CodeAccessSecurityAttribute クラス

定義

注意事項

Code Access Security is not supported or honored by the runtime.

注意事項

CAS support is not available with Silverlight applications.

コード アクセス セキュリティの基本属性クラスを指定します。

public ref class CodeAccessSecurityAttribute abstract : System::Security::Permissions::SecurityAttribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=true, Inherited=false)]
[System.Obsolete("Code Access Security is not supported or honored by the runtime.", DiagnosticId="SYSLIB0003", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
public abstract class CodeAccessSecurityAttribute : System.Security.Permissions.SecurityAttribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=true, Inherited=false)]
public abstract class CodeAccessSecurityAttribute : System.Security.Permissions.SecurityAttribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=true, Inherited=false)]
[System.Serializable]
public abstract class CodeAccessSecurityAttribute : System.Security.Permissions.SecurityAttribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=true, Inherited=false)]
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public abstract class CodeAccessSecurityAttribute : System.Security.Permissions.SecurityAttribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=true, Inherited=false)]
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Obsolete("CAS support is not available with Silverlight applications.")]
public abstract class CodeAccessSecurityAttribute : System.Security.Permissions.SecurityAttribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=true, Inherited=false)>]
[<System.Obsolete("Code Access Security is not supported or honored by the runtime.", DiagnosticId="SYSLIB0003", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
type CodeAccessSecurityAttribute = class
    inherit SecurityAttribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=true, Inherited=false)>]
type CodeAccessSecurityAttribute = class
    inherit SecurityAttribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=true, Inherited=false)>]
[<System.Serializable>]
type CodeAccessSecurityAttribute = class
    inherit SecurityAttribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=true, Inherited=false)>]
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type CodeAccessSecurityAttribute = class
    inherit SecurityAttribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Assembly | System.AttributeTargets.Class | System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method | System.AttributeTargets.Struct, AllowMultiple=true, Inherited=false)>]
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
[<System.Obsolete("CAS support is not available with Silverlight applications.")>]
type CodeAccessSecurityAttribute = class
    inherit SecurityAttribute
Public MustInherit Class CodeAccessSecurityAttribute
Inherits SecurityAttribute
継承
CodeAccessSecurityAttribute
派生
属性

次の例は、 クラスから派生したアクセス許可属性を CodeAccessSecurityAttribute 示しています。

using namespace System;
using namespace System::IO;
using namespace System::Runtime::Remoting;
using namespace System::Security;
using namespace System::Security::Permissions;
using namespace System::Reflection;
using namespace MyPermission;

// Use the command line option '/keyfile' or appropriate project settings to sign this assembly.
[assembly:System::Security::AllowPartiallyTrustedCallersAttribute];
[AttributeUsage(AttributeTargets::Method|AttributeTargets::Constructor|AttributeTargets::Class|AttributeTargets::Struct|AttributeTargets::Assembly,AllowMultiple=true,Inherited=false)]
[Serializable]
public ref class NameIdPermissionAttribute: public CodeAccessSecurityAttribute
{
private:
   String^ m_Name;
   bool m_unrestricted;

public:
   NameIdPermissionAttribute( SecurityAction action )
      : CodeAccessSecurityAttribute( action )
   {
      m_Name = nullptr;
      m_unrestricted = false;
   }


   property String^ Name
   {
      String^ get()
      {
         return m_Name;
      }

      void set( String^ value )
      {
         m_Name = value;
      }

   }
   virtual IPermission^ CreatePermission() override
   {
      if ( m_unrestricted )
      {
         throw gcnew ArgumentException( "Unrestricted permissions not allowed in identity permissions." );
      }
      else
      {
         if ( m_Name == nullptr )
                  return gcnew NameIdPermission( PermissionState::None );
         return gcnew NameIdPermission( m_Name );
      }
   }

};
using System;
using System.IO;
using System.Runtime.Remoting;
using System.Security;
using System.Security.Permissions;
using System.Reflection;
using MyPermission;
// Use the command line option '/keyfile' or appropriate project settings to sign this assembly.
[assembly: System.Security.AllowPartiallyTrustedCallersAttribute ()]

namespace MyPermissionAttribute
{
    [AttributeUsage (AttributeTargets.Method | AttributeTargets.Constructor | AttributeTargets.Class | AttributeTargets.Struct | AttributeTargets.Assembly, AllowMultiple = true, Inherited = false)]
    [Serializable]
    sealed public class  NameIdPermissionAttribute : CodeAccessSecurityAttribute
    {
        private String m_Name = null;
        private bool m_unrestricted = false;

        public  NameIdPermissionAttribute (SecurityAction action): base( action )
        {
        }

        public String Name
        {
            get { return m_Name; }
            set { m_Name = value; }
        }

        public override IPermission CreatePermission ()
        {
            if (m_unrestricted)
            {
                throw new ArgumentException ("Unrestricted permissions not allowed in identity permissions.");
            }
            else
            {
                if (m_Name == null)
                    return new  NameIdPermission (PermissionState.None);

                return new  NameIdPermission (m_Name);
            }
        }
    }
}
Imports System.IO
Imports System.Runtime.Remoting
Imports System.Security
Imports System.Security.Permissions
Imports System.Reflection
Imports MyPermission

' Use the command line option '/keyfile' or appropriate project settings to sign this assembly.
<Assembly: System.Security.AllowPartiallyTrustedCallersAttribute()> 
Namespace MyPermissionAttribute

    <AttributeUsage(AttributeTargets.All, AllowMultiple:=True, Inherited:=False)> Public NotInheritable Class NameIdPermissionAttribute
        Inherits CodeAccessSecurityAttribute
        Private m_Name As String = Nothing
        Private m_unrestricted As Boolean = False


        Public Sub New(ByVal action As SecurityAction)
            MyBase.New(action)
        End Sub


        Public Property Name() As String
            Get
                Return m_name
            End Get
            Set(ByVal Value As String)
                m_name = Value
            End Set
        End Property

        Public Overrides Function CreatePermission() As IPermission
            If m_unrestricted Then
                Throw New ArgumentException("Unrestricted permissions not allowed in identity permissions.")
            Else
                If m_name Is Nothing Then
                    Return New NameIdPermission(PermissionState.None)
                End If
                Return New NameIdPermission(m_name)
            End If
        End Function 'CreatePermission
    End Class
End Namespace

注釈

注意事項

コード アクセス セキュリティ (CAS) は、.NET Framework と .NET のすべてのバージョンで非推奨になりました。 最近のバージョンの .NET では、CAS 関連の API が使われている場合、CAS の注釈は使われず、エラーが発生します。 開発者は、代わりの手段を見つけてセキュリティ タスクを実現する必要があります。

この属性クラスは、たとえば、 DemandSecurityActionカスタム セキュリティ属性に関連付けます。

から CodeAccessSecurityAttribute 派生する型は、リソースまたはセキュリティ保護可能な操作へのアクセスを制限するために使用されます。

セキュリティ属性によって宣言されたセキュリティ情報は、属性ターゲットのメタデータに格納され、実行時にシステムによってアクセスされます。 セキュリティ属性は、宣言型セキュリティにのみ使用されます。 命令型セキュリティのために、 から CodeAccessPermission 派生した対応するアクセス許可クラスを使用します。

注意 (実装者)

このクラスから派生するすべてのアクセス許可属性には、唯一のパラメーターとして を受け取る SecurityAction コンストラクターが 1 つだけ必要です。

コンストラクター

CodeAccessSecurityAttribute(SecurityAction)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

SecurityAction を指定して、CodeAccessSecurityAttribute の新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Action
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

セキュリティ アクションを取得または設定します。

(継承元 SecurityAttribute)
TypeId
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。

(継承元 Attribute)
Unrestricted
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

属性によって保護されているリソースに対して完全な (無制限の) アクセス許可が宣言されているかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 SecurityAttribute)

メソッド

CreatePermission()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

派生クラス内でオーバーライドされるときに、後からバイナリ形式にシリアル化でき、SecurityAction と共にアセンブリのメタデータに永続的に格納できるアクセス許可オブジェクトを作成します。

(継承元 SecurityAttribute)
Equals(Object)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
GetHashCode()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 Attribute)
GetType()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。

(継承元 Attribute)
Match(Object)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 Attribute)

適用対象

こちらもご覧ください