ExpandoObject クラス

定義

実行時にメンバーを動的に追加および削除できるオブジェクトを表します。

public ref class ExpandoObject sealed : System::Collections::Generic::ICollection<System::Collections::Generic::KeyValuePair<System::String ^, System::Object ^>>, System::Collections::Generic::IDictionary<System::String ^, System::Object ^>, System::Collections::Generic::IEnumerable<System::Collections::Generic::KeyValuePair<System::String ^, System::Object ^>>, System::ComponentModel::INotifyPropertyChanged, System::Dynamic::IDynamicMetaObjectProvider
public sealed class ExpandoObject : System.Collections.Generic.ICollection<System.Collections.Generic.KeyValuePair<string,object>>, System.Collections.Generic.IDictionary<string,object>, System.Collections.Generic.IEnumerable<System.Collections.Generic.KeyValuePair<string,object>>, System.ComponentModel.INotifyPropertyChanged, System.Dynamic.IDynamicMetaObjectProvider
type ExpandoObject = class
    interface ICollection<KeyValuePair<string, obj>>
    interface seq<KeyValuePair<string, obj>>
    interface IEnumerable
    interface IDictionary<string, obj>
    interface INotifyPropertyChanged
    interface IDynamicMetaObjectProvider
type ExpandoObject = class
    interface IDynamicMetaObjectProvider
    interface IDictionary<string, obj>
    interface ICollection<KeyValuePair<string, obj>>
    interface seq<KeyValuePair<string, obj>>
    interface IEnumerable
    interface INotifyPropertyChanged
type ExpandoObject = class
    interface IDynamicMetaObjectProvider
    interface IDictionary<string, obj>
    interface INotifyPropertyChanged
    interface ICollection<KeyValuePair<string, obj>>
    interface seq<KeyValuePair<string, obj>>
    interface IEnumerable
Public NotInheritable Class ExpandoObject
Implements ICollection(Of KeyValuePair(Of String, Object)), IDictionary(Of String, Object), IDynamicMetaObjectProvider, IEnumerable(Of KeyValuePair(Of String, Object)), INotifyPropertyChanged
継承
ExpandoObject
実装

注釈

ExpandoObjectクラスを使用すると、実行時にそのインスタンスのメンバーを追加および削除したり、これらのメンバーの値を設定および取得したりできます。 このクラスは動的バインディングをサポートしています。これにより、 のようなより複雑な構文ではなく、 のようなsampleObject.sampleMembersampleObject.GetAttribute("sampleMember")標準構文を使用できます。

クラスは ExpandoObject 、標準の動的言語ランタイム (DLR) インターフェイス IDynamicMetaObjectProviderを実装します。これにより、DLR 相互運用性モデルを ExpandoObject サポートする言語間で クラスのインスタンスを共有できます。 たとえば、C# で クラスのインスタンスを ExpandoObject 作成し、IronPython 関数に渡すことができます。 詳細については、C# のよく寄せられる質問 Web サイトの 「動的言語ランタイムの概要 」および 「ExpandoObject の概要 」を参照してください。

クラスは ExpandoObject 、メンバーの取得、設定、および呼び出しを可能にする動的オブジェクトの概念の実装です。 独自の動的ディスパッチ セマンティクスを持つ型を定義する場合は、 クラスを使用します DynamicObject 。 動的オブジェクトが相互運用性プロトコルにどのように参加するかを定義し、DLR 高速動的ディスパッチ キャッシュを管理する場合は、 インターフェイスの独自の実装を IDynamicMetaObjectProvider 作成します。

インスタンスの作成

C# では、 クラスの ExpandoObject インスタンスに対して遅延バインディングを有効にするには、 キーワードを dynamic 使用する必要があります。 詳細については、「dynamic 型の使用」を参照してください。

Visual Basic では、動的操作は遅延バインディングによってサポートされます。 詳細については、「 早期バインディングと遅延バインディング (Visual Basic)」を参照してください。

次のコード例では、 クラスのインスタンスを作成する方法を ExpandoObject 示します。

dynamic sampleObject = new ExpandoObject();
Dim sampleObject As Object = New ExpandoObject()

新しいメンバーの追加

クラスのインスタンスにプロパティ、メソッド、およびイベントを ExpandoObject 追加できます。

次のコード例では、 クラスのインスタンスに新しいプロパティを追加する方法を ExpandoObject 示します。

sampleObject.test = "Dynamic Property";
Console.WriteLine(sampleObject.test);
Console.WriteLine(sampleObject.test.GetType());
// This code example produces the following output:
// Dynamic Property
// System.String
sampleObject.Test = "Dynamic Property"
Console.WriteLine(sampleObject.test)
Console.WriteLine(sampleObject.test.GetType())
' This code example produces the following output:
' Dynamic Property
' System.String

メソッドはデリゲートとして格納されるラムダ式を表します。これは、必要に応じて呼び出すことができます。 次のコード例では、動的プロパティの値をインクリメントするメソッドを追加する方法を示します。

sampleObject.number = 10;
sampleObject.Increment = (Action)(() => { sampleObject.number++; });

// Before calling the Increment method.
Console.WriteLine(sampleObject.number);

sampleObject.Increment();

// After calling the Increment method.
Console.WriteLine(sampleObject.number);
// This code example produces the following output:
// 10
// 11
sampleObject.Number = 10
sampleObject.Increment = Function() sampleObject.Number + 1
' Before calling the Increment method.
Console.WriteLine(sampleObject.number)

sampleObject.Increment.Invoke()

' After calling the Increment method.
Console.WriteLine(sampleObject.number)
' This code example produces the following output:
' 10
' 11

次のコード例では、 クラスのインスタンスにイベントを追加する方法を ExpandoObject 示します。

class Program  
{  
    static void Main(string[] args)  
    {  
        dynamic sampleObject = new ExpandoObject();  

        // Create a new event and initialize it with null.  
        sampleObject.sampleEvent = null;  

        // Add an event handler.  
        sampleObject.sampleEvent += new EventHandler(SampleHandler);  

        // Raise an event for testing purposes.  
        sampleObject.sampleEvent(sampleObject, new EventArgs());  
   }  

    // Event handler.  
    static void SampleHandler(object sender, EventArgs e)  
    {  
        Console.WriteLine("SampleHandler for {0} event", sender);  
    }  
}  
// This code example produces the following output:  
// SampleHandler for System.Dynamic.ExpandoObject event.  
Module Module1  

Sub Main()  
    Dim sampleObject As Object = New ExpandoObject()  

    ' Create a new event and initialize it with null.  
    sampleObject.sampleEvent = Nothing  

    ' Add an event handler.  
    Dim handler As EventHandler = AddressOf SampleHandler  
    sampleObject.sampleEvent =   
        [Delegate].Combine(sampleObject.sampleEvent, handler)  

    ' Raise an event for testing purposes.  
    sampleObject.sampleEvent.Invoke(sampleObject, New EventArgs())  

End Sub  

' Event handler.  
Sub SampleHandler(ByVal sender As Object, ByVal e As EventArgs)  
    Console.WriteLine("SampleHandler for {0} event", sender)  
End Sub  

' This code example produces the following output:  
' SampleHandler for System.Dynamic.ExpandoObject event.  

End Module  

パラメーターとして渡す

クラスのインスタンスを ExpandoObject パラメーターとして渡すことができます。 これらのインスタンスは、C# では動的オブジェクトとして扱われ、Visual Basic では遅延バインド オブジェクトとして扱われることに注意してください。 つまり、オブジェクト メンバーの IntelliSense が存在せず、存在しないメンバーを呼び出してもコンパイラ エラーは発生しません。 存在しないメンバーを呼び出すと、例外が発生します。

次のコード例では、 メソッドを作成して使用して、プロパティの名前と値を出力する方法を示します。

class Program
{
    static void Main(string[] args)
    {
        dynamic employee, manager;

        employee = new ExpandoObject();
        employee.Name = "John Smith";
        employee.Age = 33;

        manager = new ExpandoObject();
        manager.Name = "Allison Brown";
        manager.Age = 42;
        manager.TeamSize = 10;

        WritePerson(manager);
        WritePerson(employee);
    }
    private static void WritePerson(dynamic person)
    {
        Console.WriteLine("{0} is {1} years old.",
                          person.Name, person.Age);
        // The following statement causes an exception
        // if you pass the employee object.
        // Console.WriteLine("Manages {0} people", person.TeamSize);
    }
}
// This code example produces the following output:
// John Smith is 33 years old.
// Allison Brown is 42 years old.
Sub Main()
    Dim employee, manager As Object

    employee = New ExpandoObject()
    employee.Name = "John Smith"
    employee.Age = 33

    manager = New ExpandoObject()
    manager.Name = "Allison Brown"
    manager.Age = 42
    manager.TeamSize = 10

    WritePerson(manager)
    WritePerson(employee)
End Sub

Private Sub WritePerson(ByVal person As Object)

    Console.WriteLine("{0} is {1} years old.",
                      person.Name, person.Age)
    ' The following statement causes an exception
    ' if you pass the employee object.
    ' Console.WriteLine("Manages {0} people", person.TeamSize)

End Sub

メンバーの列挙と削除

ExpandoObject クラスは、IDictionary<String, Object> インターフェイスを実装します。 これにより、実行時に クラスのインスタンスに追加された ExpandoObject メンバーの列挙が可能になります。 これは、コンパイル時にインスタンスに含まれるメンバーがわからない場合に役立ちます。

次のコード例は、 クラスの ExpandoObject インスタンスを インターフェイスに IDictionary<TKey,TValue> キャストし、インスタンスのメンバーを列挙する方法を示しています。

dynamic employee = new ExpandoObject();
employee.Name = "John Smith";
employee.Age = 33;

foreach (var property in (IDictionary<String, Object>)employee)
{
    Console.WriteLine(property.Key + ": " + property.Value);
}
// This code example produces the following output:
// Name: John Smith
// Age: 33
Dim employee As Object = New ExpandoObject()
employee.Name = "John Smith"
employee.Age = 33
For Each member In CType(employee, IDictionary(Of String, Object))
    Console.WriteLine(member.Key & ": " & member.Value)
Next
' This code example produces the following output:
' Name: John Smith
' Age: 33

メンバーを削除するための構文がない言語 (C# や Visual Basic など) では、 のインスタンスをインターフェイスに暗黙的にキャストし、そのメンバーをキーと値のExpandoObjectIDictionary<String, Object>ペアとして削除することで、メンバーを削除できます。 次の例を参照してください。

dynamic employee = new ExpandoObject();
employee.Name = "John Smith";
((IDictionary<String, Object>)employee).Remove("Name");
Dim employee As Object = New ExpandoObject()
employee.Name = "John Smith"
CType(employee, IDictionary(Of String, Object)).Remove("Name")

プロパティの変更に関する通知の受信

クラスは ExpandoObject インターフェイスを INotifyPropertyChanged 実装し、メンバーが PropertyChanged 追加、削除、または変更されたときにイベントを発生させることができます。 これにより、Windows Presentation Foundation (WPF) データ バインディングや、オブジェクト コンテンツの変更に関する通知を必要とするその他の環境とのクラス統合が可能ExpandoObjectになります。

次のコード例では、イベントのイベント ハンドラーを作成する方法を PropertyChanged 示します。

// Add "using System.ComponentModel;" line
// to the beginning of the file.
class Program
{
    static void Test()
    {
        dynamic employee = new ExpandoObject();
        ((INotifyPropertyChanged)employee).PropertyChanged +=
            new PropertyChangedEventHandler(HandlePropertyChanges);
        employee.Name = "John Smith";
    }

    private static void HandlePropertyChanges(
        object sender, PropertyChangedEventArgs e)
    {
        Console.WriteLine("{0} has changed.", e.PropertyName);
    }
}
' Add "Imports System.ComponentModel" line 
' to the beginning of the file.
Sub Main()
    Dim employee As Object = New ExpandoObject
    AddHandler CType(
        employee, INotifyPropertyChanged).PropertyChanged,
        AddressOf HandlePropertyChanges
    employee.Name = "John Smith"
End Sub

Private Sub HandlePropertyChanges(
       ByVal sender As Object, ByVal e As PropertyChangedEventArgs)
    Console.WriteLine("{0} has changed.", e.PropertyName)
End Sub

コンストラクター

ExpandoObject()

メンバーを持たない新しい ExpandoObject を初期化します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

ICollection<KeyValuePair<String,Object>>.Add(KeyValuePair<String,Object>)

指定した値を、指定したキーを持つ ICollection<T> に追加します。

ICollection<KeyValuePair<String,Object>>.Clear()

コレクションからすべての項目を削除します。

ICollection<KeyValuePair<String,Object>>.Contains(KeyValuePair<String,Object>)

ICollection<T> に特定のキーと値が格納されているかどうかを判断します。

ICollection<KeyValuePair<String,Object>>.CopyTo(KeyValuePair<String,Object>[], Int32)

指定した配列インデックスを開始位置として、KeyValuePair<TKey,TValue> 型の配列に ICollection<T> の要素をコピーします。

ICollection<KeyValuePair<String,Object>>.Count

ICollection<T> にある要素の数を取得します。

ICollection<KeyValuePair<String,Object>>.IsReadOnly

ICollection<T> が読み取り専用かどうかを示す値を取得します。

ICollection<KeyValuePair<String,Object>>.Remove(KeyValuePair<String,Object>)

コレクションからキーと値を削除します。

IDictionary<String,Object>.Add(String, Object)

指定したキーと値をディクショナリに追加します。

IDictionary<String,Object>.ContainsKey(String)

指定されたキーがディクショナリ内に存在するかどうかを判定します。

IDictionary<String,Object>.Item[String]

指定したキーを持つ要素を取得または設定します。

IDictionary<String,Object>.Keys

IDictionary<TKey,TValue> のキーが格納されている ICollection<T> を取得します。

IDictionary<String,Object>.Remove(String)

指定したキーを持つ要素を IDictionary から削除します。

IDictionary<String,Object>.TryGetValue(String, Object)

指定したキーに関連付けられている値を取得します。

IDictionary<String,Object>.Values

ICollection<T> 内の値を格納している IDictionary<TKey,TValue> を取得します。

IDynamicMetaObjectProvider.GetMetaObject(Expression)

指定された MetaObject は動的仮想メソッドにディスパッチされます。 このオブジェクトを別の MetaObject の内部にカプセル化することにより、個々のアクションのカスタム動作を指定することができます。

IEnumerable.GetEnumerator()

コレクションを反復処理する列挙子を返します。

IEnumerable<KeyValuePair<String,Object>>.GetEnumerator()

コレクションを反復処理する列挙子を返します。

INotifyPropertyChanged.PropertyChanged

プロパティ値が変更するときに発生します。

拡張メソッド

AsReadOnly<TKey,TValue>(IDictionary<TKey,TValue>)

現在のディクショナリの読み取り専用 ReadOnlyDictionary<TKey,TValue> ラッパーを返します。

Remove<TKey,TValue>(IDictionary<TKey,TValue>, TKey, TValue)

dictionary から、指定した key の値を削除しようとします。

TryAdd<TKey,TValue>(IDictionary<TKey,TValue>, TKey, TValue)

指定した keyvaluedictionary に追加しようとします。

ToImmutableArray<TSource>(IEnumerable<TSource>)

指定されたコレクションから、変更できない配列を作成します。

ToImmutableDictionary<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

ソース キーに変換関数を適用し、変更できないディクショナリを既存の要素のコレクションから作成します。

ToImmutableDictionary<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

シーケンスの変換に基づき、変更できないディクショナリを作成します。

ToImmutableDictionary<TSource,TKey,TValue>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TValue>)

シーケンスを列挙して変換し、その内容の変更できないディクショナリを生成します。

ToImmutableDictionary<TSource,TKey,TValue>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TValue>, IEqualityComparer<TKey>)

シーケンスを列挙して変換し、指定されたキーの比較子を使用してその内容の変更できないディクショナリを生成します。

ToImmutableDictionary<TSource,TKey,TValue>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TValue>, IEqualityComparer<TKey>, IEqualityComparer<TValue>)

シーケンスを列挙して変換し、指定されたキーの比較子および値の比較子を使用してその内容の変更できないディクショナリを生成します。

ToImmutableHashSet<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスを列挙し、その内容の変更できないハッシュ セットを生成します。

ToImmutableHashSet<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

シーケンスを列挙し、その内容の変更できないハッシュ セットを生成して、指定された等値比較子をセットの種類に使用します。

ToImmutableList<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスを列挙し、その内容の変更できないリストを生成します。

ToImmutableSortedDictionary<TSource,TKey,TValue>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TValue>)

シーケンスを列挙して変換し、その内容の変更できない並べ替えられたディクショナリを生成します。

ToImmutableSortedDictionary<TSource,TKey,TValue>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TValue>, IComparer<TKey>)

シーケンスを列挙して変換し、指定されたキーの比較子を使用してその内容の変更できない並べ替えられたディクショナリを生成します。

ToImmutableSortedDictionary<TSource,TKey,TValue>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TValue>, IComparer<TKey>, IEqualityComparer<TValue>)

シーケンスを列挙して変換し、指定されたキーの比較子と値の比較子を使用してその内容の変更できない並べ替えられたディクショナリを生成します。

ToImmutableSortedSet<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスを列挙し、その内容の変更できない並べ替えられたセットを生成します。

ToImmutableSortedSet<TSource>(IEnumerable<TSource>, IComparer<TSource>)

シーケンスを列挙し、その内容の変更できない並べ替えられたセットを生成して、指定された比較子を使用します。

CopyToDataTable<T>(IEnumerable<T>)

指定した入力 DataTable オブジェクトに応じて (ジェネリック パラメーター TDataRow)、IEnumerable<T> オブジェクトのコピーを格納する DataRow を返します。

CopyToDataTable<T>(IEnumerable<T>, DataTable, LoadOption)

指定した入力 DataRow オブジェクトに応じて (ジェネリック パラメーター TDataTable)、指定した IEnumerable<T>DataRow オブジェクトをコピーします。

CopyToDataTable<T>(IEnumerable<T>, DataTable, LoadOption, FillErrorEventHandler)

指定した入力 DataRow オブジェクトに応じて (ジェネリック パラメーター TDataTable)、指定した IEnumerable<T>DataRow オブジェクトをコピーします。

Aggregate<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TSource,TSource>)

シーケンスにアキュムレータ関数を適用します。

Aggregate<TSource,TAccumulate>(IEnumerable<TSource>, TAccumulate, Func<TAccumulate,TSource,TAccumulate>)

シーケンスにアキュムレータ関数を適用します。 指定されたシード値が最初のアキュムレータ値として使用されます。

Aggregate<TSource,TAccumulate,TResult>(IEnumerable<TSource>, TAccumulate, Func<TAccumulate,TSource,TAccumulate>, Func<TAccumulate,TResult>)

シーケンスにアキュムレータ関数を適用します。 指定したシード値は最初のアキュムレータ値として使用され、指定した関数は結果値の選択に使用されます。

All<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

シーケンスのすべての要素が条件を満たしているかどうかを判断します。

Any<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスに要素が含まれているかどうかを判断します。

Any<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

シーケンスの任意の要素が条件を満たしているかどうかを判断します。

Append<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

シーケンスの末尾に値を追加します。

AsEnumerable<TSource>(IEnumerable<TSource>)

IEnumerable<T> として型指定された入力を返します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Decimal>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Decimal 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Double>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Double 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Int32 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int64>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Int64 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Decimal>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Decimal 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Double>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Double 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int32>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Int32 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int64>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Int64 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Single>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Single 値のシーケンスの平均値を計算します。

Average<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Single>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Single 値のシーケンスの平均値を計算します。

Cast<TResult>(IEnumerable)

IEnumerable の要素を、指定した型にキャストします。

Chunk<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

シーケンスの要素を最大で sizeサイズのチャンクに分割します。

Concat<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>)

2 つのシーケンスを連結します。

Contains<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

既定の等値比較子を使用して、指定した要素がシーケンスに含まれているかどうかを判断します。

Contains<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource, IEqualityComparer<TSource>)

指定した IEqualityComparer<T> を使用して、指定した要素がシーケンスに含まれているかどうかを判断します。

Count<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンス内の要素数を返します。

Count<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

条件を満たす、指定されたシーケンス内の要素の数を表す数値を返します。

DefaultIfEmpty<TSource>(IEnumerable<TSource>)

指定したシーケンスの要素を返します。シーケンスが空の場合はシングルトン コレクションにある型パラメーターの既定値を返します。

DefaultIfEmpty<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

指定されたシーケンスの要素を返します。シーケンスが空の場合はシングルトン コレクションにある型パラメーターの既定値を返します。

Distinct<TSource>(IEnumerable<TSource>)

既定の等値比較子を使用して値を比較することにより、シーケンスから一意の要素を返します。

Distinct<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

指定された IEqualityComparer<T> を使用して値を比較することにより、シーケンスから一意の要素を返します。

DistinctBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定したキー セレクター関数に従って、シーケンスから個別の要素を返します。

DistinctBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定したキー セレクター関数に従ってシーケンスから個別の要素を返し、指定した比較子を使用してキーを比較します。

ElementAt<TSource>(IEnumerable<TSource>, Index)

シーケンス内の指定されたインデックス位置にある要素を返します。

ElementAt<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

シーケンス内の指定されたインデックス位置にある要素を返します。

ElementAtOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Index)

シーケンス内の指定したインデックス位置にある要素を返します。インデックスが範囲外の場合は既定値を返します。

ElementAtOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

シーケンス内の指定したインデックス位置にある要素を返します。インデックスが範囲外の場合は既定値を返します。

Except<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>)

既定の等値比較子を使用して値を比較することにより、2 つのシーケンスの差集合を生成します。

Except<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

指定された IEqualityComparer<T> を使用して値を比較することにより、2 つのシーケンスの差集合を生成します。

ExceptBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TKey>, Func<TSource,TKey>)

指定したキー セレクター関数に従って、2 つのシーケンスのセット差を生成します。

ExceptBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TKey>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定したキー セレクター関数に従って、2 つのシーケンスのセット差を生成します。

First<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの最初の要素を返します。

First<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件を満たす、シーケンスの最初の要素を返します。

FirstOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの最初の要素を返します。シーケンスに要素が含まれていない場合は既定値を返します。

FirstOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

シーケンスの最初の要素を返します。シーケンスに要素が含まれない場合は、指定された既定値を返します。

FirstOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

条件を満たす、シーケンスの最初の要素を返します。このような要素が見つからない場合は既定値を返します。

FirstOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>, TSource)

条件を満たすシーケンスの最初の要素を返します。そのような要素が見つからない場合は、指定された既定値を返します。

GroupBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化します。

GroupBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化し、指定された比較子を使用してキーを比較します。

GroupBy<TSource,TKey,TElement>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化し、指定された関数を使用して各グループの要素を射影します。

GroupBy<TSource,TKey,TElement>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>, IEqualityComparer<TKey>)

キー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化します。 キーの比較には、比較子を使用し、各グループの要素の射影には、指定された関数を使用します。

GroupBy<TSource,TKey,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TKey,IEnumerable<TSource>,TResult>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化し、各グループとそのキーから結果値を作成します。

GroupBy<TSource,TKey,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TKey,IEnumerable<TSource>,TResult>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化し、各グループとそのキーから結果値を作成します。 キーの比較には、指定された比較子を使用します。

GroupBy<TSource,TKey,TElement,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>, Func<TKey,IEnumerable<TElement>,TResult>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化し、各グループとそのキーから結果値を作成します。 各グループの要素は、指定された関数を使用して射影されます。

GroupBy<TSource,TKey,TElement,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource, TKey>, Func<TSource,TElement>, Func<TKey,IEnumerable<TElement>, TResult>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数に従ってシーケンスの要素をグループ化し、各グループとそのキーから結果値を作成します。 キー値の比較には、指定された比較子を使用し、各グループの要素の射影には、指定された関数を使用します。

GroupJoin<TOuter,TInner,TKey,TResult>(IEnumerable<TOuter>, IEnumerable<TInner>, Func<TOuter,TKey>, Func<TInner,TKey>, Func<TOuter,IEnumerable<TInner>, TResult>)

キーが等しいかどうかに基づいて 2 つのシーケンスの要素を相互に関連付け、その結果をグループ化します。 キーの比較には既定の等値比較子が使用されます。

GroupJoin<TOuter,TInner,TKey,TResult>(IEnumerable<TOuter>, IEnumerable<TInner>, Func<TOuter,TKey>, Func<TInner,TKey>, Func<TOuter,IEnumerable<TInner>, TResult>, IEqualityComparer<TKey>)

キーが等しいかどうかに基づいて 2 つのシーケンスの要素を相互に関連付け、その結果をグループ化します。 指定された IEqualityComparer<T> を使用してキーを比較します。

Intersect<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>)

既定の等値比較子を使用して値を比較することにより、2 つのシーケンスの積集合を生成します。

Intersect<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

指定された IEqualityComparer<T> を使用して値を比較することにより、2 つのシーケンスの積集合を生成します。

IntersectBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TKey>, Func<TSource,TKey>)

指定したキー セレクター関数に従って、2 つのシーケンスの集合積集合を生成します。

IntersectBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TKey>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定したキー セレクター関数に従って、2 つのシーケンスの集合積集合を生成します。

Join<TOuter,TInner,TKey,TResult>(IEnumerable<TOuter>, IEnumerable<TInner>, Func<TOuter,TKey>, Func<TInner,TKey>, Func<TOuter,TInner,TResult>)

一致するキーに基づいて 2 つのシーケンスの要素を相互に関連付けます。 キーの比較には既定の等値比較子が使用されます。

Join<TOuter,TInner,TKey,TResult>(IEnumerable<TOuter>, IEnumerable<TInner>, Func<TOuter,TKey>, Func<TInner,TKey>, Func<TOuter,TInner,TResult>, IEqualityComparer<TKey>)

一致するキーに基づいて 2 つのシーケンスの要素を相互に関連付けます。 指定された IEqualityComparer<T> を使用してキーを比較します。

Last<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの最後の要素を返します。

Last<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件を満たす、シーケンスの最後の要素を返します。

LastOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの最後の要素を返します。シーケンスに要素が含まれていない場合は既定値を返します。

LastOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

シーケンスの最後の要素を返します。シーケンスに要素が含まれない場合は、指定された既定値を返します。

LastOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

条件を満たす、シーケンスの最後の要素を返します。このような要素が見つからない場合は既定値を返します。

LastOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>, TSource)

条件を満たすシーケンスの最後の要素を返します。そのような要素が見つからない場合は、指定された既定値を返します。

LongCount<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンス内の要素の合計数を表す Int64 を返します。

LongCount<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

シーケンス内で条件を満たす要素の数を表す Int64 を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>)

ジェネリック シーケンスの最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, IComparer<TSource>)

ジェネリック シーケンスの最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Decimal>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Decimal の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Double>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Double の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Int32 の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int64>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Int64 の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Decimal>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Decimal の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Double>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Double の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int32>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Int32 の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int64>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Int64 の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Single>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Single の最大値を返します。

Max<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Single>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Single の最大値を返します。

Max<TSource,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TResult>)

ジェネリック シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、結果の最大値を返します。

MaxBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定したキー セレクター関数に従って、ジェネリック シーケンス内の最大値を返します。

MaxBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IComparer<TKey>)

指定したキー セレクター関数とキー比較子に従って、ジェネリック シーケンス内の最大値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>)

ジェネリック シーケンスの最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, IComparer<TSource>)

ジェネリック シーケンスの最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Decimal>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Decimal の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Double>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Double の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Int32 の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int64>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Int64 の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Decimal>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Decimal の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Double>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Double の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int32>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Int32 の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int64>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Int64 の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Single>>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、null 許容の Single の最小値を返します。

Min<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Single>)

シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、Single の最小値を返します。

Min<TSource,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TResult>)

ジェネリック シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出し、結果の最小値を返します。

MinBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定したキー セレクター関数に従って、ジェネリック シーケンスの最小値を返します。

MinBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IComparer<TKey>)

指定したキー セレクター関数とキー比較子に従って、ジェネリック シーケンスの最小値を返します。

OfType<TResult>(IEnumerable)

指定された型に基づいて IEnumerable の要素をフィルター処理します。

Order<T>(IEnumerable<T>)

シーケンスの要素を昇順に並べ替えます。

Order<T>(IEnumerable<T>, IComparer<T>)

シーケンスの要素を昇順に並べ替えます。

OrderBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

シーケンスの要素をキーに従って昇順に並べ替えます。

OrderBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IComparer<TKey>)

指定された比較子を使用してシーケンスの要素を昇順に並べ替えます。

OrderByDescending<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

シーケンスの要素をキーに従って降順に並べ替えます。

OrderByDescending<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IComparer<TKey>)

指定された比較子を使用してシーケンスの要素を降順に並べ替えます。

OrderDescending<T>(IEnumerable<T>)

シーケンスの要素を降順に並べ替えます。

OrderDescending<T>(IEnumerable<T>, IComparer<T>)

シーケンスの要素を降順に並べ替えます。

Prepend<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

シーケンスの先頭に値を追加します。

Reverse<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの要素の順序を反転させます。

Select<TSource,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TResult>)

シーケンスの各要素を新しいフォームに射影します。

Select<TSource,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,TResult>)

要素のインデックスを組み込むことにより、シーケンスの各要素を新しいフォームに射影します。

SelectMany<TSource,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,IEnumerable<TResult>>)

シーケンスの各要素を IEnumerable<T> に射影し、結果のシーケンスを 1 つのシーケンスに平坦化します。

SelectMany<TSource,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,IEnumerable<TResult>>)

シーケンスの各要素を IEnumerable<T> に射影し、結果のシーケンスを 1 つのシーケンスに平坦化します。 各ソース要素のインデックスは、その要素の射影されたフォームで使用されます。

SelectMany<TSource,TCollection,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,IEnumerable<TCollection>>, Func<TSource,TCollection,TResult>)

シーケンスの各要素を IEnumerable<T> に射影し、結果のシーケンスを 1 つのシーケンスに平坦化して、その各要素に対して結果のセレクター関数を呼び出します。

SelectMany<TSource,TCollection,TResult>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,IEnumerable<TCollection>>, Func<TSource,TCollection,TResult>)

シーケンスの各要素を IEnumerable<T> に射影し、結果のシーケンスを 1 つのシーケンスに平坦化して、その各要素に対して結果のセレクター関数を呼び出します。 各ソース要素のインデックスは、その要素の中間の射影されたフォームで使用されます。

SequenceEqual<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>)

要素の型に対して既定の等値比較子を使用して要素を比較することで、2 つのシーケンスが等しいかどうかを判断します。

SequenceEqual<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

指定された IEqualityComparer<T> を使用して要素を比較することで、2 つのシーケンスが等しいかどうかを判断します。

Single<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの唯一の要素を返し、シーケンス内の要素が 1 つだけでない場合は例外をスローします。

Single<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件を満たす、シーケンスの唯一の要素を返し、そのような要素が複数存在する場合は例外をスローします。

SingleOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>)

シーケンスの唯一の要素を返します。シーケンスが空の場合、既定値を返します。シーケンス内に要素が複数ある場合、このメソッドは例外をスローします。

SingleOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, TSource)

シーケンスの唯一の要素、またはシーケンスが空の場合は指定された既定値を返します。シーケンスに複数の要素がある場合、このメソッドは例外をスローします。

SingleOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件を満たすシーケンスの唯一の要素、またはそのような要素がない場合は既定値を返します。このメソッドは、複数の要素が条件を満たす場合に例外をスローします。

SingleOrDefault<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>, TSource)

指定した条件を満たすシーケンスの唯一の要素、またはそのような要素が存在しない場合は指定された既定値を返します。このメソッドは、複数の要素が条件を満たす場合に例外をスローします。

Skip<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

シーケンス内の指定された数の要素をバイパスし、残りの要素を返します。

SkipLast<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

source の要素と、省略されたソース コレクションの最後の count 要素を含む、列挙可能な新しいコレクションを返します。

SkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件が満たされる限り、シーケンスの要素をバイパスした後、残りの要素を返します。

SkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,Boolean>)

指定された条件が満たされる限り、シーケンスの要素をバイパスした後、残りの要素を返します。 要素のインデックスは、述語関数のロジックで使用されます。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Decimal>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Decimal 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Double>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Double 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Int32 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int64>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Int64 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Decimal>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Decimal 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Double>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Double 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int32>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Int32 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Int64>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Int64 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Nullable<Single>>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する null 許容の Single 値のシーケンスの合計を計算します。

Sum<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Single>)

入力シーケンスの各要素に対して変換関数を呼び出して取得する Single 値のシーケンスの合計を計算します。

Take<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

シーケンスの先頭から、指定された数の連続する要素を返します。

Take<TSource>(IEnumerable<TSource>, Range)

シーケンスから指定した連続する要素の範囲を返します。

TakeLast<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

source の最後の count 要素を含む、列挙可能な新しいコレクションを返します。

TakeWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件が満たされる限り、シーケンスから要素を返します。

TakeWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,Boolean>)

指定された条件が満たされる限り、シーケンスから要素を返します。 要素のインデックスは、述語関数のロジックで使用されます。

ToArray<TSource>(IEnumerable<TSource>)

IEnumerable<T> から配列を作成します。

ToDictionary<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定されたキー セレクター関数に従って、Dictionary<TKey,TValue> から IEnumerable<T> を作成します。

ToDictionary<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数およびキーの比較子に従って、Dictionary<TKey,TValue> から IEnumerable<T> を作成します。

ToDictionary<TSource,TKey,TElement>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>)

指定されたキー セレクター関数および要素セレクター関数に従って、Dictionary<TKey,TValue> から IEnumerable<T> を作成します。

ToDictionary<TSource,TKey,TElement>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数、比較子、および要素セレクター関数に従って、Dictionary<TKey,TValue> から IEnumerable<T> を作成します。

ToHashSet<TSource>(IEnumerable<TSource>)

IEnumerable<T> から HashSet<T> を作成します。

ToHashSet<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

comparer を使用して IEnumerable<T>から HashSet<T> を作成し、キーを比較します。

ToList<TSource>(IEnumerable<TSource>)

IEnumerable<T> から List<T> を作成します。

ToLookup<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定されたキー セレクター関数に従って、Lookup<TKey,TElement> から IEnumerable<T> を作成します。

ToLookup<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数およびキーの比較子に従って、Lookup<TKey,TElement> から IEnumerable<T> を作成します。

ToLookup<TSource,TKey,TElement>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>)

指定されたキー セレクター関数および要素セレクター関数に従って、Lookup<TKey,TElement> から IEnumerable<T> を作成します。

ToLookup<TSource,TKey,TElement>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, Func<TSource,TElement>, IEqualityComparer<TKey>)

指定されたキー セレクター関数、比較子、および要素セレクター関数に従って、Lookup<TKey,TElement> から IEnumerable<T> を作成します。

TryGetNonEnumeratedCount<TSource>(IEnumerable<TSource>, Int32)

列挙型を強制せずに、シーケンス内の要素の数の測定を試みます。

Union<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>)

既定の等値比較子を使用して、2 つのシーケンスの和集合を生成します。

Union<TSource>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>, IEqualityComparer<TSource>)

指定された IEqualityComparer<T> を使用して 2 つのシーケンスの和集合を生成します。

UnionBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>)

指定したキー セレクター関数に従って、2 つのシーケンスのセット和集合を生成します。

UnionBy<TSource,TKey>(IEnumerable<TSource>, IEnumerable<TSource>, Func<TSource,TKey>, IEqualityComparer<TKey>)

指定したキー セレクター関数に従って、2 つのシーケンスのセット和集合を生成します。

Where<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

述語に基づいて値のシーケンスをフィルター処理します。

Where<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,Boolean>)

述語に基づいて値のシーケンスをフィルター処理します。 各要素のインデックスは、述語関数のロジックで使用されます。

Zip<TFirst,TSecond>(IEnumerable<TFirst>, IEnumerable<TSecond>)

指定された 2 つのシーケンスの要素を持つタプルのシーケンスを生成します。

Zip<TFirst,TSecond,TThird>(IEnumerable<TFirst>, IEnumerable<TSecond>, IEnumerable<TThird>)

指定した 3 つのシーケンスの要素を含むタプルのシーケンスを生成します。

Zip<TFirst,TSecond,TResult>(IEnumerable<TFirst>, IEnumerable<TSecond>, Func<TFirst,TSecond,TResult>)

2 つのシーケンスの対応する要素に対して、1 つの指定した関数を適用し、結果として 1 つのシーケンスを生成します。

AsParallel(IEnumerable)

クエリの並列化を有効にします。

AsParallel<TSource>(IEnumerable<TSource>)

クエリの並列化を有効にします。

AsQueryable(IEnumerable)

IEnumerableIQueryable に変換します。

AsQueryable<TElement>(IEnumerable<TElement>)

ジェネリックの IEnumerable<T> をジェネリックの IQueryable<T> に変換します。

Ancestors<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内のすべてのノードの先祖が格納された、要素のコレクションを返します。

Ancestors<T>(IEnumerable<T>, XName)

ソース コレクション内のすべてのノードの先祖が格納され、フィルター処理された要素のコレクションを返します。 一致する XName を持つ要素のみがコレクションに含められます。

DescendantNodes<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内のすべてのドキュメントおよび要素の子孫ノードのコレクションを返します。

Descendants<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内のすべての要素とドキュメントの子孫要素が格納された要素のコレクションを返します。

Descendants<T>(IEnumerable<T>, XName)

ソース コレクション内のすべての要素とドキュメントの子孫要素が格納され、フィルター処理された要素のコレクションを返します。 一致する XName を持つ要素のみがコレクションに含められます。

Elements<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内のすべての要素およびドキュメントの子要素のコレクションを返します。

Elements<T>(IEnumerable<T>, XName)

ソース コレクション内のすべての要素およびドキュメントの、フィルター処理された子要素のコレクションを返します。 一致する XName を持つ要素のみがコレクションに含められます。

InDocumentOrder<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内のすべてのノードがドキュメント順に並べ替えて格納された、ノードのコレクションを返します。

Nodes<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内のすべてのドキュメントおよび要素の子ノードのコレクションを返します。

Remove<T>(IEnumerable<T>)

ソース コレクション内の親ノードからすべてのノードを削除します。

適用対象