PingOptions.Ttl プロパティ

定義

Ping データが破棄される前に、そのデータを転送できるルーティング ノードの数を取得または設定します。

public:
 property int Ttl { int get(); void set(int value); };
public int Ttl { get; set; }
member this.Ttl : int with get, set
Public Property Ttl As Integer

プロパティ値

Int32

Int32 データ パケットを転送できる回数を指定する Ping 値。 既定値は 128 です。

例外

設定操作として指定した値が 0 以下です。

次のコード例では、コンストラクターを使用してこのプロパティの値を PingOptions 設定し、値を表示する方法を示します。

// Set options for transmission:
// The data can go through 64 gateways or routers
// before it is destroyed, and the data packet
// cannot be fragmented.
PingOptions ^ options = gcnew PingOptions( 64,true );
Console::WriteLine( "Time to live: {0}", options->Ttl );
Console::WriteLine( "Don't fragment: {0}", options->DontFragment );
// Set options for transmission:
// The data can go through 64 gateways or routers
// before it is destroyed, and the data packet
// cannot be fragmented.
PingOptions options = new PingOptions (64, true);

Console.WriteLine ("Time to live: {0}", options.Ttl);
Console.WriteLine ("Don't fragment: {0}", options.DontFragment);

注釈

ゲートウェイとルーターは、ネットワーク経由でパケットを送信する際に、パケット ヘッダーで見つかった現在の Time-to-Live (TTL) 値をデクリメントします。 TTL 値が 0 に達すると、パケットは配信不能と見なされ、破棄されます。 このオプションは、データの送信に使用されるルーターとゲートウェイの数をテストする場合に便利です。

適用対象