Parallel クラス

定義

すべての子アクティビティを同時に非同期で実行するアクティビティ。

public ref class Parallel sealed : System::Activities::NativeActivity
[System.Windows.Markup.ContentProperty("Branches")]
public sealed class Parallel : System.Activities.NativeActivity
[<System.Windows.Markup.ContentProperty("Branches")>]
type Parallel = class
    inherit NativeActivity
Public NotInheritable Class Parallel
Inherits NativeActivity
継承
属性

Parallel アクティビティを作成するコード サンプルを次に示します。 この例は、コン ペンサブル アクティビティの取り消しハンドラーの サンプルです。

return new Parallel
{
    // Timeout from branch causes other branch to cancel.
    CompletionCondition = true,

    Branches =
    {
        // Delay Branch
        new Sequence
        {
            Activities =
            {
                new WriteLine { Text = "Branch1: Body is about to Delay 2secs transferring execution to Branch2" },
                new Delay
                {
                    Duration = TimeSpan.FromSeconds(2)
                },
                new WriteLine { Text = "Branch1: Body is about to complete causing Branch2 to cancel.." },
            }
        },

注釈

Parallel アクティビティは、開始時の Activity コレクションで、各 Branches を同時にスケジュールすることによって動作します。 すべての完了時、またはそのプロパティの Branches 評価時 CompletionConditiontrue完了します。 Activity オブジェクトは非同期で実行されますが、個別のスレッドでは実行されません。このため、連続する各アクティビティは、前にスケジュールされたアクティビティが完了するかアイドル状態になった場合にのみ実行されます。 このアクティビティの子アクティビティがどれもアイドル状態にならない場合、このアクティビティは Sequence アクティビティが実行されるのと同様の方法で実行されます。

コンストラクター

Parallel()

Parallel アクティビティの新しいインスタンスを作成します。

プロパティ

Branches

並列で実行される子要素。

CacheId

ワークフロー定義のスコープ内で一意であるキャッシュの識別子を取得します。

(継承元 Activity)
CanInduceIdle

アクティビティがワークフローのアイドル状態を引き起こすことができるかどうかを表す値を取得または設定します。

(継承元 NativeActivity)
CompletionCondition

分岐の完了後に評価します。

Constraints

Constraint に検証を提供するよう構成できる Activity アクティビティのコレクションを取得します。

(継承元 Activity)
DisplayName

デバッグ、検証、例外処理、および追跡に使用する省略可能な表示名を取得または設定します。

(継承元 Activity)
Id

ワークフロー定義のスコープ内で一意である識別子を取得します。

(継承元 Activity)
Implementation

アクティビティの実行ロジック。

(継承元 NativeActivity)
ImplementationVersion

アクティビティの実装バージョンを取得または設定します。

(継承元 NativeActivity)
Variables

格納される変数のコレクション。

メソッド

Abort(NativeActivityAbortContext)

派生クラスで実装された場合、中止中のアクティビティに反応してアクションを実行します。

(継承元 NativeActivity)
CacheMetadata(ActivityMetadata)

実装されていません。 代わりに、CacheMetadata(NativeActivityMetadata) メソッドを使用してください。

(継承元 NativeActivity)
CacheMetadata(NativeActivityMetadata)

アクティビティの引数、変数、子アクティビティ、およびアクティビティ デリゲートの記述を作成および検証します。

(継承元 NativeActivity)
Cancel(NativeActivityContext)

派生クラスで実装された場合、ロジックを実行してアクティビティを早期に正常に完了します。

(継承元 NativeActivity)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Execute(NativeActivityContext)

派生クラスで実装された場合、アクティビティの実行ロジックを実行します。

(継承元 NativeActivity)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnCreateDynamicUpdateMap(NativeActivityUpdateMapMetadata, Activity)

動的な更新のマップを作成するとイベントが発生します。

(継承元 NativeActivity)
OnCreateDynamicUpdateMap(UpdateMapMetadata, Activity)

動的な更新のマップを作成するとイベントが発生します。

(継承元 NativeActivity)
ShouldSerializeDisplayName()

DisplayName プロパティをシリアル化する必要があるかどうかを示します。

(継承元 Activity)
ToString()

StringId および DisplayName を含む Activity を返します。

(継承元 Activity)
UpdateInstance(NativeActivityUpdateContext)

NativeActivity のインスタンスを更新します。

(継承元 NativeActivity)

適用対象