Queue.GetEnumerator メソッド

定義

Queue を反復処理する列挙子を返します。

public:
 virtual System::Collections::IEnumerator ^ GetEnumerator();
public virtual System.Collections.IEnumerator GetEnumerator ();
abstract member GetEnumerator : unit -> System.Collections.IEnumerator
override this.GetEnumerator : unit -> System.Collections.IEnumerator
Public Overridable Function GetEnumerator () As IEnumerator

戻り値

IEnumerator

IEnumeratorQueue

実装

注釈

C# 言語の foreach ステートメント (Visual Basic の場合は for each) を使用することで列挙子の複雑さを回避できます。 したがって、列挙子を直接操作するのではなく、foreach を使用することをお勧めします。

列挙子を使用すると、コレクション内のデータを読み取ることができますが、基になるコレクションを変更することはできません。

最初、列挙子はコレクションの先頭の要素の前に位置付けられます。 また、Reset メソッドは、列挙子を最初の位置に戻します。 この位置では、Current が未定義です。 そのため、MoveNext の値を読み取る前に、Current を呼び出して列挙子をコレクションの最初の要素に進める必要があります。

Current は、MoveNext または Reset が呼び出されるまでは同じオブジェクトを返します。 MoveNext は、Current を次の要素に進めます。

MoveNext がコレクションの末尾を通過した場合、列挙子がコレクション内の最後の要素の後に配置され、MoveNextfalse を返します。 列挙子がこの位置にある場合、後続の MoveNext 呼び出しも false を返します。 が返された falseCurrent の最後のMoveNext呼び出しが未定義の場合。 コレクションの先頭の要素に再び Current を設定するには、先に Reset を呼び出してから MoveNext を呼び出します。

列挙子は、コレクションが変更されない限り有効です。 コレクションに対して変更 (要素の追加、変更、削除など) が行われると、列挙子は回復不可能な無効状態になり、その動作は未定義になります。

列挙子はコレクションに排他アクセスできないため、コレクションの列挙処理は本質的にスレッド セーフな処理ではありません。 列挙処理でスレッド セーフを確保するには、列挙処理が終わるまでコレクションをロックできます。 コレクションに対し複数のスレッドがアクセスして読み取りや書き込みを行うことができるようにするには、独自に同期化を実装する必要があります。

このメソッドは操作です O(1)

適用対象

こちらもご覧ください