EntityConnection クラス

定義

概念モデルおよびデータ ソース接続への参照が含まれます。 このクラスは継承できません。

public ref class EntityConnection sealed : System::Data::Common::DbConnection
public sealed class EntityConnection : System.Data.Common.DbConnection
type EntityConnection = class
    inherit DbConnection
Public NotInheritable Class EntityConnection
Inherits DbConnection
継承

注釈

System.Data.Common.CommandTreesObjectContext などのオブジェクトが不注意でメタデータと同期しなくなるのを防ぐため、EntityConnection でそのメタデータをロックする必要があります。 メタデータがロックされると、接続文字列に変更を加えることができなくなります。 メタデータがロックされる 2 つのシナリオを次に示します。

メタデータが読み込まれると、EntityConnection は、概念モデル、ストレージ モデル、およびマッピング ファイルがすべて存在することを確認します。

コード例については、「 EntityClient の操作」を参照してください。

コンストラクター

EntityConnection()

EntityConnection クラスの新しいインスタンスを初期化します。

EntityConnection(MetadataWorkspace, DbConnection)

指定した EntityConnection および MetadataWorkspace を使用して、DbConnection クラスの新しいインスタンスを初期化します。

EntityConnection(String)

接続文字列に基づいて、EntityConnection クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CanCreateBatch

この DbConnection インスタンスが DbBatch クラスをサポートしているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 DbConnection)
CanRaiseEvents

コンポーネントがイベントを発生させることがきるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Component)
ConnectionString

EntityConnection 接続文字列を取得または設定します。

ConnectionTimeout

接続を確立する際、試行を終了してエラーを生成するまでに待機する秒数を取得します。

Container

IContainer を含む Component を取得します。

(継承元 Component)
Database

現在のデータベースの名前、または接続が開かれた後に使用されるデータベースの名前を取得します。

DataSource

接続先のデータ ソースの名前またはネットワーク アドレスを取得します。

DbProviderFactory

この DbProviderFactoryDbConnection を取得します。

(継承元 DbConnection)
DesignMode

Component が現在デザイン モードかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Component)
Events

Component に結び付けられているイベント ハンドラーのリストを取得します。

(継承元 Component)
ServerVersion

クライアントが接続されているデータ ソースのバージョンを含む文字列を取得します。

Site

ComponentISite を取得または設定します。

(継承元 Component)
State

ConnectionState が開いている場合は、基になるプロバイダーの EntityConnection プロパティを取得します。 それ以外の場合、Closed を返します。

StoreConnection

EntityConnection オブジェクトで使用される、基になるデータ ソース接続へのアクセスを提供します。

メソッド

BeginDbTransaction(IsolationLevel)

派生クラスでオーバーライドされた場合、データベース トランザクションを開始します。

(継承元 DbConnection)
BeginDbTransactionAsync(IsolationLevel, CancellationToken)

データベース トランザクションを非同期に開始します。

(継承元 DbConnection)
BeginTransaction()

基になるプロバイダーを使用してトランザクションを開始します。

BeginTransaction(IsolationLevel)

基になるプロバイダーを使用して、指定の分離レベルでトランザクションを開始します。

BeginTransactionAsync(CancellationToken)

データベース トランザクションを非同期に開始します。

(継承元 DbConnection)
BeginTransactionAsync(IsolationLevel, CancellationToken)

データベース トランザクションを非同期に開始します。

(継承元 DbConnection)
ChangeDatabase(String)

サポートされていません。

ChangeDatabaseAsync(String, CancellationToken)

開いている接続の現在のデータベースを非同期に変更します。

(継承元 DbConnection)
Close()

データベースへの接続を閉じます。

CloseAsync()

データベースへの接続を非同期に閉じます。

(継承元 DbConnection)
CreateBatch()

DbBatch クラスを実装するプロバイダーのクラスの新しいインスタンスを返します。

(継承元 DbConnection)
CreateCommand()

EntityCommand をこの Connection に設定して、EntityConnection の新しいインスタンスを作成します。

CreateDbBatch()

派生クラスでオーバーライドされると、そのクラスを実装するプロバイダーのクラスの新しいインスタンスを DbBatch 返します。

(継承元 DbConnection)
CreateDbCommand()

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在の接続に関連付けられている DbCommand オブジェクトを作成して返します。

(継承元 DbConnection)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

アンマネージ リソースの解放またはリセットに関連付けられているアプリケーション定義のタスクを実行します。

(継承元 DbConnection)
Dispose(Boolean)

DbConnection によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

(継承元 DbConnection)
DisposeAsync()

接続オブジェクトを非同期に破棄します。

(継承元 DbConnection)
EnlistTransaction(Transaction)

この EntityConnection を指定されたトランザクションに登録します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
GetMetadataWorkspace()

この MetadataWorkspace に関連付けられている EntityConnection を返します。

GetSchema()

この DbConnection のデータ ソースのスキーマ情報を返します。

(継承元 DbConnection)
GetSchema(String)

スキーマ名として指定した文字列を使用して、この DbConnection のデータ ソースのスキーマ情報を返します。

(継承元 DbConnection)
GetSchema(String, String[])

スキーマ名に指定した文字列と制限値に指定した文字列配列を使用して、この DbConnection のデータ ソースのスキーマ情報を返します。

(継承元 DbConnection)
GetSchemaAsync(CancellationToken)

これは GetSchema() の非同期バージョンです。 プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。 必要に応じて、cancellationToken を優先できます。 既定の実装は同期 GetSchema() コールを呼び出し、完了したタスクを返します。 既定の実装は、既に取り消された cancellationToken を渡した場合、取り消されたタスクを返します。 GetSchema() によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。

(継承元 DbConnection)
GetSchemaAsync(String, CancellationToken)

これは GetSchema(String) の非同期バージョンです。 プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。 必要に応じて、cancellationToken を優先できます。 既定の実装は同期 GetSchema(String) コールを呼び出し、完了したタスクを返します。 既定の実装は、既に取り消された cancellationToken を渡した場合、取り消されたタスクを返します。 GetSchema(String) によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。

(継承元 DbConnection)
GetSchemaAsync(String, String[], CancellationToken)

これは GetSchema(String, String[]) の非同期バージョンです。 プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。 必要に応じて、cancellationToken を優先できます。 既定の実装は同期 GetSchema(String, String[]) コールを呼び出し、完了したタスクを返します。 既定の実装は、既に取り消された cancellationToken を渡した場合、取り消されたタスクを返します。 GetSchema(String, String[]) によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。

(継承元 DbConnection)
GetService(Type)

Component またはその Container で提供されるサービスを表すオブジェクトを返します。

(継承元 Component)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
OnStateChange(StateChangeEventArgs)

StateChange イベントを発生させます。

(継承元 DbConnection)
Open()

基になるデータ プロバイダーの Open メソッドを呼び出して、データ ソースへの接続を確立します。

OpenAsync()

Open() で指定した設定を使用してデータベース接続を開く ConnectionString の非同期バージョン。 このメソッドは、CancellationToken.None で仮想メソッド OpenAsync(CancellationToken) を呼び出します。

(継承元 DbConnection)
OpenAsync(CancellationToken)

これは Open() の非同期バージョンです。 プロバイダーは、適切な実装でオーバーライドする必要があります。 オプションで、キャンセル トークン優先できます。

既定の実装は同期 Open() コールを呼び出し、完了したタスクを返します。 既定の実装は、既に取り消された cancellationToken を渡した場合、取り消されたタスクを返します。 Open によってスローされる例外は、返されたタスクの Exception プロパティを介して通信されます。

返されたタスクが完了するまで DbConnection オブジェクトの他のメソッドとプロパティを呼び出さないでください。

(継承元 DbConnection)
ToString()

Component の名前 (存在する場合) を格納する String を返します。 このメソッドはオーバーライドできません。

(継承元 Component)

events

Disposed

Dispose() メソッドの呼び出しによってコンポーネントが破棄されるときに発生します。

(継承元 Component)
StateChange

接続の状態が変化したときに発生します。

(継承元 DbConnection)

明示的なインターフェイスの実装

IDbConnection.BeginTransaction()

データベース トランザクションを開始します。

(継承元 DbConnection)
IDbConnection.BeginTransaction(IsolationLevel)

分離レベルを指定して、データベース トランザクションを開始します。

(継承元 DbConnection)
IDbConnection.CreateCommand()

現在の接続に関連付けられた DbCommand オブジェクトを作成し、返します。

(継承元 DbConnection)

適用対象

こちらもご覧ください