系列 ID を使用して入力列を区別する必要がある場合に発生します。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_AMBIGUOUSVARIABLENNAME

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_AMBIGUOUSVARIABLENNAME MessageText: あいまいな変数名が指定されました。 必要な変数を @[Namespace::Variable] という形式で修飾する必要があります。 このエラーは、変数が複数の名前空間に存在する場合に発生します。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPDTSTRNOTSUPPORTED

バイナリ演算のオペランドでは、入力列およびキャスト演算にデータ型 DT_STR のみがサポートされています。 入力列またはキャストの結果ではない DT_STR オペランドは、バイナリ演算では使用できません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPERATIONFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPERATIONFAILED MessageText: バイナリ操作に失敗しました。 メモリが不足していたか、内部エラーが発生しました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPERATIONSETTYPEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPERATIONSETTYPEFAILED MessageText: バイナリ操作の結果の種類を設定できませんでした。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPERATORCODEPAGEMISMATCH

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPERATORCODEPAGEMISMATCH MessageText: コード ページがバイナリ操作で一致しません。 左辺オペランドのコード ページと右辺オペランドのコード ページが一致しません。 このバイナリ演算では、コード ページが同一である必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPNUMERICOVERFLOW

バイナリ演算の結果が数値型の最大サイズに対して大きすぎます。 オペランドの型を、有効桁数または小数点以下桁数を失うことなく、数値型 (DT_NUMERIC) の結果に暗黙的にキャストできませんでした。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPOVERFLOW

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYOPOVERFLOW MessageText: バイナリ演算の結果の大きさが、結果データ型の最大サイズをオーバーフローします。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYSIGNMISMATCH

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYSIGNMISMATCH MessageText: ビットごとのバイナリ演算子に符号の不一致があります。 この演算子のオペランドは、いずれも正またはいずれも負である必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYTYPEMISMATCH

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_BINARYTYPEMISMATCH MessageText: 互換性のないデータ型がバイナリ演算子で使用されました。 オペランドの型を、この演算と互換性のある型に暗黙的にキャストできませんでした。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_BUILDSTRINGFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_BUILDSTRINGFAILED MessageText: 式の文字列表現を生成できませんでした。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_CANNOTCONVERTRESULT

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_CANNOTCONVERTRESULT MessageText: 式の結果データ型を列データ型に変換できません。 式の結果は、入力列または出力列に書き込まれる必要がありますが、式のデータ型を列のデータ型に変換することができません。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_CASTCODEPAGEMISMATCH

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_CASTCODEPAGEMISMATCH MessageText: キャストされる値のコード ページが要求された結果コード ページと一致しないため、式をキャストできません。 キャスト元のコード ページは、キャスト先として要求されているコード ページと一致する必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_CASTFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_CASTFAILED MessageText: 型キャストの実行中にエラーが発生しました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_CHARMAPPINGFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_CHARMAPPINGFAILED MessageText: 文字マッピング関数が失敗しました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_COMPUTATIONFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_COMPUTATIONFAILED MessageText: 式の計算中にエラーが発生しました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_COMPUTEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_COMPUTEFAILED MessageText: 式の計算に失敗しました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPCODEPAGEMISMATCH

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPCODEPAGEMISMATCH MessageText: コード ページが条件付き操作で一致しません。 左辺オペランドのコード ページと右辺オペランドのコード ページが一致しません。 この型の条件演算子では、コード ページが同一である必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPDTSTRNOTSUPPORTED

条件演算子のオペランドでは、入力列およびキャスト演算にデータ型 DT_STR のみがサポートされています。 入力列またはキャストの結果ではない DT_STR オペランドは、条件演算では使用できません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPERATIONFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPERATIONFAILED MessageText: 条件付き操作が失敗しました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPINVALIDCONDITIONTYPE

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPINVALIDCONDITIONTYPE MessageText: 条件演算子の条件式に無効なデータ型があります。 この条件式は DT_BOOL 型である必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPSETTYPEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPSETTYPEFAILED MessageText: 条件付き操作の結果の種類を設定できませんでした。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_CONDITIONALOPTYPEMISMATCH

条件演算子のオペランドのデータ型に互換性がありませんでした。 オペランドの型を暗黙的に条件演算と互換性のある型にキャストできませんでした。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_DATACONVERSIONFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_DATACONVERSIONFAILED MessageText: データ変換の実行中にエラーが発生しました。 変換元の型を変換先の型に変換できませんでした。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_DATACONVERSIONNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_DATACONVERSIONNOTSUPPORTED MessageText: 式には、サポートされていないデータ型の変換が含まれています。 変換元のデータ型を変換先のデータ型に変換できません。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_DATACONVERSIONOVERFLOW

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_DATACONVERSIONOVERFLOW MessageText: データ型間の変換中にオーバーフローが発生しました。 変換元の型が大きすぎて、変換先の型に収まりません。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_DIVBYZERO

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_DIVBYZERO MessageText: 式で 0 除算が発生しました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_FAILEDTOCONVERTSTRCOLUMNTOWSTR

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_FAILEDTOCONVERTSTRCOLUMNTOWSTR MessageText: 入力列を型 DT_STR から型に変換DT_WSTR失敗しました。 入力列で暗黙的な変換を実行中にエラーが発生しました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_FAILEDTOPARSEEXPRESSION

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_FAILEDTOPARSEEXPRESSION MessageText: 式が無効であり、解析できませんでした。 無効な要素が含まれているか、または適切な形式ではない可能性があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNFINDSTRINGINVALIDOCCURRENCECOUNT

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNFINDSTRINGINVALIDOCCURRENCECOUNT MessageText: 関数 FINDSTRING では、出現回数パラメーターが無効です。 このパラメーターには、0 より大きい値を指定する必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNREPLICATEINVALIDREPEATCOUNT

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNREPLICATEINVALIDREPEATCOUNT MessageText: 関数 REPLICATE の繰り返しカウント パラメーターが無効です。 このパラメーターには負の数を指定できません。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNRIGHTINVALIDLENGTH

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNRIGHTINVALIDLENGTH MessageText: 長さパラメーターが関数 RIGHT に対して無効です。 長さのパラメーターには、負の数を指定できません。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNSUBSTRINGINVALIDLENGTH

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNSUBSTRINGINVALIDLENGTH MessageText: length パラメーターが関数 SUBSTRING に対して無効でした。 長さのパラメーターには、負の数を指定できません。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNSUBSTRINGINVALIDSTARTINDEX

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_FNSUBSTRINGINVALIDSTARTINDEX MessageText: 関数 SUBSTRING に対して開始インデックスが無効でした。 開始インデックスの値には、0 より大きい整数値を指定する必要があります。 開始インデックスは 0 からではなく、1 から始まります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_FUNCTIONCOMPUTEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_FUNCTIONCOMPUTEFAILED MessageText: 関数の評価中にエラーが発生しました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_FUNCTIONCONVERTPARAMTOMEMBERFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_FUNCTIONCONVERTPARAMTOMEMBERFAILED MessageText: 関数パラメーターを静的値に変換することはできません。 このパラメーターは静的である必要があります。入力列などの動的な要素を含めることはできません。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_FUNCTIONOVERFLOW

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_FUNCTIONOVERFLOW MessageText: 関数呼び出しの結果の大きさが大きすぎて結果の型に収まりきれず、オペランドの型がオーバーフローしました。 より大きい型に明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_FUNCTIONPARAMNOTSTATIC

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_FUNCTIONPARAMNOTSTATIC MessageText: 関数に無効なパラメーターが指定されました。 このパラメーターは静的である必要があります。入力列などの動的な要素を含めることはできません。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_ILLEGALESCAPEINSTRINGLITERAL

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_ILLEGALESCAPEINSTRINGLITERAL MessageText: 文字列リテラルに無効なエスケープ シーケンスが含まれています。 このエスケープ シーケンスは、式エバリュエーターの文字列リテラルでサポートされていません。 文字列に円記号が必要な場合は、2 つの円記号 "\" として書式設定します。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_ILLEGALHEXESCAPEINSTRINGLITERAL

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_ILLEGALHEXESCAPEINSTRINGLITERAL MessageText: 文字列リテラルに不正な 16 進エスケープ シーケンスが含まれています。 このエスケープ シーケンスは、式エバリュエーターの文字列リテラルでサポートされていません。 16 進数のエスケープ シーケンスは、\xhhhh という形式で表す必要があります。ここで、h は有効な 16 進数の桁を示します。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INPUTCOLUMNIDNOTFOUND

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INPUTCOLUMNIDNOTFOUND MessageText: 系列 ID で入力列を検索できませんでした。 入力列が入力列のコレクションに見つかりませんでした。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INPUTCOLUMNNAMENOTFOUND

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INPUTCOLUMNNAMENOTFOUND MessageText: 指定された入力列が入力列コレクションに見つかりませんでした。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCAST

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCAST MessageText: 式にサポートされていない型キャストが含まれていました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTCODEPAGE

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTCODEPAGE MessageText: データ型DT_STRまたはDT_TEXTへのキャストのコード ページ パラメーターに指定された値が無効です。 指定されたコード ページは、コンピューターにインストールされていません。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTLENGTH

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTLENGTH MessageText: キャスト操作の長さパラメーターに指定された値が無効です。 長さには正の値を指定してください。 型キャストに指定された長さが負の値になっています。 正の値に変更してください。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTPARAM

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTPARAM MessageText: キャスト操作に無効なパラメーターが指定されました。 キャスト演算子のパラメーターは静的である必要があります。入力列などの動的な要素を含めることはできません。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTPARAMTYPE

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTPARAMTYPE MessageText: キャスト操作に無効なパラメーターが指定されました。 キャスト演算子のパラメーターは、整数または整数に変換できる型である必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTPRECISION

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTPRECISION MessageText: キャスト操作の有効桁数パラメーターに指定された値が、型キャストの範囲外です。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTSCALE

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDCASTSCALE MessageText: キャスト操作のスケール パラメーターに指定された値が、型キャストの範囲外です。 小数点以下桁数は、有効桁数よりも大きい値にすることも負の値にすることもできません。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDDATEPART

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDDATEPART MessageText: 日付関数に認識できない日付部分パラメーターが指定されました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDDATEPARTNODE

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDDATEPARTNODE MessageText: 日付関数に指定された "date part" パラメーターが無効です。 "日付部分" のパラメーターには、静的な文字列を指定する必要があり、入力列などの動的な要素を含めることはできません。 型は DT_WSTR である必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDFUNCTION

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDFUNCTION MessageText: 式に無効な関数名が表示されました。 関数名が正しく、存在することを確認してください。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLCODEPAGE

データ型 DT_STR または DT_TEXT が指定された NULL 関数のコード ページ パラメーターに指定された値が無効です。 指定されたコード ページは、コンピューターにインストールされていません。 指定したコード ページを変更するか、コード ページをコンピューターにインストールしてください。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLLENGTH

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLLENGTH MessageText: NULL 関数の長さパラメーターに指定された値が無効です。 長さには正の値を指定してください。 NULL 関数に指定された長さが負の値になっています。 正の値に変更してください。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLPARAM

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLPARAM MessageText: 関数 NULL に無効なパラメーターが指定されました。 NULL のパラメーターは静的である必要があります。入力列などの動的な要素を含めることはできません。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLPARAMTYPE

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLPARAMTYPE MessageText: 関数 NULL に無効なパラメーターが指定されました。 NULL のパラメーターは、整数または整数に変換できる型である必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLPRECISION

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLPRECISION MessageText: NULL 関数の有効桁数パラメーターに指定された値が無効です。 指定された有効桁数は、NULL 関数の範囲外です。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLSCALE

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNULLSCALE MessageText: NULL 関数のスケール パラメーターに指定された値が無効です。 指定された小数点以下桁数は、NULL 関数の範囲外です。 小数点以下桁数は有効桁数よりも大きい値にすることはできず、正の値にする必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNUMBEROFPARAMS

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDNUMBEROFPARAMS MessageText: 正しくない数のパラメーターが関数に与えられました。 関数名は認識されましたが、パラメーター数が正しくありませんでした。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDTOKEN

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDTOKEN MessageText: 式には、認識されなかったトークンが含まれていました。 無効な要素が含まれているので、式を解析できませんでした。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDTOKENSINGLEEQUAL

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDTOKENSINGLEEQUAL MessageText: 式に予期しない等号 (=) が含まれています。 このエラーは通常、連続する 2 つの等号 (==) が必要な場合に発生します。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDTOKENSINGLEQUOTE

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDTOKENSINGLEQUOTE MessageText: 式に予期しない単一引用符が含まれています。 二重引用符が必要な可能性があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDTOKENSTATE

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_INVALIDTOKENSTATE MessageText: 式の解析が失敗しました。 この式には無効または不完全なトークンが含まれています。 この式には、無効な要素が含まれているか、閉じかっこなどの必要な要素の一部が不足している可能性があります。または、適切な形式ではない可能性があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_LITERALOVERFLOW

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_LITERALOVERFLOW MessageText: リテラル値の大きさが大きすぎて、要求された型に収まらなかった。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_NOINPUTCOLUMNCOLLECTION

入力列のコレクションは入力列の処理には使用できませんが、式には、入力列の参照と見なされる認識できないトークンが含まれています。 入力列のコレクションは式エバリュエーターに指定されていませんが、入力列が式に含まれていました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_PARAMTYPEMISMATCH

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_PARAMTYPEMISMATCH MessageText: 関数には、サポートされていないデータ型を持つパラメーターがあります。 パラメーターの型を、関数と互換性のある型に暗黙的にキャストできません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_PLACEHOLDERINEXPRESSION

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_PLACEHOLDERINEXPRESSION MessageText: プレースホルダー関数パラメーターまたはオペランドが式で見つかりました。 実際のパラメーターまたはオペランドに置き換える必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_STRINGCOMPARISONFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_STRINGCOMPARISONFAILED MessageText: 2 つの文字列を比較できません。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNARYOPERATIONFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNARYOPERATIONFAILED MessageText: 単項操作が失敗しました。 メモリが不足しているか、内部エラーが発生しました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNARYOPERATIONSETTYPEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNARYOPERATIONSETTYPEFAILED MessageText: 単項操作の結果の種類を設定できませんでした。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNARYOPOVERFLOW

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNARYOPOVERFLOW MessageText: 単項マイナス (否定) 操作の結果が、結果データ型の最大サイズをオーバーフローしました。 演算結果の大きさが、結果の型をオーバーフローしています。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNSUPPORTEDBINARYTYPE

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNSUPPORTEDBINARYTYPE MessageText: サポートされていないデータ型がバイナリ演算子で使用されました。 この演算では、一方または両方のオペランドの型がサポートされていません。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNSUPPORTEDTYPE

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNSUPPORTEDTYPE MessageText: 式でサポートされていないデータ型または認識できないデータ型が使用されました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNSUPPORTEDUNNARYTYPE

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_UNSUPPORTEDUNNARYTYPE MessageText: 単項演算子では、サポートされていないデータ型が使用されます。 この演算では、このオペランドの型がサポートされていません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_VARIABLECOMPUTEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_VARIABLECOMPUTEFAILED MessageText: 変数の値の取得に失敗しました。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_VARIABLENOTFOUND

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_VARIABLENOTFOUND MessageText: 指定された変数がコレクションに見つかりませんでした。 正しいスコープに存在しない可能性があります。 変数が存在すること、およびスコープが正しいことを確認してください。

DTS_E_EXPREVALSTATIC_VARIABLETYPENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTATIC_VARIABLETYPENOTSUPPORTED MessageText: 式には、サポートされていないデータ型を持つ変数が含まれています。

DTS_E_EXPREVALSTRINGCOMPARISONFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTRINGCOMPARISONFAILED MessageText: "%1!s!" と文字列 "%2!s!" を比較できませんでした。

DTS_E_EXPREVALSTRINGLITERALTOOLONG

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTRINGLITERALTOOLONG MessageText: 式の文字列リテラルが、許容される最大長 %1!d! を超えています。 超えています。

DTS_E_EXPREVALSTRINGVARIABLETOOLONG

MessageId: DTS_E_EXPREVALSTRINGVARIABLETOOLONG MessageText: 変数 %1!s! には、%2!d! の最大許容長を超える文字列が含まれています。 超えています。

DTS_E_EXPREVALTRUNCATIONASERROR

MessageId: DTS_E_EXPREVALTRUNCATIONASERROR MessageText: 式の評価中に切り捨てが発生しました。

DTS_E_EXPREVALUNARYOPERATIONFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALUNARYOPERATIONFAILED MessageText: 単項操作 "%1!s!" がエラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。 内部エラーが発生したか、メモリが不足しています。

DTS_E_EXPREVALUNARYOPERATIONSETTYPEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALUNARYOPERATIONSETTYPEFAILED MessageText: 単項演算 "%1!s!" の結果の種類を設定しようとしましたが、エラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_EXPREVALUNARYOPOVERFLOW

MessageId: DTS_E_EXPREVALUNARYOPOVERFLOW MessageText: 単項マイナス (否定) 操作 "%1!s!" の結果が、結果データ型 "%2!s!" の最大サイズを超えています。 演算結果の大きさが、結果の型をオーバーフローしています。

DTS_E_EXPREVALUNEXPECTEDPARSEERROR

MessageId: DTS_E_EXPREVALUNEXPECTEDPARSEERROR MessageText: 式 "%1!s!"を解析するときにエラーが発生しました。 式を解析できませんでした。原因は不明です。

DTS_E_EXPREVALUNSUPPORTEDBINARYTYPE

MessageId: DTS_E_EXPREVALUNSUPPORTEDBINARYTYPE MessageText: データ型 "%1!s!" は、バイナリ演算子 "%2!s!" では使用できません。 この演算では、一方または両方のオペランドの型がサポートされていません。 この演算を実行するには、演算子の一方または両方のオペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALUNSUPPORTEDTYPE

MessageId: DTS_E_EXPREVALUNSUPPORTEDTYPE MessageText: データ型 "%1!s!" は式ではサポートされていません。 指定した型がサポートされていないか、無効です。

DTS_E_EXPREVALUNSUPPORTEDUNNARYTYPE

MessageId: DTS_E_EXPREVALUNSUPPORTEDUNNARYTYPE MessageText: データ型 "%1!s!" は、単項演算子 "%2!s!" では使用できません。 この演算では、このオペランドの型がサポートされていません。 この演算を実行するには、オペランドでキャスト演算子により明示的にキャストする必要があります。

DTS_E_EXPREVALVARIABLECOMPUTEFAILED

MessageId: DTS_E_EXPREVALVARIABLECOMPUTEFAILED MessageText: 変数 "%1!s!" の値の取得がエラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_EXPREVALVARIABLECOULDNOTBEREAD

MessageId: DTS_E_EXPREVALVARIABLECOULDNOTBEREAD MessageText: 変数 "%1!s!" の読み取りがエラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_EXPREVALVARIABLENOTFOUND

MessageId: DTS_E_EXPREVALVARIABLENOTFOUND MessageText: 変数 "%1!s!" が Variables コレクションに見つかりませんでした。 変数が正しいスコープに存在しない可能性があります。

DTS_E_EXPREVALVARIABLETYPENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_EXPREVALVARIABLETYPENOTSUPPORTED MessageText: 変数 "%1!s!" のデータ型は、式ではサポートされていません。

DTS_E_EXPRSENSITIVEPARAMVALUENOTALLOWED

MessageId: DTS_E_EXPRSENSITIVEPARAMVALUENOTALLOWED MessageText: 機密性の高いパラメーター変数 "%1!s!"が含まれているため、式は評価されません。 式が適切に使用されていること、および機密情報が保護されていることを確認します。

DTS_E_EXTENDFAILED

MessageId: DTS_E_EXTENDFAILED MessageText: バッファー マネージャーはファイル "%1!s!" を長さ %2!lu! に拡張できません。 バイトです。 ディスク領域が不足しています。

DTS_E_EXTERNALCOLUMNMETADATACODEPAGEMISMATCH

MessageId: DTS_E_EXTERNALCOLUMNMETADATACODEPAGEMISMATCH MessageText: %1!s! のコード ページ は %2!d! %3!d! である必要があります。

DTS_E_EXTERNALMETADATACOLUMNISALREADYMAPPED

MessageId: DTS_E_EXTERNALMETADATACOLUMNISALREADYMAPPED MessageText: ID %1!d! の外部メタデータ列 は既に %2!s! にマップされています。

DTS_E_EXTRACTORCANTAPPENDTRUNCATE

MessageId: DTS_E_EXTRACTORCANTAPPENDTRUNCATE MessageText: プロパティ設定の競合が原因で発生したエラー。 "%1!s!" には、AllowAppend プロパティと ForceTruncate プロパティの両方が TRUE に設定されています。 両方のプロパティを True に設定することはできません。 2 つのプロパティのいずれかを False に設定してください。

DTS_E_EXTRACTORCANTWRITE

MessageId: DTS_E_EXTRACTORCANTWRITE MessageText: ファイル "%1!s!" への書き込みがエラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_EXTRACTORCOLUMNALREADYREFERENCED

MessageId: DTS_E_EXTRACTORCOLUMNALREADYREFERENCED MessageText: %1!s! 列 ID %2!d! を参照しますが、その列は %3!s! によって既に参照されています。 列への 2 つの参照のうち、いずれかを削除してください。

DTS_E_EXTRACTORDATACOLUMNNOTBLOB

MessageId: DTS_E_EXTRACTORDATACOLUMNNOTBLOB MessageText: "%1!s!" は "%2!s!" を参照し、その列は BLOB 型ではありません。

DTS_E_EXTRACTORFILENAMECOLUMNNOTSTRING

MessageId: DTS_E_EXTRACTORFILENAMECOLUMNNOTSTRING MessageText: "%1!s!" にはファイル名を含める必要がありますが、文字列型ではありません。

DTS_E_EXTRACTORINVALIDCOLUMNDATATYPE

MessageId: DTS_E_EXTRACTORINVALIDCOLUMNDATATYPE MessageText: %1!s! にはサポートされていないデータ型があります。 DT_STR、DT_WSTR、DT_TEXT、DT_NTEXT、DT_IMAGE のいずれかを指定する必要があります。

DTS_E_EXTRACTORREFERENCEDCOLUMNNOTFOUND

MessageId: DTS_E_EXTRACTORREFERENCEDCOLUMNNOTFOUND MessageText: "%1!s!" は列 ID %2!d! を参照し、その列は入力で見つかりません。 存在しない列を参照しています。

DTS_E_EXTRACTORUNREFERENCED

MessageId: DTS_E_EXTRACTORUNREFERENCED MessageText: "%1!s!" は読み取り専用としてマークされていますが、他の列では参照されません。 参照されていない列は許可されません。

DTS_E_FAILED_EXECUTE_IS_SERVER_PACKAGE

MessageId: DTS_E_FAILED_EXECUTE_IS_SERVER_PACKAGE MessageText: Integration Services カタログにデプロイされた pacakge を実行できませんでした。

DTS_E_FAILEDCOLUMNDATACONVERSIONSTATUS

MessageId: DTS_E_FAILEDCOLUMNDATACONVERSIONSTATUS MessageText: データ変換に失敗しました。 列 "%1!s!" のデータ変換で返された状態値 %2!d! と状態テキスト "%3!s!"。

DTS_E_FAILEDCREATEXMLDOCUMENT

MessageId: DTS_E_FAILEDCREATEXMLDOCUMENT MessageText: XML ドキュメント "%1!s!"を作成できませんでした。

DTS_E_FAILEDDEPENDENCIES

MessageId: DTS_E_FAILEDDEPENDENCIES MessageText: パッケージの依存関係を列挙中にエラーが発生しました。 詳細については、他のメッセージを確認してください。

DTS_E_FAILEDDURINGOLEDBDATATYPECONVERSIONCHECK

MessageId: DTS_E_FAILEDDURINGOLEDBDATATYPECONVERSIONCHECK MessageText: "%1!s!"のデータ型変換検証中に OLE DB プロバイダーが失敗しました。

DTS_E_FAILEDGETTYPEINFO

MessageId: DTS_E_FAILEDGETTYPEINFO MessageText: オブジェクトは型情報をサポートしていません。 このエラーは、ランタイムがオブジェクトから型情報を取得して、プロパティのコレクションを設定しようとした場合に発生します。 オブジェクトでは型情報がサポートされている必要があります。

DTS_E_FAILEDPOPNATIVEFEE

MessageId: DTS_E_FAILEDPOPNATIVEFEE MessageText: ForEachEnumeratorInfos コレクションにネイティブの ForEachEnumerators に次のエラー コードを設定できませんでした: %1!s!。

DTS_E_FAILEDPROPERTYGET

MessageId: DTS_E_FAILEDPROPERTYGET MessageText: プロパティ "%1!s!"の値を取得中にエラーが発生しました。 エラー コードは 0x%2!8.8X! です。

DTS_E_FAILEDPROPERTYGET_ERRORINFO

MessageId: DTS_E_FAILEDPROPERTYGET_ERRORINFO MessageText: プロパティ "%1!s!"の値を取得中にエラーが発生しました。 エラー コードは 0x%2!8.8X! 。

DTS_E_FAILEDPROPERTYSET

MessageId: DTS_E_FAILEDPROPERTYSET MessageText: プロパティ "%1!s!" の値を設定中にエラーが発生しました。 返されたエラーは 0x%2!8.8X! です。

DTS_E_FAILEDPROPERTYSET_ERRORINFO

MessageId: DTS_E_FAILEDPROPERTYSET_ERRORINFO MessageText: プロパティ "%1!s!" の値の設定中にエラーが発生しました。 返されたエラーは 0x%2!8.8X! 。

DTS_E_FAILEDSETEXECVALVARIABLE

MessageId: DTS_E_FAILEDSETEXECVALVARIABLE MessageText: ラッパーが ExecutionValueVariable プロパティで指定された変数の値を設定できませんでした。

DTS_E_FAILEDSYSTEMVARIABLEREMOVE

MessageId: DTS_E_FAILEDSYSTEMVARIABLEREMOVE MessageText: システム変数を削除できませんでした。 このエラーは、必要な変数を削除しようとした場合に発生します。 必要な変数は、タスクとランタイムの間の通信を行うためにランタイムで作成される変数です。

DTS_E_FAILEDTOACCESSLOBCOLUMN

MessageId: DTS_E_FAILEDTOACCESSLOBCOLUMN MessageText: エラー コード 0x%2!8.8X! のデータ ソース列 "%1!s!" のデータ フロー バッファーから LOB データにアクセスできませんでした。

DTS_E_FAILEDTOALLOCATEROWHANDLEBUFFER

MessageId: DTS_E_FAILEDTOALLOCATEROWHANDLEBUFFER MessageText: 行ハンドル バッファーの割り当て試行がエラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_FAILEDTOBUFFERROWSTARTS

MessageId: DTS_E_FAILEDTOBUFFERROWSTARTS MessageText: バッファー行の開始を取得しようとしましたが、エラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_FAILEDTOCREATEEXPRESSIONARRAY

MessageId: DTS_E_FAILEDTOCREATEEXPRESSIONARRAY MessageText: Expression オブジェクトにメモリを割り当てることはできません。 式オブジェクト ポインターの配列を作成中にメモリ不足になりました。

DTS_E_FAILEDTOCREATEEXPRESSIONMANANGER

MessageId: DTS_E_FAILEDTOCREATEEXPRESSIONMANANGER MessageText: %1!s! エラー コード 0x%2!8.8X で失敗しました! 式マネージャーの作成中に %1 に失敗しました。

DTS_E_FAILEDTODIRECTERRORROW

MessageId: DTS_E_FAILEDTODIRECTERRORROW MessageText: エラー コード 0x%1!8.8X! でエラー出力に行を転送できませんでした。

DTS_E_FAILEDTOFINDCOLUMNBYLINEAGEID

MessageId: DTS_E_FAILEDTOFINDCOLUMNBYLINEAGEID MessageText: %1!s! 系列 ID %2!d! データ フロー タスク バッファーで系列 ID %2!d! の %1 を検索できませんでした。

DTS_E_FAILEDTOFINDCOLUMNINBUFFER

MessageId: DTS_E_FAILEDTOFINDCOLUMNINBUFFER MessageText: 系列 ID %2!d! の列 "%1!s!" を検索できませんでした バッファーに見つかりませんでした。 バッファー マネージャーにより、エラー コード 0x%3!8.8X! が返されました。

DTS_E_FAILEDTOFINDERRORCOLUMN

MessageId: DTS_E_FAILEDTOFINDERRORCOLUMN MessageText: エラーが発生しましたが、エラーの原因となった列を特定できません。

DTS_E_FAILEDTOFINDNONSPECIALERRORCOLUMN

MessageId: DTS_E_FAILEDTOFINDNONSPECIALERRORCOLUMN MessageText: %1!s! に特殊でないエラー列が見つかりませんでした。

DTS_E_FAILEDTOGETBUFFERBOUNDARYINFO

MessageId: DTS_E_FAILEDTOGETBUFFERBOUNDARYINFO MessageText: バッファー境界情報の取得試行がエラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_FAILEDTOGETCOLINFO

MessageId: DTS_E_FAILEDTOGETCOLINFO MessageText: 行 %1!ld!、 列 %2!ld! の情報を取得できませんでした。 取得できませんでした。 返されたエラー コードは 0x%3!8.8X! です。

DTS_E_FAILEDTOGETCOLUMNINFOFROMBUFFER

MessageId: DTS_E_FAILEDTOGETCOLUMNINFOFROMBUFFER MessageText: 列 "%1!s!" の情報を取得できませんでした(%2!d!)バッファーから。 返されたエラー コードは 0x%3!8.8X! です。

DTS_E_FAILEDTOGETCOMPONENTLOCALEID

MessageId: DTS_E_FAILEDTOGETCOMPONENTLOCALEID MessageText: コンポーネント ロケール ID の取得に失敗しました。 エラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_FAILEDTOGETCONNECTIONSTRING

MessageId: DTS_E_FAILEDTOGETCONNECTIONSTRING MessageText: 接続文字列を取得できませんでした。

DTS_E_FAILEDTOGETDATAFORERROROUTPUTBUFFER

MessageId: DTS_E_FAILEDTOGETDATAFORERROROUTPUTBUFFER MessageText: エラー出力バッファーのデータを取得できませんでした。

DTS_E_FAILEDTOGETFILESIZE

MessageId: DTS_E_FAILEDTOGETFILESIZE MessageText: ファイル "%1!s!" のファイル サイズを取得中にエラーが発生しました。

DTS_E_FAILEDTOGETLOCALEIDFROMPACKAGE

MessageId: DTS_E_FAILEDTOGETLOCALEIDFROMPACKAGE MessageText: %1!s! パッケージからロケール ID を取得できませんでした。

DTS_E_FAILEDTOINITIALIZEFLATFILEPARSER

MessageId: DTS_E_FAILEDTOINITIALIZEFLATFILEPARSER MessageText: フラット ファイル パーサーの初期化中にエラーが発生しました。

DTS_E_FAILEDTOLOADCACHE

MessageId: DTS_E_FAILEDTOLOADCACHE MessageText: ファイル "%1!s!" からキャッシュを読み込めませんでした。

DTS_E_FAILEDTOPREPAREBUFFERSTATUS

MessageId: DTS_E_FAILEDTOPREPAREBUFFERSTATUS MessageText: バッファーの状態を準備しようとしましたが、エラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_FAILEDTOPREPARECOLUMNSTATUSESFORINSERT

MessageId: DTS_E_FAILEDTOPREPARECOLUMNSTATUSESFORINSERT MessageText: 挿入の列の状態の準備がエラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_FAILEDTOREMOVEROWFROMBUFFER

MessageId: DTS_E_FAILEDTOREMOVEROWFROMBUFFER MessageText: バッファーからの行の削除がエラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_FAILEDTOSENDROWTOSQLSERVER

MessageId: DTS_E_FAILEDTOSENDROWTOSQLSERVER MessageText: SQL Serverに行を送信しようとすると、エラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_FAILEDTOSETBUFFERENDOFROWSET

MessageId: DTS_E_FAILEDTOSETBUFFERENDOFROWSET MessageText: バッファーの行セットの末尾の設定がエラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_FAILEDTOSETBUFFERERRORINFO

MessageId: DTS_E_FAILEDTOSETBUFFERERRORINFO MessageText: バッファー エラー情報を設定しようとしましたが、エラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_FAILEDTOSETCOLINFO

MessageId: DTS_E_FAILEDTOSETCOLINFO MessageText: 行 %1!ld!、 列 %2!ld! の情報を設定できませんでした。 バッファーに設定できませんでした。 返されたエラー コードは 0x%3!8.8X! です。

DTS_E_FAILEDTOSETFILEPOINTER

MessageId: DTS_E_FAILEDTOSETFILEPOINTER MessageText: ファイル "%1!s!" のファイル ポインターの設定中にエラーが発生しました。

DTS_E_FAILEDTOSETOUTPUTCOLUMNDATATYPEPROPERTIES

MessageId: DTS_E_FAILEDTOSETOUTPUTCOLUMNDATATYPEPROPERTIES MessageText: "%1!s!" にデータ型のプロパティを設定しようとしましたが、エラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。 出力列の 1 つ以上のデータ型のプロパティを設定中に、エラーが発生しました。

DTS_E_FAILEDTOSETOUTPUTCOLUMNTYPE

MessageId: DTS_E_FAILEDTOSETOUTPUTCOLUMNTYPE MessageText: %1!s! の型を設定できませんでした。 型: "%2!s!"、length: %3!d!、precision: %4!d!、scale: %5!d!、codepage: %6!d!。

DTS_E_FAILEDTOSETPROPERTY

MessageId: DTS_E_FAILEDTOSETPROPERTY MessageText: "%2!s!" にプロパティ "%1!s!" を設定できませんでした。

DTS_E_FAILEDTOSETUSAGETYPE

MessageId: DTS_E_FAILEDTOSETUSAGETYPE MessageText: "%1!s!" は、系列 ID %2!d! の入力列に対して要求された変更を行うことができませんでした。 エラー コード 0x%3!8.8X! により、要求が失敗しました。 入力列の使用法の種類を設定しようとして、このエラーが発生しました。

DTS_E_FAILEDTOWRITEOUTCOLUMNNAME

MessageId: DTS_E_FAILEDTOWRITEOUTCOLUMNNAME MessageText: 列 "%1!s!" の列名を書き込めませんでした。 列名は、使用可能な列サイズより長い場合があります。

DTS_E_FAILEDTOWRITEOUTHEADER

MessageId: DTS_E_FAILEDTOWRITEOUTHEADER MessageText: ファイル ヘッダーの書き出し中にエラーが発生しました。

DTS_E_FAILEDTOWRITETOTHEFILENAMECOLUMN

MessageId: DTS_E_FAILEDTOWRITETOTHEFILENAMECOLUMN MessageText: ファイル名列への書き込みがエラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_FAILLOADINGPROPERTY

MessageId: DTS_E_FAILLOADINGPROPERTY MessageText: 既定の永続化を使用して値プロパティ "%1!s!" を読み込めませんでした。

DTS_E_FAILPACKAGEONFAILURENA

MessageId: DTS_E_FAILPACKAGEONFAILURENA MessageText: FailPackageOnFailure プロパティはパッケージ コンテナーには適用されません。

DTS_E_FAILTOCREATEMUTEX

MessageId: DTS_E_FAILTOCREATEMUTEX MessageText: エラー 0x%2!8.8X! でミューテックス "%1!s!" を作成できませんでした。

DTS_E_FAILTORELEASEMUTEX

MessageId: DTS_E_FAILTORELEASEMUTEX MessageText: エラー 0x%2!8.8X! でミューテックス "%1!s!" を解放できませんでした。

DTS_E_FASTPARSENOTALLOWED

"%2" の "%1" カスタム プロパティを True に設定できません。 列のデータ型には次のいずれかを指定する必要があります: DT_I1、DT_I2、DT_I4、DT_I8、DT_UI1、DT_UI2、DT_UI4、DT_UI8、DT_DBTIMESTAMP、DT_DATE、DT_DBDATE、DT_DBTIME、または DT_FILETIME。

DTS_E_FG_COPY_INPUT

MessageId: DTS_E_FG_COPY_INPUT MessageText: あいまいグループ化変換で入力のコピーに失敗しました。

DTS_E_FG_FUZZY_MATCH_ON_NONSTRING

MessageId: DTS_E_FG_FUZZY_MATCH_ON_NONSTRING MessageText: 列 "%1!s!" にあいまい一致が指定されています。(%2!d!)DT_STRまたはDT_WSTRのデータ型ではありません。

DTS_E_FG_GENERATE_GROUPS

MessageId: DTS_E_FG_GENERATE_GROUPS MessageText: あいまいグループ化変換でグループを生成できませんでした。

DTS_E_FG_LEADING_TRAILING

MessageId: DTS_E_FG_LEADING_TRAILING MessageText: プロパティ '%1!s!' の設定を適用するときに、あいまいグループ化で予期しないエラーが発生しました。

DTS_E_FG_MISSING_OUTPUT_COLUMNS

MessageId: DTS_E_FG_MISSING_OUTPUT_COLUMNS MessageText: 特殊な変換固有の列が見つからないか、型が正しくありません。

DTS_E_FG_NOBLOBS

MessageId: DTS_E_FG_NOBLOBS MessageText: あいまいグループ化では、IMAGE、TEXT、または NTEXT 型の入力列はサポートされていません。

DTS_E_FG_PICK_CANONICAL

MessageId: DTS_E_FG_PICK_CANONICAL MessageText: あいまいグループ化変換では、データの標準化に使用する正規のデータ行を選択できませんでした。

DTS_E_FG_PREPARE_TABLES_AND_ACCESSORS

MessageId: DTS_E_FG_PREPARE_TABLES_AND_ACCESSORS MessageText: あいまいグループ化変換で、必要なテーブルとアクセサーを作成できませんでした。

DTS_E_FILENAMEINVALID

MessageId: DTS_E_FILENAMEINVALID MessageText: ファイル名が無効です。 ファイル名がデバイス名であるか、ファイル名に無効な文字が使用されています。

DTS_E_FILENAMEINVALIDWITHPARAM

MessageId: DTS_E_FILENAMEINVALIDWITHPARAM MessageText: ファイル名 "%1!s!" が無効です。 ファイル名がデバイス名であるか、ファイル名に無効な文字が使用されています。

DTS_E_FILENAMEOUTPUTCOLUMNINVALIDDATATYPE

MessageId: DTS_E_FILENAMEOUTPUTCOLUMNINVALIDDATATYPE MessageText: ファイル名の出力列は null で終わる Unicode 文字列ではなく、データ型DT_WSTR。

DTS_E_FILENAMEOUTPUTCOLUMNOTFOUND

MessageId: DTS_E_FILENAMEOUTPUTCOLUMNOTFOUND MessageText: ファイル名の出力列が見つかりません。

DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD

MessageId: DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD MessageText: 読み取り用にファイル "%1!s!" を開くと、エラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD_ACCESSDENIED

MessageId: DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD_ACCESSDENIED MessageText: 読み取り用にファイル "%1!s!" を開こうとできませんでした。 アクセスが拒否されました。

DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD_FILENOTFOUND

MessageId: DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD_FILENOTFOUND MessageText: 読み取り用にファイル "%1!s!" を開けませんでした。 ファイルが見つかりませんでした。

DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD_PATHNOTFOUND

MessageId: DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD_PATHNOTFOUND MessageText: 読み取り用にファイル "%1!s!" を開けませんでした。 パスが見つかりません。

DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD_TOOMANYOPENFILES

MessageId: DTS_E_FILEOPENERR_FORREAD_TOOMANYOPENFILES MessageText: 読み取り用にファイル "%1!s!" を開けませんでした。 開いているファイルが多すぎます。

DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE

MessageId: DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE MessageText: ファイル "%1!s!" を書き込み中にエラー コード 0x%2!8.8X! で開けませんでした。

DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_ACCESSDENIED

MessageId: DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_ACCESSDENIED MessageText: 書き込みのためにファイル "%1!s!" を開けませんでした。 正しい権限がありません。

DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_FILEEXISTS

MessageId: DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_FILEEXISTS MessageText: 書き込みのためにファイル "%1!s!" を開けませんでした。 ファイルが存在していて、上書きできません。 AllowAppend プロパティが False で、ForceTruncate プロパティも False に設定されている場合、ファイルが存在することが原因で、このエラーが発生します。

DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_FILENOTFOUND

MessageId: DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_FILENOTFOUND MessageText: ファイル "%1!s!" を開いて書き込みに失敗しました。 ファイルが見つかりません。

DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_PATHNOTFOUND

MessageId: DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_PATHNOTFOUND MessageText: 書き込みのためにファイル "%1!s!" を開けませんでした。 パスが見つかりません。

DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_TOOMANYOPENFILES

MessageId: DTS_E_FILEOPENERR_FORWRITE_TOOMANYOPENFILES MessageText: ファイル "%1!s!" を開いて書き込みに失敗しました。 開いているファイルが多すぎます。

DTS_E_FILEREADFAILED

MessageId: DTS_E_FILEREADFAILED MessageText: バッファー マネージャーは %1!d! を読み取ることができません。 ファイル "%2!s!" からのバイト数。 ファイルが破損しています。

DTS_E_FILEWRITEERR_DISKFULL

MessageId: DTS_E_FILEWRITEERR_DISKFULL MessageText: ディスクがいっぱいであるため、ファイル "%1!s!" を書き込みのために開けませんでした。 このファイルを保存するには、ディスク領域が不足しています。

DTS_E_FILEWRITEFAILED

MessageId: DTS_E_FILEWRITEFAILED MessageText: バッファー マネージャーは %1!d! ファイル "%2!s!" へのバイト数。 ディスク領域またはクォータが不足しています。

DTS_E_FINDFOLDERONSQLSERVER_OLEDB

MessageId: DTS_E_FINDFOLDERONSQLSERVER_OLEDB MessageText: SQL でフォルダーを検索しようとすると、エラー コード 0x%1!8.8X で OLE DB エラーが発生しました。 (%2!s!)。

DTS_E_FLATFILEFORMATNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_FLATFILEFORMATNOTSUPPORTED MessageText: 形式 "%1!s!" は、フラット ファイル 接続マネージャーではサポートされていません。 サポートされている形式は、Delimited、FixedWidth、RaggedRight、および Mixed です。

DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_CANTCONVERTVALUE

MessageId: DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_CANTCONVERTVALUE MessageText: 符号の不一致やデータ オーバーフロー以外の理由でデータ値を変換できません。

DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW

MessageId: DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW MessageText: データ値がフラット ファイル ソース アダプターで使用される型をオーバーフローしたため、変換に失敗しました。

DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH

MessageId: DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH MessageText: データ値が署名され、フラット ファイル ソース アダプターで使用される型が署名されていないため、変換に失敗しました。

DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_TRUNCATED

MessageId: DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_TRUNCATED MessageText: データが切り捨てられました。

DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_FLATFILESOURCEADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE MessageText: 使用できる状態はありません。

DTS_E_FOLDERADDFAILED

MessageId: DTS_E_FOLDERADDFAILED MessageText: フォルダー "%2!s!" に "%1!s!" という名前のフォルダー SQL Server作成しようとすると、エラーが発生しました。

DTS_E_FOLDERDELETEFAILED

MessageId: DTS_E_FOLDERDELETEFAILED MessageText: フォルダー "%1!s!" SQL Server削除中にエラーが発生しました。

DTS_E_FOLDERNOTFOUND

MessageId: DTS_E_FOLDERNOTFOUND MessageText: フォルダー "%1!s!" が見つかりません。

DTS_E_FOLDERRENAMEFAILED

MessageId: DTS_E_FOLDERRENAMEFAILED MessageText: フォルダー "%1!s!\%2!s!" の名前を SQL Server の "%1!s!\%3!s!" に変更したときにエラーが発生しました。

DTS_E_FORBIDDEN

サーバーからエラー コード "403 - アクセス不可" が返されました。 このエラーは、"https" によるアクセスが必要な指定リソースにアクセスしたときに証明書の有効期限が終了している場合、要求した使用法に対して有効でない証明書が使用されている場合、または証明書が失効しているか失効を確認できない場合に発生する可能性があります。

DTS_E_FOREACHVARIABLEMAPPING

MessageId: DTS_E_FOREACHVARIABLEMAPPING MessageText: ForEach 変数マッピング番号 %1!d! 変数 "%2!s!" を適用できません。

DTS_E_FORLOOPASSIGNEXPRESSIONINVALID

MessageId: DTS_E_FORLOOPASSIGNEXPRESSIONINVALID MessageText: ループの代入式が無効であり、変更する必要があります。 関連するエラー メッセージが表示されます。

DTS_E_FORLOOPEVALEXPRESSIONINVALID

MessageId: DTS_E_FORLOOPEVALEXPRESSIONINVALID MessageText: ループの評価式が無効です。 式を変更する必要があります。 関連するエラー メッセージが表示されます。

DTS_E_FORLOOPHASNOEXPRESSION

MessageId: DTS_E_FORLOOPHASNOEXPRESSION MessageText: 評価するループの式はありません。 このエラーは、For ループの式が空の場合に発生します。 式を追加してください。

DTS_E_FORLOOPINITEXPRESSIONINVALID

MessageId: DTS_E_FORLOOPINITEXPRESSIONINVALID MessageText: ループの初期化式が無効であり、変更する必要があります。 関連するエラー メッセージが表示されます。

DTS_E_FOUNDORPHANEDEXTERNALMETADATACOLUMN

MessageId: DTS_E_FOUNDORPHANEDEXTERNALMETADATACOLUMN MessageText: %1!s! には、対応する入力列または出力列がありません。

DTS_E_FROMEXECISNOTCHILD

MessageId: DTS_E_FROMEXECISNOTCHILD MessageText: 優先順位制約を追加するときに、このコンテナーの子ではない From 実行可能ファイルが指定されました。

DTS_E_FSTASK_CANTCREATEDIR

MessageId: DTS_E_FSTASK_CANTCREATEDIR MessageText: ディレクトリを作成できません。 ユーザーにより、ディレクトリが存在する場合にタスクを失敗させるように選択されました。

DTS_E_FSTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE

MessageId: DTS_E_FSTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE MessageText: 接続の種類 "%1!s!" はファイルではありません。

DTS_E_FSTASK_DESTCONNUSAGETYPEINVALID

MessageId: DTS_E_FSTASK_DESTCONNUSAGETYPEINVALID MessageText: 宛先ファイル接続マネージャー "%1!s!" には、"%2!s!" という無効な使用の種類があります。

DTS_E_FSTASK_DESTINATIONISEMPTY

MessageId: DTS_E_FSTASK_DESTINATIONISEMPTY MessageText: 宛先が空です。

DTS_E_FSTASK_DESTINATIONNOTSET

MessageId: DTS_E_FSTASK_DESTINATIONNOTSET MessageText: 操作 "%1!s!" の Destination プロパティが設定されていません。

DTS_E_FSTASK_DIRECTORYDELETED

MessageId: DTS_E_FSTASK_DIRECTORYDELETED MessageText: ディレクトリ "%1!s!" が削除されました。

DTS_E_FSTASK_DIRECTORYEXISTS

MessageId: DTS_E_FSTASK_DIRECTORYEXISTS MessageText: ディレクトリは既に存在します。

DTS_E_FSTASK_FILEDELETED

MessageId: DTS_E_FSTASK_FILEDELETED MessageText: ファイルまたはディレクトリ "%1!s!" が削除されました。

DTS_E_FSTASK_FILEDIRNOTFOUND

MessageId: DTS_E_FSTASK_FILEDIRNOTFOUND MessageText: ファイルまたはディレクトリ "%1!s!" は存在しません。

DTS_E_FSTASK_FILEDOESNOTEXIST

MessageId: DTS_E_FSTASK_FILEDOESNOTEXIST MessageText: 接続 "%2!s!" で表されるファイルまたはディレクトリ "%1!s!" は存在しません。

DTS_E_FSTASK_INVALIDDATA

MessageId: DTS_E_FSTASK_INVALIDDATA MessageText: ファイル システム タスクが無効なタスク データ ノードを受信しました。

DTS_E_FSTASK_INVALIDDESTPATH

MessageId: DTS_E_FSTASK_INVALIDDESTPATH MessageText: 宛先パスが無効です。

DTS_E_FSTASK_LOGENTRYGETTINGFILEOPERATION

MessageId: DTS_E_FSTASK_LOGENTRYGETTINGFILEOPERATION MessageText: FileSystemOperation

DTS_E_FSTASK_LOGENTRYGETTINGFILEOPERATIONDESC

MessageId: DTS_E_FSTASK_LOGENTRYGETTINGFILEOPERATIONDESC MessageText: ファイル システムの操作に関する情報を提供します。

DTS_E_FSTASK_NOATTRIBUTESET

MessageId: DTS_E_FSTASK_NOATTRIBUTESET MessageText: 属性の設定操作のすべてのファイル属性が変更なしとして構成されています。 少なくとも 1 つのファイル属性を True または False に設定する必要があります。

DTS_E_FSTASK_PATHNOTVALID

MessageId: DTS_E_FSTASK_PATHNOTVALID MessageText: "%1!s!" は、操作の種類 "%2!s!" では無効です。

DTS_E_FSTASK_SOURCEISEMPTY

MessageId: DTS_E_FSTASK_SOURCEISEMPTY MessageText: ソースが空です。

DTS_E_FSTASK_SOURCENOTSET

MessageId: DTS_E_FSTASK_SOURCENOTSET MessageText: 操作 "%1!s!" の Source プロパティが設定されていません。

DTS_E_FSTASK_SRCCONNUSAGETYPEINVALID

MessageId: DTS_E_FSTASK_SRCCONNUSAGETYPEINVALID MessageText: ソース ファイル接続マネージャー "%1!s!" に無効な使用の種類 "%2!s!"" があります。

DTS_E_FSTASK_SYNCFAILED

MessageId: DTS_E_FSTASK_SYNCFAILED MessageText: Synchronization オブジェクトが失敗しました。

DTS_E_FSTASK_TASKDESCRIPTION

MessageId: DTS_E_FSTASK_TASKDESCRIPTION MessageText: ファイルのコピーや削除などのファイル システム操作を実行します。

DTS_E_FSTASK_TASKDISPLAYNAME

MessageId: DTS_E_FSTASK_TASKDISPLAYNAME MessageText: ファイル システム タスク

DTS_E_FSTASK_VARIABLEDOESNTEXIST

MessageId: DTS_E_FSTASK_VARIABLEDOESNTEXIST MessageText: 変数 "%1!s!" は存在しません。

DTS_E_FSTASK_VARIABLENOTASTRING

MessageId: DTS_E_FSTASK_VARIABLENOTASTRING MessageText: 変数 "%1!s!" は文字列ではありません。

DTS_E_FSTASK_VARSRCORDESTISEMPTY

MessageId: DTS_E_FSTASK_VARSRCORDESTISEMPTY MessageText: 変数 "%1!s!" は、ソースまたは宛先として使用され、空です。

DTS_E_FTPCHANGEFOLDER

MessageId: DTS_E_FTPCHANGEFOLDER MessageText: 現在のディレクトリを "%1!s!"に変更します。 %2!s!.

DTS_E_FTPCREATEFOLDER

MessageId: DTS_E_FTPCREATEFOLDER MessageText: フォルダー "%1!s!" を作成しています... %2!s!.

DTS_E_FTPDELETEFOLDER

MessageId: DTS_E_FTPDELETEFOLDER MessageText: フォルダー "%1!s!" を削除しています... %2!s!.

DTS_E_FTPERROR

MessageId: DTS_E_FTPERROR MessageText: 要求された FTP 操作でエラーが発生しました。 エラーの詳細な説明: %1!s!

DTS_E_FTPFILESEMPTY

MessageId: DTS_E_FTPFILESEMPTY MessageText: 転送するファイルはありません。 このエラーは、送信操作または受信操作を実行したときに、転送用に指定されたファイルがない場合に発生する可能性があります。

DTS_E_FTPINVALIDCONNECTIONSTRING

MessageId: DTS_E_FTPINVALIDCONNECTIONSTRING MessageText: 接続文字列で指定されたポートが無効です。 ConnectionString の形式は ServerName:Port です。 ポートには、%1!d! から %2!d! までの整数値を 指定する必要があります。

DTS_E_FTPINVALIDLOCALPATH

MessageId: DTS_E_FTPINVALIDLOCALPATH MessageText: 指定されたローカル パスが無効です。 有効なローカル パスを指定してください。 このエラーは、指定したローカル パスが NULL の場合に発生する可能性があります。

DTS_E_FTPINVALIDPORT

MessageId: DTS_E_FTPINVALIDPORT MessageText: FTP ポートに無効な値が含まれています。 FTP ポートの値には、%1!d! から %2!d! までの整数値を 指定する必要があります。

DTS_E_FTPINVALIDRETRIES

MessageId: DTS_E_FTPINVALIDRETRIES MessageText: 再試行回数が無効です。 再試行回数には、%1!d! から %2!d! までの値を指定する必要があります。 指定する必要があります。

DTS_E_FTPNOFILESTODELETE

MessageId: DTS_E_FTPNOFILESTODELETE MessageText: 削除するファイルが指定されていません。

DTS_E_FTPNOTCONNECTED

MessageId: DTS_E_FTPNOTCONNECTED MessageText: FTP サーバーとの接続が確立されていません。

DTS_E_FTPTASK__INITIALIZATION_WITH_NULL_XML_ELEMENT

MessageId: DTS_E_FTPTASK__INITIALIZATION_WITH_NULL_XML_ELEMENT MessageText: null XML 要素を使用してタスクを初期化できません。

DTS_E_FTPTASK_CANNOTACQUIRECONNECTION

MessageId: DTS_E_FTPTASK_CANNOTACQUIRECONNECTION MessageText: FTP 接続の取得中にエラーが発生しました。 有効な接続の種類が "%1!s!" に指定されていることを確認します。

DTS_E_FTPTASK_CONNECTION_NAME_NULL

MessageId: DTS_E_FTPTASK_CONNECTION_NAME_NULL MessageText: 接続が空です。 有効な FTP 接続が指定されていることを確認してください。

DTS_E_FTPTASK_CONNECTION_NOT_FTP

MessageId: DTS_E_FTPTASK_CONNECTION_NOT_FTP MessageText: 指定された接続が FTP 接続ではありません。 有効な FTP 接続が指定されていることを確認してください。

DTS_E_FTPTASK_CONNECTIONNOTFOUND

MessageId: DTS_E_FTPTASK_CONNECTIONNOTFOUND MessageText: FTP 接続マネージャー "%1!s!" が見つかりません。

DTS_E_FTPTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE

MessageId: DTS_E_FTPTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE MessageText: 接続の種類 "%1!s!" はファイルではありません。

DTS_E_FTPTASK_DIRECTORYEXISTS

MessageId: DTS_E_FTPTASK_DIRECTORYEXISTS MessageText: "%1!s!" は既に存在します。

DTS_E_FTPTASK_ERROR_IN_LOAD_FROM_XML

MessageId: DTS_E_FTPTASK_ERROR_IN_LOAD_FROM_XML MessageText: タグ "%1!s!"の LoadFromXML でエラーが発生しました。

DTS_E_FTPTASK_FILECONNECTIONNOTFOUND

MessageId: DTS_E_FTPTASK_FILECONNECTIONNOTFOUND MessageText: FTP 操作 "%1!s!"の場合、FILE 接続マネージャー "%2!s!" が見つかりません。

DTS_E_FTPTASK_FILEDOESNOTEXIST

MessageId: DTS_E_FTPTASK_FILEDOESNOTEXIST MessageText: "%1!s!" で表されるファイルは存在しません。

DTS_E_FTPTASK_FILEUSAGETYPEERROR

MessageId: DTS_E_FTPTASK_FILEUSAGETYPEERROR MessageText: 接続 "%1!s!" のファイル使用量の種類は、操作 "%3!s!" の場合は "%2!s!" にする必要があります。

DTS_E_FTPTASK_FTPRCVDINVLDDATANODE

MessageId: DTS_E_FTPTASK_FTPRCVDINVLDDATANODE MessageText: FTP タスクが無効なタスク データ ノードを受信しました。

DTS_E_FTPTASK_INVALIDDIRECTORY

MessageId: DTS_E_FTPTASK_INVALIDDIRECTORY MessageText: 変数 "%1!s!"にディレクトリが指定されていません。

DTS_E_FTPTASK_INVALIDPATHONOPERATION

MessageId: DTS_E_FTPTASK_INVALIDPATHONOPERATION MessageText: 操作 "%1!s!"のパスが無効です。

DTS_E_FTPTASK_INVALIDREMOTEPATH

MessageId: DTS_E_FTPTASK_INVALIDREMOTEPATH MessageText: リモート パス "%1!s!" は "/" で始まっていません。

DTS_E_FTPTASK_INVALIDVARIABLEVALUE

MessageId: DTS_E_FTPTASK_INVALIDVARIABLEVALUE MessageText: 変数 "%1!s!" は "/" で始まっていません。

DTS_E_FTPTASK_LOCALPATHEMPTY

MessageId: DTS_E_FTPTASK_LOCALPATHEMPTY MessageText: ローカル パスが空です。

DTS_E_FTPTASK_LOCALVARIABLEISEMPTY

MessageId: DTS_E_FTPTASK_LOCALVARIABLEISEMPTY MessageText: 変数 "%1!s!" が空です。

DTS_E_FTPTASK_LOCALVARIBALEEMPTY

MessageId: DTS_E_FTPTASK_LOCALVARIBALEEMPTY MessageText: ローカル変数が空です。

DTS_E_FTPTASK_NODIRECTORYPATHINCONMGR

MessageId: DTS_E_FTPTASK_NODIRECTORYPATHINCONMGR MessageText: ファイル接続マネージャー "%1!s!"でディレクトリが指定されていません。

DTS_E_FTPTASK_NOFILEPATHSINLOCALVAR

MessageId: DTS_E_FTPTASK_NOFILEPATHSINLOCALVAR MessageText: 変数 "%1!s!" にはファイル パスが含まれません。

DTS_E_FTPTASK_NOFILESATLOCATION

MessageId: DTS_E_FTPTASK_NOFILESATLOCATION MessageText: "%1!s!"にファイルはありません。

DTS_E_FTPTASK_NOFILESFOUND

MessageId: DTS_E_FTPTASK_NOFILESFOUND MessageText: "%1!s!" にファイルが見つかりません。

DTS_E_FTPTASK_NOFILESINCONNMGR

MessageId: DTS_E_FTPTASK_NOFILESINCONNMGR MessageText: ファイル "%1!s!" にはファイル パスが含まれません。

DTS_E_FTPTASK_REMOTEPATHEMPTY

MessageId: DTS_E_FTPTASK_REMOTEPATHEMPTY MessageText: リモート パスが空です。

DTS_E_FTPTASK_REMOTEVARIABLEISEMPTY

MessageId: DTS_E_FTPTASK_REMOTEVARIABLEISEMPTY MessageText: 変数 "%1!s!" が空です。

DTS_E_FTPTASK_REMOTEVARIBALEEMPTY

MessageId: DTS_E_FTPTASK_REMOTEVARIBALEEMPTY MessageText: リモート変数が空です。

DTS_E_FTPTASK_SAVE_TO_NULL_XML_ELEMENT

MessageId: DTS_E_FTPTASK_SAVE_TO_NULL_XML_ELEMENT MessageText: タスクを null XML ドキュメントに保存できません。

DTS_E_FTPTASK_SYNCOBJFAILED

MessageId: DTS_E_FTPTASK_SYNCOBJFAILED MessageText: Synchronization オブジェクトが失敗しました。

DTS_E_FTPTASK_UNABLETOCONNECTTOSERVER

MessageId: DTS_E_FTPTASK_UNABLETOCONNECTTOSERVER MessageText: "%1!s!"を使用して FTP サーバーに接続できません。

DTS_E_FTPTASK_UNABLETOCREATELOCALDIRECTORY

MessageId: DTS_E_FTPTASK_UNABLETOCREATELOCALDIRECTORY MessageText: ローカル ディレクトリ "%1!s!"を作成できません。

DTS_E_FTPTASK_UNABLETODELETELOCALEFILE

MessageId: DTS_E_FTPTASK_UNABLETODELETELOCALEFILE MessageText: ローカル ファイル "%1!s!"を削除できません。

DTS_E_FTPTASK_UNABLETODELETEREMOTEFILES

MessageId: DTS_E_FTPTASK_UNABLETODELETEREMOTEFILES MessageText: "%1!s!"を使用してリモート ファイルを削除できません。

DTS_E_FTPTASK_UNABLETOMAKEDIRREMOTE

MessageId: DTS_E_FTPTASK_UNABLETOMAKEDIRREMOTE MessageText: "%1!s!"を使用してリモート ディレクトリを作成できません。

DTS_E_FTPTASK_UNABLETOOBTAINFILELIST

MessageId: DTS_E_FTPTASK_UNABLETOOBTAINFILELIST MessageText: ファイル リストを取得できません。

DTS_E_FTPTASK_UNABLETORECEIVEFILES

MessageId: DTS_E_FTPTASK_UNABLETORECEIVEFILES MessageText: "%1!s!"を使用してファイルを受信できません。

DTS_E_FTPTASK_UNABLETOREMOVEDIRREMOTE

MessageId: DTS_E_FTPTASK_UNABLETOREMOVEDIRREMOTE MessageText: "%1!s!"を使用してリモート ディレクトリを削除できません。

DTS_E_FTPTASK_UNABLETOREMOVELOCALDIRECTORY

MessageId: DTS_E_FTPTASK_UNABLETOREMOVELOCALDIRECTORY MessageText: ローカル ディレクトリ "%1!s!"を削除できません。

DTS_E_FTPTASK_UNABLETOSENDFILES

MessageId: DTS_E_FTPTASK_UNABLETOSENDFILES MessageText: "%1!s!"を使用してファイルを送信できません。

DTS_E_FTPTASK_VARIABLENOTASTRING

MessageId: DTS_E_FTPTASK_VARIABLENOTASTRING MessageText: 変数 "%1!s!" は文字列ではありません。

DTS_E_FTPTASK_VARIABLENOTFOUND

MessageId: DTS_E_FTPTASK_VARIABLENOTFOUND MessageText: 変数 "%1!s!" は存在しません。

DTS_E_FUNDAMENTALLOADINGERROR

MessageId: DTS_E_FUNDAMENTALLOADINGERROR MessageText: パッケージに有効な XML 形式がないため、パッケージを XML として読み込むことができません。 特定の XML パーサー エラーが通知されます。

DTS_E_FUZZYGROUPINGINTERNALPIPELINEERROR

MessageId: DTS_E_FUZZYGROUPINGINTERNALPIPELINEERROR MessageText: あいまいグループ化変換パイプライン エラーが発生し、エラー コード 0x%1!8.8X!: "%2!s!" が返されました。

DTS_E_FUZZYLOOKUP_REFERENCECACHEFULL

あいまい参照によって、参照テーブル全体をメイン メモリに読み込めませんでした。これは、Exhaustive プロパティが有効なときに必要なことです。 システム メモリが不足していたか、参照テーブルを読み込むには十分でない制限が MaxMemoryUsage に指定されていました。 MaxMemoryUsage を 0 に設定するか、設定値を大幅に増やしてください。 または、Exhaustive プロパティを無効にしてください。

DTS_E_FUZZYLOOKUPREFTABLETOOBIG

MessageId: DTS_E_FUZZYLOOKUPREFTABLETOOBIG MessageText: 指定された参照テーブルの行数が多すぎます。 あいまい参照は、10 億行未満の参照テーブルでのみ機能します。 参照テーブルで、より小さいビューを使用することを検討してください。

DTS_E_FUZZYLOOKUPUNABLETODELETEEXISTINGMATCHINDEX

"%1" という名前の既存のあいまい一致インデックスを削除中にエラーが発生しました。 このテーブルはあいまい参照 (またはこのバージョンのあいまい参照) によって作成されなかったか、壊れているか、または別の問題がある可能性があります。 "%2" という名前のテーブルを手動で削除するか、MatchIndexName プロパティに別の名前を指定してください。

DTS_E_FUZZYLOOKUPUNABLETODETERMINEREFERENCETABLESIZE

参照テーブル '%1' のサイズを特定しようとして失敗しました。 このオブジェクトがビューであり、テーブルではない可能性があります。 あいまい参照では、CopyReferentaceTable が False に設定されたビューをサポートしていません。 テーブルが存在し、CopyReferenceTable が True に設定されていることを確認してください。

DTS_E_GENERICERROR

MessageId: DTS_E_GENERICERROR MessageText: 1 つ以上のエラーが発生しました。 このエラーの前により具体的なエラーが発生していて、そのエラーで詳細が説明されています。 このメッセージは、エラーの原因となった関数からの戻り値として使用されます。

DTS_E_GETCATMANAGERFAILED

MessageId: DTS_E_GETCATMANAGERFAILED MessageText: エラー 0x%1!8.8X! により COM コンポーネント カテゴリ マネージャーを作成できませんでした。 "%2!s!"。

DTS_E_GETCONNECTIONINFOS

MessageId: DTS_E_GETCONNECTIONINFOS MessageText: エラー 0x%1!8.8X! で ConnectionInfos コレクションを取得できませんでした。 "%2!s!"。 このエラーは、IDTSApplication100::get_ConnectionInfos への呼び出しが失敗した場合に発生します。

DTS_E_GETENUMERATOR

MessageId: DTS_E_GETENUMERATOR MessageText: ForEach 列挙子の GetEnumerator メソッドがエラー 0x%1!8.8X! で失敗しました。 "%2!s!"。 このエラーは、ForEach 列挙子が列挙を実行できない場合に発生します。

DTS_E_GETKEYFROMCERTFAILED

エラー 0x%1!8.8X! "%2" により、指定された証明書に関連付けられた暗号化キー ペアを取得できませんでした 。 発行された証明書のキー ペアを所持していることを確認してください。このエラーは、通常、個人が秘密キーを所持していない証明書を使用してドキュメントに署名しようとした場合に発生します。

DTS_E_GETPACKAGEINFOS

MessageId: DTS_E_GETPACKAGEINFOS MessageText: OLE DB エラー 0x%1!8.8X! (%2!s!)パッケージの列挙中に発生しました。 SQL ステートメントが発行されましたが失敗しました。

DTS_E_GETRTINTERFACEFAILED

MessageId: DTS_E_GETRTINTERFACEFAILED MessageText: コンポーネント "%1!s!"(%2!d!)IDTSRuntimeComponent100 インターフェイスを提供できません。

DTS_E_GETSCHEMATABLEFAILED

MessageId: DTS_E_GETSCHEMATABLEFAILED MessageText: %1!s! SQL コマンドの列情報を取得できませんでした。 次のエラーが発生しました: %2!s!

DTS_E_GETXMLSOURCEFAILED

MessageId: DTS_E_GETXMLSOURCEFAILED MessageText: エラー 0x%1!8.8X! で XML DOM オブジェクトから XML ソースを取得できませんでした。 "%2!s!"。 このエラーは、IXMLDOMDocument::get_xml が失敗した場合に発生します。

DTS_E_HASEMPTYTASKHOSTS

MessageId: DTS_E_HASEMPTYTASKHOSTS MessageText: パッケージには読み込みに失敗したタスクが含まれているため、パッケージを実行できません。

DTS_E_HASHTABLE_SIZEOVERFLOW

MessageId: DTS_E_HASHTABLE_SIZEOVERFLOW MessageText: %1!lu! エントリを作成できませんでした。

DTS_E_HASSIDEEFFECTSWITHSYNCINP

MessageId: DTS_E_HASSIDEEFFECTSWITHSYNCINP MessageText: "%1!s!" には HasSideEffects プロパティが TRUE に設定されていますが、"%1!s!" は同期であり、副作用を持つことはできません。 HasSideEffects プロパティを False に設定してください。

DTS_E_HIDEPROJCONNECTION_NAMECONFLICT

名前が競合する場合、プロジェクト接続が非表示になります。

DTS_E_ICONVERTTYPEUNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_ICONVERTTYPEUNAVAILABLE MessageText: OLE DB アダプターで使用される OLE DB プロバイダーは、IConvertType をサポートしていません。 アダプターの ValidateColumnMetaData プロパティを False に設定してください。

DTS_E_IDNOTINPUTNOROUTPUT

MessageId: DTS_E_IDNOTINPUTNOROUTPUT MessageText: ID %1!lu!は、入力 ID でも出力 ID でもありません。 指定された ID は、外部メタデータのコレクションが関連付けられている入力 ID または出力 ID である必要があります。

DTS_E_IDTSNAMENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_IDTSNAMENOTSUPPORTED MessageText: オブジェクトは IDTSName100 から継承する必要があり、継承しません。

DTS_E_ILLEGALCUSTOMOUTPUTPROPERTY

MessageId: DTS_E_ILLEGALCUSTOMOUTPUTPROPERTY MessageText: 出力 %1!s! プロパティ "%2!s!" を持つことはできませんが、現在、そのプロパティが割り当てられます。

DTS_E_IMAGEDATATYPENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_IMAGEDATATYPENOTSUPPORTED MessageText: "%1!s!" のデータ型はDT_IMAGE。これはサポートされていません。 代わりに、DT_TEXT 型または DT_NTEXT 型を使用し、データ変換コンポーネントでデータを DT_IMAGE 型との間で変換してください。

DTS_E_INCOMPATIBLETRANSACTIONCONTEXT

MessageId: DTS_E_INCOMPATIBLETRANSACTIONCONTEXT MessageText: 互換性のないトランザクション コンテキストが、保持された接続に対して指定されました。 この接続は別のトランザクション コンテキストで確立されています。 保持されている接続は 1 つのトランザクション コンテキストのみで使用できます。

DTS_E_INCOMPLETEDATASOURCECOLUMNFOUND

MessageId: DTS_E_INCOMPLETEDATASOURCECOLUMNFOUND MessageText: データ ソース列 "%1!s!" の完全なメタデータ情報は使用できません。 列がデータ ソースで正しく定義されていることを確認してください。

DTS_E_INCORRECT_SQL_SERVER_VERSION

MessageId: DTS_E_INCORRECT_SQL_SERVER_VERSION MessageText: DBMS の種類またはバージョン "%1!s!" はサポートされていません。 Microsoft SQL Server Version 8.0 (2000) 以降への接続が必要です。 このエラーは、接続の IDBProperties から正しいバージョンが返されなかった場合に発生します。

DTS_E_INCORRECTCOLUMNCOUNT

MessageId: DTS_E_INCORRECTCOLUMNCOUNT MessageText: 列の数が正しくありません。

DTS_E_INCORRECTCOMPONENTVIEWID

MessageId: DTS_E_INCORRECTCOMPONENTVIEWID MessageText: コンポーネント ビュー ID が正しくありません。 コンポーネント ビューの同期が取れません。 コンポーネント ビューを解放して再作成してください。

DTS_E_INCORRECTCONNECTIONMANAGERTYPE

MessageId: DTS_E_INCORRECTCONNECTIONMANAGERTYPE MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" が正しくない型です。 必要な型は "%2!s!" です。 コンポーネントで使用できる型は "%3!s!" です。

DTS_E_INCORRECTCONNECTIONOBJECTTYPE

MessageId: DTS_E_INCORRECTCONNECTIONOBJECTTYPE MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" が AcquireConnection メソッドから正しくない型のオブジェクトを返しました。

DTS_E_INCORRECTCUSTOMPROPERTYTYPE

MessageId: DTS_E_INCORRECTCUSTOMPROPERTYTYPE MessageText: カスタム プロパティ "%1!s!" は %2!s! 型である必要があります。

DTS_E_INCORRECTCUSTOMPROPERTYVALUE

MessageId: DTS_E_INCORRECTCUSTOMPROPERTYVALUE MessageText: カスタム プロパティ "%1!s!" の値が正しくありません。

DTS_E_INCORRECTCUSTOMPROPERTYVALUEFOROBJECT

MessageId: DTS_E_INCORRECTCUSTOMPROPERTYVALUEFOROBJECT MessageText: %2!s! のカスタム プロパティ "%1!s!" の値。 が正しくありません。

DTS_E_INCORRECTEXACTNUMBEROFINPUTS

MessageId: DTS_E_INCORRECTEXACTNUMBEROFINPUTS MessageText: 入力の数が正しくありません。 正しくは、%1!d! 件の 入力が必要です。

DTS_E_INCORRECTEXACTNUMBEROFOUTPUTS

MessageId: DTS_E_INCORRECTEXACTNUMBEROFOUTPUTS MessageText: 出力の数が正しくありません。 正しくは、%1!d! 件の 出力が必要です。

DTS_E_INCORRECTINPUTCACHECOLCOUNT

MessageId: DTS_E_INCORRECTINPUTCACHECOLCOUNT MessageText: 入力列の数がキャッシュ列の数と一致しません。

DTS_E_INCORRECTMINIMUMNUMBEROFOUTPUTS

MessageId: DTS_E_INCORRECTMINIMUMNUMBEROFOUTPUTS MessageText: 出力の数が正しくありません。 少なくとも %1!d! 件の 出力が必要です。

DTS_E_INCORRECTPARAMETERMAPPINGFORMAT

MessageId: DTS_E_INCORRECTPARAMETERMAPPINGFORMAT MessageText: パラメーター マッピング文字列が正しい形式ではありません。

DTS_E_INCORRECTSTOCKPROPERTY

MessageId: DTS_E_INCORRECTSTOCKPROPERTY MessageText: "%2!s!" のプロパティ "%1!s!" の値が無効です。

DTS_E_INCORRECTSTOCKPROPERTYVALUE

MessageId: DTS_E_INCORRECTSTOCKPROPERTYVALUE MessageText: プロパティ "%1!s!" の値が正しくありません。

DTS_E_INDIVIDUALCACHEINTERFACESFAILED

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALCACHEINTERFACESFAILED MessageText: %1!s! 初期化に失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。

DTS_E_INDIVIDUALCHECKPRODUCTLEVELFAILED

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALCHECKPRODUCTLEVELFAILED MessageText: %1!s! 必要な製品レベルのチェックを実行できず、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。

DTS_E_INDIVIDUALCLEANUPFAILED

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALCLEANUPFAILED MessageText: %1!s! クリーンアップ フェーズが失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。

DTS_E_INDIVIDUALPOSTEXECUTEFAILED

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALPOSTEXECUTEFAILED MessageText: %1!s! は実行後フェーズに失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! を返しました。

DTS_E_INDIVIDUALPREEXECUTEFAILED

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALPREEXECUTEFAILED MessageText: %1!s! 実行前フェーズが失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。

DTS_E_INDIVIDUALPREPAREFAILED

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALPREPAREFAILED MessageText: %1!s! 準備フェーズが失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。

DTS_E_INDIVIDUALPUTCOMPONENTMETADATAFAILED

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALPUTCOMPONENTMETADATAFAILED MessageText: "%1!s!" はコンポーネント メタデータ オブジェクトのキャッシュに失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! を返しました。

DTS_E_INDIVIDUALPUTEVENTINFOSFAILED

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALPUTEVENTINFOSFAILED MessageText: EventInfos コレクションを "%1!s!" でキャッシュできず、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。

DTS_E_INDIVIDUALPUTLOGENTRYINFOS

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALPUTLOGENTRYINFOS MessageText: "%1!s!" は LogEntryInfos コレクションのキャッシュに失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! を返しました。

DTS_E_INDIVIDUALPUTREFTRACKERFAILED

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALPUTREFTRACKERFAILED MessageText: コンポーネント "%1!s!" がランタイム オブジェクト参照トラッカー コレクションをキャッシュできず、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。

DTS_E_INDIVIDUALPUTVARIABLESFAILED

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALPUTVARIABLESFAILED MessageText: "%1!s!" は Variables コレクションをキャッシュできず、エラー コード 0x%2!8.8X が返されます。

DTS_E_INDIVIDUALRELEASEINTERFACESFAILED

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALRELEASEINTERFACESFAILED MessageText: %1!s! シャットダウン中に失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。 コンポーネントがインターフェイスを解放できませんでした。

DTS_E_INDIVIDUALVALIDATIONFAILED

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALVALIDATIONFAILED MessageText: %1!s! 検証に失敗し、エラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。

DTS_E_INDIVIDUALVALIDATIONSTATUSFAILED

MessageId: DTS_E_INDIVIDUALVALIDATIONSTATUSFAILED MessageText: "%1!s!" は検証に失敗し、検証状態 "%2!s!"" を返しました。

DTS_E_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONERROR

SSIS エラー コード DTS_E_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONERROR。 エラー コード 0x%2!8.8X! により、"%1" が失敗しました。 "%3" のエラー行の処理により、エラーによる失敗が示されます。 ここに示されたコンポーネントのオブジェクトでエラーが発生しました。 このエラーの前に、エラーの詳細が記載されたエラー メッセージが報告されている可能性があります。

DTS_E_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONTRUNCATION

MessageId: DTS_E_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONTRUNCATION MessageText: 切り捨てが発生したため、"%1!s!" は失敗し、"%2!s!" の切り捨て行の処理では切り捨て時のエラーを指定します。 ここに示されたコンポーネントのオブジェクトで切り捨てエラーが発生しました。

DTS_E_INITTASKOBJECTFAILED

MessageId: DTS_E_INITTASKOBJECTFAILED MessageText: タスク "%1!s!"("%2!s!"" と入力します)エラー 0x%3!8.8X! %4!s!"。

DTS_E_INPUTCOLPROPERTYNOTFOUND

MessageId: DTS_E_INPUTCOLPROPERTYNOTFOUND MessageText: 入力列 "%1!s!" に "%3!s!" プロパティが必要です。(%2!d!)が見つかりません。 見つからないプロパティを追加してください。

DTS_E_INPUTCOLUMNBADMAP

MessageId: DTS_E_INPUTCOLUMNBADMAP MessageText: %1!s! には無効なマッピングがあります。 このコンポーネントには ID が %2!ld! の出力列は 存在しません。

DTS_E_INPUTCOLUMNNOTFOUND

MessageId: DTS_E_INPUTCOLUMNNOTFOUND MessageText: 出力列 "%3!s!" のプロパティ "%2!s!" によって参照される入力列系列 ID "%3!s!" を入力列コレクションに配置できませんでした。

DTS_E_INPUTCOLUMNUSAGETYPENOTREADONLY

MessageId: DTS_E_INPUTCOLUMNUSAGETYPENOTREADONLY MessageText: 入力列 "%1!s!" は読み取り専用である必要があります。 入力列が、許可されていない読み取り専用以外の種類の使用法になっています。

DTS_E_INPUTMUSTBESORTED

MessageId: DTS_E_INPUTMUSTBESORTED MessageText: "%1!s!" を並べ替える必要があります。 可能であれば、ソースでデータを並べ替え、詳細エディターで IsSorted プロパティと SortKeyPosition プロパティを設定して、データを並べ替え済みとしてマークします。 それ以外の場合は、マージの前のパスに並べ替え変換を追加します。

DTS_E_INPUTNOTKNOWN

MessageId: DTS_E_INPUTNOTKNOWN MessageText: スレッド "%1!s!" は入力 %2!d! のバッファーを受信しましたが、このスレッドはその入力に対して責任を負いません。 データ フロー エンジン スケジューラで正しくない実行プランが構築されたことが原因で、エラーが発生しました。

DTS_E_INPUTSNOTREADONLY

MessageId: DTS_E_INPUTSNOTREADONLY MessageText: この変換への入力列に指定された使用法の種類を読み取り/書き込みできません。 使用法の種類を読み取り専用に変更してください。

DTS_E_INPUTWITHOUTPATHS

MessageId: DTS_E_INPUTWITHOUTPATHS MessageText: 必要な入力オブジェクトがパス オブジェクトに接続されていません。

DTS_E_INSERTERCANTREAD

MessageId: DTS_E_INSERTERCANTREAD MessageText: ファイル "%1!s!" からの読み取りがエラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_INSERTERCOLUMNALREADYREFERENCED

MessageId: DTS_E_INSERTERCOLUMNALREADYREFERENCED MessageText: %1!s! は ID %2!d! の出力列を参照しますが、その列は %3!s! によって既に参照されています。

DTS_E_INSERTERCOLUMNNOTREFERENCED

MessageId: DTS_E_INSERTERCOLUMNNOTREFERENCED MessageText: "%1!s!" はどの入力列でも参照されません。 各出力列は、1 つの入力列によって参照される必要があります。

DTS_E_INSERTERDATACOLUMNNOTBLOB

MessageId: DTS_E_INSERTERDATACOLUMNNOTBLOB MessageText: "%1!s!" は "%2!s!" を参照し、その列が正しい型ではありません。 DT_TEXT、DT_NTEXT、DT_IMAGE のいずれかにする必要があります。 BLOB である必要がある列を参照しています。

DTS_E_INSERTEREXPECTBOMINVALIDTYPE

"%1" では %2 の ExpectBOM プロパティが True に設定されていますが、この列は NT_NTEXT 型ではありません。 ExpectBOM により、列インポート変換でバイト順マーク (BOM) が予期されることが示されます。 ExpectBOM プロパティを False に設定するか、出力列のデータ型を DT_NTEXT に変更してください。

DTS_E_INSERTERFILENAMECOLUMNNOTSTRING

MessageId: DTS_E_INSERTERFILENAMECOLUMNNOTSTRING MessageText: "%1!s!" にはファイル名を含める必要がありますが、文字列型ではありません。

DTS_E_INSERTERINVALIDBOM

MessageId: DTS_E_INSERTERINVALIDBOM MessageText: ファイル "%1!s!" のバイトオーダー マーク (BOM) 値は 0x%2!4.4X! ですが、期待される値は 0x%3!4.4X! です。 このファイルに対して ExpectBOM プロパティが設定されていましたが、ファイルに BOM 値がないか、無効です。

DTS_E_INSERTERINVALIDCOLUMNDATATYPE

MessageId: DTS_E_INSERTERINVALIDCOLUMNDATATYPE MessageText: %1!s! にはサポートされていないデータ型があります。 DT_STR または DT_WSTR を指定する必要があります。

DTS_E_INSERTERINVALIDDATACOLUMNSETTYPE

MessageId: DTS_E_INSERTERINVALIDDATACOLUMNSETTYPE MessageText: データ出力列は、DT_TEXT、DT_NTEXT、またはDT_IMAGEする必要があります。 データ出力列は BLOB 型にのみ設定できます。

DTS_E_INSERTERREFERENCEDCOLUMNNOTFOUND

MessageId: DTS_E_INSERTERREFERENCEDCOLUMNNOTFOUND MessageText: "%1!s!" は出力列 ID %2!d! を参照し、その列が出力に見つかりません。

DTS_E_INVALIDARRAYVALUE

MessageId: DTS_E_INVALIDARRAYVALUE MessageText: 配列値の取得または設定中にエラーが発生しました。 型 "%1!s!" は使用できません。 このエラーは、配列を変数に読み込んだときに発生します。

DTS_E_INVALIDBUFFERTYPE

MessageId: DTS_E_INVALIDBUFFERTYPE MessageText: バッファーの種類が無効です。 パイプラインのレイアウトおよびすべてのコンポーネントが検証に合格していることを確認してください。

DTS_E_INVALIDBULKINSERTFIRSTROWLASTROWVALUES

MessageId: DTS_E_INVALIDBULKINSERTFIRSTROWLASTROWVALUES MessageText: プロパティ %1!s! の値 は %2!d!であり、%3!d! の値以下である必要があります。 for property %4!s!.

DTS_E_INVALIDBULKINSERTPROPERTYVALUE

MessageId: DTS_E_INVALIDBULKINSERTPROPERTYVALUE MessageText: プロパティ %1!s! は %2!d! です。これは許可されていません。 値には、%3!d! 以上の値を指定する必要があります。

DTS_E_INVALIDCACHEFILENAME

MessageId: DTS_E_INVALIDCACHEFILENAME MessageText: キャッシュ ファイル名が指定されていないか、無効です。 有効なキャッシュ ファイル名を指定してください。

DTS_E_INVALIDCERTHASHFORMAT

MessageId: DTS_E_INVALIDCERTHASHFORMAT MessageText: ハッシュ値はバイトの 1 次元配列ではありません (エラー: %1!s!)。 このエラーは、CPackage::LoadUserCertificateByHash で発生します。

DTS_E_INVALIDCHECKPOINT_TRANSACTION

MessageId: DTS_E_INVALIDCHECKPOINT_TRANSACTION MessageText: 現在のパッケージ設定はサポートされていません。 SaveCheckpoints プロパティまたは TransactionOption プロパティを変更してください。

DTS_E_INVALIDCHUNKSIZE

MessageId: DTS_E_INVALIDCHUNKSIZE MessageText: チャンク サイズが無効です。 Chunksize プロパティは %1!d! から %2!d! までの範囲内で、 秒単位で 指定する必要があります。

DTS_E_INVALIDCODEPAGE

MessageId: DTS_E_INVALIDCODEPAGE MessageText: コード ページ %1!d! 出力列 "%2!s!" で指定(%3!d!)が無効です。 出力列 "%2!s!" に別のコード ページを選択します。

DTS_E_INVALIDCOMPARISONFLAGS

MessageId: DTS_E_INVALIDCOMPARISONFLAGS MessageText: %1!s! には、値 %2!d! の追加フラグを含む ComparisonFlags プロパティがあります。

DTS_E_INVALIDCOMPONENTFILENAME

MessageId: DTS_E_INVALIDCOMPONENTFILENAME MessageText: CLSID が "%1!s!" のコンポーネントのファイル名を取得できません。 コンポーネントが正しく登録されていること、または指定された CLSID が正しいことを確認してください。

DTS_E_INVALIDCOMPONENTID

MessageId: DTS_E_INVALIDCOMPONENTID MessageText: レイアウト コンポーネントの ID が無効です。

DTS_E_INVALIDCUSTOMPROPERTYNAME

MessageId: DTS_E_INVALIDCUSTOMPROPERTYNAME MessageText: "%1!s!" という名前のカスタム プロパティは、その名前のストック プロパティがあるため無効です。 カスタム プロパティに、同じオブジェクトのストック プロパティと同じ名前を指定することはできません。

DTS_E_INVALIDDATABASEOBJECTNAME

MessageId: DTS_E_INVALIDDATABASEOBJECTNAME MessageText: データベース オブジェクト名 "%1!s!" が無効です。

DTS_E_INVALIDDATATYPE

MessageId: DTS_E_INVALIDDATATYPE MessageText: %1!s! 無効なデータ型値 (%2!ld!) が設定されました。

DTS_E_INVALIDDATATYPEFORERRORCOLUMNS

MessageId: DTS_E_INVALIDDATATYPEFORERRORCOLUMNS MessageText: "%1!s!" に無効なデータ型が含まれています。 "%1!s! " は特殊なエラー列であり、有効なデータ型はDT_I4のみです。

DTS_E_INVALIDENUMERATORINDEX

MessageId: DTS_E_INVALIDENUMERATORINDEX MessageText: 列挙子がインデックス "%1!d!"で要素を取得できませんでした。

DTS_E_INVALIDERRORDISPOSITION

MessageId: DTS_E_INVALIDERRORDISPOSITION MessageText: %1!s! 無効なエラーまたは切り捨て行の処理があります。

DTS_E_INVALIDEXCLUSIONGROUP

MessageId: DTS_E_INVALIDEXCLUSIONGROUP MessageText: "%1!s!" と "%2!s!" は同じ除外グループ内にありますが、同期入力は同じではありません。

DTS_E_INVALIDFILE

MessageId: DTS_E_INVALIDFILE MessageText: For Each File 列挙子で指定されたファイルが無効です。 For Each File 列挙子に指定されたファイルが存在することを確認してください。

DTS_E_INVALIDFILENAMEINCONNECTION

MessageId: DTS_E_INVALIDFILENAMEINCONNECTION MessageText: 接続で指定されたファイル名 "%1!s!" が無効でした。

DTS_E_INVALIDFLATFILECOLUMNTYPE

MessageId: DTS_E_INVALIDFLATFILECOLUMNTYPE MessageText: 列 "%1!s!" の列の種類が正しくありません。 "%2!s!" 型です。 "%3!s!" または "%4!s!" のいずれかです。

DTS_E_INVALIDFOREACHPROPERTYMAPPING

MessageId: DTS_E_INVALIDFOREACHPROPERTYMAPPING MessageText: For Each ループで無効なプロパティ マッピングが見つかりました。 このエラーは、For Each プロパティ マッピングの復元に失敗した場合に発生します。

DTS_E_INVALIDINDEX

MessageId: DTS_E_INVALIDINDEX MessageText: インデックスが無効です。

DTS_E_INVALIDINPUTCOLUMNCACHE

MessageId: DTS_E_INVALIDINPUTCOLUMNCACHE MessageText: 列 %1!s! 有効なキャッシュがありません

DTS_E_INVALIDINPUTCOUNT

MessageId: DTS_E_INVALIDINPUTCOUNT MessageText: コンポーネントに無効な数の入力があります。

DTS_E_INVALIDINPUTLINEAGEID

MessageId: DTS_E_INVALIDINPUTLINEAGEID MessageText: %1!s! 系列 ID %2!d! 以前データ フロー タスクで使用されなかった系列 ID %2!d! が指定されています。

DTS_E_INVALIDNODE

MessageId: DTS_E_INVALIDNODE MessageText: Node "%1!s!" は有効なノードではありません。 このエラーは、保存が失敗した場合に発生します。

DTS_E_INVALIDOBJECTID

MessageId: DTS_E_INVALIDOBJECTID MessageText: レイアウト オブジェクトの ID が無効です。

DTS_E_INVALIDOBJECTNAME

MessageId: DTS_E_INVALIDOBJECTNAME MessageText: SSIS オブジェクト名が無効です。 名前付けの問題が的確に説明された、より具体的なエラーが発生している可能性があります。

DTS_E_INVALIDORDERCLAUSE

MessageId: DTS_E_INVALIDORDERCLAUSE MessageText: Order 句が無効です。

DTS_E_INVALIDOUTPUTCOUNT

MessageId: DTS_E_INVALIDOUTPUTCOUNT MessageText: コンポーネントに無効な数の出力があります。

DTS_E_INVALIDOUTPUTEXCLUSIONGROUP

MessageId: DTS_E_INVALIDOUTPUTEXCLUSIONGROUP MessageText: %1!s! は除外グループ %2!d! に含まれる必要があります。 すべての出力は、この除外グループに存在する必要があります。

DTS_E_INVALIDOUTPUTLINEAGEID

MessageId: DTS_E_INVALIDOUTPUTLINEAGEID MessageText: %1!s! には系列 ID %2!d! がありますが、%3!d! が必要です。

DTS_E_INVALIDPARAMETERVALUE

MessageId: DTS_E_INVALIDPARAMETERVALUE MessageText: データ型が一致しないため、パラメーター値を割り当てられませんでした。 指定された値は "%1!s!" 型で、予期されるデータ型は "%2!s!" でした。

DTS_E_INVALIDPARAMETERVALUETYPE

MessageId: DTS_E_INVALIDPARAMETERVALUETYPE MessageText: パラメーター値に指定されたデータ型が無効です。

DTS_E_INVALIDPARENTPACKAGEPATH

MessageId: DTS_E_INVALIDPARENTPACKAGEPATH MessageText: GetPackagePath は ForEachEnumerator で呼び出されましたが、ForEachLoop パッケージ パスが指定されませんでした。

DTS_E_INVALIDPATHTOPACKAGE

MessageId: DTS_E_INVALIDPATHTOPACKAGE MessageText: 指定したパッケージ パスにパッケージ名が含まれていません。 このエラーは、パスに円記号またはスラッシュがまったく含まれていない場合に発生します。

DTS_E_INVALIDPRECISION

MessageId: DTS_E_INVALIDPRECISION MessageText: "%1!s!" の有効桁数が無効です。 %2!ld! から %3!ld! までの有効桁数にする %3!ld! までです。

DTS_E_INVALIDPROPERTYMAPPING

MessageId: DTS_E_INVALIDPROPERTYMAPPING MessageText: プロパティ マッピングが無効です。 マッピングは無視されました。

DTS_E_INVALIDPROPERTYMAPPINGSFOUND

MessageId: DTS_E_INVALIDPROPERTYMAPPINGSFOUND MessageText: パッケージは、少なくとも 1 つのプロパティ マッピングを復元できませんでした。

DTS_E_INVALIDSCALE

MessageId: DTS_E_INVALIDSCALE MessageText: "%1!s!" には有効ではないスケールがあります。 %2!ld! から %3!ld! までの小数点以下桁数にする %3!ld! までです。

DTS_E_INVALIDSCHEME

MessageId: DTS_E_INVALIDSCHEME MessageText: URL %1!s! 無効です。 このエラーは、http または https 以外の構成が指定されたか、または URL の形式が正しくない場合に発生する可能性があります。 有効な URL 形式は、http://ServerName:Port/ResourcePath または https://ServerName:Port/ResourcePath. です。

DTS_E_INVALIDSERVERNAME

MessageId: DTS_E_INVALIDSERVERNAME MessageText: URL %1!s! に指定されたサーバー名。 を解決できません。

DTS_E_INVALIDSIGNATURE

MessageId: DTS_E_INVALIDSIGNATURE MessageText: デジタル署名が無効です。 パッケージのコンテンツが変更されています。

DTS_E_INVALIDSSISSERVERNAME

MessageId: DTS_E_INVALIDSSISSERVERNAME MessageText: 無効なサーバー名 "%1!s!"。 SSIS サービスは複数インスタンスをサポートしていません。"server name\instance" ではなく、サーバー名のみを使用してください。

DTS_E_INVALIDSTRING

MessageId: DTS_E_INVALIDSTRING MessageText: 文字列 "%1!s!" の文字が無効です。 このエラーは、印刷できない文字を含む文字列がプロパティ値に指定された場合に発生します。

DTS_E_INVALIDSTRINGLENGTH

MessageId: DTS_E_INVALIDSTRINGLENGTH MessageText: "%1!s!" の長さが無効です。 %2!ld! から %3!ld! までの長さにする %3!ld! までです。

DTS_E_INVALIDSYNCHRONOUSINPUT

MessageId: DTS_E_INVALIDSYNCHRONOUSINPUT MessageText: %1!s! に無効な同期入力 ID %2!d! があります。

DTS_E_INVALIDTASKMONIKER

MessageId: DTS_E_INVALIDTASKMONIKER MessageText: タスク "%1!s!" の XML からタスクを作成できません。エラー 0x%3!8.8X が原因で、「%2!s!" 」と入力します。 %4!s!"。

DTS_E_INVALIDTASKMONIKERNOPARAM

MessageId: DTS_E_INVALIDTASKMONIKERNOPARAM MessageText: XML からタスクを作成できません。 このエラーは、ランタイムがタスクを作成するための名前を解決できない場合に発生します。 名前が正しいことを確認してください。

DTS_E_INVALIDTASKPOINTER

MessageId: DTS_E_INVALIDTASKPOINTER MessageText: ラッパー タスク ポインターが無効です。 ラッパーがタスクへの無効なポインターを保持しています。

DTS_E_INVALIDTIMEOUT

MessageId: DTS_E_INVALIDTIMEOUT MessageText: タイムアウト値が無効です。 タイムアウトは %1!d! 秒から %2!d! 秒までの範囲内で、 秒単位で 指定する必要があります。

DTS_E_INVALIDURL

MessageId: DTS_E_INVALIDURL MessageText: 指定された URL が無効です。 このエラーは、サーバーまたはプロキシの URL に NULL が指定されたか、または URL の形式が正しくない場合に発生する可能性があります。 有効な URL 形式は、http://ServerName:Port/ResourcePath または https://ServerName:Port/ResourcePath. です。

DTS_E_INVALIDUSAGETYPEFORCUSTOMPROPERTY

MessageId: DTS_E_INVALIDUSAGETYPEFORCUSTOMPROPERTY MessageText: %1!s! カスタム プロパティ "%2!s!" を持つには、読み取り/書き込みである必要があります。 入力列または出力列にはこのカスタム プロパティが存在しますが、読み取り/書き込みではありません。 プロパティを削除するか、この列を読み取り/書き込みに設定してください。

DTS_E_INVALIDUSESDISPOSITIONSVALUE

MessageId: DTS_E_INVALIDUSESDISPOSITIONSVALUE MessageText: UsesDispositions プロパティを初期値から変更することはできません。 XML が編集され、UsesDispositions 値が変更された場合に発生します。 この値は、パッケージに追加されるときにコンポーネントによって設定されるので、変更は許可されていません。

DTS_E_INVALIDVALUEINARRAY

MessageId: DTS_E_INVALIDVALUEINARRAY MessageText: 配列の値が無効です。

DTS_E_INVALIDVARIABLEVALUE

MessageId: DTS_E_INVALIDVARIABLEVALUE MessageText: 変数の値の割り当てが無効です。 このエラーは、クライアントまたはタスクがランタイム オブジェクトを変数値に代入した場合に発生します。

DTS_E_INVALIDVARVALUE

MessageId: DTS_E_INVALIDVARVALUE MessageText: 変数 "%1!s!" に無効な値またはオブジェクトを割り当てます。 このエラーは、変数に指定した値が適切でない場合に発生します。

DTS_E_INVALIDVERNUMCANTBENEGATIVE

MessageId: DTS_E_INVALIDVERNUMCANTBENEGATIVE MessageText: パッケージ内のバージョン番号が無効です。 バージョン番号が負の値です。

DTS_E_INVALIDVERSIONNUMBER

MessageId: DTS_E_INVALIDVERSIONNUMBER MessageText: パッケージ内のバージョン番号が無効です。 バージョン番号を現在のバージョン番号より大きくすることはできません。

DTS_E_INVALIDWRAPPEDOBJECT

MessageId: DTS_E_INVALIDWRAPPEDOBJECT MessageText: 内部オブジェクトへのアクセス中にエラーが発生しました。 Integration Services 2005 用に構築されたカスタム拡張機能が使用されている可能性があります。

DTS_E_JAGGEDEVENTINFO

MessageId: DTS_E_JAGGEDEVENTINFO MessageText: パラメーター名、型、および説明配列の長さが等しくありません。 これらの配列の長さは同じにする必要があります。 このエラーは、配列の長さが一致しない場合に発生します。 各配列の各パラメーターに設定できるエントリは 1 つです。

DTS_E_JOBSTASK_EMPTYSOURCELIST

MessageId: DTS_E_JOBSTASK_EMPTYSOURCELIST MessageText: 転送するジョブはありません。

DTS_E_JOBSTASK_FAILEDTOTRANSFERJOBS

MessageId: DTS_E_JOBSTASK_FAILEDTOTRANSFERJOBS MessageText: ジョブの転送に失敗しました。

DTS_E_JOBSTASK_JOBCANTBEFOUND

MessageId: DTS_E_JOBSTASK_JOBCANTBEFOUND MessageText: ジョブ "%1!s!" がソース サーバーで見つかりません。

DTS_E_JOBSTASK_JOBEXISTSATDEST

MessageId: DTS_E_JOBSTASK_JOBEXISTSATDEST MessageText: ジョブ "%1!s!" は宛先サーバーに既に存在します。

DTS_E_JOINTYPEDOESNTMATCHETI

入力列 '%1' に指定された JoinType プロパティは、一致インデックスが最初に作成されたときに、入力列に対応する参照テーブル列に指定された JoinType プロパティと異なります。 指定された JoinType で一致インデックスを再構築するか、または一致インデックスが作成されたときに使用される型と一致するように JoinType を変更してください。

DTS_E_LAYOUTCANTSETUSAGETYPE

MessageId: DTS_E_LAYOUTCANTSETUSAGETYPE MessageText: 入力時 "%1!s!"(%2!d!)、仮想入力列コレクションには、系列 ID %3!d! を持つ仮想入力列が含まれていません。

DTS_E_LOAD_PERSTFORMAT

MessageId: DTS_E_LOAD_PERSTFORMAT MessageText: Data Flow オブジェクトを読み込めませんでした。 指定した形式はサポートされていません。

DTS_E_LOADCHECKPOINT

チェックポイント ファイルを読み込めないのでパッケージを実行できませんでした。 これ以上のパッケージの実行にはチェックポイント ファイルが必要です。 このエラーは、通常、CheckpointUsage プロパティが ALWAYS に設定されている場合に発生します。この設定は、パッケージが常にチェックポイントから再開されるように指定されていることを意味します。

DTS_E_LOADFROMSQLSERVER

MessageId: DTS_E_LOADFROMSQLSERVER MessageText: LoadFromSQLServer メソッドが失敗しました。

DTS_E_LOADFROMSQLSERVER_OLEDB

MessageId: DTS_E_LOADFROMSQLSERVER_OLEDB MessageText: LoadFromSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2!s!)。 発行された SQL ステートメントは失敗しました。

DTS_E_LOADFROMXML

MessageId: DTS_E_LOADFROMXML MessageText: XML からの読み込み中にエラーが発生しました。 詳細なエラー情報を格納できる Events オブジェクトが渡されなかったので、この問題に関する詳細なエラー情報を特定できません。

DTS_E_LOADPACKAGEXML

XML を読み込もうとして、エラー 0x%1!8.8X!"%2" のために失敗しました 。 このエラーは、パッケージを読み込もうとして、ファイルを開けなかったり、XML ドキュメントに正しく読み込めなかった場合に発生します。 これは、LoadPackage メソッドに正しくないファイル名が渡されたか、または指定された XML ファイルの形式が正しくなかった結果と考えられます。

DTS_E_LOADPACKAGEXMLFILE

エラー 0x%2!8.8X!"%3" により、パッケージ ファイル "%1" から XML を読み込めませんでした 。 このエラーは、パッケージを読み込もうとして、ファイルを開けなかったり、XML ドキュメントに正しく読み込めなかった場合に発生します。 これは、LoadPackage メソッドに正しくないファイル名が渡されたか、または指定された XML ファイルの形式が正しくなかった結果と考えられます。

DTS_E_LOADWININET

MessageId: DTS_E_LOADWININET MessageText: FTP 接続マネージャーが機能するには、%1!s! という DLL が必要です。

DTS_E_LOBDATATYPENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_LOBDATATYPENOTSUPPORTED MessageText: "%1!s!" には、DT_TEXT、DT_NTEXT、またはDT_IMAGEの長いオブジェクト データ型がありますが、これはサポートされていません。

DTS_E_LOBLENGTHLIMITEXCEEDED

MessageId: DTS_E_LOBLENGTHLIMITEXCEEDED MessageText: 4 GB の制限に達したため、文字またはバイナリ ラージ オブジェクト (LOB) データの処理が停止しました。

DTS_E_LOCALEIDNOTSET

MessageId: DTS_E_LOCALEIDNOTSET MessageText: コンポーネント ロケール ID が設定されていません。 フラット ファイル アダプターによって、フラット ファイル接続マネージャーのロケール ID を設定する必要があります。

DTS_E_LOCALENOTINSTALLED

MessageId: DTS_E_LOCALENOTINSTALLED MessageText: LocaleID %1!ld! LocaleID 1!ld! がインストールされていません。

DTS_E_LOCKVARIABLEFORREAD

MessageId: DTS_E_LOCKVARIABLEFORREAD MessageText: エラー 0x%2!8.8X! で読み取りアクセス用に変数 "%1!s!" をロックできませんでした! 。

DTS_E_LOCKVARIABLEFORWRITE

MessageId: DTS_E_LOCKVARIABLEFORWRITE MessageText: エラー 0x%2!8.8X で読み取り/書き込みアクセスの変数 "%1!s!" をロックできませんでした! 。

DTS_E_LOGFAILED

MessageId: DTS_E_LOGFAILED MessageText: SSIS ログ 記録インフラストラクチャがエラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。 このエラーは、特定のログ プロバイダーに起因しないログ記録エラーを示します。

DTS_E_LOGINFAILURE

MessageId: DTS_E_LOGINFAILURE MessageText: "%1!s!"のログイン試行に失敗しました。 このエラーは、指定されたログイン資格情報が正しくない場合に発生します。 ログイン資格情報を確認してください。

DTS_E_LOGINSTASK_CANTGETLOGINSNAMELIST

MessageId: DTS_E_LOGINSTASK_CANTGETLOGINSNAMELIST MessageText: ソース サーバーから "ログイン" の一覧を取得できません。

DTS_E_LOGINSTASK_EMPTYDATABASELIST

MessageId: DTS_E_LOGINSTASK_EMPTYDATABASELIST MessageText: データベースの一覧が空です。

DTS_E_LOGINSTASK_EMPTYLIST

MessageId: DTS_E_LOGINSTASK_EMPTYLIST MessageText: 転送する "ログイン" の一覧が空です。

DTS_E_LOGINSTASK_ERRORLOGINEXISTS

MessageId: DTS_E_LOGINSTASK_ERRORLOGINEXISTS MessageText: ログイン "%1!s!" は、移行先サーバーに既に存在します。

DTS_E_LOGINSTASK_FAILEDTOTRANSFERLOGINS

MessageId: DTS_E_LOGINSTASK_FAILEDTOTRANSFERLOGINS MessageText: ログインの一部またはすべてを転送できませんでした。

DTS_E_LOGINSTASK_LOGINNOTFOUND

MessageId: DTS_E_LOGINSTASK_LOGINNOTFOUND MessageText: ログイン "%1!s!" はソースに存在しません。

DTS_E_LOGPROVIDERFAILED

MessageId: DTS_E_LOGPROVIDERFAILED MessageText: SSIS ログ プロバイダー "%1!s!" がエラー コード 0x%2!8.8X で失敗しました! (%3!s!)。 これは、指定されたログ プロバイダーに起因するログ記録エラーを示します。

DTS_E_LOGPROVIDERVALIDATIONFAILED

MessageId: DTS_E_LOGPROVIDERVALIDATIONFAILED MessageText: 1 つ以上のログ プロバイダーの検証に失敗しました。 パッケージを実行できません。 ログ プロバイダーによる検証が失敗した場合、パッケージは実行されません。

DTS_E_LOOKUPEMPTYSQLCOMMAND

MessageId: DTS_E_LOOKUPEMPTYSQLCOMMAND MessageText: 参照データセットを含むテーブルまたはビューを選択するか、参照データセットを生成する SQL ステートメントを指定します

DTS_E_MANAGEDCOMPONENTSTORENOTFOUND

MessageId: DTS_E_MANAGEDCOMPONENTSTORENOTFOUND MessageText: タスクコンポーネントとData Flowタスク コンポーネントを含むディレクトリが見つかりません。 インストールの整合性を確認してください。

DTS_E_MANAGEDERR_BADFORMATSPECIFICATION

MessageId: DTS_E_MANAGEDERR_BADFORMATSPECIFICATION MessageText: マネージド エラー インフラストラクチャによって投稿されるメッセージ文字列に不適切な形式の指定が含まれています。 これは内部エラーです。

DTS_E_MANAGEDERR_UNSUPPORTEDTYPE

MessageId: DTS_E_MANAGEDERR_UNSUPPORTEDTYPE MessageText: マネージド エラー インフラストラクチャを使用してメッセージ文字列を書式設定しているときに、書式設定がサポートされていないバリアント型が存在しました。 これは内部エラーです。

DTS_E_MAPPINGSETUPERROR

MessageId: DTS_E_MAPPINGSETUPERROR MessageText: マッピングの設定中にエラーが発生しました。 %1!s!

DTS_E_MCASTOUTPUTCOLUMNS

MessageId: DTS_E_MCASTOUTPUTCOLUMNS MessageText: 出力 "%1!s!"(%2!d!)には出力列がありますが、マルチキャスト出力では列は宣言されません。 パッケージが破損しています。

DTS_E_MERGEJOINSORTEDOUTPUTHASNOSORTKEYPOSITIONS

MessageId: DTS_E_MERGEJOINSORTEDOUTPUTHASNOSORTKEYPOSITIONS MessageText: "%1!s!" には IsSorted が TRUE に設定されていますが、すべての出力列の SortKeyPosition は 0 です。 IsSorted を False に変更するか、0 以外の SortKeyPosition を含む出力列を少なくとも 1 つ選択してください。

DTS_E_METADATACOLLECTIONNOTUSED

MessageId: DTS_E_METADATACOLLECTIONNOTUSED MessageText: "%1!s!" の外部メタデータ コレクションは、使用されていないとマークされているため、操作を実行できません。

DTS_E_METADATAMISMATCHWITHINPUTCOLUMN

MessageId: DTS_E_METADATAMISMATCHWITHINPUTCOLUMN MessageText: "%1!s!" メタデータが入力列のメタデータと一致しません。

DTS_E_METADATAMISMATCHWITHOUTPUTCOLUMN

MessageId: DTS_E_METADATAMISMATCHWITHOUTPUTCOLUMN MessageText: "%1!s!" のメタデータが、関連付けられている出力列のメタデータと一致しません。

DTS_E_METADATAREADONLY

MessageId: DTS_E_METADATAREADONLY MessageText: 実行時にメタデータを変更することはできません。

DTS_E_MGDSRC_ERROR

MessageId: DTS_E_MGDSRC_ERROR MessageText: エラー "%1!s!" は、"%2!s!" の処理中に発生しました。

DTS_E_MGDSRC_OVERFLOW

MessageId: DTS_E_MGDSRC_OVERFLOW MessageText: 値が大きすぎて %1!s! に収まりきれなかった。

DTS_E_MGDSRCSTATIC_OVERFLOW

MessageId: DTS_E_MGDSRCSTATIC_OVERFLOW MessageText: 値が大きすぎて列に収まりきれなかった。

DTS_E_MISMATCHCOMPONENTCONNECTIONMANAGERLOCALEID

MessageId: DTS_E_MISMATCHCOMPONENTCONNECTIONMANAGERLOCALEID MessageText: ロケール ID が一致しません。 コンポーネントのロケール ID (%1!d!) が接続マネージャーのロケール ID (%2!d!) と一致しません。

DTS_E_MISMATCHCONNECTIONMANAGERCOLUMN

MessageId: DTS_E_MISMATCHCONNECTIONMANAGERCOLUMN MessageText: インデックス %2!d! の列 "%1!s!" インデックス %2!d! の列 "%1" が、フラット ファイル アダプターの 列コレクションのインデックス %3!d! にありませんでした。

DTS_E_MISMATCHPARAMETERVALUE

MessageId: DTS_E_MISMATCHPARAMETERVALUE MessageText: データ型が一致しないため、パラメーター "%1!s!" の値を割り当てませんでした。 指定された値は "%2!s!"、予期されるデータ型は "%3!s!" です。

DTS_E_MISSINGCUSTOMPROPERTY

MessageId: DTS_E_MISSINGCUSTOMPROPERTY MessageText: "%1!s!" に必要なプロパティ "%2!s!" がありません。 このオブジェクトには、ここで示されたカスタム プロパティが必要です。

DTS_E_MISSINGOBJECTDATA

MessageId: DTS_E_MISSINGOBJECTDATA MessageText: ObjectData 要素が、ホストされているオブジェクトの XML ブロックに存在しません。 このエラーは、XML パーサーによってオブジェクトのデータ要素が検索され、見つからなかった場合に発生します。

DTS_E_MISSINGSQLCOMMAND

MessageId: DTS_E_MISSINGSQLCOMMAND MessageText: SQL コマンドが正しく設定されていません。 SQLCommand プロパティを確認してください。

DTS_E_MORETHANONEERROROUTPUTFOUND

MessageId: DTS_E_MORETHANONEERROROUTPUTFOUND MessageText: コンポーネントで複数のエラー出力が見つかり、1 つしか存在できません。

DTS_E_MSGQTASKUTIL_CERT_FAILED_GETTING_DISPLAY_NAME

MessageId: DTS_E_MSGQTASKUTIL_CERT_FAILED_GETTING_DISPLAY_NAME MessageText: 証明書の表示名を取得中にエラーが発生しました。

DTS_E_MSGQTASKUTIL_CERT_FAILED_GETTING_FRIENDLY_NAME

MessageId: DTS_E_MSGQTASKUTIL_CERT_FAILED_GETTING_FRIENDLY_NAME MessageText: 証明書のフレンドリ名の取得中にエラーが発生しました。

DTS_E_MSGQTASKUTIL_CERT_FAILED_GETTING_ISSUER_NAME

MessageId: DTS_E_MSGQTASKUTIL_CERT_FAILED_GETTING_ISSUER_NAME MessageText: 証明書の発行者名の取得中にエラーが発生しました。

DTS_E_MSGQTASKUTIL_CERT_OPEN_STORE_FAILED

MessageId: DTS_E_MSGQTASKUTIL_CERT_OPEN_STORE_FAILED MessageText: 証明書ストアを開けませんでした。

DTS_E_MSMQTASK_CONNECTIONTYPENOTMSMQ

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_CONNECTIONTYPENOTMSMQ MessageText: 接続 "%1!s!" は MSMQ 型ではありません。

DTS_E_MSMQTASK_CONNMNGRDOESNOTEXIST

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_CONNMNGRDOESNOTEXIST MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" が存在しません。

DTS_E_MSMQTASK_CONNMNGRNULL

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_CONNMNGRNULL MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" が空です。

DTS_E_MSMQTASK_DATA_FILE_NAME_EMPTY

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_DATA_FILE_NAME_EMPTY MessageText: データ ファイル名が空です。

DTS_E_MSMQTASK_DATA_FILE_SAVE_FAILED

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_DATA_FILE_SAVE_FAILED MessageText: データ ファイルの保存に失敗しました。

DTS_E_MSMQTASK_DATA_FILE_SAVE_NAME_EMPTY

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_DATA_FILE_SAVE_NAME_EMPTY MessageText: 保存するデータ ファイルに指定された名前は空です。

DTS_E_MSMQTASK_DATA_FILE_SIZE_ERROR

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_DATA_FILE_SIZE_ERROR MessageText: ファイル サイズは 4 MB 未満にする必要があります。

DTS_E_MSMQTASK_DATAFILE_ALREADY_EXISTS

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_DATAFILE_ALREADY_EXISTS MessageText: データ ファイル "%1!s!" は、指定した場所に既に存在します。 上書きオプションが False に設定されている場合はファイルを上書きできません。

DTS_E_MSMQTASK_FIPS1402COMPLIANCE

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_FIPS1402COMPLIANCE MessageText: 要求された操作は、米国 FIPS 140-2 に準拠しているシステムでは許可されません。

DTS_E_MSMQTASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT MessageText: タスクが間違った XML 要素で初期化されました。

DTS_E_MSMQTASK_INVALID_ENCRYPTION_ALGO_WRAPPER

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_INVALID_ENCRYPTION_ALGO_WRAPPER MessageText: 無効なオブジェクトを使用して暗号化アルゴリズムの値を設定しようとしています。

DTS_E_MSMQTASK_INVALID_MESSAGE_TYPE

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_INVALID_MESSAGE_TYPE MessageText: メッセージの種類が無効です。

DTS_E_MSMQTASK_INVALID_PROPERTY_VALUE

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_INVALID_PROPERTY_VALUE MessageText: 指定されたプロパティが無効です。 引数の型が正しいことを確認してください。

DTS_E_MSMQTASK_INVALID_QUEUE_PATH

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_INVALID_QUEUE_PATH MessageText: キュー パスが無効です。

DTS_E_MSMQTASK_MESSAGE_NON_AUTHENTICATED

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_MESSAGE_NON_AUTHENTICATED MessageText: Message is not authenticated.

DTS_E_MSMQTASK_NO_CONNECTION

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_NO_CONNECTION MessageText: MSMQ 接続名が設定されていません。

DTS_E_MSMQTASK_NOT_TRANSACTIONAL

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_NOT_TRANSACTIONAL MessageText: メッセージ キュー タスクは、分散トランザクションへの参加をサポートしていません。

DTS_E_MSMQTASK_RECEIVE_VARIABLE_EMPTY

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_RECEIVE_VARIABLE_EMPTY MessageText: 変数メッセージを受信する変数が空です。

DTS_E_MSMQTASK_STRING_COMPARE_VALUE_MISSING

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_STRING_COMPARE_VALUE_MISSING MessageText: 文字列フィルター値が空です。

DTS_E_MSMQTASK_STRING_MSG_TO_VARIABLE_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_STRING_MSG_TO_VARIABLE_NOT_FOUND MessageText: 文字列メッセージを受信する指定された変数 "%1!s!" がパッケージ変数コレクションに見つかりません。

DTS_E_MSMQTASK_TASK_TIMEOUT

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_TASK_TIMEOUT MessageText: メッセージ キューがタイムアウトしました。メッセージが受信されていません。

DTS_E_MSMQTASK_VARIABLE_TO_RECEIVE_STRING_MSG_EMPTY

MessageId: DTS_E_MSMQTASK_VARIABLE_TO_RECEIVE_STRING_MSG_EMPTY MessageText: 文字列メッセージを受信する変数が空です。

DTS_E_MULTICACHECOLMAPPINGS

MessageId: DTS_E_MULTICACHECOLMAPPINGS MessageText: キャッシュ列 "%1!s!"は、複数の列にマップされます。 重複する列マッピングを削除してください。

DTS_E_MULTIPLECACHEWRITES

MessageId: DTS_E_MULTIPLECACHEWRITES MessageText: %1!s! %2!s! がキャッシュに書き込めません。 は既に書き込み済みです。

DTS_E_MULTIPLEFILESONRETAINEDCONNECTION

MessageId: DTS_E_MULTIPLEFILESONRETAINEDCONNECTION MessageText: Retain プロパティが TRUE の場合、接続で複数のファイル名を指定することはできません。 複数のファイルが指定されていることを意味する縦棒が接続文字列に含まれています。また、Retain プロパティが True になっています。

DTS_E_MULTIPLYMAPPEDOUTCOL

MessageId: DTS_E_MULTIPLYMAPPEDOUTCOL MessageText: %1!s! は、この入力にマッピングが既に含まれる出力列にマップされます。

DTS_E_MUTEXOWNBYDIFFUSER

MessageId: DTS_E_MUTEXOWNBYDIFFUSER MessageText: ミューテックス "%1!s!" は既に存在し、別のユーザーが所有しています。

DTS_E_NAMEALREADYADDED

MessageId: DTS_E_NAMEALREADYADDED MessageText: 同じ名前の別のオブジェクトがコレクションに既に存在するため、オブジェクトを追加できません。 このエラーを解決するには、別の名前を指定してください。

DTS_E_NAMEALREADYEXISTS

MessageId: DTS_E_NAMEALREADYEXISTS MessageText: コレクション内の別のオブジェクトがその名前を既に使用しているため、オブジェクト名を "%1!s!" から "%2!s!" に変更することはできません。 このエラーを解決するには、別の名前を指定してください。

DTS_E_NEGATIVEINDEXNOTALLOWED

MessageId: DTS_E_NEGATIVEINDEXNOTALLOWED MessageText: インデックスを負にすることはできません。 このエラーは、コレクションへのインデックスとして負の値が使用された場合に発生します。

DTS_E_NEGATIVESNOTALLOWED

MessageId: DTS_E_NEGATIVESNOTALLOWED MessageText: %1!s! 負の値を割り当てることはできません。

DTS_E_NEGATIVEVALUESNOTALLOWED

MessageId: DTS_E_NEGATIVEVALUESNOTALLOWED MessageText: このプロパティに負の値を割り当てることはできません。 このエラーは、COUNT プロパティのような正の値のみを含むことができるプロパティに負の値を代入した場合に発生します。

DTS_E_NEGATIVEVERSION

MessageId: DTS_E_NEGATIVEVERSION MessageText: バージョン番号を負にすることはできません。 このエラーは、パッケージの VersionMajor、VersionMinor、または VersionBuild プロパティが負の値に設定されている場合に発生します。

DTS_E_NOBUFFERTYPEONSYNCOUTPUT

MessageId: DTS_E_NOBUFFERTYPEONSYNCOUTPUT MessageText: %1!s! は同期出力であり、同期出力のバッファーの種類を取得できません。

DTS_E_NOCANCELEVENT

MessageId: DTS_E_NOCANCELEVENT MessageText: エラー 0x%1!8.8X! のため、ランタイムはキャンセル イベントを提供できません。

DTS_E_NOCOLUMNADVANCETHROUGHFILE

MessageId: DTS_E_NOCOLUMNADVANCETHROUGHFILE MessageText: コンポーネントがファイルを進めるために列が指定されませんでした。

DTS_E_NOCOMPONENTATTACHED

MessageId: DTS_E_NOCOMPONENTATTACHED MessageText: %1!s! がコンポーネントにアタッチされていません。 コンポーネントをアタッチする必要があります。

DTS_E_NOCONTAININGTYPELIB

MessageId: DTS_E_NOCONTAININGTYPELIB MessageText: オブジェクトのタイプ ライブラリを取得できません。 このエラーは、プロパティのコレクションで IDispatch インターフェイスによりオブジェクトのタイプ ライブラリを取得しようとした場合に発生します。

DTS_E_NOCUSTOMPROPCOL

MessageId: DTS_E_NOCUSTOMPROPCOL MessageText: Data Flow コンポーネントのカスタム プロパティ コレクションを取得できませんでした。

DTS_E_NODATATABLEMATCHROWID

MessageId: DTS_E_NODATATABLEMATCHROWID MessageText: %1!s! には、値 %2!s! の RowsetID が含まれています。 スキーマ内のデータ テーブルを参照しない

DTS_E_NODELISTENUM_INVALIDCONNMGRTYPE

MessageId: DTS_E_NODELISTENUM_INVALIDCONNMGRTYPE MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" が "%2!s!" 型ではありません

DTS_E_NODELISTENUM_INVALIDDATANODE

MessageId: DTS_E_NODELISTENUM_INVALIDDATANODE MessageText: nodelist 列挙子セクションの無効なデータ ノード

DTS_E_NODELISTENUM_NOENUMERATORCREATED

MessageId: DTS_E_NODELISTENUM_NOENUMERATORCREATED MessageText: 列挙子を作成できません

DTS_E_NODELISTENUM_XPATHISEMPTY

MessageId: DTS_E_NODELISTENUM_XPATHISEMPTY MessageText: "%1!s!" が空です

DTS_E_NODENOTFOUND

MessageId: DTS_E_NODENOTFOUND MessageText: "%1!s!" ノードは、カスタムの既定の永続化では見つかりません。 このエラーは、拡張可能なオブジェクトの既定の保存済み XML が変更され、保存したオブジェクトが見つからなくなった場合に発生します。または、拡張可能なオブジェクト自体が変更された場合に発生します。

DTS_E_NODISPATCH

MessageId: DTS_E_NODISPATCH MessageText: オブジェクトは IDispatch を実装しません。 このエラーは、プロパティ オブジェクトまたはプロパティのコレクションでオブジェクトの IDispatch インターフェイスにアクセスしようとした場合に発生します。

DTS_E_NOERRORDESCFORCOMPONENT

MessageId: DTS_E_NOERRORDESCFORCOMPONENT MessageText: コンポーネントはエラー コードの説明を提供しません。

DTS_E_NOEVALEXPRESSION

MessageId: DTS_E_NOEVALEXPRESSION MessageText: For ループ "%1!s!" の評価条件式が空です。 For ループにはブール型の評価式が必要です。

DTS_E_NOINPUTSOROUTPUTS

MessageId: DTS_E_NOINPUTSOROUTPUTS MessageText: コンポーネントに入力または出力がありません。

DTS_E_NOKEYCOLS

MessageId: DTS_E_NOKEYCOLS MessageText: キー列が見つかりません。 %1!s! には、SortKeyPosition が 0 以外の列が少なくとも 1 つ必要です。

DTS_E_NOMOREBUFFERTYPES

MessageId: DTS_E_NOMOREBUFFERTYPES MessageText: バッファー マネージャーは、バッファーの種類のテーブルを拡張しようとしたときにメモリが不足しました。 このエラーは、メモリ不足の状態が原因で発生します。

DTS_E_NOMOREIDS

MessageId: DTS_E_NOMOREIDS MessageText: 最大 ID に達しました。 オブジェクトへの割り当てに使用できる ID がありません。

DTS_E_NONSORTEDOUTPUTHASSORTKEYPOSITIONS

MessageId: DTS_E_NONSORTEDOUTPUTHASSORTKEYPOSITIONS MessageText: "%1!s!" の IsSorted プロパティは false ですが、%2!lu! 出力列 SortKeyPositions の %2!lu! は 0 以外です。

DTS_E_NONSTRINGCOMPARISONFLAGSNOTZERO

MessageId: DTS_E_NONSTRINGCOMPARISONFLAGSNOTZERO MessageText: 型が文字列型ではないので、"%1!s!" の比較フラグは 0 である必要があります。 文字列型の列では ComparisonFlags を 0 以外にしか設定できません。

DTS_E_NOOUTPUTCOLUMNFORINPUTCOLUMN

MessageId: DTS_E_NOOUTPUTCOLUMNFORINPUTCOLUMN MessageText: 入力列 "%1!s!" に関連付けられている出力列がありません。(%2!d!)。

DTS_E_NOOUTPUTCOLUMNS

MessageId: DTS_E_NOOUTPUTCOLUMNS MessageText: "%1!s!" には出力列がありません。 非同期出力には出力列が必要です。

DTS_E_NOROWSETRETURNED

MessageId: DTS_E_NOROWSETRETURNED MessageText: このクエリの実行に結果行セットは関連付けされません。 結果が正しく指定されていません。

DTS_E_NOSCHEMAINFOFOUND

MessageId: DTS_E_NOSCHEMAINFOFOUND MessageText: SQL コマンドによって列情報が返されませんでした。

DTS_E_NOSQLPROFILERDLL

MessageId: DTS_E_NOSQLPROFILERDLL MessageText: SQL Server Profilerのログ プロバイダーがpfclnt.dllを読み込めませんでした。 SQL Server Profiler がインストールされていることを確認してください。

DTS_E_NOTDISPENSED

MessageId: DTS_E_NOTDISPENSED MessageText: Variables コレクションが VariableDispenser から返されていません。 ディスペンサーで管理されているコレクションのみで許可されている操作が試行されました。

DTS_E_NOTENOUGHPARAMETERSPROVIDED

MessageId: DTS_E_NOTENOUGHPARAMETERSPROVIDED MessageText: SQL コマンドには %1!d! パラメーターが必要ですが、パラメーター マッピングには %2!d! 個の %2!d! です。

DTS_E_NOTEXECUTING

MessageId: DTS_E_NOTEXECUTING MessageText: 実行可能ファイルが実行されていないか、最上位の実行可能ファイルでないため、一時停止または再開の呼び出しが失敗しました。 このエラーは、Execute 呼び出しが現在処理中ではない実行可能ファイルで、クライアントが Suspend または Resume を呼び出した場合に発生します。

DTS_E_NOTINITIALIZED

MessageId: DTS_E_NOTINITIALIZED MessageText: 内部オブジェクトまたは変数が初期化されませんでした。 これは製品の内部エラーです。 変数に有効な値が指定されている必要がありますが、指定されていない場合にこのエラーが返されます。

DTS_E_NOTSUSPENDED

MessageId: DTS_E_NOTSUSPENDED MessageText: パッケージが中断されていないため、呼び出しを再開できませんでした。 このエラーは、クライアントが Resume を呼び出したときにパッケージが中断されていない場合に発生します。

DTS_E_NTEXTDATATYPENOTSUPPORTEDWITHANSIFILES

MessageId: DTS_E_NTEXTDATATYPENOTSUPPORTEDWITHANSIFILES MessageText: "%1!s!" のデータ型はDT_NTEXTで、ANSI ファイルではサポートされていません。 代わりに、DT_TEXT 型を使用し、データ変換コンポーネントでデータを DT_NTEXT 型に変換してください。

DTS_E_OBJECTIDLOOKUPFAILED

MessageId: DTS_E_OBJECTIDLOOKUPFAILED MessageText: ID %1!d! のオブジェクトが見つからない ID が %1!d! のオブジェクトが見つかりません。

DTS_E_OBJECTIDNOTFOUND

MessageId: DTS_E_OBJECTIDNOTFOUND MessageText: ID %1!d! のオブジェクトは存在しません。

DTS_E_OBJECTLINEAGEIDNOTFOUND

MessageId: DTS_E_OBJECTLINEAGEIDNOTFOUND MessageText: 系列 ID が %1!d! のオブジェクトは存在しません。

DTS_E_OBJECTNOTINFOREACHLOOP

MessageId: DTS_E_OBJECTNOTINFOREACHLOOP MessageText: ForEachLoop コンテナーの直接の子ではない ForEachPropertyMapping にオブジェクトを追加するときのエラー。

DTS_E_OBJECTNOTINHASHTABLE

MessageId: DTS_E_OBJECTNOTINHASHTABLE MessageText: オブジェクトがハッシュ テーブルにありません。

DTS_E_ODBCDESTINATIONADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW

MessageId: DTS_E_ODBCDESTINATIONADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW MessageText: データ値がドライバーによって使用される型をオーバーフローしたため、変換に失敗しました。

DTS_E_ODBCDESTINATIONADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH

MessageId: DTS_E_ODBCDESTINATIONADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH MessageText: データ値が署名され、ドライバーで使用される型が署名されていないため、変換に失敗しました。

DTS_E_ODBCDESTINATIONADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_ODBCDESTINATIONADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE MessageText: 状態は使用できません。

DTS_E_ODBCERROR

MessageId: DTS_E_ODBCERROR MessageText: ODBC エラー %1!d! 発生しました。

DTS_E_ODBCERRORCONNECT

MessageId: DTS_E_ODBCERRORCONNECT MessageText: データベース サーバーとの Open Database Connectivity (ODBC) 接続を確立しようとしたときにエラーが発生しました。

DTS_E_ODBCERRORDBC

MessageId: DTS_E_ODBCERRORDBC MessageText: Open Database Connectivity (ODBC) データベース接続の作成中にエラーが発生しました。

DTS_E_ODBCERRORENV

MessageId: DTS_E_ODBCERRORENV MessageText: Open Database Connectivity (ODBC) 環境の作成中にエラーが発生しました。

DTS_E_ODBCSOURCEADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW

MessageId: DTS_E_ODBCSOURCEADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW MessageText: データ値がドライバーによって使用される型をオーバーフローしたため、変換に失敗しました。

DTS_E_ODBCSOURCEADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH

MessageId: DTS_E_ODBCSOURCEADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH MessageText: データ値が署名され、ドライバーによって使用される型が署名されていないため、変換に失敗しました。

DTS_E_ODBCSOURCEADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_ODBCSOURCEADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE MessageText: 使用できる状態はありません。

DTS_E_ODBCTRANSACTIONENLIST

MessageId: DTS_E_ODBCTRANSACTIONENLIST MessageText: トランザクションに ODBC 接続を登録しようとするとエラーが発生しました。 SQLSetConnectAttr で、SQL_ATTR_ENLIST_IN_DTC 属性を設定できませんでした。

DTS_E_OLEDB_ACENOTFOUND

MessageId: DTS_E_OLEDB_ACENOTFOUND MessageText: 'Microsoft.ACE.OLEDB.12.0' プロバイダーがローカル コンピューターに登録されていません。 詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=219816 を参照してください。

DTS_E_OLEDB_CREATEACCESSOR

MessageId: DTS_E_OLEDB_CREATEACCESSOR MessageText: "%1!s!" 列のバインドの設定中にエラーが発生しました。 バインドの状態は "%2!s!" でした。

DTS_E_OLEDB_CREATEACCESSOR_UNSUPPORTEDCONVERSION

OLE DB アクセサーの作成では、変換はサポートされていません。

DTS_E_OLEDB_EXCEL_NOT_SUPPORTED

MessageId: DTS_E_OLEDB_EXCEL_NOT_SUPPORTED MessageText: SSIS エラー コード DTS_E_OLEDB_EXCEL_NOT_SUPPORTED: OLE DB プロバイダーがないため、Excel 接続マネージャーは 64 ビット バージョンの SSIS ではサポートされていません。

DTS_E_OLEDB_NOPROVIDER_64BIT_ERROR

MessageId: DTS_E_OLEDB_NOPROVIDER_64BIT_ERROR MessageText: 要求された OLE DB プロバイダー %2!s! は登録されていません。 64 ビット ドライバーがインストールされていない場合は、32 ビット モードでパッケージを実行します。 エラー コード:0x%1!8.8X!。

DTS_E_OLEDB_NOPROVIDER_ERROR

MessageId: DTS_E_OLEDB_NOPROVIDER_ERROR MessageText: 要求された OLE DB プロバイダー %2!s! は登録されていません。 32 ビット ドライバーがインストールされていない場合は、64 ビット モードでパッケージを実行します。 エラー コード:0x%1!8.8X!。

DTS_E_OLEDB_OLDPROVIDER_ERROR

MessageId: DTS_E_OLEDB_OLDPROVIDER_ERROR MessageText: 接続文字列の PROVIDER を %1!s! に変更することを検討してください。 http://www.microsoft.com/downloads%2!s! のサポートを見つけてインストールしてください。

DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_CANTCONVERTVALUE

MessageId: DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_CANTCONVERTVALUE MessageText: 符号の不一致やデータ オーバーフロー以外の理由でデータ値を変換できません。

DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW

MessageId: DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW MessageText: データ値がプロバイダーによって使用される型をオーバーフローしたため、変換に失敗しました。

DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_INTEGRITYVIOLATION

MessageId: DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_INTEGRITYVIOLATION MessageText: データ値が整合性制約に違反しています。

DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_PERMISSIONDENIED

MessageId: DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_PERMISSIONDENIED MessageText: ユーザーが列に書き込む適切なアクセス許可を持っていませんでした。

DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_SCHEMAVIOLATION

MessageId: DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_SCHEMAVIOLATION MessageText: データ値がスキーマ制約に違反しました。

DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH

MessageId: DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH MessageText: データ値が署名され、プロバイダーによって使用される型が署名されていないため、変換に失敗しました。

DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_TRUNCATED

MessageId: DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_TRUNCATED MessageText: データが切り捨てられました。

DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_OLEDBDESTINATIONADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE MessageText: 使用できる状態はありません。

DTS_E_OLEDBERROR

MessageId: DTS_E_OLEDBERROR MessageText: SSIS エラー コード DTS_E_OLEDBERROR。 OLE DB エラーが発生しました。 エラー コード:0x%1!8.8X!。

DTS_E_OLEDBPROVIDERDATATYPECONVERSIONUNSUPPORTED

MessageId: DTS_E_OLEDBPROVIDERDATATYPECONVERSIONUNSUPPORTED MessageText: OLE DB アダプターで使用される OLE DB プロバイダーは、型 "%1!s!" と "%2!s!" の間で "%3!s!" を変換できません。

DTS_E_OLEDBRECORD

MessageId: DTS_E_OLEDBRECORD MessageText: OLE DB レコードを使用できます。 ソース: "%1!s!"Hresult: 0x%2!8.8X! 説明: "%3!s!"。

DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_CANTCONVERTVALUE

MessageId: DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_CANTCONVERTVALUE MessageText: 符号の不一致やデータ オーバーフロー以外の理由でデータ値を変換できません。

DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW

MessageId: DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW MessageText: データ値がプロバイダーによって使用される型をオーバーフローしたため、変換に失敗しました。

DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH

MessageId: DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH MessageText: データ値が署名され、プロバイダーによって使用される型が署名されていないため、変換に失敗しました。

DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_TRUNCATED

MessageId: DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_TRUNCATED MessageText: データが切り捨てられました。

DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_OLEDBSOURCEADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE MessageText: 使用できる状態はありません。

DTS_E_OLEDBTRANSACTIONENLIST

MessageId: DTS_E_OLEDBTRANSACTIONENLIST MessageText: SSIS ランタイムは、エラー 0x%1!8.8X! で分散トランザクションに OLE DB 接続を参加できませんでした。 "%2!s!"。

DTS_E_OPENCERTSTORE

MessageId: DTS_E_OPENCERTSTORE MessageText: 証明書ストアを開くときにエラーが発生しました。

DTS_E_OPENCHECKPOINTFILE

MessageId: DTS_E_OPENCHECKPOINTFILE MessageText: エラー 0x%2!8.8X! により、チェックポイント ファイル "%1!s!" を開けませんでした。 。

DTS_E_OPENFILE

パッケージ ファイルを保存できませんでした。 このエラーは、パッケージを読み込もうとして、ファイルを開けなかったり、XML ドキュメントに正しく読み込めなかった場合に発生します。 これは、LoadPackage メソッドに正しくないファイル名が渡されたか、または指定された XML ファイルの形式が正しくなかった結果と考えられます。

DTS_E_OPENLOGFAILED

MessageId: DTS_E_OPENLOGFAILED MessageText: SSIS ログ プロバイダーがログを開けませんでした。 エラー コード:0x%1!8.8X!。

DTS_E_OPENPACKAGEFILE

エラー 0x%2!8.8X!"%3" により、パッケージ ファイル "%1" を開けませんでした 。 このエラーは、パッケージを読み込もうとして、ファイルを開けなかったり、XML ドキュメントに正しく読み込めなかった場合に発生します。 これは、LoadPackage の呼び出し時に正しくないファイル名が指定されたか、または指定された XML ファイルの形式が正しくなかった結果と考えられます。

DTS_E_OPERATIONFAILCACHEINUSE

MessageId: DTS_E_OPERATIONFAILCACHEINUSE MessageText: キャッシュが使用中のため、操作に失敗しました。

DTS_E_ORACLEDESTINATIONADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW

MessageId: DTS_E_ORACLEDESTINATIONADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW MessageText: データ値がドライバーによって使用される型をオーバーフローしたため、変換に失敗しました。

DTS_E_ORACLEDESTINATIONADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH

MessageId: DTS_E_ORACLEDESTINATIONADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH MessageText: データ値が署名され、ドライバーで使用される型が署名されていないため、変換に失敗しました。

DTS_E_ORACLEDESTINATIONADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_ORACLEDESTINATIONADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE MessageText: 状態は使用できません。

DTS_E_ORACLEERROR

MessageId: DTS_E_ORACLEERROR MessageText: データ値がドライバーで使用される型をオーバーフローしたため、変換に失敗しました。

DTS_E_ORACLESOURCEADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW

MessageId: DTS_E_ORACLESOURCEADAPTERSTATIC_DATAOVERFLOW MessageText: データ値がドライバーによって使用される型をオーバーフローしたため、変換に失敗しました。

DTS_E_ORACLESOURCEADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH

MessageId: DTS_E_ORACLESOURCEADAPTERSTATIC_SIGNMISMATCH MessageText: データ値が署名され、ドライバーによって使用される型が署名されていないため、変換に失敗しました。

DTS_E_ORACLESOURCEADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_ORACLESOURCEADAPTERSTATIC_UNAVAILABLE MessageText: 使用できる状態はありません。

DTS_E_OUTPUTCOLUMNHASNOERRORCOLUMN

MessageId: DTS_E_OUTPUTCOLUMNHASNOERRORCOLUMN MessageText: %1!s! エラー以外の出力では、エラー出力に対応する出力列がありません。

DTS_E_OUTPUTCOLUMNNAMECONFLICT

MessageId: DTS_E_OUTPUTCOLUMNNAMECONFLICT MessageText: 出力 "%2!s!" の列名 "%1!s!" は、同期入力 "%3!s!" で同じ名前の列と競合するため、使用できません。

DTS_E_OUTPUTCOLUMNNOTININPUT

MessageId: DTS_E_OUTPUTCOLUMNNOTININPUT MessageText: 出力列 "%1!s!"(%2!d!)は系列 ID %3!d! の入力列を参照しますが、その系列 ID の入力が見つかりませんでした。

DTS_E_OUTPUTNOTUSED

MessageId: DTS_E_OUTPUTNOTUSED MessageText: ID %1!d! の出力 どのコンポーネントでも使用されていません。 この出力を削除するか、いずれかのコンポーネントの入力に関連付けてください。

DTS_E_OUTPUTREDIRECTINTRANSACTIONNOTALLOWED

MessageId: DTS_E_OUTPUTREDIRECTINTRANSACTIONNOTALLOWED MessageText: %1!s! は、トランザクション内の接続を使用してエラー時にリダイレクトするように設定できません。

DTS_E_OUTPUTWITHMULTIPLEERRORS

MessageId: DTS_E_OUTPUTWITHMULTIPLEERRORS MessageText: 出力 ID %1!d! が複数のエラー出力の構成に指定されました。 最初は %2!d! と %3!d!、次は %4!d! と %5!d! です。

DTS_E_PACKAGE_OWNEDBYPROJECT

MessageId: DTS_E_PACKAGE_OWNEDBYPROJECT MessageText: パッケージは既にプロジェクトに属しています。

DTS_E_PACKAGE_PASSWORD_INCONSISTENT

MessageId: DTS_E_PACKAGE_PASSWORD_INCONSISTENT MessageText: プロジェクトとプロジェクト内のパッケージに同じパスワードを使用する必要があります。

DTS_E_PACKAGE_PROTECTIONLEVEL_INCONSISTENT

MessageId: DTS_E_PACKAGE_PROTECTIONLEVEL_INCONSISTENT MessageText: プロジェクトとプロジェクト内のパッケージに同じ保護レベルを使用する必要があります。

DTS_E_PACKAGEDESCRIPTIONTOOLONG

MessageId: DTS_E_PACKAGEDESCRIPTIONTOOLONG MessageText: パッケージの説明が長すぎます。 上限は 1,024 文字です。 パッケージの説明を短くしてください。

DTS_E_PACKAGELOADFAILED

MessageId: DTS_E_PACKAGELOADFAILED MessageText: エラー 0x%1!8.8X! により、パッケージの読み込みに失敗しました。 "%2!s!"。 このエラーは、CPackage::LoadFromXML が失敗した場合に発生します。

DTS_E_PACKAGEMIGRATED

MessageId: DTS_E_PACKAGEMIGRATED MessageText: パッケージは読み込み中に新しいバージョンに移行されました。 処理を完了するには、パッケージを再読み込みする必要があります。 これは内部エラー コードです。

DTS_E_PACKAGEMIGRATIONFAILED

MessageId: DTS_E_PACKAGEMIGRATIONFAILED MessageText: バージョン %1!d! からのパッケージ移行 パッケージを バージョン %1!d! から %2!d! に %4!s!"。

DTS_E_PACKAGEMIGRATIONMODULE

MessageId: DTS_E_PACKAGEMIGRATIONMODULE MessageText: パッケージ移行モジュールが失敗しました。

DTS_E_PACKAGEMIGRATIONMODULELOAD

MessageId: DTS_E_PACKAGEMIGRATIONMODULELOAD MessageText: パッケージ移行モジュールの読み込みに失敗しました。

DTS_E_PACKAGENAMETOOLONG

MessageId: DTS_E_PACKAGENAMETOOLONG MessageText: パッケージ名が長すぎます。 上限は 128 文字です。 パッケージ名を短くしてください。

DTS_E_PACKAGENOTFOUND

MessageId: DTS_E_PACKAGENOTFOUND MessageText: 指定したパッケージをSQL Server データベースから読み込めませんでした。

DTS_E_PACKAGEOBJECTNOTENVELOPED

MessageId: DTS_E_PACKAGEOBJECTNOTENVELOPED MessageText: エラー 0x%1!8.8X で署名済み XML エンベロープ内のパッケージ オブジェクトを検索できませんでした! "%2!s!"。 このエラーは、署名付き XML に SSIS パッケージが予想どおりに含まれていない場合に発生します。

DTS_E_PACKAGEPASSWORD

MessageId: DTS_E_PACKAGEPASSWORD MessageText: パッケージはパスワードで暗号化されます。 パスワードが指定されなかったか、正しくありません。

DTS_E_PACKAGEPASSWORDEMPTY

MessageId: DTS_E_PACKAGEPASSWORDEMPTY MessageText: パッケージの保護レベルにはパスワードが必要ですが、PackagePassword プロパティは空です。

DTS_E_PACKAGEPROTECT

MessageId: DTS_E_PACKAGEPROTECT MessageText: エラー 0x%1!8.8X でパッケージ保護を適用できませんでした! "%2!s!"。 このエラーは、XML に保存するときに発生します。

DTS_E_PACKAGEREMOVEFAILED

MessageId: DTS_E_PACKAGEREMOVEFAILED MessageText: SQL Serverからパッケージ "%1!s!" を削除しようとすると、エラーが発生しました。

DTS_E_PACKAGEUNPROTECT

MessageId: DTS_E_PACKAGEUNPROTECT MessageText: エラー 0x%1!8.8X でパッケージ保護を削除できませんでした。 "%2!s!"。 このエラーは、CPackage::LoadFromXML メソッドで発生します。

DTS_E_PACKAGEUPDATEDISABLED

MessageId: DTS_E_PACKAGEUPDATEDISABLED MessageText: パッケージには古い形式のバージョンがありますが、パッケージ形式の自動アップグレードは無効になっています。

DTS_E_PACKAGEUPGRADEFAILED

MessageId: DTS_E_PACKAGEUPGRADEFAILED MessageText: パッケージのアップグレードに失敗しました。

DTS_E_PACKAGEVERIFICATIONFAILED

MessageId: DTS_E_PACKAGEVERIFICATIONFAILED MessageText: エラー 0x%1!8.8X が原因で、パッケージの暗号化署名の検証に失敗しました。 "%2!s!"。 このエラーは、署名の検証操作に失敗した場合に発生します。

DTS_E_PARAMETERNOTFOUNDINCOLL

MessageId: DTS_E_PARAMETERNOTFOUNDINCOLL MessageText: パラメーター "%1!s!" が見つかりません。 このエラーは、パラメーター コレクションからパラメーターを取得しようとして、パラメーターが存在しない場合に発生します。

DTS_E_PARAMETERNOTFOUNDINMAPPING

MessageId: DTS_E_PARAMETERNOTFOUNDINMAPPING MessageText: SQL コマンドには"%1!s!"" という名前のパラメーターが必要です。パラメーター マッピングには見つかりません。

DTS_E_PARAMETERVALUEUNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_PARAMETERVALUEUNAVAILABLE MessageText: パラメーターに値が指定されていないため、パラメーター値を取得できませんでした。

DTS_E_PARAMETERVARIABLE_READONLY

MessageId: DTS_E_PARAMETERVARIABLE_READONLY MessageText: %1!s! を変更する パラメーター変数であるため、変数のエラーが発生しました。 パラメーター変数は読み取り専用です。

DTS_E_PATHUNKNOWN

MessageId: DTS_E_PATHUNKNOWN MessageText: オブジェクトへのパスを取得できません。 これはシステム エラーです。

DTS_E_PERSISTENCEERROR

MessageId: DTS_E_PERSISTENCEERROR MessageText: ノード "%2!s!" からの値 "%1!s!" の読み込み中にエラーが発生しました。

DTS_E_PIPELINE_LOAD

MessageId: DTS_E_PIPELINE_LOAD MessageText: Data Flow オブジェクトの読み込みに失敗しました

DTS_E_PIPELINE_SAVE

MessageId: DTS_E_PIPELINE_SAVE MessageText: Data Flow オブジェクトを保存できませんでした。

DTS_E_PIPELINETOOCOMPLEX

このパイプラインに必要なスレッド数は %1!d! ですが、これはシステムの制限値 %2!d! を超えています。 パイプラインに必要なスレッドが多すぎるため構成できません。 非同期出力の数が多すぎるか、EngineThreads プロパティに設定された値が大きすぎます。 パイプラインを複数のパッケージに分割するか、EngineThreads プロパティの値を減らしてください。

DTS_E_PMFAILALERTREMOVE

MessageId: DTS_E_PMFAILALERTREMOVE MessageText: ターゲットが削除されていることをプロパティ マッピングに警告するとエラーが発生します。

DTS_E_PMINVALIDPROPMAPTARGET

MessageId: DTS_E_PMINVALIDPROPMAPTARGET MessageText: サポートされていないオブジェクト型をターゲットにプロパティ マッピングを設定しようとしました。 このエラーは、サポートされていないオブジェクト型をプロパティ マッピングに渡した場合に発生します。

DTS_E_PMNODESTPROPERTY

MessageId: DTS_E_PMNODESTPROPERTY MessageText: プロパティ マップの宛先プロパティが空です。 変換先プロパティの名前を設定してください。

DTS_E_PMPROPERTYINVALID

MessageId: DTS_E_PMPROPERTYINVALID MessageText: 無効なプロパティ マッピングで宛先プロパティが指定されました。 このエラーは、変換先オブジェクトに、そのオブジェクトで見つからないプロパティが指定された場合に発生します。

DTS_E_PMVARPROPTYPESDIFFERENT

MessageId: DTS_E_PMVARPROPTYPESDIFFERENT MessageText: 変数から別の型のプロパティへのプロパティ マッピングがあるため、エラーが発生しました。 プロパティの型は変数の型と一致する必要があります。

DTS_E_PRECEDENCECONSTRAINT

MessageId: DTS_E_PRECEDENCECONSTRAINT MessageText: "%1!s!" と "%2!s!" の優先順位制約にエラーが発生しました。

DTS_E_PREPARETREENODEFAILED

MessageId: DTS_E_PREPARETREENODEFAILED MessageText: Data Flow タスクは、出力 "%1!s!" で始まる実行ツリー ノードのバッファーを準備できませんでした。(%2!d!)。

DTS_E_PRIMEOUTPUTCALLEDWITHINVALIDOUTPUTID

MessageId: DTS_E_PRIMEOUTPUTCALLEDWITHINVALIDOUTPUTID MessageText: PrimeOutput が無効な出力 ID %1!d! で呼び出されました。

DTS_E_PRIMEOUTPUTFAILED

SSIS エラー コード DTS_E_PRIMEOUTPUTFAILED: %1 の PrimeOutput メソッドからエラー コード 0x%2!8.8X! が返されました。 パイプライン エンジンが PrimeOutput() を呼び出したときに、このコンポーネントからエラー コードが返されました。 このエラー コードの詳細はコンポーネントで定義されていますが、これは致命的なエラーであり、パイプラインの実行は停止されました。 このエラーの前に、エラーの詳細が記載されたエラー メッセージが報告されている可能性があります。

SQL Server エージェントを使用してパッケージを実行する場合、[新しいジョブ ステップ] ダイアログ ボックスの [履歴にステップ出力を含める] をクリックして、発生した PrimeOutput() メソッドのエラーについての詳細情報を取得します。

DTS_E_PRIMEOUTPUTNOEOR

MessageId: DTS_E_PRIMEOUTPUTNOEOR MessageText: "%1!s!" の PrimeOutput メソッドは成功を返しましたが、行セットの末尾を報告しませんでした。 コンポーネントでエラーが発生しています。 通常は、このコンポーネントから行の末尾が報告されます。 予期されない結果が返されることを回避するため、パイプラインはシャットダウンされます。

DTS_E_PROBLEMDETECTINGTYPECOMPATIBILITY

MessageId: DTS_E_PROBLEMDETECTINGTYPECOMPATIBILITY MessageText: エラー コード 0x%1!8.8X! %2!s! からの型変換を検証するときに返されました。 %3!s! に設定します。

DTS_E_PROCESSINPUTCALLEDWITHINVALIDINPUTID

MessageId: DTS_E_PROCESSINPUTCALLEDWITHINVALIDINPUTID MessageText: ProcessInput が無効な入力 ID %1!d! で呼び出されました。

DTS_E_PROCESSINPUTFAILED

SSIS エラー コード DTS_E_PROCESSINPUTFAILED: コンポーネント "%1" (%2!d!) の ProcessInput メソッドがエラー コード 0x%3!8.8X! で失敗しました。 このコンポーネントは、ProcessInput メソッドからエラーを返しました。 このエラーはコンポーネントに固有のものですが、致命的なエラーであるため、データ フロー タスクの実行は停止されます。 このエラーの前に、エラーの詳細が記載されたエラー メッセージが報告されている可能性があります。

DTS_E_PRODUCTLEVELTOLOW

MessageId: DTS_E_PRODUCTLEVELTOLOW MessageText: %1!s! は、インストールされている Integration Services のエディションでは実行できません。 %2!s! 必要です。

DTS_E_PROJECTSAVEFAILED_INCONSISTENT

MessageId: DTS_E_PROJECTSAVEFAILED_INCONSISTENT MessageText: 整合性チェックに合格しないため、プロジェクトを保存できません。 Events オブジェクトを使用して、整合性チェックからより詳細なエラーを取得します。

DTS_E_PROPERTIESCOLLECTIONREADONLY

MessageId: DTS_E_PROPERTIESCOLLECTIONREADONLY MessageText: Properties コレクションは変更できません。

DTS_E_PROPERTYCANNOTBEMODIFIED

MessageId: DTS_E_PROPERTYCANNOTBEMODIFIED MessageText: プロパティを変更できません。

DTS_E_PROPERTYEXPRESSIONEVAL

MessageId: DTS_E_PROPERTYEXPRESSIONEVAL MessageText: プロパティ "%2!s!" の式 "%1!s!" は評価できません。 有効な式に変更してください。

DTS_E_PROPERTYEXPRESSIONSDISABLEDONVARIABLES

MessageId: DTS_E_PROPERTYEXPRESSIONSDISABLEDONVARIABLES MessageText: Expression プロパティは、変数オブジェクトではサポートされていません。 代わりに、EvaluateAsExpression プロパティを使用してください。

DTS_E_PROPERTYEXPRESSIONSET

MessageId: DTS_E_PROPERTYEXPRESSIONSET MessageText: プロパティ "%2!s!" の式 "%1!s!" の結果をプロパティに書き込むことができません。 式は評価されましたが、プロパティに設定できません。

DTS_E_PROPERTYISEMPTY

MessageId: DTS_E_PROPERTYISEMPTY MessageText: プロパティ "%1!s!" は空です。 プロパティを空にすることはできません。

DTS_E_PROPERTYNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_PROPERTYNOTSUPPORTED MessageText: プロパティ "%1!s!" を "%2!s!" に設定することはできません。 設定しているプロパティは、指定したオブジェクトでサポートされていません。 プロパティの名前、大文字と小文字、綴りを確認してください。

DTS_E_PROPERTYREADONLY

MessageId: DTS_E_PROPERTYREADONLY MessageText: プロパティ "%1!s!" は読み取り専用です。 このエラーは、読み取り専用のプロパティを変更しようとした場合に発生します。

DTS_E_PROPERTYWRITEONLY

MessageId: DTS_E_PROPERTYWRITEONLY MessageText: プロパティ "%1!s!" は書き込み専用です。 このエラーは、プロパティ オブジェクトを使用してプロパティの値を取得しようとしたときに、そのプロパティが書き込み専用である場合に発生します。

DTS_E_PROPVALUEIGNORED

MessageId: DTS_E_PROPVALUEIGNORED MessageText: "%1!s!" には、長さ、有効桁数、小数点以下桁数、またはコード ページの値が 0 以外の値に設定されていますが、データ型では値が 0 である必要があります。

DTS_E_PROXYAUTH

MessageId: DTS_E_PROXYAUTH MessageText: プロキシ認証に失敗しました。 このエラーは、ログイン資格情報を入力していない場合、または資格情報が正しくない場合に発生します。

DTS_E_QUEUEWORKITEMFAILED

MessageId: DTS_E_QUEUEWORKITEMFAILED MessageText: 並べ替え変換では、作業項目をスレッド プールにキューに格納できません。 メモリが不足しています。

DTS_E_RAWBADHEADER

MessageId: DTS_E_RAWBADHEADER MessageText: ファイル ヘッダーで不適切なメタデータが検出されました。 ファイルが破損しているか、SSIS で生成された未加工のデータ ファイルではありません。

DTS_E_RAWBADVERSION

MessageId: DTS_E_RAWBADVERSION MessageText: ファイルのバージョンとフラグ情報が正しくありません。 ファイルが破損しているか、SSIS で生成された未加工のデータ ファイルではありません。

DTS_E_RAWBYTESTOOLONG

バイナリ フィールドが大きすぎます。 アダプターが読み取ろうとしたバイナリ フィールドの長さは %1!d! バイトでしたが、想定したフィールドはオフセットが %3!d! で %2!d! バイト未満でした。 このエラーは通常、入力ファイルが無効であるときに発生します。 このファイルに書き込まれている文字列の長さは、バッファー列に対して大きすぎます。

DTS_E_RAWCANTAPPENDTRUNCATE

MessageId: DTS_E_RAWCANTAPPENDTRUNCATE MessageText: プロパティ設定の競合によって発生するエラー。 AllowAppend プロパティと ForceTruncate プロパティの両方が True に設定されています。 両方のプロパティを True に設定することはできません。 2 つのプロパティのいずれかを False に設定してください。

DTS_E_RAWCANTREAD

MessageId: DTS_E_RAWCANTREAD MessageText: %1!d! を読み取ることができません。 ファイル "%2!s!" からのバイト数。 このエラーの原因は、これ以前に報告されています。

DTS_E_RAWCANTWRITE

MessageId: DTS_E_RAWCANTWRITE MessageText: %1!d! を書き込めません ファイル "%2!s!" へのバイト数。 詳細については、以前のエラー メッセージを参照してください。

DTS_E_RAWDESTBLOBDATATYPE

MessageId: DTS_E_RAWDESTBLOBDATATYPE MessageText: %1!s! には無効なデータ型があります。 データ型が DT_IMAGE、DT_TEXT、および DT_NTEXT の列は、RAW ファイルに書き込めません。

DTS_E_RAWDESTMAPPEDINPUTCOLUMN

MessageId: DTS_E_RAWDESTMAPPEDINPUTCOLUMN MessageText: %1!s! は、ID %2!d! を持つ外部メタデータ列にマップされます。 書き込みオプションの値が [常に作成する] に設定されている場合、入力列を外部メタデータ列にマップする必要はありません。

DTS_E_RAWDESTNOINPUTCOLUMNS

MessageId: DTS_E_RAWDESTNOINPUTCOLUMNS MessageText: ファイルに書き込む列が選択されていない。

DTS_E_RAWDESTWRONGEXTERNALMETADATAUSAGE

MessageId: DTS_E_RAWDESTWRONGEXTERNALMETADATAUSAGE MessageText: 外部メタデータ コレクションは、このコンポーネントによって不適切に使用されます。 既存のファイルを追加または切り捨てている場合、コンポーネントでは外部メタデータを使用する必要があります。 それ以外の場合、外部メタデータは必要ありません。

DTS_E_RAWEXISTSCREATEONCE

MessageId: DTS_E_RAWEXISTSCREATEONCE MessageText: 出力ファイルが既に存在し、WriteOption が Create Once に設定されているため、エラーが発生しました。 WriteOption プロパティを [常に作成する] に設定するか、ファイルを削除してください。

DTS_E_RAWFILECANTBUFFER

MessageId: DTS_E_RAWFILECANTBUFFER MessageText: 出力ファイルに I/O バッファーを作成できません。 権限がないか、ディスクがいっぱいのときに、エラーが発生することがあります。

DTS_E_RAWFILECANTOPEN

MessageId: DTS_E_RAWFILECANTOPEN MessageText: ファイル "%1!s!" を書き込み用に開くことができません。 権限がないか、ディスクがいっぱいのときに、エラーが発生することがあります。

DTS_E_RAWFILECANTOPENFORMETADATA

MessageId: DTS_E_RAWFILECANTOPENFORMETADATA MessageText: メタデータを読み取るためのファイルを開くことができません。 ファイルが存在しない場合、およびコンポーネントで既に外部メタデータが定義されている場合、"ValidateExternalMetadata" プロパティを "false" に設定できます。ファイルは、実行時に作成されます。

DTS_E_RAWFILECANTOPENREAD

MessageId: DTS_E_RAWFILECANTOPENREAD MessageText: ファイル "%1!s!" を読み取り用に開くことができません。 権限がないか、ファイルが見つからないときに、エラーが発生することがあります。 正確な原因は、これ以前のエラー メッセージで報告されています。

DTS_E_RAWFILENAMEINVALID

MessageId: DTS_E_RAWFILENAMEINVALID MessageText: ファイル名プロパティが無効です。 ファイル名がデバイス名であるか、ファイル名に無効な文字が使用されています。

DTS_E_RAWFILENAMEREQUIRED

MessageId: DTS_E_RAWFILENAMEREQUIRED MessageText: ファイル名が正しく指定されていません。 FileName プロパティに直接指定するか、FileNameVariable プロパティに変数を指定して、RAW ファイルにパスと名前を指定してください。

DTS_E_RAWINVALIDACCESSMODE

MessageId: DTS_E_RAWINVALIDACCESSMODE MessageText: 値 %1!d! 有効なアクセス モードとして認識されません。

DTS_E_RAWMETADATACOUNTMISMATCH

MessageId: DTS_E_RAWMETADATACOUNTMISMATCH MessageText: 出力ファイルの列数がこの宛先の列数と一致しないため、出力ファイルを追加できません。 古いファイルがメタデータと一致しません。

DTS_E_RAWMETADATAMISMATCH

MessageId: DTS_E_RAWMETADATAMISMATCH MessageText: 既存のファイルの列が入力の列 "%1!s!" と一致しないため、出力ファイルを追加できません。 古いファイルがメタデータと一致しません。

DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHCODEPAGE

MessageId: DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHCODEPAGE MessageText: 出力ファイルを追加できません。 列 "%1!s!" は名前で一致しますが、ファイル内の列にはコード ページ %2!d! 入力列のコード ページは %3!d! です。 指定された列のメタデータのコード ページが一致しません。

DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHPRECISION

MessageId: DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHPRECISION MessageText: 出力ファイルを追加できません。 列 "%1!s!" は名前で一致しますが、ファイル内の列の有効桁数は %2!d! 入力列の有効桁数は %3!d! です。 指定された列のメタデータの有効桁数が一致しません。

DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHSCALE

MessageId: DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHSCALE MessageText: 出力ファイルを追加できません。 列 "%1!s!" は名前で一致しますが、ファイル内の列には小数点以下桁数 %2!d! 入力列の小数点以下桁数は %3!d! です。 指定された列のメタデータの小数点以下桁数が一致しません。

DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHSIZE

MessageId: DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHSIZE MessageText: 出力ファイルを追加できません。 列 "%1!s!" は名前で一致しますが、ファイル内の列の最大長は %2!d! 入力列の最大長は %3!d! です。 列のメタデータの長さが一致しません。

DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHTYPE

MessageId: DTS_E_RAWMETADATAMISMATCHTYPE MessageText: 出力ファイルを追加できません。 列 "%1!s!" は名前で一致しますが、ファイル内の列の型は %2!s! 入力列の型が %3!s! です。 列のメタデータのデータ型が一致しません。

DTS_E_RAWNOLONGTYPES

MessageId: DTS_E_RAWNOLONGTYPES MessageText: 列 %1!s! は使用できません。 未加工アダプターでは、image、text、ntext データはサポートされていません。

DTS_E_RAWREADFAILED

MessageId: DTS_E_RAWREADFAILED MessageText: 未加工のアダプターが %1!d! 列 "%2!s!" の入力ファイルのバイト数に系列 ID %3!d! が含まれていますが、エラーが発生しました。 オペレーティング システムから、これ以前にエラーが報告されています。

DTS_E_RAWSKIPFAILED

MessageId: DTS_E_RAWSKIPFAILED MessageText: 未加工のアダプターが %1!d! 系列 ID %3!d! の参照されていない列 "%2!s!" の入力ファイル内のバイト数ですが、エラーが発生しました。 オペレーティング システムから、これ以前にエラーが報告されています。

DTS_E_RAWSTRINGINPUTTOOLONG

MessageId: DTS_E_RAWSTRINGINPUTTOOLONG MessageText: アダプターは、%1 の文字列を書き込むよう求められました。I64d! すべてのデータの長さは 4,294,967,295 バイト未満である必要があります。

DTS_E_RAWSTRINGTOOLONG

MessageId: DTS_E_RAWSTRINGTOOLONG MessageText: 文字列が長すぎます。 アダプターが読み取った文字列の長さは %1!d! バイトでしたが、 想定した文字列はオフセットが %3!d! で %2!d! バイト未満でした。 これは、入力ファイルが破損していることを示しています。 このファイルに書き込まれている文字列の長さは、バッファー列に対して大きすぎます。

DTS_E_RAWTOOMANYCOLUMNS

MessageId: DTS_E_RAWTOOMANYCOLUMNS MessageText: ソース ファイルが無効です。 変換元ファイルにより、131,072 列より多くの列数が返されています。 このエラーは通常、変換元ファイルが RAW ファイルの変換先で生成されないときに発生します。

DTS_E_RAWUNEXPECTEDEOF

MessageId: DTS_E_RAWUNEXPECTEDEOF MessageText: %1!d! の読み取り中に予期しないファイルの終了が発生しました。 ファイル "%2!s!" からのバイト数。 ファイルに無効な書式が含まれていたため、ファイルが途中で終了しました。

DTS_E_RAWUNEXPECTEDTYPE

MessageId: DTS_E_RAWUNEXPECTEDTYPE MessageText: アダプターで認識されないデータ型 %1!d! が検出されました。 入力ファイル (ソース) が破損しているか、バッファーの種類 (出力先) が無効である可能性があります。

DTS_E_RAWVERSIONINCOMPATIBLEAPPEND

MessageId: DTS_E_RAWVERSIONINCOMPATIBLEAPPEND MessageText: 出力ファイルは互換性のないバージョンによって書き込まれ、追加できません。 ファイルは、使用できなくなった古いファイル形式の可能性があります。

DTS_E_READNOTFILLEDCACHE

MessageId: DTS_E_READNOTFILLEDCACHE MessageText: キャッシュは %1!s! によって書き込まれており、%2!s! で読み取ることはできません。

DTS_E_READONLYSTOCKPROPERTY

MessageId: DTS_E_READONLYSTOCKPROPERTY MessageText: プロパティは読み取り専用です。

DTS_E_READUNINITIALIZEDCACHE

MessageId: DTS_E_READUNINITIALIZEDCACHE MessageText: キャッシュは初期化されておらず、%1!s! で読み取ることができません。

DTS_E_READWRITECOLUMNMISSINGREQUIREDCUSTOMPROPERTY

MessageId: DTS_E_READWRITECOLUMNMISSINGREQUIREDCUSTOMPROPERTY MessageText: %1!s! は読み取り/書き込みであり、カスタム プロパティ "%2!s!" が必要です。 プロパティを追加するか、列から読み取り/書き込み属性を削除してください。

DTS_E_RECORDSETDESTDATATYPENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_RECORDSETDESTDATATYPENOTSUPPORTED MessageText: %1!s! のデータ型。 は %2!s! ではサポートされていません。

DTS_E_REDIRECTFAILURE

MessageId: DTS_E_REDIRECTFAILURE MessageText: 指定されたサーバーの URL %1!s! にリダイレクトがあり、リダイレクト要求が失敗しました。

DTS_E_REDIRECTROWUNAVAILABLEWITHFASTLOADANDZEROMAXINSERTCOMMITSIZE

MessageId: DTS_E_REDIRECTROWUNAVAILABLEWITHFASTLOADANDZEROMAXINSERTCOMMITSIZE MessageText: "%1!s!" のエラー行の処理は、高速読み込みオプションがオンになっていて、最大挿入コミット サイズが 0 に設定されている場合に行をリダイレクトするように設定できません。

DTS_E_REDUCTIONFAILED

MessageId: DTS_E_REDUCTIONFAILED MessageText: Data Flow エンジン スケジューラがパイプラインの実行プランを減らすことに失敗しました。 OptimizedMode プロパティを False に設定してください。

DTS_E_REFERENCECOLUMNTOOWIDE

MessageId: DTS_E_REFERENCECOLUMNTOOWIDE MessageText: コードで、幅が広すぎる列が見つかりました。

DTS_E_REFERENCEDMETADATABADCOUNT

MessageId: DTS_E_REFERENCEDMETADATABADCOUNT MessageText: 入力 "%1!s!"(%2!d!)references input "%3!s!"(%4!d!) ですが、列の数は同じではありません。 入力 %5!d! には %6!d! 列が含まれていますが、 入力 %7!d! には %8!d! 列 含まれています。

DTS_E_REFID_CANNOT_FINDATTRIBUTE

MessageId: DTS_E_REFID_CANNOT_FINDATTRIBUTE MessageText: "%1!s!" でオブジェクトを処理しているときに、"%2!s!" 要素に予期される属性 "%3!s!" が見つかりませんでした。

DTS_E_REFID_CANNOT_FINDATTRIBUTES

MessageId: DTS_E_REFID_CANNOT_FINDATTRIBUTES MessageText: "%3!s!" でオブジェクトを処理しているときに、"%2!s!" 要素に予期される属性 "%1!s!" が見つかりませんでした。

DTS_E_REFID_COULDNOTMAPREFID

MessageId: DTS_E_REFID_COULDNOTMAPREFID MessageText: オブジェクト "%1!s!" は ID "%2!s!" を参照しますが、パッケージ内にこの ID を持つオブジェクトはありません。 手動編集によってオブジェクト "%1!s!" がパッケージに追加された場合は、ID "%2!s!" を持つ参照先オブジェクトもパッケージに追加されていることを確認します。

DTS_E_REFUSEDFORSHUTDOWN

MessageId: DTS_E_REFUSEDFORSHUTDOWN MessageText: このスレッドはシャットダウンされ、入力のバッファーを受け入れていません。

DTS_E_REMOTEPACKAGEVALIDATION

MessageId: DTS_E_REMOTEPACKAGEVALIDATION MessageText: ExecutePackage タスクからのパッケージの検証に失敗しました。 パッケージを実行できません。

DTS_E_REMOVEFOLDERFROMSQLSERVER_OLEDB

MessageId: DTS_E_REMOVEFOLDERFROMSQLSERVER_OLEDB MessageText: RemoveFolderOnSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2!s!)。 発行された SQL ステートメントは失敗しました。

DTS_E_REMOVEFROMSQLSERVER_OLEDB

MessageId: DTS_E_REMOVEFROMSQLSERVER_OLEDB MessageText: RemoveFromSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2!s!)発行された SQL ステートメントが失敗しました。

DTS_E_RENAMEFOLDERONSQLSERVER_OLEDB

MessageId: DTS_E_RENAMEFOLDERONSQLSERVER_OLEDB MessageText: RenameFolderOnSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2!s!)。 発行された SQL ステートメントは失敗しました。

DTS_E_REQUIREDBUFFERISNOTAVAILBLE

MessageId: DTS_E_REQUIREDBUFFERISNOTAVAILBLE MessageText: 必要なバッファーは使用できません。

DTS_E_RESERVEDNAMESPACE

MessageId: DTS_E_RESERVEDNAMESPACE MessageText: 変数への名前空間の割り当て中にエラーが発生しました。 "System" という名前空間は、システムで使用するために予約されています。 このエラーは、コンポーネントまたはタスクが、"System" という名前空間で変数を作成しようとした場合に発生します。

DTS_E_RETRIEVINGDEPENDENCIES

タスク "%1" で依存関係を取得中にエラー 0x%2!8.8X! 発生しました。 エラーが発生したとき、ランタイムがタスクの依存関係のコレクションから依存関係を取得しようとしていました。 タスクにより、いずれかの依存関係のインターフェイスが正しく実装されなかった可能性があります。

DTS_E_ROWCOUNTBADVARIABLENAME

MessageId: DTS_E_ROWCOUNTBADVARIABLENAME MessageText: VariableName プロパティで指定された変数 "%1!s!" は有効な変数ではありません。 書き込み先の有効な変数の名前が必要です。

DTS_E_ROWCOUNTBADVARIABLETYPE

MessageId: DTS_E_ROWCOUNTBADVARIABLETYPE MessageText: VariableName プロパティで指定された変数 "%1!s!" は整数ではありません。 変数を VT_I4、VT_UI4、VT_I8、または VT_UI8 型に変更してください。

DTS_E_ROWSETUNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_ROWSETUNAVAILABLE MessageText: SQL コマンドに基づく行セットが OLE DB プロバイダーから返されませんでした。

DTS_E_RSTDESTBADVARIABLE

MessageId: DTS_E_RSTDESTBADVARIABLE MessageText: 指定した変数の値は、検索、ロック、または設定できません。

DTS_E_RSTDESTBADVARIABLENAME

MessageId: DTS_E_RSTDESTBADVARIABLENAME MessageText: VariableName プロパティが有効な変数の名前に設定されていません。 書き込み先のランタイム変数の名前が必要です。

DTS_E_RSTDESTBADVARIABLETYPE

MessageId: DTS_E_RSTDESTBADVARIABLETYPE MessageText: ランタイム変数 "%1!s!" の型が正しくありません。 ランタイム変数の型は、Object である必要があります。

DTS_E_RSTDESTBIGBLOB

MessageId: DTS_E_RSTDESTBIGBLOB MessageText: 入力列の値が大きすぎて ADODB に格納できません。Recordset オブジェクト。

DTS_E_RSTDESTRSTCONFIGPROBLEM

MessageId: DTS_E_RSTDESTRSTCONFIGPROBLEM MessageText: ADODB を作成または構成できません。Recordset オブジェクト。

DTS_E_RSTDESTRSTWRITEPROBLEM

MessageId: DTS_E_RSTDESTRSTWRITEPROBLEM MessageText: ADODB への書き込み中にエラーが発生しました。Recordset オブジェクト。

DTS_E_RUNTIMEVARIABLETYPECHANGE

MessageId: DTS_E_RUNTIMEVARIABLETYPECHANGE MessageText: 変数 "%1!s!" に割り当てられている値の型 (%2!s!) は、現在の変数型 (%3!s!) とは異なります。 変数の型は実行中に変更できません。 変数の型は厳密に一致している必要があります。ただし、オブジェクト型の変数は除きます。

DTS_E_SAVE_PERSTFORMAT

MessageId: DTS_E_SAVE_PERSTFORMAT MessageText: Data Flow オブジェクトを保存できませんでした。 指定した形式はサポートされていません。

DTS_E_SAVEFILE

MessageId: DTS_E_SAVEFILE MessageText: パッケージ ファイルの保存に失敗しました。

DTS_E_SAVEPACKAGEFILE

MessageId: DTS_E_SAVEPACKAGEFILE MessageText: パッケージ ファイル "%1!s!" を保存できませんでした。エラー 0x%2!8.8X! 。

DTS_E_SAVETOSQLSERVER_OLEDB

MessageId: DTS_E_SAVETOSQLSERVER_OLEDB MessageText: SaveToSQLServer メソッドで OLE DB エラー コード 0x%1!8.8X! (%2!s!)。 発行された SQL ステートメントは失敗しました。

DTS_E_SCHEDULERBADTREE

MessageId: DTS_E_SCHEDULERBADTREE MessageText: Data Flow エンジン スケジューラが、インデックス %1!d! の実行ツリーを取得できませんでした。 取得できませんでした。 スケジューラが、実在するよりも多くの実行ツリーを含んでいる数を受け取りました。

DTS_E_SCHEDULERCOULDNOTCOUNTDESTINATIONS

MessageId: DTS_E_SCHEDULERCOULDNOTCOUNTDESTINATIONS MessageText: Data Flow エンジン スケジューラは、レイアウト内の宛先の数を取得できません。

DTS_E_SCHEDULERCOULDNOTCOUNTSOURCES

MessageId: DTS_E_SCHEDULERCOULDNOTCOUNTSOURCES MessageText: Data Flow エンジン スケジューラは、レイアウト内のソースの数を取得できません。

DTS_E_SCHEDULERMEMORY

MessageId: DTS_E_SCHEDULERMEMORY MessageText: Data Flow エンジン スケジューラは、実行構造体に十分なメモリを割り当てることができません。 実行を開始する前に、システムのメモリが不足していました。

DTS_E_SCHEDULEROBJECT

MessageId: DTS_E_SCHEDULEROBJECT MessageText: Data Flow エンジン スケジューラは ID %1!d! のオブジェクトを取得できません。 取得できませんでした。 以前は存在し、現在は使用できなくなったオブジェクトが、データ フロー エンジン スケジューラにあります。

DTS_E_SCHEDULERTHREADMEMORY

MessageId: DTS_E_SCHEDULERTHREADMEMORY MessageText: 十分なメモリがないため、Data Flow エンジン スケジューラがスレッド オブジェクトを作成できませんでした。 このエラーは、メモリ不足の状態が原因で発生します。

DTS_E_SCRIPTMIGRATIONFAILED64BIT

MessageId: DTS_E_SCRIPTMIGRATIONFAILED64BIT MessageText: Visual Tools for Applications デザイナーのサポートがないため、VSA スクリプトの移行は 64 ビット プラットフォームでは実行できません。 64 ビット プラットフォーム上では、WOW64 を利用して移行を実行してください。

DTS_E_SCRIPTTASK_BINARYITEMNOTFOUNDEXCEPTION

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_BINARYITEMNOTFOUNDEXCEPTION MessageText: バイナリ項目 "%1!s!" がパッケージに見つかりませんでした。

DTS_E_SCRIPTTASK_CANTINITNULLTASK

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_CANTINITNULLTASK MessageText: null タスクに初期化できません。

DTS_E_SCRIPTTASK_COMPILEERRORMSG

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_COMPILEERRORMSG MessageText: エラー "%1!s!": "%2!s!"\r\n行 "%3!s!"列 "%4!s!" ~ "%5!s!"。

DTS_E_SCRIPTTASK_COMPILEERRORMSG2

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_COMPILEERRORMSG2 MessageText: スクリプトのコンパイル中にエラーが発生しました: "%1!s!"。

DTS_E_SCRIPTTASK_COMPILEERRORMSG3

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_COMPILEERRORMSG3 MessageText: エラー "%1!s!": "%2!s!"\r\n行 "%3!s!"列 "%4!s!"-"%5!s!"\r\n行テキスト: "%6!s!"。

DTS_E_SCRIPTTASK_COULDNOTCREATEENTRYPOINTCLASS

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_COULDNOTCREATEENTRYPOINTCLASS MessageText: entrypoint クラス "%1!s!" のインスタンスを作成できませんでした。

DTS_E_SCRIPTTASK_HOST_NAME_CANT_EMPTY

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_HOST_NAME_CANT_EMPTY MessageText: Name を空にすることはできません。

DTS_E_SCRIPTTASK_ILLEGALSCRIPTNAME

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_ILLEGALSCRIPTNAME MessageText: スクリプト名が無効です。 プロジェクト名に空白文字、スラッシュ、特殊文字を使用することはできません。また、数字で始まる名前も指定できません。

DTS_E_SCRIPTTASK_INITIALIZATION_WITH_NULL_TASK

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_INITIALIZATION_WITH_NULL_TASK MessageText: ユーザー インターフェイスの初期化: タスクは null です。

DTS_E_SCRIPTTASK_INVALID_ENTRY_POINT

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_INVALID_ENTRY_POINT MessageText: エントリ ポイントが見つかりません。

DTS_E_SCRIPTTASK_INVALID_SCRIPT_LANGUAGE

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_INVALID_SCRIPT_LANGUAGE MessageText: 指定されたスクリプト言語が無効です。

DTS_E_SCRIPTTASK_INVALID_SCRIPT_NAME

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_INVALID_SCRIPT_NAME MessageText: プロジェクト名が無効です。 プロジェクト名に空白文字、スラッシュ、特殊文字を使用することはできません。また、数字で始まる名前も指定できません。

DTS_E_SCRIPTTASK_INVALIDSCRIPTLANGUAGE

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_INVALIDSCRIPTLANGUAGE MessageText: 指定されたスクリプト言語が無効です。

DTS_E_SCRIPTTASK_LANGUAGE_EMPTY

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_LANGUAGE_EMPTY MessageText: スクリプト言語が指定されていません。 有効なスクリプト言語が指定されていることを確認してください。

DTS_E_SCRIPTTASK_LOADFROMXMLEXCEPTION

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_LOADFROMXMLEXCEPTION MessageText: XML からのスクリプト タスクの読み込み中に例外が発生しました: "%1!s!"。

DTS_E_SCRIPTTASK_MUSTINITWITHRIGHTTASK

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_MUSTINITWITHRIGHTTASK MessageText: スクリプト タスクのユーザー インターフェイスは、スクリプト タスクに初期化する必要があります。

DTS_E_SCRIPTTASK_SCRIPTFILESFAILEDTOLOAD

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_SCRIPTFILESFAILEDTOLOAD MessageText: ユーザー スクリプト ファイルの読み込みに失敗しました。

DTS_E_SCRIPTTASK_SCRIPTREPORTEDFAILURE

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_SCRIPTREPORTEDFAILURE MessageText: ユーザー スクリプトがエラー結果を返しました。

DTS_E_SCRIPTTASK_SCRIPTTHREWEXCEPTION

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_SCRIPTTHREWEXCEPTION MessageText: ユーザー スクリプトで例外 "%1!s!" がスローされました。

DTS_E_SCRIPTTASK_SOURCEITEMNOTFOUNDEXCEPTION

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_SOURCEITEMNOTFOUNDEXCEPTION MessageText: ソースアイテム "%1!s!" がパッケージに見つかりませんでした。

DTS_E_SCRIPTTASK_UI_INITIALIZATION_WITH_WRONG_TASK

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_UI_INITIALIZATION_WITH_WRONG_TASK MessageText: スクリプト タスクのユーザー インターフェイスが正しくないタスクで初期化されています。

DTS_E_SCRIPTTASK_UNRECOGNIZEDSCRIPTLANGUAGEEXCEPTION

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_UNRECOGNIZEDSCRIPTLANGUAGEEXCEPTION MessageText: "%1!s!" が有効なスクリプト言語として認識されませんでした。

DTS_E_SCRIPTTASK_WASNOTINITED

MessageId: DTS_E_SCRIPTTASK_WASNOTINITED MessageText: スクリプト タスクのユーザー インターフェイスが初期化されていません。

DTS_E_SECUREFAILURE

MessageId: DTS_E_SECUREFAILURE MessageText: サーバーから取得した SSL 証明書の応答が無効でした。 要求を処理できません。

DTS_E_SEEKFAILED

MessageId: DTS_E_SEEKFAILED MessageText: バッファー マネージャーが %1!d! をオフセットできませんでした。 ファイル "%2!s!"。 ファイルが破損しています。

DTS_E_SENDMAILTASK_CHECK_VALID_SMTP_SERVER

MessageId: DTS_E_SENDMAILTASK_CHECK_VALID_SMTP_SERVER MessageText: 指定された簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバーが有効であることを確認します。

DTS_E_SENDMAILTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE

MessageId: DTS_E_SENDMAILTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE MessageText: 接続 "%1!s!" はファイル型ではありません。

DTS_E_SENDMAILTASK_CONNECTIONTYPENOTSMTP

MessageId: DTS_E_SENDMAILTASK_CONNECTIONTYPENOTSMTP MessageText: 接続 "%1!s!" は SMTP 型ではありません。

DTS_E_SENDMAILTASK_CONNMNGRNULL

MessageId: DTS_E_SENDMAILTASK_CONNMNGRNULL MessageText: 接続 "%1!s!" が空です。

DTS_E_SENDMAILTASK_FILEDOESNOTEXIST

MessageId: DTS_E_SENDMAILTASK_FILEDOESNOTEXIST MessageText: 操作 "%1!s!" では、ファイル "%2!s!" は存在しません。

DTS_E_SENDMAILTASK_INVALIDATTACHMENT

MessageId: DTS_E_SENDMAILTASK_INVALIDATTACHMENT MessageText: ファイル "%1!s!" が存在しないか、ファイルにアクセスするためのアクセス許可がありません。

DTS_E_SENDMAILTASK_NOCONNMNGR

MessageId: DTS_E_SENDMAILTASK_NOCONNMNGR MessageText: 指定された接続 "%1!s!" は存在しません。

DTS_E_SENDMAILTASK_RECIPIENT_EMPTY

MessageId: DTS_E_SENDMAILTASK_RECIPIENT_EMPTY MessageText: 受信者は指定されません。

DTS_E_SENDMAILTASK_SMTP_SERVER_NOT_SPECIFIED

MessageId: DTS_E_SENDMAILTASK_SMTP_SERVER_NOT_SPECIFIED MessageText: 簡易メール転送プロトコル (SMTP) サーバーが指定されていません。 SMTP サーバーの有効な名前または IP アドレスを指定してください。

DTS_E_SENDMAILTASK_TASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT

MessageId: DTS_E_SENDMAILTASK_TASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT MessageText: メール送信タスクは、不適切な XML 要素で開始されます。

DTS_E_SENDMAILTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRING

MessageId: DTS_E_SENDMAILTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRING MessageText: 変数 "%1!s!" は文字列型ではありません。

DTS_E_SENSITIVEPARAMVALUENOTALLOWED

MessageId: DTS_E_SENSITIVEPARAMVALUENOTALLOWED MessageText: 機密パラメーター "%1!s!" のパラメーター変数の値へのアクセスは許可されません。 変数が適切に使用されていること、および機密情報が保護されていることを確認します。

DTS_E_SERVERAUTH

MessageId: DTS_E_SERVERAUTH MessageText: サーバー認証に失敗しました。 このエラーは、ログイン資格情報を入力していない場合、または資格情報が正しくない場合に発生します。

DTS_E_SERVERSTORAGEDISALLOWED

MessageId: DTS_E_SERVERSTORAGEDISALLOWED MessageText: この宛先に保存するときに、保護レベルの ServerStorage を使用することはできません。 保存先にセキュリティで保護されたストレージ機能があることを確認できませんでした。

DTS_E_SETCACHEFORFILLFAILED

MessageId: DTS_E_SETCACHEFORFILLFAILED MessageText: キャッシュにデータが格納されていることをマークできませんでした。

DTS_E_SETCACHEFORINSERTFAILED

MessageId: DTS_E_SETCACHEFORINSERTFAILED MessageText: 新しいデータのキャッシュを準備できませんでした。

DTS_E_SETCACHEFORREADFAILED

MessageId: DTS_E_SETCACHEFORREADFAILED MessageText: データを提供するためにキャッシュを準備できませんでした。

DTS_E_SETEODFAILED

MessageId: DTS_E_SETEODFAILED MessageText: バッファー駆動出力 "%1!s!" のデータフラグの末尾を設定中にエラーが発生しました(%2!d!)。

DTS_E_SETPERSIST_PROPEVENTS

MessageId: DTS_E_SETPERSIST_PROPEVENTS MessageText: Data Flow オブジェクトの XML 永続化イベント プロパティを設定できませんでした。

DTS_E_SETPERSIST_XMLDOM

MessageId: DTS_E_SETPERSIST_XMLDOM MessageText: Data Flow オブジェクトの永続化 XML DOM プロパティを設定できませんでした。

DTS_E_SETPERSIST_XMLNODE

MessageId: DTS_E_SETPERSIST_XMLNODE MessageText: Data Flow オブジェクトの永続化 XML ELEMENT プロパティを設定できませんでした。

DTS_E_SETPERSISTPROP_FAILED

MessageId: DTS_E_SETPERSISTPROP_FAILED MessageText: Data Flow オブジェクトの xml 永続化プロパティを設定できませんでした。

DTS_E_SETQUALIFIERDESIGNTIMEONLY

MessageId: DTS_E_SETQUALIFIERDESIGNTIMEONLY MessageText: パッケージの実行中に接続マネージャーで SetQualifier メソッドを呼び出すことはできません。 このメソッドを使用できるのはデザイン時のみです。

DTS_E_SETRESULTCOLUMNFAILED

エラー コード 0x%3!8.8X! により、式 "%1" の結果列を %2 に設定できませんでした。 この式の結果を受け取る予定であった入力列または出力列を判断できないか、列の型にこの式の結果をキャストできません。

DTS_E_SIGNATURENOTPRESENT

MessageId: DTS_E_SIGNATURENOTPRESENT MessageText: パッケージは署名されていません。

DTS_E_SIGNATUREPOLICYVIOLATION

MessageId: DTS_E_SIGNATUREPOLICYVIOLATION MessageText: デジタル署名の状態が署名ポリシーに違反しているため、パッケージを読み込めません。 エラー 0x%1!8.8X! "%2!s!"

DTS_E_SIGNPACKAGEFAILED

MessageId: DTS_E_SIGNPACKAGEFAILED MessageText: パッケージ署名にエラー 0x%1!8.8X! "%2!s!"。 このエラーは、ManagedHelper.SignDocument メソッドが失敗した場合に発生します。

DTS_E_SORTBADTHREADCOUNT

MessageId: DTS_E_SORTBADTHREADCOUNT MessageText: MaxThreads は %1!ld!であり、CPU の数を既定値にするには 1 ~ %2!ld!、包括値は -1 にする必要があります。

DTS_E_SORTCANTCOMPARE

MessageId: DTS_E_SORTCANTCOMPARE MessageText: 並べ替え変換で行 %1!d! を比較できませんでした バッファー ID %4!d! の 行 %3!d! と 比較できませんでした。

DTS_E_SORTCANTCREATEEVENT

MessageId: DTS_E_SORTCANTCREATEEVENT MessageText: 並べ替え変換では、ワーカー スレッドと通信するイベントを作成できません。 並べ替え変換に使用できるシステム ハンドルが不足しています。

DTS_E_SORTCANTCREATETHREAD

MessageId: DTS_E_SORTCANTCREATETHREAD MessageText: 並べ替え変換ではワーカー スレッドを作成できません。 並べ替え変換に使用できるメモリが不足しています。

DTS_E_SORTDUPLICATEKEYWEIGHT

MessageId: DTS_E_SORTDUPLICATEKEYWEIGHT MessageText: 両方の列 "%1!s!"(%2!d!)列 "%3!s!"(%4!d!)は、並べ替えキーの重み %5!d! でマークされました。

DTS_E_SORTEDOUTPUTHASINVALIDSORTKEYPOSITION

MessageId: DTS_E_SORTEDOUTPUTHASINVALIDSORTKEYPOSITION MessageText: "%1!s!" には 0 以外の SortKeyPosition がありますが、その値 (%2!ld!) が大きすぎます。 値は、列数以下である必要があります。

DTS_E_SORTEDOUTPUTHASINVALIDSORTKEYPOSITIONS

MessageId: DTS_E_SORTEDOUTPUTHASINVALIDSORTKEYPOSITIONS MessageText: %1!s! の IsSorted プロパティ は TRUE に設定されていますが、0 以外の出力列 SortKeyPositions の絶対値は、1 から始まる単調に増加するシーケンスを形成しません。

DTS_E_SORTNEEDSONEKEY

MessageId: DTS_E_SORTNEEDSONEKEY MessageText: 少なくとも 1 つの入力列を並べ替えキーとしてマークする必要がありますが、キーが見つかりませんでした。

DTS_E_SORTSTACKOVERFLOW

MessageId: DTS_E_SORTSTACKOVERFLOW MessageText: 受信バッファーの並べ替え中にスタック オーバーフローが発生したため、並べ替えが失敗しました。 データ フロー タスクの DefaultBufferMaxRows プロパティを小さくしてください。

DTS_E_SORTTHREADSTOPPED

MessageId: DTS_E_SORTTHREADSTOPPED MessageText: 並べ替え変換のワーカー スレッドがエラー コード 0x%1!8.8X! で停止しました。 バッファーの並べ替え中に致命的なエラーが発生しました。

DTS_E_SOURCETABLENAMENOTPROVIDED

MessageId: DTS_E_SOURCETABLENAMENOTPROVIDED MessageText: ソース テーブル名が指定されていません。

DTS_E_SPLITEXPRESSIONNOTBOOLEAN

MessageId: DTS_E_SPLITEXPRESSIONNOTBOOLEAN MessageText: 式 "%1!s!" はブール型ではありません。 この式の結果は、ブール型になる必要があります。

DTS_E_SQLCEDESTDATATYPENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_SQLCEDESTDATATYPENOTSUPPORTED MessageText: 列 "%2!s!" で見つかったデータ型 "%1!s!" は、%3!s! ではサポートされていません。

DTS_E_SQLCEDESTSTATIC_FAILEDTOINSERT

MessageId: DTS_E_SQLCEDESTSTATIC_FAILEDTOINSERT MessageText: SQLCE 変換先で行を挿入できませんでした。

DTS_E_SQLCEDESTSTATIC_FAILEDTOSETVALUES

MessageId: DTS_E_SQLCEDESTSTATIC_FAILEDTOSETVALUES MessageText: SQLCE 変換先で行の列値を設定できませんでした。

DTS_E_SQLPERSISTENCEVERSION

MessageId: DTS_E_SQLPERSISTENCEVERSION MessageText: SQL Serverにパッケージを格納または変更するには、SSIS ランタイムとデータベースが同じバージョンである必要があります。 古いバージョンのパッケージの格納はサポートされていません。

DTS_E_SQLPROFILERDLL_ONLY_X86

MessageId: DTS_E_SQLPROFILERDLL_ONLY_X86 MessageText: SQL Server Profilerのログ プロバイダーは、32 ビット システムでのみサポートされているため、pfclnt.dllを読み込めませんでした。

DTS_E_SQLTASK_CANNOTACQUIRECONNMANAGER

MessageId: DTS_E_SQLTASK_CANNOTACQUIRECONNMANAGER MessageText: 接続マネージャーから接続を取得できません。

DTS_E_SQLTASK_CANNOTLOCATECONNMANAGER

MessageId: DTS_E_SQLTASK_CANNOTLOCATECONNMANAGER MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" は存在しません。

DTS_E_SQLTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE

MessageId: DTS_E_SQLTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE MessageText: 接続 "%1!s!" はファイル接続マネージャーではありません。

DTS_E_SQLTASK_DATETRUNCATION

MessageId: DTS_E_SQLTASK_DATETRUNCATION MessageText: パラメーター "%1!d!"でデータが切り捨てられる可能性があります。 切り捨てを防ぐには、出力パラメーターの datetime 変数の代わりに文字列変数を使用します。

DTS_E_SQLTASK_ERRORASSIGINGVALUETOVAR

MessageId: DTS_E_SQLTASK_ERRORASSIGINGVALUETOVAR MessageText: 変数 "%1!s!": "%2!s!"" に値を割り当て中にエラーが発生しました。

DTS_E_SQLTASK_ERROREXECUTINGTHEQUERY

MessageId: DTS_E_SQLTASK_ERROREXECUTINGTHEQUERY MessageText: クエリ "%1!s!" の実行が失敗し、"%2!s!"" というエラーが発生しました。 考えられるエラーの理由: クエリに問題がある、"ResultSet" プロパティが正しく設定されていない、パラメーターが正しく設定されていない、または接続が正しく確立されていない。

DTS_E_SQLTASK_FAILEDTOACQUIRECONNECTION

MessageId: DTS_E_SQLTASK_FAILEDTOACQUIRECONNECTION MessageText: 接続 "%1!s!"を取得できませんでした。 接続が正しく構成されていないか、この接続に必要な権限が不足している可能性があります。

DTS_E_SQLTASK_FILEDOESNOTEXIST

MessageId: DTS_E_SQLTASK_FILEDOESNOTEXIST MessageText: "%1!s!" で表されるファイルは存在しません。

DTS_E_SQLTASK_INDESNOTINCOLLECTION

MessageId: DTS_E_SQLTASK_INDESNOTINCOLLECTION MessageText: インデックスはこのコレクションに割り当てません。

DTS_E_SQLTASK_INVALIDEPARAMDIRECTIONFALG

MessageId: DTS_E_SQLTASK_INVALIDEPARAMDIRECTIONFALG MessageText: パラメーターの方向フラグが無効です。

DTS_E_SQLTASK_INVALIDNUMOFRESULTBINDINGS

MessageId: DTS_E_SQLTASK_INVALIDNUMOFRESULTBINDINGS MessageText: ResultSetType に返される結果バインディングの数が無効です:"%1!s!"。

DTS_E_SQLTASK_INVALIDPARAMETERNAME

MessageId: DTS_E_SQLTASK_INVALIDPARAMETERNAME MessageText: パラメーター名が無効です。

DTS_E_SQLTASK_MULTIPLERETURNVALUEPARAM

MessageId: DTS_E_SQLTASK_MULTIPLERETURNVALUEPARAM MessageText: 型戻り値を持つパラメーターが最初のパラメーターではないか、戻り値型のパラメーターが複数あります。

DTS_E_SQLTASK_NOCONNECTIONMANAGER

MessageId: DTS_E_SQLTASK_NOCONNECTIONMANAGER MessageText: 接続マネージャーは指定されません。

DTS_E_SQLTASK_NOHANDLERFORCONNECTION

MessageId: DTS_E_SQLTASK_NOHANDLERFORCONNECTION MessageText: 指定した接続の種類のハンドラーを見つけることができません。

DTS_E_SQLTASK_NOSQLTASKDATAINXMLFRAGMENT

MessageId: DTS_E_SQLTASK_NOSQLTASKDATAINXMLFRAGMENT MessageText: XML フラグメントに SQL タスク データが含まれていません。

DTS_E_SQLTASK_NOSTATEMENTSPECIFIED

MessageId: DTS_E_SQLTASK_NOSTATEMENTSPECIFIED MessageText: Transact-SQL ステートメントが指定されていません。

DTS_E_SQLTASK_NOXMLSUPPORT

MessageId: DTS_E_SQLTASK_NOXMLSUPPORT MessageText: 接続は XML 結果セットをサポートしていません。

DTS_E_SQLTASK_NULLPARAMETERNAME

MessageId: DTS_E_SQLTASK_NULLPARAMETERNAME MessageText: null パラメーター名を持つことはできません。

DTS_E_SQLTASK_OBJECTNOTINCOLLECTION

MessageId: DTS_E_SQLTASK_OBJECTNOTINCOLLECTION MessageText: オブジェクトがこのコレクションに存在しません。

DTS_E_SQLTASK_ODBCNOSUPPORTTRANSACTION

MessageId: DTS_E_SQLTASK_ODBCNOSUPPORTTRANSACTION MessageText: タスクには "必須" のトランザクション オプションがあり、接続 "%1!s!" は "ODBC" 型です。 ODBC 接続では、トランザクションはサポートされません。

DTS_E_SQLTASK_PARAMSIZEERROR

MessageId: DTS_E_SQLTASK_PARAMSIZEERROR MessageText: パラメーター "%1!s!" を負にすることはできません。 (-1) が既定値として使用されます。

DTS_E_SQLTASK_READONLYVARIABLE

MessageId: DTS_E_SQLTASK_READONLYVARIABLE MessageText: 変数 "%1!s!" は読み取り専用であるため、結果バインディングでは使用できません。

DTS_E_SQLTASK_RESULTBINDTYPEFORROWSETXML

MessageId: DTS_E_SQLTASK_RESULTBINDTYPEFORROWSETXML MessageText: 完全な結果セットと XML 結果の場合は、結果バインド名を 0 に設定する必要があります。

DTS_E_SQLTASK_RESULTBYNAMENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_SQLTASK_RESULTBYNAMENOTSUPPORTED MessageText: 名前 "%1!s!" による結果バインドは、この接続の種類ではサポートされていません。

DTS_E_SQLTASK_ROVARINOUTPARAMETER

MessageId: DTS_E_SQLTASK_ROVARINOUTPARAMETER MessageText: 変数 "%1!s!" は、読み取り専用であるため、パラメーター バインドで "out" パラメーターまたは戻り値として使用できません。

DTS_E_SQLTASK_TYPECONVERSIONERROR

MessageId: DTS_E_SQLTASK_TYPECONVERSIONERROR MessageText: 型変換エラーが発生しました: "%1!s!"

DTS_E_SQLTASK_TYPEISNOTCONVERTABLE

MessageId: DTS_E_SQLTASK_TYPEISNOTCONVERTABLE MessageText: 値の型 (%1!s!) は、Object 型の変数にのみ変換できます。

DTS_E_SQLTASK_UNABLETOACQUIREMANAGEDCONN

MessageId: DTS_E_SQLTASK_UNABLETOACQUIREMANAGEDCONN MessageText: マネージド接続を取得できません。

DTS_E_SQLTASK_VALIDPARAMETERTYPES

MessageId: DTS_E_SQLTASK_VALIDPARAMETERTYPES MessageText: 有効なパラメーター名は Int 型または String 型です。

DTS_E_SQLTASK_VARIABLENOTFOUND

MessageId: DTS_E_SQLTASK_VARIABLENOTFOUND MessageText: 変数 "%1!s!" が存在しないか、ロックできませんでした。

DTS_E_SQLTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRING

MessageId: DTS_E_SQLTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRING MessageText: 変数 "%1!s!" の型が文字列ではありません。

DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_CANT_LOAD_XML

MessageId: DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_CANT_LOAD_XML MessageText: クエリ結果を含む XML を読み込めません。

DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_NO_DISCONNECTED_RS

MessageId: DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_NO_DISCONNECTED_RS MessageText: Transact-SQL ステートメントで使用できる切断レコード セットはありません。

DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_NO_ROWS

MessageId: DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_NO_ROWS MessageText: 1 行の結果セット型が指定されていますが、行は返されませんでした。

DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_NOROWSET

MessageId: DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_NOROWSET MessageText: このクエリの実行に結果行セットは関連付けされません。

DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_ODBC_DISCONNECTED

MessageId: DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_ODBC_DISCONNECTED MessageText: 切断されたレコードセットは ODBC 接続からは使用できません。

DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_PARAM_DIR

MessageId: DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_PARAM_DIR MessageText: パラメーター バインド "%s" のパラメーター方向が無効です。

DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_PARAM_NAME_MIX

MessageId: DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_PARAM_NAME_MIX MessageText: パラメーター名は、序数型と名前付き型の組み合わせにすることはできません。

DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_RESULT_COL_INDEX

MessageId: DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_RESULT_COL_INDEX MessageText: 結果列インデックス %d が無効です。

DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_RESULT_DATA_TYPE

MessageId: DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_RESULT_DATA_TYPE MessageText: 結果セット バインド "%s" のデータ型はサポートされていません。

DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_RESULT_SET_DATA_TYPE

MessageId: DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_RESULT_SET_DATA_TYPE MessageText: 結果セットのデータ型 (列 %hd) はサポートされていません。

DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_UNKNOWN_RESULT_COL

MessageId: DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_UNKNOWN_RESULT_COL MessageText: 結果セットに列 "%s" が見つかりません。

DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_UNKNOWN_TYPE

MessageId: DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_UNKNOWN_TYPE MessageText: 不明な型。

DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_UNSUPPORTED_TYPE

MessageId: DTS_E_SQLTASKCONN_ERR_UNSUPPORTED_TYPE MessageText: サポートされていない型。

DTS_E_SQLTASKOUTPUTENCODINGNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_SQLTASKOUTPUTENCODINGNOTSUPPORTED MessageText: プロバイダーが OUTPUTENCODING プロパティをサポートしていないため、SQL Serverから Unicode として XML データを取得できません。

DTS_E_SSISSTANDALONENOTINSTALLED

MessageId: DTS_E_SSISSTANDALONENOTINSTALLED MessageText: SQL Server Data Toolsの外部で SSIS パッケージを実行するには、%1!s! をインストールする必要があります。 の統合サービス以上のデータを使用できます。

DTS_E_STOREDPROCSTASK_EMPTYSOURCELIST

MessageId: DTS_E_STOREDPROCSTASK_EMPTYSOURCELIST MessageText: 転送するストアド プロシージャはありません。

DTS_E_STOREDPROCSTASK_ERRORSTOREDPROCEDUREEXISTS

MessageId: DTS_E_STOREDPROCSTASK_ERRORSTOREDPROCEDUREEXISTS MessageText: ストアド プロシージャ "%1!s!" は、移行先サーバーに既に存在します。

DTS_E_STOREDPROCSTASK_FAILEDTOTRANSFERSPS

MessageId: DTS_E_STOREDPROCSTASK_FAILEDTOTRANSFERSPS MessageText: ストアド プロシージャを転送できませんでした。 詳細な情報を示すエラーが発生している場合があります。

DTS_E_STOREDPROCSTASK_OVERWRITINGSPATDESTINATION

MessageId: DTS_E_STOREDPROCSTASK_OVERWRITINGSPATDESTINATION MessageText: コピー先でストアド プロシージャ "%1!s!" を上書きします。

DTS_E_STOREDPROCSTASK_STOREDPROCNOTFOUND

MessageId: DTS_E_STOREDPROCSTASK_STOREDPROCNOTFOUND MessageText: ストアド プロシージャ "%1!s!" がソースに見つかりません。

DTS_E_STRINGCONVERSIONTOOLONG

MessageId: DTS_E_STRINGCONVERSIONTOOLONG MessageText: 文字列が長すぎて変換できませんでした。

DTS_E_SYNCHRONOUSIDMISMATCH

MessageId: DTS_E_SYNCHRONOUSIDMISMATCH MessageText: "%1!s!" の SynchronousInputID プロパティは %2!d!、%3!d! 必要でした。

DTS_E_TASKEXECUTEFAILED

MessageId: DTS_E_TASKEXECUTEFAILED MessageText: タスクの Execute メソッドからエラー コード 0x%1!8.8X が返されました。 (%2!s!)。 タスクの Execute メソッドは成功し、"out" パラメーターを使用して結果が示される必要があります。

DTS_E_TASKISEMPTY

MessageId: DTS_E_TASKISEMPTY MessageText: タスクの読み込みに失敗しました。 このタスクの連絡先情報は "%1!s!" です。

DTS_E_TASKPRODUCTLEVEL

MessageId: DTS_E_TASKPRODUCTLEVEL MessageText: タスク "%1!s!" は、インストールされている Integration Services のエディションでは実行できません。 %2!s! 必要です。

DTS_E_TASKVALIDATIONERROR

MessageId: DTS_E_TASKVALIDATIONERROR MessageText: タスクの検証中にエラーが発生しました。

DTS_E_TASKVALIDATIONFAILED

MessageId: DTS_E_TASKVALIDATIONFAILED MessageText: タスクの Validate メソッドが失敗し、エラー コード 0x%1!8.8X! (%2!s!)。 タスクの Validate メソッドが成功し、"out" パラメーターを使用して結果が示される必要があります。

DTS_E_TERADATAODBCDRIVERNOTFOUND

MessageId: DTS_E_TERADATAODBCDRIVERNOTFOUND MessageText: Teradata ドライバー %1!s! がインストールされていません。

DTS_E_TERMEXTRACTION_ADDWORDTODECODER

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_ADDWORDTODECODER MessageText: 統計デコーダーに単語を追加中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_COUNTTERM

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_COUNTTERM MessageText: 用語候補のカウント中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_DECODE

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_DECODE MessageText: 文のデコード中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_EMPTYTERMRESULTERROR

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_EMPTYTERMRESULTERROR MessageText: 用語のキャッシュに使用されるバッファーの再利用中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_EXCEED_MAXWORDNUM

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_EXCEED_MAXWORDNUM MessageText: 用語抽出変換では、入力テキストの文が長すぎるため、入力テキストを処理できません。 対象の文は、複数の文に分割されます。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTDATATYPEOFINPUTCOLUMN

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTDATATYPEOFINPUTCOLUMN MessageText: 入力列には、データ型としてDT_WSTRまたはDT_NTEXTのみを含めることができます。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTDATATYPEOFOUTPUTCOLUMN

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTDATATYPEOFOUTPUTCOLUMN MessageText: 出力列 [%1!d!] '%2!s!' のみを持つことができます をデータ型として使用します。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTDATATYPEOFREFERENCECOLUMN

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTDATATYPEOFREFERENCECOLUMN MessageText: 参照列には、データ型としてDT_STRまたはDT_WSTRのみを含めることができます。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTEXACTNUMBEROFINPUTCOLUMNS

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTEXACTNUMBEROFINPUTCOLUMNS MessageText: 入力列は 1 つだけです。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTEXACTNUMBEROFOUTPUTCOLUMNS

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTEXACTNUMBEROFOUTPUTCOLUMNS MessageText: 2 つの出力列が必要です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTFREQUENCYTHRESHOLD

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTFREQUENCYTHRESHOLD MessageText: 頻度しきい値の値を '%1!d!' より小さくしないでください。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTMAXLENOFTERM

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTMAXLENOFTERM MessageText: 用語の最大長の値を '%1!d!' より小さくすることはできません。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTSCORETYPE

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTSCORETYPE MessageText: 変換のスコアの種類は、頻度または TFIDF のみです。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTTERMTYPE

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INCORRECTTERMTYPE MessageText: 変換の用語型は、WordOnly、PhraseOnly、または WordPhrase のみです。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INITFSA

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INITFSA MessageText: 有限状態オートマトンの読み込み中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INITIALIZE

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INITIALIZE MessageText: 用語抽出のエンジンの初期化中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INITPOSPROCESSOR

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INITPOSPROCESSOR MessageText: 音声部分プロセッサの初期化中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INITPOSTAGVECTOR

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INITPOSTAGVECTOR MessageText: 音声部分プロセッサの初期化中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_INVALIDOUTTERMTABLEORCOLUMN

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_INVALIDOUTTERMTABLEORCOLUMN MessageText: 除外条件に使用される参照テーブル、ビュー、または列が無効です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_MAINWORKSPACE_CREATEERR

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_MAINWORKSPACE_CREATEERR MessageText: ワークスペース バッファーの作成時にエラーが発生しました。

DTS_E_TERMEXTRACTION_MALLOCERR_REFERENCECOLUMNINFO

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_MALLOCERR_REFERENCECOLUMNINFO MessageText: メモリの割り当て中にエラーが発生しました。

DTS_E_TERMEXTRACTION_OLEDBERR_CREATEBINDING

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_OLEDBERR_CREATEBINDING MessageText: バインドの作成中に OLEDB エラーが発生しました。

DTS_E_TERMEXTRACTION_OLEDBERR_FILLBUFFER

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_OLEDBERR_FILLBUFFER MessageText: 内部キャッシュの設定中に OLEDB エラーが発生しました。

DTS_E_TERMEXTRACTION_OLEDBERR_GETIROWSET

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_OLEDBERR_GETIROWSET MessageText: 行セットのフェッチ中に OLEDB エラーが発生しました。

DTS_E_TERMEXTRACTION_OUTTERMTABLEANDCOLUMNNOTSET

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_OUTTERMTABLEANDCOLUMNNOTSET MessageText: 除外条件に使用する参照テーブル、ビュー、または列が設定されていません。

DTS_E_TERMEXTRACTION_PROCESSDOCUMENT

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_PROCESSDOCUMENT MessageText: 入力内のドキュメントの処理中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_PROCESSERR

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_PROCESSERR MessageText: 行 %1!ld!、列 %2!ld! で用語を抽出中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%3!8.8X! です。 回避策として、入力からこの用語を削除してください。

DTS_E_TERMEXTRACTION_PROCESSSENTENCE

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_PROCESSSENTENCE MessageText: 文内での処理中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_SAVEPOSTAG

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_SAVEPOSTAG MessageText: 内部バッファーから音声部分タグを保存中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_SAVEPTRSTRING

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_SAVEPTRSTRING MessageText: 内部バッファーへの文字列の追加中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_SETEXCLUDEDTERM

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_SETEXCLUDEDTERM MessageText: 除外条件の設定中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMEXTRACTION_STDLENGTHERROR

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_STDLENGTHERROR MessageText: STL コンテナーから std::length_error が発生しました。

DTS_E_TERMEXTRACTION_TERMFILTERSTARTITERATIONERROR

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_TERMFILTERSTARTITERATIONERROR MessageText: 用語フィルターのイテレーションの開始時にエラーが発生しました。

DTS_E_TERMEXTRACTION_TOOFEWREFERENCECOLUMNS

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_TOOFEWREFERENCECOLUMNS MessageText: 用語抽出参照メタデータに含まれる列が少なすぎます。

DTS_E_TERMEXTRACTION_UNABLETOLOCATEREFCOLUMN

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTION_UNABLETOLOCATEREFCOLUMN MessageText: 参照列 '%1!s!' の検索中にエラーが発生しました。

DTS_E_TERMEXTRACTIONORLOOKUP_NTEXTSPLITED

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTIONORLOOKUP_NTEXTSPLITED MessageText: 文の終了境界を見つけることができません。

DTS_E_TERMEXTRACTIONORLOOKUP_PROCESSERR_DEPOSITFULL

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTIONORLOOKUP_PROCESSERR_DEPOSITFULL MessageText: 用語候補の数が制限である 4G を超えています。

DTS_E_TERMEXTRACTIONORLOOKUP_TESTOFFSETERROR

MessageId: DTS_E_TERMEXTRACTIONORLOOKUP_TESTOFFSETERROR MessageText: 単語の正規化中にエラーが発生しました。

DTS_E_TERMLOOKUP_ADDREFERENCETERM

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_ADDREFERENCETERM MessageText: %1!ld!th 参照用語の処理中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%2!8.8X! です。 回避策として、その参照用語を参照テーブルから削除してください。

DTS_E_TERMLOOKUP_COUNTTERM

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_COUNTTERM MessageText: 用語候補のカウント中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMLOOKUP_ENGINEADDREFERENCETERM

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_ENGINEADDREFERENCETERM MessageText: 参照用語の設定中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMLOOKUP_INCORRECTDATATYPEOFREFERENCECOLUMN

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_INCORRECTDATATYPEOFREFERENCECOLUMN MessageText: 参照列には、データ型としてDT_STRまたはDT_WSTRのみを含めることができます。

DTS_E_TERMLOOKUP_INCORRECTEXACTNUMBEROFTEXTCOLUMNS

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_INCORRECTEXACTNUMBEROFTEXTCOLUMNS MessageText: 1 つの参照列に 1 つの入力列がマップされている必要があります。

DTS_E_TERMLOOKUP_INITIALIZE

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_INITIALIZE MessageText: 用語参照のエンジンの初期化中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMLOOKUP_INVALIDREFERENCETERMTABLEORCOLUMN

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_INVALIDREFERENCETERMTABLEORCOLUMN MessageText: 参照用語に使用される参照テーブル/ビューまたは列が無効です。

DTS_E_TERMLOOKUP_MAINWORKSPACE_CREATEERR

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_MAINWORKSPACE_CREATEERR MessageText: ワークスペース バッファーの作成時にエラーが発生しました。

DTS_E_TERMLOOKUP_OLEDBERR_CREATEBINDING

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_OLEDBERR_CREATEBINDING MessageText: バインドの作成中に OLEDB エラーが発生しました。

DTS_E_TERMLOOKUP_OLEDBERR_FILLBUFFER

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_OLEDBERR_FILLBUFFER MessageText: 内部キャッシュの設定中に OLEDB エラーが発生しました。

DTS_E_TERMLOOKUP_OLEDBERR_GETIROWSET

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_OLEDBERR_GETIROWSET MessageText: 行セットのフェッチ中に OLEDB エラーが発生しました。

DTS_E_TERMLOOKUP_PROCESSDOCUMENT

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_PROCESSDOCUMENT MessageText: 入力内のドキュメントの処理中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMLOOKUP_PROCESSERR

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_PROCESSERR MessageText: 行 %1!ld!、列 %2!ld! で用語を検索中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%3!8.8X! です。 回避策として、入力からこの用語を削除してください。

DTS_E_TERMLOOKUP_PROCESSSENTENCE

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_PROCESSSENTENCE MessageText: 文の処理中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMLOOKUP_REFERENCETERMTABLEANDCOLUMNNOTSET

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_REFERENCETERMTABLEANDCOLUMNNOTSET MessageText: 参照用語に使用される参照テーブル/ビューまたは列が設定されていません。

DTS_E_TERMLOOKUP_SAVEWORDWITHPUNCTERROR

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_SAVEWORDWITHPUNCTERROR MessageText: 句読点文字を含む単語を保存中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMLOOKUP_SORREFERENCETERM

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_SORREFERENCETERM MessageText: 参照用語の並べ替え中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TERMLOOKUP_TEXTIDINPUTCOLUMNNOTMAPPEDWITHOUTPUTCOLUMN

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_TEXTIDINPUTCOLUMNNOTMAPPEDWITHOUTPUTCOLUMN MessageText: 少なくとも 1 つのパススルー列が出力列にマップされていません。

DTS_E_TERMLOOKUP_TEXTINPUTCOLUMNHAVEINCORRECTDATATYPE

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_TEXTINPUTCOLUMNHAVEINCORRECTDATATYPE MessageText: 参照列にマップされる入力列は、データ型としてDT_NTXTまたはDT_WSTRのみを持つことができます。

DTS_E_TERMLOOKUP_TOOFEWOUTPUTCOLUMNS

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_TOOFEWOUTPUTCOLUMNS MessageText: Term Lookup に含まれる出力列が少なすぎます。

DTS_E_TERMLOOKUP_TOOFEWREFERENCECOLUMNS

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_TOOFEWREFERENCECOLUMNS MessageText: 用語参照参照メタデータに含まれる列が少なすぎます。

DTS_E_TERMLOOKUP_UNABLETOLOCATEREFCOLUMN

MessageId: DTS_E_TERMLOOKUP_UNABLETOLOCATEREFCOLUMN MessageText: 参照列 '%1!s!' の検索中にエラーが発生しました。

DTS_E_TEXTDATATYPENOTSUPPORTEDWITHUNICODEFILES

MessageId: DTS_E_TEXTDATATYPENOTSUPPORTEDWITHUNICODEFILES MessageText: "%1!s!" のデータ型がDT_TEXTされており、Unicode ファイルではサポートされていません。 代わりに、DT_NTEXT 型を使用し、データ変換コンポーネントでデータを DT_TEXT 型に変換してください。

DTS_E_TEXTMININGBASE_APPENDTOTEMPBUFFER

MessageId: DTS_E_TEXTMININGBASE_APPENDTOTEMPBUFFER MessageText: 内部バッファーへの文字列の追加中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TEXTMININGBASE_TESTPERIOD

MessageId: DTS_E_TEXTMININGBASE_TESTPERIOD MessageText: ドットが頭字語の一部であるかどうかをテスト中にエラーが発生しました。 返されたエラー コードは 0x%1!8.8X! です。

DTS_E_TEXTQUALIFIERNOTFOUND

MessageId: DTS_E_TEXTQUALIFIERNOTFOUND MessageText: 列 "%1!s!" のテキスト修飾子が見つかりません。

DTS_E_THREADCANCELLED

SSIS エラー コード DTS_E_THREADCANCELLED。 スレッド "%1" はシャットダウンの通知を受け取ったので終了処理中です。 ユーザーがシャットダウンを要求したか、別のスレッド内でエラーが発生したため、パイプラインがシャットダウンされます。 このエラーの前に、スレッドが取り消された理由の詳細が記載されたエラー メッセージが報告されている可能性があります。

DTS_E_THREADCOUNTOUTOFRANGE

MessageId: DTS_E_THREADCOUNTOUTOFRANGE MessageText: %3!d! を割り当てませんでした 割り当てることができませんでした。 %1!d! ~ %2!d! の値を 指定する必要があります。

DTS_E_THREADFAILED

MessageId: DTS_E_THREADFAILED MessageText: SSIS エラー コード DTS_E_THREADFAILED。 スレッド "%1!s!" がエラー コード 0x%2!8.8X! で終了しました。 このエラーの前に、スレッドが終了した理由の詳細が記載されたエラー メッセージが報告されている可能性があります。

DTS_E_THREADFAILEDCREATE

MessageId: DTS_E_THREADFAILEDCREATE MessageText: Data Flow タスクが必要なスレッドの作成に失敗し、実行を開始できません。 このエラーは、通常、メモリが不足しているときに発生します。

DTS_E_THREADFAILEDINITIALIZE

MessageId: DTS_E_THREADFAILEDINITIALIZE MessageText: Data Flow タスクは必要なスレッドを初期化できず、実行を開始できません。 スレッドから、具体的なエラーが以前に報告されています。

DTS_E_THREADSTARTUPFAILED

MessageId: DTS_E_THREADSTARTUPFAILED MessageText: Data Flow タスク エンジンは、1 つ以上の必要なスレッドを作成できないため、起動時に失敗しました。

DTS_E_TIMEGENCANTCONFIGURE

MessageId: DTS_E_TIMEGENCANTCONFIGURE MessageText: Microsoft.AnalysisServices.TimeDimGenerator を構成できません。

DTS_E_TIMEGENCANTCONVERT

MessageId: DTS_E_TIMEGENCANTCONVERT MessageText: 列 %1!d! のサポートされていないデータ型。

DTS_E_TIMEGENCANTCREATE

MessageId: DTS_E_TIMEGENCANTCREATE MessageText: Microsoft.AnalysisServices.TimeDimGenerator.TimeDimGenerator を作成できません。

DTS_E_TIMEGENCANTREAD

MessageId: DTS_E_TIMEGENCANTREAD MessageText: Microsoft.AnalysisServices.TimeDimGenerator からの読み取り試行がエラー コード 0x%1!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_TIMEGENCANTREADCOLUMN

MessageId: DTS_E_TIMEGENCANTREADCOLUMN MessageText: Microsoft.AnalysisServices.TimeDimGenerator から列 "%2!d!" データを読み取ろうとしたときに、エラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_TIMEOUT

MessageId: DTS_E_TIMEOUT MessageText: 要求がタイムアウトしました。このエラーは、指定されたタイムアウトが短すぎた場合、またはサーバーまたはプロキシへの接続が確立できない場合に発生する可能性があります。 サーバーとプロキシの URL が正しいことを確認してください。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_CREATECHILDPKGFAILED

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_CREATECHILDPKGFAILED MessageText: エラー 0x%1!8.8X!. 空の子パッケージのインスタンスを作成できませんでした。 分散コンポーネント オブジェクト モデル (DCOM) 構成または SQL Server Integration Services のインストールがコンピューターで破損している可能性があります。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_DOMDOCUMENTFAILED

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_DOMDOCUMENTFAILED MessageText: エラー 0x%1!8.8X!. ドキュメント オブジェクト モデルから XML ドキュメントを取得できませんでした。 パッケージ データまたは DOM のインストールが破損している可能性があります。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_DOMPROPFAILED

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_DOMPROPFAILED MessageText: エラー 0x%1!8.8X!. XML ドキュメント オブジェクト モデル オブジェクトにプロパティを設定できませんでした。 DOM のインストールが破損している可能性があります。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_FILEACCESSERROR

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_FILEACCESSERROR MessageText: エラー 0x%1!8.8X!. パッケージ ファイル "%2!s!"にアクセスできません。 ファイルが存在し、ファイルにアクセスするためのアクセス許可があることを確認します。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_INCORRECTCONNECTIONMANAGERTYPE

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_INCORRECTCONNECTIONMANAGERTYPE MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" には、サポートされていない型 "%2!s!"" があります。 ファイル接続マネージャーおよび OLE DB 接続マネージャーのみがサポートされています。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_NOPROJECTREFERENCE

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_NOPROJECTREFERENCE MessageText: 参照するプロジェクトはありません。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_PACKAGENOTEXIST

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_PACKAGENOTEXIST MessageText: プロジェクト内の指定したパッケージを見つけることができません。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_REQUIREDPARAMETERNOTSPECIFIED

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_REQUIREDPARAMETERNOTSPECIFIED MessageText: 1 つ以上の必須パラメーターに値が割り当てまれていません。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_REQUIRESENSITIVEPARAMETER

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_REQUIRESENSITIVEPARAMETER MessageText: 子パッケージ パラメーター "%2!s!" にバインドされた変数 "%1!s!" には、機密性の高い値が含まれています。 子パッケージ パラメーターは機密ではありません。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_SERVERNAMEFAILED

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_SERVERNAMEFAILED MessageText: エラー 0x%1!8.8X!. サーバー名を取得できませんでした。 タスクでサーバー名プロパティが正しく指定されていることを確認します。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_SQLLOADFAILED

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_SQLLOADFAILED MessageText: エラー 0x%1!8.8X!. パッケージ "%2!s!" を SQL Server "%3!s!" から読み込めませんでした。 パッケージがSQL Serverのインスタンスに存在し、それにアクセスするための正しい資格情報があることを確認します。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNABLETOLOAD

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNABLETOLOAD MessageText: エラー 0x%1!8.8X! がパッケージの読み込みを準備中に発生しました。 %2!s!.

DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNABLETOLOADFILE

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNABLETOLOADFILE MessageText: エラー 0x%1!8.8X! パッケージ ファイル "%3!s!"の読み込み中。 %2!s!.

DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNABLETOLOADXML

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNABLETOLOADXML MessageText: エラー 0x%1!8.8X! パッケージ ファイル "%3!s!" を XML ドキュメントに読み込んでいます。 %2!s!.

DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNSPECIFIEDCONNECTION

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNSPECIFIEDCONNECTION MessageText: 接続が指定されていません。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNSPECIFIEDPACKAGE

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_UNSPECIFIEDPACKAGE MessageText: パッケージが指定されていません。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_USERNAMEFAILED

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_USERNAMEFAILED MessageText: エラー 0x%1!8.8X!. ユーザー名を取得できませんでした。 ユーザー名プロパティがタスクで正しく指定されていることを確認します。

DTS_E_TKEXECPACKAGE_VARIABLENOTFOUND

MessageId: DTS_E_TKEXECPACKAGE_VARIABLENOTFOUND MessageText: 変数またはパラメーター "%1!s!" を見つけることができませんでした。

DTS_E_TOEXECISNOTCHILD

MessageId: DTS_E_TOEXECISNOTCHILD MessageText: 優先順位制約を追加する場合、指定された To 実行可能ファイルはこのコンテナーの子ではありません。

DTS_E_TOTALINPUTCOLSCANNOTBEZERO

MessageId: DTS_E_TOTALINPUTCOLSCANNOTBEZERO MessageText: 入力列が見つかりません。 少なくとも 1 つの入力列を出力列にマップする必要があります。

DTS_E_TRANSACTION

MessageId: DTS_E_TRANSACTION MessageText: トランザクション エラーが発生しました。 詳細については、以前のエラー メッセージを参照してください。

DTS_E_TRANSACTIONENLISTNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_TRANSACTIONENLISTNOTSUPPORTED MessageText: 接続では、分散トランザクションへの参加はサポートされていません。

DTS_E_TRANSFERDBTASK_FILENAMEREQUIRED

MessageId: DTS_E_TRANSFERDBTASK_FILENAMEREQUIRED MessageText: 転送ファイル情報 %1!s! ファイル名がありません。

DTS_E_TRANSFERDBTASK_FOLDERREQUIRED

MessageId: DTS_E_TRANSFERDBTASK_FOLDERREQUIRED MessageText: 転送ファイル情報 %1!s! フォルダー部分がありません。

DTS_E_TRANSFERDBTASK_FTCATALOGSOFFLINEYUKONONLY

MessageId: DTS_E_TRANSFERDBTASK_FTCATALOGSOFFLINEYUKONONLY MessageText: フルテキスト カタログは、2 SQL Server 2005 サーバー間でオフライン データベース転送を実行する場合にのみ含めることができます。

DTS_E_TRANSFERDBTASK_MUSTHAVESOURCEFILES

MessageId: DTS_E_TRANSFERDBTASK_MUSTHAVESOURCEFILES MessageText: 少なくとも 1 つのソース ファイルを指定する必要があります。

DTS_E_TRANSFERDBTASK_NETSHAREDOESNOTEXIST

MessageId: DTS_E_TRANSFERDBTASK_NETSHAREDOESNOTEXIST MessageText: ネットワーク共有 "%1!s!" が見つかりませんでした。

DTS_E_TRANSFERDBTASK_NETSHARENOACCESS

MessageId: DTS_E_TRANSFERDBTASK_NETSHARENOACCESS MessageText: ネットワーク共有 "%1!s! にアクセスできませんでした。 エラーは %2!s! です。

DTS_E_TRANSFERDBTASK_NOOVERWRITEDB

MessageId: DTS_E_TRANSFERDBTASK_NOOVERWRITEDB MessageText: データベース "%1!s!" は、移行先サーバー "%2!s!" に既に存在します。

DTS_E_TRANSFERDBTASK_OFFLINEERROR

MessageId: DTS_E_TRANSFERDBTASK_OFFLINEERROR MessageText: オフライン データベース転送中に次の例外が発生しました: %1!s!.

DTS_E_TRANSFERDBTASK_USERMUSTBEDBOORSYSADMIN

MessageId: DTS_E_TRANSFERDBTASK_USERMUSTBEDBOORSYSADMIN MessageText: オンライン データベース転送を実行するには、ユーザー "%1!s!" が DBO または "%2!s!" の sysadmin である必要があります。

DTS_E_TRANSFERDBTASK_USERMUSTBESYSADMIN

MessageId: DTS_E_TRANSFERDBTASK_USERMUSTBESYSADMIN MessageText: オフライン データベース転送を実行するには、ユーザー "%1!s!" が "%2!s!" の sysadmin である必要があります。

DTS_E_TRANSFERDBTASKS_SRCFILENOTFOUND

MessageId: DTS_E_TRANSFERDBTASKS_SRCFILENOTFOUND MessageText: ソース データベース "%2!s!" にファイル "%1!s!" が見つかりませんでした。

DTS_E_TRANSFERSPTASK_ERRORREADINGSPNAMES

MessageId: DTS_E_TRANSFERSPTASK_ERRORREADINGSPNAMES MessageText: xml ファイルからストアド プロシージャ名を読み取る場合にエラーが発生しました。

DTS_E_TRANSFERSPTASK_EXECUTIONFAILED

MessageId: DTS_E_TRANSFERSPTASK_EXECUTIONFAILED MessageText: 実行に失敗し、次のエラー "%1!s!"。

DTS_E_TRANSFERSPTASK_INVALIDDATANODE

MessageId: DTS_E_TRANSFERSPTASK_INVALIDDATANODE MessageText: ストアド プロシージャ転送タスクのデータ ノードが無効です。

DTS_E_TRANSFERTASKS_CONNECTIONNOTFOUND

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_CONNECTIONNOTFOUND MessageText: 接続 "%1!s!" がパッケージで見つかりませんでした。

DTS_E_TRANSFERTASKS_CONNECTIONTYPEISNOTSMOSERVER

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_CONNECTIONTYPEISNOTSMOSERVER MessageText: Connection "%1!s!" は "SMOServer" 型ではありません。

DTS_E_TRANSFERTASKS_DESTCONNECTIONREQUIRED

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_DESTCONNECTIONREQUIRED MessageText: 宛先接続を指定する必要があります。

DTS_E_TRANSFERTASKS_DESTDBREQUIRED

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_DESTDBREQUIRED MessageText: 宛先データベースを指定する必要があります。

DTS_E_TRANSFERTASKS_EXECUTIONFAILED

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_EXECUTIONFAILED MessageText: "%1!s!" というエラーで実行に失敗しました。

DTS_E_TRANSFERTASKS_FILELISTSCOUNTMISMATCH

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_FILELISTSCOUNTMISMATCH MessageText: ソース転送ファイルの数と転送先の転送ファイルの数は同じである必要があります。

DTS_E_TRANSFERTASKS_NETSHAREREQUIRED

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_NETSHAREREQUIRED MessageText: 転送ファイル情報 %1!s! がネットワーク共有パーツがありません。

DTS_E_TRANSFERTASKS_NOTRANSACTIONSUPPORT

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_NOTRANSACTIONSUPPORT MessageText: このタスクはトランザクションに参加できません。

DTS_E_TRANSFERTASKS_OVERLAPFILESET

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_OVERLAPFILESET MessageText: データベース ファイル "%1!s!" は、ソース データベースで既に使用されています。 ソース データベースとコピー先データベースで同じデータベース ファイルを使用することはできません。

DTS_E_TRANSFERTASKS_SERVERVERSIONNOTALLOWED

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_SERVERVERSIONNOTALLOWED MessageText: 接続 "%1!s!" は、転送がサポートされていないバージョンを持つSQL Server インスタンスを指定します。 サポートされているバージョンは、7、2000、および 2005 だけです。

DTS_E_TRANSFERTASKS_SOURCECANTBESAMEASDESTINATION

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_SOURCECANTBESAMEASDESTINATION MessageText: 移行元サーバーを移行先サーバーと同じにすることはできません。

DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCCONNECTIONREQUIRED

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCCONNECTIONREQUIRED MessageText: ソース接続を指定する必要があります。

DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCDBANDDESTDBTHESAME

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCDBANDDESTDBTHESAME MessageText: ソース データベースと宛先データベースを同じにすることはできません。

DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCDBMUSTEXIST

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCDBMUSTEXIST MessageText: ソース データベース "%1!s!" は、ソース サーバー上に存在する必要があります。

DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCDBREQUIRED

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCDBREQUIRED MessageText: ソース データベースを指定する必要があります。

DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCSERVERLESSEQUALDESTSERVER

MessageId: DTS_E_TRANSFERTASKS_SRCSERVERLESSEQUALDESTSERVER MessageText: ソース接続 "%1!s!" では、移行先の接続 "%2!s!" より前または同じバージョンのSQL Server インスタンスを指定する必要があります。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_AGGREGATEALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_AGGREGATEALREADYATDEST MessageText: ユーザー定義集計 "%1!s!" は既に宛先に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_CANNOTDROPOBJECTS

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_CANNOTDROPOBJECTS MessageText: "Logins" はサーバー レベルのオブジェクトであり、ソースと宛先が同じサーバーであるため、最初に削除することはできません。 オブジェクトを最初に削除すると、転送元のログインも削除されます。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_DEFAULTALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_DEFAULTALREADYATDEST MessageText: 既定の "%1!s!" は既に宛先に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_EMPTYLIST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_EMPTYLIST MessageText: 転送する "オブジェクト" の一覧が空です。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGAGGREGATES

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGAGGREGATES MessageText: 転送するユーザー定義集計リストを設定しようとしたときにエラーが発生しました: "%1!s!"。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGDEFAULTS

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGDEFAULTS MessageText: "%1!s!" を転送する既定のリストを設定しようとしたときにエラーが発生しました。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGLOGINS

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGLOGINS MessageText: "%1!s!" を転送するように Logins リストを設定しようとしたときにエラーが発生しました。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGPFS

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGPFS MessageText: 転送するパーティション関数の一覧を設定しようとしたときにエラーが発生しました: "%1!s!"。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGPSS

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGPSS MessageText: "%1!s!" を転送するパーティション構成の一覧を設定しようとしたときにエラーが発生しました。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGRULES

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGRULES MessageText: 転送するルールの一覧を設定しようとしたときにエラーが発生しました: "%1!s!"。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGSCHEMAS

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGSCHEMAS MessageText: 転送するスキーマの一覧を取得しようとしたときにエラーが発生しました: "%1!s!"。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGSPS

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGSPS MessageText: "%1!s!" を転送するストアド プロシージャ の一覧を設定しようとしたときにエラーが発生しました。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGSQLASSEMBLIES

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGSQLASSEMBLIES MessageText: 転送する SqlAssemblies リストの設定中にエラーが発生しました: "%1!s!"。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGTABLES

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGTABLES MessageText: 転送するテーブルの一覧を設定しようとしたときにエラーが発生しました: "%1!s!"。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGTYPES

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGTYPES MessageText: 転送するユーザー定義型の一覧を設定しようとしたときにエラーが発生しました: "%1!s!"。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGUDDTS

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGUDDTS MessageText: 転送するユーザー定義データ型の一覧を設定しようとしたときにエラーが発生しました: "%1!s!"。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGUDFS

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGUDFS MessageText: 転送するユーザー定義関数の一覧を設定しようとしたときにエラーが発生しました: "%1!s!"。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGUSERS

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGUSERS MessageText: "%1!s!": 転送するユーザーリストを設定しようとしたときにエラーが発生しました。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGVIEWS

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGVIEWS MessageText: "%1!s!" を転送するビューの一覧を設定しようとしたときにエラーが発生しました。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGXMLSCHEMACOLLECTIONS

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_ERRORHANDLINGXMLSCHEMACOLLECTIONS MessageText: 転送する XmlSchemaCollections リストの設定中にエラーが発生しました: "%1!s!"。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_FAILEDTOTRANSFEROBJECTS

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_FAILEDTOTRANSFEROBJECTS MessageText: オブジェクトの転送に失敗しました。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_LOGINALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_LOGINALREADYATDEST MessageText: ログイン "%1!s!" は既に宛先に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOAGGREGATEATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOAGGREGATEATSOURCE MessageText: ユーザー定義集計 "%1!s!" がソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NODEFAULTATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NODEFAULTATSOURCE MessageText: 既定の "%1!s!" はソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOLOGINATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOLOGINATSOURCE MessageText: Login "%1!s!" はソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOPFATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOPFATSOURCE MessageText: パーティション関数 "%1!s!" がソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOPSATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOPSATSOURCE MessageText: パーティション構成 "%1!s!" がソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NORULEATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NORULEATSOURCE MessageText: Rule "%1!s!" はソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOSCHEMAATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOSCHEMAATSOURCE MessageText: スキーマ "%1!s!" がソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOSPATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOSPATSOURCE MessageText: ストアド プロシージャ "%1!s!" がソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOSQLASSEMBLYATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOSQLASSEMBLYATSOURCE MessageText: SqlAssembly "%1!s!" はソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOTABLEATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOTABLEATSOURCE MessageText: テーブル "%1!s!" がソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOTYPEATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOTYPEATSOURCE MessageText: ユーザー定義型 "%1!s!" がソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOUDDTATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOUDDTATSOURCE MessageText: ユーザー定義データ型 "%1!s!" がソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOUDFATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOUDFATSOURCE MessageText: ユーザー定義関数 "%1!s!" がソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOUSERATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOUSERATSOURCE MessageText: ユーザー "%1!s!" はソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOVIEWATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOVIEWATSOURCE MessageText: View "%1!s!" はソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOXMLSCHEMACOLLECTIONATSOURCE

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_NOXMLSCHEMACOLLECTIONATSOURCE MessageText: XmlSchemaCollection "%1!s!" はソースに存在しません。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_PFALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_PFALREADYATDEST MessageText: パーティション関数 "%1!s!" は既に宛先に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_PSALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_PSALREADYATDEST MessageText: パーティション構成 "%1!s!" は既に宛先に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_RULEALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_RULEALREADYATDEST MessageText: ルール "%1!s!" は宛先に既に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_SCHEMAALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_SCHEMAALREADYATDEST MessageText: スキーマ "%1!s!" は宛先に既に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_SPALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_SPALREADYATDEST MessageText: ストアド プロシージャ "%1!s!" は宛先に既に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_SQLASSEMBLYALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_SQLASSEMBLYALREADYATDEST MessageText: SqlAssembly "%1!s!" は宛先に既に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_SUPPORTEDONYUKONONLY

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_SUPPORTEDONYUKONONLY MessageText: 型 "%1!s!" のオブジェクトは、SQL Server 2005 以降のサーバー間でのみサポートされます。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_TABLEALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_TABLEALREADYATDEST MessageText: テーブル "%1!s!" は宛先に既に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_TYPEALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_TYPEALREADYATDEST MessageText: ユーザー定義型 "%1!s!" は宛先に既に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_UDDTALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_UDDTALREADYATDEST MessageText: ユーザー定義データ型 "%1!s!" が宛先に既に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_UDFALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_UDFALREADYATDEST MessageText: ユーザー定義関数 "%1!s!" は既に宛先に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_USERALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_USERALREADYATDEST MessageText: ユーザー "%1!s!" は既に宛先に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_VIEWALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_VIEWALREADYATDEST MessageText: View "%1!s!" は既に宛先に存在します。

DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_XMLSCHEMACOLLECTIONALREADYATDEST

MessageId: DTS_E_TRANSOBJECTSTASK_XMLSCHEMACOLLECTIONALREADYATDEST MessageText: XmlSchemaCollection "%1!s!" は宛先に既に存在します。

DTS_E_TRUNCATIONTRIGGEREDREDIRECTION

MessageId: DTS_E_TRUNCATIONTRIGGEREDREDIRECTION MessageText: 切り捨てにより、切り捨て処理設定に基づいて行がリダイレクトされました。

DTS_E_TRUNCROWDISPMUSTBENOTUSED

MessageId: DTS_E_TRUNCROWDISPMUSTBENOTUSED MessageText: %1!s! は、切り捨て行の処理値を RD_NotUsed に設定する必要があります。

DTS_E_TTGENTASK_BADFILENAME

MessageId: DTS_E_TTGENTASK_BADFILENAME MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" で指定されたファイル名が無効です。

DTS_E_TTGENTASK_BADTABLEMETADATA

MessageId: DTS_E_TTGENTASK_BADTABLEMETADATA MessageText: TableMetaDataNode は XMLNode ではありません。

DTS_E_TTGENTASK_BADVARIABLETYPE

MessageId: DTS_E_TTGENTASK_BADVARIABLETYPE MessageText: 変数が正しい型ではありません。

DTS_E_TTGENTASK_FAILEDCREATE

MessageId: DTS_E_TTGENTASK_FAILEDCREATE MessageText: パッケージの作成に失敗しました。

DTS_E_TTGENTASK_FAILEDCREATEPIPELINE

MessageId: DTS_E_TTGENTASK_FAILEDCREATEPIPELINE MessageText: パイプラインを作成できませんでした。

DTS_E_TTGENTASK_NOCONNORVARIABLE

MessageId: DTS_E_TTGENTASK_NOCONNORVARIABLE MessageText: パッケージの接続名または変数名を指定する必要があります。

DTS_E_TTGENTASK_NOTFILECONNECTION

MessageId: DTS_E_TTGENTASK_NOTFILECONNECTION MessageText: 指定された接続マネージャーが FILE 接続マネージャーではありません。

DTS_E_TXAGG_AGGREGATION_FAILURE

MessageId: DTS_E_TXAGG_AGGREGATION_FAILURE MessageText: %1!s! の集計 検索できませんでした。

DTS_E_TXAGG_ARITHMETICOVERFLOW

MessageId: DTS_E_TXAGG_ARITHMETICOVERFLOW MessageText: "%1!s!" の集計中に算術オーバーフローが発生しました。

DTS_E_TXAGG_BADKEYSVALUE

MessageId: DTS_E_TXAGG_BADKEYSVALUE MessageText: プロパティ %1!s! は空であるか、%2!u! の間の数値である必要があります。 必要があります。 Keys プロパティまたは CountDistinctKeys プロパティに無効な値が指定されています。 このプロパティには、0 から ULONG_MAX までの数値を指定するか、プロパティ自体を設定しないでください。

DTS_E_TXAGG_CDCHAINHEAP_CREATEERR

MessageId: DTS_E_TXAGG_CDCHAINHEAP_CREATEERR MessageText: CountDistinct チェーンのヒープを作成するためにメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_CDCHAINHEAP_MALLOCERR

MessageId: DTS_E_TXAGG_CDCHAINHEAP_MALLOCERR MessageText: CountDistinct チェーンにメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_CDCOLLASSEARRAY_MALLOCERR

MessageId: DTS_E_TXAGG_CDCOLLASSEARRAY_MALLOCERR MessageText: CountDistinct Collapse 配列にメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_CDHASHTABLE_CREATEERR

MessageId: DTS_E_TXAGG_CDHASHTABLE_CREATEERR MessageText: CountDistinct ハッシュ テーブルにメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_CDNODEHEAP_CREATEERR

MessageId: DTS_E_TXAGG_CDNODEHEAP_CREATEERR MessageText: CountDistinct ノードのヒープを作成するためにメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_CDNODEHEAP_MALLOCERR

MessageId: DTS_E_TXAGG_CDNODEHEAP_MALLOCERR MessageText: CountDistinct ノード ヒープにメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_CDWORKSPACE_CREATEERR

MessageId: DTS_E_TXAGG_CDWORKSPACE_CREATEERR MessageText: CountDistinct ワークスペース バッファーを作成できません。

DTS_E_TXAGG_CDWORKSPACE_MALLOCERR

MessageId: DTS_E_TXAGG_CDWORKSPACE_MALLOCERR MessageText: CountDistinct ワークスペース バッファーの新しい行にメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_COMPFLAGS_BADAGGREGATIONTYPE

MessageId: DTS_E_TXAGG_COMPFLAGS_BADAGGREGATIONTYPE MessageText: カスタム プロパティ "%1!s!" は、この列に選択されている集計の種類に指定できません。 比較フラグのカスタム プロパティを指定できるのは、集計の種類がグループ化または個別のカウントに設定されている列だけです。

DTS_E_TXAGG_COMPFLAGS_BADDATATYPE

MessageId: DTS_E_TXAGG_COMPFLAGS_BADDATATYPE MessageText: 比較フラグのカスタム プロパティ "%1!s!" は、データ型がDT_STRまたはDT_WSTRの列にのみ指定できます。

DTS_E_TXAGG_HASHNODEHEAP_CREATEERR

MessageId: DTS_E_TXAGG_HASHNODEHEAP_CREATEERR MessageText: ハッシュ ノードのヒープを作成するためにメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_HASHNODEHEAP_MALLOCERR

MessageId: DTS_E_TXAGG_HASHNODEHEAP_MALLOCERR MessageText: ハッシュ ノード ヒープにメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_HASHTABLE_MALLOCERR

MessageId: DTS_E_TXAGG_HASHTABLE_MALLOCERR MessageText: ハッシュ テーブルのメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_INPUTNOTFOUNDFOROUTPUT

MessageId: DTS_E_TXAGG_INPUTNOTFOUNDFOROUTPUT MessageText: 系列 ID %1!d! の入力列が見つかりません 系列 ID %1!d! の入力列が見つかりません。

DTS_E_TXAGG_INPUTOUTPUTDATATYPEMISMATCH

MessageId: DTS_E_TXAGG_INPUTOUTPUTDATATYPEMISMATCH MessageText: 入力列系列 ID %1!d! のデータ型 出力列の ID %2!d! のデータ型が 一致しません。

DTS_E_TXAGG_INVALIDINPUTDATATYPEFORAGGREGATE

MessageId: DTS_E_TXAGG_INVALIDINPUTDATATYPEFORAGGREGATE MessageText: %1!s! の入力データ型が無効です。 %2!s! で指定された集計に使用されます。

DTS_E_TXAGG_INVALIDOUTPUTDATATYPEFORAGGREGATE

MessageId: DTS_E_TXAGG_INVALIDOUTPUTDATATYPEFORAGGREGATE MessageText: 出力列 ID %1!d! で指定された集計型の出力データ型が無効です。

DTS_E_TXAGG_MAINWORKSPACE_CREATEERR

MessageId: DTS_E_TXAGG_MAINWORKSPACE_CREATEERR MessageText: メイン ワークスペース バッファーを作成できません。

DTS_E_TXAGG_MAINWORKSPACE_MALLOCERR

MessageId: DTS_E_TXAGG_MAINWORKSPACE_MALLOCERR MessageText: メイン ワークスペース バッファーの新しい行にメモリを割り当てることができません。 メモリ不足になりました。

DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRCOUNTDISTINCTDESCRIPTOR

MessageId: DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRCOUNTDISTINCTDESCRIPTOR MessageText: メモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRNUMERICDESCRIPTORS

MessageId: DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRNUMERICDESCRIPTORS MessageText: メモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERROUTPUTDESCRIPTORS

MessageId: DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERROUTPUTDESCRIPTORS MessageText: メモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRSORTORDERDESCRIPTORS

MessageId: DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRSORTORDERDESCRIPTORS MessageText: メモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRWORKSPACEBUFFCOLS

MessageId: DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRWORKSPACEBUFFCOLS MessageText: メモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRWORKSPACEDESCRIPTORS

MessageId: DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRWORKSPACEDESCRIPTORS MessageText: メモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRWORKSPACENUMERICDESCRIPTORS

MessageId: DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRWORKSPACENUMERICDESCRIPTORS MessageText: メモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRWORKSPACESORTORDERDESCRIPTORS

MessageId: DTS_E_TXAGG_MEMALLOCERRWORKSPACESORTORDERDESCRIPTORS MessageText: メモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXAGG_SORTKEYGENFAILED

MessageId: DTS_E_TXAGG_SORTKEYGENFAILED MessageText: 並べ替えキーの生成がエラー 0x%1!8.8X! で失敗しました。 ComparisonFlags が有効になっているので、LCMapString を使用して並べ替えキーを生成できませんでした。

DTS_E_TXAGG_STRING_TOO_LONG

MessageId: DTS_E_TXAGG_STRING_TOO_LONG MessageText: 変換で 、%1!u! より大きいキー列が検出されました。 超えています。

DTS_E_TXAGG_STRINGPROMOTIONFAILED

MessageId: DTS_E_TXAGG_STRINGPROMOTIONFAILED MessageText: 系列 ID %1!ld! の入力列を変換できませんでした。 入力列を DT_WSTR に変換できませんでした。

DTS_E_TXAGG_TOOMANYCOUNTDISTINCTVALUES

集計コンポーネントにより、個別のカウントの集計を計算中に、個別の値を多数検出しました。 格納できる個別の値は %1!u! 個 未満です。 個別のカウントの集計を計算中に、ULONG_MAX を超える個別の値が検出されました。

DTS_E_TXAGG_TOOMANYKEYS

MessageId: DTS_E_TXAGG_TOOMANYKEYS MessageText: 集計コンポーネントで発生した個別のキーの組み合わせが多すぎます。 格納できる個別の値は %1!u! 個 以下です。 メイン ワークスペースに ULONG_MAX を超える個別のキー値があります。

DTS_E_TXAUDIT_ONLYSTRINGLENGTHCHANGEALLOWED

MessageId: DTS_E_TXAUDIT_ONLYSTRINGLENGTHCHANGEALLOWED MessageText: ユーザー名列、パッケージ名列、タスク名列、およびコンピューター名列の長さのみを変更できます。 他の監査列データ型情報は読み取り専用です。

DTS_E_TXCHARMAP_CANTBOTHCASE

MessageId: DTS_E_TXCHARMAP_CANTBOTHCASE MessageText: 列 "%1!s!" は、列を大文字と小文字の両方にマップします。

DTS_E_TXCHARMAP_CANTCASECHINESE

MessageId: DTS_E_TXCHARMAP_CANTCASECHINESE MessageText: 列 "%1!s!" は、中国語の文字に対する操作と大文字と小文字の操作を結合します。

DTS_E_TXCHARMAP_CANTCASEJAPANESE

MessageId: DTS_E_TXCHARMAP_CANTCASEJAPANESE MessageText: Column "%1!s!" は、日本語の文字に対する操作を大文字と小文字の操作と組み合わせます。

DTS_E_TXCHARMAP_CANTCHINAJAPAN

MessageId: DTS_E_TXCHARMAP_CANTCHINAJAPAN MessageText: Column "%1!s!" は、日本語文字に対する操作と中国語文字の操作を組み合わせたものになります。

DTS_E_TXCHARMAP_CANTFULLHALF

MessageId: DTS_E_TXCHARMAP_CANTFULLHALF MessageText: Column "%1!s!" は、全角文字と半角文字の両方を生成する操作を要求します。

DTS_E_TXCHARMAP_CANTKATAKANAHIRAGANA

MessageId: DTS_E_TXCHARMAP_CANTKATAKANAHIRAGANA MessageText: 列 "%1!s!" は、カタカナ文字とひらがな文字を同時に生成することを要求します。

DTS_E_TXCHARMAP_CANTLINGUISTIC

MessageId: DTS_E_TXCHARMAP_CANTLINGUISTIC MessageText: 列 "%1!s!" は、大文字と小文字以外のフラグを言語の大文字と小文字の演算と組み合わせます。

DTS_E_TXCHARMAP_CANTSIMPLECOMPLEX

MessageId: DTS_E_TXCHARMAP_CANTSIMPLECOMPLEX MessageText: Column "%1!s!" は、単純中国語と繁体字中国語の文字を同時に生成することを要求します。

DTS_E_TXCHARMAP_INVALIDMAPFLAGANDDATATYPE

MessageId: DTS_E_TXCHARMAP_INVALIDMAPFLAGANDDATATYPE MessageText: 列 "%1!s!" のデータ型を指定どおりにマップすることはできません。

DTS_E_TXCHARMAPINVALIDCOLUMNDATATYPE

MessageId: DTS_E_TXCHARMAPINVALIDCOLUMNDATATYPE MessageText: %1!s! にはサポートされていないデータ型があります。 DT_STR、DT_WSTR、DT_TEXT、DT_NTEXT のいずれかを指定する必要があります。

DTS_E_TXCHARMAPLCMAPFAILED

MessageId: DTS_E_TXCHARMAPLCMAPFAILED MessageText: 変換で文字列をマップできず、エラー 0x%1!8.8X! が返されました。 LCMapString が失敗しました。

DTS_E_TXCOPYMAP_INCORRECT_OUTPUT_COLUMN_MAPPING

MessageId: DTS_E_TXCOPYMAP_INCORRECT_OUTPUT_COLUMN_MAPPING MessageText: 系列 ID "%1!d!" の出力列が入力列に正しくマップされていません。 出力列の CopyColumnId プロパティが正しくありません。

DTS_E_TXCOPYMAP_MISMATCHED_COLUMN_METADATA

MessageId: DTS_E_TXCOPYMAP_MISMATCHED_COLUMN_METADATA MessageText: 系列 ID を持つ列 %1!d! %2!d! の列のメタデータが一致していません。 copymap の出力列にマップされた入力列に、同じメタデータ (データ型、有効桁数、小数点以下桁数、長さ、またはコード ページ) がありません。

DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_CANTCONVERTVALUE

MessageId: DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_CANTCONVERTVALUE MessageText: データ値は、符号の不一致やデータ オーバーフロー以外の理由で変換できません。

DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_DATAOVERFLOW

MessageId: DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_DATAOVERFLOW MessageText: データ変換変換で使用される型がデータ値でオーバーフローしたため、変換に失敗しました。

DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_SIGNMISMATCH

MessageId: DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_SIGNMISMATCH MessageText: データ値が署名され、プロバイダーによって使用される型が署名されていないため、変換に失敗しました。

DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_TRUNCATED

MessageId: DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_TRUNCATED MessageText: データが切り捨てられました。

DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_UNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_TXDATACONVERTSTATIC_UNAVAILABLE MessageText: 状態は使用できません。

DTS_E_TXEXECPACKAGE_FAILTOEXECUTEPROJECTREF

MessageId: DTS_E_TXEXECPACKAGE_FAILTOEXECUTEPROJECTREF MessageText: エラー 0x%1!8.8X! プロジェクト参照パッケージ "%3!s!" からパッケージを実行しています。 %2!s!.

DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_EXTRACTORCANTWRITE

MessageId: DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_EXTRACTORCANTWRITE MessageText: ファイルへの書き込みに失敗しました。

DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE

MessageId: DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE MessageText: 書き込み用にファイルを開けませんでした。

DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_ACCESSDENIED

MessageId: DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_ACCESSDENIED MessageText: 書き込み用にファイルを開けませんでした。 正しい権限がありません。

DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_FILEEXISTS

MessageId: DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_FILEEXISTS MessageText: 書き込み用のファイルを開けませんでした。 ファイルが既に存在していて、上書きできません。 AllowAppend プロパティおよび ForceTruncate プロパティが両方とも False に設定されている場合、ファイルが存在することが原因で、このエラーが発生します。

DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_FILENOTFOUND

MessageId: DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_FILENOTFOUND MessageText: 書き込み用にファイルを開けませんでした。 ファイルが見つかりません。

DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_PATHNOTFOUND

MessageId: DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_PATHNOTFOUND MessageText: 書き込み用にファイルを開けませんでした。 パスが見つかりません。

DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_TOOMANYOPENFILES

MessageId: DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEOPENERR_FORWRITE_TOOMANYOPENFILES MessageText: 書き込み用にファイルを開けませんでした。 開いているファイルが多すぎます。

DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEWRITEERR_DISKFULL

MessageId: DTS_E_TXFILEEXTRACTORSTATIC_FILEWRITEERR_DISKFULL MessageText: ディスクがいっぱいであるため、ファイルを書き込み用に開こうとできませんでした。

DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD

MessageId: DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD MessageText: 読み取り用にファイルを開けませんでした。

DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD_ACCESSDENIED

MessageId: DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD_ACCESSDENIED MessageText: 読み取り用にファイルを開けませんでした。 正しい権限がありません。

DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD_FILENOTFOUND

MessageId: DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD_FILENOTFOUND MessageText: 読み取り用のファイルを開けませんでした。 ファイルが見つかりませんでした。

DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD_PATHNOTFOUND

MessageId: DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD_PATHNOTFOUND MessageText: 読み取り用のファイルを開けませんでした。 パスが見つかりませんでした。

DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD_TOOMANYOPENFILES

MessageId: DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_FILEOPENERR_FORREAD_TOOMANYOPENFILES MessageText: 読み取り用にファイルを開けませんでした。 開いているファイルが多すぎます。

DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_INSERTERCANTREAD

MessageId: DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_INSERTERCANTREAD MessageText: ファイルからの読み取りに失敗しました。

DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_INSERTERINVALIDBOM

MessageId: DTS_E_TXFILEINSERTERSTATIC_INSERTERINVALIDBOM MessageText: ファイルのバイト オーダー マーク (BOM) 値が無効です。 このファイルに対して ExpectBOM プロパティが設定されていましたが、ファイルに BOM 値がないか、無効です。

DTS_E_TXFUZZY_HIERARCHY_INCORRECT

階層内のレベルには一意の数字を指定する必要があります。 階層値の有効なレベルは、1 以上の整数です。 数値が小さくなるほど、階層の下位の列になります。 既定値は 0 で、列が階層の一部でないことを示します。 重なり合いやギャップは許可されません。

DTS_E_TXFUZZY_MATCHCONTRIBUTION_AND_HIERARCHY_SPECIFIED

MessageId: DTS_E_TXFUZZY_MATCHCONTRIBUTION_AND_HIERARCHY_SPECIFIED MessageText: MatchContribution と階層情報の両方を同時に指定することはできません。 これらのプロパティはどちらもスコアに対する重み係数なので、許可されていません。

DTS_E_TXFUZZYGROUPING_INSUFFICIENT_FUZZY_JOIN_COLUMNS

MessageId: DTS_E_TXFUZZYGROUPING_INSUFFICIENT_FUZZY_JOIN_COLUMNS MessageText: あいまいグループ化する列が定義されていません。 列プロパティ ToBeCleaned=true および ExactFuzzy=2 が設定された入力列が少なくとも 1 つ必要です。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_COLUMNINVALID

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_COLUMNINVALID MessageText: ID '%1!d!' の列 が有効ではありませんでした。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_IDENTIFIER_PROPERTY

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_IDENTIFIER_PROPERTY MessageText: プロパティ "%2!s!" に指定された名前 "%1!s!" は、有効な SQL 識別子名ではありません。 このエラーは、プロパティの名前が、有効な SQL 識別子名の仕様に準拠していない場合に発生します。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INCOMPATIBLE_COPYCOLUMN_DATATYPES

コピー列 "%1" と "%2" のデータ型が同じでないか、または普通に変換できる文字列型ではありません。 参照から出力へのコピーは、列のデータ型が同一の場合または DT_STR 型と DT_WSTR 型の組み合わせの場合にサポートされていますが、他のデータ型ではサポートされていません。このエラーは、このことが原因で発生します。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INCOMPATIBLE_EXACT_JOIN_DATATYPES

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INCOMPATIBLE_EXACT_JOIN_DATATYPES MessageText: 正確な参照列 "%1!s!" と "%2!s!" は、等しいデータ型を持たないか、比較可能な文字列型ではありません。 完全結合は、列のデータ型が同一の場合、または DT_STR 型と DT_WSTR 型の組み合わせの場合にサポートされています。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INCOMPATIBLE_FUZZY_JOIN_DATATYPES

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INCOMPATIBLE_FUZZY_JOIN_DATATYPES MessageText: 入力列 "%1!s!" と参照列 "%2!s!" の間で指定されたあいまい参照は無効です。あいまい結合は文字列列、型DT_STR、DT_WSTRの間でのみサポートされているためです。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INCOMPATIBLE_PASSTHRUCOLUMN_DATATYPES

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INCOMPATIBLE_PASSTHRUCOLUMN_DATATYPES MessageText: パススルー列 "%1!s!" と "%2!s!" には、等しいデータ型がありません。 入力から出力へのパススルー列としてサポートされているのは、データ型が一致する列のみです。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INDEX_DOES_NOT_CONTAIN_COLUMN

指定された既存の一致インデックス "%1" は、もともと列 "%2" のあいまい一致情報を使用して構築されていませんでした。 この情報を含めるために、既存の一致インデックスを再構築する必要があります。 このエラーは、インデックスがあいまい結合列以外の列を使用して構築された場合に発生します。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INDEXED_COLUMN_NOT_FOUND_IN_REF_TABLE

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INDEXED_COLUMN_NOT_FOUND_IN_REF_TABLE MessageText: 事前構築済みインデックス "%2!s!" の列 "%1!s!" が参照テーブル/クエリに見つかりませんでした。 このエラーは、参照テーブルのスキーマまたはクエリが、既存の一致インデックスの構築後に変更された場合に発生します。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INVALID_MATCH_INDEX

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INVALID_MATCH_INDEX MessageText: テーブル "%1!s!" は、有効な事前構築済み一致インデックスとは見なされません。 このエラーは、メタデータ レコードを指定された構築済みのインデックスから読み込めない場合に発生します。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INVALID_MATCH_INDEX_NAME

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INVALID_MATCH_INDEX_NAME MessageText: 参照テーブル名 "%1!s!" は有効な SQL 識別子ではありません。 このエラーは、入力文字列からテーブル名を解析できない場合に発生します。 名前に含まれているスペースが引用符で囲まれていない可能性があります。 テーブル名が正しく引用符で囲まれていることを確認してください。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INVALID_PROPERTY_VALUE

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_INVALID_PROPERTY_VALUE MessageText: プロパティ "%2!s!" の値 "%1!s!" が無効です。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_MINSIMILARITY_INVALID

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_MINSIMILARITY_INVALID MessageText: あいまい参照変換の MinSimilarity しきい値プロパティは、0.0 以上 1.0 未満の値である必要があります。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_NO_JOIN_COLUMNS

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_NO_JOIN_COLUMNS MessageText: 参照テーブル列に有効な結合を持つ入力列がありませんでした。 少なくとも 1 つの結合が、入力列プロパティ JoinToReferenceColumn および JoinType で定義されていることを確認してください。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_OLEDBERR_LOADCOLUMNMETADATA

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_OLEDBERR_LOADCOLUMNMETADATA MessageText: 列メタデータの読み込み中に OLEDB エラーが発生しました。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_OUTPUT_COLUMN_MUST_BE_PASSTHRU_COLUMN_OR_A_COPY_COLUMN

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_OUTPUT_COLUMN_MUST_BE_PASSTHRU_COLUMN_OR_A_COPY_COLUMN MessageText: 出力列には、CopyColumn または PassThruColumn プロパティが 1 つだけ指定されている必要があります。 このエラーは、CopyColumn プロパティおよび PassThruColumn プロパティのどちらにも空でない値が設定されていない場合、またはこれら両方のプロパティに空でない値が設定されている場合に発生します。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_OUTPUTLENGTHMISMATCH

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_OUTPUTLENGTHMISMATCH MessageText: 出力列 '%1!s!' の長さ がソース列 '%2!s!' よりも小さい。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_PASSTHRU_COLUMN_NOT_FOUND

出力列 '%3' でプロパティ '%2' に指定された変換元系列 ID '%1!d!' が 入力列のコレクションに見つかりませんでした。 このエラーは、出力列にパススルー列として指定された入力列 ID が入力のセットに見つからない場合に発生します。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_REF_CONTAINS_NON_INTEGER_IDENT_COLUMN

参照テーブル '%1' には整数型ではない ID 列が含まれていますが、それはサポートされていません。 列 '%2' を含まないテーブルのビューを使用してください。 このエラーは、コピーが参照テーブルで作成されているときに、整数型の ID 列が追加されますが、テーブルごとに 1 つの ID 列しか保持できないことが原因で発生します。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_REF_TABLE_MISSING_IDENTITY_INDEX

参照テーブル '%1' の整数型の ID 列にクラスター化インデックスがありません。クラスター化インデックスは、プロパティ 'CopyRefTable' が False に設定されている場合に必要です。 CopyRefTable が False の場合、参照テーブルの整数型の ID 列にクラスター化インデックスが必要です。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_STRINGCOLUMNTOOLONG

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_STRINGCOLUMNTOOLONG MessageText: 文字列列 '%1!s!' の長さ が 4,000 文字を超えています。 DT_STR から DT_WSTR に変換する必要があるため、切り捨てが発生します。 列幅を縮小するか、または DT_WSTR 型の列のみを使用してください。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_TOKEN_TOO_LONG

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_TOKEN_TOO_LONG MessageText: コンポーネントで、2147483647文字より大きいトークンが検出されました。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_TOOFEWREFERENCECOLUMNS

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_TOOFEWREFERENCECOLUMNS MessageText: 参照参照メタデータに含まれる列が少なすぎます。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_TOOMANYPREFIXES

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_TOOMANYPREFIXES MessageText: SQL オブジェクト名 '%1!s!' プロパティ '%2!s!' に指定 には、プレフィックスの最大数を超えるプレフィックスが含まれています。 最大数は 2 です。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_UNABLE_TO_READ_MATCH_INDEX

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_UNABLE_TO_READ_MATCH_INDEX MessageText: 指定された事前構築済み一致インデックス "%1!s!" を読み取ることができません。 OLEDB エラー コード: 0x%2!8.8X!。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_UNABLETOLOCATEREFCOLUMN

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_UNABLETOLOCATEREFCOLUMN MessageText: 参照列 "%1!s!" が見つかりません。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_UNSUPPORTED_MATCH_INDEX_VERSION

既存の一致インデックス "%2" のバージョン (%1) はサポートされていません。 予期していたバージョンは "%3" です。 このエラーは、インデックス メタデータに保存されているバージョンが現在のコードが構築されたときのバージョンと一致しない場合に発生します。 現在のバージョンのコードを使用してインデックスを再構築することで、エラーを修正してください。

DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_UNSUPPORTEDDATATYPE

MessageId: DTS_E_TXFUZZYLOOKUP_UNSUPPORTEDDATATYPE MessageText: 列 '%1!s!' のデータ型 はサポートされていません。

DTS_E_TXGROUPDUPS_INPUTCOLUMNNOTJOINED

MessageId: DTS_E_TXGROUPDUPS_INPUTCOLUMNNOTJOINED MessageText: 出力列 "%3!s!" の "%2!s!" プロパティによって参照される入力列 "%1!s!" には、ToBeCleaned=True プロパティがあり、有効な ExactFuzzy プロパティ値が必要です。

DTS_E_TXLINEAGEDATATYPEMISMATCH

MessageId: DTS_E_TXLINEAGEDATATYPEMISMATCH MessageText: "%1!s!" のデータ型が、指定した系列アイテムに対して無効です。

DTS_E_TXLINEAGEINVALIDLENGTH

MessageId: DTS_E_TXLINEAGEINVALIDLENGTH MessageText: "%1!s!" の長さは、指定した系列アイテムに対して無効です。

DTS_E_TXLINEAGEINVALIDLINEAGEITEM

MessageId: DTS_E_TXLINEAGEINVALIDLINEAGEITEM MessageText: 系列アイテムの値 %1!ld! 無効です。 有効範囲は %2!ld! から %3!ld! までです。

DTS_E_TXLOOKUP_CANCEL_REQUESTED

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_CANCEL_REQUESTED MessageText: 参照変換は、ユーザーからキャンセル要求を受け取っています。

DTS_E_TXLOOKUP_DUPLICATE_KEYS

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_DUPLICATE_KEYS MessageText: %1!s! 参照データをキャッシュするときに、重複する参照キー値が検出されました。 このエラーはフル キャッシュ モードの場合にだけ発生する可能性があります。 重複したキーの値を削除するか、キャッシュ モードを PARTIAL または NO_CACHE に変更してください。

DTS_E_TXLOOKUP_FAILEDUPGRADE_BAD_VERSION

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_FAILEDUPGRADE_BAD_VERSION MessageText: バージョン %1!d! から参照メタデータをアップグレードできません アップグレードできません。 参照変換は、PerformUpgrade() への呼び出しで、メタデータを既存のバージョン番号からアップグレードできませんでした。

DTS_E_TXLOOKUP_HASHNODEHEAP_CREATEERR

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_HASHNODEHEAP_CREATEERR MessageText: ハッシュ ノードのヒープを作成するためにメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXLOOKUP_HASHNODEHEAP_MALLOCERR

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_HASHNODEHEAP_MALLOCERR MessageText: ハッシュ ノード ヒープにメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXLOOKUP_HASHTABLE_MALLOCERR

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_HASHTABLE_MALLOCERR MessageText: ハッシュ テーブルにメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXLOOKUP_INCOMPATIBLEDATATYPES

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_INCOMPATIBLEDATATYPES MessageText: %1!s! と "%2!s!" という名前の参照列には互換性のないデータ型があります。

DTS_E_TXLOOKUP_INCORRECTNUMOFPARAMETERS

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_INCORRECTNUMOFPARAMETERS MessageText: パラメーター化された SQL ステートメントに正しくない数のパラメーターが含まれています。 必要なのは %1!d! 個ですが、%2!d! 個あります。

DTS_E_TXLOOKUP_INDEXCOLUMNREUSED

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_INDEXCOLUMNREUSED MessageText: キャッシュ インデックス列 %1!s! は、複数のルックアップ入力列によって参照されます。

DTS_E_TXLOOKUP_INDEXCOLUMNSMISMATCH

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_INDEXCOLUMNSMISMATCH MessageText: Lookup では、すべてのキャッシュ接続マネージャーインデックス列が参照されるわけではありません。 参照内で結合された列の数: %1!d!。 インデックス列の数: %2!d!。

DTS_E_TXLOOKUP_INVALID_CASE

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_INVALID_CASE MessageText: 実行時に switch ステートメントで無効なケースが発生しました。

DTS_E_TXLOOKUP_INVALIDCOPYTYPE

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_INVALIDCOPYTYPE MessageText: %1!s! には、コピーできないデータ型があります。

DTS_E_TXLOOKUP_INVALIDJOINTYPE

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_INVALIDJOINTYPE MessageText: %1!s! には、結合できないデータ型があります。

DTS_E_TXLOOKUP_INVALIDMAXMEMORYPROP

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_INVALIDMAXMEMORYPROP MessageText: カスタム プロパティ %1!s! の値。 が正しくありません。 値には、%2!d! から %3!I64d! までの数値を指定する 必要があります。

DTS_E_TXLOOKUP_LRUNODEHEAP_CREATEERR

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_LRUNODEHEAP_CREATEERR MessageText: LRU ノードのヒープを作成できません。 メモリ不足になりました。

DTS_E_TXLOOKUP_LRUNODEHEAP_MALLOCERR

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_LRUNODEHEAP_MALLOCERR MessageText: LRU ノード ヒープにメモリを割り当てることができません。 メモリ不足になりました。

DTS_E_TXLOOKUP_MAINWORKSPACE_CREATEERR

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_MAINWORKSPACE_CREATEERR MessageText: メイン ワークスペース バッファーを作成できません。

DTS_E_TXLOOKUP_MAINWORKSPACE_MALLOCERR

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_MAINWORKSPACE_MALLOCERR MessageText: メイン ワークスペース バッファーの新しい行にメモリを割り当てることができません。 メモリ不足になりました。

DTS_E_TXLOOKUP_MALLOCERR_BUFFCOL

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_MALLOCERR_BUFFCOL MessageText: メイン ワークスペースを作成するために、BUFFCOL 構造体の配列にメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXLOOKUP_MALLOCERR_REFERENCECOLUMNINFO

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_MALLOCERR_REFERENCECOLUMNINFO MessageText: ColumnInfo 構造体の配列にメモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXLOOKUP_MALLOCERR_REFERENCECOLUMNPAIR

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_MALLOCERR_REFERENCECOLUMNPAIR MessageText: ColumnPair 構造体の配列にメモリを割り当てませんでした。

DTS_E_TXLOOKUP_METADATAXMLCACHEERR

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_METADATAXMLCACHEERR MessageText: 参照メタデータをキャッシュできません。

DTS_E_TXLOOKUP_NOJOINS

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_NOJOINS MessageText: 参照変換には、参照列に結合された少なくとも 1 つの入力列が含まれている必要があり、何も指定されていません。 少なくとも 1 つの結合列を指定する必要があります。

DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_BINDPARAMETERS

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_BINDPARAMETERS MessageText: バインド パラメーター中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。

DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_CREATEBINDING

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_CREATEBINDING MessageText: バインドの作成中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。

DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_FILLBUFFER

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_FILLBUFFER MessageText: 内部キャッシュの設定中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。

DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_GETIROWSET

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_GETIROWSET MessageText: 行セットのフェッチ中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。

DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_GETPARAMIROWSET

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_GETPARAMIROWSET MessageText: パラメーター化された行セットのフェッチ中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。

DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_GETPARAMSINGLEROW

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_GETPARAMSINGLEROW MessageText: パラメーター化された行のフェッチ中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。

DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_LOADCOLUMNMETADATA

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_OLEDBERR_LOADCOLUMNMETADATA MessageText: 列メタデータの読み込み中に OLE DB エラーが発生しました。 SQLCommand プロパティおよび SqlCommandParam プロパティを確認してください。

DTS_E_TXLOOKUP_PARAMMETADATAMISMATCH

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_PARAMMETADATAMISMATCH MessageText: パラメーター化された SQL ステートメントは、メイン SQL ステートメントと一致しないメタデータを生成します。

DTS_E_TXLOOKUP_REFCOLUMNISNOTINDEX

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_REFCOLUMNISNOTINDEX MessageText: ルックアップ入力列 %1!s! はインデックス以外のキャッシュ列 %2!s! を参照します。

DTS_E_TXLOOKUP_REINITMETADATAFAILED

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_REINITMETADATAFAILED MessageText: Lookup 変換メソッド ReinitializeMetadata の呼び出しに失敗しました。

DTS_E_TXLOOKUP_ROWLOOKUPERROR

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_ROWLOOKUPERROR MessageText: ルックアップ中に行が一致しません。

DTS_E_TXLOOKUP_TOOFEWREFERENCECOLUMNS

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_TOOFEWREFERENCECOLUMNS MessageText: 参照変換参照メタデータに含まれる列が少なすぎます。 SQLCommand プロパティを確認してください。 SELECT ステートメントから、少なくとも 1 つの列が返される必要があります。

DTS_E_TXLOOKUP_UNABLETOLOCATEREFCOLUMN

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_UNABLETOLOCATEREFCOLUMN MessageText: 参照列 "%1!s!" が見つからない。

DTS_E_TXLOOKUP_UNUSEDINPUTCOLUMN

MessageId: DTS_E_TXLOOKUP_UNUSEDINPUTCOLUMN MessageText: %1!s! 結合またはコピーでは使用されません。 入力列の一覧から未使用の列を削除してください。

DTS_E_TXMERGEJOINCOMPARISONFLAGSMISMATCH

MessageId: DTS_E_TXMERGEJOINCOMPARISONFLAGSMISMATCH MessageText: SortKeyPosition 値 %1!ld! の列の比較フラグ。 一致しません。

DTS_E_TXMERGEJOINDATATYPEMISMATCH

MessageId: DTS_E_TXMERGEJOINDATATYPEMISMATCH MessageText: データ型の不一致が発生しました。 SortKeyPosition 値が %1!ld! である列のデータ型が 一致しません。

DTS_E_TXMERGEJOININVALIDJOINTYPE

MessageId: DTS_E_TXMERGEJOININVALIDJOINTYPE MessageText: %1!s! の JoinType カスタム プロパティ には、無効な %2!ld! の値が含まれています。 有効な値は 0 (完全)、1 (左)、または 2 (内部) です。

DTS_E_TXMERGEJOININVALIDNUMKEYCOLS

MessageId: DTS_E_TXMERGEJOININVALIDNUMKEYCOLS MessageText: NumKeyColumns 値が無効です。 %1!s!では、NumKeyColumns カスタム プロパティの値は 1 から %2!lu! の間である必要があります。

DTS_E_TXMERGEJOININVALIDSORTKEYPOS

MessageId: DTS_E_TXMERGEJOININVALIDSORTKEYPOS MessageText: SortKeyPosition 値が %1!ld! 無効です。 適切な値は %2!ld! です。

DTS_E_TXMERGEJOINMUSTHAVESAMENUMBEROFINPUTANDOUTPUTCOLS

MessageId: DTS_E_TXMERGEJOINMUSTHAVESAMENUMBEROFINPUTANDOUTPUTCOLS MessageText: 入力列と出力列の数が等しくありません。 すべての入力の合計入力列数は、合計出力列数と同じである必要があります。

DTS_E_TXMERGEJOINNONSTRINGCOMPARISONFLAGSNOTZERO

MessageId: DTS_E_TXMERGEJOINNONSTRINGCOMPARISONFLAGSNOTZERO MessageText: 比較フラグは 0 ではありません。 文字列型でない列の比較フラグは、0 にする必要があります。

DTS_E_TXMERGEJOINNOTENOUGHKEYCOLS

MessageId: DTS_E_TXMERGEJOINNOTENOUGHKEYCOLS MessageText: 十分なキー列がありません。 %1!s! 少なくとも %2!ld! SortKeyPosition の値が 0 以外の列が少なくとも %2!ld! 列必要です。

DTS_E_TXMERGEJOINOUTPUTCOLMUSTHAVEASSOCIATEDINPUTCOL

MessageId: DTS_E_TXMERGEJOINOUTPUTCOLMUSTHAVEASSOCIATEDINPUTCOL MessageText: Missing column. %1!s! には、関連付けられた入力列が必要です。

DTS_E_TXMERGEJOINREADONLYINPUTCOLSWITHNOOUTPUTCOL

MessageId: DTS_E_TXMERGEJOINREADONLYINPUTCOLSWITHNOOUTPUTCOL MessageText: 入力列には出力列が必要です。 使用法の種類が読み取り専用で、出力列に関連付けられていない入力列があります。

DTS_E_TXMERGEJOINSORTDIRECTIONMISMATCH

MessageId: DTS_E_TXMERGEJOINSORTDIRECTIONMISMATCH MessageText: 並べ替え方向の不一致。 SortKeyPosition 値 %1!ld! である列の並べ替え方向が 一致しません。

DTS_E_TXMERGESORTKEYPOSMISMATCH

MessageId: DTS_E_TXMERGESORTKEYPOSMISMATCH MessageText: SortKeyPosition 値が関連付けられている入力列の SortKeyPosition と一致しない出力列があります。

DTS_E_TXNSPECINVALID

MessageId: DTS_E_TXNSPECINVALID MessageText: 保持された接続を使用する場合、トランザクションを指定できません。 このエラーは、接続マネージャーで Retain が True に設定されているにもかかわらず、AcquireConnection が NULL 以外のトランザクション パラメーターを使用して呼び出された場合に発生します。

DTS_E_TXPIVOTBADOUTPUTTYPE

MessageId: DTS_E_TXPIVOTBADOUTPUTTYPE MessageText: 出力の種類が正しくありません。 出力列 "%1!s!"(%2!d!)は、マップ先の入力列と同じデータ型とメタデータを持つ必要があります。

DTS_E_TXPIVOTBADPIVOTKEYCONVERT

MessageId: DTS_E_TXPIVOTBADPIVOTKEYCONVERT MessageText: ピボット キー値 "%1!s!" をピボット キー列のデータ型に変換できません。

DTS_E_TXPIVOTBADPIVOTKEYVALUE

MessageId: DTS_E_TXPIVOTBADPIVOTKEYVALUE MessageText: ピボット キーの値 "%1!s!" が無効です。

DTS_E_TXPIVOTBADPIVOTKEYVALUENOSTRING

MessageId: DTS_E_TXPIVOTBADPIVOTKEYVALUENOSTRING MessageText: 認識されないピボット キー値。

DTS_E_TXPIVOTBADUSAGE

MessageId: DTS_E_TXPIVOTBADUSAGE MessageText: 入力列 "%1!s!" の PivotUsage 値(%2!d!)が無効です。

DTS_E_TXPIVOTCANTCOMPARESETKEYS

MessageId: DTS_E_TXPIVOTCANTCOMPARESETKEYS MessageText: set キーの値の比較中にエラーが発生しました。

DTS_E_TXPIVOTCANTMAPPINGNOTFOUND

MessageId: DTS_E_TXPIVOTCANTMAPPINGNOTFOUND MessageText: 出力列 "%1!s!"(%2!d!)には SourceColumn %3!d! があります。 無効な SourceColumn %3!d! があります。

DTS_E_TXPIVOTCANTMAPPIVOTKEY

MessageId: DTS_E_TXPIVOTCANTMAPPIVOTKEY MessageText: 出力列 "%1!s!"(%2!d!)PivotKey 入力列にマップできません。

DTS_E_TXPIVOTDUPLICATEPIVOTKEYVALUE

MessageId: DTS_E_TXPIVOTDUPLICATEPIVOTKEYVALUE MessageText: 出力列 "%1!s!"(%2!d!)は、一意でない PivotKeyValue プロパティ値を持つピボット値入力列にマップされます。

DTS_E_TXPIVOTEMPTYPIVOTKEYVALUE

MessageId: DTS_E_TXPIVOTEMPTYPIVOTKEYVALUE MessageText: 出力列 "%1!s!"(%2!d!)はピボット値入力列にマップされますが、PivotKeyValue プロパティ値がありません。

DTS_E_TXPIVOTINPUTALREADYMAPPED

MessageId: DTS_E_TXPIVOTINPUTALREADYMAPPED MessageText: 複数の出力列 ("%1!s!" など)(%2!d!)) は入力列 "%3!s!" にマップされます。(%4!d!)。

DTS_E_TXPIVOTNOBLOB

MessageId: DTS_E_TXPIVOTNOBLOB MessageText: 入力列 "%1!s!"(%2!d!)は、長いデータが含まれているため、Set Key、Pivot Key、または Pivot Value として使用できません。

DTS_E_TXPIVOTNOPIVOTKEY

MessageId: DTS_E_TXPIVOTNOPIVOTKEY MessageText: ピボット キーが見つかりません。 1 つの入力列をピボット キーとして使用する必要があります。

DTS_E_TXPIVOTOUTPUTNOTMAPPED

MessageId: DTS_E_TXPIVOTOUTPUTNOTMAPPED MessageText: 入力列 "%1!s!"(%2!d!)は出力列にマップされません。

DTS_E_TXPIVOTPROCESSERROR

MessageId: DTS_E_TXPIVOTPROCESSERROR MessageText: ソース レコードをピボットしようとするとエラーが発生しました。

DTS_E_TXPIVOTRUNTIMEDUPLICATEPIVOTKEYVALUE

MessageId: DTS_E_TXPIVOTRUNTIMEDUPLICATEPIVOTKEYVALUE MessageText: ピボット キー値 "%1!s!" が重複しています。

DTS_E_TXPIVOTRUNTIMEDUPLICATEPIVOTKEYVALUENOSTRING

MessageId: DTS_E_TXPIVOTRUNTIMEDUPLICATEPIVOTKEYVALUENOSTRING MessageText: 重複するピボット キー値。

DTS_E_TXPIVOTTOOMANYPIVOTKEYS

MessageId: DTS_E_TXPIVOTTOOMANYPIVOTKEYS MessageText: 見つかったピボット キーが多すぎます。 1 つの入力列のみをピボット キーとして使用できます。

DTS_E_TXSAMPLINGINVALIDPCT

MessageId: DTS_E_TXSAMPLINGINVALIDPCT MessageText: %2!ld!の割合は、"%1!s!" プロパティに対して無効です。 0 から 100 の範囲である必要があります。

DTS_E_TXSAMPLINGINVALIDROWS

MessageId: DTS_E_TXSAMPLINGINVALIDROWS MessageText: 行数 %2!ld!は、"%1!s!" プロパティに対して無効です。 行数は 0 よりも大きな値にする必要があります。

DTS_E_TXSCD_CANNOTFINDEXTERNALCOLUMN

MessageId: DTS_E_TXSCD_CANNOTFINDEXTERNALCOLUMN MessageText: "%1!s!" という名前の外部列が見つかりません。

DTS_E_TXSCD_CANNOTMAPDIFFERENTTYPES

MessageId: DTS_E_TXSCD_CANNOTMAPDIFFERENTTYPES MessageText: 入力列 "%1!s!" は、データ型が異なるため、外部列 "%2!s!" にマップできません。 緩やかに変化するディメンション変換では、DT_STR および DT_WSTR 以外の型の列間でマッピングを行えません。

DTS_E_TXSCD_FIXEDATTRIBUTECHANGE

MessageId: DTS_E_TXSCD_FIXEDATTRIBUTECHANGE MessageText: FailOnFixedAttributeChange プロパティが TRUE に設定されている場合、固定属性の変更が検出されると変換は失敗します。 行を固定属性の出力に送信するには、FailOnFixedAttributeChange プロパティを False に設定します。

DTS_E_TXSCD_INFERREDINDICATORNULL

MessageId: DTS_E_TXSCD_INFERREDINDICATORNULL MessageText: 推定インジケーター列 "%1!s!" に null 値が含まれています。 推論されるインジケーター列は、null 値のないブール型の列にする必要があります。

DTS_E_TXSCD_INFFEREDINDICATORNOTBOOL

MessageId: DTS_E_TXSCD_INFFEREDINDICATORNOTBOOL MessageText: 推定インジケーター列 "%1!s!" は、DT_BOOL型である必要があります。

DTS_E_TXSCD_INVALIDINPUTCOLUMNTYPE

MessageId: DTS_E_TXSCD_INVALIDINPUTCOLUMNTYPE MessageText: "%1!s!" の ColumnType プロパティが無効です。 現在の値が、許容される値の範囲内にありません。

DTS_E_TXSCD_INVALIDNUMBERSOFPARAMETERS

MessageId: DTS_E_TXSCD_INVALIDNUMBERSOFPARAMETERS MessageText: 緩やかに変化するディメンション変換の入力には、少なくとも 1 つの列の種類のキーが必要です。 少なくとも 1 列の種類をキーに設定してください。

DTS_E_TXSCD_LOOKUPFAILURE

MessageId: DTS_E_TXSCD_LOOKUPFAILURE MessageText: 参照変換で行の取得に失敗しました。 FailOnLookupFailure が True に設定されている場合は、変換が行われず、行が取得されません。

DTS_E_TXSCD_MAINWORKSPACE_CREATEERR

MessageId: DTS_E_TXSCD_MAINWORKSPACE_CREATEERR MessageText: ワークスペース バッファーを作成できません。

DTS_E_TXSCD_MALLOCERR_BUFFCOL

MessageId: DTS_E_TXSCD_MALLOCERR_BUFFCOL MessageText: メモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXSCD_MALLOCERR_REFERENCECOLUMNINFO

MessageId: DTS_E_TXSCD_MALLOCERR_REFERENCECOLUMNINFO MessageText: メモリを割り当てることができません。

DTS_E_TXSCD_NOTYPEDCOLUMNSATINPUT

MessageId: DTS_E_TXSCD_NOTYPEDCOLUMNSATINPUT MessageText: 緩やかに変化するディメンション変換の入力には、少なくとも 1 つの列の Fixed 型、Changing 型、または Historical 型が必要です。 少なくとも 1 つの列が FixedAttribute、ChangingAttribute、または HistoricalAttribute であることを確認してください。

DTS_E_TXSCD_OLEDBERR_LOADCOLUMNMETADATA

MessageId: DTS_E_TXSCD_OLEDBERR_LOADCOLUMNMETADATA MessageText: 列メタデータの読み込み中に OLEDB エラーが発生しました。

DTS_E_TXSCD_TOOFEWREFERENCECOLUMNS

MessageId: DTS_E_TXSCD_TOOFEWREFERENCECOLUMNS MessageText: 参照参照メタデータに含まれる列が少なすぎます。

DTS_E_TXSCRIPTMIGRATIONCOULDNOTADDREFERENCE

MessageId: DTS_E_TXSCRIPTMIGRATIONCOULDNOTADDREFERENCE MessageText: %2!s! の移行中にプロジェクト参照 "%1!s!" を追加できませんでした。 移行を手動で完了することが必要になる場合があります。

DTS_E_TXSCRIPTMIGRATIONMULTIPLEENTRYPOINTSFOUND

MessageId: DTS_E_TXSCRIPTMIGRATIONMULTIPLEENTRYPOINTSFOUND MessageText: %2!s! の移行中に、"%1!s!" という名前のエントリ ポイントが複数見つかりました。 移行を手動で完了することが必要になる場合があります。

DTS_E_TXSCRIPTMIGRATIONNOENTRYPOINTFOUND

MessageId: DTS_E_TXSCRIPTMIGRATIONNOENTRYPOINTFOUND MessageText: %1!s! の移行中にエントリ ポイントが見つかりませんでした。 移行を手動で完了することが必要になる場合があります。

DTS_E_TXSPLITEXPRESSIONEVALUATEDTONULL

"%2" の式 "%1" は NULL と評価されましたが、"%3" ではブール型の結果が必要です。 出力でのエラー行の処理を変更して、これを無効な結果として処理する (エラーを無視する) か、この行をエラー出力にリダイレクトしてください (行のリダイレクト)。 条件分割式の結果は、ブール型にする必要があります。 式の結果が NULL の場合は、エラーになります。

DTS_E_TXSPLITSTATIC_EXPRESSIONEVALUATEDTONULL

式は NULL と評価されましたが、ブール型の結果が必要です。 出力でのエラー行の処理を変更して、これを無効な結果として処理する (エラーを無視する) か、この行をエラー出力にリダイレクトしてください (行のリダイレクト)。 条件分割式の結果は、ブール型にする必要があります。 式の結果が NULL の場合は、エラーになります。

DTS_E_TXTERMLOOKUP_MISMATCHED_COLUMN_METADATA

MessageId: DTS_E_TXTERMLOOKUP_MISMATCHED_COLUMN_METADATA MessageText: 系列 ID を持つ列 %1!d! %2!d! の列のメタデータが一致していません。 出力列にマップされた入力列に、同じメタデータ (データ型、有効桁数、小数点以下桁数、長さ、またはコード ページ) がありません。

DTS_E_TXUNIONALL_EXTRADANGLINGINPUT

MessageId: DTS_E_TXUNIONALL_EXTRADANGLINGINPUT MessageText: %1!s! は追加の接続されていない入力であり、削除されます。

DTS_E_TXUNIONALL_NONDANGLINGUNATTACHEDINPUT

MessageId: DTS_E_TXUNIONALL_NONDANGLINGUNATTACHEDINPUT MessageText: %1!s! はアタッチされていませんが、未解決としてマークされていません。 ぶら下がりとしてマークされます。

DTS_E_TXUNPIVOTBADKEYLIST

MessageId: DTS_E_TXUNPIVOTBADKEYLIST MessageText: PivotKeyValue が無効です。 UnPivot が解除された複数の DestinationColumn を使用するピボット解除変換では、各変換先の PivotKeyValues のセットが完全に一致する必要があります。

DTS_E_TXUNPIVOTBADUNPIVOTMETADATA

MessageId: DTS_E_TXUNPIVOTBADUNPIVOTMETADATA MessageText: UnPivot メタデータが正しくありません。 UnPivot 変換では、同じ DestinationColumn を参照する PivotKeyValue が設定されたすべての入力列において、DestinationColumn と完全に一致するメタデータが必要です。

DTS_E_TXUNPIVOTDUPLICATEDESTINATION

MessageId: DTS_E_TXUNPIVOTDUPLICATEDESTINATION MessageText: 重複する宛先エラー。 複数のピボットが行われていない入力列が同じマップ先の出力列にマップされます。

DTS_E_TXUNPIVOTDUPLICATEPIVOTKEYVALUE

MessageId: DTS_E_TXUNPIVOTDUPLICATEPIVOTKEYVALUE MessageText: Duplicate PivotKeyValue。 入力列 "%1!s!"(%2!d!)はピボット値の出力列にマップされ、一意ではない PivotKeyValue を持っています。

DTS_E_TXUNPIVOTNOPIVOT

MessageId: DTS_E_TXUNPIVOTNOPIVOT MessageText: ピボットキーとしてマークされた出力列はありません。

DTS_E_TXUNPIVOTNOTINPUTMAP

MessageId: DTS_E_TXUNPIVOTNOTINPUTMAP MessageText: 入力列 "%1!s!"(%2!d!)には、有効な出力列 LineageID を参照しない DestinationColumn プロパティ値があります。

DTS_E_TXUNPIVOTNOUNPIVOTDESTINATION

MessageId: DTS_E_TXUNPIVOTNOUNPIVOTDESTINATION MessageText: ピボット解除先が見つかりません。 PivotKeyValue を使用して、少なくとも 1 つの入力列を出力の DestinationColumn にマップする必要があります。

DTS_E_TXUNPIVOTTOOMANYPIVOTKEYS

MessageId: DTS_E_TXUNPIVOTTOOMANYPIVOTKEYS MessageText: 指定されたピボット キーが多すぎます。 1 つの出力列のみをピボット キーとして使用できます。

DTS_E_TXUNPIVOTUNMAPPEDOUTPUT

MessageId: DTS_E_TXUNPIVOTUNMAPPEDOUTPUT MessageText: 出力列 "%1!s!"(%2!d!)は、入力列の DestinationColumn プロパティによってマップされません。

DTS_E_UNABLETODECODEBINARYFORMAT

MessageId: DTS_E_UNABLETODECODEBINARYFORMAT MessageText: パッケージ内のバイナリ形式をデコードできません。

DTS_E_UNABLETOFINDCOLUMNHANDLEININPUTBUFFER

MessageId: DTS_E_UNABLETOFINDCOLUMNHANDLEININPUTBUFFER MessageText: 系列 ID %1!d! の列が見つかりません 見つかりません。

DTS_E_UNABLETOFINDCOLUMNHANDLEINOUTPUTBUFFER

MessageId: DTS_E_UNABLETOFINDCOLUMNHANDLEINOUTPUTBUFFER MessageText: 系列 ID %1!d! の列が見つかりません 見つかりません。

DTS_E_UNABLETOGETINPUTBUFFERHANDLE

MessageId: DTS_E_UNABLETOGETINPUTBUFFERHANDLE MessageText: 入力 ID %1!d! の入力バッファー ハンドルを取得できません。

DTS_E_UNABLETOGETLOCALIZEDRESOURCE

MessageId: DTS_E_UNABLETOGETLOCALIZEDRESOURCE MessageText: ローカライズされたリソース ID %1!d! を読み込むことができません。 RLL ファイルが存在するかどうかを確認してください。

DTS_E_UNABLETOGETOUTPUTBUFFERHANDLE

MessageId: DTS_E_UNABLETOGETOUTPUTBUFFERHANDLE MessageText: 出力 ID %1!d! の出力バッファー ハンドルを取得できません。

DTS_E_UNABLETOLOCATEINPUTCOLUMNID

MessageId: DTS_E_UNABLETOLOCATEINPUTCOLUMNID MessageText: 位置番号 %2!d! のパラメーターを持つ ParameterMap カスタム プロパティで参照される系列 ID %1!d! の入力列は、入力列コレクションに見つかりません。

DTS_E_UNABLETOPOPRESULT

MessageId: DTS_E_UNABLETOPOPRESULT MessageText: 1 つの行の結果の種類の結果列を設定できません。 クエリから空の結果セットが返されました。

DTS_E_UNABLETORETRIEVECOLUMNINFO

MessageId: DTS_E_UNABLETORETRIEVECOLUMNINFO MessageText: データ ソースから列情報を取得できません。 データベース内の取得先のテーブルが使用できることを確認してください。

DTS_E_UNABLETORETRIEVECOLUMNINFOFROMFLATFILECONNECTIONMANAGER

MessageId: DTS_E_UNABLETORETRIEVECOLUMNINFOFROMFLATFILECONNECTIONMANAGER MessageText: フラット ファイル接続マネージャーから列情報を取得できません。

DTS_E_UNABLETORETRIEVEMETADATA

MessageId: DTS_E_UNABLETORETRIEVEMETADATA MessageText: "%1!s!" のメタデータを取得できません。 オブジェクト名が正しくて、オブジェクトが存在することを確認してください。

DTS_E_UNABLETOSAVETOFILE

MessageId: DTS_E_UNABLETOSAVETOFILE MessageText: xml を "%1!s!" に保存できません。 ファイルが読み取り専用である可能性があります。

DTS_E_UNABLETOSETUPDISKIOBUFFER

MessageId: DTS_E_UNABLETOSETUPDISKIOBUFFER MessageText: ディスク I/O バッファーの設定中にエラーが発生しました。

DTS_E_UNABLETOWRITELOBDATATOBUFFER

MessageId: DTS_E_UNABLETOWRITELOBDATATOBUFFER MessageText: DT_TEXT、DT_NTEXT、またはDT_IMAGE型の長いオブジェクト データData Flowタスク バッファーへの書き込みが、列 "%1!s!" で失敗しました。

DTS_E_UNEXPECTEDCOLUMNDATATYPE

MessageId: DTS_E_UNEXPECTEDCOLUMNDATATYPE MessageText: 列 "%1!s!" に指定されたデータ型は、予期される型 "%2!s!"" ではありません。

DTS_E_UNKNOWN

MessageId: DTS_E_UNKNOWN MessageText: エラーが発生しました。 エラー コードは 0x%1!8.8X! でした。

DTS_E_UNKNOWNCOMPONENTHASINVALIDCLSID

MessageId: DTS_E_UNKNOWNCOMPONENTHASINVALIDCLSID MessageText: いずれかのコンポーネントの CLSID が無効です。 パイプラインに含まれているすべてのコンポーネントの CLSID が有効であることを確認してください。

DTS_E_UNKNOWNCONNECTIONMANAGERTYPE

接続マネージャー "%2" に指定されている接続の種類 "%1" は、有効な接続マネージャーの種類として認識されません。 このエラーは、接続の種類が不明な接続マネージャーを作成しようとした場合に発生します。 接続の種類の名前が、正しいスペルになっていることを確認してください。

DTS_E_UNKNOWNCONNECTIONMANAGERTYPENOSUBS

MessageId: DTS_E_UNKNOWNCONNECTIONMANAGERTYPENOSUBS MessageText: 接続マネージャーに指定された接続の種類が有効な接続マネージャーの種類ではありません。 このエラーは、接続の種類が不明な接続マネージャーを作成しようとした場合に発生します。 接続の種類の名前の綴りを確認してください。

DTS_E_UNKNOWNLOGPROVIDERTYPE

ログ プロバイダー "%2" に指定されたログ プロバイダーの種類 "%1" は、有効なログ プロバイダーの種類として認識されません。 このエラーは、不明な種類のログ プロバイダーを作成しようとした場合に発生します。 ログ プロバイダーの種類の名前が、正しいスペルになっていることを確認してください。

DTS_E_UNKNOWNLOGPROVIDERTYPENOSUBS

MessageId: DTS_E_UNKNOWNLOGPROVIDERTYPENOSUBS MessageText: ログ プロバイダーの種類は、有効なログ プロバイダーの種類として認識されません。 このエラーは、不明な種類のログ プロバイダーを作成しようとした場合に発生します。 ログ プロバイダーの種類の名前が、正しいスペルになっていることを確認してください。

DTS_E_UNKNOWNSTATUSCODE

MessageId: DTS_E_UNKNOWNSTATUSCODE MessageText: Server が返した状態コード - %1!u! : %2!s!. このエラーは、サーバーで問題が発生したときに発生します。

DTS_E_UNMAPPEDINPUTCOLUMN

MessageId: DTS_E_UNMAPPEDINPUTCOLUMN MessageText: %1!s! は出力列にマップされません。

DTS_E_UNPROTECTCONNECTIONSTRINGFAILED

MessageId: DTS_E_UNPROTECTCONNECTIONSTRINGFAILED MessageText: サーバー "%1!s!" の保護された接続文字列の暗号化を解除できませんでした。エラー 0x%2!8.8X! 。 この情報にアクセスする権限がない可能性があります。 このエラーは、暗号化エラーが発生した場合に発生します。 正しいキーが使用可能であることを確認してください。

DTS_E_UNPROTECTXMLFAILED

MessageId: DTS_E_UNPROTECTXMLFAILED MessageText: エラー 0x%2!8.8X で保護された XML ノード "%1!s!" の暗号化を解除できませんでした! 。 この情報にアクセスする権限がない可能性があります。 このエラーは、暗号化エラーが発生した場合に発生します。 正しいキーが使用可能であることを確認してください。

DTS_E_UNQUOTEDSEMICOLON

接続文字列コンポーネントには、引用符で囲まれていないセミコロンを含めることはできません。 値にセミコロンを含める必要がある場合は、値全体を引用符で囲みます。 このエラーは、InitialCatalog プロパティなどの接続文字列の値に引用符で囲まれていないセミコロンが含まれている場合に発生します。

DTS_E_UNRECOGNIZEDERRORCODE

MessageId: DTS_E_UNRECOGNIZEDERRORCODE MessageText: 指定されたエラー コードがこのコンポーネントに関連付けされていません。

DTS_E_UNREFERENCEDINPUTCOLUMN

MessageId: DTS_E_UNREFERENCEDINPUTCOLUMN MessageText: 入力列 "%1!s!" は参照されていません。

DTS_E_UNREGISTEREDPIPELINEXML_LOAD

MessageId: DTS_E_UNREGISTEREDPIPELINEXML_LOAD MessageText: Data Flow オブジェクトを読み込めません。 Microsoft.SqlServer.PipelineXml.dll が正しく登録されていることを確認してください。

DTS_E_UNREGISTEREDPIPELINEXML_SAVE

MessageId: DTS_E_UNREGISTEREDPIPELINEXML_SAVE MessageText: Data Flow オブジェクトを保存できません。 Microsoft.SqlServer.PipelineXml.dll が正しく登録されていることを確認してください。

DTS_E_UNSAFEVARIABLESALREADYSET

MessageId: DTS_E_UNSAFEVARIABLESALREADYSET MessageText: VariableDispenser が安全でない変数コレクションを受信しました。 この操作を繰り返すことはできません。

DTS_E_UNSUPPORTEDARRAYTYPE

MessageId: DTS_E_UNSUPPORTEDARRAYTYPE MessageText: 配列内のサポートされていない型。 このエラーは、サポートされていない型の配列を変数に保存したときに発生します。

DTS_E_UNSUPPORTEDSQLVERSION

MessageId: DTS_E_UNSUPPORTEDSQLVERSION MessageText: このデータベース バージョンでは、試行された操作はサポートされていません。

DTS_E_UNSUPPORTEDVARIABLETYPE

MessageId: DTS_E_UNSUPPORTEDVARIABLETYPE MessageText: 変数 %1!s! は "%2!s!" 型である必要があります。

DTS_E_UNTRUSTEDSIGNATURE

MessageId: DTS_E_UNTRUSTEDSIGNATURE MessageText: デジタル署名は有効です。ただし、署名者は信頼されていないため、信頼性を保証することはできません。

DTS_E_UNUSABLETEMPORARYPATH

MessageId: DTS_E_UNUSABLETEMPORARYPATH MessageText: バッファー マネージャーは、パス "%1!s!"に一時ファイルを作成できませんでした。 このパスは一時保存域として見なされません。

DTS_E_UPGRADEFAILED

MessageId: DTS_E_UPGRADEFAILED MessageText: "%1!s!" のコンポーネント メタデータを、新しいバージョンのコンポーネントにアップグレードできませんでした。 PerformUpgrade メソッドを実行できませんでした。

DTS_E_USEBINARYFORMATREQUIRESANSIFILE

MessageId: DTS_E_USEBINARYFORMATREQUIRESANSIFILE MessageText: %2!s! のカスタム プロパティ "%1!s!" は ANSI ファイルでのみ使用できます。

DTS_E_USEBINARYFORMATREQUIRESBYTES

MessageId: DTS_E_USEBINARYFORMATREQUIRESBYTES MessageText: %2!s! のカスタム プロパティ "%1!s!" は、DT_BYTESでのみ使用できます。

DTS_E_USERCOMPONENTEXCEPTION

MessageId: DTS_E_USERCOMPONENTEXCEPTION MessageText: マネージド ユーザー コンポーネントが例外 "%1!s!"をスローしました。

DTS_E_UTF16BIGENDIANFORMATNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_UTF16BIGENDIANFORMATNOTSUPPORTED MessageText: UTF-16 ビッグ エンディアンのファイル形式はサポートされていません。 UTF-16 Little Endian 形式のみがサポートされています。

DTS_E_UTF8FORMATNOTSUPPORTEDASUNICODE

MessageId: DTS_E_UTF8FORMATNOTSUPPORTEDASUNICODE MessageText: UTF-8 のファイル形式は Unicode としてサポートされていません。

DTS_E_VALIDATECOLUMNMETADATAFAILED

MessageId: DTS_E_VALIDATECOLUMNMETADATAFAILED MessageText: 列メタデータの検証に失敗しました。

DTS_E_VALIDATIONFAILED

MessageId: DTS_E_VALIDATIONFAILED MessageText: レイアウトと 1 つ以上のコンポーネントが検証に失敗しました。

DTS_E_VALIDATIONFAILEDONCOMPONENTS

MessageId: DTS_E_VALIDATIONFAILEDONCOMPONENTS MessageText: 1 つ以上のコンポーネントが検証に失敗しました。

DTS_E_VALIDATIONFAILEDONLAYOUT

MessageId: DTS_E_VALIDATIONFAILEDONLAYOUT MessageText: レイアウトの検証に失敗しました。

DTS_E_VALUE_WEBSERVICETASK_NOT_COMPLEX

MessageId: DTS_E_VALUE_WEBSERVICETASK_NOT_COMPLEX MessageText: 指定された WebMethodInfo が正しくありません。 指定された ParamValue が ParamType と一致しません。 見つかった DTSParamValue の型が ComplexValue ではありません。

DTS_E_VALUEINDEXNEGATIVE

MessageId: DTS_E_VALUEINDEXNEGATIVE MessageText: 値インデックスが負の値です。 変数 "%2" への ForEach 変数マッピング番号 を変数 "%2!s!"に変換します。

DTS_E_VALUEINDEXNOTINTEGER

MessageId: DTS_E_VALUEINDEXNOTINTEGER MessageText: 値インデックスは整数ではありません。 For Each 変数番号 %1!d! を変数 "%2" に を変数 "%2!s!"に変換します。

DTS_E_VARIABLEACCESSFAILED

MessageId: DTS_E_VARIABLEACCESSFAILED MessageText: 変数 "%1!s!" へのアクセスがエラー コード 0x%2!8.8X! で失敗しました。

DTS_E_VARIABLEALREADYONREADLIST

MessageId: DTS_E_VARIABLEALREADYONREADLIST MessageText: 変数 "%1!s!" は既に読み取りリストに含まれています。 変数は、読み取りロック一覧または書き込みロック一覧に一度だけ追加できます。

DTS_E_VARIABLEALREADYONWRITELIST

MessageId: DTS_E_VARIABLEALREADYONWRITELIST MessageText: 変数 "%1!s!" は既に書き込みリストに含まれています。 変数は、読み取りロック一覧または書き込みロック一覧に一度だけ追加できます。

DTS_E_VARIABLEDEADLOCK

MessageId: DTS_E_VARIABLEDEADLOCK MessageText: 変数をロックしようとしたときにデッドロックが検出されました。 16 回試行しましたがロックを取得できません。 ロックはタイムアウトしました。

DTS_E_VARIABLEDEADLOCK_BOTH

MessageId: DTS_E_VARIABLEDEADLOCK_BOTH MessageText: 読み取りアクセスの変数 "%1!s!" と読み取り/書き込みアクセス用の変数 "%2!s!" をロックしようとしたときにデッドロックが検出されました。 16 回試行しましたがロックを取得できなかったため、 ロックはタイムアウトしました。

DTS_E_VARIABLEDEADLOCK_READ

MessageId: DTS_E_VARIABLEDEADLOCK_READ MessageText: 読み取りアクセス用に変数 "%1!s!" をロックしようとしたときにデッドロックが検出されました。 16 回試行しましたがロックを取得できなかったため、ロックはタイムアウトしました。

DTS_E_VARIABLEDEADLOCK_READWRITE

MessageId: DTS_E_VARIABLEDEADLOCK_READWRITE MessageText: 読み取り/書き込みアクセスの変数 "%1!s!" をロックしようとしたときにデッドロックが検出されました。 16 回試行しましたがロックを取得できなかったため、 ロックはタイムアウトしました。

DTS_E_VARIABLEEXPRESSIONERROR

MessageId: DTS_E_VARIABLEEXPRESSIONERROR MessageText: 変数 "%1!s!" の式が評価に失敗しました。 式にエラーがありました。

DTS_E_VARIABLEINVALIDCONTAINERREF

MessageId: DTS_E_VARIABLEINVALIDCONTAINERREF MessageText: コンテナー参照に変数を設定しようとすると無効です。 コンテナー参照には変数を設定できません。

DTS_E_VARIABLENOTFOUND

変数が見つかりません。 このエラーは、パッケージの実行中にコンテナーの Variables コレクションから変数を取得しようとしたときに、その変数がない場合に発生します。 変数名が変更されたか、変数が作成されていない可能性があります。

DTS_E_VARIABLENOTFOUNDINCOLL

変数 "%1" が見つかりません。 このエラーは、パッケージの実行中にコンテナーの変数のコレクションから変数を取得しようとしたときに、その変数がない場合に発生します。 変数名が変更されたか、変数が作成されていない可能性があります。

DTS_E_VARIABLEREADONLY

MessageId: DTS_E_VARIABLEREADONLY MessageText: 読み取り専用変数 "%1" に書き込もうとしたときにエラーが発生しました。

DTS_E_VARIABLESALREADYUNLOCKED

MessageId: DTS_E_VARIABLESALREADYUNLOCKED MessageText: この Variables コレクションは既にロック解除されています。 ディスペンサーで管理されている Variables コレクションでは、Unlock メソッドが 1 回だけ呼び出されます。

DTS_E_VARIABLESCOLLECTIONUNAVAILABLE

MessageId: DTS_E_VARIABLESCOLLECTIONUNAVAILABLE MessageText: Variables コレクションは使用できません。

DTS_E_VARIABLEUNLOCKFAILED

MessageId: DTS_E_VARIABLEUNLOCKFAILED MessageText: 1 つ以上の変数のロック解除に失敗しました。

DTS_E_VERCOMMENTSTOOLONG

MessageId: DTS_E_VERCOMMENTSTOOLONG MessageText: VersionComments プロパティが長すぎます。 上限は 1,024 文字です。 VersionComments を短くしてください。

DTS_E_VERSIONUPGRADEFAILED

MessageId: DTS_E_VERSIONUPGRADEFAILED MessageText: バージョン "%1!s!" からバージョン %2!d! へのアップグレード できませんでした。

DTS_E_VIRTUALNOTSEQUENTIAL

MessageId: DTS_E_VIRTUALNOTSEQUENTIAL MessageText: Buffer ID %1!d! 他の仮想バッファーをサポートしているので、シーケンシャル モードに設定できません。 仮想バッファーがサポートされているバッファーで IDTSBuffer100.SetSequentialMode が呼び出されました。

DTS_E_WAITFORMUTEXFAILED

MessageId: DTS_E_WAITFORMUTEXFAILED MessageText: エラー 0x%2!8.8X! でミューテックス "%1!s!" を取得できませんでした。

DTS_E_WEBSERVICETASK_ARRAY_VALUE_INVALID

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_ARRAY_VALUE_INVALID MessageText: ArrayValue の形式が無効です。 配列には少なくとも 1 つの要素が必要です。

DTS_E_WEBSERVICETASK_CANNOT_ACQUIRE_CONNECTION

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_CANNOT_ACQUIRE_CONNECTION MessageText: HTTP 接続の取得中にエラーが発生しました。 有効な接続の種類が指定されていることを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_CANNOT_ACQUIRE_FILE_CONNECTION

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_CANNOT_ACQUIRE_FILE_CONNECTION MessageText: ファイル接続の取得中にエラーが発生しました。 有効なファイル接続が指定されていることを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_CANNOT_GEN_PROXY

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_CANNOT_GEN_PROXY MessageText: 指定された Web サービスのプロキシを生成できませんでした。 プロキシ "%1!s!" の生成中に次のエラーが発生しました。

DTS_E_WEBSERVICETASK_CANNOT_LOAD_PROXY

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_CANNOT_LOAD_PROXY MessageText: 特定の Web サービスのプロキシを読み込めませんでした。 正確なエラーは次のとおりです: "%1!s!"。

DTS_E_WEBSERVICETASK_CLEANUP_FAILED

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_CLEANUP_FAILED MessageText: クリーンアップに失敗しました。 Web サービス用に作成されたプロキシが削除された可能性があります。

DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTION_ALREADY_EXISTS

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTION_ALREADY_EXISTS MessageText: この名前による接続は既に存在します。

DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTION_NAME_NULL

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTION_NAME_NULL MessageText: 接続が空です。 有効な HTTP 接続が指定されていることを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTION_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTION_NOT_FOUND MessageText: 接続が存在しません。 指定された既存の HTTP 接続が有効であることを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTION_NOT_HTTP

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTION_NOT_HTTP MessageText: 指定された接続は HTTP 接続ではありません。 有効な HTTP 接続が指定されていることを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTIONNOTFOUND

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_CONNECTIONNOTFOUND MessageText: 接続が見つかりません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_CONVERT_FAILED

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_CONVERT_FAILED MessageText: "%1!s!" を "%2!s!" に変換できませんでした。

DTS_E_WEBSERVICETASK_CREATE_INSTANCE_FAILED

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_CREATE_INSTANCE_FAILED MessageText: 型 "%1!s!" のオブジェクトを作成できませんでした。 既定のコンストラクターが存在するかどうかを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_DATATYPE_NOT_SUPPORTED

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_DATATYPE_NOT_SUPPORTED MessageText: プリミティブ値、プリミティブ配列、および列挙型を持つ複合型のみがサポートされます。

DTS_E_WEBSERVICETASK_DATATYPE_NULL

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_DATATYPE_NULL MessageText: データ型を null にすることはできません。 検証するデータ型の値を指定してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_ENUM_NO_VALUES

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_ENUM_NO_VALUES MessageText: 列挙型 "%1!s!" には値がありません。 WSDL が壊れています。

DTS_E_WEBSERVICETASK_ENUM_VALUE_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_ENUM_VALUE_NOT_FOUND MessageText: 列挙値が正しくありません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_ERROR_IN_DOWNLOAD

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_ERROR_IN_DOWNLOAD MessageText: WSDL ファイルを読み取れませんでした。 入力 WSDL ファイルが無効です。 リーダーが次のエラーをスローしました: "%1!s!"。

DTS_E_WEBSERVICETASK_ERROR_IN_LOAD_FROM_XML

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_ERROR_IN_LOAD_FROM_XML MessageText: タグ "%1!s!" の LoadFromXML でエラーが発生しました。

DTS_E_WEBSERVICETASK_ERROR_IN_SAVE_TO_XML

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_ERROR_IN_SAVE_TO_XML MessageText: タグ "%1!s!" の SaveToXML でエラーが発生しました。

DTS_E_WEBSERVICETASK_ERROR_IN_VALIDATE

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_ERROR_IN_VALIDATE MessageText: "%1!s!" を "%1!s!" に対して検証できませんでした。

DTS_E_WEBSERVICETASK_FILE_CONN_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_FILE_CONN_NOT_FOUND MessageText: 結果を保存できません。 既存のファイル接続が存在することを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_FILE_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_FILE_NOT_FOUND MessageText: 結果を保存できません。 ファイルが存在することを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_FILE_NULL

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_FILE_NULL MessageText: 結果を保存できません。 ファイル名が空であるか、ファイルが別のプロセスによって使用されています。

DTS_E_WEBSERVICETASK_INDEX_OUT_OF_BOUNDS

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_INDEX_OUT_OF_BOUNDS MessageText: ParamValue をこの位置に挿入することはできません。 指定されたインデックスが 0 未満であるか、最大の長さを超えています。

DTS_E_WEBSERVICETASK_INVALID_SERVICE

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_INVALID_SERVICE MessageText: 指定されたサービスが見つかりませんでした。 正確なエラーは次のとおりです: "%1!s!"。

DTS_E_WEBSERVICETASK_INVOKE_ERR

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_INVOKE_ERR MessageText: Web メソッドを実行できませんでした。 正確なエラーは次のとおりです: "%1!s!"。

DTS_E_WEBSERVICETASK_METHODINFO_NULL

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_METHODINFO_NULL MessageText: MethodInfo を null にすることはできません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_METHODNAME_NULL

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_METHODNAME_NULL MessageText: Web メソッド名が空です。 有効な Web メソッド名が指定されていることを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_MSG_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_MSG_NOT_FOUND MessageText: 指定されたメソッドに対応するメッセージが見つかりません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_NOT_HTTP_CONNECTION

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_NOT_HTTP_CONNECTION MessageText: 指定された接続は HTTP 接続ではありません。 有効な HTTP 接続が指定されていることを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_NOT_PRIMITIVE_TYPE

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_NOT_PRIMITIVE_TYPE MessageText: "%1!s!" は値型ではありません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_NULL_CONNECTION

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_NULL_CONNECTION MessageText: Connection を null または空にすることはできません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_NULL_VALUE

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_NULL_VALUE MessageText: データ型に対して null を検証できません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_OUTPUTLOC_NULL

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_OUTPUTLOC_NULL MessageText: 出力場所が空です。 既存のファイル接続または変数が指定されていることを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_PARAMTYPE_NOT_SUPPORTED

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_PARAMTYPE_NOT_SUPPORTED MessageText: プリミティブ型、列挙型型、Complex 型、PrimitiveArray 型、ComplexArray 型のみがサポートされます。

DTS_E_WEBSERVICETASK_PROP_NOT_EXISTS

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_PROP_NOT_EXISTS MessageText: 指定されたクラスには、"%1!s!" という名前のパブリック プロパティが含まれていません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_SELECTED_VALUE_NULL

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_SELECTED_VALUE_NULL MessageText: 列挙の値を null にすることはできません。 列挙の既定値を選択してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_SERVICE_DESC_NULL

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_SERVICE_DESC_NULL MessageText: サービスの説明を null にすることはできません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_SERVICE_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_SERVICE_NOT_FOUND MessageText: サービスは現在使用できません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_SERVICE_NULL

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_SERVICE_NULL MessageText: Web サービス名が空です。 有効な Web サービス名が指定されていることを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_SERVICENULL

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_SERVICENULL MessageText: サービス名を null にすることはできません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_SOAPBINDING_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_SOAPBINDING_NOT_FOUND MessageText: Web サービス記述言語 (WSDL) の解析に失敗しました。 SOAP ポートに対応するバインドが見つかりません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_SOAPPORT_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_SOAPPORT_NOT_FOUND MessageText: サービスは SOAP ポートでは使用できません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_SOAPPORTTYPE_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_SOAPPORTTYPE_NOT_FOUND MessageText: Web サービス記述言語 (WSDL) の解析に失敗しました。 SOAP ポートに対応する PortType が見つかりません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_TASK_INITIALIZATION_WITH_NULL_XML_ELEMENT

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_TASK_INITIALIZATION_WITH_NULL_XML_ELEMENT MessageText: null XML 要素を使用してタスクを初期化できません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_TASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_TASK_INITIALIZATION_WITH_WRONG_XML_ELEMENT MessageText: Web サービス タスクは、不適切な XML 要素で開始されます。

DTS_E_WEBSERVICETASK_TASK_SAVE_TO_NULL_XML_ELEMENT

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_TASK_SAVE_TO_NULL_XML_ELEMENT MessageText: タスクを null XML ドキュメントに保存できません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_TYPE_NOT_PRIMITIVE

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_TYPE_NOT_PRIMITIVE MessageText: 指定した WebMethodInfo が間違っています。 "%1!s!" はプリミティブ型ではありません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_UNEXPECTED_XML_ELEMENT

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_UNEXPECTED_XML_ELEMENT MessageText: 予期しない XML 要素が見つかりました。

DTS_E_WEBSERVICETASK_VALUE_NOT_ARRAY

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_VALUE_NOT_ARRAY MessageText: 指定された WebMethodInfo が正しくありません。 指定された ParamValue が ParamType と一致しません。 見つかった DTSParamValue の型が ArrayValue ではありません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_VALUE_NOT_ENUM

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_VALUE_NOT_ENUM MessageText: 指定された WebMethodInfo が正しくありません。 指定された ParamValue が ParamType と一致しません。 見つかった DTSParamValue の型が EnumValue ではありません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_VALUE_NOT_PRIMITIVE

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_VALUE_NOT_PRIMITIVE MessageText: 指定された WebMethodInfo が正しくありません。 指定された ParamValue が ParamType と一致しません。 見つかった DTSParamValue の型が PrimitiveValue ではありません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_VARIABLE_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_VARIABLE_NOT_FOUND MessageText: 変数が見つかりません。 パッケージ内に変数が存在することを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_VARIABLE_READONLY

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_VARIABLE_READONLY MessageText: 結果を保存できません。 変数が読み取り専用ではないことを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_WEBMETHOD_INVOKE_FAILED

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_WEBMETHOD_INVOKE_FAILED MessageText: Web サービスは、メソッドの実行中に次のエラーをスローしました: "%1!s!"。

DTS_E_WEBSERVICETASK_WEBMETHODINFO_NULL

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_WEBMETHODINFO_NULL MessageText: Web メソッドが空であるか、存在しない可能性があります。 指定可能な既存の Web メソッドが存在することを確認してください。

DTS_E_WEBSERVICETASK_WRONG_WSDL

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_WRONG_WSDL MessageText: 入力 WSDL ファイルが無効です。

DTS_E_WEBSERVICETASK_WRONG_XML_ELEMENT

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_WRONG_XML_ELEMENT MessageText: 不適切な XML 要素で初期化されます。

DTS_E_WEBSERVICETASK_WSDL_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_WSDL_NOT_FOUND MessageText: 指定した Uniform Resource Identifier (URI) に有効な WSDL が含まれていません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_WSDL_NULL

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_WSDL_NULL MessageText: URL を null にすることはできません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_WSDL_VERSION_NOT_SUPPORTED

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_WSDL_VERSION_NOT_SUPPORTED MessageText: このバージョンの WSDL はサポートされていません。

DTS_E_WEBSERVICETASK_XML_ATTRIBUTE_NOT_FOUND

MessageId: DTS_E_WEBSERVICETASK_XML_ATTRIBUTE_NOT_FOUND MessageText: 必須の属性が見つかりません。

DTS_E_WINHTTPCANNOTCONNECT

MessageId: DTS_E_WINHTTPCANNOTCONNECT MessageText: サーバー %1!s! への接続 は確立できません。 このエラーは、サーバーが存在しない場合、またはプロキシの設定が正しくない場合に発生する可能性があります。

DTS_E_WINHTTPCERTDECODE

MessageId: DTS_E_WINHTTPCERTDECODE MessageText: 証明書の読み込み中に内部エラーが発生しました。 このエラーは、証明書のデータが無効である場合に発生します。

DTS_E_WINHTTPCERTENCODE

MessageId: DTS_E_WINHTTPCERTENCODE MessageText: 証明書データの保存中に内部エラーが発生しました。

DTS_E_WINHTTPNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_WINHTTPNOTSUPPORTED MessageText: このプラットフォームは WinHttp サービスではサポートされていません。

DTS_E_WINHTTPOPEN

MessageId: DTS_E_WINHTTPOPEN MessageText: プロキシ "%1!s!"で HTTP セッションを初期化中にエラーが発生しました。 このエラーは、無効なプロキシが指定された場合に発生する可能性があります。 HTTP 接続マネージャーは CERN 型のプロキシのみをサポートしています。

DTS_E_WINHTTPUNKNOWNERROR

MessageId: DTS_E_WINHTTPUNKNOWNERROR MessageText: 要求を処理できません。 後で再試行してください。

DTS_E_WMIDRTASK_CANTWRITETOVAR

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_CANTWRITETOVAR MessageText: 元の値を保持するように設定されているため、変数 "%1!s!" に書き込むことができません。

DTS_E_WMIDRTASK_CONNECTIONMANAGEREMPTY

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_CONNECTIONMANAGEREMPTY MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" が空です。

DTS_E_WMIDRTASK_CONNECTIONMNGRDOESNTEXIST

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_CONNECTIONMNGRDOESNTEXIST MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" は存在しません。

DTS_E_WMIDRTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE MessageText: 接続 "%1!s!" が "FILE" 型ではありません。

DTS_E_WMIDRTASK_CONNECTIONTYPENOTWMI

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_CONNECTIONTYPENOTWMI MessageText: 接続 "%1!s!" が "WMI" 型ではありません。

DTS_E_WMIDRTASK_DESTINATIONMUSTBESET

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_DESTINATIONMUSTBESET MessageText: 宛先を設定する必要があります。

DTS_E_WMIDRTASK_FAILEDVALIDATION

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_FAILEDVALIDATION MessageText: タスクの検証に失敗しました。

DTS_E_WMIDRTASK_FILEALREADYEXISTS

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_FILEALREADYEXISTS MessageText: ファイル "%1!s!" は既に存在します。

DTS_E_WMIDRTASK_FILEDOESNOTEXIST

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_FILEDOESNOTEXIST MessageText: ファイル "%1!s!" は存在しません。

DTS_E_WMIDRTASK_INVALIDDATANODE

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_INVALIDDATANODE MessageText: WMI データ リーダー タスクが無効なタスク データ ノードを受信しました。

DTS_E_WMIDRTASK_MISSINGCONNECTION

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_MISSINGCONNECTION MessageText: WMI 接続が設定されていません。

DTS_E_WMIDRTASK_MISSINGWQLQUERY

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_MISSINGWQLQUERY MessageText: WQL クエリがありません。

DTS_E_WMIDRTASK_SYNCOBJECTFAILED

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_SYNCOBJECTFAILED MessageText: Synchronization オブジェクトが失敗しました。

DTS_E_WMIDRTASK_TASKFAILURE

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_TASKFAILURE MessageText: 無効な WMI クエリ "%1!s!"が原因でタスクが失敗しました。

DTS_E_WMIDRTASK_VARIABLETYPEISNOTOBJECT

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_VARIABLETYPEISNOTOBJECT MessageText: 変数 "%1!s!" は、データ テーブルを割り当てるオブジェクト型である必要があります。

DTS_E_WMIDRTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRING

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRING MessageText: 変数 "%1!s!" には文字列データ型がありません。

DTS_E_WMIDRTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRINGOROBJECT

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRINGOROBJECT MessageText: 変数 "%1!s!" は文字列またはオブジェクト型ではありません。

DTS_E_WMIDRTASK_VARNOTOBJECT

MessageId: DTS_E_WMIDRTASK_VARNOTOBJECT MessageText: 変数 "%1!s!" は、データ テーブルを割り当てるオブジェクト型である必要があります。

DTS_E_WMIEWTASK_CONNECTIONMANAGEREMPTY

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_CONNECTIONMANAGEREMPTY MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" が空です。

DTS_E_WMIEWTASK_CONNECTIONMNGRDOESNTEXIST

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_CONNECTIONMNGRDOESNTEXIST MessageText: 接続マネージャー "%1!s!" は存在しません。

DTS_E_WMIEWTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_CONNECTIONTYPENOTFILE MessageText: 接続 "%1!s!" が "FILE" 型ではありません。

DTS_E_WMIEWTASK_CONNECTIONTYPENOTWMI

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_CONNECTIONTYPENOTWMI MessageText: 接続 "%1!s!" が "WMI" 型ではありません。

DTS_E_WMIEWTASK_ERRMESSAGE

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_ERRMESSAGE MessageText: Wql クエリを監視すると、システム例外 "%1!s!"" が発生しました。 クエリにエラーがないか、または WMI 接続にアクセス権があるかどうかを確認してください。

DTS_E_WMIEWTASK_FILEALREADYEXISTS

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_FILEALREADYEXISTS MessageText: ファイル "%1!s!" は既に存在します。

DTS_E_WMIEWTASK_FILEDOESNOTEXIST

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_FILEDOESNOTEXIST MessageText: ファイル "%1!s!" は存在しません。

DTS_E_WMIEWTASK_INVALIDDATANODE

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_INVALIDDATANODE MessageText: WMI Event Watcher タスクが無効なタスク データ ノードを受信しました。

DTS_E_WMIEWTASK_MISSINGCONNECTION

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_MISSINGCONNECTION MessageText: WMI 接続がありません。

DTS_E_WMIEWTASK_MISSINGWQLQUERY

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_MISSINGWQLQUERY MessageText: WQL クエリがありません。

DTS_E_WMIEWTASK_QUERYFAILURE

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_QUERYFAILURE MessageText: タスクが WMI クエリを実行できませんでした。

DTS_E_WMIEWTASK_SYNCOBJECTFAILED

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_SYNCOBJECTFAILED MessageText: 同期オブジェクトが失敗しました。

DTS_E_WMIEWTASK_TIMEOUTOCCURRED

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_TIMEOUTOCCURRED MessageText: "%1!s!" 秒のタイムアウトは、"%2!s!" で表されるイベントの前に発生しました。

DTS_E_WMIEWTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRING

MessageId: DTS_E_WMIEWTASK_VARIABLETYPEISNOTSTRING MessageText: 変数 "%1!s!" は文字列型ではありません。

DTS_E_WRITEWHILECACHEINUSE

MessageId: DTS_E_WRITEWHILECACHEINUSE MessageText: キャッシュが %1!s! から読み取られます。 %2!s! では書き込めません。

DTS_E_WRONGOBJECTTYPE

MessageId: DTS_E_WRONGOBJECTTYPE MessageText: 要求されたオブジェクトの種類が正しくありません。

DTS_E_XMLDATAREADERANYTYPENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_XMLDATAREADERANYTYPENOTSUPPORTED MessageText: XML ソース アダプターが XML データを処理できませんでした。 要素のコンテンツは anyType として宣言できません。

DTS_E_XMLDATAREADERGROUPREFNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_XMLDATAREADERGROUPREFNOTSUPPORTED MessageText: XML ソース アダプターが XML データを処理できませんでした。 要素内に、グループへの参照 (ref) を含めることはできません。

DTS_E_XMLDATAREADERINLINESCHEMAFOUNDINSOURCEXML

MessageId: DTS_E_XMLDATAREADERINLINESCHEMAFOUNDINSOURCEXML MessageText: XML ソース アダプターが XML データを処理できませんでした。 インライン スキーマはソース XML の最初の子ノードである必要があります。

DTS_E_XMLDATAREADERMIXEDCONTENTFORCOMPLEXTYPESNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_XMLDATAREADERMIXEDCONTENTFORCOMPLEXTYPESNOTSUPPORTED MessageText: XML ソース アダプターでは、複合型の混合コンテンツ モデルはサポートされていません。

DTS_E_XMLDATAREADERMULTIPLEINLINEXMLSCHEMASNOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_XMLDATAREADERMULTIPLEINLINEXMLSCHEMASNOTSUPPORTED MessageText: XML ソース アダプターが XML データを処理できませんでした。 インライン スキーマは複数使用できません。

DTS_E_XMLDATAREADERNOINLINESCHEMAFOUND

MessageId: DTS_E_XMLDATAREADERNOINLINESCHEMAFOUND MessageText: XML ソース アダプターが XML データを処理できませんでした。 ソース XML にインライン スキーマはありませんが、"UseInlineSchema" プロパティが True に設定されています。

DTS_E_XMLDATATYPECHANGED

MessageId: DTS_E_XMLDATATYPECHANGED MessageText: 要素 "%2!s!" の "%1!s!" の XML スキーマ データ型情報が変更されました。 このコンポーネントのメタデータを再度初期化して、列マッピングを確認してください。

DTS_E_XMLDOMERROR

MessageId: DTS_E_XMLDOMERROR MessageText: エラー 0x%1!8.8X! により XML ドキュメント オブジェクト モデルのインスタンスを作成できません。 "%2!s!"。 MSXML を登録できない可能性があります。

DTS_E_XMLSRC_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONERROR

MessageId: DTS_E_XMLSRC_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONERROR MessageText: エラー コード 0x%2!8.8X! が発生し、"%3!s!" のエラー行の処理が "%4!s!" でエラー時にエラーを指定します。 ここに示されたコンポーネントのオブジェクトでエラーが発生しました。

DTS_E_XMLSRC_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONTRUNCATION

MessageId: DTS_E_XMLSRC_INDUCEDTRANSFORMFAILUREONTRUNCATION MessageText: 切り捨てが発生したため、"%1!s!" が失敗し、"%2!s!" の切り捨て行の処理が "%3!s!" で切り捨て時にエラーを指定します。 ここに示されたコンポーネントのオブジェクトで切り捨てエラーが発生しました。

DTS_E_XMLSRCCANNOTFINDCOLUMNTOSETDATATYPE

MessageId: DTS_E_XMLSRCCANNOTFINDCOLUMNTOSETDATATYPE MessageText: ID %1!d! の出力列のデータ型プロパティを設定できません 設定できません。 出力または列が見つかりませんでした。

DTS_E_XMLSRCEMPTYPROPERTY

MessageId: DTS_E_XMLSRCEMPTYPROPERTY MessageText: %2!s! のプロパティ "%1!s!" が空でした。

DTS_E_XMLSRCERRORSETTINGERROROUTPUTCOLUMNDATA

MessageId: DTS_E_XMLSRCERRORSETTINGERROROUTPUTCOLUMNDATA MessageText: %1!s! %2!s! にデータを書き込もうとできませんでした。 %3!s! %4!s!

DTS_E_XMLSRCEXTERNALMETADATACOLUMNNOTINSCHEMA

MessageId: DTS_E_XMLSRCEXTERNALMETADATACOLUMNNOTINSCHEMA MessageText: %1!s! には XML スキーマへのマッピングがありません。

DTS_E_XMLSRCFAILEDTOCREATEREADER

MessageId: DTS_E_XMLSRCFAILEDTOCREATEREADER MessageText: %1!s! XML データを読み取ることができませんでした。 %2!s!

DTS_E_XMLSRCFILENOTFOUND

MessageId: DTS_E_XMLSRCFILENOTFOUND MessageText: ファイル "%1!s!" が見つかりませんでした。 ファイル パスを確認して、もう一度やり直してください。

DTS_E_XMLSRCINVALIDOUTPUTNAME

MessageId: DTS_E_XMLSRCINVALIDOUTPUTNAME MessageText: パス "%2!s!" の XML テーブルに対して名前 "%1!s!" の出力を作成しようとしましたが、名前が無効なため失敗しました。

DTS_E_XMLSRCOUTPUTCOLUMNDATATYPENOTSUPPORTED

MessageId: DTS_E_XMLSRCOUTPUTCOLUMNDATATYPENOTSUPPORTED MessageText: %2!s! の SSIS Data Flow Task データ型 "%1!s!" は %3!s! ではサポートされていません。

DTS_E_XMLSRCSCHEMACOLUMNNOTINEXTERNALMETADATA

MessageId: DTS_E_XMLSRCSCHEMACOLUMNNOTINEXTERNALMETADATA MessageText: 列 %1!s! テーブル %2!s! XML スキーマの外部メタデータ列にマッピングがありません。

DTS_E_XMLSRCSTATIC_UNABLETOPROCESSXMLDATA

MessageId: DTS_E_XMLSRCSTATIC_UNABLETOPROCESSXMLDATA MessageText: XML ソース アダプターが XML データを処理できませんでした。