HttpClient.DefaultProxy プロパティ

定義

グローバル HTTP プロキシを取得または設定します。

public:
 static property System::Net::IWebProxy ^ DefaultProxy { System::Net::IWebProxy ^ get(); void set(System::Net::IWebProxy ^ value); };
public static System.Net.IWebProxy DefaultProxy { get; set; }
member this.DefaultProxy : System.Net.IWebProxy with get, set
Public Shared Property DefaultProxy As IWebProxy

プロパティ値

IWebProxy

インスタンス化 HttpWebRequestするすべての呼び出しで使用されるプロキシ。

例外

渡される値を null とすることはできません。

注釈

この静的プロパティは、渡されたコンストラクターでプロキシが明示的に設定されていない場合に、すべての HttpClient インスタンスが使用する既定のプロキシを HttpClientHandler 決定します。

このプロパティによって返される既定のインスタンスは、プラットフォームに応じて異なる規則のセットに従って初期化されます。

  • Windows の場合: 環境変数からプロキシ構成を読み取るか、定義されていない場合はユーザーのプロキシ設定からプロキシ構成を読み取ります。

  • macOS の場合: 環境変数からプロキシ構成を読み取るか、定義されていない場合はシステムのプロキシ設定からプロキシ構成を読み取ります。

  • Linux の場合: 環境変数からプロキシ構成を読み取るか、定義されていない場合は、すべてのアドレスをバイパスする構成されていないインスタンスを初期化します。

Windows および Unix ベースの DefaultProxy プラットフォームでの初期化に使用される環境変数は次のとおりです。

  • HTTP_PROXY: HTTP 要求で使用されるプロキシ サーバー。
  • HTTPS_PROXY: HTTPS 要求で使用されるプロキシ サーバー。
  • ALL_PROXY: HTTP_PROXYやHTTPS_PROXYが定義されていない場合に、HTTP 要求または HTTPS 要求で使用されるプロキシ サーバー。
  • NO_PROXY: プロキシから除外するホスト名のコンマ区切りの一覧。

環境変数で大文字と小文字が区別されるシステムでは、変数名はすべて小文字またはすべて大文字にできます。 小文字の名前が最初にチェックされます。

プロキシ サーバーは、ホスト名または IP アドレス、必要に応じてコロンとポート番号、またはプロキシ認証用のユーザー名とパスワードを含む http URL である場合があります。 URL の先頭 httpは 、ではなく https、ホスト名、IP、またはポートの後にテキストを含めることはできません。

適用対象