OpCodes.Bge_S フィールド

定義

最初の値が 2 番目の値以上の場合は、ターゲット命令 (短い形式) に制御を転送します。

public: static initonly System::Reflection::Emit::OpCode Bge_S;
public static readonly System.Reflection.Emit.OpCode Bge_S;
 staticval mutable Bge_S : System.Reflection.Emit.OpCode
Public Shared ReadOnly Bge_S As OpCode 

フィールド値

OpCode

注釈

次の表に、命令の 16 進数および Microsoft Intermediate Language (MSIL) アセンブリ形式と、簡単なリファレンスの概要を示します。

形式 アセンブリ形式 説明
2F <int8> bge.s target 最初の値が 2 番目の値 (短い形式) 以上の場合は、指定したオフセットでターゲット命令に分岐します。

スタック遷移動作は、順番に次のようになります。

  1. value1 がスタックにプッシュされます。

  2. value2 がスタックにプッシュされます。

  3. value2value1スタックからポップされます。次の値以上value2の場合value1は、分岐操作が実行されます。

指定 bge.s したターゲット命令が次の値以上の場合 value1 、命令は制御を指定されたターゲット命令に value2転送します。 効果は、命令 (clt.unfloat の場合) の後に特定のターゲット命令への分岐をbrfalse実行cltするのと同じです。 ターゲット命令は、現在の命令に続く命令の先頭からの 1 バイト符号付きオフセットとして表されます。

ターゲット命令に 1 つ以上のプレフィックス コードがある場合、制御は、これらのプレフィックスの最初にのみ転送できます。 、およびfinallyブロックとの間のtry``catch``filter制御転送は、この命令では実行できません。

Emit のメソッド オーバーロードでは、オペコードを bge.s 使用できます。

適用対象